"航空機の機体構成品の世界市場:胴体、翼、尾部"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9215)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空機の機体構成品の世界市場:胴体、翼、尾部"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Commercial Airframe Components Market
Aircraft components such as empennage, wings, fuselage, undercarriage, pistons, and turbine engines are made of individual parts that operate in a closed orientation. One of the major problems faced by aircraft designers is to strike a balance in the weight-to-strength ratio in a manner that the aircraft weighs less but has enough strength to withstand all possible loads during its service lifetime. They should also ensure that an aircraft qualifies a healthy safety margin of at least 50%.

Technavio’s analysts forecast the Global Commercial Airframe Component Market to grow at a CAGR of 4.06% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Commercial Airframe Component Market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated in the overall market for market size calculation.
The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Commercial Airframe Component Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Avcorp Industries
• Exelis
• Ferra Engineering
• Precision Castparts
• Triumph Group

[Other prominent vendors]
• HITCO Carbon Components
• LISI Aerospace
• RUAG Aerostructures
• Sonaca
• TAL Manufacturing Solutions

[Market driver]
• Increased demand for aircraft
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Stringent regulatory norms
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Implementation of folded wings
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"航空機の機体構成品の世界市場:胴体、翼、尾部"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Global aerospace and defense supply chain system

PART 07: Global aerospace and defense value chain system

PART 08: Market segmentation by components
• Global commercial airframe component market by components
• Global commercial airframe component market for fuselage
• Global commercial airframe component market for wing
• Global commercial airframe component market for empennage

PART 09: Geographical segmentation
• Geographical segmentation of global commercial airframe component market 2015-2020
• Commercial airframe component market in APAC
• Commercial airframe component market in EMEA
• Commercial airframe component market in the Americas

PART 10: Key leading regions

PART 11: Market drivers

PART 12: Impact of drivers

PART 13: Market challenges

PART 14: Impact of drivers and challenges

PART 15: Market trends

PART 16: Vendor landscape
• Competitive scenario

PART 17: Key vendor analysis
• Avcorp Industries
• Exelis
• Ferra Engineering
• Precision Castparts
• Triumph Group
• Key vendors’ recent developments
• Other prominent vendors

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Segmentation of global commercial airframe component market
Exhibit 03: Global commercial airframe component market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Five forces analysis
Exhibit 05: Global aerospace and defense supply chain system
Exhibit 06: Global aerospace and defense value chain system
Exhibit 07: Segmentation of global commercial airframe component market by components
Exhibit 08: Segmentation of global commercial airframe component market by components 2015
Exhibit 09: Segmentation of global commercial airframe component market by components 2020
Exhibit 10: Segmentation of global commercial airframe component market by components 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global commercial airframe component market for fuselage 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Global commercial airframe component market for wing 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Global commercial airframe component market for empennage 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Geographical segmentation of market 2015
Exhibit 15: Geographical segmentation of market 2020
Exhibit 16: Geographical segmentation of market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Commercial airframe component market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Commercial airframe component market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Commercial airframe component market in the Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 20: Key leading regions
Exhibit 21: Applications of AM
Exhibit 22: Impact of drivers
Exhibit 23: Impact of drivers and challenges
Exhibit 24: Comparison with conventional wing tip
Exhibit 25: List of vendors in global commercial airframe component market
Exhibit 26: Avcorp Industries: Revenue segmentation by major customers 2015
Exhibit 27: Avcorp Industries: Revenue segmentation by major customers 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 28: Avcorp Industries: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 29: Exelis: Business segmentation by revenue 2014
Exhibit 30: Exelis: Business segmentation by revenue 2013 and 2014 ($ billions)
Exhibit 31: Exelis: Geographical segmentation by revenue 2014
Exhibit 32: Exelis: Key capabilities
Exhibit 33: Ferra Engineering: Key business areas
Exhibit 34: Precision Castparts: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 35: Precision Castparts: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 36: Precision Castparts: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 37: Triumph Group: Business segmentation 2015
Exhibit 38: Triumph Group: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空機の機体構成品の世界市場:胴体、翼、尾部
【発行日】2016年5月9日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9215
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】航空機機体、胴体(エアフレーム)、翼、尾部
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空機の機体構成品の世界市場:胴体、翼、尾部についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、コグニティブコラボレーションの世界市場規模が2019年983百万ドルから2024年1160百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コグニティブコラボレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(IT&テレコム、エネルギー&ユーティリティ、銀行、金融サービス、保険、教育、ヘルスケア、小売、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・コグニティブコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コグニティブコラボレーションの世界市場:応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援) ・ …
  • バングラデシュのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 種子処理用化学薬品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、種子処理用化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子処理用化学薬品市場規模、機能別(種子強化、種子保護)分析、種類別(生物刺激剤、農業用殺虫剤)分析、用途別(果物・野菜、穀物・穀類、大豆、小麦、トウモロコシ、その他)分析、製品別(殺菌製品、抗菌製品、化学製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:市場動向分析 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:競争要因分析 ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:機能別(種子強化、種子保護) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:種類別(生物刺激剤、農業用殺虫剤) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:用途別(果物・野菜、穀物・穀類、大豆、小麦、トウモロコシ、その他) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:製品別(殺菌製品、抗菌製品、化学製品、その他) ・ 種子処理用化学薬品の世界市場:主要地域別分析 ・ 種子処理用化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等 …
  • 膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))のフェーズ3治験薬の状況 ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))治療薬の市場規模(販売予測) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膣萎縮(萎縮性膣炎)(Vaginal Atrophy (Atrophic Vaginitis))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の …
  • 世界のピーナッツ粉市場2015
    本調査レポートでは、世界のピーナッツ粉市場2015について調査・分析し、ピーナッツ粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アンテナモジュールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車アンテナモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車アンテナモジュールの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車アンテナモジュールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Continental、Delphi、HARADA、Hirschmann Car Communication、Kathrein Automotive、Laird、Yokowo等です。
  • 医療用3D画像装置の世界市場:X線装置、超音波装置、MRI装置、CTスキャン装置、ハイブリッド装置
    当調査レポートでは、医療用3D画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用3D画像装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 変電所の自動化の世界市場分析:コンポーネント別(リクローザコントローラ、プログラマブル論理コントローラ、コンデンサバンクコントローラ、デジタルトランスデューサ/スマートメータ、負荷タップコントローラ、通信チャネル、デジタルリレー)、モジュール別(SCADA、IEDs、コミュニケーションネットワーク)、通信経路別(イーサネット、電力線通信、銅線通信、光ファイバ通信)、セグメント予測
    本調査レポートでは、変電所の自動化の世界市場について調査・分析し、変電所の自動化の世界市場動向、変電所の自動化の世界市場規模、市場予測、セグメント別変電所の自動化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のマイカ(雲母)市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイカ(雲母)市場2015について調査・分析し、マイカ(雲母)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベータ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ受容体アゴニストの概要 ・ベータ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 血管アクセスデバイスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、血管アクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管アクセスデバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ銅粉末の世界市場
    当調査レポートでは、ナノ銅粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ銅粉末の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメチルエチルケトン(MEK)市場2015
    本調査レポートでは、世界のメチルエチルケトン(MEK)市場2015について調査・分析し、メチルエチルケトン(MEK)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シームレスパイプの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、シームレスパイプの世界市場について調査・分析し、シームレスパイプの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - シームレスパイプの世界市場:市場動向分析 - シームレスパイプの世界市場:競争要因分析 - シームレスパイプの世界市場:材料別 ・銅・合金 ・ニッケル・合金 ・スチール・合金 ・その他 - シームレスパイプの世界市場:パイプの種類別 ・コールド材 ・ホット材 - シームレスパイプの世界市場:エンドユーザー別 ・インフラ・建設 ・自動車 ・石油・ガス ・エンジニアリング ・発電 ・その他 - シームレスパイプの世界市場:生産工程別 ・マルチスタンドプラグミル ・ピアシングおよびピルガー圧延 (Cross-Roll Piercing & Pilger Rolling) ・連続マンドレルミル - シームレスパイプの世界市場:主要地域別分析 - シームレスパイプの北米市場規模(アメリカ市場等) - シームレスパイプのヨーロッパ市場規模 - シームレスパイプのアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • 世界のポンプモーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のポンプモーター市場2015について調査・分析し、 ポンプモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 9-デカン酸メチルエステルの世界市場分析:用途別(香味料・香料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、9-デカン酸メチルエステルの世界市場について調査・分析し、9-デカン酸メチルエステルの世界市場動向、9-デカン酸メチルエステルの世界市場規模、市場予測、セグメント別9-デカン酸メチルエステル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 水上発電所の世界市場予測(~2022年):ガスタービン、ICエンジン、ソーラーパネル、風力タービン、土台
    当調査レポートでは、水上発電所の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電力ソース別分析、キャパシティ別分析、地域別分析、水上発電所の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物健康、動物医療、殺寄生虫薬、抗菌薬、抗生物質、ワクチン、飼料添加物、成長促進物質
  • トンネルオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、トンネルオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トンネルオートメーション市場規模、コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他)分析、トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道)分析、提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ トンネルオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他) ・ トンネルオートメーションの世界市場:トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道) ・ トンネルオートメーションの世界市場:提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ トンネルオートメーションの世界市場:主要地域別分析 ・ トンネルオートメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ トンネルオートメーションのヨーロッパ市場 …
  • 世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭酸ジメチルの世界市場
    当調査レポートでは、炭酸ジメチルの世界市場について調査・分析し、炭酸ジメチルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高圧加工(HPP)装置の世界市場予測:横型高圧加工装置、縦型高圧加工装置
    当調査レポートでは、高圧加工(HPP)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、容量別分析、用途別分析、需要先別分析、高圧加工(HPP)装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウィルソン病治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ウィルソン病治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウィルソン病治療薬市場規模、製品別(キレート薬、ミネラル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウィルソン病治療薬の世界市場概要 ・ウィルソン病治療薬の世界市場環境 ・ウィルソン病治療薬の世界市場動向 ・ウィルソン病治療薬の世界市場規模 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:業界構造分析 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:製品別(キレート薬、ミネラル) ・ウィルソン病治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウィルソン病治療薬の北米市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬の主要国分析 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・ウィルソン病治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:競争環境 ・ウィルソン病治療薬の世界市 …
  • 世界及び欧州のパッケージング自動化ソリューション市場-分析及び展望(~2022年)
  • 血行動態モニタリング装置の世界市場:製品別、種類別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、血行動態モニタリング装置の世界市場について調べ、血行動態モニタリング装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別分析、種類別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・血行動態モニタリング装置の世界市場概要 ・血行動態モニタリング装置の世界市場環境 ・血行動態モニタリング装置の世界市場動向 ・血行動態モニタリング装置の世界市場規模 ・血行動態モニタリング装置の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・血行動態モニタリング装置の世界市場規模:製品別 ・血行動態モニタリング装置の世界市場規模:種類別 ・血行動態モニタリング装置の世界市場規模:最終用途別 ・血行動態モニタリング装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血行動態モニタリング装置の北米市場規模・予測 ・血行動態モニタリング装置のアメリカ市場規模・予測 ・血行動態モニタリング装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・ …
  • コンタクトセンター分析の世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、コンタクトセンター分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、コンタクトセンター分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)、用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他)、地域別予測
    本資料は、ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場について調べ、ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)分析、用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場概要 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場環境 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場動向 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場規模 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場規模:タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上) ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場規模:用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他) ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:地域別市 …
  • 脳転移(Brain Metastasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳転移(Brain Metastasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳転移(Brain Metastasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳転移(Brain Metastasis)の概要 ・脳転移(Brain Metastasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳転移(Brain Metastasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳転移(Brain Metastasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 脳性麻痺治療の世界市場2019-2023
    脳性麻痺(CP)は、幼少期に起こる神経障害です。 一般的な脳性麻痺による症状としては、出生後5年以内の間に脳損傷によって引き起こされる運動機能障害、協調運動障害、および異常筋緊張があります。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に脳性麻痺治療の世界市場が5.42%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、GlaxoSmithKline、Johnson & Johnson、Pfizerなどです。 当調査レポートでは、脳性麻痺治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳性麻痺治療市場規模、製品別(抗けいれん薬、鎮痙薬、抗コリン薬、NSAIDs、抗うつ薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳性麻痺治療の世界市場概要 ・脳性麻痺治療の世界市場環境 ・脳性麻痺治療の世界市場動向 ・脳性麻痺治療の世界市場規模 ・脳性麻痺治療の世界市場:業界構造分析 ・脳性麻痺治療の世界 …
  • エレベーター及びエスカレーターのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、エレベーター及びエスカレーターのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エレベーター及びエスカレーターのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場について調べ、発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模をセグメンテーション別(用途別(商業温室、垂直農業、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均25%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場予測 ・発光ダイオード(LED)グローライトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(商業温室、垂直農業、その他) ・発光ダイオード(LED)グローライトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 航空機用材料の世界市場予測(~2022年):アルミニウム合金、鋼合金、チタン合金、スーパー合金、複合材料
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機用材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、航空機タイプ別分析、地域別分析、航空機用材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器用コーティングの世界市場分析:製品別(親水性、抗菌性、薬物溶出性、抗血栓性)、用途別(神経学、整形外科、一般外科、心臓血管、歯科、婦人科)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療機器用コーティングの世界市場について調査・分析し、医療機器用コーティングの世界市場動向、医療機器用コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器用コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 歯科用診断・手術装置のアジア市場
    本調査レポートでは、歯科用診断・手術装置のアジア市場について調査・分析し、歯科用診断・手術装置のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • Dダイマー検査の世界市場2016-2020
  • 世界の献血者用アームチェアー市場2016
    本調査レポートでは、世界の献血者用アームチェアー市場2016について調査・分析し、献血者用アームチェアーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス安全サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、プロセス安全サービスの世界市場規模が2017年2兆6753.0億ドルから2026年5兆4200億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、プロセス安全サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プロセス安全サービス市場規模、ソリューション別(リスク管理プログラム(RMP)、安全計装システム(SIS)、機械的完全性、PSMプログラム実装、コンプライアンス管理)分析、サービス別(認証、トレーニング、監査、コンサルティング)分析、エンドユーザー別(建設・不動産、小売、プロセス製造、公益事業、自動車・ディスクリート製造)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ プロセス安全サービスの世界市場:市場動向分析 ・ プロセス安全サービスの世界市場:競争要因分析 ・ プロセス安全サービスの世界市場:ソリューション別(リスク管理プログラム(RMP)、安全計装システム(SIS)、機械的完全性、P …
  • 電気自動車(EV)用パワーインバーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用パワーインバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電気自動車(EV)用パワーインバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バッテリーセンサーの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用バッテリーセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧タイプ別(12V、24V、48V)分析、通信技術別(LIN、CAN)分析、ハイブリッド車両別(HEV、PHEV)分析、車両タイプ別(乗用車、LCV、HCV)分析、自動車用バッテリーセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱業におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉱業におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉱業におけるロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉱業におけるロボットの世界市場概要 ・鉱業におけるロボットの世界市場環境 ・鉱業におけるロボットの世界市場動向 ・鉱業におけるロボットの世界市場規模 ・鉱業におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・鉱業におけるロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他) ・鉱業におけるロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・鉱業におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉱業におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボット …
  • 飼料用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、飼料用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料用酵素市場規模、種類別(カルボヒドラーゼ、フィターゼ、プロテアーゼ、その他)分析、家畜別(水生動物、反芻動物、家禽、ペット、馬、豚、その他)分析、形状別(液体、乾燥)分析、原料別(微生物、植物、動物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 飼料用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 飼料用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 飼料用酵素の世界市場:種類別(カルボヒドラーゼ、フィターゼ、プロテアーゼ、その他) ・ 飼料用酵素の世界市場:家畜別(水生動物、反芻動物、家禽、ペット、馬、豚、その他) ・ 飼料用酵素の世界市場:形状別(液体、乾燥) ・ 飼料用酵素の世界市場:原料別(微生物、植物、動物) ・ 飼料用酵素の世界市場:主要地域別分析 ・ 飼料用酵素の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 飼料用酵素のヨーロッパ市場規模 ・ 飼料用酵素のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • 中国の線状α-オレフィン(LAO)市場2015
    本調査レポートでは、中国の線状α-オレフィン(LAO)市場2015について調査・分析し、線状α-オレフィン(LAO)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物栽培用照明の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、植物栽培用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術(蛍光灯、HID、LED)分析、用途(温室、垂直農法、室内農法)分析、栽培物(果物・野菜、草花栽培)分析、照明タイプ分析、植物栽培用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小児用ワクチンの世界市場
    当調査レポートでは、小児用ワクチンの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・小児用ワクチンの世界市場:疾患種類別分析/市場規模 ・小児用ワクチンの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・小児用ワクチンの世界市場:ワクチン別分析/市場規模 ・小児用ワクチンの世界市場:地域別分析/市場規模 ・小児用ワクチンのアメリカ市場規模予測 ・小児用ワクチンのヨーロッパ市場規模予測 ・小児用ワクチンのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 手術用トレイの世界市場:製品別(手術室用、血管造影用、眼科)、最終用途別(病院、診療所)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、手術用トレイの世界市場について調査・分析し、手術用トレイの世界市場動向、手術用トレイの世界市場規模、市場予測、セグメント別手術用トレイ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション、およびサービス)分析、展開種類別(クラウドおよびオンプレミス)分析、エンドユーザー別(垂直およびサービスプロバイダー)分析、組織規模別分析、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場規模が2019年70億ドルから2024年110億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • 世界の計測器市場2015
    本調査レポートでは、世界の計測器市場2015について調査・分析し、計測器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨セメント・骨グルー市場規模・予測2017-2025:用途別(関節形成術、椎体形成術、椎骨形成術)、種類別(リン酸カルシウム、天然、合成、PMMA)、エンドユーザー別(病院、クリニック、外来外科センター)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の骨セメント・骨グルー市場について調査・分析し、世界の骨セメント・骨グルー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の骨セメント・骨グルー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ハイパースケールデータセンターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ハイパースケールデータセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析、ハイパースケールデータセンターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)の概要 ・ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"