"航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9211)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Air Traffic Control Equipment Market
Due to the robust growth in the aviation industry, safety has become the priority for airports and airline operators. ATC equipment plays a vital role in the safe operations of carriers, as it provides communications, navigation, and surveillance (CNS) facilities using different equipment for air traffic management (ATM). The primary job of an ATC equipment is to avoid collisions and expedite air traffic flow by providing information to pilots. ATC equipment provides services to the private, commercial, and military sectors within a defined airspace.

Technavio’s analysts forecast the global air traffic control equipment market to grow at a CAGR of 4.86% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global air traffic control equipment market for 2016-2020.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Air Traffic Control Equipment Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Harris
• Lockheed Martin
• Northrop Grumman
• Raytheon
• Thales

[Other prominent vendors]
• Aquila
• Aeronav Group
• Intelcan Technosystems
• Searidge Technologies

[Market driver]
• Growing air traffic and new aircraft deliveries
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High user and labor costs
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Shift toward satellite-based navigation
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Global aerospace and defense supply chain system

PART 07: Global aerospace and defense value chain system

PART 08: Market segmentation by type
• Global ATC equipment market by type
• Global communication equipment market
• Global navigation equipment market
• Global surveillance equipment market

PART 09: Geographical segmentation
• Global ATC equipment market by geography
• ATC equipment market in Americas
• ATC equipment market in EMEA
• ATC equipment market in APAC

PART 10: Key leading regions

PART 11: Market drivers

PART 12: Impact of drivers

PART 13: Market challenges

PART 14: Impact of drivers and challenges

PART 15: Market trends

PART 16: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Global ATC equipment market: List of vendors

PART 17: Key vendor analysis
• Harris
• Lockheed Martin
• Northrop Grumman
• Raytheon
• Thales

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Global ATC equipment market: Overview
Exhibit 03: Global ATC equipment market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 04: Five forces analysis
Exhibit 05: Global aerospace and defense supply chain system
Exhibit 06: Global aerospace and defense value chain system
Exhibit 07: Global ATC equipment market by type 2015
Exhibit 08: Global ATC equipment by type 2020
Exhibit 09: Global ATC equipment market by type 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global ATC equipment market by type 2015-2020
Exhibit 11: Global communication equipment market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Global navigation equipment market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Global surveillance equipment market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Global ATC equipment market by geography 2015
Exhibit 15: Global ATC equipment market by geography 2020
Exhibit 16: Global ATC equipment market by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Global ATC equipment market by geography 2015-2020
Exhibit 18: ATC equipment market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: ATC equipment market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 20: ATC equipment market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 21: Key leading regions
Exhibit 22: Global passenger traffic in 2014
Exhibit 23: Commercial aircraft fleet size 2014 and 2034
Exhibit 24: Smart airport features
Exhibit 25: Impact of drivers
Exhibit 26: Repercussion of costs associated with ATC equipment systems
Exhibit 27: Impact of drivers and challenges
Exhibit 28: Transition to satellite-based air traffic management
Exhibit 29: Global ATC equipment market: Vendors
Exhibit 30: Harris: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 31: Harris: Business segmentation by revenue 2015 (billions)
Exhibit 32: Harris: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 33: Lockheed Martin: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 34: Lockheed Martin: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 35: Northrop Grumman: Business segmentation 2015 (%)
Exhibit 36: Northrop Grumman: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 37: Northrop Grumman: Customer segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 38: Raytheon: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 39: Raytheon: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 40: Raytheon: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 41: Thales: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 42: Thales: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 43: Thales: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置
【発行日】2016年5月9日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9211
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】航空交通管制装置、通信装置、航法装置、監視装置、航空機
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 低転がり抵抗タイヤの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、低転がり抵抗タイヤの世界市場について調べ、低転がり抵抗タイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、低転がり抵抗タイヤの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は低転がり抵抗タイヤの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・低転がり抵抗タイヤの市場状況 ・低転がり抵抗タイヤの市場規模 ・低転がり抵抗タイヤの市場予測 ・低転がり抵抗タイヤの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM) ・低転がり抵抗タイヤの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 生分解性プラスチックの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の生分解性プラスチック市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・生分解性プラスチックの世界市場:イントロダクション ・生分解性プラスチックの世界市場:市場概観 ・生分解性プラスチックの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・生分解性プラスチックの世界市場:セグメント別市場分析 ・生分解性プラスチックの世界市場:主要地域別市場分析 ・生分解性プラスチックの世界市場:関連企業分析
  • 自動車用グローブボックスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用グローブボックスの世界市場について調査・分析し、自動車用グローブボックスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用グローブボックスの世界市場:市場動向分析 - 自動車用グローブボックスの世界市場:競争要因分析 - 自動車用グローブボックスの世界市場:車種別 大型商用車(HCV) 乗用車 小型商用車(LCV) - 自動車用グローブボックスの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用グローブボックスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用グローブボックスのヨーロッパ市場規模 - 自動車用グローブボックスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用グローブボックスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • メキシコの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • アクチュエータの世界市場:空気圧式アクチュエータ、油圧式アクチュエータ、電気式アクチュエータ、機械式アクチュエータ
    当調査レポートでは、アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、産業別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高密度マルチプレックス診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シロップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シロップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シロップの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 合成ガスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、合成ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成ガスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生鮮食品輸送の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生鮮食品輸送の世界市場について調査・分析し、生鮮食品輸送の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生鮮食品輸送シェア、市場規模推移、市場規模予測、生鮮食品輸送種類別分析(肉・魚・シーフード、乳製品・冷凍デザート、野菜・果物、パン・菓子)、生鮮食品輸送用途別分析(陸上、海上、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生鮮食品輸送の市場概観 ・生鮮食品輸送のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生鮮食品輸送のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生鮮食品輸送の世界市場規模 ・生鮮食品輸送の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生鮮食品輸送のアメリカ市場規模推移 ・生鮮食品輸送のカナダ市場規模推移 ・生鮮食品輸送のメキシコ市場規模推移 ・生鮮食品輸送のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生鮮食品輸送のドイツ市場規模推移 ・生鮮食品輸送のイギリス市場規模推移 ・生鮮食品輸送のロシア市場規模推移 ・生鮮食品輸送のアジア市場分析 …
  • 業務用フライ・ダンプ・ステーションの世界市場
    当調査レポートでは、業務用フライ・ダンプ・ステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用フライ・ダンプ・ステーションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場について調べ、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場規模をセグメンテーション別(用途別(病院および診断センター、血液バンク、その他)、製品別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はRFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均20%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場状況 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場規模 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場予測 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(病院および診断センター、血液バンク、その他) ・市場セグメンテーション:製品別 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状 …
  • 商用航空機の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、商用航空機の世界市場について調査・分析し、商用航空機の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・商用航空機の世界市場規模:航空機種類別分析 ・商用航空機の世界市場規模:エンジン種類別分析 ・商用航空機の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・商用航空機の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • モバイルウォレットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルウォレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルウォレットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の監視レーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界の監視レーダー市場2015について調査・分析し、監視レーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの在宅医療市場:血圧モニター、心拍数モニター、排卵検査キット、HIV検査、ECG、EKG、EEG、補聴器、人工呼吸器、杖、歩行器、車いす
    当調査レポートでは、アジアの在宅医療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、主要国別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の断熱材市場-分析及び展望(~2022年)
  • 腸管感染症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • コンテンツ連動型広告の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンテンツ連動型広告の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ(アクティビティベースの広告、ロケーションベースの広告、その他)別分析、導入(モバイルデバイス、デスクトップ、デジタルビルボード)別分析、産業別分析、アプローチ別分析、コンテンツ連動型広告の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、健康保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 風力発電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、風力発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、風力発電システム市場規模、技術別(風力タービン、T&D、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・風力発電システムの世界市場概要 ・風力発電システムの世界市場環境 ・風力発電システムの世界市場動向 ・風力発電システムの世界市場規模 ・風力発電システムの世界市場:業界構造分析 ・風力発電システムの世界市場:技術別(風力タービン、T&D、その他) ・風力発電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・風力発電システムのアメリカ市場規模・予測 ・風力発電システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・風力発電システムのアジア市場規模・予測 ・風力発電システムの主要国分析 ・風力発電システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・風力発電システムの世界市場:成長要因、課題 ・風力発電システムの世界市場:競争環境 ・風力発電システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • PTFE膜の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PTFE膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PTFE膜の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 真空包装の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、真空包装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、インテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、インテリジェント・プラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の矯正装置市場:膝装具、足首用装具、上肢用装具
  • 世界の頸椎プレート市場2016
    本調査レポートでは、世界の頸椎プレート市場2016について調査・分析し、頸椎プレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤の概要 ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスーパーオキシドジスムターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スーパーオキシドジスムターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医薬品包装の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(プラスチックボトル、ブリスターパック、ラベル及びアクセサリー、キャップ及びクロージャー、充填済みシリンジ、バイアル、アンプル)分析、原材料別分析、ドラッグデリバリーモード別(経口薬、注射剤、点滴薬)分析、医薬品包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医薬品包装の世界市場規模が2019年836億ドルから2024年1119億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、種類別分析、需要先別分析、マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場:用途別(ロケット燃料、防水塗料・膜、接着剤、シーラント)、最終用途別(航空宇宙・防衛、建設、土木、自動車、電気・電子機器)、地域別予測
    本資料は、HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場について調べ、HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ロケット燃料、防水塗料・膜、接着剤、シーラント)分析、最終用途別(航空宇宙・防衛、建設、土木、自動車、電気・電子機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場概要 ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場環境 ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場動向 ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場規模 ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場規模:用途別(ロケット燃料、防水塗料・膜、接着剤、シーラント) ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場規模:最終用途別(航空宇宙・防衛、建設、土木、自動車、電気・電子機器) ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエン)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・HTPB(末端水酸基ポリブタジエ …
  • プロセス分析装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロセス分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロセス分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用拡張現実技術の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍事用拡張現実技術の世界市場について調査・分析し、軍事用拡張現実技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍事用拡張現実技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍事用拡張現実技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍事用拡張現実技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • コーヒーフレッシュの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コーヒーフレッシュの世界市場について調査・分析し、コーヒーフレッシュの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コーヒーフレッシュシェア、市場規模推移、市場規模予測、コーヒーフレッシュ種類別分析(低脂肪、中脂肪、高脂肪)、コーヒーフレッシュ用途別分析(コーヒー用、ミルクティ用、ベーキング・冷たい飲み物、お菓子用、固形飲料用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コーヒーフレッシュの市場概観 ・コーヒーフレッシュのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コーヒーフレッシュのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コーヒーフレッシュの世界市場規模 ・コーヒーフレッシュの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コーヒーフレッシュのアメリカ市場規模推移 ・コーヒーフレッシュのカナダ市場規模推移 ・コーヒーフレッシュのメキシコ市場規模推移 ・コーヒーフレッシュのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コーヒーフレッシュのドイツ市場規模推移 ・ …
  • メラミンの世界市場
    当調査レポートでは、メラミンの世界市場について調査・分析し、メラミンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の酸素濃縮器市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸素濃縮器市場2015について調査・分析し、酸素濃縮器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタロセン系ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタロセン系ワックス市場2015について調査・分析し、メタロセン系ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進X線可視化システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、先進X線可視化システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進X線可視化システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は先進X線可視化システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Philips Healthcare、Siemens等です。
  • レチノイン酸受容体ガンマアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイン酸受容体ガンマアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイン酸受容体ガンマアゴニストの概要 ・レチノイン酸受容体ガンマアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイン酸受容体ガンマアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイン酸受容体ガンマアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイン酸受容体ガンマアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 眺望・園芸サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眺望・園芸サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、眺望・園芸サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤の概要 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のデニム製ジーンズ市場2016
    本調査レポートでは、世界のデニム製ジーンズ市場2016について調査・分析し、デニム製ジーンズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドアシステムの世界市場2017-2021:木材、金属、プラスチック・その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ドアシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドアシステムの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はドアシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ASSA ABLOY、ANDERSEN、JELD-WEN、Masonite、PELLA、YKK AP等です。
  • 世界のパルミチン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のパルミチン酸市場2016について調査・分析し、パルミチン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルカメラの世界市場:タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス)、製品別、地域別予測
    本資料は、ウェアラブルカメラの世界市場について調べ、ウェアラブルカメラの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス)分析、製品別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウェアラブルカメラの世界市場概要 ・ウェアラブルカメラの世界市場環境 ・ウェアラブルカメラの世界市場動向 ・ウェアラブルカメラの世界市場規模 ・ウェアラブルカメラの世界市場規模:タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス) ・ウェアラブルカメラの世界市場規模:製品別 ・ウェアラブルカメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウェアラブルカメラの北米市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのアメリカ市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのヨーロッパ市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのアジア市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラの日本市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラの中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 果物・野菜用被膜剤の世界市場:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)、地域別予測
    本資料は、果物・野菜用被膜剤の世界市場について調べ、果物・野菜用被膜剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・果物・野菜用被膜剤の世界市場概要 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場環境 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場動向 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤) ・果物・野菜用被膜剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・果物・野菜用被膜剤の北米市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアメリカ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアジア市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の日本市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ホワイトバイオテクノロジーの世界市場分析:製品別(バイオ燃料、バイオマテリアル、生化学、工業用酵素)、用途別(バイオエネルギー、食品・飼料添加物、医薬品原料、パーソナルケア・家庭用品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場動向、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ホワイトバイオテクノロジー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場2014-2025:薬別(経口避妊薬、抗アンドロゲン、インスリン感作剤、抗うつ薬、抗肥満薬)、手術別
    本調査レポートでは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場について調査・分析し、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場動向、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリブタジエンの世界市場分析:製品別(低シス、高シス、高ビニル、高トランス)、用途別(タイヤ製造、ポリマー改質、工業用ゴム製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、ポリブタジエンの世界市場動向、ポリブタジエンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリブタジエン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 潜水艦用バッテリーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、潜水艦用バッテリーの世界市場について調査・分析し、潜水艦用バッテリーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別潜水艦用バッテリーシェア、市場規模推移、市場規模予測、潜水艦用バッテリー種類別分析(制御弁式鉛(VRLA)蓄電池、浸水鉛酸蓄電池、その他)、潜水艦用バッテリー用途別分析(民間用、軍事用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・潜水艦用バッテリーの市場概観 ・潜水艦用バッテリーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・潜水艦用バッテリーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・潜水艦用バッテリーの世界市場規模 ・潜水艦用バッテリーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・潜水艦用バッテリーのアメリカ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのカナダ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのメキシコ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・潜水艦用バッテリーのドイツ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのイギリス …
  • 世界及び日本のエレクトリック・ギター市場2017-2022
  • 世界のテクニカルテキスタイル市場2015
    本調査レポートでは、世界のテクニカルテキスタイル市場2015について調査・分析し、テクニカルテキスタイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"