"ケチャップの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8840)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ケチャップの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Ketchup Market
Tomato ketchup, also known as catsup, is gaining popularity. The major raw materials used for making ketchup are ripe tomatoes, vinegar, sweetener, salt, spices, and other additives. Granulated cane sugar or beet sugar is generally used as a sweetener in ketchup. Other sweeteners like dextrose or liquid sugar in the form of glucose syrup can also be used. Ketchup is a good source of lycopene, an antioxidant. It helps in preventing prostrate and colon cancers. It is popular in urban regions and has huge growth potential in rural markets as well.

Technavio’s analysts forecast the global ketchup market to grow at a CAGR of 4.39% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global ketchup market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated through retail sales of ketchup.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• Europe
• MEA

Technavio’s report, Global Ketchup Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• ConAgra Foods
• Del Monte Foods
• HUL
• Kraft Heinz

[Other prominent vendors]
• Annie’s Homegrown
• Bolton Group
• Campbell Soup Company
• General Mills
• Kagome
• Kensington and Sons
• Nestle India
• Organicville
• Red Duck Foods

[Market driver]
• Health benefits associated with ketchup
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Threat of substitutes
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growing popularity of QSRs
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ケチャップの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings
• Base year
• Numerical figures

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast by revenue
• Market size and forecast by volume
• Five forces analysis

PART 06: Ketchup production process

PART 07: Market segmentation by distribution channel

PART 08: Geographical segmentation
• Global ketchup market by geography
• Ketchup market in Europe
• Ketchup market in Americas
• Ketchup market in APAC
• Ketchup market in MEA

PART 09: Key leading countries

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• ConAgra Foods
• Del Monte Foods
• HUL
• Kraft Heinz
• Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Global condiment sauces market 2015 (%)
Exhibit 03: Global condiment sauces market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Global ketchup market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 05: Global ketchup market 2015-2020 (in billion pounds)
Exhibit 06: Per capita trends of top 10 countries
Exhibit 07: Five forces analysis
Exhibit 08: Ketchup production process
Exhibit 09: Global ketchup market by distribution channel 2015
Exhibit 10: Global ketchup market by geography 2015
Exhibit 11: Global ketchup market by geography 2020
Exhibit 12: Ketchup market in Europe 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Ketchup market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Ketchup market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Ketchup market in MEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 16: Key leading countries
Exhibit 17: Demographic and economic indicators
Exhibit 18: Ketchup market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Demographic and economic indicators
Exhibit 20: Ketchup market in Germany 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 21: Demographic and economic indicators
Exhibit 22: Ketchup market in UK 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 23: Demographic and economic indicators
Exhibit 24: Ketchup market in France 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 25: Demographic and economic indicators
Exhibit 26: Demographic and economic indicators
Exhibit 27: Ketchup market in Netherlands 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 28: Impact of drivers
Exhibit 29: Impact of drivers and challenges
Exhibit 30: Key vendors 2015
Exhibit 31: Product overview
Exhibit 32: ConAgra Foods: Business segmentation by revenue 2014
Exhibit 33: Product overview
Exhibit 34: Product overview

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ケチャップの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月13日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8840
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【キーワード】ケチャップ、トマトケチャップ、食品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ケチャップの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 空気タイヤの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、空気タイヤの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、空気タイヤ市場規模、製品別(ラジアルタイヤ、クロスプライタイヤ)分析、車両別(二輪車、四輪車、航空機、自転車、オートバイ、その他)分析、販売種類別(取替需要、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 空気タイヤの世界市場:市場動向分析 ・ 空気タイヤの世界市場:競争要因分析 ・ 空気タイヤの世界市場:製品別(ラジアルタイヤ、クロスプライタイヤ) ・ 空気タイヤの世界市場:車両別(二輪車、四輪車、航空機、自転車、オートバイ、その他) ・ 空気タイヤの世界市場:販売種類別(取替需要、OEM) ・ 空気タイヤの世界市場:主要地域別分析 ・ 空気タイヤの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 空気タイヤのヨーロッパ市場規模 ・ 空気タイヤのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・空気タイヤの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界の心臓再同期療法除細動器(CRT-D)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、心臓再同期療法除細動器(CRT-D)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の概要 ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の開発動向:開発段階別分析 ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の開発動向:セグメント別分析 ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の開発動向:領域別分析 ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の開発動向:規制Path別分析 ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心臓再同期療法除細動器(CRT-D)の最近動向
  • 自動車用ジャンクションボックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ジャンクションボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ジャンクションボックス市場規模、車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場概要 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場環境 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場動向 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場規模 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車) ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ジャンクションボックスの北米市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・自 …
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場:ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、導入方式別分析、需要先別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海上コンテナの世界市場:タイプ別(密閉型、ハーフハイト、オープントップ、バスケット型、スキップ)、用途別(機器輸送、貨物輸送、パイプライン輸送、廃棄物輸送)、地域別予測
    本資料は、海上コンテナの世界市場について調べ、海上コンテナの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(密閉型、ハーフハイト、オープントップ、バスケット型、スキップ)分析、用途別(機器輸送、貨物輸送、パイプライン輸送、廃棄物輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTLS Offshore Container、Hoover Ferguson、Suretank、OEG Offshore、CARU Containers、CIMC、Modex、SINGAMAS、BSL Containers 、Almarなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・海上コンテナの世界市場概要 ・海上コンテナの世界市場環境 ・海上コンテナの世界市場動向 ・海上コンテナの世界市場規模 ・海上コンテナの世界市場規模:タイプ別(密閉型、ハーフハイト、オープントップ、バスケット型、スキップ) ・海上コンテナの世界市場規模:用途別(機器輸送、貨物輸送、パイプライン輸送、廃棄物輸送) ・海上コ …
  • エリアラグ(カーペット)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エリアラグ(カーペット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エリアラグ(カーペット)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ファクトリーオートメーション(FA)PaaSの世界市場予測(~2022):ソリューション別、プラットフォーム別(資産管理、データ処理&分析)、プロフェッショナルサービス別、需要先産業別、地域別
    当調査レポートでは、ファクトリーオートメーション(FA)PaaSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ファクトリーオートメーション(FA)PaaSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロバイオティクスの世界市場:機能性食品/飲料、ダイエットサプリメント、動物用飼料
    当調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場:タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場について調べ、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはXpress Non-Emergency Medical Transportation、Overview、Financial (Subject to Data Availability)、Product Summary、Recent Developments、Logisticare、American Medical Response、ATS Healthcare Solutions、DHL Healthcare、ARAMARK Healthcare、Crothall Healthcare、ProHealth Care、Piedmont Healthcare、Watts Healthcare、MTM、Molina …
  • 機内エンターテイメントシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、機内エンターテイメントシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、機内エンターテイメントシステム市場規模、製品別(ハードウェア、コネクティビティ、コンテンツ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Gogo, Panasonic Avionics, Rockwell Collins, Thales Group, ZODIAC AEROSPACEなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・機内エンターテイメントシステムの世界市場概要 ・機内エンターテイメントシステムの世界市場環境 ・機内エンターテイメントシステムの世界市場動向 ・機内エンターテイメントシステムの世界市場規模 ・機内エンターテイメントシステムの世界市場:業界構造分析 ・機内エンターテイメントシステムの世界市場:製品別(ハードウェア、コネクティビティ、コンテンツ) ・機内エンターテイメントシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・機内エンターテイメントシステムの …
  • イタリアの整形外科処置動向(~2021)
  • 接地装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、接地装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、接地装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サージ保護デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、サージ保護デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サージ保護デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイオードマウントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイオードマウントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイオードマウントの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイオードマウントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Edmund Optics• LASER COMPONENTS• Newport等です。
  • バイオ燃料の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオ燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ燃料の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオ燃料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland、Cargill、INEOS、NESTE、Renewable Energy Group等です。
  • デジタル嗅覚技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、デジタル嗅覚技術の世界市場について調査・分析し、デジタル嗅覚技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - デジタル嗅覚技術の世界市場:市場動向分析 - デジタル嗅覚技術の世界市場:競争要因分析 - デジタル嗅覚技術の世界市場:ハードウェア装置別 ・匂い合成器 ・匂いセンサー - デジタル嗅覚技術の世界市場:製品別 ・爆発物探知 ・医療診断製品 ・携帯電話 ・音楽・ビデオゲーム ・品質管理製品 ・匂い付きディスプレイ ・その他 - デジタル嗅覚技術の世界市場:エンドユーザー別 ・医療 ・通信 ・教育 ・娯楽 ・食品・飲料 ・マーケティング ・軍用・防衛 ・その他 - デジタル嗅覚技術の世界市場:主要地域別分析 - デジタル嗅覚技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - デジタル嗅覚技術のヨーロッパ市場規模 - デジタル嗅覚技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・デジタル嗅覚技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • IoT通信サービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoT通信サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、通信技術別分析、サービス別分析、地域別分析、IoT通信サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の肺薬物送達システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の肺薬物送達システム市場2015について調査・分析し、肺薬物送達システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートサンプラーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、オートサンプラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、付属品別分析、需要先別分析、地域別分析、オートサンプラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機用アフターマーケット部品市場規模、用途別(MRO部品、回転部用部品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場概要 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場環境 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場動向 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場規模 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:業界構造分析 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:用途別(MRO部品、回転部用部品) ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用航空機用アフターマーケット部品のアメリカ市場規模・予測 ・商用航空機用アフターマーケット部品のヨーロッパ市場規模・予測 ・商用航空機用アフターマーケット部品のアジア市場規模・予測 ・商用航空機用アフター …
  • クラフトビールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラフトビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトビールの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラフトビールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• D. G. Yuengling & Son (DGYS) • Duvel Moortgat (DM)• New Belgium Brewing Company (NBBC)• Sierra Nevada Brewing (SNB)• THE BOSTON BEER COMPANY (TBCC)等です。
  • アグリゲノミクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アグリゲノミクスの世界市場について調査・分析し、アグリゲノミクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アグリゲノミクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、アグリゲノミクス種類別分析(イルミナHiSeq、サンガーシーケンサー、PacBioシーケンサー、SOLiDシーケンサー、その他)、アグリゲノミクス用途別分析(穀物、家畜)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アグリゲノミクスの市場概観 ・アグリゲノミクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アグリゲノミクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アグリゲノミクスの世界市場規模 ・アグリゲノミクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アグリゲノミクスのアメリカ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのカナダ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのメキシコ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アグリゲノミクスのドイツ市場規模推移 ・アグリゲノミクス …
  • 炭素繊維テープの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、炭素繊維テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、形状別分析、需要先別分析、地域別分析、炭素繊維テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場
    当調査レポートでは、電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:リサイクル種類別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:物質回収別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理のアメリカ市場規模予測 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理のヨーロッパ市場規模予測 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • コンテナボードの世界市場2020-2024
    「コンテナボードの世界市場2020-2024」は、コンテナボードについて市場概要、市場規模、製品別(リサイクル、バージン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コンテナボードの世界市場:製品別(リサイクル、バージン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ATPアッセイの世界市場予測:消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計)
    MarketsandMarkets社は、ATPアッセイの世界市場規模が2019年191百万ドルから2024年315百万ドルまで年平均10.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ATPアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(消耗品(キット、試薬、マイクロプレート)、機器(発光計、分光光度計))分析、用途別(汚染検査、病気検査)分析、エンドユーザー別(製薬&バイオテクノロジー企業、F&B)分析、ATPアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水スクーターの世界市場:用途別(個人用、商用、軍用)、推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動)、車両タイプ別(水上&水中)
    本調査レポートでは、水スクーターの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(個人用、商用、軍用)分析、推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動)分析、車両タイプ別(水上&水中)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水スクーターの世界市場:用途別(個人用、商用、軍用) ・水スクーターの世界市場:推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動) ・水スクーターの世界市場:車両タイプ別(水上&水中) ・水スクーターの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のサブソイラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のサブソイラ市場2015について調査・分析し、サブソイラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エッセンシャルオイル(精油)の世界市場予測(~2022年):オレンジ、レモン、ライム、ペパーミント、シトロネラソウ、ジャスミン
    当調査レポートでは、エッセンシャルオイル(精油)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品種類別分析、抽出方法別分析、用途別分析、地域別分析、エッセンシャルオイル(精油)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 過酸化水素の世界市場
    当調査レポートでは、過酸化水素の世界市場について調査・分析し、過酸化水素の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 創薬スクリーニングの世界市場:製品・サービス別、サンプル別、需要先別、地域別予測
    本資料は、創薬スクリーニングの世界市場について調べ、創薬スクリーニングの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別分析、サンプル別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創薬スクリーニングの世界市場概要 ・創薬スクリーニングの世界市場環境 ・創薬スクリーニングの世界市場動向 ・創薬スクリーニングの世界市場規模 ・創薬スクリーニングの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・創薬スクリーニングの世界市場規模:製品・サービス別 ・創薬スクリーニングの世界市場規模:サンプル別 ・創薬スクリーニングの世界市場規模:需要先別 ・創薬スクリーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・創薬スクリーニングの北米市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのアメリカ市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのヨーロッパ市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのアジア市場規模・予測 ・創薬スクリーニン …
  • ケラチンの世界市場:アルファケラチン、ベータケラチン
    Technavio社の本調査レポートでは、ケラチンの世界市場について調べ、ケラチンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ケラチンの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アルファケラチン、ベータケラチン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はケラチンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ケラチンの市場状況 ・ケラチンの市場規模 ・ケラチンの市場予測 ・ケラチンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アルファケラチン、ベータケラチン) ・ケラチンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のA型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)治療薬剤
  • オンラインイベントチケットの世界市場:プラットフォーム別(デスクトップ、モバイル)、イベントタイプ別(スポーツ、音楽・ライブショー、映画)、地域別予測
    本資料は、オンラインイベントチケットの世界市場について調べ、オンラインイベントチケットの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別(デスクトップ、モバイル)分析、イベントタイプ別(スポーツ、音楽・ライブショー、映画)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オンラインイベントチケットの世界市場概要 ・オンラインイベントチケットの世界市場環境 ・オンラインイベントチケットの世界市場動向 ・オンラインイベントチケットの世界市場規模 ・オンラインイベントチケットの世界市場規模:プラットフォーム別(デスクトップ、モバイル) ・オンラインイベントチケットの世界市場規模:イベントタイプ別(スポーツ、音楽・ライブショー、映画) ・オンラインイベントチケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラインイベントチケットの北米市場規模・予測 ・オンラインイベントチケットのアメリカ市場規模・予測 ・オンラインイベントチケットのヨーロッパ市場規模・予測 ・オンラ …
  • 世界の陽極箔市場2016
    本調査レポートでは、世界の陽極箔市場2016について調査・分析し、陽極箔の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブレーキ装置の世界市場予測(~2021年):ディスクブレーキ、ドラムブレーキ、電子制御ブレーキシステム
    当調査レポートでは、ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスト分析のアジア太平洋市場
  • 医薬品受託機関販売の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、医薬品受託機関販売の世界市場について調査・分析し、医薬品受託機関販売の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品受託機関販売の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品受託機関販売の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品受託機関販売の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • グルジアのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 硬質プラスチック包装の世界市場:プラスチックびん、プラスチック容器
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質プラスチック包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車OLED照明の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、自動車OLED照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車OLED照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアプリコット市場:製品別、地域別
    本調査レポートはアプリコットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アプリコットの世界市場:製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 体重減量および体重管理の世界市場予測(~2022年):フィットネス機器(ルームランナー、エリプティカル・マシン、階段ステッパー)、手術機器、ダイエット、体重減量サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、体重減量および体重管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、サービス別分析、地域別分析、体重減量および体重管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))のフェーズ3治験薬の状況 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬の市場規模(販売予測) ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の …
  • 台湾のPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 世界の自動車トランスミッション市場規模・予測2017-2025:トランスミッションの種類別(マニュアル・オートマチック)、燃料別(ガソリン・ディーゼル)、車種別(乗用車、LCV、ICV、HCV、道路外、建築、防衛・農業用トラクター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車トランスミッション市場について調査・分析し、世界の自動車トランスミッション市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車トランスミッション関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 空気処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、空気処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、空気処理市場規模、技術別(活性炭、従来型フィルター、静電沈殿機、高性能微粒子空気(HEPA)フィルター、イオンフィルター)分析、製品別(集塵機、エンジン排気システム、火災/緊急排気システム、フューム/集煙装置、除湿装置)分析、用途別(空気圧縮、排気)分析、エンドユーザー産業別(自動車、商業、製造、石油・ガス、発電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 空気処理の世界市場:市場動向分析 ・ 空気処理の世界市場:競争要因分析 ・ 空気処理の世界市場:技術別(活性炭、従来型フィルター、静電沈殿機、高性能微粒子空気(HEPA)フィルター、イオンフィルター) ・ 空気処理の世界市場:製品別(集塵機、エンジン排気システム、火災/緊急排気システム、フューム/集煙装置、除湿装置) ・ 空気処理の世界市場:用途別(空気圧縮、排気) ・ 空気処理の世界市場:エンドユーザー産業別(自動車、商 …
  • 反射防止ガラスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、反射防止ガラスの世界市場について調査・分析し、反射防止ガラスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別反射防止ガラスシェア、市場規模推移、市場規模予測、反射防止ガラス種類別分析(建築用窓、instrumentation windows、電子ディスプレイ、全面パネルディスプレイ、その他)、反射防止ガラス用途別分析(二層、四層、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・反射防止ガラスの市場概観 ・反射防止ガラスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・反射防止ガラスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・反射防止ガラスの世界市場規模 ・反射防止ガラスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・反射防止ガラスのアメリカ市場規模推移 ・反射防止ガラスのカナダ市場規模推移 ・反射防止ガラスのメキシコ市場規模推移 ・反射防止ガラスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・反射防止ガラスのドイツ市場規模推移 ・反射防止ガラスのイギリス市場規 …
  • 配電ユニット(PDU)の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、配電ユニット(PDU)の世界市場について調べ、配電ユニット(PDU)の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ベーシックPDU、インテリジェント・モニター付きPDU、メーター付きPDU、スイッチ型PDU)分析、位相別(単相、三相)分析、用途別(データセンター、商業ビル、研究所)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、産業別(データセンター、テレコム・IT、BFSI、ヘルスケア、政府、教育、小売、ユーティリティ、軍・防衛、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・配電ユニット(PDU)の世界市場動向 ・配電ユニット(PDU)の世界市場環境 ・配電ユニット(PDU)のバリューチェーン分析 ・配電ユニット(PDU)の世界市場規模 ・配電ユニット(PDU)の世界市場規模:種類別(ベーシックPDU、インテリジェント・モニター付きPDU、メータ …
  • インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)
    インターベンショナルオンコロジーとは、がんの診断、治療、または緩和ケアのために用いられる低侵襲的手段を意味します。インターベンショナルオンコロジーの世界市場は、2019年の20億米ドルから2024年には29億米ドルに達し、この期間中6.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、低侵襲的手段への選好の高まり、対象患者人口の拡大、官民の資金援助やがん研究に対する政府の支援、インターベンショナルオンコロジー分野における技術的進歩、そしてインターベンショナルオンコロジーと関連するがんの研究に対する政府の投資と支援の増加が考えられます。一方で、十分に熟練した放射線科医や腫瘍医の不足、低侵襲的手術の高コスト、そして不利な規制により、市場の成長は抑制されると予測されます。当調査レポートでは、インターベンショナルオンコロジーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(高周波、マイクロ波、冷凍アブレーション、塞栓術、ガイドワイヤー)分析、処置(サーマルアブレーション、非サーマルアブレーシ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"