"有機ピープロテインの世界市場動向・予測(~2021)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-FB-4307)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"有機ピープロテインの世界市場動向・予測(~2021)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global market for organic pea protein has grown exponentially in the last few years. In terms of value, the market is projected to reach USD 18.5 Million by 2021, at a CAGR of around 12.0% from 2016 to 2021. Factors such as increasing demand for organic products, rising vegan population, government support for organic farming, and high nutritional profile of peas drives the organic pea protein market.
The organic pea protein market, based on type, is segmented into isolates, concentrates, textured. The isolates segment accounted for the largest market share in 2015. The concentrates segment is projected to grow at the highest CAGR during forecast period as they are significantly replacing protein from other sources.

The organic pea protein market, based on application, is segmented into nutritional supplements, beverages, meat extenders and analogs, snacks & bakery products, and others (infant formula, soups, and pastas). The nutritional supplements segment is projected to grow at the highest CAGR from 2016 to 2021, followed the by beverages segment. The high nutritional profile of peas as well as its allergen-free and GMO-free characteristics drives the market for organic pea protein in a wide range of food & beverage applications.

The organic pea protein market, based on form, is segmented into dry and liquid. Dry form is the most preferred in the global market due to due to its easy incorporation into nutritional supplements, meat extenders & analogs, and snacks & bakery products among other food products. It captured the largest market share in 2015 and is projected to grow at the highest CAGR from 2016 to 2021.

The organic pea protein market was dominated by North America in 2015. Europe is projected to be the fastest-growing market from 2016 to 2021. Economic growth and the shift of the preferences of the consumers towards value added food led to the market growth. In the European region, countries such as Germany, the U.K., France, and Italy have shown increment in the consumption rate of organic products which has in turn increased the demand for organic pea protein.

The raw material required for manufacturing organic pea protein is mainly organic pea; however, the cost of processing is increasing steadily which acts as a restraint for this market. Low consumer awareness about the health benefits and nutritional profile of organic pea protein as compared to other plant proteins such as soy protein is also a key restraint for the organic pea protein market, The market is dominated by players such Axiom Foods, Inc. (U.S.), The Scoular Company (U.S.), AIDP, Inc. (U.S.), World Food Processing, L.L.C (U.S.), Shaanxi Fuheng Biotechnology Co., Ltd (China), Farbest Brands (U.S.), The Green Labs LLC (U.S.), Phyto-Therapy Pty. Ltd. (Australia), Bioway (Xi’an) Organic Ingredients Co., Ltd. (China), and Zelang Group (China). Axiom Foods, Inc. is one the major players in the organic pea protein market. The company launched organic pea protein products through its natural and patent-process for organic food products. World Food Processing, L.L.C (U.S.) is also one of the leading manufacturers of organic pea protein. The company launched its organic pea protein and expanded the capacity of its U.S. manufacturing plant to serve the increasing demand of clean label, allergen-friendly, non-GMO, and organic ingredients.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"有機ピープロテインの世界市場動向・予測(~2021)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key data from primary sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Factor Analysis
2.2.1 Introduction
2.2.2 Overview of the Parent Industry
2.2.3 Demand-Side Analysis
2.2.3.1 Growth in Global Food & Beverage Industry
2.2.3.1.1 Emerging Applications of Plant Proteins in Food & Beverages Sector
2.2.3.2 Increase in Demand for Organic Food
2.2.4 Supply-Side Analysis
2.2.4.1 Regulatory Compliances for Organic Pea Protein Manufacturers
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Breakdown & Data Triangulation
2.5 Market Share Estimation
2.6 Research Assumptions
2.7 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 30)

4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in Organic Pea Protein Market
4.2 Isolates: Largest Type Segment for Organic Pea Protein Market
4.3 U.S.: Largest Organic Isolates Pea Protein Market
4.4 Organic Pea Protein Concentrates Market Growth, By Country, 2016–2021
4.5 Organic Pea Protein Market, By Application (USD Thousand)
4.6 Life Cycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Organic Pea Protein Market, By Type
5.2.2 Organic Pea Protein Market, By Form
5.2.3 Organic Pea Protein Market, By Application
5.2.4 Organic Pea Protein Market, By Brand
5.2.5 Organic Pea Protein Market, By Function
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Demand for Organic Products
5.3.1.2 Government Support for Organic Farming
5.3.1.3 Rising Vegan Population
5.3.1.4 High Nutritional Profile of Pea
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Low Consumer Awareness
5.3.2.2 Expensive Organic Protein
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Consumer Preference Towards Organic Food
5.3.3.2 Tapping the Emerging Markets
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Non-Certified Organic Food Sector

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Supply Chain Analysis
6.4 Porter’s Five Forces Analysis
6.4.1 Threat of New Entrants
6.4.2 Threat of Substitutes
6.4.3 Bargaining Power of Suppliers
6.4.4 Bargaining Power of Buyers
6.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Organic Pea Protein Market, By Type (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Isolates
7.3 Concentrates
7.4 Textured

8 Organic Pea Protein Market, By Form (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Dry
8.3 Liquid

9 Organic Pea Protein Market, By Application (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Meat Extenders & Analogs
9.3 Snacks & Bakery Products
9.4 Nutritional Supplements
9.5 Beverages
9.6 Other Applications

10 Organic Pea Protein Market, By Function (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 Texturing
10.3 Emulsification
10.4 Gelation
10.5 Stabilization
10.6 Others

11 Organic Pea Protein Market, By Brand (Page No. – 69)
11.1 Introduction
11.2 Veg-O-Tein Protein
11.3 Purispea Protein
11.4 Peasipro
11.5 Phyto-Therapy

12 Organic Pea Protein Market, By Region (Page No. – 71)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 U.S.
12.2.2 Canada
12.2.3 Mexico
12.3 Europe
12.3.1 U.K.
12.3.2 Germany
12.3.3 France
12.3.4 Italy
12.3.5 Rest of Europe
12.4 Asia-Pacific
12.4.1 China
12.4.2 Australia
12.4.3 Japan
12.4.4 Rest of Asia-Pacific
12.5 Rest of the World

13 Regulatory Framework (Page No. – 97)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.3 Europe
13.4 Asia-Pacific
13.5 Rest of the World (RoW)
13.6 Clinical Trials on Human Consumption of Pea Protein

14 Competitive Landscape (Page No. – 100)
14.1 Overview
14.2 Competitive Situation & Trends

15 Company Profiles (Page No. – 103)
(Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments)*
15.1 Introduction
15.2 Axiom Foods, Inc.
15.3 The Scoular Company
15.4 World Food Processing, L.L.C
15.5 AIDP, Incorporated
15.6 Shaanxi Fuheng (Fh) Biotechnology Co., Ltd
15.7 Farbest Brands
15.8 The Green Labs LLC
15.9 Phyto-Therapy Pty Ltd
15.10 Bioway (Xian) Organic Ingredients Co., Ltd.
15.11 Zelang Group

*Details on Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

16 Appendix (Page No. – 119)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
16.4 Available Customizations
16.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】有機ピープロテインの世界市場動向・予測(~2021)
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-FB-4307
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【キーワード】有機ピープロテイン、オーガニック食品、エンドウ豆、栄養サプリメント、飲料、菓子類、有機ピープロテイン用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
有機ピープロテインの世界市場動向・予測(~2021)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車シャーシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車シャーシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車シャーシの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジカウイルス感染症ワクチン市場:企業、M&A、投資、治験、規制、動向
  • 化粧品用顔料の世界市場予測:無機顔料、有機顔料
    当調査レポートでは、化粧品用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、成分別分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、化粧品用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用踏み台市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用踏み台市場2016について調査・分析し、医療用踏み台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、術中神経機能モニタリング(IONM)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分析室サービスの世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分析室サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、サービス別分析、地域別分析、分析室サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 古紙再生の世界市場:種類別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)、地域別予測
    本資料は、古紙再生の世界市場について調べ、古紙再生の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙)分析、用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・古紙再生の世界市場概要 ・古紙再生の世界市場環境 ・古紙再生の世界市場動向 ・古紙再生の世界市場規模 ・古紙再生の世界市場規模:タイプ別(段ボール、新聞、雑誌、白紙、混抄紙) ・古紙再生の世界市場規模:用途別(ラッピング用紙、印刷用紙、その他) ・古紙再生の世界市場:地域別市場規模・分析 ・古紙再生の北米市場規模・予測 ・古紙再生のアメリカ市場規模・予測 ・古紙再生のヨーロッパ市場規模・予測 ・古紙再生のアジア市場規模・予測 ・古紙再生の日本市場規模・予測 ・古紙再生の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • マレーシアの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • モーター及びドライブサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モーター及びドライブサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モーター及びドライブサービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ESD(静電気放電)パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ESD(静電気放電)パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ESD(静電気放電)パッケージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用慣性計測装置(IMU)センサー市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、製品別(MEMSジャイロスコープベース、FOGベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場概要 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場環境 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場動向 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場規模 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:製品別(MEMSジャイロスコープベース、FOGベース) ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用慣性計測装置( …
  • 扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の概要 ・扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の扁平上皮非小細胞肺癌(Squamous Non-Small Cell Lung Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 淋病検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)のフェーズ3治験薬の状況 ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)治療薬の市場規模(販売予測) ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)治療薬剤
  • 装甲材料の世界市場:金属、合金、セラミック、複合材、パラアミド繊維、UHMWPE、ガラス繊維
    当調査レポートでは、装甲材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラケット・ストリング機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のラケット・ストリング機械市場2015について調査・分析し、ラケット・ストリング機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 政府のICT投資の世界市場分析:ソリューション別(デバイス、ソフトウェア、ITサービス、データセンターシステム、通信サービス)、技術別(IoT、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、コンテンツ管理)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、政府のICT投資の世界市場について調査・分析し、政府のICT投資の世界市場動向、政府のICT投資の世界市場規模、市場予測、セグメント別政府のICT投資市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別 ・解析用ソフトウェア ・データマイニングとアーカイブ ・最適化用ソフトウェア ・可視化ソフトウェア - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:用途別 ・財務予測 ・ポートフォリオ管理 ・機械診断 ・詐欺検知 ・プロセスモデリングおよび工場の制御 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別 ・政府および防衛 ・エネルギーおよび公益事業 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・ヘルスケア ・工業生産 ・メディア ・小売および電子 …
  • RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場:コンポーネント別(光ケーブル、光増幅器、トランシーバー、光スイッチ、アンテナ)、用途別(通信、レーダー、ナビゲーション、ブロードキャスト、ブロードバンド)、周波数帯域別(L、S、C、X、KU、KA)、垂直産業別(民間、軍事)、地域別予測
    本資料は、RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場について調べ、RF-over-Fiber(RFoF)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(光ケーブル、光増幅器、トランシーバー、光スイッチ、アンテナ)分析、用途別(通信、レーダー、ナビゲーション、ブロードキャスト、ブロードバンド)分析、周波数帯域別(L、S、C、X、KU、KA)分析、垂直産業別(民間、軍事)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場概要 ・RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場環境 ・RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場動向 ・RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場規模 ・RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場規模:コンポーネント別(光ケーブル、光増幅器、トランシーバー、光スイッチ、アンテナ) ・RF-over-Fiber(RFoF)の世界市場規模:用途別(通信、レーダー、 …
  • メキシコの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 電着塗装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電着塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電着塗装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の圧迫療法機器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、圧迫療法機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・圧迫療法機器の概要 ・圧迫療法機器の開発動向:開発段階別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:セグメント別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:領域別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:規制Path別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別圧迫療法機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・圧迫療法機器の最近動向
  • 統合脅威管理(UTM)の世界市場見通し2016-2022:マネージドUTM、サポート&メンテナンス
    当調査レポートでは、統合脅威管理(UTM)の世界市場について調査・分析し、統合脅威管理(UTM)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:市場動向分析 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:競争要因分析 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の北米市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の欧州市場規模 ・統合脅威管理(UTM)のアジア市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • フィリピンのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 押出機械の世界市場2016-2020:単軸押出機械、二軸押出機械
    当調査レポートでは、押出機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、押出機械の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油樹脂の世界市場:脂肪族C5樹脂、芳香族C9樹脂、炭化水素樹脂
    当調査レポートでは、石油樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの心臓補助装置市場見通し
  • 使用済核燃料用乾式貯蔵キャスクの世界市場:市場規模、市場シェア、主要国分析
  • 持続血糖測定器(CGM)の北米市場
    本調査レポートでは、持続血糖測定器(CGM)の北米市場について調査・分析し、持続血糖測定器(CGM)の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 商用車の世界市場:製品別(バス・コーチ、LCV)、最終用途別(工業、鉱業、建設、物流)、セグメント予測
    商用車の世界市場は2025年には2兆2700億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、中国、インド、トルコなどの新興国のインフラ整備への支出の増加に相まって、都市化の加速化などが考えられます。一部のサプライヤーは、研究開発の向上に注力する一方、業務効率化の向上に努めており、市場成長を促進する上で重要な役割を果たすと期待されています。本調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場動向、商用車の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヨーロッパのスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、ヨーロッパのスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、ヨーロッパのスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 亜鉛鉱業の世界市場(~2020)
  • 環境配慮型建築材料の世界市場分析:製品別(構造、外装、内装、その他)、用途別(フレーミング、断熱、屋根、外装、内装仕上げ、その他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、環境配慮型建築材料の世界市場について調査・分析し、環境配慮型建築材料の世界市場動向、環境配慮型建築材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別環境配慮型建築材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マシンビジョンの世界市場:提供別、用途別(品質保証、測定、識別)、製品別(PCベース、スマートカメラベース)、最終用途別、セグメント予測
    マシンビジョンの世界市場は2025年には182億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.7%で成長すると予測されています。ネットワークインフラとスマートデバイスおよびデジタル化の急速な普及により、消費者、システムパフォーマンス、資産などのさまざまな情報にアクセスできるようになります。これは、市場の成長を促進する要因の1つになると考えられています。さらに、事業運営を強化し、パーソナル化されたサービスを提供するための位置データの需要が高まっていることも成長を後押しする要因です。本調査レポートでは、マシンビジョンの世界市場について調査・分析し、マシンビジョンの世界市場動向、マシンビジョンの世界市場規模、市場予測、セグメント別マシンビジョン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の概要 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のグルコシルセラミド合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 鉱業向け機械的駆動装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け機械的駆動装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB • Nidec• Siemens • SKF等です。
  • 食券・従業員給付ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食券・従業員給付ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食券・従業員給付ソリューション市場規模、用途別(職権、従業員給付)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場概要 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場環境 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場動向 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場規模 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:用途別(職権、従業員給付) ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食券・従業員給付ソリューションの北米市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのアジア太平洋市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションの主要国分析 ・食券・従業員給付ソリュー …
  • 高機能繊維の世界市場予測(~2021年):炭素繊維、アラミド繊維、PBI、PPS、ガラス繊維、セラミックス
    当調査レポートでは、高機能繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、高機能繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スピリッツ系RTDミックスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スピリッツ系RTDミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スピリッツ系RTDミックスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場分析
    本調査レポートでは、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場について調査・分析し、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場動向、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光アイソレーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光アイソレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光アイソレーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フライングカーの世界市場2018-2022
    ロサンゼルス、東京、ニューデリー、ロンドンなどの大都市では、交通渋滞の増加が避けられない状況です。交通渋滞は深刻な問題であり、特にインド、中国、ベトナムなどの都市ではこれまでにない都市交通量の増加とそれに伴う交通渋滞を経験しています。 2016年には、交通渋滞に関連する直接的費用と間接的費用の合計が、米国だけで約3,000億ドル近くに達しました。今後数十年になると、人口の増加や都市化の進展などにより、これらの数字は増加することが予想されます。その為、都市での渋滞と混雑の増加は、予測期間中のフライングカーの世界市場の成長を促進する見込みです。 主な分析対象企業は、PAL-V、AeroMobil、Carplane、TERRAFUGIA、Lilium、EHANGなどです。 当調査レポートでは、フライングカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フライングカー市場規模、製品別(フライングカー、旅客ドローン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手 …
  • 世界のHadoopビッグデータ解析市場規模・予測2017-2025:構成要素別(ソリューション、サービス)、用途別(セキュリティインテリジェンス、リスク・不正分析、IoT、サプライチェーン分析、カスタマー分析、オペレーショナルインテリジェンス)、業界別(BFSI、ICT、小売、製造、ヘルスケア、政府・防衛)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のHadoopビッグデータ解析市場について調査・分析し、世界のHadoopビッグデータ解析市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のHadoopビッグデータ解析関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インフルエンザ診断の世界市場分析:タイプ別(急性インフルエンザ診断試験[RIDT]、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応[RT-PCR]、細胞培養、その他 – 免疫蛍光、血清学)、エンドユーザー別(病院、研究所、POCT)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インフルエンザ診断の世界市場について調査・分析し、インフルエンザ診断の世界市場動向、インフルエンザ診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別インフルエンザ診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生体認証センサーの世界市場
    当調査レポートでは、生体認証センサーの世界市場について調査・分析し、生体認証センサーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ニキビ光線療法装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ光線療法装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ブルーライト療法装置、赤外線療法装置など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ光線療法装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ光線療法装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ光線療法装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ光線療法装置の企業別市場シェア ・ニキビ光線療法装置の世界市場規模:種類別(ブルーライト療法装置、赤外線療法装置) ・ニキビ光線療法装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ光線療法装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ光線療法装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ光線療法装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア …
  • 使い捨てIV製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨てIV製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨てIV製品市場規模、エンドユーザー別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Baxter, BD, Fresenius, ICU Medical, Smiths Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨てIV製品の世界市場概要 ・使い捨てIV製品の世界市場環境 ・使い捨てIV製品の世界市場動向 ・使い捨てIV製品の世界市場規模 ・使い捨てIV製品の世界市場:業界構造分析 ・使い捨てIV製品の世界市場:エンドユーザー別(病院、在宅医療、その他) ・使い捨てIV製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨てIV製品の北米市場規模・予測 ・使い捨てIV製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・使い捨てIV製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・使い捨てIV製品の主要国分析 ・使い捨てIV製品の世界市場:意思決定フレ …
  • スポーツアナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開モード別(オンプレミス、クラウド)、用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価)
    本市場調査レポートではスポーツアナリティクスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価)分析、地域別分析、競争状況に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スポーツアナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・スポーツアナリティクスの世界市場:展開モード別(オンプレミス、クラウド) ・スポーツアナリティクスの世界市場:用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価) ・スポーツアナリティクスの世界市場:地域別 ・競争状況
  • ニュージーランドの体外式除細動器市場見通し
  • カテプシンK阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカテプシンK阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カテプシンK阻害剤の概要 ・カテプシンK阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカテプシンK阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カテプシンK阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カテプシンK阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"