"アジア太平洋の教育用パソコン市場:デスクトップ、ノートパソコン、タブレット"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9311)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アジア太平洋の教育用パソコン市場:デスクトップ、ノートパソコン、タブレット"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Education PC Market
In the past few years, the use of PCs has increased because of the evolution of learning and teaching methodology. Educational institutions are developing innovative teaching methods and relevant IT tools for students and staff for improved efficiencies and learning processes. Increased demand for computers can be attributed to the high dependency on digitized education systems. This demand has influenced many countries to undertake initiatives to introduce computers in their education systems to improve learning methodologies and remain at par with international education standards.

Technavio’s analysts forecast the education PC market in APAC to grow at a CAGR of 13.6% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Education PC Market In APAC for 2016-2020. To calculate the market size, the product segments considered to determine revenue generated are desktops, laptops, and tablets.

Technavio’s report, Education PC Market in APAC 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Dell
• HP
• Lenovo
• Samsung

[Other prominent vendors]
• Acer
• Apple
• ASUSTek
• Elitegroup Computer Systems
• HCL
• IBM
• LG
• Microsoft
• Sony
• Toshiba

[Market driver]
• Rise in online education
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Lack of awareness in institutions
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increased use of tablets in education
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"アジア太平洋の教育用パソコン市場:デスクトップ、ノートパソコン、タブレット"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by product
• Education PC market in APAC by product
• Education PC market in APAC by desktops segment
• Education PC market in APAC by laptops segment
• Education PC market in APAC by tablets segment

PART 07: Key leading countries
• Education PC market in APAC by key countries
• Education PC market in India
• Education PC market in China

PART 08: Market drivers

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends

PART 13: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Competitive benchmarking

PART 14: Other prominent vendors
• Other prominent vendors

PART 15: Key vendor analysis
• Dell
• HP
• Lenovo
• Samsung

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Segmentation of PC market in APAC
Exhibit 03: Potential application areas of education hardware
Exhibit 04: Global education PC market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 05: Education PC market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Education PC market in APAC by product 2015
Exhibit 08: Education PC market in APAC by product 2020
Exhibit 09: Education PC market in APAC by product 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Education PC market in APAC by product 2015-2020 (%)
Exhibit 11: Education PC market in APAC by desktops segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Education PC market in APAC by laptops segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Education PC market in APAC by tablets segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Education PC market in India 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Education PC market in China 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Impact of drivers
Exhibit 17: Impact of drivers and challenges
Exhibit 18: Vendor matrix
Exhibit 19: Key vendors: Strategic initiatives overview
Exhibit 20: Dell: Product offering in education hardware market
Exhibit 21: HP: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 22: HP: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 23: HP: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 24: Lenovo: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 25: Lenovo: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billion)
Exhibit 26: Lenovo: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 27: Lenovo: Geographical segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billion)
Exhibit 28: Samsung: Business segmentation by revenue 2015 (%)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アジア太平洋の教育用パソコン市場:デスクトップ、ノートパソコン、タブレット
【発行日】2016年5月9日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9311
【対象地域】アジア太平洋
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】教育IT
【キーワード】教育用パソコン、デスクトップPC、ノートパソコン、タブレットPC、アジア
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アジア太平洋の教育用パソコン市場:デスクトップ、ノートパソコン、タブレットについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ハイドロゲルドレッシングのヨーロッパ市場2020-2024
  • 自動車用ブレーキオーバーライドシステムの世界市場:乗用車、商用車
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ブレーキオーバーライドシステムの世界市場について調べ、自動車用ブレーキオーバーライドシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ブレーキオーバーライドシステムの市場規模をセグメンテーション別(車種別(乗用車、商用車)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ブレーキオーバーライドシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ブレーキオーバーライドシステムの市場状況 ・自動車用ブレーキオーバーライドシステムの市場規模 ・自動車用ブレーキオーバーライドシステムの市場予測 ・自動車用ブレーキオーバーライドシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:車種別(乗用車、商用車) ・自動車用ブレーキオーバーライドシステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米 …
  • 脊髄刺激装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脊髄刺激装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脊髄刺激装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 気管支炎(Bronchitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における気管支炎(Bronchitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、気管支炎(Bronchitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・気管支炎(Bronchitis)の概要 ・気管支炎(Bronchitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の気管支炎(Bronchitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・気管支炎(Bronchitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・気管支炎(Br …
  • ココア・チョコレートの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ココア・チョコレートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ココア・チョコレート市場規模、製品別(チョコレート、ココア)分析、エンドユーザー別(医薬品、化粧品、食品・飲料、菓子類)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ココア・チョコレートの世界市場:市場動向分析 ・ ココア・チョコレートの世界市場:競争要因分析 ・ ココア・チョコレートの世界市場:製品別(チョコレート、ココア) ・ ココア・チョコレートの世界市場:エンドユーザー別(医薬品、化粧品、食品・飲料、菓子類) ・ ココア・チョコレートの世界市場:主要地域別分析 ・ ココア・チョコレートの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ココア・チョコレートのヨーロッパ市場規模 ・ ココア・チョコレートのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ココア・チョコレートの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界のフローサイトメトリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のフローサイトメトリー市場2015について調査・分析し、フローサイトメトリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ガラスの世界市場予測(~2021年):合わせガラス、強化ガラス、フロントガラス、サイドライト、バックライト、ドアミラー&バックミラー、スマートガラス技術
    当調査レポートでは、自動車用ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、スマートガラス技術別分析、地域別分析、自動車用ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 火災、煙、および毒耐性 (FST) 複合樹脂の世界市場予測(~2020):フェノール樹脂、エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、熱可塑性樹脂
    当調査レポートでは、火災、煙、および毒耐性 (FST) 複合樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、製造プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザー加工の世界市場
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、レーザー加工の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - レーザー加工の世界市場:市場動向分析 - レーザー加工の世界市場:競争要因分析 - レーザー加工の世界市場:加工法別 ・マーキングおよび彫刻 ・ マイクロ加工 ・材料加工 ・先進的加工 ・その他 - レーザー加工の世界市場:製品別 ・固体レーザー ・液体レーザー ・ガスレーザー ・その他 - レーザー加工の世界市場:エンドユーザー別 ・航空宇宙および防衛 ・電気および電子産業 ・包装 ・自動車産業 ・相手先商標製造会社(OEM)産業 ・医療機器および治療産業 ・工作機械 ・その他 - レーザー加工の世界市場:主要地域別分析 - レーザー加工の北米市場規模(アメリカ市場等) - レーザー加工のヨーロッパ市場規模 - レーザー加工のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・レーザー加工の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 空気コアドリルの世界市場分析:用途別(粉塵、霧、泡、気化液体・窒素膜)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、MEA・CSA)競争戦略、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、空気コアドリルの世界市場について調査・分析し、空気コアドリルの世界市場動向、空気コアドリルの世界市場規模、市場予測、セグメント別空気コアドリル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カザフスタンの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 坑口装置の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、坑口装置の世界市場について調査・分析し、坑口装置の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・坑口装置の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・坑口装置の世界市場規模:用途別分析 ・坑口装置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • フランスの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 農業用乾燥機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、農業用乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用乾燥機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンパクタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンパクタ市場2016について調査・分析し、コンパクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モンゴルのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ケーブル用導管システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブル用導管システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブル用導管システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維の世界市場2016-2020:航空宇宙・航空、自動車、風力タービン、スポーツユーティリティー、船舶、建設、圧力容器
    当調査レポートでは、炭素繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素繊維の世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロケーションベースサービスの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(GPS、アシストGPS(A-GPS)、拡張GPS(E-GPS)、セルID、Wi-Fi、その他)、用途別(ロケーションベースの広告、ビジネスインテリジェンスと分析、フリート管理、マッピングとナビゲーション、ローカル検索と情報、ソーシャルネットワーキングとエンターテイメント、近接マーケティング、資産追跡、その他)、業種別(輸送と物流、製造、 政府&公益事業、小売、ヘルスケア&ライフサイエンス、メディア&エンターテイメント、IT&テレコム、BFSI、ホスピタリティ、その他)
    当調査レポートでは、ロケーションベースサービスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、技術別分析、用途別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ロケーションベースサービスの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ロケーションベースサービスの世界市場:技術別(GPS、アシストGPS(A-GPS)、拡張GPS(E-GPS)、セルID、Wi-Fi、その他) ・ロケーションベースサービスの世界市場:用途別(ロケーションベースの広告、ビジネスインテリジェンスと分析、フリート管理、マッピングとナビゲーション、ローカル検索と情報、ソーシャルネットワーキングとエンターテイメント、近接マーケティング、資産追跡、その他) ・ロケーションベースサービスの世界市場:業種別(輸送と物流、製造、 政府&公益事業、小売、ヘルスケア&ライフサイエンス、メディア&エンターテイメント、IT&テレコム、BFSI、ホスピタ …
  • IoTデバイス管理の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、IoTデバイス管理の世界市場について調査・分析し、IoTデバイス管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - IoTデバイス管理の世界市場:市場動向分析 - IoTデバイス管理の世界市場:競争要因分析 - IoTデバイス管理の世界市場:用途別 ・コネクテッドヘルス ・コネクテッドロジスティクス ・スマートホーム ・スマート製造 ・スマート小売 ・スマート輸送 ・スマートユーティリティ ・その他 - IoTデバイス管理の世界市場:サービス別 ・プロフェッショナルサービス ・マネージドサービス - IoTデバイス管理の世界市場:導入形態別 ・ハイブリッドクラウド ・プライベートクラウド ・パブリッククラウド - IoTデバイス管理の世界市場:ソリューション別 ・データ管理 ・ネットワーク帯域管理 ・リアルタイムストリーミング分析 ・遠隔モニタリング ・セキュリティソリューション - IoTデバイス管理の世界市場:組織規模別 ・中小企業 ・大企業 - IoTデバイス管理の世界市場:主要地域別 …
  • 手術用ドレープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、手術用ドレープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用ドレープの世界市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用ドレープの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• Cardinal Health等です。
  • ロケーション分析ツールの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ロケーション分析ツールの世界市場について調べ、ロケーション分析ツールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロケーション分析ツールの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(交通、小売り、BFSI、メディア及びエンターテイメント、電気通信、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はロケーション分析ツールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロケーション分析ツールの市場状況 ・ロケーション分析ツールの市場規模 ・ロケーション分析ツールの市場予測 ・ロケーション分析ツールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(交通、小売り、BFSI、メディア及びエンターテイメント、電気通信、その他のエンドユーザー) ・ロケーション分析ツールの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課 …
  • ホブ盤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ホブ盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホブ盤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CD 4阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 4阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 4阻害薬の概要 ・CD 4阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 4阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 4阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 4阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場について調査・分析し、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)種類別分析(純度≥ 99.5%、純度≥ 99.9%)、電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)用途別分析(用途1、用途2)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の市場概観 ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電子材料用酢酸2-メトキシ-1-メチルエチル(PGMEA)の世界市場規模 ・電子材料用酢酸 …
  • モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル・ホットスポット・ルーターの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用光電子製品の世界市場:画像センサ、オプトカプラ、LED、レーザダイオード、IR部品
    当調査レポートでは、自動車用光電子製品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車用光電子製品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車用光電子製品の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車用光電子製品の世界市場:販売チャネル別分析/市場規模 ・自動車用光電子製品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動車用光電子製品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車用光電子製品のアメリカ市場規模予測 ・自動車用光電子製品のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車用光電子製品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 気道確保装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、気道確保装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(声門上器具、声門下器具、人工蘇生器、喉頭鏡)分析、エンドユーザー別(OR、ICU)分析、患者年齢別(成人、小児)分析、気道確保装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩酸ミノサイクリン市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩酸ミノサイクリン市場2016について調査・分析し、塩酸ミノサイクリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低酸素誘導因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における低酸素誘導因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低酸素誘導因子阻害剤の概要 ・低酸素誘導因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の低酸素誘導因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低酸素誘導因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・低酸素誘導因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の遺伝子発現解析市場2019
    本調査レポートでは、世界の遺伝子発現解析市場2019について調査・分析し、遺伝子発現解析の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、遺伝子発現解析のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、遺伝子発現解析メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・遺伝子発現解析の市場概要 ・遺伝子発現解析の上流・下流市場分析 ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・遺伝子発現解析の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・遺伝子発現解 …
  • 耐アルカリ性プライマーの世界市場予測2019-2024
    「耐アルカリ性プライマーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ピュアアクリル、溶媒混合物など、用途別には、Interior Use、Exterior Useなどに区分してまとめた調査レポートです。耐アルカリ性プライマーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・耐アルカリ性プライマーの世界市場概要(サマリー) ・耐アルカリ性プライマーの企業別販売量・売上 ・耐アルカリ性プライマーの企業別市場シェア ・耐アルカリ性プライマーの世界市場規模:種類別(ピュアアクリル、溶媒混合物) ・耐アルカリ性プライマーの世界市場規模:用途別(Interior Use、Exterior Use) ・耐アルカリ性プライマーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・耐アルカリ性プライマーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・耐アルカリ性プライマーの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど …
  • 自動液体充填機の世界市場予測2019-2024
    「自動液体充填機の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、半自動、全自動など、用途別には、Pharmaceuticals Industry、Food and Beverages Industries、Cosmetics Industry、Chemicals Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動液体充填機のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動液体充填機の世界市場概要(サマリー) ・自動液体充填機の企業別販売量・売上 ・自動液体充填機の企業別市場シェア ・自動液体充填機の世界市場規模:種類別(半自動、全自動) ・自動液体充填機の世界市場規模:用途別(Pharmaceuticals Industry、Food and Beverages Industries、Cosmetics Industry、Chemicals Industry、Others) ・自動液体充填機の米州市場規模( …
  • NVRサーバーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、NVRサーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、NVRサーバーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はNVRサーバーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Axis Communications、Bosch security systems、Hangzhou Hikvision Digital Technology、Honeywell security、Tyco等です。
  • 農業用フィルムの世界市場予測(~2021年):LLDPEフィルム、LDPEフィルム、再生フィルム、EVAフィルム、HDPEフィルム、ハウス用フィルム、除草用フィルム、サイレージフィルム
    当調査レポートでは、農業用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、農業用フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想現実(VR)の世界市場:VR装置、VRソフトウェア、VR技術、VR機器(ヘッドマウントディスプレイ、ジェスチャ制御機器)
    当調査レポートでは、仮想現実(VR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、技術別分析、機器種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場:タイプ別(EP-CPS、IT-CPS、その他)、用途別(工業オートメーション、健康・医療機器、航空宇宙、その他)、地域別予測
    本資料は、サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場について調べ、サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(EP-CPS、IT-CPS、その他)分析、用途別(工業オートメーション、健康・医療機器、航空宇宙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSiemens、Intel、ITIH、EIT Digital 、TCS、MathWorks、Galois、SEI 、Astri、NISTなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場概要 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場環境 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場動向 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場規模 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場規模:タイプ別(EP-CPS、IT-CPS、その他) ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場規模:用途別(工業オートメー …
  • 空気分離装置の世界市場予測2019-2024
    「空気分離装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、20 K CMPH以下、20-60 K CMPH、60 K CMPH以上など、用途別には、Chemical Industry、Industry Gas、Metallurgy Industry、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。空気分離装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・空気分離装置の世界市場概要(サマリー) ・空気分離装置の企業別販売量・売上 ・空気分離装置の企業別市場シェア ・空気分離装置の世界市場規模:種類別(20 K CMPH以下、20-60 K CMPH、60 K CMPH以上) ・空気分離装置の世界市場規模:用途別(Chemical Industry、Industry Gas、Metallurgy Industry、Other) ・空気分離装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・空気分離装置のアジア市場規模(日本、 …
  • 世界の画像診断メーカーの戦略的方向性分析2016
  • 血栓性血管炎(Thromboangiitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血栓性血管炎(Thromboangiitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血栓性血管炎(Thromboangiitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血栓性血管炎(Thromboangiitis)の概要 ・血栓性血管炎(Thromboangiitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血栓性血管炎(Thromboangiitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血栓性血管炎(Thromboangiitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • ウェブ解析の世界市場
    当調査レポートでは、ウェブ解析の世界市場について調査・分析し、ウェブ解析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ウェブ解析の世界市場:市場動向分析 - ウェブ解析の世界市場:競争要因分析 - ウェブ解析の世界市場:種類別 ・オフサイト・ウェブ解析 ・オンサイト・ウェブ解析 - ウェブ解析の世界市場:用途別 ・トラフィック管理 ・ソーシャルメディア管理 ・パーソナライゼーション ・オンライン詐欺の検知 ・オンライン広告 ・パフォーマンス監視 ・多重チャンネル・キャンペーン解析 ・ディスプレー上の広告の最適化 ・デジタル著作権管理 ・ビジネスおよびマーケット調査 ・行動ターゲティング ・その他 - ウェブ解析の世界市場:展開種類別 ・業務用 ・オンデマンド - ウェブ解析の世界市場:産業別 ・小売 ・IT&電気通信 ・ヘルスケア&生命科学 ・政府 ・娯楽およびメディア ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・旅行&サービス業 ・メディア&娯楽 ・その他 - ウェブ解析の世界市場:ソリューション別 ・マ …
  • スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、スマートシティにおけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カルボキシメチルセルロースの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、カルボキシメチルセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カルボキシメチルセルロースの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオ炭市場規模・予測2017-2025:技術別(ガス化、熱分解、その他)、用途別(園芸、農業、家畜、その他)、地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオ炭市場について調査・分析し、世界のバイオ炭市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオ炭関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • レーザー加工の世界市場見通し2016-2022:ガスレーザー、固体レーザー、ファイバレーザー、液体レーザー
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、レーザー加工の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・レーザー加工の世界市場:市場動向分析 ・レーザー加工の世界市場:競争要因分析 ・レーザー加工の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:機械構成別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:用途別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・レーザー加工の世界市場:地域別分析/市場規模 ・レーザー加工の北米市場規模 ・レーザー加工の欧州市場規模 ・レーザー加工のアジア市場規模 ・レーザー加工の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の神経外科製品市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、神経外科製品のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経外科製品の概要 ・神経外科製品の開発動向:開発段階別分析 ・神経外科製品の開発動向:セグメント別分析 ・神経外科製品の開発動向:領域別分析 ・神経外科製品の開発動向:規制Path別分析 ・神経外科製品の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別神経外科製品の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・神経外科製品の最近動向
  • ナノクレイ補強の世界市場分析:用途別(包装、自動車部品、コーティング)、エンドユーザー別(自動車、建設、海洋、電子部品・家電、軍事・防衛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナノクレイ補強の世界市場について調査・分析し、ナノクレイ補強の世界市場動向、ナノクレイ補強の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノクレイ補強市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 人工芝の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、人工芝の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工芝市場規模、アプリケーション別(スポーツ、レジャー・造園)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工芝の世界市場概要 ・人工芝の世界市場環境 ・人工芝の世界市場動向 ・人工芝の世界市場規模 ・人工芝の世界市場:業界構造分析 ・人工芝の世界市場:アプリケーション別(スポーツ、レジャー・造園) ・人工芝の世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・人工芝の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工芝の北米市場規模・予測 ・人工芝のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・人工芝のアジア太平洋市場規模・予測 ・人工芝の主要国分析 ・人工芝の世界市場:意思決定フレームワーク ・人工芝の世界市場:成長要因、課題 ・人工芝の世界市場:競争環境 ・人工芝の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 欧州主要国の心臓補助装置市場(~2021)
  • サシェ包装の世界市場2017-2021:消費財、食品業界、ヘルスケア、工業用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サシェ包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サシェ包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はサシェ包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmcor、Bemis、Coveris、Mondi、Sealed Air等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"