"合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AD-4302)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global synthetic rope market is projected to witness a CAGR of 5.9% from 2016 to reach a market size of USD 1.69 Billion by 2021. The market is highly driven by the low weight and high strength characteristics of synthetic ropes. Another key factor that is expected to drive this market is the safety aspect of synthetic ropes. Synthetic ropes are relatively safer to use compared with steel wire rope that are widely used by the marine, mining, and oil & gas industries.
Nylon and specialty fibers such as high-molecular polyethylene (HMPE) and aramid are expected to register high CAGRs between 2016 and 2021, in terms of volume. Polypropylene (PP) ropes accounted for the highest market share as these ropes are widely used in the marine & fishing industry, sometimes in combination with polyester. Specialty fibers account for a small share because of their high costs; however, they are expected to garner high demand because of their exceptional high strength properties.

The marine & fishing industry is projected to account for the highest market share during the forecast period. Synthetic ropes are widely used in the marine sector for mooring, lifting, towing, and other applications. Moreover, synthetic ropes have a huge scope to become a better alternative to the steel wire ropes used in the marine industry. The Synthetic ropes used in the cranes segment are projected to witness the highest CAGR during the forecast period.

North America accounted for the largest share of the global synthetic rope market and is projected to continue dominating the market during the forecast period. Asia-Pacific is projected to witness the highest CAGR during the forecast period. The region’s booming fishing or aquaculture industry is expected to trigger the demand for synthetic ropes during the forecast period. Moreover, construction, cranes, and mining industries of the region are likely to provide growth opportunities to the market.

High raw materials cost for manufacturing synthetic ropes compared with that for steel wire rope is the only restraint in the market. However, advantages related to the total cost of ownership of synthetic rope products and increasing awareness of the product among end-use industries are expected to overcome this restraint during the forecast period.

The market players adopted both organic and inorganic growth strategies from 2011 to 2016 to strengthen their market position. Capacity expansions and new product developments are the major organic growth strategies adopted by the market players to enhance their regional footprint and meet the growing demand of synthetic ropes in emerging economies. WireCo World Group (U.S.), Samson Rope Technologies (U.S.), and Cortland Limited (U.S.) are some of the prominent players in the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 28)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunity in the Synthetic Ropes Market
4.2 Synthetic Ropes Market Growth, By Material Type
4.3 Synthetic Ropes Market Size in Asia-Pacific
4.4 Synthetic Ropes Market Attractiveness
4.5 Synthetic Ropes Market Share, By End-Use Industry and Region, 2021
4.6 Synthetic Ropes Market Size: Developing Countries
4.7 Life Cycle Analysis, By Region (2016)

5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Segmentation
5.3.1 Material Type Segmentation
5.3.2 End-Use Industry Segmentation
5.3.3 Regional Segmentation
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 High Strength and Light Weight of Synthetic Ropes
5.4.1.2 Safety Aspects of Synthetic Ropes
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 High Cost of Raw Materials and Frequent Preventive Maintenance
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Better Alternative to Steel Wire Ropes
5.4.3.2 Growth Opportunities in Asia-Pacific
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Lack of Awareness Among Potential End-Industries

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Bargaining Power of Suppliers
6.3.2 Bargaining Power of Buyers
6.3.3 Threat of Substitute
6.3.4 Threat of New Entrants
6.3.5 Intensity of Rivalry
6.4 Patent Analysis

7 Synthetic Ropes Market, By Material Type (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Polypropylene (PP)
7.3 Polyester
7.4 Nylon
7.5 Polyethylene (PE)
7.6 Specialty Fibers

8 Synthetic Ropes Market, By End-Use Industry (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 Marine & Fishing
8.2.1 Industry Trend
8.3 Oil & Gas
8.3.1 Industry Trend
8.4 Sports & Leisure
8.5 Construction
8.5.1 Industry Trend
8.6 Cranes
8.7 Others
8.7.1 Industry Trend

9 Synthetic Ropes Market, By Region (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 U.S.
9.2.1.1 U.S.: Economic Outlook (2014)
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canada: Economic Outlook (2014)
9.2.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 U.K.
9.3.2.1 U.K.: Economic Outlook (2014)
9.3.3 Norway
9.3.4 Italy
9.3.5 Netherlands
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China: Economic Outlook (2014)
9.4.2 Japan
9.4.3 South Korea
9.4.4 India
9.4.5 Indonesia
9.4.6 Rest of Asia-Pacific
9.5 RoW: Rest of the World
9.5.1 Central & South America
9.5.2 Middle East & Africa

10 Competitive Landscape (Page No. – 130)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking of Key Players
10.3 Competitive Situation and Trends
10.3.1 New Product Development
10.3.2 Capacity Expansions
10.3.3 Mergers & Acquisitions
10.3.4 Partnerships & Agreements and Joint Ventures, 2011–2016
10.3.5 Research & Development

11 Company Profiles (Page No. – 138)
(Overview, Financial*, Products & Services, Strategy, and Developments)
11.1 Introduction
11.2 Cortland Limited
11.3 Wireco Worldgroup Inc.
11.4 Samson Rope Technologies, Inc.
11.5 Southern Ropes
11.6 English Braids Ltd
11.7 Marlow Ropes Ltd
11.8 Teufelberger Holding AG
11.9 Bridon International Ltd
11.10 Yale Cordage Inc.
11.11 Lanex A.S.
11.12 Some Other Market Players

*Details Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies

12 Appendix (Page No. – 179)
12.1 Discussion Guide
12.2 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
12.3 Available Customizations
12.4 Value Chain
12.5 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AD-4302
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【キーワード】合成繊維ロープ、合成ロープ、ロープ材料、ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維、ロープ用途、海洋、石油・ガス、建設、クレーン、スポーツ、レジャー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ガスエンジンの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ガスエンジンの世界市場について調査・分析し、ガスエンジンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • データセンター・コロケーションの世界市場
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションの世界市場について調査・分析し、データセンター・コロケーションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - データセンター・コロケーションの世界市場:市場動向分析 - データセンター・コロケーションの世界市場:競争要因分析 - データセンター・コロケーションの世界市場:産業別 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・エネルギー ・娯楽&メディア ・政府 ・ヘルスケア ・製造 ・電気通信&IT ・その他 - データセンター・コロケーションの世界市場:種類別 ・ホールセール型コロケーション ・リテール型コロケーション - データセンター・コロケーションの世界市場:エンドユーザー別 ・大企業 ・中小企業 - データセンター・コロケーションの世界市場:主要地域別分析 - データセンター・コロケーションの北米市場規模(アメリカ市場等) - データセンター・コロケーションのヨーロッパ市場規模 - データセンター・コロケーションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) …
  • デジタルバンキングプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    デジタルバンキングプラットフォームの市場は、2018年の33億米ドルから2023年には57億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は11.2%と予測されています。この市場の成長を促進する重要な要因として考えられるのが、顧客体験の向上、スケーラビリティの向上を目的としたクラウドベースプラットフォームの採用の増加、ビジネスプロセスの合理化を目的としたスマートフォンとタブレットの採用の増加などです。当調査レポートでは、デジタルバンキングプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(リテールバンキング、コーポレートバンキング)分析、バンキングモード別(オンライン、モバイル)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、デジタルバンキングプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脳脊髄液管理装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、脳脊髄液管理装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳脊髄液管理装置の概要 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:開発段階別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:セグメント別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:領域別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:規制Path別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別脳脊髄液管理装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・脳脊髄液管理装置の最近動向
  • 木材敷板の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、木材敷板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木材敷板の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管イメージングの世界市場:超音波、MRI、CT、放射線、X線
    Technavioが発行した当調査レポートでは、血管イメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管イメージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血管イメージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Siemens Healthcare、Philips Healthcare、GE Healthcare、Toshiba Medical Systems、Hitachi Medical等です。
  • 埋立地ガスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、埋立地ガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、埋立地ガス市場規模、技術別(燃焼機関、タービン、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・埋立地ガスの世界市場概要 ・埋立地ガスの世界市場環境 ・埋立地ガスの世界市場動向 ・埋立地ガスの世界市場規模 ・埋立地ガスの世界市場:業界構造分析 ・埋立地ガスの世界市場:技術別(燃焼機関、タービン、その他) ・埋立地ガスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・埋立地ガスの北米市場規模・予測 ・埋立地ガスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・埋立地ガスのアジア太平洋市場規模・予測 ・埋立地ガスの主要国分析 ・埋立地ガスの世界市場:意思決定フレームワーク ・埋立地ガスの世界市場:成長要因、課題 ・埋立地ガスの世界市場:競争環境 ・埋立地ガスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 医療用吸引機器の世界市場分析:携帯性別(携帯式、非携帯式)、吸着システム別(手動、電動、ベンチュリ)、エンドユーザー別(呼吸器、胃、創傷部分、分娩室、手術室、冠状動脈ケア、麻酔薬)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用吸引機器の世界市場について調査・分析し、医療用吸引機器の世界市場動向、医療用吸引機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用吸引機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サーマルセラミックスの世界市場予測(~2023年):セラミックファイバ、断熱レンガ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サーマルセラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類(セラミックファイバ、断熱レンガ)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、サーマルセラミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インホイールモーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用インホイールモーター市場規模、技術別(ダイレクトドライブ、ギア減速)分析、駆動タイプ別(後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用インホイールモーターの世界市場概要 ・自動車用インホイールモーターの世界市場環境 ・自動車用インホイールモーターの世界市場動向 ・自動車用インホイールモーターの世界市場規模 ・自動車用インホイールモーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用インホイールモーターの世界市場:技術別(ダイレクトドライブ、ギア減速) ・自動車用インホイールモーターの世界市場:駆動タイプ別(後輪駆動、前輪駆動、全輪駆動) ・自動車用インホイールモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用インホイールモーターの北米市場規模・予測 ・自動車用インホイールモーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 産業用エンクロージャーの世界市場2018-20222018-2022
    当調査レポートでは、産業用エンクロージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用エンクロージャー市場規模、製品別(金属産業用、非金属産業用)分析、エンドユーザー別(プロセス産業、個別産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB Group, Eaton, Emerson Electric, Rittal, Schneider Electricなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用エンクロージャーの世界市場概要 ・産業用エンクロージャーの世界市場環境 ・産業用エンクロージャーの世界市場動向 ・産業用エンクロージャーの世界市場規模 ・産業用エンクロージャーの世界市場:業界構造分析 ・産業用エンクロージャーの世界市場:製品別(金属産業用、非金属産業用) ・産業用エンクロージャーの世界市場:エンドユーザー別(プロセス産業、個別産業) ・産業用エンクロージャーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用エンクロージャーの北米市場規模 …
  • データ分析アウトソーシングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データ分析アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データ分析アウトソーシングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 データ分析アウトソーシングとは、外部サービスが組織のデータを分析するサービスです。このようなサービスにより、その組織の業務が効率化され、データ分析の結果に基づき決断を行うことができます。Technavio社はデータ分析アウトソーシングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均30.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Accenture• Capgemini• Fractal Analytics• TCS• Wipro• ZS (ZS Associates)等です。
  • 世界の堅牢型携帯端末市場2015
    本調査レポートでは、世界の堅牢型携帯端末市場2015について調査・分析し、堅牢型携帯端末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パージ剤の世界市場予測(~2022年):押出成形用パージ剤、射出成形用パージ剤、ブロー成形用パージ剤
    当調査レポートでは、パージ剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、プロセス別分析、地域別分析、パージ剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械状態監視の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、機械状態監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機械状態監視の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ディスクリート産業における工業用無線の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ディスクリート産業における工業用無線の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ディスクリート産業における工業用無線市場規模、技術別分析、最終用途別(自動車産業、電子産業、航空宇宙産業、機械産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場概要 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場環境 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場動向 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場規模 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:業界構造分析 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:技術別 ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:最終用途別(自動車産業、電子産業、航空宇宙産業、機械産業) ・ディスクリート産業における工業用無線の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ディスクリート産業における工業用無線のアメリカ市場規模・予測 ・ディス …
  • サスペンションシステムの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、サスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、サスペンションシステムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・サスペンションシステムの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:制動種類別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:構造別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:車両種類別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))の概要 ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 細胞単離/細胞分離の世界市場予測(~2024年)
    細胞単離/細胞分離の世界市場は、2019年の59億米ドルから2024年には130億米ドルに達し、この期間中17.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がんや感染症を患っている患者数の増加、細胞ベースの研究への政府の資金援助の増加、技術の進歩、個別化医療への注目の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、細胞単離/細胞分離の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(試薬、ビーズ、遠心分離)分析、細胞のタイプ(ヒト、動物)分析、細胞源(骨髄、脂肪)分析、技術(ろ過)分析、細胞単離/細胞分離の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スモールセル5Gネットワークの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、無線技術別(スタンドアロン、非スタンドアロン)、周波数帯域別(ローバンド、ミッドバンド、ミリ波)、セルタイプ別(フェムトセル、ピコセル、マイクロセル)、アプリケーション別(屋内アプリケーション、屋外アプリケーション)
    当調査レポートでは、スモールセル5Gネットワークの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、無線技術別分析、周波数帯域別分析、セルタイプ別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・スモールセル5Gネットワークの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・スモールセル5Gネットワークの世界市場:無線技術別(スタンドアロン、非スタンドアロン) ・スモールセル5Gネットワークの世界市場:周波数帯域別(ローバンド、ミッドバンド、ミリ波) ・スモールセル5Gネットワークの世界市場:セルタイプ別(フェムトセル、ピコセル、マイクロセル) ・スモールセル5Gネットワークの世界市場:アプリケーション別(屋内アプリケーション、屋外アプリケーション) ・スモールセル5Gネットワークの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導リガンド受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のエチレンジアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のエチレンジアミン市場2015について調査・分析し、エチレンジアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石灰の世界市場2018-2022
    石灰は、酸化カルシムまたは水酸化カルシウム物の総称で、有機材料です。石灰石またはチョークの燃焼(工業的抽出プロセス)によって得られます。主要なエンドユーザー産業には、建設、農業、冶金、および廃水処理などがあります。石灰の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率1.72%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Afrimat (Cape Lime)、CRH、Lhoist、Minerals Technologies、Nordkalkなどです。 当調査レポートでは、石灰の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石灰市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石灰の世界市場概要 ・石灰の世界市場環境 ・石灰の世界市場動向 ・石灰の世界市場規模 ・石灰の世界市場:業界構造分析 ・石灰の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石灰の北米市場規模・予測 ・石灰のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・石灰のアジア太平洋市場規模・予 …
  • 同軸スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、同軸スイッチの世界市場について調査・分析し、同軸スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別同軸スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、同軸スイッチ種類別分析(DPDT、SPDT、SPnT、その他)、同軸スイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・同軸スイッチの市場概観 ・同軸スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・同軸スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・同軸スイッチの世界市場規模 ・同軸スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・同軸スイッチのアメリカ市場規模推移 ・同軸スイッチのカナダ市場規模推移 ・同軸スイッチのメキシコ市場規模推移 ・同軸スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・同軸スイッチのドイツ市場規模推移 ・同軸スイッチのイギリス市場規模推移 ・同軸スイッチのロシア市場規模推移 ・同軸スイッチのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • アスタキサンチンの世界市場分析:天然アスタキサンチン、合成アスタキサンチン
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、アスタキサンチンの世界市場動向、アスタキサンチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別アスタキサンチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 配電自動化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、配電自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(フィールドデバイス、ソフトウェア・サービス、通信技術)分析、ユーティリティの種類別(公共、民間)分析、配電自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 下着の中国市場
    当調査レポートでは、下着の中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、下着の中国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フライングカーの世界市場2018-2022
    ロサンゼルス、東京、ニューデリー、ロンドンなどの大都市では、交通渋滞の増加が避けられない状況です。交通渋滞は深刻な問題であり、特にインド、中国、ベトナムなどの都市ではこれまでにない都市交通量の増加とそれに伴う交通渋滞を経験しています。 2016年には、交通渋滞に関連する直接的費用と間接的費用の合計が、米国だけで約3,000億ドル近くに達しました。今後数十年になると、人口の増加や都市化の進展などにより、これらの数字は増加することが予想されます。その為、都市での渋滞と混雑の増加は、予測期間中のフライングカーの世界市場の成長を促進する見込みです。 主な分析対象企業は、PAL-V、AeroMobil、Carplane、TERRAFUGIA、Lilium、EHANGなどです。 当調査レポートでは、フライングカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フライングカー市場規模、製品別(フライングカー、旅客ドローン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手 …
  • 歯科用電動ハンドピースの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、歯科用電動ハンドピースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯科用電動ハンドピース市場規模、製品別(高速、低速)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場概要 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場環境 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場動向 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場規模 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場:業界構造分析 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場:製品別(高速、低速) ・歯科用電動ハンドピースの世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯科用電動ハンドピースの北米市場規模・予測 ・歯科用電動ハンドピースのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・歯科用電動ハンドピースのアジア太平洋市場規模・予測 ・歯科用電動ハンドピースの主要国分析 ・歯科用電動ハンドピースの世界市場:意思決定フレームワーク ・歯科用電動ハンドピースの世界市場:成長要因、課題 ・歯科用電動ハンドピースの世界 …
  • フィンランドの末梢血管用装置市場見通し
  • 世界のスマートフォン用オーディオコーデック市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートフォン用オーディオコーデック市場2015について調査・分析し、スマートフォン用オーディオコーデックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 局所用薬物送達の世界市場
    当調査レポートでは、局所用薬物送達の世界市場について調査・分析し、局所用薬物送達の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 局所用薬物送達の世界市場:市場動向分析 - 局所用薬物送達の世界市場:競争要因分析 - 局所用薬物送達の世界市場:使用設備別 ・病院および民間のクリニック ・在宅治療のセッティング ・その他の使用設備 - 局所用薬物送達の世界市場:製品の種類別 ・機器(経皮薬物送達) ・剤形 - 局所用薬物送達の世界市場:流通経路別 ・院内薬局 ・薬局 ・直接提供 ・オンライン薬局 - 局所用薬物送達の世界市場:投与経路別別 ・肌からの薬物送達 ・目からの薬物送達 ・直腸からの薬物送達 ・膣からの薬物送達 ・鼻からの薬物送達 - 局所用薬物送達の世界市場:主要地域別分析 - 局所用薬物送達の北米市場規模(アメリカ市場等) - 局所用薬物送達のヨーロッパ市場規模 - 局所用薬物送達のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・局所用薬物送達の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 北米の道路貨物輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、北米の道路貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の道路貨物輸送の世界市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 内分泌系治療薬の世界市場:糖尿病薬、テストステロン補充療法、ヒト成長ホルモン、甲状腺ホルモン障害治療薬
    当調査レポートでは、内分泌系治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、内分泌系治療薬の世界市場規模及び予測、用途別分析(糖尿病薬、テストステロン補充療法、ヒト成長ホルモン、甲状腺ホルモン障害治療薬)、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 微生物検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、微生物検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、微生物検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターセキュリティの世界市場見通し2016-2022:アクセスコントロール、分析&モデリング、偵察ソリューション、監視ソリューション、データ保護、脅威&アプリケーションセキュリティ、コンプライアンス管理
    当調査レポートでは、データセンターセキュリティの世界市場について調査・分析し、データセンターセキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・データセンターセキュリティの世界市場:市場動向分析 ・データセンターセキュリティの世界市場:競争要因分析 ・データセンターセキュリティの世界市場:データセンター種類別分析/市場規模 ・データセンターセキュリティの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・データセンターセキュリティの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・データセンターセキュリティの世界市場:環境別分析/市場規模 ・データセンターセキュリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・データセンターセキュリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・データセンターセキュリティの北米市場規模 ・データセンターセキュリティの欧州市場規模 ・データセンターセキュリティのアジア市場規模 ・データセンターセキュリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 神経内視鏡装置の世界市場2018–2025:手術の種類別(脳室内、経頭蓋、経鼻)、デバイス種類別(剛性、軟性)、用途別
    本調査レポートでは、神経内視鏡装置の世界市場について調査・分析し、神経内視鏡装置の世界市場動向、神経内視鏡装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経内視鏡装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国の心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 粉末射出成形の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、粉末射出成形の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、粉末射出成形市場規模、最終用途別(消費者製品、医療・歯列矯正、自動車、航空宇宙・防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・粉末射出成形の世界市場概要 ・粉末射出成形の世界市場環境 ・粉末射出成形の世界市場動向 ・粉末射出成形の世界市場規模 ・粉末射出成形の世界市場:業界構造分析 ・粉末射出成形の世界市場:最終用途別(消費者製品、医療・歯列矯正、自動車、航空宇宙・防衛) ・粉末射出成形の世界市場:地域別市場規模・分析 ・粉末射出成形のアメリカ市場規模・予測 ・粉末射出成形のヨーロッパ市場規模・予測 ・粉末射出成形のアジア市場規模・予測 ・粉末射出成形の主要国分析 ・粉末射出成形の世界市場:意思決定フレームワーク ・粉末射出成形の世界市場:成長要因、課題 ・粉末射出成形の世界市場:競争環境 ・粉末射出成形の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 生物兵器防衛の世界市場分析:製品別(炭疽菌、天然痘、ボツリヌス中毒、放射線/核、エボラ、出血熱)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、生物兵器防衛の世界市場について調査・分析し、生物兵器防衛の世界市場動向、生物兵器防衛の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物兵器防衛市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 北米の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 加圧療法の世界市場
    当調査レポートでは、加圧療法の世界市場について調査・分析し、加圧療法の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 粉チーズの世界市場:チェダー、パルメザン、モッツァレラ、アメリカンチーズ、ブルーチーズ、その他
    当調査レポートでは、粉チーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの麻酔器市場動向(~2021)
  • 産業用真空ポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用真空ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用真空ポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場予測(~2022):衛生設備機器、タッチレス生体認証
    当調査レポートでは、ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品種類別分析、産業別分析、地域別分析、ジェスチャー認識およびタッチレスセンシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 構造用芯材の世界市場2018–2025:製品別(フォーム、バルサ、ハニカム)、肌質別、エンドユーズ別(航空宇宙、自動車、風力発電、船舶、建築)
    本調査レポートでは、構造用芯材の世界市場について調査・分析し、構造用芯材の世界市場動向、構造用芯材の世界市場規模、市場予測、セグメント別構造用芯材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 蒸散抑制剤の世界市場予測2019-2024
    「蒸散抑制剤の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、PAM、その他など、用途別には、Agriculture、Architectureなどに区分してまとめた調査レポートです。蒸散抑制剤のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・蒸散抑制剤の世界市場概要(サマリー) ・蒸散抑制剤の企業別販売量・売上 ・蒸散抑制剤の企業別市場シェア ・蒸散抑制剤の世界市場規模:種類別(PAM、その他) ・蒸散抑制剤の世界市場規模:用途別(Agriculture、Architecture) ・蒸散抑制剤の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・蒸散抑制剤のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・蒸散抑制剤の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・蒸散抑制剤の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・蒸散抑制剤市場の成長要因・課題・動向 ・蒸散抑制剤の販売チャ …
  • 食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食料・飲料用コールドチェーン物流市場規模、用途別(肉・魚介類、乳製品・冷凍デザート、青果・飲料、ベーカリー製品・菓子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AGRO Merchants Group, Americold, John Swire & Sons, Lineage Logistics, Preferred Freezer Servicesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場概要 ・食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場環境 ・食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場動向 ・食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場規模 ・食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場:業界構造分析 ・食料・飲料用コールドチェーン物流の世界市場:用途別(肉・魚介類、乳製品・冷凍デザート、青果・飲料、ベーカリー製品 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"