"LED(発光ダイオード)の世界市場:一般照明用、自動車ライト用、バックライト用"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9383)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"LED(発光ダイオード)の世界市場:一般照明用、自動車ライト用、バックライト用"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the LED Market
LED lights are rapidly gaining traction among consumers due to their multiple benefits. They are preferred over other lights such as incandescent lights and compact fluorescent lights (CFLs), because of their energy efficiency. LEDs consume up to 75% less energy than other bulbs and have longer lifespans — 60,000 hours compared to 1,500 hours from incandescent bulbs and 8,000 hours from CFLs. LEDs are also known as green lighting systems because of their energy-efficient features.
The energy efficiency of LED lights is driving growth in the global LED market. In addition, the need for low electricity consumption and growing awareness of green technology have made manufacturers focus on energy-efficient and eco-friendly lights. Governments are also taking up multiple projects and providing subsidies in order to promote LED lights.

Technavio’s analysts forecast the Global LED Market to grow at a CAGR of 15% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global LED Market for 2016-2020. The market size is calculated on the basis of revenue generated from four segments: general lighting, backlighting, automotive lighting, and others.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global LED Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Cree
• GE Lighting
• LG Innotek
• Lumileds
• Nichia
• OSRAM
• Samsung Electronics
• Seoul Semiconductor

[Other prominent vendors]
• Dialight
• Eaton
• Emerson Electric
• Everlight Electronics
• Lite-On
• MLS Electronics
• Toshiba Lighting and Technology
• Toyoda Gosei

[Market driver]
• Need for low electricity consumption
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Introduction of flip chip LEDs
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Reduction in price of LED components
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"LED(発光ダイオード)の世界市場:一般照明用、自動車ライト用、バックライト用"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Definition
• Scope
• Base year
• Geographical segmentation
• Common currency conversion rates
• Top vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Industry overview

PART 06: Technology landscape
• Comparison between bulb types
• Cost benefit analysis for LED and incandescent bulbs

PART 07: Market landscape
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 08: Market segmentation by application
• Global LED market by application
• Market size and forecast
• LED market in general lighting segment
• LED market in automotive lighting segment
• LED market in backlighting segment
• LED market in others segment

PART 09: Geographical segmentation
• Global LED market by geography
• LED market in APAC
• LED market in EMEA
• LED market in Americas

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Segmentation of global LED market
Exhibit 02: Key regions covered
Exhibit 03: Standard currency conversion rates
Exhibit 04: Product offerings
Exhibit 05: LED lighting industry
Exhibit 06: Light output of LEDs, incandescent bulbs, and CFLs
Exhibit 07: Efficiency and cost of LEDs, incandescent bulbs, and CFLs
Exhibit 08: Cost comparison for LED and incandescent bulbs
Exhibit 09: Global LED market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Five forces analysis
Exhibit 11: Global LED market by application 2015 (% share)
Exhibit 12: Global LED market by application 2015-2020 (% share)
Exhibit 13: Global LED market by application 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: LED market in general lighting segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: LED market in automotive lighting segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Automotive LED lighting segment 2015 (% share)
Exhibit 17: Automotive LED lighting segment 2020 (% share)
Exhibit 18: LED market in backlighting segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: LED market in others segment 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 20: Global LED market by geography 2015 (% share)
Exhibit 21: Global LED market by geography 2015-2020 (% share)
Exhibit 22: Global LED market by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 23: LED market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: LED market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: LED market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 26: Japan’s 21st Century Lighting Plan
Exhibit 27: Degree of urbanization by continent 2015
Exhibit 28: First 20 smart cities under India’s Smart Cities Mission
Exhibit 29: Impact of drivers
Exhibit 30: Impact of drivers and challenges

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】LED(発光ダイオード)の世界市場:一般照明用、自動車ライト用、バックライト用
【発行日】2016年5月13日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9383
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】LED(発光ダイオード)、一般照明用LED、自動車ライト用LED、バックライト用LED、LED用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
LED(発光ダイオード)の世界市場:一般照明用、自動車ライト用、バックライト用についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クレーン市場規模、用途別分析、製品別(固定式クレーン、移動式クレーン、海洋・港湾用クレーン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クレーンの世界市場概要 ・クレーンの世界市場環境 ・クレーンの世界市場動向 ・クレーンの世界市場規模 ・クレーンの世界市場:業界構造分析 ・クレーンの世界市場:用途別 ・クレーンの世界市場:製品別(固定式クレーン、移動式クレーン、海洋・港湾用クレーン) ・クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クレーンの北米市場規模・予測 ・クレーンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・クレーンのアジア太平洋市場規模・予測 ・クレーンの主要国分析 ・クレーンの世界市場:意思決定フレームワーク ・クレーンの世界市場:成長要因、課題 ・クレーンの世界市場:競争環境 ・クレーンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Colum …
  • ビジネスアナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビジネスアナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビジネスアナリティクス市場規模、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、ソフトウェア別(高度なアナリティクス・予測的アナリティクス、コンテンツアナリティクス、照会レポート・分析ツール、エンタープライズパフォーマンス管理、位置情報、データウェアハウジングプラットフォーム)分析、ユーザータイプ別(企業、SMBS)分析、サービス別(プロフェッショナル、マネージド)分析、エンドユーザー別(銀行、金融サービス、保険(BFSI)、テレコム・IT、政府、エネルギー・電力、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア、小売、教育、製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:導入タイプ別(オンプレミス、クラウド) ・ ビジネスア …
  • オーストラリアの原油精製市場(~2021)
  • ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場について調査・分析し、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)種類別分析(ファイバー・ブラッグ・グレーティング・フィルター、ファイバー・ブラッグ・グレーティング・センサー、その他)、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)用途別分析(光通信、航空宇宙用途、エネルギー産業、運送、地質工学・土木工学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の市場概観 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場規模 ・ …
  • 世界の松材原料化学品市場2015
    本調査レポートでは、世界の松材原料化学品市場2015について調査・分析し、松材原料化学品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのココナッツジュース市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのココナッツジュース市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのココナッツジュース市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Wi-Fiホットスポットの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、Wi-Fiホットスポットの世界市場について調査・分析し、Wi-Fiホットスポットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:市場動向分析 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:競争要因分析 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:サービス別 ・コンサルティング ・設置・統合 ・管理 ・専門 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:ソフトウェア別 ・Wi-Fiセキュリティソフト ・Wi-Fiホットスポット課金ソフト ・クラウドベースホットスポット管理 ・集中ホットスポット管理 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:構成要素別 ・モバイルホットスポット機器 ・ワイヤレスホットスポットコントローラー ・ワイヤレスホットスポットゲートウェイ - Wi-Fiホットスポットの世界市場:エンドユーザー別 ・企業 ・通信サービスプロバイダー,ネットワーク技術者 ・行政 - Wi-Fiホットスポットの世界市場:用途別 ・教育 ・金融サービス ・医療 ・接客 ・小売 …
  • 製剤用添加剤の世界市場:タイプ別(消泡剤、レオロジー改質剤、分散剤)、最終用途産業別(建設、輸送、工業・石油・ガス、食品・飲料、家具・床)、地域別予測
    本資料は、製剤用添加剤の世界市場について調べ、製剤用添加剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(消泡剤、レオロジー改質剤、分散剤)分析、最終用途産業別(建設、輸送、工業・石油・ガス、食品・飲料、家具・床)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・製剤用添加剤の世界市場概要 ・製剤用添加剤の世界市場環境 ・製剤用添加剤の世界市場動向 ・製剤用添加剤の世界市場規模 ・製剤用添加剤の世界市場規模:タイプ別(消泡剤、レオロジー改質剤、分散剤) ・製剤用添加剤の世界市場規模:最終用途産業別(建設、輸送、工業・石油・ガス、食品・飲料、家具・床) ・製剤用添加剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・製剤用添加剤の北米市場規模・予測 ・製剤用添加剤のアメリカ市場規模・予測 ・製剤用添加剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・製剤用添加剤のアジア市場規模・予測 ・製剤用添加剤の日本市場規模・予測 ・製剤用添加剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 自動ケースエレクターの世界市場予測2019-2024
    「自動ケースエレクターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、均一、ランダムなど、用途別には、Food and Beverage、General Industrial、Consumer Goods、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動ケースエレクターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動ケースエレクターの世界市場概要(サマリー) ・自動ケースエレクターの企業別販売量・売上 ・自動ケースエレクターの企業別市場シェア ・自動ケースエレクターの世界市場規模:種類別(均一、ランダム) ・自動ケースエレクターの世界市場規模:用途別(Food and Beverage、General Industrial、Consumer Goods、Others) ・自動ケースエレクターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動ケースエレクターのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) …
  • 航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 商業用高圧便器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、商業用高圧便器の世界市場について調査・分析し、商業用高圧便器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別商業用高圧便器シェア、市場規模推移、市場規模予測、商業用高圧便器種類別分析()、商業用高圧便器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・商業用高圧便器の市場概観 ・商業用高圧便器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・商業用高圧便器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・商業用高圧便器の世界市場規模 ・商業用高圧便器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・商業用高圧便器のアメリカ市場規模推移 ・商業用高圧便器のカナダ市場規模推移 ・商業用高圧便器のメキシコ市場規模推移 ・商業用高圧便器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・商業用高圧便器のドイツ市場規模推移 ・商業用高圧便器のイギリス市場規模推移 ・商業用高圧便器のロシア市場規模推移 ・商業用高圧便器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 髄膜炎菌性疾患の疫学的予測
    当調査レポートでは、髄膜炎菌性疾患の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・髄膜炎菌性疾患の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・髄膜炎菌性疾患の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 飼料用包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、飼料用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料用包装市場規模、飼料種類別(ペット、家畜)分析、ペット別(鳥、猫、犬、魚、その他)分析、家畜別(家禽、反芻動物、豚、その他)分析、材料別(ペット、家畜)分析、種類別(ペット、家畜)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 飼料用包装の世界市場:市場動向分析 ・ 飼料用包装の世界市場:競争要因分析 ・ 飼料用包装の世界市場:飼料種類別(ペット、家畜) ・ 飼料用包装の世界市場:ペット別(鳥、猫、犬、魚、その他) ・ 飼料用包装の世界市場:家畜別(家禽、反芻動物、豚、その他) ・ 飼料用包装の世界市場:材料別(ペット、家畜) ・ 飼料用包装の世界市場:種類別(ペット、家畜) ・ 飼料用包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 飼料用包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 飼料用包装のヨーロッパ市場規模 ・ 飼料用包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・飼料 …
  • 脂漏性角化症治療剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、脂漏性角化症治療剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脂漏性角化症治療剤市場規模、種類別(冷凍療法、電気焼灼術、その他治療債)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場概要 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場環境 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場動向 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場規模 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:業界構造分析 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:種類別(冷凍療法、電気焼灼術、その他治療債) ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脂漏性角化症治療剤の北米市場規模・予測 ・脂漏性角化症治療剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・脂漏性角化症治療剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・脂漏性角化症治療剤の主要国分析 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:成長要因、課題 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:競争環境 ・脂漏性角化症治療剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分 …
  • 胆嚢がん治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、胆嚢がん治療法の世界市場について調べ、胆嚢がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、胆嚢がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(併用療法、単独療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は胆嚢がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・胆嚢がん治療法の市場状況 ・胆嚢がん治療法の市場規模 ・胆嚢がん治療法の市場予測 ・胆嚢がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(併用療法、単独療法) ・胆嚢がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 睡眠時無呼吸(Sleep Apnea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)の概要 ・睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・睡眠時無呼吸(Sleep Apnea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • デジタルバンキングプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    デジタルバンキングプラットフォームの市場は、2018年の33億米ドルから2023年には57億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は11.2%と予測されています。この市場の成長を促進する重要な要因として考えられるのが、顧客体験の向上、スケーラビリティの向上を目的としたクラウドベースプラットフォームの採用の増加、ビジネスプロセスの合理化を目的としたスマートフォンとタブレットの採用の増加などです。当調査レポートでは、デジタルバンキングプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(リテールバンキング、コーポレートバンキング)分析、バンキングモード別(オンライン、モバイル)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、デジタルバンキングプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料包装の世界市場:種類別(びん、缶、パウチ、カートン)、材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙)、用途別、地域別予測
    本資料は、飲料包装の世界市場について調べ、飲料包装の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(びん、缶、パウチ、カートン)分析、材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飲料包装の世界市場概要 ・飲料包装の世界市場環境 ・飲料包装の世界市場動向 ・飲料包装の世界市場規模 ・飲料包装の世界市場規模:種類別(びん、缶、パウチ、カートン) ・飲料包装の世界市場規模:材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙) ・飲料包装の世界市場規模:用途別 ・飲料包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飲料包装の北米市場規模・予測 ・飲料包装のアメリカ市場規模・予測 ・飲料包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・飲料包装のアジア市場規模・予測 ・飲料包装の日本市場規模・予測 ・飲料包装の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のTFT-LCDフォトマスク市場2016
    本調査レポートでは、世界のTFT-LCDフォトマスク市場2016について調査・分析し、TFT-LCDフォトマスクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの種子市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの種子市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの種子市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メタマテリアルの世界市場予測(~2025年):電磁気メタマテリアル、テラヘルツメタマテリアル、フォトニックメタマテリアル、可変メタマテリアル、FSS
    当調査レポートでは、メタマテリアルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、材料種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、メタマテリアルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性気管支炎(Chronic Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬剤
  • モトタクシーサービスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、モトタクシーサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モトタクシーサービス市場規模、サービス別(オンラインタクシー配車(E-hailing)、相乗り)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・モトタクシーサービスの世界市場概要 ・モトタクシーサービスの世界市場環境 ・モトタクシーサービスの世界市場動向 ・モトタクシーサービスの世界市場規模 ・モトタクシーサービスの世界市場:業界構造分析 ・モトタクシーサービスの世界市場:サービス別(オンラインタクシー配車(E-hailing)、相乗り) ・モトタクシーサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・モトタクシーサービスの北米市場規模・予測 ・モトタクシーサービスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・モトタクシーサービスのアジア太平洋市場規模・予測 ・モトタクシーサービスの主要国分析 ・モトタクシーサービスの世界市場:成長要因、課題 ・モトタクシーサービスの世 …
  • 光センサーの世界市場:アンビエント照明センサー、近接センサー、RGBカラーセンサー、ジェスチャー認識、UV/IR検出
    当調査レポートでは、光センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーモクロミック材料の世界市場分析
    本調査レポートでは、サーモクロミック材料の世界市場について調査・分析し、サーモクロミック材料の世界市場動向、サーモクロミック材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別サーモクロミック材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 暴動取り締まり装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暴動取り締まり装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暴動取り締まり装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザワクチンの世界市場見通し2017-2027
    当調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・インフルエンザワクチンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・インフルエンザワクチンの世界市場:セグメント別市場分析 ・インフルエンザワクチンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ウシ血清アルブミンの世界市場:種類別(北米産、南米産、オーストラリア産、その他)、用途別(ELISA、免疫ブロット、免疫組織化学、その他)、地域別予測
    本資料は、ウシ血清アルブミンの世界市場について調べ、ウシ血清アルブミンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(北米産、南米産、オーストラリア産、その他)分析、用途別(ELISA、免疫ブロット、免疫組織化学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLake Immunogenic、Auckland BioSciences、Kraeber & Co. GmbH、Thermo Fisher Scientific 、Rocky Mountain Biological、 LAMPIRE Biological Laboratories、Bovogen、Proliant、ANZCO Foods、Biowest、Merck、Moregate BioTech、Gemini、Internegocios、RMBIOなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウシ血清アルブミンの世界市場概要 ・ウシ血清アルブミンの世界市場環境 ・ウシ血清アルブミンの世界市場動向 ・ウシ …
  • 体外式膜型人工肺(ECMO)システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、体外式膜型人工肺(ECMO)システムの世界市場について調査・分析し、体外式膜型人工肺(ECMO)システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別体外式膜型人工肺(ECMO)システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、体外式膜型人工肺(ECMO)システム種類別分析(VV ECMO、VA ECMO )、体外式膜型人工肺(ECMO)システム用途別分析(新生児、小児、成人)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムの市場概観 ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムの世界市場規模 ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムのアメリカ市場規模推移 ・体外式膜型人工肺(ECMO)システムのカナダ市場規模推移 ・体外式 …
  • 超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、超低電力マイクロコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、周辺装置別(アナログ機器及びデジタル機器)分析、パッケージタイプ別(8ビットパッケージ、16ビットパッケージ、および32ビットパッケージ)分析、エンドユーズ用途別分析、超低電力マイクロコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、超低電力マイクロコントローラーの世界市場規模が2019年44億ドルから2024年129億ドルまで年平均24.1%成長すると予測しています。
  • スマートパッケージングの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、スマートパッケージングの世界市場について調査・分析し、スマートパッケージングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・スマートパッケージングの世界市場:市場動向分析 ・スマートパッケージングの世界市場:競争要因分析 ・スマートパッケージングの世界市場:技術別分析/市場規模 ・スマートパッケージングの世界市場:産業別分析/市場規模 ・スマートパッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマートパッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートパッケージングの北米市場規模 ・スマートパッケージングの欧州市場規模 ・スマートパッケージングのアジア市場規模 ・スマートパッケージングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ワニスメーカー・ペインターズナフサ、ミネラルスピリット、ヘキサン、ヘプタン)分析、用途別(塗料・コーティング、クリーニング・脱脂、接着剤、エアロゾル、ゴム・ポリマー)分析、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場規模が2019年46億ドルから2024年52億ドルまで年平均2.7%成長すると予測しています。
  • ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場について調査・分析し、ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:市場動向分析 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:競争要因分析 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:車両タイプ別 ・商用車 ・乗用車 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:用途別 ・ブレーキバイワイヤ ・シフトバイワイヤ ・ステアバイワイヤ ・電子スロットル制御(ETC) ・サスペンションバイワイヤ ・フライバイワイヤ ・パークバイワイヤ ・その他の適用形式 - ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:主要地域別分析 - ドライブ・バイ・ワイヤーの北米市場規模(アメリカ市場等) - ドライブ・バイ・ワイヤーのヨーロッパ市場規模 - ドライブ・バイ・ワイヤーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ドライブ・バイ・ワイヤーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 屋根用化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フルオロケミカル(フッ素化学製品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用リーフスプリング式サスペンションの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用リーフスプリング式サスペンションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用リーフスプリング式サスペンションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 多関節ロボットの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、多関節ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、有効搭載量別分析、機能別分析、産業別分析、地域別分析、多関節ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 油料種子処理の世界市場予測(~2022年):大豆、菜種、ヒマワリ、綿の種子
    当調査レポートでは、油料種子処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、油料種子処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ用サングラスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スポーツ用サングラスの世界市場について調べ、スポーツ用サングラスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スポーツ用サングラスの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はスポーツ用サングラスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スポーツ用サングラスの市場状況 ・スポーツ用サングラスの市場規模 ・スポーツ用サングラスの市場予測 ・スポーツ用サングラスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・スポーツ用サングラスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • フィンランドの心臓人工弁市場見通し
  • シリアルデバイスサーバの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリアルデバイスサーバの世界市場について調査・分析し、シリアルデバイスサーバの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリアルデバイスサーバシェア、市場規模推移、市場規模予測、シリアルデバイスサーバ種類別分析(1ポート型、2ポート型、4ポート型、8ポート型、16ポート型、その他(32ポート型等))、シリアルデバイスサーバ用途別分析(アクセスコントロールシステム、アテンダンスシステム、POSシステム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリアルデバイスサーバの市場概観 ・シリアルデバイスサーバのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリアルデバイスサーバのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリアルデバイスサーバの世界市場規模 ・シリアルデバイスサーバの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリアルデバイスサーバのアメリカ市場規模推移 ・シリアルデバイスサーバのカナダ市場規模推移 ・シリアルデバイスサーバのメキシコ市場規模推移 ・シリアルデバイス …
  • シェールガス処理装置の世界市場:コンポーネント別(内燃機関、圧縮機・ポンプ、電動機械、熱交換器、測定・制御装置、その他)、地域別予測
    本資料は、シェールガス処理装置の世界市場について調べ、シェールガス処理装置の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(内燃機関、圧縮機・ポンプ、電動機械、熱交換器、測定・制御装置、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・シェールガス処理装置の世界市場概要 ・シェールガス処理装置の世界市場環境 ・シェールガス処理装置の世界市場動向 ・シェールガス処理装置の世界市場規模 ・シェールガス処理装置の世界市場規模:コンポーネント別(内燃機関、圧縮機・ポンプ、電動機械、熱交換器、測定・制御装置、その他) ・シェールガス処理装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・シェールガス処理装置の北米市場規模・予測 ・シェールガス処理装置のアメリカ市場規模・予測 ・シェールガス処理装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・シェールガス処理装置のアジア市場規模・予測 ・シェールガス処理装置の日本市場規模・予測 ・シェールガス処理装置の中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 血管造影装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血管造影装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管造影装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))の概要 ・子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • インシデント対応サービスの世界市場予測(~2021):部品別、セキュリティ種類別(ウェブ、アプリ、クラウド、データベース、エンドポイント、ネットワーク)、組織サイズ別、展開モード別、産業別(ITアウトソーシング、銀行、金融サービス、保険、政府、小売、製造業)、地域別
    当調査レポートでは、インシデント対応サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、部品別分析、セキュリティ種類別分析、組織規模別分析、産業別分析、インシデント対応サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ワークフォース管理システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ワークフォース管理システムの世界市場について調査・分析し、医療用ワークフォース管理システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ワークフォース管理システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ワークフォース管理システム種類別分析()、医療用ワークフォース管理システム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ワークフォース管理システムの市場概観 ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ワークフォース管理システムの世界市場規模 ・医療用ワークフォース管理システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ワークフォース管理システムのアメリカ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのカナダ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのメキシコ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのヨーロッパ市 …
  • 乳製品ブレンドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、乳製品ブレンドの世界市場について調査・分析し、乳製品ブレンドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳製品ブレンドの世界市場:市場動向分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:競争要因分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:種類別 加工助剤としての乳成分 有効成分としての乳成分 乳製/非乳製成分 乳成分混合物 その他の種類 - 乳製品ブレンドの世界市場:形状別 スプレッド 粉末 液体 - 乳製品ブレンドの世界市場:パッケージ別 バッグ 袋 缶 瓶 箱 その他のパッケージ - 乳製品ブレンドの世界市場:用途別 乳幼児調製粉乳 乳製品 チョコレート 飲料品 薬品ラクトース ヨーグルト 菓子類 バター、チーズブレンド 飼料 アイスクリーム パン類 その他の用途 - 乳製品ブレンドの世界市場:主要地域別分析 - 乳製品ブレンドの北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳製品ブレンドのヨーロッパ市場規模 - 乳製品ブレンドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳製品ブレンドの世界市場:主な …
  • すね当ての世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、すね当ての世界市場について調査・分析し、すね当ての世界市場概観、メーカー動向、メーカー別すね当てシェア、市場規模推移、市場規模予測、すね当て種類別分析(炭素繊維、繊維ガラス、ポリウレタン、気泡ゴム、その他(プラスチック、金属、その他))、すね当て用途別分析(男性用、女性用、女児用、男児用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・すね当ての市場概観 ・すね当てのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・すね当てのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・すね当ての世界市場規模 ・すね当ての北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・すね当てのアメリカ市場規模推移 ・すね当てのカナダ市場規模推移 ・すね当てのメキシコ市場規模推移 ・すね当てのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・すね当てのドイツ市場規模推移 ・すね当てのイギリス市場規模推移 ・すね当てのロシア市場規模推移 ・すね当てのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 月経困難症(Dysmenorrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における月経困難症(Dysmenorrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・月経困難症(Dysmenorrhea)の概要 ・月経困難症(Dysmenorrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • アフェレーシス装置の世界市場分析:用途別(腎疾患、血液学、神経学)、手順別(血栓塞栓症、LDL-アフェレーシス、血小板凝集症、白血球フェレーシス、光フェオレシス、赤血球凝集症)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、アフェレーシス装置の世界市場について調査・分析し、アフェレーシス装置の世界市場動向、アフェレーシス装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別アフェレーシス装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"