"先進認証技術の世界市場:バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8573)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"先進認証技術の世界市場:バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Advanced Authentication Market
Data security is a major concern for enterprises, government organizations, and individuals. Identity badges, numeric keypads, and PINs were the most popular devices used to prevent unauthorized access to sensitive data and assets. However, hacking these security codes was easy. Advanced authentication solutions, which were introduced in 2012, use a number of authentication techniques such as hardware OTP authentication, smart card-based authentication, phone-based authentication, and biometrics. Advanced authentication solutions are security systems that require two or more types of authentication to verify a transaction, which act as a security layer and make it difficult for an unauthorized person to access a database or computing device. Increased usage of mobile devices such as smartphones, laptops, and tablets for banking and e-commerce has increased the need for advanced authentication solutions.
Technavio’s analysts forecast the Global Advanced Authentication Market to grow at a CAGR of 16.95% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Advanced Authentication Market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of multi-factor authentication solutions (two-factor authentication solutions and three-factor authentication solutions) and biometrics technologies. The revenue includes hardware tokens, biometrics scanners and cameras, software solutions, and services. The revenue generated from after-sales services is not considered.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Advanced Authentication Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• CA Technologies
• Crossmatch
• EMC
• Entrust Datacard
• Gemalto

[Other prominent vendors]
• Authenex
• BIO-Key
• Deepnet Security
• Dell
• Duo Security
• Early Warning
• Equifax
• FEITIAN Technologies
• Fortinet
• HID Global
• Microsoft
• SecureAuth
• SecurEnvoy
• SecuTech Solutions
• SMS Passcode
• Swivel Secure
• Symantec
• Technology Nexus
• TeleSign
• Tricerion
• VASCO
• VMware
• Yubico

[Market driver]
• Implementation of BYOD policy
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Inferior telecom infrastructure in developing countries
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emergence of mobile biometrics
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"先進認証技術の世界市場:バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market description
• Advanced authentication workflow
• Types of hardware OTP tokens
• Types of biometrics technologies
• Advantages and disadvantages of advanced authentication solutions
• Applications of advanced authentication solutions

PART 06: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast

PART 07: Life cycle analysis

PART 08: Market segmentation by technology
• Global advanced authentication market by technology
• Global advanced authentication market by biometrics
• Global advanced authentication market by multi-factor authentication

PART 09: Market segmentation by end-user
• Global advanced authentication market by end-user
• Global advanced authentication market by large enterprises
• Global advanced authentication market by government organizations
• Global advanced authentication market by SMEs

PART 10: Geographical segmentation
• Global advanced authentication market by geography 2015-2020

PART 11: Buying criteria

PART 12: Market drivers
• Increase in mobile workforce
• Implementation of BYOD policy
• Increase in compliance requirements
• Increased number of online transactions

PART 13: Impact of drivers

PART 14: Market challenges
• Intense vendor competition
• Inferior telecom infrastructure in developing countries
• Privacy concerns
• High upgrade and replacement costs

PART 15: Impact of drivers and challenges

PART 16: Market trends
• Emergence of mobile biometrics
• Increase in M&A and partnerships
• Adoption of multi-factor authentication
• Emergence of SSO option
• Emergence of multimodal biometrics

PART 17: Five forces model

PART 18: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Product offerings
• Vendor description
• Vendor matrix

PART 19: SWOT analysis
• Mergers and acquisitions
• Partnerships
• Other prominent vendors

PART 20: Appendix
• List of abbreviations

PART 21: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Advanced authentication workflow
Exhibit 02: Market overview
Exhibit 03: Global advanced authentication market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Life cycle analysis
Exhibit 05: Global advanced authentication market by technology 2015-2020 (% share)
Exhibit 06: Global advanced authentication market by biometrics 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 07: Global advanced authentication market by multi-factor authentication 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 08: Global advanced authentication market by end-user 2015-2020 (% share)
Exhibit 09: Global advanced authentication market by large enterprises 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global advanced authentication market by government organizations 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global advanced authentication market by SMEs ($ billions)
Exhibit 12: Global advanced authentication market by geography 2015-2020 (% share)
Exhibit 13: Global advanced authentication market by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Buying criteria
Exhibit 15: Impact of drivers
Exhibit 16: Impact of drivers and challenges
Exhibit 17: Five forces analysis

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】先進認証技術の世界市場:バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証
【発行日】2016年5月13日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8573
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】先進認証技術、バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
先進認証技術の世界市場:バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポータブル型プリンタの世界市場2017-2021:輸送・ロジスティックス、小売り、製造、医療、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポータブル型プリンタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポータブル型プリンタの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポータブル型プリンタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Canon、HP、Seiko Epson、TOSHIBA TEC等です。
  • マスク検査装置の世界市場:技術別、エンドユーザー別、地域別
    本レポートは、マスク検査装置の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(光学、電子ビーム)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・マスク検査装置の世界市場:技術別(光学、電子ビーム) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 産業用センサーの世界市場:圧力センサー、温度センサー、近接センサー、流量センサー、レベルセンサー、その他
    当調査レポートでは、産業用センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用センサー市場規模、製品別(圧力センサー、温度センサー、近接センサー、流量センサー、レベルセンサー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、NXP Semiconductors, Robert Bosch, Siemens, STMicroelectronics, Texas Instrumentsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用センサーの世界市場概要 ・産業用センサーの世界市場環境 ・産業用センサーの世界市場動向 ・産業用センサーの世界市場規模 ・産業用センサーの世界市場:業界構造分析 ・産業用センサーの世界市場:製品別(圧力センサー、温度センサー、近接センサー、流量センサー、レベルセンサー、その他) ・産業用センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用センサーの北米市場規模・予測 ・産業用センサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予 …
  • フードサービス用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フードサービス用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フードサービス用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルマップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタルマップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルマップの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タイの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の概要 ・オピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のオピオイド誘発性便秘(Opioid-Induced Constipation (OIC))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • エアー管理システムの世界市場予測(~2022年):温度管理、エンジン抽気、酸素装置、燃料タンク不活性、客室圧力制御、ICE保護
    当調査レポートでは、エアー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、装置別分析、プラットフォーム別分析、構成品別分析、地域別分析、エアー管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱交換機の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、熱交換機の世界市場について調査・分析し、熱交換機の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 熱交換機の世界市場:市場動向分析 - 熱交換機の世界市場:競争要因分析 - 熱交換機の世界市場:用途別 紙及びパルプ 食品及び飲料品 石油化学と石油及びガス 発電 化学物質 暖房換気空調及び冷却(HVACR) その他の用途 - 熱交換機の世界市場:種類別 プレート及びフレーム 空冷式 外郭及びチューブ ミクロチャンネル その他の種類 - 熱交換機の世界市場:構成材料別 ステンレス鋼 カーボン鋼 ニッケル その他の構成材料 - 熱交換機の世界市場:主要地域別分析 - 熱交換機の北米市場規模(アメリカ市場等) - 熱交換機のヨーロッパ市場規模 - 熱交換機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・熱交換機の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の大豆タンパク質濃縮物市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆タンパク質濃縮物市場2015について調査・分析し、大豆タンパク質濃縮物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 精密医療(診断・治療)の世界市場:用途別(遺伝子検査、難解な検査、医薬品、医療機器)最終用途別、セグメント予測
    精密医療(診断・治療)の世界市場は2025年には855億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コスト効果の高いゲノムおよび分子生物学的検査の導入、がんや希少疾病の罹患率の増加、ならびに精密医療におけるビッグデータの使用増加が考えられます。本調査レポートでは、精密医療(診断・治療)の世界市場について調査・分析し、精密医療(診断・治療)の世界市場動向、精密医療(診断・治療)の世界市場規模、市場予測、セグメント別精密医療(診断・治療)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パーム油および誘導体の世界市場
    当調査レポートでは、パーム油および誘導体の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・パーム油および誘導体の世界市場:油種類別分析/市場規模 ・パーム油および誘導体の世界市場:用途別分析/市場規模 ・パーム油および誘導体の世界市場:地域別分析/市場規模 ・パーム油および誘導体のアメリカ市場規模予測 ・パーム油および誘導体のヨーロッパ市場規模予測 ・パーム油および誘導体のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別
    MarketsandMarkets社は、鉄道プラットフォームセキュリティの世界市場規模が2019年17億ドルから2024年23億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。本書は、世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、用途別(地下鉄、電車)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:用途別(地下鉄、電車) ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 世界のエチレンジアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のエチレンジアミン市場2015について調査・分析し、エチレンジアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 法務アウトソーシング(LPO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、法務アウトソーシング(LPO)の世界市場について調査・分析し、法務アウトソーシング(LPO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別法務アウトソーシング(LPO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、法務アウトソーシング(LPO)種類別分析()、法務アウトソーシング(LPO)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・法務アウトソーシング(LPO)の市場概観 ・法務アウトソーシング(LPO)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・法務アウトソーシング(LPO)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・法務アウトソーシング(LPO)の世界市場規模 ・法務アウトソーシング(LPO)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・法務アウトソーシング(LPO)のアメリカ市場規模推移 ・法務アウトソーシング(LPO)のカナダ市場規模推移 ・法務アウトソーシング(LPO)のメキシコ市場規模推移 ・法務アウトソーシング(LPO)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 中口径弾薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、中口径弾薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中口径弾薬市場規模、製品別(20mm、25mm、30mm、40mm、その他)分析、種類別(物理的圧縮、化学的抽出)分析、用途別(防衛・軍、警察、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 中口径弾薬の世界市場:市場動向分析 ・ 中口径弾薬の世界市場:競争要因分析 ・ 中口径弾薬の世界市場:製品別(20mm、25mm、30mm、40mm、その他) ・ 中口径弾薬の世界市場:種類別(物理的圧縮、化学的抽出) ・ 中口径弾薬の世界市場:用途別(防衛・軍、警察、その他) ・ 中口径弾薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 中口径弾薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 中口径弾薬のヨーロッパ市場規模 ・ 中口径弾薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・中口径弾薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 防氷コーティングの世界市場:基質別(金属、ガラス、コンクリート・セラミックス)、最終用途産業別(自動車・輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他)、地域別予測
    本資料は、防氷コーティングの世界市場について調べ、防氷コーティングの世界規模、市場動向、市場環境、基質別(金属、ガラス、コンクリート・セラミックス)分析、最終用途産業別(自動車・輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・防氷コーティングの世界市場概要 ・防氷コーティングの世界市場環境 ・防氷コーティングの世界市場動向 ・防氷コーティングの世界市場規模 ・防氷コーティングの世界市場規模:基質別(金属、ガラス、コンクリート・セラミックス) ・防氷コーティングの世界市場規模:最終用途産業別(自動車・輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他) ・防氷コーティングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防氷コーティングの北米市場規模・予測 ・防氷コーティングのアメリカ市場規模・予測 ・防氷コーティングのヨーロッパ市場規模・予測 ・防氷コーティングのアジア市場規模・予測 ・防氷コーティングの日本市場規模・ …
  • 医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場分析:用途別(股関節総置換、膝置換、肩置換、足首置換、小関節)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場動向、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 爆発物検知技術の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、爆発物検知技術の世界市場について調査・分析し、爆発物検知技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・爆発物検知技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・爆発物検知技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・爆発物検知技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、超低電力マイクロコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、周辺装置別(アナログ機器及びデジタル機器)分析、パッケージタイプ別(8ビットパッケージ、16ビットパッケージ、および32ビットパッケージ)分析、エンドユーズ用途別分析、超低電力マイクロコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、超低電力マイクロコントローラーの世界市場規模が2019年44億ドルから2024年129億ドルまで年平均24.1%成長すると予測しています。
  • 自律列車技術の世界市場:GOA 1、GOA 2、GOA 3、GOA 4
    当調査レポートでは、自律列車技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、自動化グレード別(GOA 1、GOA 2、GOA 3、およびGOA 4)分析、列車種類別(旅客列車および貨物列車)分析、技術別(CBTC、ETRMS、ATC、およびPTC)分析、コンポーネント別(カメラ、加速度計、走行距離計、タコメーター、ラジオセット、その他)分析、地域別分析など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・自律列車技術の世界市場:自動化グレード別(GOA 1、GOA 2、GOA 3、およびGOA 4) ・自律列車技術の世界市場:列車種類別(旅客列車および貨物列車) ・自律列車技術の世界市場:技術別(CBTC、ETRMS、ATC、およびPTC) ・自律列車技術の世界市場:コンポーネント別(カメラ、加速度計、走行距離計、タコメーター、ラジオセット、その他) ・自律列車技術の世界市場:地域別
  • 低温装置の世界市場分析:製品別(タンク、バルブ、ポンプ・気化器、真空ジャケットパイプ)、ガス別(窒素、酸素、アルゴン、天然ガス)、用途別(流通、貯蔵)、エンドユーザー別(石油・ガス、冶金、電子、電力・エネルギー、食品・飲料、ヘルスケア、海洋)、セグメント予測
    本調査レポートでは、低温装置の世界市場について調査・分析し、低温装置の世界市場動向、低温装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別低温装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 泌尿生殖器薬の世界市場分析:指示薬別(前立腺、卵巣、膀胱、子宮頸がん、勃起不全、尿路感染症、尿失禁およびSTD)、製品別(泌尿器科学、ホルモン療法薬、婦人科、抗感染薬)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、泌尿生殖器薬の世界市場について調査・分析し、泌尿生殖器薬の世界市場動向、泌尿生殖器薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別泌尿生殖器薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心肺ストレス検査システムの世界市場
    当調査レポートでは、心肺ストレス検査システムの世界市場について調査・分析し、心肺ストレス検査システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 9-デカン酸メチルエステルの世界市場分析:用途別(香味料・香料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、9-デカン酸メチルエステルの世界市場について調査・分析し、9-デカン酸メチルエステルの世界市場動向、9-デカン酸メチルエステルの世界市場規模、市場予測、セグメント別9-デカン酸メチルエステル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ストリーミング分析の世界市場:不正利用検知、販売・マーケティング管理、アセットメインテナンス、リスク管理、ネットワーク管理、ロケーションインテリジェンス、運用管理
    当調査レポートでは、ストリーミング分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の安全弁市場2015
    本調査レポートでは、世界の安全弁市場2015について調査・分析し、安全弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用燃料タンクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用燃料タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用燃料タンクの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUV吸収剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のUV吸収剤市場2016について調査・分析し、UV吸収剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RFID(無線周波数識別)技術の世界市場分析:製品別(RFIDタグ、RFIDリーダ、およびミドルウェア)、周波数別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場について調査・分析し、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場動向、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別RFID(無線周波数識別)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のころ軸受市場2015
    本調査レポートでは、世界のころ軸受市場2015について調査・分析し、ころ軸受の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳腫瘍の診断と治療の世界市場分析:タイプ別(MRI、CTスキャン、組織サンプリング、PET-CTスキャン、脳動脈瘤、腰椎穿刺、分子検査、脳波)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、脳腫瘍の診断と治療の世界市場について調査・分析し、脳腫瘍の診断と治療の世界市場動向、脳腫瘍の診断と治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別脳腫瘍の診断と治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:技術別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングのアメリカ市場規模予測 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・アクティブ&インテリジェントパッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のメタラキシル市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタラキシル市場2015について調査・分析し、メタラキシルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲車の世界市場:用途別(防衛、商用)、ドライブタイプ別(ホイール、トラック)、車両タイプ別(装甲兵員輸送車、歩兵戦闘車、主力戦車、戦術トラック、バス)
    本市場調査レポートでは装甲車について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(防衛、商用)分析、ドライブタイプ別(ホイール、トラック)分析、車両タイプ別(装甲兵員輸送車、歩兵戦闘車、主力戦車、戦術トラック、バス)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・装甲車の世界市場:用途別(防衛、商用) ・装甲車の世界市場:ドライブタイプ別(ホイール、トラック) ・装甲車の世界市場:車両タイプ別(装甲兵員輸送車、歩兵戦闘車、主力戦車、戦術トラック、バス) ・装甲車の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 燃料電池商用車(FCCV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料電池商用車(FCCV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daimler、Renault、Toyota Motor Corporation等です。
  • 半導体用資本設備の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体用資本設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用資本設備の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 自動光学検査システムの世界市場:種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、オーフレッシュ、その他)、用途別(男性、女性、子供、その他)、地域別予測
    本資料は、自動光学検査システムの世界市場について調べ、自動光学検査システムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、オーフレッシュ、その他)分析、用途別(男性、女性、子供、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAvon、Chanel、Coty、LVHM、Elizabeth Arden、Loreal、Ralph Laurenなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動光学検査システムの世界市場概要 ・自動光学検査システムの世界市場環境 ・自動光学検査システムの世界市場動向 ・自動光学検査システムの世界市場規模 ・自動光学検査システムの世界市場規模:種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、オーフレッシュ、その他) ・自動光学検査システムの世界市場規模:用途別(男性、女性、子供、その他) ・自動光学検査システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動光学検査システムの北米市場規模・予測 ・ …
  • ベーカリー&シリアルの日本市場
  • 整形外科の北米市場
    本調査レポートでは、整形外科の北米市場について調査・分析し、整形外科の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ビール及びシードルのアメリカ市場規模・シェア・動向分析
  • 自己修復材料の世界市場分析:製品別(コンクリート、コーティング、ポリマー、アスファルト、繊維強化複合材料、セラミック、金属)、技術別、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自己修復材料の世界市場について調査・分析し、自己修復材料の世界市場動向、自己修復材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別自己修復材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気刺激装置の世界市場2017-2021:埋込型、体外型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気刺激装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気刺激装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気刺激装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott (St. Jude Medical)、Boston Scientific、Medtronic等です。
  • 世界の燃料/石油染料およびマーカ市場
  • ロシアの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 統合職場管理システム(IWMS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、統合職場管理システム(IWMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フロントガラス用ワッシャー液の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フロントガラス用ワッシャー液の世界市場について調査・分析し、フロントガラス用ワッシャー液の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フロントガラス用ワッシャー液シェア、市場規模推移、市場規模予測、フロントガラス用ワッシャー液種類別分析(即時使用可能液、濃縮液)、フロントガラス用ワッシャー液用途別分析(個別消費者、洗車ショップ・カーディーラー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フロントガラス用ワッシャー液の市場概観 ・フロントガラス用ワッシャー液のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フロントガラス用ワッシャー液のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フロントガラス用ワッシャー液の世界市場規模 ・フロントガラス用ワッシャー液の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フロントガラス用ワッシャー液のアメリカ市場規模推移 ・フロントガラス用ワッシャー液のカナダ市場規模推移 ・フロントガラス用ワッシャー液のメキシコ市場規模推移 ・フロントガラス用ワッシャー液 …
  • 世界の電子ビームウエハー検査装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子ビームウエハー検査装置市場2015について調査・分析し、電子ビームウエハー検査装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"