"家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9356)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Home-Use Baby Movement Monitor Market
Baby movement monitors are gaining traction across the world due to the introduction of new smart formats with additional functionalities. New parents adopt baby movement monitors to ensure the safety of their child. Tech-savvy consumers, especially parents who use baby care apps, are also the key end-users of baby movement monitors. These devices transmit details about the baby’s activity levels, health, and environmental parameters. Several products in the market offer holistic solutions including audio and video monitoring, in addition to baby movement monitoring.

Technavio’s analysts forecast the Global Home-Use Baby Movement Monitor Market to grow at a CAGR of 10.82% by revenue during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Home-Use Baby Movement Monitor Market for 2016-2020. To arrive at the market size, the study considers the sales of baby movement monitors for home-use and excludes revenue generated from sales to other end-users such as hospitals, day care centers, and nurseries.

The market is divided into the following segments based on geography:
• APAC
• Europe
• North America
• ROW

Technavio’s report, Global Home-Use Baby Movement Monitor Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Angelcare
• Hisense
• Mayborn Group
• Snuza International

[Other prominent vendors]
• Baby Control Digital
• Exmovere
• iBabyGuard International
• Jablotron
• Mattel
• MonDevices
• Owlet Baby Care
• Respisense
• SafeToSleep
• TOMY International

[Market driver]
• Awareness of SIDS in developed markets
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• • Declining fertility rates

• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Product bundling
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Overview
• Vendor segmentation
• Common currency conversion rates
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Global baby monitor market
• Introduction

PART 06: Global home-use baby movement monitor market
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 07: Market segmentation by product format
• Overview
• Global under-the-mattress home-use baby movement monitor market
• Global diaper attachment home-use baby movement monitor market
• Global smart wearable home-use baby movement monitor market
• Global home-use baby movement monitor market by other formats

PART 08: Market segmentation by distribution channel
• Overview
• Global home-use baby movement monitor market by child specialty stores
• Global home-use baby movement monitor market by online retailers
• Global home-use baby movement monitor market by other

PART 09: Geographical segmentation
• Overview
• Home-use baby movement monitor market in Europe
• Home-use baby movement monitor market in North America
• Home-use baby movement monitor market in APAC
• Home-use baby movement monitor market in ROW

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Market share analysis
• Other prominent vendors: Ranking
• Vendor ranking by key regions
• Product differentiation and format analysis
• Pricing analysis

PART 16: Key vendor analysis
• Angelcare
• Hisense
• Mayborn Group
• Snuza International

PART 17: Other prominent vendor analysis
• Baby Control Digital
• Exmovere
• iBabyGuard International
• Jablotron
• Mattel
• MonDevices
• Owlet Baby Care
• Respisense
• Rest Devices
• SafeToSleep
• TOMY International

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Overview of baby care products
Exhibit 03: Real GDP per capita growth: Top 20 countries in the world 2013-2015
Exhibit 04: Number of dual-income households in US 1970 versus 2015
Exhibit 05: Global baby monitor market 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 06: Global baby monitor market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 07: Global baby monitor market by type: Unit shipments versus revenue share 2015
Exhibit 08: Global baby monitor market by type: Revenue versus unit shipment 2015-2020 (CAGR %)
Exhibit 09: Global baby monitor market by type: Unit shipment share 2015 and 2020 (%)
Exhibit 10: Global baby monitor market by type: Revenue share 2015 and 2020 (%)
Exhibit 11: Global home-use baby movement monitor market by shipment units 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 12: Global home-use baby movement monitor market by revenue 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Five forces analysis
Exhibit 14: Global home-use baby movement monitor market by product format
Exhibit 15: Global home-use baby movement monitor market by product format 2015 and 2020 (%)
Exhibit 16: Global under-the-mattress home-use baby movement monitor market 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 17: Global diaper attachment home-use baby movement monitor market 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 18: Global smart wearable home-use baby movement monitors market 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 19: Global market for home-use baby movement monitors in other formats 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 20: Summary of global home-use baby movement monitor market by product 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 21: Global home-use baby movement monitor market by distribution channel
Exhibit 22: Global home-use baby movement monitor market by distribution channel 2015 (%)
Exhibit 23: Global home-use baby movement monitor market by distribution channel 2015-2020 (%)
Exhibit 24: Global home-use baby movement monitor market by child specialty stores 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 25: Global home-use baby movement monitor market by online retailers 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 26: Global home-use baby movement monitors by other 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 27: Global home-use baby movement monitor market by geography 2015 (%)
Exhibit 28: Global home-use baby movement monitor market by geography 2015-2020 (CAGR)
Exhibit 29: Home-use baby movement monitor market in Europe 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 30: Home-use baby movement monitor market in Europe by key regions 2015 (%)
Exhibit 31: Home-use baby movement monitor market in North America 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 32: Home-use baby movement monitor market in North America by key country 2015 (%)
Exhibit 33: Home-use baby movement monitor market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 34: Home-use baby movement monitor market in APAC by key emerging country 2015 (%)
Exhibit 35: Home-use baby movement monitor market in China 2015 and 2020 ($ millions)
Exhibit 36: Home-use baby movement monitor market in China 2015 and 2020 (thousands of units)
Exhibit 37: Home-use baby movement monitor market in ROW 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 38: Number of births by region 2012-2015 (millions)
Exhibit 39: Key examples of baby movement monitors with additional functionalities
Exhibit 40: Impact of drivers
Exhibit 41: Average number of children per woman (aged 15-44) 2000-2015
Exhibit 42: Baby movement monitors: Penetration rate by region 2015 (%)
Exhibit 43: Impact of drivers and challenges
Exhibit 44: Examples of product bundling
Exhibit 45: New baby movement monitor formats
Exhibit 46: Global home-use baby movement monitor market: Vendor share analysis 2015 (%)
Exhibit 47: Other prominent vendors: Ranking 2015
Exhibit 48: Vendor ranking by key regions 2015
Exhibit 49: Baby movement monitor format offerings by vendor
Exhibit 50: Vendor ranking by product format 2015
Exhibit 51: Global average price per unit of baby movement monitors 2015-2020 ($)
Exhibit 52: Key products by price

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9356
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【キーワード】ベビー動き監視モニター、ベビーモニター、赤ちゃん監視、セキュリティ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場:タイプ(20%溶液、10%溶液、その他)、用途別(化学品、農業、水処理、その他)、地域別予測
    本資料は、次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場について調べ、次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ(20%溶液、10%溶液、その他)分析、用途別(化学品、農業、水処理、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、AkzoNobel、AGC、Arkema、Olin Chlor Alkali、INEOS、Occidental、Sumitomo Chem、Aditya birla、Vertex Chem、JSC Kaustik、Orica Watercare、Alexander、Orient Enterptles Chemical、Takasugi Pharmaceutical などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場概要 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場環境 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場動向 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場規模 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場規模 …
  • 石油・ガス産業における三相分離装置の世界市場:横型セパレーター、縦型セパレーター、球形セパレーター
    当調査レポートでは、石油・ガス産業における三相分離装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業における三相分離装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアントシアニン市場2015
    本調査レポートでは、世界のアントシアニン市場2015について調査・分析し、アントシアニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場:セグメント予測
    ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場は2025年には1億8,640万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.1%で成長すると予測されています。高齢者人口が増加したことにより、加齢性黄斑変性症(AMD)の有病率が上昇しました。さらに、糖尿病網膜症の発生率の上昇により、網膜スクリーニング検査装置の需要が増加しました。こういった背景を受け、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの需要が増加することが考えられます。本調査レポートでは、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場について調査・分析し、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場動向、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ロボットポジショナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ロボットポジショナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ロボットポジショナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィットネスバンドの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、フィットネスバンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィットネスバンドの世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用前輪及び後輪リフトアップコントロールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ドキュメントリーダーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ドキュメントリーダーの世界市場について調査・分析し、ドキュメントリーダーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ドキュメントリーダーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ドキュメントリーダー種類別分析(卓上、携帯用)、ドキュメントリーダー用途別分析(航空会社・空港、セキュリティ・政府、ホテル・旅行会社、鉄道駅・バスターミナル、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ドキュメントリーダーの市場概観 ・ドキュメントリーダーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ドキュメントリーダーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ドキュメントリーダーの世界市場規模 ・ドキュメントリーダーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ドキュメントリーダーのアメリカ市場規模推移 ・ドキュメントリーダーのカナダ市場規模推移 ・ドキュメントリーダーのメキシコ市場規模推移 ・ドキュメントリーダーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ドキュメント …
  • 航空機タービンブレード・翼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機タービンブレード・翼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機タービンブレード・翼の世界市場規模及び予測、航空機サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気活性ポリマーのアジア太平洋市場
  • コミュニティカレッジのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、コミュニティカレッジのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コミュニティカレッジのアメリカ市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、動物用消毒剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ヨウ素、乳酸、過酸化水素、フェノール酸)分析、用途別(乳製品洗浄、豚、家禽、馬、乳製品、反すう動物、養殖)分析、フォーム別(液体、乾燥)分析、動物用消毒剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、動物用消毒剤の世界市場規模が2019年29億ドルから2025年44億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。
  • 世界のスケートボード市場2015
    本調査レポートでは、世界のスケートボード市場2015について調査・分析し、スケートボードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ゴムの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ゴムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・産業用ゴムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・産業用ゴムの世界市場:製品別分析/市場規模 ・産業用ゴムの世界市場:ゴム種類別分析/市場規模 ・産業用ゴムのアメリカ市場規模予測 ・産業用ゴムのヨーロッパ市場規模予測 ・産業用ゴムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フランスの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場動向および予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡検査装置の世界市場:内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、可視化及び文書化システム、アクセサリー
    当調査レポートでは、内視鏡検査装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、視覚化、文書化システム、アクセサリー、その他)分析、衛生別(使い捨て、再処理、滅菌)分析、用途別(気管支鏡検査、関節鏡検査、腹腔鏡検査、泌尿器内視鏡検査、神経内視鏡検査、消化管内視鏡検査、婦人科内視鏡検査、耳鼻咽喉科内視鏡検査など)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、クリニック、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・内視鏡検査装置の世界市場:製品種類別(内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、視覚化、文書化システム、アクセサリー、その他) ・内視鏡検査装置の世界市場:衛生別(使い捨て、再処理、滅菌) ・内視鏡検査装置の世界市場:用途別(気管支鏡検査、関節鏡検査、腹腔鏡検査、泌尿器内視鏡検査、神経内視鏡検査、消化管内視鏡検査、婦人科内視鏡検査、耳鼻咽喉科内視鏡検査など) ・内視鏡検査装置の世界市場:エンドユーザー別(病院、外来手術センター、クリニック、その他) ・内 …
  • グリッドスケール電池貯蔵技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、グリッドスケール電池貯蔵技術の世界市場について調査・分析し、グリッドスケール電池貯蔵技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. グリッドスケール電池貯蔵市場の概要 3. グリッドスケール電池貯蔵の世界市場 2016-2026 4. グリッドスケール電池貯蔵2次市場予測 2016-2026 5. 主要国のグリッドスケール電池貯蔵市場予測 2016-2026 6. グリッドスケール電池貯蔵市場のPEST分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 主要なグリッドスケール電池貯蔵企業 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 軽度の痛み(Mild Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軽度の痛み(Mild Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軽度の痛み(Mild Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軽度の痛み(Mild Pain)の概要 ・軽度の痛み(Mild Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軽度の痛み(Mild Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軽度の痛み(Mild Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・軽度の痛み(M …
  • ボイラー水処理化学薬品の世界市場予測(~2022年):防錆剤、スケール防止剤、脱酸素剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボイラー水処理化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ボイラー水処理化学薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場2016-2026:嚢胞性線維症膜貫通調節因子(CFTR)モジュレータ、タンパク質転写モジュレータ、膵酵素生成物(PEP)
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場について調査・分析し、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • オーバーザトップのインドネシア市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、デバイスタイプ別(スマートフォン、スマートテレビ、ラップトップ、デスクトップおよびタブレット、ゲームコンソール)、コンテンツタイプ別(ビデオ、オーディオ/ VoIP、ゲーム、通信など)、収益 モデル別(サブスクリプション、広告、ハイブリッド、その他)、ユーザータイプ別(個人、商用)、エンドユーザー別(メディアおよびエンターテイメント、教育およびトレーニング、健康およびフィットネス、ITおよびテレコム、電子商取引)
  • エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:ディスプレイ、スマート・サーモスタット、スマート・プラグ、負荷制御スイッチ
    当調査レポートでは、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、機器別分析、用途別分析、産業別分析、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー回収型廃水処理(WWTTE)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、エネルギー回収型廃水処理(WWTTE)の世界市場について調査・分析し、エネルギー回収型廃水処理(WWTTE)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・エネルギー回収型廃水処理(WWTTE)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・エネルギー回収型廃水処理(WWTTE)の世界市場:セグメント別市場分析 ・エネルギー回収型廃水処理(WWTTE)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • セメントと骨材の世界市場:種類別(セメント、骨材)、最終用途別(商業用、住宅用、工業用)、地域別予測
    本資料は、セメントと骨材の世界市場について調べ、セメントと骨材の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(セメント、骨材)分析、最終用途別(商業用、住宅用、工業用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCemex、LafargeHolcim、Heidelbergcement、Buzzi Unicem、US Concrete、Votorantim、Siam Cement Group、CRH plc、Cimpor、China Resources Cement Limited、Sikaなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セメントと骨材の世界市場概要 ・セメントと骨材の世界市場環境 ・セメントと骨材の世界市場動向 ・セメントと骨材の世界市場規模 ・セメントと骨材の世界市場規模:種類別(セメント、骨材) ・セメントと骨材の世界市場規模:最終用途別(商業用、住宅用、工業用) ・セメントと骨材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セメントと骨材の北米市場規模・予測 …
  • スマートトイ市場:ゲーム企業の猛攻から玩具産業の見通しまで
  • 泌尿器用ガイドワイヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、泌尿器用ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、泌尿器用ガイドワイヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドストレージサービスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、クラウドストレージサービスの世界市場について調べ、クラウドストレージサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、クラウドストレージサービスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(大企業、中小企業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はクラウドストレージサービスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均28%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・クラウドストレージサービスの市場状況 ・クラウドストレージサービスの市場規模 ・クラウドストレージサービスの市場予測 ・クラウドストレージサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・クラウドストレージサービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • マイクロバイオーム治療の世界市場分析:タイプ別(糞便微生物移植[FMT]、薬物)、用途別(クロストリジウム・ディフィシル腸炎、クローン病、炎症性腸疾患[IBD]、糖尿病)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、マイクロバイオーム治療の世界市場について調査・分析し、マイクロバイオーム治療の世界市場動向、マイクロバイオーム治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロバイオーム治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シンガポールの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 整形外科用ソフトウェアの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の整形外科用ソフトウェア市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:イントロダクション ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場概観 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:主要地域別市場分析 ・整形外科用ソフトウェアの世界市場:関連企業分析
  • ファッションにおけるAIの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ファッションにおけるAIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、用途別(製品推奨、製品検索&発見、CRM)分析、展開モード別分析、カテゴリ別(アパレル、アクセサリー、美容&化粧品)分析、ファッションにおけるAIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ファッションにおけるAIの世界市場規模が2019年228百万ドルから2024年1260百万ドルまで年平均40.8%成長すると予測しています。
  • 世界の医療用はさみ市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用はさみ市場2015について調査・分析し、医療用はさみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Eコマース(電子商取引)物流のアジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、Eコマース(電子商取引)物流のアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、Eコマース(電子商取引)物流のアジア市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘビーデューティーピックアップトラック市場規模、技術別(非電気、電気)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場概要 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場環境 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場動向 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場規模 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場:業界構造分析 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場:技術別(非電気、電気) ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘビーデューティーピックアップトラックのアメリカ市場規模・予測 ・ヘビーデューティーピックアップトラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヘビーデューティーピックアップトラックのアジア市場規模・予測 …
  • 炭酸カルシウムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭酸カルシウムの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用画像診断装置の世界市場予測(~2022年):超音波、X線、MRI、ビデオ内視鏡
    当調査レポートでは、動物用画像診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、治療分野別分析、動物種類別分析、需要先別分析、動物用画像診断装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐衝撃改質剤の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、耐衝撃改質剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場
    当調査レポートでは、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場:技術別分析/市場規模 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのアメリカ市場規模予測 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのヨーロッパ市場規模予測 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ナイトスキンケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナイトスキンケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナイトスキンケア製品の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硝酸マグネシウム六水和物の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、硝酸マグネシウム六水和物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硝酸マグネシウム六水和物市場規模、用途別(添加物、プロセス薬品、爆発物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場概要 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場環境 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場動向 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場規模 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場:業界構造分析 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場:用途別(添加物、プロセス薬品、爆発物、その他) ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硝酸マグネシウム六水和物の北米市場規模・予測 ・硝酸マグネシウム六水和物のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・硝酸マグネシウム六水和物のアジア太平洋市場規模・予測 ・硝酸マグネシウム六水和物の主要国分析 ・硝酸マグネシウム六水和物の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 世界の産業用ディーゼル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用ディーゼル発電機市場2015について調査・分析し、産業用ディーゼル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の小関節処置動向(~2021)
  • 海上貨物輸送の世界市場2018-2022
    海運業界におけるブロックチェーン技術の人気の高まりが、市場牽引力の重要な要因の一つとなっています。ブロックチェーンシステムは、記録を保持するための中央当局の必要性を排除することにより、工程がより効率的になり、コストを削減することができるので、利用が増えています。 Technavioのアナリストは、2023年までに海上貨物輸送の世界市場が3%近くのCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、C.H. Robinson、CEVA Logistics、CJ Logistics、DB Schenker、DHL Group、Kuehne+Nagelなどです。 当調査レポートでは、海上貨物輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海上貨物輸送市場規模、サービス別(FCL、LCL)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海上貨物輸送の世界市場概要 ・海上貨物輸送の世界市場環境 ・海上貨物輸送の世界市場動向 ・海上貨物輸送の世界市場規 …
  • 世界の医療用ベッドサイドモニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用ベッドサイドモニタ市場2015について調査・分析し、医療用ベッドサイドモニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)の概要 ・腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 双極性障害市場:カナダの治療薬市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"