"自動車ダイナモ(動力計)の世界市場:シャシーダイナモ、エンジンダイナモ"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9021)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車ダイナモ(動力計)の世界市場:シャシーダイナモ、エンジンダイナモ"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Automotive Dyno Market
A dynamometer or dyno is an automotive test equipment used by OEMs, component suppliers (Tier I and Tier II), and automotive testing service providers for recording several parameters such as force, torque, power, and speed of the vehicle. There are predominantly two types of dyno used in the automotive industry: the engine dyno and chassis dyno. Engine dyno performs engine testing service of measuring power and torque directly from its coupled engine. Chassis dyno measures drivetrain output such as torque and power at the drive wheels. The use of this testing equipment is essential throughout the production cycle of an automobile, making it a necessary component of all vehicle assembly lines. This testing equipment is also used in vehicle engine manufacturing factories and dynamometer laboratories or the automotive testing service facilities to evaluate vehicle and engine performance.

Though the automotive industry has evolved since the invention of the first car by Karl Friedrich Benz in the 1880s, it is very interesting to note that not all the components of the automobile have become obsolete. A vehicle’s 19th century technologies such as the internal combustion engine still form the basis of vehicle propulsion technology. However, the industry has witnessed several technologies and several new upgrades; one such example is the rising electronic content per vehicle. Testing for vehicle and engine performance becomes essential in the wake of additions and conversions from new technologies.

Technavio’s analysts forecast the Global Automotive Dyno Market to grow at a CAGR of 3.05% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Automotive Dyno Market for 2016-2020. The market has been calculated based on the revenue generated from the sales of dynamometer test equipment and dynamometer testing services offered by the third-party service providers.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Automotive Dyno Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• AVL
• Meidensha
• SAKOR
• SuperFlow
• Taylor Dyno

[Other prominent vendors]
• Application Engineering
• Bosch
• D2T
• Delphi
• Dynamometer World
• Froude Hofmann
• HORIBA
• KAHN
• Mustang Advanced Engineering (MAE)
• Mustang Dynamometer
• NTS
• Rototest International
• Schenck RoTec
• SGS
• Sierra

[Market driver]
• Cost pressure faced by OEMs
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Unorganized automotive industry and low awareness level
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Need for modernizing dynamometers
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"自動車ダイナモ(動力計)の世界市場:シャシーダイナモ、エンジンダイナモ"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Dynamometers: Overview
• Importance of dynamometers in current automotive industry
• Value chain analysis
• Product lifecycle
• Regulatory framework

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by type
• Global automotive dyno market segmentation by type
• Global automotive engine dyno market
• Global automotive chassis dyno market

PART 07: Geographical segmentation
• Automotive dyno market in APAC
• Automotive dyno market in Americas
• Automotive dyno market in EMEA

PART 08: Market drivers

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends

PART 13: Vendor landscape
• Competitive benchmarking
• Other prominent vendors

PART 14: Key vendor analysis
• AVL
• Meidensha
• SAKOR
• SuperFlow
• Taylor Dyno

PART 15: Appendix
• List of abbreviations

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Value chain of dyno market
Exhibit 03: Automotive dyno market: Product lifecycle 2015
Exhibit 04: Regulatory framework and brief on dynamometer testing procedures by country
Exhibit 05: Dynamometer application in pre-production phase of vehicle manufacturing
Exhibit 06: Global automotive dyno market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 07: Five forces analysis
Exhibit 08: Global automotive dyno market segmentation by type
Exhibit 09: Global automotive dyno market segmentation by type 2015-2020
Exhibit 10: Global automotive engine dyno market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 11: Global automotive chassis dyno market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 12: Global automotive dyno market segmentation by geography 2015
Exhibit 13: Automotive dyno market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 14: Global automotive production by geography 2015-2020
Exhibit 15: Automotive production in APAC 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 16: Automotive dyno market in Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 17: Global ethanol-based vehicle market in production terms by geography 2015
Exhibit 18: Global ethanol-based vehicle market in production terms by geography 2015-2020
Exhibit 19: Automotive dyno market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Pollution emission norms by year of introduction
Exhibit 21: Global automotive production 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 22: Automotive production by geography 2015-2020
Exhibit 23: Impact of drivers
Exhibit 24: Number of players in Indian automotive component sector by type 2015
Exhibit 25: Turnover share by type in Indian automotive component sector 2015
Exhibit 26: Impact of drivers and challenges
Exhibit 27: Global all-electric and hybrid vehicle sales 2010-2014 (thousands of units)
Exhibit 28: Competitive comparison of key players 2015
Exhibit 29: AVL: Business areas
Exhibit 30: Meidensha: Automotive test systems
Exhibit 31: Meidensha: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 32: Meidensha: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 33: Meidensha: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 34: SAKOR: Dynamometers
Exhibit 35: SuperFlow: Product portfolio
Exhibit 36: Taylor Dyno: Automotive dynamometers

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車ダイナモ(動力計)の世界市場:シャシーダイナモ、エンジンダイナモ
【発行日】2016年5月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9021
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【キーワード】ダイナモ(動力計)、シャシーダイナモ、エンジンダイナモ、自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車ダイナモ(動力計)の世界市場:シャシーダイナモ、エンジンダイナモについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • サービス統合・管理(SIAM)ソリューションの世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サービス統合・管理(SIAM)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、地域別分析、サービス統合・管理(SIAM)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 一般照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、一般照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、一般照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのアルゼンチン市場
  • アルゴリズム取引の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルゴリズム取引の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルゴリズム取引市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルゴリズム取引の世界市場概要 ・アルゴリズム取引の世界市場環境 ・アルゴリズム取引の世界市場動向 ・アルゴリズム取引の世界市場規模 ・アルゴリズム取引の世界市場:業界構造分析 ・アルゴリズム取引の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルゴリズム取引のアメリカ市場規模・予測 ・アルゴリズム取引のヨーロッパ市場規模・予測 ・アルゴリズム取引のアジア市場規模・予測 ・アルゴリズム取引の主要国分析 ・アルゴリズム取引の世界市場:意思決定フレームワーク ・アルゴリズム取引の世界市場:成長要因、課題 ・アルゴリズム取引の世界市場:競争環境 ・アルゴリズム取引の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オーディオ・ビデオ編集ソフトウェア市場規模、最終用途別(プロフェッショナル用途、プロフェッショナル用途以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場概要 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場環境 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場動向 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場規模 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場:業界構造分析 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場:最終用途別(プロフェッショナル用途、プロフェッショナル用途以外) ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・オーディオ・ビデオ編集ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・オーディオ・ビデオ編 …
  • バイオコハク酸の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、バイオコハク酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオコハク酸市場規模、用途別(ポリエステルポリオール、可塑剤、アルキド樹脂)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオコハク酸の世界市場概要 ・バイオコハク酸の世界市場環境 ・バイオコハク酸の世界市場動向 ・バイオコハク酸の世界市場規模 ・バイオコハク酸の世界市場:業界構造分析 ・バイオコハク酸の世界市場:用途別(ポリエステルポリオール、可塑剤、アルキド樹脂) ・バイオコハク酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオコハク酸の北米市場規模・予測 ・バイオコハク酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・バイオコハク酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・バイオコハク酸の主要国分析 ・バイオコハク酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・バイオコハク酸の世界市場:成長要因、課題 ・バイオコハク酸の世界市場:競争環境 ・バイオコハク酸の世界市場:関連企業情報(ベ …
  • 世界の臭素化ポリスチレン市場2016
    本調査レポートでは、世界の臭素化ポリスチレン市場2016について調査・分析し、臭素化ポリスチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料プレミックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、飼料プレミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料プレミックス市場規模、用途別(家禽、反芻動物、豚、水生動物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・飼料プレミックスの世界市場概要 ・飼料プレミックスの世界市場環境 ・飼料プレミックスの世界市場動向 ・飼料プレミックスの世界市場規模 ・飼料プレミックスの世界市場:業界構造分析 ・飼料プレミックスの世界市場:用途別(家禽、反芻動物、豚、水生動物、その他) ・飼料プレミックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・飼料プレミックスの北米市場規模・予測 ・飼料プレミックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・飼料プレミックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・飼料プレミックスの主要国分析 ・飼料プレミックスの世界市場:意思決定フレームワーク ・飼料プレミックスの世界市場:成長要因、課題 ・飼料プレミックスの世界市場:競争環境 ・飼料プレミックスの世界市場 …
  • 自動車OLED照明の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、自動車OLED照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車OLED照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の産業用コネクタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用コネクタ市場2015について調査・分析し、産業用コネクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場について調査・分析し、ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ペイントプロテクションフィルム(PPF)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ペイントプロテクションフィルム(PPF)種類別分析(PVC型、PU型、TPU型)、ペイントプロテクションフィルム(PPF)用途別分析(自動車、電気・電子、航空宇宙・防衛、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)の市場概観 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場規模 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)のアメリカ市場規模推移 ・ペイ …
  • HIVワクチンの世界市場および臨床試験見通し:HIV予防ワクチン、HIV治療ワクチン
  • 臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場:製品別、用途別(アレルギー警告、投薬サポート)、提供方法(オンプレミス、クラウド、ウェブ)、コンポーネント別、セグメント予測
    本調査レポートでは、臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場について調査・分析し、臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場動向、臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床判断支援システム(CDSS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パーソナルケア成分素材の世界市場:界面活性剤、調整剤、柔軟剤、制御剤、乳化剤
    当調査レポートでは、パーソナルケア成分素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア成分素材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 量子暗号ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、量子暗号ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、量子暗号ソリューション市場規模、エンドユーザー別(G&P、防衛、BFSI、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ID Quantique, MagiQ Technologies, Quantum XC, Qubitekk, QuintessenceLabsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・量子暗号ソリューションの世界市場概要 ・量子暗号ソリューションの世界市場環境 ・量子暗号ソリューションの世界市場動向 ・量子暗号ソリューションの世界市場規模 ・量子暗号ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・量子暗号ソリューションの世界市場:エンドユーザー別(G&P、防衛、BFSI、通信、その他) ・量子暗号ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・量子暗号ソリューションの北米市場規模・予測 ・量子暗号ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • 生物学的治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生物学的治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生物学的治療薬市場規模、治療薬種類別(モノクローナル抗体、その他、ワクチン、細胞・組織療法、遺伝子療法)分析、用途別(腫瘍、自己免疫疾患・炎症性疾患、血液疾患、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生物学的治療薬の世界市場概要 ・生物学的治療薬の世界市場環境 ・生物学的治療薬の世界市場動向 ・生物学的治療薬の世界市場規模 ・生物学的治療薬の世界市場:業界構造分析 ・生物学的治療薬の世界市場:治療薬種類別(モノクローナル抗体、その他、ワクチン、細胞・組織療法、遺伝子療法) ・生物学的治療薬の世界市場:用途別(腫瘍、自己免疫疾患・炎症性疾患、血液疾患、その他) ・生物学的治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生物学的治療薬の北米市場規模・予測 ・生物学的治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生物学的治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・生 …
  • 発酵成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、発酵成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、発酵成分市場規模、種類別(有機酸、工業用酵素、アルコール、ポリマー(多糖類/キサンタン)、アミノ酸、抗生物質、ビタミン、その他)分析、流通経路別(オンラインストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他)分析、用途別(紙、動物用飼料、医薬品、パーソナルケア、飲食料品、バイオ燃料、繊維・革、ワイン・スピリッツ、農業、、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 発酵成分の世界市場:市場動向分析 ・ 発酵成分の世界市場:競争要因分析 ・ 発酵成分の世界市場:種類別(有機酸、工業用酵素、アルコール、ポリマー(多糖類/キサンタン)、アミノ酸、抗生物質、ビタミン、その他) ・ 発酵成分の世界市場:流通経路別(オンラインストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他) ・ 発酵成分の世界市場:用途別(紙、動物用飼料、医薬品、パーソナルケア、飲食料品、バイオ燃料、繊 …
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ぶどう膜炎(Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・ぶどう膜炎(Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬剤
  • 世界の練乳(ンデンスミルク)市場2016
    本調査レポートでは、世界の練乳(ンデンスミルク)市場2016について調査・分析し、練乳(ンデンスミルク)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エンジンバルブの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用エンジンバルブの世界市場について調査・分析し、自動車用エンジンバルブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用エンジンバルブの世界市場:市場動向分析 - 自動車用エンジンバルブの世界市場:競争要因分析 - 自動車用エンジンバルブの世界市場:燃料の種類別 ・ディーゼルエンジン ・ガソリン - 自動車用エンジンバルブの世界市場:技術別 ・デスモドローミックバルブ ・タペットバルブ ・スプリングリターンバルブ ・クァットロヴァルヴォーレ - 自動車用エンジンバルブの世界市場:機能別 ・排気弁 ・吸気弁 - 自動車用エンジンバルブの世界市場:構造別 ・2種の金属から成るバルブ ・中空バルブ ・単一の金属から成るバルブ - 自動車用エンジンバルブの世界市場:素材別 ・ニッケル合金 ・スチール ・チタン ・その他 - 自動車用エンジンバルブの世界市場:車両の種類別 ・商用車 ・乗用車 - 自動車用エンジンバルブの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用エンジンバルブの北米市場規模(ア …
  • 世界の次世代水晶発振器市場
  • 揚水発電用タービンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、揚水発電用タービンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、揚水発電用タービン市場規模、用途別(オープンループ、クローズループ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・揚水発電用タービンの世界市場概要 ・揚水発電用タービンの世界市場環境 ・揚水発電用タービンの世界市場動向 ・揚水発電用タービンの世界市場規模 ・揚水発電用タービンの世界市場:業界構造分析 ・揚水発電用タービンの世界市場:用途別(オープンループ、クローズループ) ・揚水発電用タービンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・揚水発電用タービンのアメリカ市場規模・予測 ・揚水発電用タービンのヨーロッパ市場規模・予測 ・揚水発電用タービンのアジア市場規模・予測 ・揚水発電用タービンの主要国分析 ・揚水発電用タービンの世界市場:意思決定フレームワーク ・揚水発電用タービンの世界市場:成長要因、課題 ・揚水発電用タービンの世界市場:競争環境 ・揚水発電用タービンの …
  • 産業用速度監視システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用速度監視システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、産業用速度監視システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 産業用速度監視システムは、回転する機器の速度を計算し、必要に応じてその速度を制御する機械、または機器です。産業用速度監視システムの世界市場レポートでは、タコメーター、安全リレー、速度送信機、速度スイッチと回転方向スイッチが含まれています。Technavio社は産業用速度監視システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Electro-Sensors• Process Control Systems• Rockwell Automation• Siemens等です。
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 副甲状腺機能亢進症の世界市場機会分析・予測
  • ストリングインバータの世界市場予測(~2021):単相式ストリングインバータ、三相式ストリングインバータ
    当調査レポートでは、ストリングインバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位相別分析、システム種類別分析、定格別分析、需要先別分析、ストリングインバータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器コネクティビティの世界市場予測:遠隔測定システム、インターフェース機器、統合/ネットワークプラットフォーム
    当調査レポートでは、医療機器コネクティビティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、技術別分析、需要先別分析、医療機器コネクティビティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 制御弁の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、制御弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別分析、コンポーネント別(アクチュエーター、バルブ本体)分析、バルブサイズ別分析、バルブ種類別(ロータリー&リニア)分析、制御弁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、制御弁の世界市場規模が2019年80億ドルから2025年113億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。
  • 自動車デフォッガー(結露除去装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車デフォッガー(結露除去装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車デフォッガー(結露除去装置)の世界市場規模及び予測、エンドマーケット別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三フッ化ホウ素テトラヒドロフラン市場2016
    本調査レポートでは、世界の三フッ化ホウ素テトラヒドロフラン市場2016について調査・分析し、三フッ化ホウ素テトラヒドロフランの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場について調査・分析し、低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:市場動向分析 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:競争要因分析 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:製品の種類別 ・バイオアルコール ・乳酸エステル ・大豆メチルエステル ・特定脂肪酸エステル ・メチルソイエート溶剤 ・バイオグリコール ・D-リモネン ・バイオジオール ・その他 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:エンドユーザー別 ・調剤 ・産業用・家庭用洗浄剤 ・印刷用インク ・塗装・コーティング ・パーソナルケア ・接着剤 ・その他 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市場:主要地域別分析 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 低公害型溶剤・バイオ溶剤のヨーロッパ市場規模 - 低公害型溶剤・バイオ溶剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・低公害型溶剤・バイオ溶剤の世界市 …
  • 世界のアクリルアミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のアクリルアミド市場2016について調査・分析し、アクリルアミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモバイルマーケティング市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)、チャネル別、組織規模別(SMESおよび大企業)、業種別(小売およびeコマース、旅行および物流、自動車、通信およびIT)、地域別
    MarketsandMarkets社は、モバイルマーケティングの世界市場規模が2019年105億ドルから2024年250億ドルまで年平均18.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のモバイルマーケティング市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、チャンネル別(メッセージング、プッシュ通知、モバイルメール、クイックレスポンスコード、ロケーションベースのマーケティング、アプリ内メッセージング、モバイルウェブ、その他)分析、組織規模別(SME、大企業)分析、業種別(小売および電子商取引、旅行および物流、自動車、BFSI、テレコムおよびIT、メディアおよびエンターテイメント、ヘルスケア、政府、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のモバイルマーケティング市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・世界のモバイルマーケティング市場:チャンネル別(メッセージング、 …
  • 乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク)、成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他)、流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他)
    本調査レポートでは、乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク)分析、成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他)分析、流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:地域別 ・競争状況 ・企 …
  • 世界のシクロヘキシルアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のシクロヘキシルアミン市場2015について調査・分析し、シクロヘキシルアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズ向け5Gの世界市場予測(2026年)
    エンタープライズ向け5Gの世界市場は、2020年の23億米ドルから2026年には317億米ドルに達し、この期間中54.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エンタープライズ向け5Gのコネクティビティプラットフォームが単一のネットワークで複数の業界を可能にすると予測されていること、エンタープライズ向け5Gのユニファイドネットワークが業界横断的な接続と産業用アプリケーション開発を促進する可能性を備えているということ、そして通信ネットワークにおいてソフトウェア実装の重要性の高まりが予測されていることが考えられます。一方で、この市場の主な制約は、企業におけるコネクティビティ技術として事実上採用されているWi-Fi通信技術の成長、および企業ネットワークの所有と管理に関する権限の欠如です。当調査レポートでは、エンタープライズ向け5Gの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、アクセス機器別(無線ノード、サービスノード、DAS)分析、コアネットワーク技術別(SDN、NFV)分析、サービス別(プラットフォーム、ソ …
  • 紫外線硬化樹脂の世界市場の世界市場2017-2021:モノマー、オリゴマー、光重合開始剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、紫外線硬化樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紫外線硬化樹脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は紫外線硬化樹脂の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBASF、Dymax Corporation、Hitachi Chemicals、Royal DSM、SANMU GROUP等です。
  • 世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)
    MarketsandMarkets社は、動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサーの世界市場規模が2019年139億ドルから2024年185億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(非抗生物質増殖促進剤およびパフォーマンスエンハンサー、抗生物質増殖促進剤)分析、動物種類別(家禽、豚、家畜、水生動物、その他の動物)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:種類別(非抗生物質増殖促進剤およびパフォーマンスエンハンサー、抗生物質増殖促進剤) ・世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:動物種類別(家禽、豚、家畜、水生動物、その他の動物) ・世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 自動車ナンバー自動読取装置(ANPR)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ナンバー自動読取装置 (ANPR) の世界市場について調査・分析し、自動車ナンバー自動読取装置 (ANPR) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 電動アクチュエータの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電動アクチュエータの世界市場について調べ、電動アクチュエータの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電動アクチュエータの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(自動車、水および廃水産業、海洋産業、航空宇宙および防衛産業、その他)、種類別(リニアアクチュエータ、ロータリーアクチュエータ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電動アクチュエータの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電動アクチュエータの市場状況 ・電動アクチュエータの市場規模 ・電動アクチュエータの市場予測 ・電動アクチュエータの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(自動車、水および廃水産業、海洋産業、航空宇宙および防衛産業、その他) ・市場セグメンテーション:種類別(リニアアクチュエータ、ロータリーアクチュエータ) ・電動アクチュエータの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グ …
  • 先進エネルギー貯蔵システムの世界市場予測(~2022年):電気化学技術、機械的技術、蓄熱技術
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、地域別分析、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力工具のインド市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 透明ディスプレイの世界市場予測(~2023年)
    透明ディスプレイの世界市場は、2018年の4億800万米ドルから2023年には25億9,100万米ドルに達し、この期間中44.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、LCDベースの透明ディスプレイの需要の増加、HMD・HUD製品への透明ディスプレイの使用の増加などが考えられます。また、透明OLEDディスプレイの増加とデジタルサイネージ製品への透明ディスプレイの高い採用は、市場の成長を後押しする好機となっています。一方で、透明ディスプレイ製品に関連する高コストは市場の成長を抑制します。当調査レポートでは、透明ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(HUD、HMD、デジタルサイネージ、スマートアプライアンス)分析、業種(小売・ホスピタリティ、工業、航空宇宙・防衛、自動車・輸送)分析、ディスプレイサイズ分析、解像度分析、透明ディスプレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用鉛蓄電池の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車用鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、自動車用鉛蓄電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工肉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、加工肉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、加工肉市場規模、加工技術別(フレッシュ加工肉、生加工肉、事前調理肉、生発酵ソーセージ、ハンバーガー、フライドソーセージ、ケバブ、チキンナゲット)分析、タイプ別(家禽、牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉、その他)分析、製品別(乾燥肉、塩漬肉、未保存処理)分析、処理タイプ別(冷凍、チルド、缶詰・保存食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 加工肉の世界市場:市場動向分析 ・ 加工肉の世界市場:競争要因分析 ・ 加工肉の世界市場:加工技術別(フレッシュ加工肉、生加工肉、事前調理肉、生発酵ソーセージ、ハンバーガー、フライドソーセージ、ケバブ、チキンナゲット) ・ 加工肉の世界市場:タイプ別(家禽、牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉、その他) ・ 加工肉の世界市場:製品別(乾燥肉、塩漬肉、未保存処理) ・ 加工肉の世界市場:処理タイプ別(冷凍、チルド、缶詰・保存食品) ・ 加工肉の世界市場:主要地域別分 …
  • ルーターの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ルーターの世界市場について調査・分析し、ルーターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ルーターの世界市場:市場動向分析 - ルーターの世界市場:競争要因分析 - ルーターの世界市場:種類別 ・区画/ネットワーク終端装置 ・インターネットデータセンター/コロケーション/ホスティング ・ブロードバンドアグリゲーション(BRAS) ・イーサネットサービスエッジルーター ・プロバイダー間ボーダールーター ・サービスプロバイダのコアルーター ・インターネットエクスチェンジルーター ・マルチサービスエッジルーター ・サブスクライバーエッジルーター ・イーサネットアグリゲーション ・無線ルーター ・イーサネットアクセス ・その他 - ルーターの世界市場:エンドユーザー別 ・サービスプロバイダー ・企業 ・その他 - ルーターの世界市場:主要地域別分析 - ルーターの北米市場規模(アメリカ市場等) - ルーターのヨーロッパ市場規模 - ルーターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) …
  • 世界の医療用スツール市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用スツール市場2016について調査・分析し、医療用スツールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用接着剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医療用接着剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用接着剤市場規模、製品種類別(生物学的接着剤、化学接着剤)分析、天然樹脂タイプ別(フィブリン、コラーゲン、アルブミン、その他)分析、合成/半合成樹脂種類別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、シリコーン、シアノアクリレート、ポリエチレングリコール、その他)分析、用途別(外科、医療機器・装置、歯科、内科、固定テープ、創傷縫合、組織結合、包帯テープ、オストミーシール、ドラッグデリバリーパッチ、その他)分析、技術別(溶剤系、水性、ソリッド・ホットメルト、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用接着剤の世界市場:市場動向分析 ・ 医療用接着剤の世界市場:競争要因分析 ・ 医療用接着剤の世界市場:製品種類別(生物学的接着剤、化学接着剤) ・ 医療用接着剤の世界市場:天然樹脂タイプ別(フィブリン、コラーゲン、アルブミン、その他) ・ 医療用接着剤の世界市場:合成/ …
  • 世界の塩化メチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の塩化メチレン市場2015について調査・分析し、塩化メチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"