"閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9271)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market
Bones have the ability to grow and heal naturally, but changes in diet, exercise levels, and body chemistry lead to changes in the bone mineral density. This results in osteoporosis, which is characterized by low bone density and structural deterioration of bone tissues, leading to fragile bones. Rapid bone resorption or slow bone replacement can result in the development of the disease. Gender, age, body size (low body weight), ethnicity, and family history also play a role in developing osteoporosis. Other risk factors include medication, calcium and vitamin intake, alcohol intake, and smoking.

Women are at a greater risk of developing osteoporosis than men as estrogens play an important role in maintaining bone strength. Small amounts of bone are lost as part of normal aging process, but on reaching menopause, estrogen levels decline drastically, leading to a greater risk of developing osteoporosis.

Technavio’s analysts forecast the Global Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market to grow at a CAGR of 4.02% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers revenue generated from the sales of branded and generic drugs used to treat and prevent postmenopausal osteoporosis.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Eli Lilly
• Amgen
• Merck
• Novartis

[Other prominent vendors]
• Allergan
• Amgen Astellas Biopharm
• Deltanoid Pharmaceuticals
• Noven
• Novo Nordisk
• Osteologix
• Pfizer
• PhytoHealth
• Radius Health
• Tarsa Therapeutics
• UCB
• Uni-Bio Science Group
• Upsher-Smith Laboratories
• Watson Pharmaceuticals
• Zosano Pharma

[Market driver]
• Growing prevalence of postmenopausal osteoporosis
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Low diagnosis rate
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emergence of novel agents
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Disease overview
• Understanding postmenopausal osteoporosis
• Epidemiology and demography
• Risk factors
• Symptoms
• Diagnosis
• Treatment

PART 06: Key buying criteria

PART 07: Pipeline scenario
• TBRIA
• Romosozumab (AMG785)
• Odanacatib (MK-0822)
• Abaloparatide SC/Abaloparatide transdermal patch
• PHN-031 (PH3)
• NB S101
• Teriparatide ZP Patch (ZP-PTH)
• Blosozumab (LY2541546)

PART 08: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 09: Market segmentation by therapeutic class
• Antiresorptive medications
• Anabolic medications

PART 10: Market segmentation by line of therapy

PART 11: Geographical segmentation
• Global postmenopausal osteoporosis drugs market by geographical segmentation 2015-2020
• Postmenopausal osteoporosis drugs market in Americas
• Postmenopausal osteoporosis drugs market in EMEA
• Postmenopausal osteoporosis drugs market in APAC

PART 12: Market drivers
• Increase in older population
• Growing prevalence of postmenopausal osteoporosis
• Expected launch of promising pipeline molecules
• High unmet medical needs

PART 13: Impact of drivers

PART 14: Market challenges
• Multiple patent expiries
• Low diagnosis rate
• Nonadherence to treatment regimen
• Drug reimbursement issues

PART 15: Impact of drivers and challenges

PART 16: Market trends
• Awareness programs and initiatives
• Emergence of novel agents
• Emergence of combination therapies

PART 17: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Market analysis 2015
• Eli Lilly
• Amgen
• Merck
• Novartis
• Other prominent vendors

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Prevalence of osteoporosis based on gender 2015
Exhibit 03: Interpretation of BMD results
Exhibit 04: Timeline for development of osteoporosis drugs
Exhibit 05: Key buying criteria for postmenopausal osteoporosis drugs
Exhibit 06: Pipeline portfolio: Postmenopausal osteoporosis
Exhibit 07: Global postmenopausal osteoporosis drugs market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 08: Five forces analysis
Exhibit 09: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by therapeutic class
Exhibit 10: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by therapeutic class on basis of revenue 2015
Exhibit 11: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by line of therapy
Exhibit 12: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by line of therapy on basis of revenue 2015
Exhibit 13: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market based on geography 2015
Exhibit 14: Global postmenopausal osteoporosis drugs market by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Global postmenopausal osteoporosis drugs market by geography 2015-2020
Exhibit 16: Postmenopausal osteoporosis drugs market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Postmenopausal osteoporosis drugs market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Postmenopausal osteoporosis drugs market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Global postmenopausal osteoporosis drugs market: YoY growth and revenue based on geography 2015-2020
Exhibit 20: Percentage share of women in age group of 60 years and older 2015
Exhibit 21: Percentage share of women in age group of 80 years and above 2015
Exhibit 22: Impact of drivers
Exhibit 23: Impact of drivers and challenges
Exhibit 24: Revenue from sales of major drugs in global postmenopausal osteoporosis drugs market 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 25: Eli Lilly: YoY revenue and growth rate of FORTEO 2015 ($ billions)
Exhibit 26: Eli Lilly: Geographical segmentation of FORTEO 2015
Exhibit 27: Eli Lilly: YoY revenue and growth rate of Evista 2015 ($ millions)
Exhibit 28: Eli Lilly: Geographical segmentation of Evista 2015
Exhibit 29: Eli Lilly: Key takeaways
Exhibit 30: Amgen: YoY revenue and growth rate of Prolia 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 31: Amgen: Geographical segmentation of Prolia 2015
Exhibit 32: Amgen: Key takeaways
Exhibit 33: Merck: YoY revenue and growth rate of Fosamax 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 34: Merck: Key takeaways
Exhibit 35: Novartis: Key takeaways

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月11日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9271
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】閉経後骨粗鬆症、閉経後骨粗鬆症治療薬、医薬品、パイプライン
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • シルク(絹)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、シルク(絹)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シルク(絹)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はシルク(絹)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AMSilk、Anhui Silk、Kraig Biocraft Laboratories、Shengkun Silk Manufacturing、Wujiang First Textile等です。
  • 食品強化剤の世界市場:ミネラル、ビタミン、炭水化物、プレバイオティクス、プロバイオティクス、脂質、タンパク質、アミノ酸
    当調査レポートでは、食品強化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用屋外貯蔵製品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用屋外貯蔵製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用屋外貯蔵製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用屋外貯蔵製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Lifetime Products、Newell Brands、ShelterLogic、Suncast等です。
  • IoTマネタイゼーション(収益化)市場:事例分析、活用事例
  • 統合モニタリングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、統合モニタリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、統合モニタリング市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、エンドユーザー別(政府・公共部門、消費財・小売、輸送・物流、銀行・金融サービス・保険、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造、通信・IT、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 統合モニタリングの世界市場:市場動向分析 ・ 統合モニタリングの世界市場:競争要因分析 ・ 統合モニタリングの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 統合モニタリングの世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 統合モニタリングの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 統合モニタリングの世界市場:エンドユーザー別(政府・公共部門、消費財・小売、輸送・物流、銀行・金融サービス・保険、ヘルスケア・ライフサ …
  • エンタープライズ資産管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、エンタープライズ資産管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別分析、展開モード別分析、業種別(エネルギー及びユーティリティ、政府及び防衛、製造、輸送及び物流)分析、エンタープライズ資産管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、エンタープライズ資産管理の世界市場規模が2019年51億ドルから2024年82億ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。
  • 乗用車用交換タイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乗用車用交換タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、乗用車用交換タイヤの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者モニタリング及び支援ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、患者モニタリング及び支援ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、患者モニタリング及び支援ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の口腔洗浄器市場2017-2022
  • 航空機用アクチュエータシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機用アクチュエータシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用アクチュエータシステム市場規模、航空機種類別(戦闘機、ナローボディー機、輸送機、超大型機、ワイドボディー機)分析、製品別(電動アクチュエーター、電気油圧式アクチュエーター、電磁油圧式アクチュエーター、電気機械式アクチュエーター、油圧式アクチュエーター、空気圧式アクチュエーター、機械式アクチュエーター)分析、用途別(補助制御、飛行制御、着陸装置)分析、エンドユーザー別(航空宇宙、軍事/防衛、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:航空機種類別(戦闘機、ナローボディー機、輸送機、超大型機、ワイドボディー機) ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:製品別(電動アクチュエーター …
  • 列車用ドアシステムの世界市場2017-2021:電動、空気式、手動
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、列車用ドアシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、列車用ドアシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は列車用ドアシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はKnorr-Bremse 、Nabtesco 、Schaltbau Holding 、Wabtec 等です。
  • 坑井介入作業の世界市場分析:サービス別(ロギング・ボトムホール調査、刺激、補修セメント、隔離、砂制御サービス、人工リフト、フィッシング)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、坑井介入作業の世界市場について調査・分析し、坑井介入作業の世界市場動向、坑井介入作業の世界市場規模、市場予測、セグメント別坑井介入作業市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の風力発電用タワー市場2015
    本調査レポートでは、世界の風力発電用タワー市場2015について調査・分析し、風力発電用タワーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のオンライン宝くじ市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のオンライン宝くじ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のオンライン宝くじ市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロボットカー/無人車の世界市場分析、セグメント予測
    本調査レポートでは、ロボットカー/無人車の世界市場について調査・分析し、ロボットカー/無人車の世界市場動向、ロボットカー/無人車の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボットカー/無人車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のガス絶縁変電所市場2019
    本調査レポートでは、世界のガス絶縁変電所市場2019について調査・分析し、ガス絶縁変電所の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ガス絶縁変電所のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ガス絶縁変電所メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ガス絶縁変電所の市場概要 ・ガス絶縁変電所の上流・下流市場分析 ・ガス絶縁変電所のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ガス絶縁変電所のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ガス絶縁変電所のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ガス絶縁変電所のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ガス絶縁変電所の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ガス絶縁変電所の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ガス絶縁変電所の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ガス絶縁変電 …
  • ポンプの中国市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポンプの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポンプの中国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポンプの中国市場が2017-2021年期間中に年平均7.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• FengQiu Group• SHIMGE Pump Industry Group • Shanghai East Pump Group• Grundfos• Kaiquan Group等です。
  • B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の概要 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場
    当調査レポートでは、携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場について調査・分析し、携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:市場動向分析 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:競争要因分析 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:流通経路別 ・単一のブランドの店舗 ・オンライン店舗 ・様々なブランドの店舗 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:製品の種類別 ・ケース&外装 ・ポーチ&スリーブ ・フリップタイプのケース ・強化ガラス - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:素材別 ・シリコンケース ・プラスチック ・レザー ・布製のケース ・ハードケース - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:主要地域別分析 - 携帯電話用ケースおよびカバーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 携帯電話用ケースおよびカバーのヨーロッパ市場規模 - 携帯電話用ケースおよびカバーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・携帯 …
  • テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)、技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)
    本資料は、テレラジオロジーの世界市場について調べ、テレラジオロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレラジオロジーの世界市場概要 ・テレラジオロジーの世界市場環境 ・テレラジオロジーの世界市場動向 ・テレラジオロジーの世界市場規模 ・テレラジオロジーの世界市場:市場シェア ・テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他) ・テレラジオロジーの世界市場:技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク) ・テレラジオロジーの世界市場:エンド …
  • 世界の歯科用電気手術器市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用電気手術器市場2016について調査・分析し、歯科用電気手術器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乗用車・小型トラック用車軸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乗用車・小型トラック用車軸の世界市場について調査・分析し、乗用車・小型トラック用車軸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乗用車・小型トラック用車軸シェア、市場規模推移、市場規模予測、乗用車・小型トラック用車軸種類別分析(前車軸、後車軸)、乗用車・小型トラック用車軸用途別分析(乗用車、小型トラック)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乗用車・小型トラック用車軸の市場概観 ・乗用車・小型トラック用車軸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乗用車・小型トラック用車軸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乗用車・小型トラック用車軸の世界市場規模 ・乗用車・小型トラック用車軸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乗用車・小型トラック用車軸のアメリカ市場規模推移 ・乗用車・小型トラック用車軸のカナダ市場規模推移 ・乗用車・小型トラック用車軸のメキシコ市場規模推移 ・乗用車・小型トラック用車軸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリ …
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体4(FGFR4)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エチレンおよびポリエチレン用インフラの世界市場
    当調査レポートでは、エチレンおよびポリエチレン用インフラの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・エチレンおよびポリエチレン用インフラの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・エチレンおよびポリエチレン用インフラの世界市場:セグメント別市場分析 ・エチレンおよびポリエチレン用インフラの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・関連の成長市場分析 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • H3N2感染(H3N2 Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるH3N2感染(H3N2 Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、H3N2感染(H3N2 Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・H3N2感染(H3N2 Infection)の概要 ・H3N2感染(H3N2 Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のH3N2感染(H3N2 Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・H3N2感染(H3N2 Infection)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 世界のサンルーフ市場2016
    本調査レポートでは、世界のサンルーフ市場2016について調査・分析し、サンルーフの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プレハブ建築(システム建築)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プレハブ建築(システム建築)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレハブ建築(システム建築)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ワイヤーハーネスの世界市場
    当調査レポートでは、自動車ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車ワイヤーハーネスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車ワイヤーハーネスの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車ワイヤーハーネスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車ワイヤーハーネスのアメリカ市場規模予測 ・自動車ワイヤーハーネスのヨーロッパ市場規模予測 ・自動車ワイヤーハーネスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の冠動脈用ガイドワイヤ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、冠動脈用ガイドワイヤのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・冠動脈用ガイドワイヤの概要 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:開発段階別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:セグメント別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:領域別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:規制Path別分析 ・冠動脈用ガイドワイヤの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別冠動脈用ガイドワイヤの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・冠動脈用ガイドワイヤの最近動向
  • 非外科的美容整形の世界市場
    当調査レポートでは、非外科的美容整形の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非外科的美容整形の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の亜硫酸ジカリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜硫酸ジカリウム市場2015について調査・分析し、亜硫酸ジカリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生プラスチックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、再生プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生プラスチック市場規模、製品種類別(PET (ポリエチレンテレフタレート)、再生HDPE (高密度ポリエチレン)、再生PP (ポリプロピレン)、再生LDPE (低密度ポリエチレン) 、その他)分析、最終用途別(非食品用接触包装、食品用接触包装、建設、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・再生プラスチックの世界市場概要 ・再生プラスチックの世界市場環境 ・再生プラスチックの世界市場動向 ・再生プラスチックの世界市場規模 ・再生プラスチックの世界市場:業界構造分析 ・再生プラスチックの世界市場:製品種類別(PET (ポリエチレンテレフタレート)、再生HDPE (高密度ポリエチレン)、再生PP (ポリプロピレン)、再生LDPE (低密度ポリエチレン) 、その他) ・再生プラスチックの世界市場:最終用途別(非食品用接触包装、食品用接触包装、建設 …
  • 自動車用ポリマー複合材の世界市場2014-2025:樹脂別(エポキシ、ポリウレタン、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレン)、用途別、製品別、エンドユーズ別、製造別
    本調査レポートでは、自動車用ポリマー複合材の世界市場について調査・分析し、自動車用ポリマー複合材の世界市場動向、自動車用ポリマー複合材の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ポリマー複合材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 顧客経験管理(CEM)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、顧客経験管理(CEM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タッチポイント別分析、産業別分析、地域別分析、顧客経験管理(CEM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーGIS、開発者GIS、モバイルGIS、その他)、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)
    本資料は、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場について調べ、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場概要 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場環境 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場動向 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場規模 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーG …
  • 救急医療センターの世界市場
    当調査レポートでは、救急医療センターの世界市場について調査・分析し、救急医療センターの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 病院用ライトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、病院用ライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病院用ライト市場規模、技術別(蛍光技術、ハロゲン技術、LED技術、その他)分析、製品別(手術用ランプ、反射板、表面実装ライト、その他)分析、使用場所別(手術室、患者病棟・ICU、検査室、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 病院用ライトの世界市場:市場動向分析 ・ 病院用ライトの世界市場:競争要因分析 ・ 病院用ライトの世界市場:技術別(蛍光技術、ハロゲン技術、LED技術、その他) ・ 病院用ライトの世界市場:製品別(手術用ランプ、反射板、表面実装ライト、その他) ・ 病院用ライトの世界市場:使用場所別(手術室、患者病棟・ICU、検査室、その他) ・ 病院用ライトの世界市場:主要地域別分析 ・ 病院用ライトの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 病院用ライトのヨーロッパ市場規模 ・ 病院用ライトのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・病院用ライ …
  • ピレトリンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ピレトリンの世界市場について調査・分析し、ピレトリンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ピレトリンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ピレトリン種類別分析(0.5、0.2、その他)、ピレトリン用途別分析(家庭用品、公衆衛生(表面・場所)、動物衛生、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ピレトリンの市場概観 ・ピレトリンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ピレトリンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ピレトリンの世界市場規模 ・ピレトリンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ピレトリンのアメリカ市場規模推移 ・ピレトリンのカナダ市場規模推移 ・ピレトリンのメキシコ市場規模推移 ・ピレトリンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ピレトリンのドイツ市場規模推移 ・ピレトリンのイギリス市場規模推移 ・ピレトリンのロシア市場規模推移 ・ピレトリンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ネブライザー(吸入器)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネブライザー(吸入器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネブライザー(吸入器)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オフロード車の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、オフロード車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オフロード車市場規模、種類別(SxS、ATV、オフロードバイク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オフロード車の世界市場概要 ・オフロード車の世界市場環境 ・オフロード車の世界市場動向 ・オフロード車の世界市場規模 ・オフロード車の世界市場:業界構造分析 ・オフロード車の世界市場:種類別(SxS、ATV、オフロードバイク) ・オフロード車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オフロード車の北米市場規模・予測 ・オフロード車のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オフロード車のアジア太平洋市場規模・予測 ・オフロード車の主要国分析 ・オフロード車の世界市場:意思決定フレームワーク ・オフロード車の世界市場:成長要因、課題 ・オフロード車の世界市場:競争環境 ・オフロード車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場分析:薬別(アリムタ、イレッサ、アバスチン、タルセバ、ジカディア、タグリッソ、ザーコリ、サイラムザ、オプジーボ、アレセンサ)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場について調査・分析し、非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場動向、非小細胞肺がん(NSCLC)療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別非小細胞肺がん(NSCLC)療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベーカリー&シリアルのロシア市場
  • 人工知能(AI)の世界市場
    当調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アフターマーケット用燃料添加剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車アフターマーケット用燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析、自動車アフターマーケット用燃料添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライム病検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • M2Mサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、M2Mサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、M2Mサービスの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場:用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置)、地域別予測
    本資料は、高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場について調べ、高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場概要 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場環境 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場動向 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場規模 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場規模:用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置) ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の北米市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のアメリカ市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のヨーロッパ市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のアジア市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDP …
  • 虚血性発作(Ischemic Stroke):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における虚血性発作(Ischemic Stroke)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、虚血性発作(Ischemic Stroke)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・虚血性発作(Ischemic Stroke)の概要 ・虚血性発作(Ischemic Stroke)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の虚血性発作(Ischemic Stroke)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・虚血性発作(Ischemic Stroke)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • ワイヤレス充電の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワイヤレス充電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイヤレス充電の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動分配機の世界市場分析:用途別(外来患者、入院患者)、エンドユーザー別(病院、小売ドラッグストア、薬局)、オペレーション別(集中薬局、分権薬局)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動分配機の世界市場について調査・分析し、自動分配機の世界市場動向、自動分配機の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動分配機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"