"航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9211)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Air Traffic Control Equipment Market
Due to the robust growth in the aviation industry, safety has become the priority for airports and airline operators. ATC equipment plays a vital role in the safe operations of carriers, as it provides communications, navigation, and surveillance (CNS) facilities using different equipment for air traffic management (ATM). The primary job of an ATC equipment is to avoid collisions and expedite air traffic flow by providing information to pilots. ATC equipment provides services to the private, commercial, and military sectors within a defined airspace.

Technavio’s analysts forecast the global air traffic control equipment market to grow at a CAGR of 4.86% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global air traffic control equipment market for 2016-2020.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Air Traffic Control Equipment Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Harris
• Lockheed Martin
• Northrop Grumman
• Raytheon
• Thales

[Other prominent vendors]
• Aquila
• Aeronav Group
• Intelcan Technosystems
• Searidge Technologies

[Market driver]
• Growing air traffic and new aircraft deliveries
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High user and labor costs
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Shift toward satellite-based navigation
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Global aerospace and defense supply chain system

PART 07: Global aerospace and defense value chain system

PART 08: Market segmentation by type
• Global ATC equipment market by type
• Global communication equipment market
• Global navigation equipment market
• Global surveillance equipment market

PART 09: Geographical segmentation
• Global ATC equipment market by geography
• ATC equipment market in Americas
• ATC equipment market in EMEA
• ATC equipment market in APAC

PART 10: Key leading regions

PART 11: Market drivers

PART 12: Impact of drivers

PART 13: Market challenges

PART 14: Impact of drivers and challenges

PART 15: Market trends

PART 16: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Global ATC equipment market: List of vendors

PART 17: Key vendor analysis
• Harris
• Lockheed Martin
• Northrop Grumman
• Raytheon
• Thales

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Global ATC equipment market: Overview
Exhibit 03: Global ATC equipment market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 04: Five forces analysis
Exhibit 05: Global aerospace and defense supply chain system
Exhibit 06: Global aerospace and defense value chain system
Exhibit 07: Global ATC equipment market by type 2015
Exhibit 08: Global ATC equipment by type 2020
Exhibit 09: Global ATC equipment market by type 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global ATC equipment market by type 2015-2020
Exhibit 11: Global communication equipment market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Global navigation equipment market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Global surveillance equipment market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Global ATC equipment market by geography 2015
Exhibit 15: Global ATC equipment market by geography 2020
Exhibit 16: Global ATC equipment market by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Global ATC equipment market by geography 2015-2020
Exhibit 18: ATC equipment market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: ATC equipment market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 20: ATC equipment market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 21: Key leading regions
Exhibit 22: Global passenger traffic in 2014
Exhibit 23: Commercial aircraft fleet size 2014 and 2034
Exhibit 24: Smart airport features
Exhibit 25: Impact of drivers
Exhibit 26: Repercussion of costs associated with ATC equipment systems
Exhibit 27: Impact of drivers and challenges
Exhibit 28: Transition to satellite-based air traffic management
Exhibit 29: Global ATC equipment market: Vendors
Exhibit 30: Harris: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 31: Harris: Business segmentation by revenue 2015 (billions)
Exhibit 32: Harris: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 33: Lockheed Martin: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 34: Lockheed Martin: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 35: Northrop Grumman: Business segmentation 2015 (%)
Exhibit 36: Northrop Grumman: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 37: Northrop Grumman: Customer segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 38: Raytheon: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 39: Raytheon: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 40: Raytheon: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 41: Thales: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 42: Thales: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 43: Thales: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置
【発行日】2016年5月9日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9211
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】航空交通管制装置、通信装置、航法装置、監視装置、航空機
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空交通管制(ATC)装置の世界市場:通信装置、航法装置、監視装置についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 家庭用除湿器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用除湿器の世界市場について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用除湿器シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用除湿器種類別分析(ポータブル、家全体)、家庭用除湿器用途別分析(家庭用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用除湿器の市場概観 ・家庭用除湿器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用除湿器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用除湿器の世界市場規模 ・家庭用除湿器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用除湿器のアメリカ市場規模推移 ・家庭用除湿器のカナダ市場規模推移 ・家庭用除湿器のメキシコ市場規模推移 ・家庭用除湿器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用除湿器のドイツ市場規模推移 ・家庭用除湿器のイギリス市場規模推移 ・家庭用除湿器のロシア市場規模推移 ・家庭用除湿器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等 …
  • 鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉄道車両用補助電源システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道車両用補助電源システム市場規模、製品別(高速鉄道車両、機関車、鉄道車両)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場概要 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場環境 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場動向 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場規模 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:業界構造分析 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:製品別(高速鉄道車両、機関車、鉄道車両) ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉄道車両用補助電源システムのアメリカ市場規模・予測 ・鉄道車両用補助電源システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・鉄道車両用補助電源システムのアジア市場規模・予測 ・鉄道車両用補助電源システムの主要国分析 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 保護コーティングの世界市場分析:樹脂別(アクリル、エポキシ、ポリウレタン、アルキド)、製品別(水系、粉末系)、エンドユーザー別(建設、石油・ガス、航空宇宙産業、海洋、自動車、発電)、セセグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、保護コーティングの世界市場について調査・分析し、保護コーティングの世界市場動向、保護コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別保護コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンチトロンビンIII検査の世界市場2016-2020
  • 乗り物酔い用薬の世界市場:抗コリン薬、抗ヒスタミン薬
    Technavio社の本調査レポートでは、乗り物酔い用薬の世界市場について調べ、乗り物酔い用薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乗り物酔い用薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、抗ヒスタミン薬)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は乗り物酔い用薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・乗り物酔い用薬の市場状況 ・乗り物酔い用薬の市場規模 ・乗り物酔い用薬の市場予測 ・乗り物酔い用薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、抗ヒスタミン薬) ・乗り物酔い用薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場について調べ、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(生物製剤、非生物学的製剤)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はオーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場状況 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場規模 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場予測 ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(生物製剤、非生物学的製剤) ・オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、 …
  • 加齢黄斑変性(AMD)治療薬の世界市場:ルセンティス、アイリーア、アバスチン
    当調査レポートでは、加齢黄斑変性(AMD)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加齢黄斑変性(AMD)治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱管理の世界市場予測(~2022年):熱管理材料、熱管理装置、熱管理サービス、用途
    当調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、材料種類別分析、デバイス種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、熱管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 自動車用軽量素材の世界市場予測(~2021):金属、複合材、ゴム、プラスチック
    当調査レポートでは、自動車用軽量素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、用途別分析、構成品別分析、車両種類別分析、自動車用軽量素材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • cDNA合成の世界市場                               
    当調査レポートでは、cDNA合成の世界市場について調査・分析し、cDNA合成の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - cDNA合成の世界市場:市場動向分析 - cDNA合成の世界市場:競争要因分析 - cDNA合成の世界市場:用途別 ・クローン作成 ・エピジェネティクス ・PCR(ポリメラーゼ連鎖反応) ・制限消化 ・シークエンシング ・その他 - cDNA合成の世界市場:製品別 ・酵素 ・キット ・リガーゼ ・ホスファターゼ ・ポリメラーゼ ・制限エンドヌクレアーゼ ・その他 - cDNA合成の世界市場:エンドユーザー別 ・学術機関 ・病院 ・製薬&バイオテクノロジー企業 ・研究センター - cDNA合成の世界市場:主要地域別分析 - cDNA合成の北米市場規模(アメリカ市場等) - cDNA合成のヨーロッパ市場規模 - cDNA合成のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・cDNA合成の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 暴動鎮圧の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、暴動鎮圧の世界市場について調査・分析し、暴動鎮圧の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・暴動鎮圧の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・暴動鎮圧の世界市場:セグメント別市場分析 ・暴動鎮圧の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ブラジルの心臓人工弁市場(~2021)
  • マイクロ灌漑システムの世界市場分析:製品別(スプリンクラー、ドリップ、センターピボット、ラテラルムーブ)、苗別(プランテーション作物、果樹園の作物、畑作物、飼料・芝)、セグメント予測
    本調査レポートでは、マイクロ灌漑システムの世界市場について調査・分析し、マイクロ灌漑システムの世界市場動向、マイクロ灌漑システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ灌漑システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の体外式除細動器市場(~2021)
  • 自動車用ウルトラキャパシタの世界市場見通し2016-2022:ブレーキ回生、スタートストップ操作、アクティブサスペンション
    当調査レポートでは、自動車用ウルトラキャパシタの世界市場について調査・分析し、自動車用ウルトラキャパシタの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:市場動向分析 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:競争要因分析 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:種類別分析/市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタの北米市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタの欧州市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタのアジア市場規模 ・自動車用ウルトラキャパシタの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • メキシコの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 光医学の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、光医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光医学の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Eラーニングの世界市場2020-2024
    「Eラーニングの世界市場2020-2024」は、Eラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ドイツの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 鉄道車両の世界市場予測(~2025年):機関車、高速鉄道、貨車、客車
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品タイプ別(機関車、高速鉄道、貨車、客車)分析、機関車の技術別(ディーゼル、電気)分析、用途別(乗客輸送、貨物輸送)分析、コンポーネント別分析、鉄道車両の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの整形外科装置市場見通し
  • 産業用真空ポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用真空ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用真空ポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バス用バックカメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バス用バックカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス用バックカメラの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 製造業における人工知能(AI)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、製造業における人工知能(AI)の世界市場について調べ、製造業における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、製造業における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は製造業における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・製造業における人工知能(AI)の市場状況 ・製造業における人工知能(AI)の市場規模 ・製造業における人工知能(AI)の市場予測 ・製造業における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他) ・製造業における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の超音波ホモジナイザー市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波ホモジナイザー市場2015について調査・分析し、超音波ホモジナイザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超小型LEDの世界市場予測(~2025年):LEDディスプレイパネル、LED照明機器
    当調査レポートでは、超小型LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供商品別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、超小型LEDの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リール・スプールの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、リール・スプールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リール・スプール市場規模、製品別(リール、スプール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リール・スプールの世界市場概要 ・リール・スプールの世界市場環境 ・リール・スプールの世界市場動向 ・リール・スプールの世界市場規模 ・リール・スプールの世界市場:業界構造分析 ・リール・スプールの世界市場:製品別(リール、スプール) ・リール・スプールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リール・スプールの北米市場規模・予測 ・リール・スプールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リール・スプールのアジア太平洋市場規模・予測 ・リール・スプールの主要国分析 ・リール・スプールの世界市場:意思決定フレームワーク ・リール・スプールの世界市場:成長要因、課題 ・リール・スプールの世界市場:競争環境 ・リール・スプールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • オフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉の世界市場2020-2024
    「オフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉の世界市場2020-2024」は、オフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(製薬会社、その他の組織)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉の世界市場:エンドユーザー別(製薬会社、その他の組織) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • オンライン個人指導の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オンライン個人指導の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン個人指導の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 泌尿器科用機器の世界市場予測(~2026):尿失禁、良性前立腺過形成(BPH)、腎臓結石、前立腺がん
    当調査レポートでは、泌尿器科用機器の世界市場について調査・分析し、泌尿器科用機器の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • デジタルTVの世界市場
    本資料は、デジタルTVの世界市場について調べ、デジタルTVの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(HDTV、SDTV、EDTV、その他)分析、解像度別(720P、1080P、4K、その他)分析、サイズ別(11”-32”、33”-42”、44”-50”)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco Systems Inc.、Desire2Learn、AWE Acquisition Inc.、Blackboard Inc.、Pearson Plc、SumTotal Systems Inc.、Tata Interactive Systems、Smart Technologies、Saba Software Inc.、Promethean Inc.、Wall Family Enterprise 、McGraw-Hill Education、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルTVの世界市場概要 ・デジタルTVの世界市場環境 ・デジタルTVの …
  • オーストリアの装具市場見通し
  • ギリシャの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 微細藻類の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、微細藻類の世界市場について調査・分析し、微細藻類の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別微細藻類シェア、市場規模推移、市場規模予測、微細藻類種類別分析()、微細藻類用途別分析(食品、肥料(二枚貝、えび、海産魚幼虫、動物プランクトン用、医薬品、バイオ燃料)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・微細藻類の市場概観 ・微細藻類のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・微細藻類のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・微細藻類の世界市場規模 ・微細藻類の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・微細藻類のアメリカ市場規模推移 ・微細藻類のカナダ市場規模推移 ・微細藻類のメキシコ市場規模推移 ・微細藻類のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・微細藻類のドイツ市場規模推移 ・微細藻類のイギリス市場規模推移 ・微細藻類のロシア市場規模推移 ・微細藻類のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・微細藻類の日本市場規模推移 ・微 …
  • HIVワクチンの世界市場:種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)、地域別予測
    本資料は、HIVワクチンの世界市場について調べ、HIVワクチンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)分析、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlphaVax、Antigen Express、Argo Therapeutic、Bionor Pharmaceuticals、Celldex Therapeutics、FIT Biotech、Crucell Pharmaceutical、GeneCure、Genetic Immunity、GenVec、GeoVax Labs、GlaxoSmithKline、Immune Response Biopharma 、Inovio Pharmaceuticals、Novartisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・HIVワクチンの世界市場概要 ・HIVワクチンの …
  • メタマテリアル技術の世界市場
    当調査レポートでは、メタマテリアル技術の世界市場について調査・分析し、メタマテリアル技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • FRP(繊維強化プラスチック)製橋の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、FRP(繊維強化プラスチック)製橋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂別分析、製造工程別分析、橋種類別分析、FRP(繊維強化プラスチック)製橋の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)のフェーズ3治験薬の状況 ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)治療薬の市場規模(販売予測) ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)治療薬剤
  • PET医薬品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、PET医薬品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、PET医薬品包装市場規模、包装種類別(ジャー、ボトル、パウチ・ストリップパック、医療用バッグ、その他分析、材料別(アルミホイル、プラスチック/ポリマー、紙・板紙)分析、サイズ別(50ml、5ml、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ PET医薬品包装の世界市場:市場動向分析 ・ PET医薬品包装の世界市場:競争要因分析 ・ PET医薬品包装の世界市場:包装種類別(ジャー、ボトル、パウチ・ストリップパック、医療用バッグ、その他 ・ PET医薬品包装の世界市場:材料別(アルミホイル、プラスチック/ポリマー、紙・板紙) ・ PET医薬品包装の世界市場:サイズ別(50ml、5ml、その他) ・ PET医薬品包装の世界市場:主要地域別分析 ・ PET医薬品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ PET医薬品包装のヨーロッパ市場規模 ・ PET医薬品包装のアジア市 …
  • バイオエタノールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオエタノールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオエタノール市場規模、供給原料別(でんぷん、砂糖、セルローズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオエタノールの世界市場概要 ・バイオエタノールの世界市場環境 ・バイオエタノールの世界市場動向 ・バイオエタノールの世界市場規模 ・バイオエタノールの世界市場:業界構造分析 ・バイオエタノールの世界市場:供給原料別(でんぷん、砂糖、セルローズ、その他) ・バイオエタノールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオエタノールのアメリカ市場規模・予測 ・バイオエタノールのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオエタノールのアジア市場規模・予測 ・バイオエタノールの主要国分析 ・バイオエタノールの世界市場:意思決定フレームワーク ・バイオエタノールの世界市場:成長要因、課題 ・バイオエタノールの世界市場:競争環境 ・バイオエタノールの世界市場:関連企業 …
  • 医療用ディスプレイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用ディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ディスプレイ市場規模、製品別(液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ディスプレイの世界市場概要 ・医療用ディスプレイの世界市場環境 ・医療用ディスプレイの世界市場動向 ・医療用ディスプレイの世界市場規模 ・医療用ディスプレイの世界市場:業界構造分析 ・医療用ディスプレイの世界市場:製品別(液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED)) ・医療用ディスプレイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ディスプレイの北米市場規模・予測 ・医療用ディスプレイのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ディスプレイのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ディスプレイの主要国分析 ・医療用ディスプレイの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用ディスプレイの世界市場:成長要因、 …
  • 自動車用ウルトラ・キャパシタの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ウルトラ・キャパシタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ウルトラ・キャパシタの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生可能エネルギー用変圧器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、再生可能エネルギー用変圧器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生可能エネルギー用変圧器市場規模、用途別(太陽光発電所、風力発電所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場概要 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場環境 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場動向 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場規模 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場:業界構造分析 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場:用途別(太陽光発電所、風力発電所) ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再生可能エネルギー用変圧器の北米市場規模・予測 ・再生可能エネルギー用変圧器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・再生可能エネルギー用変圧器のアジア太平洋市場規模・予測 ・再生可能エネルギー用変圧器の主要国分析 ・再生可能エネルギー用変圧器の世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 世界のCT装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、CT装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CT装置の概要 ・CT装置の開発動向:開発段階別分析 ・CT装置の開発動向:セグメント別分析 ・CT装置の開発動向:領域別分析 ・CT装置の開発動向:規制Path別分析 ・CT装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別CT装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・CT装置の最近動向
  • プラスチック充填剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック充填剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、プラスチック充填剤の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の充填済みクロマトグラフィーカラム市場2015
    本調査レポートでは、世界の充填済みクロマトグラフィーカラム市場2015について調査・分析し、充填済みクロマトグラフィーカラムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コーンスターチの世界市場:タイプ別(加工デンプン、天然デンプン、甘味料)、用途別(医薬品・化学薬品、食品・飲料、動物用飼料、テキスタイル、製紙、その他)、地域別予測
    本資料は、コーンスターチの世界市場について調べ、コーンスターチの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(加工デンプン、天然デンプン、甘味料)分析、用途別(医薬品・化学薬品、食品・飲料、動物用飼料、テキスタイル、製紙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCargill Incorporated、Ingredion、Archer Daniels Midland Company、Tate & Lyle、Roquette、Riddhi Siddhi Gluco Biols Ltd.、Gulshan Polyols Ltd.、Sudzucker、Associated British Foods plc、Grain Processing Corporations、Akzo Nobel NV、Bayer AGなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コーンスターチの世界市場概要 ・コーンスターチの世界市場環境 ・コーンスターチの世界市場動向 ・コーンスタ …
  • くい打ち機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、くい打ち機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、くい打ち機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の心臓病用インプラント装置市場:ペースメーカー、ICD、CRT、冠動脈ステント、心臓弁、TAVI弁
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"