"閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9271)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market
Bones have the ability to grow and heal naturally, but changes in diet, exercise levels, and body chemistry lead to changes in the bone mineral density. This results in osteoporosis, which is characterized by low bone density and structural deterioration of bone tissues, leading to fragile bones. Rapid bone resorption or slow bone replacement can result in the development of the disease. Gender, age, body size (low body weight), ethnicity, and family history also play a role in developing osteoporosis. Other risk factors include medication, calcium and vitamin intake, alcohol intake, and smoking.

Women are at a greater risk of developing osteoporosis than men as estrogens play an important role in maintaining bone strength. Small amounts of bone are lost as part of normal aging process, but on reaching menopause, estrogen levels decline drastically, leading to a greater risk of developing osteoporosis.

Technavio’s analysts forecast the Global Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market to grow at a CAGR of 4.02% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers revenue generated from the sales of branded and generic drugs used to treat and prevent postmenopausal osteoporosis.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Postmenopausal Osteoporosis Drugs Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Eli Lilly
• Amgen
• Merck
• Novartis

[Other prominent vendors]
• Allergan
• Amgen Astellas Biopharm
• Deltanoid Pharmaceuticals
• Noven
• Novo Nordisk
• Osteologix
• Pfizer
• PhytoHealth
• Radius Health
• Tarsa Therapeutics
• UCB
• Uni-Bio Science Group
• Upsher-Smith Laboratories
• Watson Pharmaceuticals
• Zosano Pharma

[Market driver]
• Growing prevalence of postmenopausal osteoporosis
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Low diagnosis rate
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emergence of novel agents
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Disease overview
• Understanding postmenopausal osteoporosis
• Epidemiology and demography
• Risk factors
• Symptoms
• Diagnosis
• Treatment

PART 06: Key buying criteria

PART 07: Pipeline scenario
• TBRIA
• Romosozumab (AMG785)
• Odanacatib (MK-0822)
• Abaloparatide SC/Abaloparatide transdermal patch
• PHN-031 (PH3)
• NB S101
• Teriparatide ZP Patch (ZP-PTH)
• Blosozumab (LY2541546)

PART 08: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 09: Market segmentation by therapeutic class
• Antiresorptive medications
• Anabolic medications

PART 10: Market segmentation by line of therapy

PART 11: Geographical segmentation
• Global postmenopausal osteoporosis drugs market by geographical segmentation 2015-2020
• Postmenopausal osteoporosis drugs market in Americas
• Postmenopausal osteoporosis drugs market in EMEA
• Postmenopausal osteoporosis drugs market in APAC

PART 12: Market drivers
• Increase in older population
• Growing prevalence of postmenopausal osteoporosis
• Expected launch of promising pipeline molecules
• High unmet medical needs

PART 13: Impact of drivers

PART 14: Market challenges
• Multiple patent expiries
• Low diagnosis rate
• Nonadherence to treatment regimen
• Drug reimbursement issues

PART 15: Impact of drivers and challenges

PART 16: Market trends
• Awareness programs and initiatives
• Emergence of novel agents
• Emergence of combination therapies

PART 17: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Market analysis 2015
• Eli Lilly
• Amgen
• Merck
• Novartis
• Other prominent vendors

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Prevalence of osteoporosis based on gender 2015
Exhibit 03: Interpretation of BMD results
Exhibit 04: Timeline for development of osteoporosis drugs
Exhibit 05: Key buying criteria for postmenopausal osteoporosis drugs
Exhibit 06: Pipeline portfolio: Postmenopausal osteoporosis
Exhibit 07: Global postmenopausal osteoporosis drugs market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 08: Five forces analysis
Exhibit 09: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by therapeutic class
Exhibit 10: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by therapeutic class on basis of revenue 2015
Exhibit 11: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by line of therapy
Exhibit 12: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market by line of therapy on basis of revenue 2015
Exhibit 13: Segmentation of global postmenopausal osteoporosis drugs market based on geography 2015
Exhibit 14: Global postmenopausal osteoporosis drugs market by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Global postmenopausal osteoporosis drugs market by geography 2015-2020
Exhibit 16: Postmenopausal osteoporosis drugs market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Postmenopausal osteoporosis drugs market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Postmenopausal osteoporosis drugs market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Global postmenopausal osteoporosis drugs market: YoY growth and revenue based on geography 2015-2020
Exhibit 20: Percentage share of women in age group of 60 years and older 2015
Exhibit 21: Percentage share of women in age group of 80 years and above 2015
Exhibit 22: Impact of drivers
Exhibit 23: Impact of drivers and challenges
Exhibit 24: Revenue from sales of major drugs in global postmenopausal osteoporosis drugs market 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 25: Eli Lilly: YoY revenue and growth rate of FORTEO 2015 ($ billions)
Exhibit 26: Eli Lilly: Geographical segmentation of FORTEO 2015
Exhibit 27: Eli Lilly: YoY revenue and growth rate of Evista 2015 ($ millions)
Exhibit 28: Eli Lilly: Geographical segmentation of Evista 2015
Exhibit 29: Eli Lilly: Key takeaways
Exhibit 30: Amgen: YoY revenue and growth rate of Prolia 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 31: Amgen: Geographical segmentation of Prolia 2015
Exhibit 32: Amgen: Key takeaways
Exhibit 33: Merck: YoY revenue and growth rate of Fosamax 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 34: Merck: Key takeaways
Exhibit 35: Novartis: Key takeaways

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月11日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9271
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】閉経後骨粗鬆症、閉経後骨粗鬆症治療薬、医薬品、パイプライン
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
閉経後骨粗鬆症治療薬の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マルチモード青色レーザダイオードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マルチモード青色レーザダイオードの世界市場について調査・分析し、マルチモード青色レーザダイオードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マルチモード青色レーザダイオードシェア、市場規模推移、市場規模予測、マルチモード青色レーザダイオード種類別分析(1000mw未満、1000mw-3000mw、3001mw以上)、マルチモード青色レーザダイオード用途別分析(レーザプロジェクタ・スキャナ、バイオ/医療、計測測定、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マルチモード青色レーザダイオードの市場概観 ・マルチモード青色レーザダイオードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マルチモード青色レーザダイオードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マルチモード青色レーザダイオードの世界市場規模 ・マルチモード青色レーザダイオードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マルチモード青色レーザダイオードのアメリカ市場規模推移 ・マルチモード青色レーザダイオードのカナ …
  • アジアの電池電力貯蔵市場機会分析
  • 石油樹脂の世界市場:脂肪族C5樹脂、芳香族C9樹脂、炭化水素樹脂
    当調査レポートでは、石油樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紫外線殺菌装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、紫外線殺菌装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紫外線殺菌装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アイルランドの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の世界市場予測(~2022):提供方法別(ハードウェア(基本HMI、高度PCベースHMI、高度パネルベースHMI)、ソフトウェア(オンプレミスHMI、クラウドベースHMI))、構成種類別
    当調査レポートでは、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、提供方法別分析、構成種類別分析、地域別分析、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 陽子線治療システムの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、陽子線治療システムの世界市場について調査・分析し、陽子線治療システムの世界市場動向、陽子線治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別陽子線治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用スレッド試験装置の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用スレッド試験装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スレッド試験装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートフォンの世界市場2020-2024:技術別、価格別、スクリーンサイズ別、地域別
    「スマートフォンの世界市場2020-2024」は、スマートフォンについて市場概要、市場規模、技術別(Android、iOS、その他)分析、価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上)分析、スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートフォンの世界市場:技術別(Android、iOS、その他) ・スマートフォンの世界市場:価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上) ・スマートフォンの世界市場:スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のスケートボード市場2015
    本調査レポートでは、世界のスケートボード市場2015について調査・分析し、スケートボードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用電子制御ブレーキングの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用電子制御ブレーキングの世界市場について調査・分析し、小型自動車用電子制御ブレーキングの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • アルコール飲料成分の世界市場:香料、塩、着色料
    当調査レポートでは、アルコール飲料成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルコール飲料成分の世界市場規模及び予測、成分別分析、飲料種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パワードスマートカードの世界市場:タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード)、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)、用途別(テレコム、政府機関・ヘルスケア、金融サービス、小売・ロイヤルティ、有料テレビ、運輸)、地域別予測
    本資料は、パワードスマートカードの世界市場について調べ、パワードスマートカードの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード)分析、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)分析、用途別(テレコム、政府機関・ヘルスケア、金融サービス、小売・ロイヤルティ、有料テレビ、運輸)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パワードスマートカードの世界市場概要 ・パワードスマートカードの世界市場環境 ・パワードスマートカードの世界市場動向 ・パワードスマートカードの世界市場規模 ・パワードスマートカードの世界市場規模:タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード) ・パワードスマートカードの世界市場規模:コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード) ・パワードスマートカ …
  • FPSOの世界市場
    当調査レポートでは、FPSOの世界市場について調査・分析し、FPSOの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ラプチャーディスク(破裂板)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラプチャーディスク(破裂板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラプチャーディスク(破裂板)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 結膜炎治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、結膜炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、結膜炎治療薬市場規模、種類別(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・結膜炎治療薬の世界市場概要 ・結膜炎治療薬の世界市場環境 ・結膜炎治療薬の世界市場動向 ・結膜炎治療薬の世界市場規模 ・結膜炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・結膜炎治療薬の世界市場:種類別(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎) ・結膜炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結膜炎治療薬の北米市場規模・予測 ・結膜炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・結膜炎治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・結膜炎治療薬の主要国分析 ・結膜炎治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・結膜炎治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・結膜炎治療薬の世界市場:競争環境 ・結膜炎治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 高機能フィルム(HPF)の世界市場:ポリエステル、EVA、ポリオレフィン、ポリアミド、ポリカーボネート、ふっ素ポリマ
    当調査レポートでは、高機能フィルム(HPF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用AVケーブルの世界市場:HDMI、RCA、DVI、VGA
    当調査レポートでは、家庭用AVケーブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(HDMI、RCA、DVI、VGA、その他)分析、コンポーネント別(コネクタ、アダプタ)分析、ケーブルカテゴリ別(銅ケーブル、光ファイバー、同軸ケーブル)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・家庭用AVケーブルの世界市場:種類別(HDMI、RCA、DVI、VGA、その他) ・家庭用AVケーブルの世界市場:コンポーネント別(コネクタ、アダプタ) ・家庭用AVケーブルの世界市場:ケーブルカテゴリ別(銅ケーブル、光ファイバー、同軸ケーブル) ・家庭用AVケーブルの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aisin Seiki、JATCO、Punch Power Train、IAV Automotive Engineering等です。
  • 移動式発電機の世界市場
    当調査レポートでは、移動式発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移動式発電機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カプリル酸の世界市場
    当調査レポートでは、カプリル酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・カプリル酸の世界市場:用途別分析/市場規模 ・カプリル酸の世界市場:地域別分析/市場規模 ・カプリル酸のアメリカ市場規模予測 ・カプリル酸のヨーロッパ市場規模予測 ・カプリル酸のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ストロボスコープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ストロボスコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストロボスコープの世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 坑井仕上げ装置・サービスの世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、坑井仕上げ装置・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの免疫化学検査市場動向(~2021)
  • 低速車の北米市場
  • 指紋センサの世界市場:スワイプセンサ、エリアセンサ、タッチセンサ
    当調査レポートでは、指紋センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空機エンジン状態監視システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機エンジン状態監視システム市場規模、エンジン別(ターボファン、ターボプロップ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場概要 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場環境 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場動向 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場規模 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場:業界構造分析 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場:エンジン別(ターボファン、ターボプロップ) ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空機エンジン状態監視システムのアメリカ市場規模・予測 ・航空機エンジン状態監視システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空機エンジン状態監視システムのアジア市場規模・予測 ・航空機エンジン状態監視システムの主要国分析 ・航空機 …
  • 食品用固化防止剤の世界市場:カルシウム化合物、ナトリウム化合物、二酸化珪素、マグネシウム化合物、微結晶セルロース
    当調査レポートでは、食品用固化防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場について調査・分析し、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓種類別分析(ドア、窓)、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓用途別分析(住居用、商業用、工業・建築用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の市場概観 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場規模 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のアメリカ市場規模推移 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のカナダ市場規模推移 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の …
  • 台湾の脊椎手術装置市場見通し
  • ビルトイン電子レンジの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルトイン電子レンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルトイン電子レンジの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の木材用水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の木材用水性塗料市場2015について調査・分析し、木材用水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザワクチンの世界市場見通し2017-2027
    当調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・インフルエンザワクチンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・インフルエンザワクチンの世界市場:セグメント別市場分析 ・インフルエンザワクチンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 半導体IP(知的財産)の世界市場予測(~2024年)
    半導体IPの世界市場は、2018年の49億米ドルから2024年には65億米ドルに達し、4.78%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品分野におけるマルチコアテクノロジの進歩、および最新のSoCデザインに対する需要の増加が考えられます。メモリIP市場については、スイッチング速度、電力効率、そしてさまざまな家電製品や機器との適合性が高いという理由で、大幅な成長が期待されます。また自動車業界においては、より優れた安全性および高度な機能が要求され、車両あたりより多くの記憶装置を設置する必要性が生じます。当調査レポートでは、半導体IP(知的財産)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デザインIP(プロセッサIP、インターフェイスIP、メモリIP)分析、IPソース(ロイヤリティ、ライセンス)分析、産業(家電、テレコム、工業、自動車、商業)分析、半導体IP(知的財産)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレーダー送信機市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーダー送信機市場2015について調査・分析し、レーダー送信機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧ポンプの世界市場予測: 動的高圧ポンプ、容積式高圧ポンプ
    当調査レポートでは、高圧ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、圧力別分析、需要先別分析、地域別分析、高圧ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人地上センサー(UGS)の世界市場予測(~2022年):地震センサー、音響センサー、磁気センサー、赤外線センサー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、無人地上センサー(UGS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、センサー種類別分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、無人地上センサー(UGS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプラスチック絶縁難燃性電力ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック絶縁難燃性電力ケーブル市場2015について調査・分析し、プラスチック絶縁難燃性電力ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の長鎖ジカルボン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の長鎖ジカルボン酸市場2016について調査・分析し、長鎖ジカルボン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの試験測定(T&M)装置市場2015-2019
    当調査レポートでは、アジアの試験測定(T&M)装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジアの試験測定(T&M)装置市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場について調べ、ワイヤレスメッシュネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 分析、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場概要 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場環境 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場動向 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:エ …
  • マテリアルハンドリング装置用チェーン&スプロケットの世界市場
    当調査レポートでは、マテリアルハンドリング装置用チェーン&スプロケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マテリアルハンドリング装置用チェーン&スプロケットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、導入方式別分析、用途別分析、地域別分析、患者エンゲージメントソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービンピッチシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、風力タービンピッチシステムの世界市場について調査・分析し、風力タービンピッチシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別風力タービンピッチシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、風力タービンピッチシステム種類別分析()、風力タービンピッチシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・風力タービンピッチシステムの市場概観 ・風力タービンピッチシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・風力タービンピッチシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・風力タービンピッチシステムの世界市場規模 ・風力タービンピッチシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・風力タービンピッチシステムのアメリカ市場規模推移 ・風力タービンピッチシステムのカナダ市場規模推移 ・風力タービンピッチシステムのメキシコ市場規模推移 ・風力タービンピッチシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・風力タービンピッチシステ …
  • 世界のレーザー溶接機械市場2016
    本調査レポートでは、世界のレーザー溶接機械市場2016について調査・分析し、レーザー溶接機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 朝食用シリアルの世界市場2017-2021:インスタントシリアル、ホットシリアル
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、朝食用シリアルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、朝食用シリアルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は朝食用シリアルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はGeneral Mills、Kellogg、PepsiCo、Post Holdings等です。
  • ワイヤーウエッジボンダ―装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ワイヤーウエッジボンダ―装置の世界市場について調査・分析し、ワイヤーウエッジボンダ―装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ワイヤーウエッジボンダ―装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、ワイヤーウエッジボンダ―装置種類別分析()、ワイヤーウエッジボンダ―装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置の市場概観 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ワイヤーウエッジボンダ―装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置の世界市場規模 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ワイヤーウエッジボンダ―装置のアメリカ市場規模推移 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置のカナダ市場規模推移 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置のメキシコ市場規模推移 ・ワイヤーウエッジボンダ―装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) …
  • 流量計の世界市場:アナログ流量計、スマート流量計
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、流量計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は流量計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、Elster Group、General Electric、Itron、Landis+Gyr等です。
  • 低侵襲性外科手術機器の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 医療用警告システムの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用警告システムの世界市場について調査・分析し、医療用警告システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用警告システムの世界市場:市場動向分析 ・医療用警告システムの世界市場:競争要因分析 ・医療用警告システムの世界市場:システム別分析/市場規模 ・医療用警告システムの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・医療用警告システムの世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・医療用警告システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用警告システムの北米市場規模・分析 ・医療用警告システムの欧州市場・分析 ・医療用警告システムのアジア市場・分析 ・医療用警告システムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"