"塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場予測(~2021)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-4303)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場予測(~2021)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global chlorinated polyethylene market is projected to grow from USD 395.4 Million in 2015 to USD 620.2 Million by 2021, at a CAGR of 8.0% between 2016 and 2021. Rising demand of chlorinated polyethylene for the impact modifier application is propelling the growth of the chlorinated polyethylene market. Countries such as China, the U.S., Japan, and other Western European countries are utilizing chlorinated polyethylene as impact modifiers, processing modifiers, and elastomers. Moreover, the growing demand for chlorinated polyethylene from various end-use industries, such as building & construction, wires & cables, and automobiles, among others drives the global chlorinated polyethylene market.
Chlorinated polyethylene is used in various applications, such as impact modifiers, wire & cable jacketing, hose & tubing, adhesives, magnetics, IR ABS, and others. In 2015, the impact modifier application segment accounted for 60.6% of the total consumption of chlorinated polyethylene worldwide. Huge demand for PVC siding, pipes, window profiles, doors, and fences, among others from the building & construction industry drives growth of impact modifiers in this market.

Based on grade, chlorinated polyethylene can be classified into CPE 135A, CPE 135B, and others. In 2015, CPE 135A grade is the most widely consumed grade of chlorinated polyethylene, owing to its increased usage in the impact modification processes.

The Asia-Pacific region led the global chlorinated polyethylene market in 2015. The Asia-Pacific chlorinated polyethylene market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. This growth is mainly attributed to the fact that China is the world leader in the production as well consumption of chlorinated polyethylene, followed by India.

Fluctuation in crude oil prices since mid-2014 has complicated investment planning for petrochemical companies and also affected the chlorinated polyethylene’s converters and producers’ business, as crude oil is the key raw material involved in the production of polyethylene. This acts as a restraining factor for the chlorinated polyethylene market. The key players involved in the production of CPE are Weifang Yaxing Chemical Co., Ltd. (Weifang, China), Novista Group Co., Ltd. (Weifang, China), Showa Denko K.K. (Tokyo, Japan), S&E Specialty Polymers (Lunenburg, U.S.), Shandong Xuye New Materials Co., Ltd. (Dongying City, China), Shandong Xiansheng Plastic Industry Co., Ltd. (Qingdao, China), Shandong Gaoxin Chemical Co., Ltd. (Weifang, China), Hangzhou Keli Chemical Co., Ltd. (Hangzhou City, China), Sundow Polymers Co., Ltd. (Weifang, China), and Jiangsu Tianteng Chemical Industry Co., Ltd. (Dongtai City, China).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場予測(~2021)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Markets Covered
1.3.3 Years Considered in the Report
1.4 Currency & Pricing
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions
2.6 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 24)

4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Chlorinated Polyethylene Market
4.2 Chlorinated Polyethylene Market–Major Application
4.3 Chlorinated Polyethylene Market in Asia-Pacific
4.4 Chlorinated Polyethylene Market Share, By Region
4.5 Chlorinated Polyethylene Market–Key Countries Contributing Towards Future Growth
4.6 Chlorinated Polyethylene Market Attractiveness, By Application (2021)
4.7 Life Cycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Droc Analysis, Chlorinated Polyethylene Market
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Chlorinated Polyethylene in Impact Modification Application
5.2.1.2 Rising Demand From Developing Markets in Asia-Pacific
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Volatility in Raw Material Prices
5.2.2.2 Production Overcapacity of Chlorinated Polyethylene in China
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 High Growth in the Construction and Automotive Industry in Asia
5.2.3.2 Development of New Applications in Pharmaceutical and Healthcare Industry
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Competition From Other Impact Modifiers Such as Acrylics and Mbs
5.2.4.2 Environmental Impacts of CPE and CPE Producing Industry
5.3 Manufacturing Process, Chlorinated Polyethylene Market

6 Industry Trends (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Chlorinated Polyethylene Market, By Type/Grade (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 CPE 135A
7.3 CPE 135B
7.4 Others

8 Chlorinated Polyethylene Market, By Application (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 Chlorinated Polyethylene Market, By Application
8.2.1 Impact Modifier
8.2.2 Wire & Cable Jacketing
8.2.3 HOSE & Tubing
8.2.4 Adhesives
8.2.5 Magnetics
8.2.6 Ir Abs
8.2.7 Others

9 Chlorinated Polyethylene Market, By Region (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 U.S.
9.2.2 Rest of North America
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 France
9.3.3 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 China
9.4.2 Japan
9.4.3 India
9.4.4 Rest of Asia-Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Brazil
9.5.2 Rest of Latin America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Middle East
9.6.2 Africa

10 Competitive Landscape (Page No. – 94)
10.1 Overview
10.2 Investments
10.3 New Product Launches
10.4 Agreements
10.5 Mergers & Acquisitions
10.6 Expansions

11 Company Profiles (Page No. – 99)
11.1 Introduction
11.2 Showa Denko K.K.
11.3 The DOW Chemical Company
11.4 Hangzhou Keli Chemical Co., Ltd.
11.5 Novista Group Co., Ltd.
11.6 Sundow Polymers Co., Ltd.
11.7 Weifang Yaxing Chemical Co., Ltd.
11.8 S&E Specialty Polymers
11.9 Jiangsu Tianteng Chemical Industry Co., Ltd.
11.10 Shandong Gaoxin Chemical Co., Ltd.
11.11 Shandong Xuye New Materials Co., Ltd.
11.12 Shandong Xiangsheng Plastic Industry Co., Ltd.
11.13 Weifang Daqian Chemicals Co., Ltd.

12 Appendix (Page No. – 130)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
12.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場予測(~2021)
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-4303
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】塩素化ポリエチレン(CPE)、耐衝撃性改良剤、ケーブル外被、ホース、チューブ、接着剤、塩素化ポリエチレン用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
塩素化ポリエチレン(CPE)の世界市場予測(~2021)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スマートコーティングの世界市場:製品別(単層、多層)、用途別(自動車、航空、建設、軍事、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートコーティングの世界市場について調査・分析し、スマートコーティングの世界市場動向、スマートコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気二重層コンデンサの世界市場:エンドユーザー別(旅行・交通、エンターテイメント・メディア、ヘルスケア・ホスピタリティ、BFSI・小売)、用途別(プッシュ型コンテンツサービス、顧客関係管理(CRM)サービス、プロモーションキャンペーン、インタラクティブサービス、相談関連サービス)、地域別予測
    本資料は、電気二重層コンデンサの世界市場について調べ、電気二重層コンデンサの世界規模、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(旅行・交通、エンターテイメント・メディア、ヘルスケア・ホスピタリティ、BFSI・小売)分析、用途別(プッシュ型コンテンツサービス、顧客関係管理(CRM)サービス、プロモーションキャンペーン、インタラクティブサービス、相談関連サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies, LLC、AMD Telecom S.A.、Fortytwo Telecom AB、CLX Communications AB、Silverstreet BV、Ogangi Corporation、Tanla Solutions Ltd、Symsoft AB、Angkor Data Communication Group Co., Ltd、Cybercomm、Route Mobile Limited、Infobip Ltd、Tyntec …
  • カンナビノイドアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカンナビノイドアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カンナビノイドアゴニストの概要 ・カンナビノイドアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のカンナビノイドアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カンナビノイドアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カンナビノイドアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 多機能ディスプレイの世界市場:プラットフォーム別(陸上、空中、海上)、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)、地域別予測
    本資料は、多機能ディスプレイの世界市場について調べ、多機能ディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別(陸上、空中、海上)分析、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)分析、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))分析、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・多機能ディスプレイの世界市場概要 ・多機能ディスプレイの世界市場環境 ・多機能ディスプレイの世界市場動向 ・多機能ディスプレイの世界市場規模 ・多機能ディスプレイの世界市場規模:プラットフォーム別(陸上、空中、海上) ・多機能ディスプレイの世界市場規模:システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ) …
  • 術中神経モニタリング(IONM)の世界市場の規模と予測:タイプ別(インソースIONM、アウトソースIONM)、地域別(北アメリカ[米国、カナダ]、ヨーロッパ[英国、ドイツ]、アジア太平洋[日本、中国]、ラテンアメリカ[ブラジル、メキシコ]、MEA [南アフリカ])、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、術中神経モニタリング(IONM)の世界市場について調査・分析し、術中神経モニタリング(IONM)の世界市場動向、術中神経モニタリング(IONM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別術中神経モニタリング(IONM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 木材用コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど)、技術別(水性、従来型固形溶剤、高固形溶剤、粉体塗装、放射線硬化など)、エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他)
    本資料は、木材用コーティング剤の世界市場について調べ、木材用コーティング剤の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど)分析、エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・木材用コーティング剤の世界市場概要 ・木材用コーティング剤の世界市場環境 ・木材用コーティング剤の世界市場動向 ・木材用コーティング剤の世界市場規模 ・木材用コーティング剤の世界市場:市場シェア ・木材用コーティング剤の世界市場:樹脂種類別(ポリウレタン、ニトロセルロース、アクリル、不飽和ポリエステルなど) ・木材用コーティング剤の世界市場:技術別(水性、従来型固形溶剤、高固形溶剤、粉体塗装、放射線硬化など) ・木材用コーティング剤の世界市場:エンドユーズ別(家具、建具、フローリング、その他) ・木材用コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・木材用 …
  • 業務用調理器具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用調理器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用調理器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)の概要 ・術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 自動車軽量化の世界市場:技術、動向、展望
  • 高性能電動オートバイの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調べ、高性能電動オートバイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高性能電動オートバイの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ストリート、オフロード)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均35%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・高性能電動オートバイの市場状況 ・高性能電動オートバイの市場規模 ・高性能電動オートバイの市場予測 ・高性能電動オートバイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ストリート、オフロード) ・高性能電動オートバイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ストーマ/オストミ—(人工肛門)ケアの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ストーマ/オストミ—(人工肛門)ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、システム別分析、形状別分析、需要先別分析、ストーマ/オストミ—(人工肛門)ケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーカーシートの米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベビーカーシートの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーカーシートの米国市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 調味料ソースのアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • ナノセンサーの世界市場
    当調査レポートでは、ナノセンサーの世界市場について調査・分析し、ナノセンサーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ナノセンサーの世界市場:市場動向分析 - ナノセンサーの世界市場:競争要因分析 - ナノセンサーの世界市場:製品別 ・メカニカル・ナノセンサー ・生物ナノセンサー ・化学ナノセンサー - ナノセンサーの世界市場:技術別 ・ボトムアップ方式の組立 ・分子による自己組立 ・トップダウン方式のリソグラフィー - ナノセンサーの世界市場:エンドユーザー別 ・防衛および軍事 ・航空宇宙 ・環境モニタリング ・ヘルスケア ・食品管理 ・自動車 ・スポーツ ・その他 - ナノセンサーの世界市場:主要地域別分析 - ナノセンサーの北米市場規模(アメリカ市場等) - ナノセンサーのヨーロッパ市場規模 - ナノセンサーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ナノセンサーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 手術創感染(Surgical Wound Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における手術創感染(Surgical Wound Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、手術創感染(Surgical Wound Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・手術創感染(Surgical Wound Infections)の概要 ・手術創感染(Surgical Wound Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の手術創感染(Surgical Wound Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・手術創感染(Surgical Wound Infectio …
  • 世界のマイクロファイバー清掃布市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロファイバー清掃布市場2015について調査・分析し、マイクロファイバー清掃布の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パルスフラワーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パルスフラワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パルスフラワーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:ACC、HUD、TPMS、LDWS、死角検出、 アダプティブ・フロント・ライト、電子制御ブレーキ、パーク・アシスト、ナイトビジョン、歩行者検出、道路標識認識、眠気モニター
    当調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、センサー種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートフォン用イメージセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートフォン用イメージセンサー市場2015について調査・分析し、スマートフォン用イメージセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用P2Pコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場予測(~2023年)
    P2P CDNの世界市場は、2018年の13億米ドルから2023年には26億米ドルに達し、この期間中14.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。デジタル化とビデオCDNは、さまざまな企業で盛り上がりを見せています。 これを受けて、リアルタイムのビデオストリーミングソリューション向けのモバイルデバイスの採用が増加すると期待されています。 CDNは動画配信の主な方法です。 つまり、動画ストリーミングサービスが拡大することにより、商用P2P CDN市場の成長が後押されると考えられています。一方で、ネットワーク接続や動画ストリーミングの技術的な問題などにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、商用P2Pコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンテンツタイプ(ビデオと非ビデオ)分析、ソリューション(ウェブパフォーマンスの最適化、メディアデリバリ、クラウドセキュリティ)分析、サービス分析、エンドユーザーセグメント(消費者、ビジネス)分析、商用P2Pコンテ …
  • コイルドチュービング(CT)の世界市場予測:フリート別、サービス別、用途別
    MarketsandMarkets社は、コイルドチュービング(CT)の世界市場規模が2019年38億ドルから2024年54億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コイルドチュービング(CT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、フリート別(オペレーター、リージョン)分析、サービス別(ウェルインターベンション(ウェルコンプリーション&メカニカルオペレーション、ウェルクリーニング&ポンプオペレーション)、ドリルサービス)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、コイルドチュービング(CT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートウィンドウの世界市場:電気作動式スマートウィンドウ、環境作動式スマートウィンドウ
    当調査レポートでは、スマートウィンドウの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウィンドウの世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電子ビーム加工の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電子ビーム加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(溶接、表面処理、穴あけ)分析、産業別(自動車、航空宇宙及び防衛)分析、電子ビーム加工の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電子ビーム加工の世界市場規模が2019年181百万ドルから2024年212百万ドルまで年平均3.2%成長すると予測しています。
  • フランスの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 動物用感染症診断の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、動物用感染症診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別(免疫診断(ラテラルフローアッセイ、ELISA)、分子診断)分析、動物別(コンパニオン、農場)分析、病原体別(細菌、ウイルス、寄生虫)分析、エンドユーザー別(ラボ、病院、クリニック、PoC)分析、動物用感染症診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、動物用感染症診断の世界市場規模が2019年14億ドルから2024年22億ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。
  • リサイクル・プラスチックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リサイクル・プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リサイクル・プラスチックの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のカーボンナノチューブ(CNT)市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 医療用放射線遮蔽の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、医療用放射線遮蔽の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用放射線遮蔽市場規模、用途別(診断用、放射線治療用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用放射線遮蔽の世界市場概要 ・医療用放射線遮蔽の世界市場環境 ・医療用放射線遮蔽の世界市場動向 ・医療用放射線遮蔽の世界市場規模 ・医療用放射線遮蔽の世界市場:業界構造分析 ・医療用放射線遮蔽の世界市場:用途別(診断用、放射線治療用) ・医療用放射線遮蔽の世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用放射線遮蔽の北米市場規模・予測 ・医療用放射線遮蔽のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用放射線遮蔽のアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用放射線遮蔽の主要国分析 ・医療用放射線遮蔽の世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用放射線遮蔽の世界市場:成長要因、課題 ・医療用放射線遮蔽の世界市場:競争環境 ・医療用放射線遮蔽の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の医療用浴槽市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用浴槽市場2015について調査・分析し、医療用浴槽の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)
    本市場調査レポートではラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)分析、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ドイツの人材管理(HCM)ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドイツの人材管理(HCM)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドイツの人材管理(HCM)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートエアポートの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、スマートエアポートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、場所別分析、用途別分析、地域別分析、スマートエアポートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステビオシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のステビオシド市場2015について調査・分析し、ステビオシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • MEMS型発振器の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、MEMS型発振器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、バンド別分析、回路構成別分析、用途別分析、MEMS型発振器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 悪液質(Cachexia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における悪液質(Cachexia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、悪液質(Cachexia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・悪液質(Cachexia)の概要 ・悪液質(Cachexia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の悪液質(Cachexia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・悪液質(Cachexia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・悪液質(Cachexia)治療薬開発に取り組んでい …
  • 世界の尿素·過酸化水素市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿素·過酸化水素市場2015について調査・分析し、尿素·過酸化水素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 膣炎治療薬の世界市場:製品別(抗真菌薬、ホルモン、抗菌剤)、タイプ別(OTC、処方薬)、セグメント予測
    膣炎治療薬の世界市場は2025年には42億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.4%で成長すると予測されています。女性の意識レベルを向上させるための政府および非政府機関の積極的な取り組みにより、膣炎治療薬に対する需要は上昇しています。アルコール消費の増加もこの治療薬の需要を促進する要因と考えられています。米国の約530万人の女性が健康および生活において何らかの弊害に直面していると言われています。本調査レポートでは、膣炎治療薬の世界市場について調査・分析し、膣炎治療薬の世界市場動向、膣炎治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別膣炎治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 真空蒸着装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、真空蒸着装置の世界市場について調査・分析し、真空蒸着装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別真空蒸着装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、真空蒸着装置種類別分析()、真空蒸着装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・真空蒸着装置の市場概観 ・真空蒸着装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・真空蒸着装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・真空蒸着装置の世界市場規模 ・真空蒸着装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・真空蒸着装置のアメリカ市場規模推移 ・真空蒸着装置のカナダ市場規模推移 ・真空蒸着装置のメキシコ市場規模推移 ・真空蒸着装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・真空蒸着装置のドイツ市場規模推移 ・真空蒸着装置のイギリス市場規模推移 ・真空蒸着装置のロシア市場規模推移 ・真空蒸着装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・真空蒸着装置の日本市場規模推移 ・真 …
  • 荷敷用エアバッグの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、荷敷用エアバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、荷敷用エアバッグ市場規模、原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他)分析、包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製)分析、バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上)分析、エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:市場動向分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:競争要因分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:主要地域別分析 ・ 荷敷用エアバッグの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 荷敷 …
  • ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジカウイルス感染症レポート
    当調査レポートでは、ジカウイルス感染症治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・ジカウイルスの概要 ・ジカウイルス感染症の発生2015/2016 ・ジカウイルス感染症の検査・診断ツール ・ジカウイルス感染症ワクチン ・ジカウイルス発生の経済的・社会経済的な影響
  • 世界及び日本の回転式ハンマー市場2017-2022
  • クラウドストレージの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 軟体動物駆除剤の世界市場:メタルアルデヒド、メチオカルブ、リン酸鉄
    当調査レポートでは、軟体動物駆除剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソース別分析、種類別分析、使用方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 出退勤システム管理の世界市場:近接型カード、生体認証
    当調査レポートでは、出退勤システム管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、出退勤システム管理の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CNL SoftwarE、Qognify、Johnson Controls、Vidsys 等です。
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析:自動車用、航空機用、ウェアラブル
    本調査レポートでは、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場動向、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘッドアップディスプレイ(HUD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"