"コネクテッド・バルブ(スマート電球)の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8848)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コネクテッド・バルブ(スマート電球)の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Connected Bulb Market
Connected bulbs refer to smart bulbs that are embedded with wireless chips to communicate wirelessly with mobile computing devices such as smartphones and smart watches. A connected bulb comprises of the Internet of Things (IoT) interconnected through various networking technologies. The IoT is a network of physical or tangible devices such as smart appliances and smart TVs that can communicate among themselves and with the external environment when required using the internet.

Technavio’s analysts forecast the global connected bulb market to grow at a CAGR of 50.32% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global connected bulb market during 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the total unit shipments of smart LED connected bulbs worldwide in the residential segment. Connected bulbs for the residential segment include:
• LED smart bulbs
• LED smart bulbs with inbuilt speaker
• White LED smart lightbulbs
• Color LED smart lightbulbs
• Smart LED lighting starter sets
• Flood LED smart bulbs

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Connected Bulb Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Belkin
• Cree
• GE
• LiFi Labs
• OSRAM SYLVANIA
• Philips

[Market driver]
• Rise in power prices
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High upfront and maintenance costs
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growing strategic partnerships among industry participants
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"コネクテッド・バルブ(スマート電球)の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Base year
• Forecast period
• Market coverage
• Market size calculation
• Geographical segmentation
• Vendor segmentation
• Common currency conversion rates

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Overview of wireless industry alliances
• 6LoWPAN
• Consortium for Smart Energy Profile 2 Interoperability
• HomePlug Powerline Alliance
• Wi-Fi Alliance
• ZigBee Alliance
• Z-Wave Alliance

PART 06: Overview of ZigBee standard
• ZigBee
• ZigBee RF4CE
• ZigBee PRO
• ZigBee IP
• ZigBee remote control 2.0
• ZigBee 3.0

PART 07: Summary of key figures

PART 08: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Market analysis
• Five forces analysis

PART 09: Key developments

PART 10: Market segmentation by technology
• Analysis

PART 11: Geographical segmentation
• Americas
• EMEA
• APAC

PART 12: Market drivers
• Declining ASP of connected bulbs
• Emergence of wireless networking technologies
• Rise in power prices
• Need for low-energy wireless technology
• Emergence of IoT architecture

PART 13: Impact of drivers

PART 14: Market challenges
• High upfront and maintenance costs
• Long replacement cycle
• Lack of universal connectivity standard
• Data privacy and security concerns
• Lack of awareness about IoT and wireless technologies

PART 15: Impact of drivers and challenges

PART 16: Market trends
• Growing strategic partnerships among industry participants
• Growing number of smart homes worldwide
• Adoption of crowdfunding platform
• Growing diversity of IoT standards

PART 17: Vendor landscape
• Competitive scenario

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Foreign currency exchange rate 2013-2015
Exhibit 03: ZigBee communication process
Exhibit 04: ZigBee protocol stack
Exhibit 05: ZigBee mesh network
Exhibit 06: Summary of key figures
Exhibit 07: Market overview of global connected bulb market
Exhibit 08: Global connected bulb market by unit shipment (millions of units)
Exhibit 09: Global connected bulb market by revenue ($ billions)
Exhibit 10: ASP of smart LED bulbs ($ per unit)
Exhibit 11: Five forces analysis
Exhibit 12: Key developments in the global connected bulb market in 2015 and 2014
Exhibit 13: Global connected bulb market by technology 2015-2020 (% share)
Exhibit 14: Global connected bulb market by technology 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 15: Comparison of wireless networking technologies
Exhibit 16: Global connected bulb market by geography 2015-2020 (% share)
Exhibit 17: Global connected bulb market by geography 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 18: Connected bulb market in Americas 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 19: Connected bulb market in EMEA 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 20: Connected bulb market in APAC 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 21: Electricity tariff in selected countries 2015 (KW/hour)
Exhibit 22: Impact of drivers
Exhibit 23: Price comparison of connected bulbs from different manufacturers
Exhibit 24: Comparison of life cycles of various sources of lights
Exhibit 25: Impact of drivers and challenges
Exhibit 26: Smart homes worldwide 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 27: Smart homes penetration rate by geography 2015-2020
Exhibit 28: Key countries for smart city investments
Exhibit 29: Key connected bulb projects adopting crowdfunding
Exhibit 30: Competitive scenario

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コネクテッド・バルブ(スマート電球)の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月13日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8848
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】コネクテッド・バルブ、スマート電球、通信、ワイヤレス、モバイル端末
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コネクテッド・バルブ(スマート電球)の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の乳児用調製粉乳市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳児用調製粉乳市場2015について調査・分析し、乳児用調製粉乳の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床ラボサービスの世界市場2017-2021:院内検査室、独立型検査室、診療所内検査室
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、臨床ラボサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床ラボサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は臨床ラボサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott Laboratories、LabCorp、Quest Diagnostics、Siemens Healthineers等です。
  • 油田用装置レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、油田用装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油田用装置レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動力付き農業機械市場
    本調査レポートでは、世界の動力付き農業機械市場について調査・分析し、世界の動力付き農業機械市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ソフトドリンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ソフトドリンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトドリンクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はソフトドリンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Danone、Nestlé Waters、PepsiCo、Red Bull、The Coca-Cola Company等です。
  • 医薬品包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 葉酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、葉酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、葉酸市場規模、用途別(医薬品、栄養補助食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Emcure Pharmaceuticals, Medicamen Biotech, Nantong Changhai Food Additive, Royal DSMなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・葉酸の世界市場概要 ・葉酸の世界市場環境 ・葉酸の世界市場動向 ・葉酸の世界市場規模 ・葉酸の世界市場:業界構造分析 ・葉酸の世界市場:用途別(医薬品、栄養補助食品、その他) ・葉酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・葉酸の北米市場規模・予測 ・葉酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・葉酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・葉酸の主要国分析 ・葉酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・葉酸の世界市場:成長要因、課題 ・葉酸の世界市場:競争環境 ・葉酸の世界市場:関連企業 …
  • セルロース繊維の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、セルロース繊維の世界市場について調査・分析し、セルロース繊維の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用アクティブヘッドレストの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用アクティブヘッドレストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用アクティブヘッドレストの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊テープの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、特殊テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂別(アクリル、ゴム、シリコーン)分析、基材別(PVC、紙、織布/不織布、ペット、フォーム、PP)分析、用途別(電子、医療、自動車、白物家電、建設、印刷)分析、特殊テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、特殊テープの世界市場規模が2019年442億ドルから2024年593億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。
  • 屋根材の世界市場
    当調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、屋根材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • タイのK-12教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、タイのK-12教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイのK-12教育市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイパー装置の世界市場分析:従来式ワイパー、雨滴感知式ワイパー
    本調査レポートでは、ワイパー装置の世界市場について調査・分析し、ワイパー装置の世界市場動向、ワイパー装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイパー装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のセットトップボックス市場規模・予測2017-2025:商品別(OTT、DTT、サテライト、IPTV・ハイブリッド)、コンテンツ別(UHD、HD・SD)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のセットトップボックス市場について調査・分析し、世界のセットトップボックス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のセットトップボックス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • PCB設計ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、PCB設計ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:産業別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアのアメリカ市場規模予測 ・PCB設計ソフトウェアのヨーロッパ市場規模予測 ・PCB設計ソフトウェアのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用ウェアラブル装置の世界市場規模が2019年11億ドルから2024年86億ドルまで年平均50.2%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用ウェアラブル装置市場について調査・分析し、市場概要、装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド、その他)分析、コンポーネント別(プロセッサ&メモリモジュール、光学システム&ディスプレイ、電気機械、ケース、フレーム、タッチパッド&センサー、接続コンポーネント、カメラモジュール、その他)分析、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド、その他) ・世界の産業用ウェアラブル装置市場:コンポーネント別(プロセッサ&メモリモジュール、光学システム&ディスプレイ、電気機械、ケース、フレーム、タッチパ …
  • 世界のメグリチニド市場2015
    本調査レポートでは、世界のメグリチニド市場2015について調査・分析し、メグリチニドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエチレン繊維市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレン繊維市場2019について調査・分析し、ポリエチレン繊維の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレン繊維のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレン繊維メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレン繊維の市場概要 ・ポリエチレン繊維の上流・下流市場分析 ・ポリエチレン繊維のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレン繊維のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレン繊維のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレン繊維のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレン繊維の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレン繊維の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレン繊維の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 世界のカーナリット市場2016
    本調査レポートでは、世界のカーナリット市場2016について調査・分析し、カーナリットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム鋳造の世界市場予測(~2022年):ダイカスト、永久鋳型鋳造、砂型鋳造
    当調査レポートでは、アルミニウム鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、アルミニウム鋳造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場について調査・分析し、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)種類別分析(ファイバー・ブラッグ・グレーティング・フィルター、ファイバー・ブラッグ・グレーティング・センサー、その他)、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)用途別分析(光通信、航空宇宙用途、エネルギー産業、運送、地質工学・土木工学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の市場概観 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場規模 ・ …
  • インストアアナリティクスの世界市場予測(~2023年)
    インストアアナリティクスの世界市場は、2018年の11億米ドルから2023年には32億米ドルに達し、この期間中23.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、電子商取引の小売業者と実店舗での小売業者間の競争の激化、顧客サービスの向上、ショッピングエクスペリエンスの向上、そして実店舗でのデータ量の増加が考えられます。一方で、伝統的な小売業者は新しい技術を採用するこちに対して積極的ではないため、市場の成長は制限される可能性があります。当調査レポートでは、インストアアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(マーケティング管理、顧客管理、商品分析、店舗運営管理、リスク・コンプライアンス管理)分析、コンポーネント別分析、導入別分析、組織の規模別分析、インストアアナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャヨーグルトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ギリシャヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギリシャヨーグルトの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用照明装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用照明装置の世界市場について調査・分析し、自動車用照明装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 造影剤の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、造影剤の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・造影剤産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・造影剤の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・造影剤の製品パイプライン分析 ・造影剤の治験動向 ・主要企業分析 ・造影剤の世界市場規模予測 ・造影剤の地域別市場規模予測
  • 外装建築塗装の世界市場分析:樹脂別(アクリル、エポキシ、ポリエステル、アルキド、ポリウレタン)、技術別(溶液系、水系)、用途別(住宅[新規、修復]、住宅以外[新規、修復])、セグメント予測
    本調査レポートでは、外装建築塗装の世界市場について調査・分析し、外装建築塗装の世界市場動向、外装建築塗装の世界市場規模、市場予測、セグメント別外装建築塗装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トップ10パッケージングトレンドの世界市場
  • プロピレングリコールの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、プロピレングリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、プロピレングリコールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alpvision• Alien Technology• Avery Dennison• SICPA• Zebra等です。
  • 治療用伸縮性テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、治療用伸縮性テープの世界市場について調査・分析し、治療用伸縮性テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別治療用伸縮性テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、治療用伸縮性テープ種類別分析(ロール形状、カット済み形状)、治療用伸縮性テープ用途別分析(薬局、オンラインショップ、モール・スーパーマーケット、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・治療用伸縮性テープの市場概観 ・治療用伸縮性テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・治療用伸縮性テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・治療用伸縮性テープの世界市場規模 ・治療用伸縮性テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・治療用伸縮性テープのアメリカ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのカナダ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのメキシコ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・治療用伸縮性テープのドイツ市場規模推移 ・治療用 …
  • スイスの脊椎手術装置市場見通し
  • ブラジルの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 包装用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、包装用ロボットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の繊維中間体市場:パラキシレン、o‐キシレン、TPA、カプロラクタム、トルエン、ポリエチレン
  • 自動車用ダイナミックステアリング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ダイナミックステアリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ダイナミックステアリング装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジネスジェットの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、航空機種類別(軽量、中型、大型、旅客機)分析、システム別(OEMシステム、アフターマーケットシステム)分析、エンドユーザー別(プライベート、オペレーター)分析、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビジネスジェットの世界市場規模が2019年247億ドルから2030年364億ドルまで年平均3.6%成長すると予測しています。
  • 企業融合学習の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「企業融合学習の世界市場2020-2024」は、企業融合学習について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(自動車産業、BFSIセクター、消費財産業、エネルギー産業、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・企業融合学習の世界市場:エンドユーザー別(自動車産業、BFSIセクター、消費財産業、エネルギー産業、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 屈折計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屈折計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屈折計市場規模、製品別(可搬型、卓上型)分析、エンドユーザー別(飲食料品、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、A.KRÜSS Optronic, AMETEK, ATAGO, METTLER TOLEDO, MISCO Refractometer, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屈折計の世界市場概要 ・屈折計の世界市場環境 ・屈折計の世界市場動向 ・屈折計の世界市場規模 ・屈折計の世界市場:業界構造分析 ・屈折計の世界市場:製品別(可搬型、卓上型) ・屈折計の世界市場:エンドユーザー別(飲食料品、医薬品、その他) ・屈折計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屈折計の北米市場規模・予測 ・屈折計のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屈折計のアジア太平洋市場規模・予測 ・屈折計の主要国分析 ・屈折計 …
  • 神経リハビリテーション装置の世界市場分析:製品別(神経細胞工学、脳 – コンピュータインタフェース、ウェアラブルデバイス、非侵襲刺激装置)、治療分野別(脳卒中、多発性硬化症、パーキンソン病、脳性麻痺、その他 – 脳と脊髄の傷害)、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経リハビリテーション装置の世界市場について調査・分析し、神経リハビリテーション装置の世界市場動向、神経リハビリテーション装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経リハビリテーション装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヨーロッパのパレット市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのパレット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのパレット市場規模及び予測、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データレイクの世界市場:データ・ディレクトリー、データ統合、データレイク分析、データ可視化
    当調査レポートでは、データレイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、業務機能別分析、サービス別分析、導入方式別分析、データレイクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自己結紮型ブラケット市場2015
    本調査レポートでは、世界の自己結紮型ブラケット市場2015について調査・分析し、自己結紮型ブラケットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 葬儀用設備の世界市場分析:製品別(トロリー、冷凍ユニット、剖検用プラットフォームおよび機器、防腐処理用ワークステーション、解剖テーブル、アクセサリー)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、葬儀用設備の世界市場について調査・分析し、葬儀用設備の世界市場動向、葬儀用設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別葬儀用設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気式スーパーカーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電気式スーパーカーの世界市場について調べ、電気式スーパーカーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電気式スーパーカーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(BEV、PHEV)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は電気式スーパーカーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均39%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電気式スーパーカーの市場状況 ・電気式スーパーカーの市場規模 ・電気式スーパーカーの市場予測 ・電気式スーパーカーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(BEV、PHEV) ・電気式スーパーカーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 繊維薬品の世界市場分析:製品別(コーティング・サイジング、着色剤および助剤、仕上げ剤、界面活性剤、脱サイジング剤、漂白剤、精練剤、糸潤滑剤)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、繊維薬品の世界市場動向、繊維薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 断路器スイッチの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、断路器スイッチの世界市場について調査・分析し、断路器スイッチの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 断路器スイッチの世界市場:市場動向分析 - 断路器スイッチの世界市場:競争要因分析 - 断路器スイッチの世界市場:用途別 商用断路器スイッチ 産業用断路器スイッチ その他の用途 - 断路器スイッチの世界市場:スイッチ種別 フユーズ付き断路器スイッチ フユーズなし断路器スイッチ その他の種のスイッチ - 断路器スイッチの世界市場:電圧域別 高電圧断路器スイッチ 中間電圧断路器スイッチ 低電圧断路器スイッチ - 断路器スイッチの世界市場:固定別 ディンレール固定断路器スイッチ パネル固定断路器スイッチ その他の断路器スイッチ - 断路器スイッチの世界市場:電流率 500.1 A 以上 200.1-500 A 100.1-200 A 20.1-100 A 20A以下 - 断路器スイッチの世界市場:ポール種別 1−ポール 2−ポール 3−ポール 4−ポール - 断路器スイッチの世界市場:主要地 …
  • レストラン家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レストラン家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レストラン家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレストラン家具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Inter IKEA Systems• Herman Miller• Homecrest Outdoor Living• Forever Patio等です。
  • 水溶性繊維の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水溶性繊維の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水溶性繊維市場規模、原材料別(穀草類・穀物、果物・野菜、ナッツ・種子)分析、種類別(オリゴ糖、イヌリン、難消化性マルトデキストリン、ベータグルカン、難消化性デンプン、ポリデキストロース、その他)分析、用途別(飼料、機能性食品・飲料、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水溶性繊維の世界市場:市場動向分析 ・ 水溶性繊維の世界市場:競争要因分析 ・ 水溶性繊維の世界市場:原材料別(穀草類・穀物、果物・野菜、ナッツ・種子) ・ 水溶性繊維の世界市場:種類別(オリゴ糖、イヌリン、難消化性マルトデキストリン、ベータグルカン、難消化性デンプン、ポリデキストロース、その他) ・ 水溶性繊維の世界市場:用途別(飼料、機能性食品・飲料、医薬品、その他) ・ 水溶性繊維の世界市場:主要地域別分析 ・ 水溶性繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 水溶性繊維のヨーロッパ …
  • Anti-CD105抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD105抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD105抗体の概要 ・Anti-CD105抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD105抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD105抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD105抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"