"アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9292)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Virtual and Remote Laboratories Market
Virtual laboratories are set up on an online platform and are used to create simulation of a science process or explanation of a subject. Advanced computer languages, such as MatLab and LabView, are used to develop these laboratories. They offer anywhere, anytime access to experiments and are designed for a specific subject or a course.
Through this online platform, students get the opportunity to compare reality with simulations and perform experiments under different circumstances. Although they generally do not involve remotely controlled instruments, the experiment data and process are collected from real-world experiments.

Technavio’s analysts forecast the Virtual and Remote Laboratories Market in the US to grow at a CAGR of 36.65% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Virtual and Remote Laboratories Market in the US for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sale of virtual and remote laboratories to institutions and individual learners from K-12 and higher education segments.

Technavio’s report, Virtual and Remote Laboratories Market in the US 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Labicom
• Labster
• Mcmillan Learning
• McGraw-Hill Education

[Other prominent vendors]
• Cengage Learning
• John Wiley & Sons
• Houghton Mifflin Harcourt
• LabsLand
• Pearson Education
• Smart Science Education

[Market driver]
• STEM education initiatives in the US
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Lack of interest in STEM education in the US
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Virtual reality in virtual and remote laboratories
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Virtual and remote laboratories market in US
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by product
• Virtual and remote laboratories market in US by product
• Remote laboratories market in US
• Virtual laboratories market in US

PART 07: Market segmentation by end-users
• Virtual and remote laboratories market in US by end-users
• Virtual and remote laboratories market in US in institutions
• Virtual and remote laboratories market in US by individual learners

PART 08: Market drivers
• STEM education initiatives in US
• Stronger e-learning framework
• Budget constraints in educational institutions
• Growth of experiential and inquiry-based learning
• Inclusion of virtual labs in new learning methodologies

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges
• Lack of interest in STEM education in US
• Threat from free simulations and university projects
• Availability of open source lab equipment and 3-D printers
• Implementation issues

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends
• Increase in investment and start-ups
• Integration of LMS with virtual and remote laboratories
• Virtual reality in virtual and remote laboratories
• Augmented reality in virtual and remote laboratories
• Integration of 3-D games with virtual laboratories

PART 13: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Competitive benchmarking

PART 14: Key vendor analysis
• Labicom
• Labster
• Macmillan Learning
• McGraw-Hill Education

PART 15: Other prominent vendors
• Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Distribution of education market in US 2015 (%)
Exhibit 03: Major segments of education market in US 2014 ($ billions)
Exhibit 04: Information and communication technology trends in education market in US
Exhibit 05: Typical components of remote laboratory infrastructure
Exhibit 06: Comparison of physical, virtual, and remote laboratories
Exhibit 07: Skills enhanced by virtual and remote laboratories in STEM education
Exhibit 08: Virtual and remote laboratories market in US ($ millions)
Exhibit 09: Five forces analysis
Exhibit 10: Virtual and remote laboratories market in US by product 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 11: Virtual and remote laboratories market in US by product 2015 (%)
Exhibit 12: Virtual and remote laboratories market in US by product 2020 (%)
Exhibit 13: Virtual and remote laboratories market in US by product 2015-2020 (%)
Exhibit 14: Remote laboratories market in US 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Virtual laboratories market in US 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 16: Virtual and remote laboratories market in US by end-users
Exhibit 17: Virtual and remote laboratories market in US by end-users 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 18: Virtual and remote laboratories market in US by end-users 2015 (%)
Exhibit 19: Virtual and remote laboratories market in US by end-users 2020 (%)
Exhibit 20: Virtual and remote laboratories market in US by end-users 2015-2020 (%)
Exhibit 21: Virtual and remote laboratories market in institutions segment 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 22: Virtual and remote laboratories market in individual learners segment 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 23: US government initiatives to advance STEM education 2015
Exhibit 24: E-learning market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: Global blended learning market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 26: Impact of drivers
Exhibit 27: CAGR in major STEM jobs between 2010 and 2020 (%)
Exhibit 28: Costs of dropping out
Exhibit 29: Global 3-D printing market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 30: Impact of drivers and challenges
Exhibit 31: Global virtual reality market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 32: Global augmented reality market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 33: Vendor matrix
Exhibit 34: Key vendors: Strategic initiatives overview
Exhibit 35: Labicom: Key offerings
Exhibit 36: Labster: Business offerings
Exhibit 37: Macmillan Learning: Product offerings in virtual and remote laboratories
Exhibit 38: McGraw-Hill Education: Business segmentation

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020
【発行日】2016年5月9日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9292
【対象地域】米国
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】仮想実験室、遠隔実験室、研究室、オンラインプラットフォーム
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アメリカの仮想・遠隔実験室市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のフィットネス機器市場規模・予測2017-2025:種類別(筋力トレーニング機器、心血管系トレーニング機器・その他機器)、エンドユーザー別(自宅用、フィットネスクラブ・ジム、その他商業用途)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のフィットネス機器市場について調査・分析し、世界のフィットネス機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のフィットネス機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 洗濯物乾燥キャビネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、洗濯物乾燥キャビネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗濯物乾燥キャビネット市場規模、技術別(通気乾燥型、ヒートポンプ乾燥型)分析、最終用途別(商業用、家庭用)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場概要 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場環境 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場動向 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場規模 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:業界構造分析 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:技術別(通気乾燥型、ヒートポンプ乾燥型) ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・洗濯物乾燥キャビネットのアメリカ市場規模・予測 ・洗濯物乾燥キャビネットのヨー …
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 風力タービンローターブレードの世界市場2020-2024
    「風力タービンローターブレードの世界市場2020-2024」は、風力タービンローターブレードについて市場概要、市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、材料別(ガラス繊維、炭素繊維、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・風力タービンローターブレードの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・風力タービンローターブレードの世界市場:材料別(ガラス繊維、炭素繊維、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 爆発物探知機(ETD)の世界市場:製品別(携帯式、車載式)、用途別(軍事・防衛、公安、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、爆発物探知機(ETD)の世界市場について調査・分析し、爆発物探知機(ETD)の世界市場動向、爆発物探知機(ETD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別爆発物探知機(ETD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マルチパンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マルチパンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチパンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はマルチパンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Moll Marzipan• Niederegger• Odense Marcipan • ZENTIS等です。
  • 世界のフルオロほう酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のフルオロほう酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、フルオロほう酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水・廃水処理設備の世界市場分析:製品別(膜分離、消毒、スラッジ)、技術別(一次治療、二次治療、三次治療)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、水・廃水処理設備の世界市場について調査・分析し、水・廃水処理設備の世界市場動向、水・廃水処理設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別水・廃水処理設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用インフォテインメントOSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インフォテインメントOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用インフォテインメントOSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙コップ・紙容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、紙コップ・紙容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紙コップ・紙容器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 保護コーティング剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、保護コーティング剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、保護コーティング剤市場規模、技術別(溶剤型、水性、粉末状)分析、樹脂種類別(エポキシ、アルキド、ポリウレタン、その他)分析、最終用途別(インフラ・建設、石油・ガス、自動車、航空宇宙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・保護コーティング剤の世界市場概要 ・保護コーティング剤の世界市場環境 ・保護コーティング剤の世界市場動向 ・保護コーティング剤の世界市場規模 ・保護コーティング剤の世界市場:業界構造分析 ・保護コーティング剤の世界市場:技術別(溶剤型、水性、粉末状) ・保護コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(エポキシ、アルキド、ポリウレタン、その他) ・保護コーティング剤の世界市場:最終用途別(インフラ・建設、石油・ガス、自動車、航空宇宙、その他) ・保護コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・保護コーティング剤のアメリカ市場規模・ …
  • 海上保安の世界市場予測(~2021):監視・追跡、探知機、GIS、通信、SCADA、スクリーニング・スキャン、アクセスコントロール、気象モニタリング
    当調査レポートでは、海上保安の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術・システム別分析、サービス別分析、カテゴリ別分析、地域別分析、海上保安の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の装具市場見通し
  • 世界のベールネットラップ市場2016
    本調査レポートでは、世界のベールネットラップ市場2016について調査・分析し、ベールネットラップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋外広告の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、屋外広告の世界市場について調査・分析し、屋外広告の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別屋外広告シェア、市場規模推移、市場規模予測、屋外広告種類別分析(広告用掲示板、屋外公共物(ストリートファニチャー)、交通広告、その他)、屋外広告用途別分析(飲食料品、車両、健康・医療、公共・個人サービス、消費財、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・屋外広告の市場概観 ・屋外広告のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・屋外広告のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・屋外広告の世界市場規模 ・屋外広告の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・屋外広告のアメリカ市場規模推移 ・屋外広告のカナダ市場規模推移 ・屋外広告のメキシコ市場規模推移 ・屋外広告のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・屋外広告のドイツ市場規模推移 ・屋外広告のイギリス市場規模推移 ・屋外広告のロシア市場規模推移 ・屋外広告のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イ …
  • 電動推進式人工衛星の世界市場
    当調査レポートでは、電動推進式人工衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動推進式人工衛星の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スリーブラベルの世界市場:ヒートシュリンク・スリーブラベル、ストレッチラベル、ROSOラベル、RFスリーブラベル
    当調査レポートでは、スリーブラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スリーブラベルの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー有効窓の世界市場予測(~2026):ガラス種類別(ダブル、ダブルLow-E、トリプル、トリプルLow-e)、構成要素別、用途別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、エネルギー有効窓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ガラス種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、需要先別分析、エネルギー有効窓の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械的人工呼吸器の世界市場:製品別(救命救急用、新生児用、輸送・携帯用)、地域別(ラテンアメリカ、北米、APAC、欧州、MEA)
    本調査レポートでは、機械的人工呼吸器の世界市場について調査・分析し、機械的人工呼吸器の世界市場動向、機械的人工呼吸器の世界市場規模、市場予測、セグメント別機械的人工呼吸器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のピアノ市場:製品別、地域別
    本調査レポートはピアノの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(アコースティックピアノ、デジタルピアノ)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ピアノの世界市場:製品別(アコースティックピアノ、デジタルピアノ) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 空港キヨスクの世界市場
    当調査レポートでは、空港キヨスクの世界市場について調査・分析し、空港キヨスクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 業務用AV機器・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用AV機器・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用AV機器・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • キャンプ用品の世界市場:テント、バックパック、寝袋、その他
    当調査レポートでは、キャンプ用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャンプ用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • くもり止め蓋フィルムの世界市場予測2019-2024
    「くもり止め蓋フィルムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ポリエチレン(PE)、ポリアミド (PA)、ポリプロピレン (PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレンテレフタレート (PET)など、用途別には、Household、Supermarkets、Restaurants、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。くもり止め蓋フィルムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・くもり止め蓋フィルムの世界市場概要(サマリー) ・くもり止め蓋フィルムの企業別販売量・売上 ・くもり止め蓋フィルムの企業別市場シェア ・くもり止め蓋フィルムの世界市場規模:種類別(ポリエチレン(PE)、ポリアミド (PA)、ポリプロピレン (PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレンテレフタレート (PET)) ・くもり止め蓋フィルムの世界市場規模:用途別(Household、Supermarkets、Restaurants …
  • 臓器保存の世界市場:ソリューション、技術、臓器種類、地域別分析
    当調査レポートでは、臓器保存の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、保存ソリューション別分析、技術別分析、臓器種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 高級香水の世界市場:価格別(50〜100ドル、100〜200ドル、200ドル以上)、エンドユーザー別(男性、女性、ユニセックス)、流通経路別(専門店、オンラインストア)
    本市場調査レポートでは高級香水の代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、価格別(50〜100ドル、100〜200ドル、200ドル以上)分析、エンドユーザー別(男性、女性、ユニセックス)分析、流通経路別(専門店、オンラインストア)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・高級香水の世界市場:価格別(50〜100ドル、100〜200ドル、200ドル以上) ・高級香水の世界市場:エンドユーザー別(男性、女性、ユニセックス) ・高級香水の世界市場:流通経路別(専門店、オンラインストア) ・高級香水の世界市場:地域別 ・企業概要
  • Dダイマー検査の世界市場2016-2020
  • 電気殺虫器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気殺虫器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気殺虫器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dレーザー切断機の世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO2レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、3Dレーザー切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dレーザー切断機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dレーザー切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、Jenoptik、Mazak Optonics、Prima Industrie、TRUMPF等です。
  • ドイツの病院用品市場(~2021)
  • 海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、海底ケーブルシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(通信、電力)分析、コンポーネント別(乾式プラント、湿式プラント)分析、提供サービス別(設置・コミッショニング、メンテナンス、アップグレード)分析、海底ケーブルシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場見通し2016-2022:ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリアミド(PA)、ポリプロピレン(PP)、ポリウレタン(PU)、ポリエチレン(PE)、ポリカーボネート(PC)、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン(ABS)、ポリビニルブチラール(PVB)、その他材料
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:材料別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:用途別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの北米市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの欧州市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックのアジア市場規模 ・電気自動車(EV)用プラスチックの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 複合現実(MR)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、デバイスタイプ別(ワイヤード、ワイヤレス)、用途別(航空宇宙・防衛、アーキテクチャ、エンターテイメント・ゲーム、医療、その他)
    本資料は、複合現実(MR)の世界市場について調べ、複合現実(MR)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(航空宇宙・防衛、アーキテクチャ、エンターテイメント・ゲーム、医療、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・複合現実(MR)の世界市場概要 ・複合現実(MR)の世界市場環境 ・複合現実(MR)の世界市場動向 ・複合現実(MR)の世界市場規模 ・複合現実(MR)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・複合現実(MR)の世界市場:デバイスタイプ別(ワイヤード、ワイヤレス) ・複合現実(MR)の世界市場:用途別(航空宇宙・防衛、アーキテクチャ、エンターテイメント・ゲーム、医療、その他) ・複合現実(MR)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・複合現実(MR)の北米市場規模・予測 ・複合現実(MR)のアメリカ市場規模・予測 ・複合現実(MR)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ …
  • 医療用ガイドワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ガイドワイヤの世界市場について調査・分析し、医療用ガイドワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ガイドワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ガイドワイヤ種類別分析(ストレート型、アングル型、J型)、医療用ガイドワイヤ用途別分析(末梢動脈疾患(PAD)、心血管疾患)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ガイドワイヤの市場概観 ・医療用ガイドワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ガイドワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ガイドワイヤの世界市場規模 ・医療用ガイドワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ガイドワイヤのアメリカ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのカナダ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのメキシコ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医療用ガイドワイヤのドイツ市場規模推移 ・医療用ガイドワイヤのイギリス市 …
  • 軟磁性材料の世界市場予測:ソフトフェライト、電磁鋼、コバルト
    当調査レポートでは、軟磁性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、軟磁性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用バイオ技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農業用バイオ技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用バイオ技術市場規模、用途別(遺伝子組換種子、作物保護用バイオ農薬)分析、技術別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業用バイオ技術の世界市場概要 ・農業用バイオ技術の世界市場環境 ・農業用バイオ技術の世界市場動向 ・農業用バイオ技術の世界市場規模 ・農業用バイオ技術の世界市場:業界構造分析 ・農業用バイオ技術の世界市場:用途別(遺伝子組換種子、作物保護用バイオ農薬) ・農業用バイオ技術の世界市場:技術別 ・農業用バイオ技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用バイオ技術の北米市場規模・予測 ・農業用バイオ技術のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・農業用バイオ技術のアジア太平洋市場規模・予測 ・農業用バイオ技術の主要国分析 ・農業用バイオ技術の世界市場:意思決定フレームワーク ・農業用バイオ技術の世界市場:成長要因、課題 ・農業用バイオ技術 …
  • 世界のワックス添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のワックス添加剤市場2015について調査・分析し、ワックス添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 綿実油の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、綿実油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、綿実油の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金融部門におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金融部門におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金融部門におけるバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル端末用モーションセンサーの世界市場:スマートウォッチ、スマートバンド、スマートクロージング、スマートグラス
    当調査レポートでは、ウェアラブル端末用モーションセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブル端末用モーションセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 網膜症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、網膜症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、疾患概要、網膜症治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 眼病の大半は、治療が不要か最小限で済む軽微なものですが、中には専門医による治療が必要なものもあり、放置しておけば失明につながる恐れもあります。具体的には、網膜症や緑内障、ドライアイ、目の感染症/炎症、アレルギー性疾患などが挙げられます。特に網膜疾患向け治療薬は、眼病治療薬市場で最大のシェアを占めていますTechnavio社は網膜症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.1166成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bayer• F. Hoffmann-La Roche• Novartis• Regeneron等です。
  • アーモンドオイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アーモンドオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アーモンドオイルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、特性別分析、技術別分析、作物別分析、地域別分析、遺伝子組み換え作物(GMO)検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 背部痛(Back Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における背部痛(Back Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、背部痛(Back Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・背部痛(Back Pain)の概要 ・背部痛(Back Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の背部痛(Back Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・背部痛(Back Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・背部痛(Back Pain)治療薬開発 …
  • PET包装の世界市場
    当調査レポートでは、PET包装の世界市場について調査・分析し、PET包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - PET包装の世界市場:市場動向分析 - PET包装の世界市場:競争要因分析 - PET包装の世界市場:パックの種類別 ・トレー ・蓋/キャップ&閉包物 ・ボトル&ジャー ・バッグ&ポーチ ・その他 - PET包装の世界市場:形状別 ・結晶質のPET ・非結晶質のPET - PET包装の世界市場:包装の種類別 ・軟質の包装 ・硬質の包装 - PET包装の世界市場:充填技術別 ・無菌充填 ・低温充填 ・高温充填 ・低真空重力 ・高真空重力 ・逆圧 ・陽圧 ・その他 - PET包装の世界市場:エンドユーザー別 ・パーソナルケア&化粧品 ・医薬品 ・飲料 ・食品 ・家庭用品 ・その他 - PET包装の世界市場:主要地域別分析 - PET包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - PET包装のヨーロッパ市場規模 - PET包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・PET包装の世界市場:主 …
  • 世界のビデオヘッドクリーナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のビデオヘッドクリーナー市場2015について調査・分析し、ビデオヘッドクリーナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザ検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるWntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のWntシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Wntシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"