"米州の構造用接着剤市場予測(~2021)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-4318)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"米州の構造用接着剤市場予測(~2021)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Americas structural adhesives market size, in terms of value, is estimated to reach USD 4.40 Billion by 2021, signifying a firm CAGR of over 7.47% between 2016 and 2021. The drivers identified for the Americas structural adhesives market are high demand from construction & building, wind, transportation, and marine applications. Rising demand for weight reduction, engineering plastics, and composites are replacing traditional materials such as metals and other heavy weight materials, thereby increasing the demand for structural adhesives in the Americas.
Marine is the fastest-growing application in Americas structural adhesives due to the rising demand for recreational boating. The demand for structural adhesives from the marine industry is expected to be driven by small as well as large boats with the increasing penetration of composites for fabricating boats. Increasing use of composites in new yachts and catamarans for making hulls, deck, frames, bulkheads, masts, keels, and other components is also increasing the demand for structural adhesives for bonding these components.

Growing use of epoxy adhesives in end-use industries and shift in demand toward lighter and stronger vehicles in the automotive and transport industries, is increasing the demand for structural adhesives in America. To make the vehicles lighter, manufacturers have to switch from the traditional mechanical fasteners to lightweight and more efficient adhesives, for instance, epoxy adhesives. The current trend in the industry highlights the use of composites thermoplastics in place of metals. These materials bond better with adhesives than conventional fasteners. Manufacturers can bank on the opportunities of weight reduction potential offered by epoxy adhesives in the automotive and transportation industries and create higher demand for epoxy adhesives.

The biggest market of Americas structural adhesives is U.S. It is estimated that U.S. will record a robust growth due to strong demand from transportation and marine segments. The U.S. market has been a leader with respect to the demand for Americas structural adhesives as well as product innovation in terms of improved performance, durability, and new application development, such as in transportation, marine, automotive, and wind energy industries.

Volatility in raw material prices act as a restraint in the structural adhesives market. As, price and availability of raw materials are the key factors in the structural adhesives market, these are the deciding factors for estimating the cost structure of adhesives. Raw materials used in the market include plastic resins, synthetic rubber, inorganic chemicals, industrial inorganic chemicals, and refined petroleum products. Most of these raw materials are petroleum-based derivatives and are vulnerable to fluctuations in commodity prices. Oil prices have been highly volatile in the recent times because of the increasing global demand and political unrest in the Middle East.

The Americas structural adhesives market is competitive with a few dominant leaders such as 3M Company (U.S.), Arkema (France), Henkel AG & Company (Germany), Lord Corporation (U.S.), and Scott Bader (U.K.), and a large number of small-to-medium scale players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"米州の構造用接着剤市場予測(~2021)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Markets Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency and Pricing
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2.2.2 Key Industry Insights
2.2.2.3 Breakdown of Primaries
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions and Limitations
2.5.1 Assumptions
2.5.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in Americas Structural Adhesives Market
4.2 Structural Adhesives Market in Americas, By Application, 2014–2021
4.3 Structural Adhesives Market in Americas, By Application and By Country, 2015
4.4 Structural Adhesives Market in Americas, By Type, 2015
4.5 Structural Adhesives Market in Americas, By Application, 2015
4.6 Structural Adhesives Market in North America, By Country, 2016 vs 2021
4.7 Structural Adhesives Market in Latin America, By Country, 2016 vs 2021

5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Type
5.2.2 By Application
5.3 Selection Criteria for Adhesives
5.4 Major Types of Adhesives Used for Structural Applications
5.5 Advantages and Limitations of Structural Adhesives
5.6 Market Dynamics
5.6.1 Drivers
5.6.1.1 Increasing Use of Composites
5.6.1.2 Increasing Demand From Marine, Automotive, Construction, Aerospace, and Wind Energy Industries
5.6.1.3 Structural Adhesives Bonding Facilitating Weight Reduction, Safety, and Ease of Application
5.6.2 Restraints
5.6.2.1 Volatility in Raw Material Prices
5.6.2.2 Unstable Economic Cycles
5.6.3 Opportunities
5.6.3.1 Increasing Demand for Non-Hazardous, Green, and Sustainable Structural Adhesives
5.6.3.2 Increasing Demand for Lightweight and Low-Carbon Emitting Vehicles and Aircraft
5.6.3.3 Creating Awareness About Advantages of Structural Adhesives Over Conventional Techniques
5.6.4 Challenges
5.6.4.1 Changing Rules and Standards
5.6.4.2 Stringent and Lengthy Practices for Raw Material Certifications

6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Value-Chain Analysis
6.2 Porter’s Five Forces Analysis
6.2.1 Threat of New Entrants
6.2.2 Threat of Substitutes
6.2.3 Bargaining Power of Buyers
6.2.4 Bargaining Power of Suppliers
6.2.5 Degree of Competition

7 Americas Structural Adhesives Market, By Type (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Methacrylate
7.3 Acrylic
7.4 Polyurethane
7.4.1 Reactive Adhesives
7.4.1.1 One-Component Adhesives
7.4.1.2 Two-Component Adhesives
7.5 Epoxy
7.6 Others

8 Latin America Structural Adhesives Market, By Application (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Building & Construction Application
8.3 Transportation Application
8.4 Automotive Application
8.5 Marine Application
8.6 Wind Energy Application
8.7 Other Application

9 Structural Adhesives Market, By Region (Page No. – 78)
9.1 Americas Market Introduction
9.2 North America
9.2.1 U.S.
9.2.2 Canada
9.3 Latin America
9.3.1 Mexico
9.3.2 Brazil
9.3.3 Argentina
9.3.4 Colombia
9.3.5 Others

10 Competitive Landscape (Page No. – 95)
10.1 Overview
10.2 New Product Launches
10.3 Mergers & Acquisitions
10.4 Agreements, Partnerships, Collaborations & Joint Ventures
10.5 Expansions

11 Company Profiles (Page No. – 98)
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, Ratio Analysis, MnM View)*
11.1 Henkel AG & Co. KGAA
11.2 Sika A.G.
11.3 Ashland Inc.
11.4 Arkema S.A.
11.5 3M Company
11.6 Lord Corporation
11.7 Scott Bader Company Ltd

*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 124)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
12.5 Available Customizations
12.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】米州の構造用接着剤市場予測(~2021)
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-4318
【対象地域】米州
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】構造用接着剤、アメリカ、樹脂、自動車、建築、建設、輸送、船舶、アクリル接着剤、エポキシ接着剤、メタクリル酸塩接着剤ポリウレタン接着剤
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
米州の構造用接着剤市場予測(~2021)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 飲食品用金属缶の北米市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、飲食品用金属缶の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飲食品用金属缶の北米市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は飲食品用金属缶の北米市場が2017-2021年期間中に年平均1.62%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmcor、Ardagh Group、Ball Corporation、Crown Holdings、Silgan Holdings等です。
  • ジオメンブレンの世界市場
    当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、ジオメンブレンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ジオメンブレンの世界市場:市場動向分析 - ジオメンブレンの世界市場:競争要因分析 - ジオメンブレンの世界市場:製造工程別 ・インフレーションフィルム ・カレンダー加工 ・その他 - ジオメンブレンの世界市場:用途別 ・廃棄物管理 ・採鉱 ・水管理 ・トンネルの裏張り ・その他 - ジオメンブレンの世界市場:材料別 ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・低密度ポリエチレン(LDPE)&直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE) ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM) ・ポリプロピレン(PP) ・その他 - ジオメンブレンの世界市場:主要地域別分析 - ジオメンブレンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ジオメンブレンのヨーロッパ市場規模 - ジオメンブレンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ジオメンブレンの世界市場:主な市場開拓 - …
  • 風力発電用タワーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、風力発電用タワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電用タワーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 花・植物用物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、花・植物用物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、花・植物用物流市場規模、製品別(花・植物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、C.H. Robinson Worldwide, DB Schenker, Deutsche Post, FedEx, KUEHNE + NAGELなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・花・植物用物流の世界市場概要 ・花・植物用物流の世界市場環境 ・花・植物用物流の世界市場動向 ・花・植物用物流の世界市場規模 ・花・植物用物流の世界市場:業界構造分析 ・花・植物用物流の世界市場:製品別(花・植物) ・花・植物用物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・花・植物用物流の北米市場規模・予測 ・花・植物用物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・花・植物用物流のアジア太平洋市場規模・予測 ・花・植物用物流の主要国分析 ・花・植物用物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・花・植物用物流の世 …
  • 半導体IP(知的財産)の世界市場予測(~2024年)
    半導体IPの世界市場は、2018年の49億米ドルから2024年には65億米ドルに達し、4.78%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品分野におけるマルチコアテクノロジの進歩、および最新のSoCデザインに対する需要の増加が考えられます。メモリIP市場については、スイッチング速度、電力効率、そしてさまざまな家電製品や機器との適合性が高いという理由で、大幅な成長が期待されます。また自動車業界においては、より優れた安全性および高度な機能が要求され、車両あたりより多くの記憶装置を設置する必要性が生じます。当調査レポートでは、半導体IP(知的財産)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デザインIP(プロセッサIP、インターフェイスIP、メモリIP)分析、IPソース(ロイヤリティ、ライセンス)分析、産業(家電、テレコム、工業、自動車、商業)分析、半導体IP(知的財産)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品デザートの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、乳製品デザートの世界市場について調べ、乳製品デザートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乳製品デザートの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ヨーグルト、クリーム、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は乳製品デザートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・乳製品デザートの市場状況 ・乳製品デザートの市場規模 ・乳製品デザートの市場予測 ・乳製品デザートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ヨーグルト、クリーム、その他) ・乳製品デザートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インタラクティブキオスクの世界市場:種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク)、業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他)
    本市場調査レポートではインタラクティブキオスクについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク)分析、業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・インタラクティブキオスクの世界市場:種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク) ・インタラクティブキオスクの世界市場:業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他) ・インタラクティブキオスクの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場について調査・分析し、自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:市場動向分析 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:競争要因分析 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:エネルギー種類別 ・熱エネルギー ・運動エネルギー ・太陽エネルギー ・その他 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:車種別 ・プラグインハイブリッド車 ・ハイブリッド電気自動車 ・バッテリー電気自動車 ・電気自動車 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:熱回収システム種類別 ・ターボチャージャー ・回生ブレーキシステム ・排ガス再循環システム - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用環境発電・ エネルギー回生のヨーロッパ市場規模 - 自動車用環境発 …
  • 自動車用トランシーバーの世界市場:プロトコル別(CAN、LIN、Flexray、およびその他)、用途別(安全、車体制御モジュール、シャーシ、パワートレイン、ステアリングホイール、エンジン/気候、ドア/シート、ホイールノード、X-by-wireマスター、その他)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)
    本資料は、自動車用トランシーバーの世界市場について調べ、自動車用トランシーバーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、プロトコル別(CAN、LIN、Flexray、およびその他)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用トランシーバーの世界市場概要 ・自動車用トランシーバーの世界市場環境 ・自動車用トランシーバーの世界市場動向 ・自動車用トランシーバーの世界市場規模 ・自動車用トランシーバーの世界市場:市場シェア ・自動車用トランシーバーの世界市場:プロトコル別(CAN、LIN、Flexray、およびその他) ・自動車用トランシーバーの世界市場:用途別(安全、車体制御モジュール、シャーシ、パワートレイン、ステアリングホイール、エンジン/気候、ドア/シート、ホイールノード、X-by-wireマスター、その他) ・自動車用トランシーバーの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商 …
  • 平面状ガラスの世界市場予測(~2022年):フロートガラス、圧延ガラス、板ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、平面状ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、平面状ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジアの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • アメリカの臨床イムノアッセイ分析装置市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの臨床イムノアッセイ分析装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの臨床イムノアッセイ分析装置市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用排ガス再循環システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用排ガス再循環システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用排ガス再循環システム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場概要 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場環境 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場動向 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場規模 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用排ガス再循環システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用排ガス再循環システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用排ガス再循環システムのアジア市場規模・予測 ・自動車用排ガス再循環システムの主要国分析 ・自動車用排ガス再循環システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自 …
  • 産業用プラグ及びソケットの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用プラグ及びソケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用プラグ及びソケットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用プラグ及びソケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、Amphenol、Hubbell、Legrand、ENNEKES、TE Connectivity等です。
  • ギリシャの心臓補助装置市場見通し
  • 欧州のカリキュラム及びデータ管理市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のカリキュラム及びデータ管理市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のカリキュラム及びデータ管理市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場:ブランド別(Opdivo、Revlimid、Zejula)、適応症別(肺がん、リンパ腫、多発性骨髄腫)、セグメント予測
    ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場は2027年には628億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、免疫療法へのシフトや適応拡大を目指した治験数の増加が考えられます。本調査レポートでは、ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場について調査・分析し、ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場動向、ブロックバスターブランド(腫瘍分野)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ブロックバスターブランド(腫瘍分野)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy)の概要 ・草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・草花粉アレルギー(Grass Pollen Allergy)治療薬の評価    …
  • 圧縮機レンタルの世界市場予測(~2026):圧縮機種類別(往復動、回転スクリュー)、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、圧縮機レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、圧縮機種類別分析、需要先別分析、地域別分析、圧縮機レンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコイル塗装市場:ポリエステル、ポリウレタン、フッ化ポリビニリデン、プラスチゾル
  • サイリスタの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サイリスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サイリスタの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 魚粉・魚油の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、魚粉・魚油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、原料別分析、家畜別分析、用途別分析、地域別分析、魚粉・魚油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鼻鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の鼻鏡市場2015について調査・分析し、鼻鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク尿(Proteinuria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、タンパク尿(Proteinuria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク尿(Proteinuria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・タンパク尿(Proteinuria)のフェーズ3治験薬の状況 ・タンパク尿(Proteinuria)治療薬の市場規模(販売予測) ・タンパク尿(Proteinuria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・タンパク尿(Proteinuria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のタンパク尿(Proteinuria)治療薬剤
  • 変圧器オイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、変圧器オイルの世界市場について調査・分析し、変圧器オイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 変圧器オイルの世界市場:市場動向分析 - 変圧器オイルの世界市場:競争要因分析 - 変圧器オイルの世界市場:用途別 電力変圧器 配給変圧器 計器及びその他の変圧器 - 変圧器オイルの世界市場:種類別 シリコン基 バイオ基盤 ミネラルオイル基盤 - 変圧器オイルの世界市場:主要地域別分析 - 変圧器オイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 変圧器オイルのヨーロッパ市場規模 - 変圧器オイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・変圧器オイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 工業用ボイラー制御システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用ボイラー制御システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用ボイラー制御システム市場規模、製品別(制御要素、コミュニケーション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Emerson Electric, Fuji Electric, Honeywell, Robert Bosch, Woodwardなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用ボイラー制御システムの世界市場概要 ・工業用ボイラー制御システムの世界市場環境 ・工業用ボイラー制御システムの世界市場動向 ・工業用ボイラー制御システムの世界市場規模 ・工業用ボイラー制御システムの世界市場:業界構造分析 ・工業用ボイラー制御システムの世界市場:製品別(制御要素、コミュニケーション) ・工業用ボイラー制御システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用ボイラー制御システムの北米市場規模・予測 ・工業用ボイラー制御システムのヨーロッパ・中東・アフリ …
  • 世界のクラウドセキュリティ市場規模・予測2017-2025:サービスタイプ別(データ紛失防止、アイデンティティ・アクセス管理、侵入検知システム・暗号化)、セキュリティタイプ別(データベースセキュリティ、ネットワークセキュリティ)、サービスモデル別(IaaS、PaaS・SaaS)、展開種類、組織規模別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウドセキュリティ市場について調査・分析し、世界のクラウドセキュリティ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウドセキュリティ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬の世界市場:治療アプローチ別(抗突然変異物質、エキソンスキッピング、ステロイド療法)、セグメント予測
    デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬の世界市場は2023年には41億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率41.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、突然変異特異的な治療薬の登場、標的療法に対する需要の増加、市場に有利な政府の取り組みなどが考えられます。本調査レポートでは、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬の世界市場について調査・分析し、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬の世界市場動向、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 急性骨髄性白血病(AML):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性骨髄性白血病(AML)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性骨髄性白血病(AML):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性骨髄性白血病(AML)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性骨髄性白血病(AML)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性骨髄性白血病(AML)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性骨髄性白血病(AML)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性骨髄性白血病(AML)治療薬剤
  • 世界の圧力制御機器市場2019
    本調査レポートでは、世界の圧力制御機器市場2019について調査・分析し、圧力制御機器の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、圧力制御機器のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、圧力制御機器メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・圧力制御機器の市場概要 ・圧力制御機器の上流・下流市場分析 ・圧力制御機器のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・圧力制御機器のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・圧力制御機器のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・圧力制御機器のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・圧力制御機器の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・圧力制御機器の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・圧力制御機器の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・圧力制御機器の北米市場:市場予測(生産 …
  • 連続玄武岩繊維(CBF)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、連続玄武岩繊維(CBF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、連続玄武岩繊維(CBF)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は連続玄武岩繊維(CBF)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BASALTEX• Jiangsu Green Materials Vally New Material T&D• Kamenny Vek (under Basfiber brand name)• Shanxi Basalt Fiber Technology• Technobasalt等です。
  • ジカウイルス感染症レポート
    当調査レポートでは、ジカウイルス感染症治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・ジカウイルスの概要 ・ジカウイルス感染症の発生2015/2016 ・ジカウイルス感染症の検査・診断ツール ・ジカウイルス感染症ワクチン ・ジカウイルス発生の経済的・社会経済的な影響
  • 小切手スキャナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小切手スキャナの世界市場について調査・分析し、小切手スキャナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小切手スキャナシェア、市場規模推移、市場規模予測、小切手スキャナ種類別分析(シングルフィード、マルチフィード)、小切手スキャナ用途別分析(金融機関、企業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小切手スキャナの市場概観 ・小切手スキャナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小切手スキャナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小切手スキャナの世界市場規模 ・小切手スキャナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小切手スキャナのアメリカ市場規模推移 ・小切手スキャナのカナダ市場規模推移 ・小切手スキャナのメキシコ市場規模推移 ・小切手スキャナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・小切手スキャナのドイツ市場規模推移 ・小切手スキャナのイギリス市場規模推移 ・小切手スキャナのロシア市場規模推移 ・小切手スキャナのアジア …
  • バイオ炭の世界市場分析:技術別(熱分解、ガス化、その他)、用途別(農業(畑作、畜産、その他)、その他)、地域別、セグメント予測、2012 – 2025
    本調査レポートでは、バイオ炭の世界市場について調査・分析し、バイオ炭の世界市場動向、バイオ炭の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ炭市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のポリイミド (PI)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミド (PI)市場2016について調査・分析し、ポリイミド (PI)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊ポリアミドの世界市場分析:用途別(自動車/輸送、電気・電子、消費財・小売、エネルギー、工業用コーティング)、競争戦略、動向分析、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、特殊ポリアミドの世界市場について調査・分析し、特殊ポリアミドの世界市場動向、特殊ポリアミドの世界市場規模、市場予測、セグメント別特殊ポリアミド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナノファイバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナノファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ナノファイバーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • スペインのポリプロピレン市場(~2019)
  • 世界の茶ポリフェノール市場2015
    本調査レポートでは、世界の茶ポリフェノール市場2015について調査・分析し、茶ポリフェノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血友病B(Hemophilia B):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血友病B(Hemophilia B)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血友病B(Hemophilia B):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血友病B(Hemophilia B)のフェーズ3治験薬の状況 ・血友病B(Hemophilia B)治療薬の市場規模(販売予測) ・血友病B(Hemophilia B)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血友病B(Hemophilia B)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血友病B(Hemophilia B)治療薬剤
  • 段ボール箱の米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、段ボール箱の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボール箱の米国市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • バインディングマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バインディングマシーンの世界市場について調査・分析し、バインディングマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バインディングマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、バインディングマシーン種類別分析(手動バインディングマシーン、電動バインディングマシーン)、バインディングマシーン用途別分析(オフィス、大量業務、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バインディングマシーンの市場概観 ・バインディングマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バインディングマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バインディングマシーンの世界市場規模 ・バインディングマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バインディングマシーンのアメリカ市場規模推移 ・バインディングマシーンのカナダ市場規模推移 ・バインディングマシーンのメキシコ市場規模推移 ・バインディングマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) …
  • モバイルアプリケーションテストソリューションの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:対話式試験、自動化試験
  • 電子情報開示の世界市場見通し2016-2022:テクノロジーアシステッドレビュー(TAR)、リーガルホールド、訴訟案件の早期評価査定、データプロダクション、データプロセッシング
    当調査レポートでは、電子情報開示の世界市場について調査・分析し、電子情報開示の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・電子情報開示の世界市場:市場動向分析 ・電子情報開示の世界市場:競争要因分析 ・電子情報開示の世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:導入別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:産業別分析/市場規模 ・電子情報開示の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電子情報開示の北米市場規模 ・電子情報開示の欧州市場規模 ・電子情報開示のアジア市場規模 ・電子情報開示の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場
    当調査レポートでは、ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場について調査・分析し、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場動向、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 癌診断の世界市場:種類別(臨床検査、遺伝子検査、画像診断、内視鏡検査)、用途別(乳房、肺、肝臓、頸部、大腸、皮膚)、セグメント予測
    本調査レポートでは、癌診断の世界市場について調査・分析し、癌診断の世界市場動向、癌診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別癌診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サウジアラビアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"