"テレラジオロジー(遠隔放射線診断)の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9220)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"テレラジオロジー(遠隔放射線診断)の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Global Teleradiology Market
The healthcare industry is witnessing phenomenal changes owing to increased adoption of digital health platforms such as mobile health, telehealth, EMR, and other wireless technologies. Digital health platforms have become essential elements in every healthcare organization, as they enable remote monitoring of patients, increase healthcare delivery efficiencies, improve access to electronic health information, and improve the quality of healthcare services along with reducing costs.

Teleradiology is a comprehensive part of telehealth services. Teleradiology refers to the electronic transmission of radiological images via the internet for a second opinion or emergency services. Radiological images are obtained from techniques such as X-ray, CT, ultrasound, MRI, and nuclear imaging. Teleradiology services use advanced information and communication tools to deliver radiology and consultation services for effective diagnosis and treatment. Teleradiology is a cost-effective and time saving tool in diagnosing and treating patients in emergency situations. It bridges the gap between the demand and supply of expert radiologists worldwide.

Technavio’s analysts forecast the Global Teleradiology Market to grow at a CAGR of 15.72% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Teleradiology Market for 2016-2020. To calculate the market size, we consider revenue generated from the spending on teleradiology technologies such as hardware, software, and telecom and networking.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Teleradiology Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Agfa Healthcare
• Siemens Healthcare
• StatRad
• vRad

[Other prominent vendors]
• Argus Radiology
• Cybernet Medical
• Everlight Radiology
• Franklin and Seidelmann
• Fujifilm Medical Systems
• GE Healthcare
• Medica Reporting
• Merge Healthcare
• NightHawk Radiology
• ONRAD
• Philips Medical Systems
• Radiology Reporting Online (RRO)
• Radisphere National Radiology Group
• RamSoft
• Sectra Imtec
• TeleDiagnosys Services
• Telemedicine Clinic
• Teleradiology Solutions

[Market driver]
• Advancements in imaging technology
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Lack of common standards
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emergence of thin client 3D viewers
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"テレラジオロジー(遠隔放射線診断)の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Economic overview
• Value chain of telemedicine

PART 06: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 07: Market segmentation by category
• Segmentation of global teleradiology market by category
• Hardware
• Software
• Telecom and networking

PART 08: Market segmentation by modality
• Segmentation of global teleradiology market by modality
• X-ray
• CT
• Ultrasound
• MRI
• Nuclear imaging

PART 09: Geographical segmentation
• Americas
• EMEA
• APAC

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Major vendors
• Other prominent vendors

PART 16: Key vendor analysis
Agfa Healthcare
• Siemens Healthcare
• StatRad
• vRad

PART 17: Appendix
• List of abbreviations

PART 18: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Countries covered for market analysis
Exhibit 02: Product offerings
Exhibit 03: Global teleradiology market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Five forces analysis
Exhibit 05: Segmentation of global teleradiology market by category 2015
Exhibit 06: Segmentation of global teleradiology market by modality 2015
Exhibit 07: Segmentation of the global teleradiology market by region 2015
Exhibit 08: Impact of drivers
Exhibit 09: Impact of drivers and challenges
Exhibit 10: Other prominent vendors
Exhibit 11: Agfa Healthcare: Product offerings
Exhibit 12: Siemens Healthcare: Healthcare products and solutions
Exhibit 13: Siemens Healthcare: Imaging software products
Exhibit 14: Siemens Healthcare: Medical imaging software solutions
Exhibit 15: Siemens Healthcare: Radiography systems products and solutions
Exhibit 16: StatRad: Teleradiology product and services

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】テレラジオロジー(遠隔放射線診断)の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月12日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9220
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【キーワード】テレラジオロジー(遠隔放射線診断)、X線、CR、超音波、MRI、画像診断、医療機器、通信、テレラジオロジー技術
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
テレラジオロジー(遠隔放射線診断)の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • RTD乳児用ミルクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、RTD乳児用ミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTD乳児用ミルクの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、セキュリティソリューショングの世界市場規模が2019年2579億ドルから2024年3976億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。本書は、世界のセキュリティソリューショング市場について調査・分析し、市場概要、提供別(セキュリティ製品、サービス)分析、業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(セキュリティ製品、サービス) ・世界のセキュリティソリューショング市場:業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛) ・世界のセキュリティソリューショング市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • コンバインハーベスター(複式収穫機)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンバインハーベスター(複式収穫機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンバインハーベスター(複式収穫機)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • IBS-C薬の北米市場
  • 高等教育向けSIS(学生管理システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高等教育向けSIS(学生管理システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高等教育向けSIS(学生管理システム)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 安全弁の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、安全弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サイズ別(1インチ以下、1–6、6–25、25–50、50以上)分析、材料別(ステンレス鋼、鋳鉄、合金、極低温用)分析、産業別(石油・ガス、エネルギー・電力、水・廃水)分析、安全弁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインパクトプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のインパクトプリンター市場2015について調査・分析し、インパクトプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの原油精製市場(~2021)
  • 世界の塗料剥離剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の塗料剥離剤市場2015について調査・分析し、塗料剥離剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • D4アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD4アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D4アゴニスト(作動薬)の概要 ・D4アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD4アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D4アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D4アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の歯科用注射器市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用注射器市場2016について調査・分析し、歯科用注射器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルドステロンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルドステロンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルドステロンアンタゴニストの概要 ・アルドステロンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルドステロンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルドステロンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルドステロンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 顕微鏡検査の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、顕微鏡検査の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・顕微鏡検査の世界市場:イントロダクション ・顕微鏡検査の世界市場:市場概観 ・顕微鏡検査の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・顕微鏡検査の世界市場:セグメント別市場分析 ・顕微鏡検査の世界市場:種類別分析/市場規模 ・顕微鏡検査の世界市場:用途別分析/市場規模 ・顕微鏡検査の世界市場:主要地域別市場分析 ・顕微鏡検査の世界市場:関連企業分析
  • 原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(AFM、プローブ、ソフトウェア)分析、グレード別(工業用、研究用)分析、用途別(材料科学、生命科学、半導体&エレクトロニクス、学術)分析、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場規模が2019年441百万ドルから2024年586百万ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。
  • がん胎児性抗原の世界市場分析:用途別(結腸直腸がん、膵臓がん、卵巣がん、乳がん、甲状腺がん)、セグメント予測
    本調査レポートでは、がん胎児性抗原の世界市場について調査・分析し、がん胎児性抗原の世界市場動向、がん胎児性抗原の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん胎児性抗原市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 口腔洗浄器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、口腔洗浄器の世界市場について調査・分析し、口腔洗浄器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別口腔洗浄器シェア、市場規模推移、市場規模予測、口腔洗浄器種類別分析(カウンター用、コードレス)、口腔洗浄器用途別分析(家庭用、歯科用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・口腔洗浄器の市場概観 ・口腔洗浄器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・口腔洗浄器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・口腔洗浄器の世界市場規模 ・口腔洗浄器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・口腔洗浄器のアメリカ市場規模推移 ・口腔洗浄器のカナダ市場規模推移 ・口腔洗浄器のメキシコ市場規模推移 ・口腔洗浄器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・口腔洗浄器のドイツ市場規模推移 ・口腔洗浄器のイギリス市場規模推移 ・口腔洗浄器のロシア市場規模推移 ・口腔洗浄器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・口腔洗浄器の日本市場規模推移 ・口 …
  • ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所)
    本資料は、ウシ胎児血清(FMS)の世界市場について調べ、ウシ胎児血清(FMS)の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場概要 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場環境 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場動向 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場規模 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:市場シェア ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他) ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所) ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウシ胎児血清(FMS)の北米市場規模・予測 ・ウシ胎児血清(FMS)のアメリカ市場規模・予測 ・ウシ胎児血清(FMS)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ウシ …
  • オレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体アンタゴニストの概要 ・オレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオレキシン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オレキシン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オレキシン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 多形膠芽細胞腫治療(GBM)の世界市場
    当調査レポートでは、多形膠芽細胞腫治療 (GBM) の世界市場について調査・分析し、多形膠芽細胞腫治療 (GBM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ樹脂塗料の世界市場:溶剤型塗料、水性塗料、粉体塗料
    当調査レポートでは、エポキシ樹脂塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小水力発電の世界市場予測:容量別、種類別、コンポーネント別
    MarketsandMarkets社は、小水力発電の世界市場規模が2019年26億ドルから2024年30億ドルまで年平均2.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、小水力発電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、容量別(最大1 MW、1〜10 MW)分析、種類別(マイクロ水力、ミニ水力)分析、コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事)分析、小水力発電の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの脊椎手術装置市場見通し
  • 水浄化剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、水浄化剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水浄化剤市場規模、種類別(凝集剤、凝固剤、pH安定剤)分析、エンドユーザー別(地方自治体、発電、紙・パルプ、金属・鉱業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水浄化剤の世界市場概要 ・水浄化剤の世界市場環境 ・水浄化剤の世界市場動向 ・水浄化剤の世界市場規模 ・水浄化剤の世界市場:業界構造分析 ・水浄化剤の世界市場:種類別(凝集剤、凝固剤、pH安定剤) ・水浄化剤の世界市場:エンドユーザー別(地方自治体、発電、紙・パルプ、金属・鉱業、その他) ・水浄化剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水浄化剤の北米市場規模・予測 ・水浄化剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水浄化剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・水浄化剤の主要国分析 ・水浄化剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・水浄化剤の世界市場:成長要因、課題 ・水浄化剤の世界市場:競争環境 ・水浄化剤 …
  • 小細胞肺癌(SCLC)の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、小細胞肺癌(SCLC)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・小細胞肺癌(SCLC)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・小細胞肺癌(SCLC)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 防弾チョッキの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、防弾チョッキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防弾チョッキの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサイクルコンピューター市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 体外毒性検査の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、体外毒性検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品&サービス別分析、毒性エンドポイント&試験別(発がん性、皮膚毒性)分析、技術別(セルベース、HTS)分析、方法別(細胞アッセイ)分析、体外毒性検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、体外毒性検査の世界市場規模が2019年81億ドルから2024年12.7億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。
  • 血管造影用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血管造影用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管造影用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用アイスクリームメーカーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用アイスクリームメーカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用アイスクリームメーカー市場規模、製品別(2クォート用、4クォート用、6クォート用)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場概要 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場環境 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場動向 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場規模 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:業界構造分析 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:製品別(2クォート用、4クォート用、6クォート用) ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用アイスクリームメーカーのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用アイスクリームメーカーのヨーロッパ市 …
  • 長期介護の世界市場
    当調査レポートでは、長期介護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、長期介護の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 双方向型キオスクの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、双方向型キオスクの世界市場について調査・分析し、双方向型キオスクの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 双方向型キオスクの世界市場:市場動向分析 - 双方向型キオスクの世界市場:競争要因分析 - 双方向型キオスクの世界市場:産業別 ・小売 ・輸送 ・行政 ・銀行・金融 ・娯楽 ・医療 ・接客 ・その他 - 双方向型キオスクの世界市場:種類別 ・セルフサービス式キオスク ・販売キオスク ・現金自動預け払い機(ATM) - 双方向型キオスクの世界市場:構成機器別 ・ソフトウェア構成機器・サービス ・ハードウェア構成機器 - 双方向型キオスクの世界市場:主要地域別分析 - 双方向型キオスクの北米市場規模(アメリカ市場等) - 双方向型キオスクのヨーロッパ市場規模 - 双方向型キオスクのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・双方向型キオスクの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 床材の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、床材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、床材市場規模、材料別(非弾性床材、ソフトフロアカバー・カーペット・ラグ、弾性床材、シームレスフローリング)分析、エンドユーザー別(非住宅、住宅、工業、商業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 床材の世界市場:市場動向分析 ・ 床材の世界市場:競争要因分析 ・ 床材の世界市場:材料別(非弾性床材、ソフトフロアカバー・カーペット・ラグ、弾性床材、シームレスフローリング) ・ 床材の世界市場:エンドユーザー別(非住宅、住宅、工業、商業、その他) ・ 床材の世界市場:主要地域別分析 ・ 床材の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 床材のヨーロッパ市場規模 ・ 床材のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・床材の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)市場規模、用途別(通信機器、家電、自動車、データ処理、産業、その他)分析、パッケージタイプ別(表面実装CPLD、スルーホールCPLD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場概要 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場環境 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場動向 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場規模 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場:業界構造分析 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場:用途別(通信機器、家電、自動車、データ処理、産業、その他) ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場:パッケージタイプ別(表面実装CPLD、スルー …
  • 顕微鏡の世界市場分析:製品タイプ別(光学顕微鏡、電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡など)、用途別(材料科学、ナノテクノロジー、生命科学と半導体)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、顕微鏡の世界市場動向、顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エタノールアミンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エタノールアミンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エタノールアミン市場規模、製品別(トリエタノールアミン(TEA)、モノエタノールアミン(MEA)、ジエタノールアミン(DEA))分析、用途別(潤滑剤、化粧品、ガス洗浄、水処理、洗浄、金属処理、その他)分析、エンドユーザ別(ゴム・石油・石油化学、ポリウレタン、農薬、化学工業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エタノールアミンの世界市場:市場動向分析 ・ エタノールアミンの世界市場:競争要因分析 ・ エタノールアミンの世界市場:製品別(トリエタノールアミン(TEA)、モノエタノールアミン(MEA)、ジエタノールアミン(DEA)) ・ エタノールアミンの世界市場:用途別(潤滑剤、化粧品、ガス洗浄、水処理、洗浄、金属処理、その他) ・ エタノールアミンの世界市場:エンドユーザ別(ゴム・石油・石油化学、ポリウレタン、農薬、化学工業) ・ エタノールアミンの世界市場:主 …
  • 自動車用インナーフェンダーの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用インナーフェンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インナーフェンダーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中小企業(SMB)クラウド支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、中小企業(SMB)クラウド支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業(SMB)クラウド支出の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管炎(Vasculitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血管炎(Vasculitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管炎(Vasculitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血管炎(Vasculitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・血管炎(Vasculitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・血管炎(Vasculitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血管炎(Vasculitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血管炎(Vasculitis)治療薬剤
  • 世界の尿路カテーテル市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、尿路カテーテルのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿路カテーテルの概要 ・尿路カテーテルの開発動向:開発段階別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:セグメント別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:領域別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:規制Path別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別尿路カテーテルの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・尿路カテーテルの最近動向
  • 世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別
    MarketsandMarkets社は、計装用バルブ及び継手の世界市場規模が2019年32億ドルから2025年39億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の計装用バルブ及び継手市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(ステンレス、合金ベース、鋳鉄、その他)分析、製品別(バルブ、継手、空気圧アクチュエータ、その他)分析、産業別(石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、紙&パルプ、エネルギー&電力、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別(ステンレス、合金ベース、鋳鉄、その他) ・世界の計装用バルブ及び継手市場:製品別(バルブ、継手、空気圧アクチュエータ、その他) ・世界の計装用バルブ及び継手市場:産業別(石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、紙&パルプ、エネルギー&電力、その他) ・世界の計装用バルブ及び継手市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • ファイバーチャネルアダプターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバーチャネルアダプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバーチャネルアダプターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファイバーチャネルアダプターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• QLogic• Broadcom等です。
  • アメリカの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 植物成長調整剤(PGR)の世界市場:製品別(サイトカイニン、オーキシン)、地域別、供給業者勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、植物成長調整剤(PGR)の世界市場について調査・分析し、植物成長調整剤(PGR)の世界市場動向、植物成長調整剤(PGR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別植物成長調整剤(PGR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のマトリックススイッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマトリックススイッチ市場2015について調査・分析し、マトリックススイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェーブ・スプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のウェーブ・スプリング市場2016について調査・分析し、ウェーブ・スプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペスト(Plague):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるペスト(Plague)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ペスト(Plague)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ペスト(Plague)の概要 ・ペスト(Plague)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のペスト(Plague)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ペスト(Plague)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ペスト(Plague)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • メキシコの心臓補助装置市場(~2021)
  • 圧力開放装置の世界市場の規模および予測:タイプ別(ローテク機器[フォームベース、ゲルベース、繊維充填、液体充填、エア充填マットレス]、ハイテク機器[ダイナミックエアーセラピー、キネティックベッド])、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、圧力開放装置の世界市場について調査・分析し、圧力開放装置の世界市場動向、圧力開放装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力開放装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の印画紙市場2016
    本調査レポートでは、世界の印画紙市場2016について調査・分析し、印画紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"