"眼科機器の世界市場:光干渉断層撮影(OCT)、眼底カメラ、検眼鏡、眼圧計、フォロプター、細隙灯、眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術、エキシマー・レーザー、フェムト秒レーザ、コンタクトレンズ"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-MD-2334)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"眼科機器の世界市場:光干渉断層撮影(OCT)、眼底カメラ、検眼鏡、眼圧計、フォロプター、細隙灯、眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術、エキシマー・レーザー、フェムト秒レーザ、コンタクトレンズ"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global ophthalmology devices market is estimated to reach USD 58.05 Billion by 2021, at a CAGR of 3.7% during the forecast period. This growth in aging population and related increase in the eye diseases is a key factor driving the global ophthalmology devices market. The lower adoption of phacoemulsification devices and premium intra ocular lenses (IOLs) in the emerging regions represents a huge untapped market opportunity. However, uncertainty in reimbursement structure forms a major restraint for this market. In addition, lack of awareness and accessibility to eye care in developing countries poses a significant challenge to market growth.
In this report, the market is segmented on the basis of product type and regions. The research report discusses key market drivers, restraints, opportunities, and challenges in the global ophthalmology devices market and its submarkets.

Based on product type, the market is segmented into diagnostic & monitoring devices, surgical devices, and vision care devices. The vision care devices segment accounted for the largest share of the ophthalmology devices market in 2015, and is expected to grow at a CAGR of 2.8% during the forecast period. Technological advancements in lens materials, increasing aging population, and growing awareness about eyesight correction are driving market growth in this segment.

Based on diagnostic & monitoring devices, the ophthalmology devices market is segmented into the optical coherence tomography scanners, ophthalmic ultrasound imaging systems, Fundus cameras, ophthalmoscopes, retinoscopes, wavefront aberrometers, corneal topoghaphers, autorefractors/phoropters, keratometers, specular microscopes, perimeters/visual field analyzers, tonometers, and slit lamps. The optical coherence tomography (OCT) scanners segment accounted for the largest share of the ophthalmology diagnostic and monitoring devices market in 2015. The large share of this segment can be attributed to the several technological advancements in OCTs, such as ultrahigh resolution and eye tracking and combination of OCT scanners with a scanning laser ophthalmoscope (SLO).

In this report, the global ophthalmology devices market is studied at regional and country levels. In 2015, North America represented the largest regional market, followed by Europe. Although, North America will continue to dominate the global ophthalmology devices market during the forecast period, the Asia-Pacific region is expected to register the highest market growth in the coming years. A majority of the growth in this region is driven by the growing population in countries like China and India, rapid growth in geriatric population, improving healthcare infrastructure, growing per capita income, and rising focus of key market players on this region.

The major players in the global ophthalmology devices market are Alcon Inc. (Switzerland), Essilor International S.A. (France), Johnson & Johnson (U.S.), Abbott Medical Optics Inc. (U.S.), Bausch & Lomb, Inc. (U.S.), Haag-Streit AG (Switzerland), Topcon Corporation (Japan), Carl Zeiss Meditec AG (Germany), Nidek Co. Ltd. (Japan), and Ziemer Ophthalmic Systems AG (Switzerland).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"眼科機器の世界市場:光干渉断層撮影(OCT)、眼底カメラ、検眼鏡、眼圧計、フォロプター、細隙灯、眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術、エキシマー・レーザー、フェムト秒レーザ、コンタクトレンズ"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Ophthalmology Devices Market Definition
1.3 Ophthalmology Devices Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Ophthalmology Devices Market Size Estimation
2.3 Ophthalmology Devices Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Ophthalmology Devices Market Share Estimation
2.5 Assumptions for the Study

3 Executive Summary (Page No. – 32)

4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Growth Potential of the Ophthalmology Devices Market
4.2 Asia-Pacific: Ophthalmology Devices Market
4.3 Ophthalmology Devices Market: Geographic Snapshot
4.4 Geographic Mix: Ophthalmology Devices Market
4.5 Ophthalmology Devices Market: Emerging vs. Developed Markets

5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Ophthalmology Devices Market Segmentation
5.3 Ophthalmology Devices Market Dynamics
5.3.1 Ophthalmology Devices Market Drivers
5.3.1.1 Rapid Growth in the Geriatric Population
5.3.1.2 Rising Prevalence of Eye Diseases and Diabetes
5.3.1.2.1 Cataracts
5.3.1.2.2 Glaucoma
5.3.1.2.3 Obesity and Diabetes
5.3.1.2.4 Age-Related Macular Degeneration (AMD)
5.3.1.3 Technological Advancements in Ophthalmic Devices
5.3.2 Market Restraints
5.3.2.1 Poor Primary Healthcare Infrastructure and Lack of Healthcare Insurance in Developing Countries
5.3.2.2 Uncertainty in Reimbursement Structure
5.3.3 Ophthalmology Devices Market Opportunities
5.3.3.1 Lower Adoption of Phacoemulsification Devices and Premium IOLs in Emerging Regions Represents A Huge Market Opportunity
5.3.3.2 Untapped Emerging Markets Present Significant Growth Opportunities
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Awareness and Low Accessibility to Eye Care in Developing Countries

6 Industry Insights (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Industry Trends
6.2.1 Use of Femtosecond Lasers in Cataract Surgery
6.2.2 Shift From Spectacles to Contact Lenses
6.3 Pricing Analysis
6.4 Regulatory Analysis
6.4.1 North America
6.4.1.1 U.S.
6.4.1.2 Canada
6.4.2 Europe
6.4.3 Asia-Pacific
6.4.3.1 Japan
6.4.3.2 China
6.4.3.3 India

7 Global Ophthalmology Devices Market, By Product (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Diagnostic and Monitoring Devices
7.2.1 Optical Coherence Tomography Scanners
7.2.2 Ophthalmic Ultrasound Imaging Systems
7.2.2.1 Ophthalmic A-Scan Biometers
7.2.2.2 Ophthalmic B-Scan Ultrasound
7.2.2.3 Ophthalmic UBM Ultrasound
7.2.2.4 Ophthalmic Pachymeters
7.2.3 Fundus Cameras
7.2.4 Ophthalmoscopes
7.2.5 Retinoscopes
7.2.6 Wavefront Aberrometers
7.2.7 Corneal Topography
7.2.8 Autorefractors/Phoropters
7.2.9 Keratometers
7.2.10 Specular Microscopes
7.2.11 Perimeters/Visual Field Analyzers
7.2.12 Tonometers
7.2.13 Slit Lamps
7.3 Ophthalmology Surgery Devices
7.3.1 Cataract Surgery Devices
7.3.1.1 Intraocular Lenses (IOLs)
7.3.1.2 Ophthalmic Viscoelastic Devices (OVDs)
7.3.1.3 Phacoemulsification Devices
7.3.2 Glaucoma Surgery Devices
7.3.2.1 Glaucoma Drainage Devices (GDDS)
7.3.2.2 Glaucoma Stents and Implants
7.3.2.3 Glaucoma Lasers
7.3.2.4 Glaucoma Systems
7.3.3 Refractive Surgery Devices
7.3.3.1 Excimer Lasers
7.3.3.2 Microkeratomes
7.3.3.3 Femtosecond Lasers
7.3.4 Vitreoretinal Surgery Devices
7.3.4.1 Vitrectomy Machines & Packs
7.3.4.2 Photocoagulation Lasers
7.3.4.3 Illumination Devices
7.3.4.4 Vitreoretinal Accessories
7.4 Vision Care
7.4.1 Contact Lenses
7.4.2 Spectacles

8 Ophthalmology Devices Market, By Region (Page No. – 120)
8.1 Introduction
8.2 North America Ophthalmology Devices Market
8.2.1 U.S.
8.2.2 Canada
8.3 Europe Ophthalmology Devices Market
8.3.1 Germany
8.3.2 France
8.3.3 U.K.
8.3.4 Italy
8.3.5 Spain
8.3.6 Rest of Europe (RoE)
8.4 Asia-Pacific (APAC) Ophthalmology Devices Market
8.4.1 Japan
8.4.2 China
8.4.3 India
8.4.4 Rest of Asia-Pacific (RoAPAC)
8.5 Latin America Ophthalmology Devices Market
8.5.1 Brazil
8.5.2 Mexico
8.5.3 Rest of Latin America (RoLA)
8.6 Middle East and Africa Ophthalmology Devices Market

9 Competitive Landscape (Page No. – 211)
9.1 Overview
9.2 Ophthalmology Devices Market Share Analysis
9.2.1 Ophthalmology Diagnostic and Monitoring Devices Market
9.2.1.1 Optical Coherence Tomography (OCT) Scanners
9.2.1.2 Ophthalmic Ultrasound Imaging Systems
9.2.1.3 Fundus Cameras
9.2.1.4 Ophthalmoscopes & Retinoscopes
9.2.1.5 Specular Microscopes
9.2.1.6 Visual Field Analyzers (Perimeters)
9.2.1.7 Tonometers
9.2.1.8 Slit Lamps
9.2.1.9 Wavefront Aberrometers
9.2.1.10 Corneal Topographers
9.2.1.11 Autorefractors/Phoropters
9.2.1.12 Keratometers
9.2.2 Ophthalmology Surgical Devices Market
9.2.2.1 Cataract Surgery Devices Market
9.2.2.2 Refractive Surgery Devices Market
9.2.2.3 Vitreoretinal Surgery Devices Market
9.2.3 Vision Care
9.3 Competitive Situation and Trends
9.4 New Product Launches
9.5 Agreements, Partnerships, and Collaborations
9.6 Mergers and Acquisitions
9.7 Expansions

10 Company Profiles (Page No. – 234)
(Overview, Financial*, Products & Services, Strategy, and Developments)
10.1 Abbott Medical Optics, Inc.
10.2 Alcon, Inc.
10.3 Bausch & Lomb, Inc.
10.4 Carl Zeiss Meditec AG
10.5 Essilor International S.A.
10.6 Johnson & Johnson
10.7 HAAG-Streit Group
10.8 Nidek Co., Ltd.
10.9 Topcon Corporation
10.10 Ziemer Ophthalmic Systems AG

*Details Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

11 Appendix (Page No. – 271)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Other Developments, January 2013–March 2016
11.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.5 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
11.6 Available Customizations
11.7 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】眼科機器の世界市場:光干渉断層撮影(OCT)、眼底カメラ、検眼鏡、眼圧計、フォロプター、細隙灯、眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術、エキシマー・レーザー、フェムト秒レーザ、コンタクトレンズ
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-MD-2334
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】眼科機器、眼科装置、医療機器、光干渉断層撮影(OCT)、眼底カメラ、検眼鏡、眼圧計、フォロプター、細隙灯、眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術、エキシマー・レーザー、フェムト秒レーザ、コンタクトレンズ、眼科診断装置、眼科検査機器、眼科手術、網膜鏡、誤差測定器、角膜計、市場シェア
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
眼科機器の世界市場:光干渉断層撮影(OCT)、眼底カメラ、検眼鏡、眼圧計、フォロプター、細隙灯、眼内レンズ(IOL)、超音波水晶体乳化吸引術、エキシマー・レーザー、フェムト秒レーザ、コンタクトレンズについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)のフェーズ3治験薬の状況 ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬の市場規模(販売予測) ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬剤
  • 医療過誤賠償責任保険の世界市場:種類別(D&O保険、E&O保険)、補償範囲別(100万ドル未満、100万~500万ドル、500万ドル~2,000万ドル、2,000万ドル超)、地域別予測
    本資料は、医療過誤賠償責任保険の世界市場について調べ、医療過誤賠償責任保険の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(D&O保険、E&O保険)分析、補償範囲別(100万ドル未満、100万~500万ドル、500万ドル~2,000万ドル、2,000万ドル超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはChubb (ACE)、Hiscox、Allianz、Tokio Marine Holdings、XL Group、AXA、Travelers、Assicurazioni Generali、Doctors Company、Marsh & McLennan、Liberty Mutual、Medical Protective、Aviva、Zurich、Sompo Japan Nipponkoa、Munich Re、Aon、Beazley、Mapfre、Physicians Insurance、Old Republic Insurance Companyなどです。 ・イントロダクション ・エグ …
  • データレイクの世界市場:データ・ディレクトリー、データ統合、データレイク分析、データ可視化
    当調査レポートでは、データレイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、業務機能別分析、サービス別分析、導入方式別分析、データレイクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型データセンターの世界市場2017-2021:マイクロデータセンター、コンテナ型データセンタ
    当調査レポートでは、小型データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小型データセンターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 協力ロボットの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、協力ロボットの世界市場について調査・分析し、協力ロボットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・協力ロボットの世界市場規模:用途別分析 ・協力ロボットの世界市場規模:ペイロード容量別分析 ・協力ロボットの世界市場規模:産業別分析 ・協力ロボットの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・協力ロボットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 仕事量スケジューリングソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、仕事量スケジューリングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライフスタイル分析、仕事量スケジューリングソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入形態別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの関節鏡検査装置市場見通し
  • 次世代シーケンシング(NGS)データ解析の世界市場分析:製品別(サービス、NGSコマーシャルソフトウェア、プラットフォームOS / UI、分析ソフトウェア、QC /前処理ツール、DNAシーケンシング、タンパク質シーケンシング、RNAシーケンシングアライメントツール)、ワークフロー別(第二次、第三、読み取りマッピング、呼び出し、検出、アプリケーション特有のデータ分析、標的化二亜硫酸塩、エクソーム、RNA配列決定、全ゲノム配列決定、チップ配列決定、経路分析)、エンドユーザー別、セグメント予測
    本調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)データ解析の世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシング(NGS)データ解析の世界市場動向、次世代シーケンシング(NGS)データ解析の世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング(NGS)データ解析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 信号発生器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、信号発生器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、信号発生器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤の概要 ・選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 作業服&ユニフォームの世界市場:種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム)、用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業、エアライン産業、農業&山林業、その他)、地域別予測
    本資料は、作業服&ユニフォームの世界市場について調べ、作業服&ユニフォームの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム)分析、用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業、エアライン産業、農業&山林業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSchneider Electric、EATON、Emerson、Activepower、S&C、ABB、Socomec、Toshiba、Gamatronic、Kehua、KSTARなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・作業服&ユニフォームの世界市場概要 ・作業服&ユニフォームの世界市場環境 ・作業服&ユニフォームの世界市場動向 ・作業服&ユニフォームの世界市場規模 ・作業服&ユニフォームの世界市場規模:種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム) ・作業服&ユニフォームの世界市場規模:用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業 …
  • ボトルウォーターの世界市場:製品別(精製水、ミネラルウォーター、スプリングウォーター、スパークリングウォーター)、セグメント予測
    ボトルウォーターの世界市場は2025年には2151億2000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.4%で成長すると予測されています。炭酸飲料と比較して健康上の利益が高く、栄養的な有用性が付加されているため、より高い成長が見込まれています。さらに、この市場の成長を促す要因として、1人当たり支出の増加や急速に進む都市化なども考えられます。本調査レポートでは、ボトルウォーターの世界市場について調査・分析し、ボトルウォーターの世界市場動向、ボトルウォーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別ボトルウォーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シンガポールの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 乗用車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、乗用車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乗用車市場規模、車両種類別(セダン・ヒッチバック、SUV・クロスオーバー、MPV・バン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・乗用車の世界市場概要 ・乗用車の世界市場環境 ・乗用車の世界市場動向 ・乗用車の世界市場規模 ・乗用車の世界市場:業界構造分析 ・乗用車の世界市場:車両種類別(セダン・ヒッチバック、SUV・クロスオーバー、MPV・バン) ・乗用車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・乗用車のアメリカ市場規模・予測 ・乗用車のヨーロッパ市場規模・予測 ・乗用車のアジア市場規模・予測 ・乗用車の主要国分析 ・乗用車の世界市場:意思決定フレームワーク ・乗用車の世界市場:成長要因、課題 ・乗用車の世界市場:競争環境 ・乗用車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 大判セラミックパネルの世界市場:用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ)、厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上)、地域別予測
    本資料は、大判セラミックパネルの世界市場について調べ、大判セラミックパネルの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ)分析、厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGranitifiandre、Laminam Spa、Levantina、ABK Group、Florim、RAK Ceramicsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・大判セラミックパネルの世界市場概要 ・大判セラミックパネルの世界市場環境 ・大判セラミックパネルの世界市場動向 ・大判セラミックパネルの世界市場規模 ・大判セラミックパネルの世界市場規模:用途別(床材、内壁、外壁、カウンタートップ) ・大判セラミックパネルの世界市場規模:厚さ別(3mm以下、5~9mm、9.1~12mm、20mm以上) ・大判セラミックパネルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・大判セラミックパネルの北米市場規模 …
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)市場規模、用途別(軍事・航空、トレーニング・シュミレーション、その他)分析、最終用途別(防衛、産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場概要 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場環境 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場動向 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:業界構造分析 ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:用途別(軍事・航空、トレーニング・シュミレーション、その他) ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:最終用途別(防衛、産業) ・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘッドマウントディスプレイ(H …
  • 低血圧(Hypotension):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低血圧(Hypotension)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低血圧(Hypotension):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低血圧(Hypotension)のフェーズ3治験薬の状況 ・低血圧(Hypotension)治療薬の市場規模(販売予測) ・低血圧(Hypotension)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低血圧(Hypotension)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低血圧(Hypotension)治療薬剤
  • デジタル出版の世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「デジタル出版の世界市場2020-2024」は、デジタル出版について市場概要、市場規模、種類別(テキストコンテンツ、ビデオコンテンツ、オーディオコンテンツ)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デジタル出版の世界市場:種類別(テキストコンテンツ、ビデオコンテンツ、オーディオコンテンツ) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ケーブルタイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ケーブルタイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルタイ市場規模、材料別(金属、プラスチック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, ABB, CODA RESOURCES, Power Product.などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケーブルタイの世界市場概要 ・ケーブルタイの世界市場環境 ・ケーブルタイの世界市場動向 ・ケーブルタイの世界市場規模 ・ケーブルタイの世界市場:業界構造分析 ・ケーブルタイの世界市場:材料別(金属、プラスチック) ・ケーブルタイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケーブルタイの北米市場規模・予測 ・ケーブルタイのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ケーブルタイのアジア太平洋市場規模・予測 ・ケーブルタイの主要国分析 ・ケーブルタイの世界市場:意思決定フレームワーク ・ケーブルタイの世界市場:成長要因、課題 ・ケーブルタイの世界市場:競争環境 ・ケーブルタイの世界 …
  • 商用車用燃料タンクの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、商用車用燃料タンクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用車用燃料タンク市場規模、用途別(小型商用車(LCV)、中・大型商用車(M&HCV))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用車用燃料タンクの世界市場概要 ・商用車用燃料タンクの世界市場環境 ・商用車用燃料タンクの世界市場動向 ・商用車用燃料タンクの世界市場規模 ・商用車用燃料タンクの世界市場:業界構造分析 ・商用車用燃料タンクの世界市場:用途別(小型商用車(LCV)、中・大型商用車(M&HCV)) ・商用車用燃料タンクの世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用車用燃料タンクの北米市場規模・予測 ・商用車用燃料タンクのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商用車用燃料タンクのアジア太平洋市場規模・予測 ・商用車用燃料タンクの主要国分析 ・商用車用燃料タンクの世界市場:意思決定フレームワーク ・商用車用燃料タンクの世界市場:成長要因、課題 ・商用車用 …
  • 世界のCNC工作機械市場2016
    本調査レポートでは、世界のCNC工作機械市場2016について調査・分析し、CNC工作機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インターネット広告支出の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターネット広告支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターネット広告支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はインターネット広告支出の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Facebook• Google• LinkedIn• Twitter等です。
  • 咽頭癌治療法の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、咽頭癌治療法の世界市場について調べ、咽頭癌治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、咽頭癌治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は咽頭癌治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・咽頭癌治療法の市場状況 ・咽頭癌治療法の市場規模 ・咽頭癌治療法の市場予測 ・咽頭癌治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・咽頭癌治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ロシアの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場2014-2025:用途別(注射、テキスタイル、フィルム)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)
    本調査レポートでは、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場動向、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリプロピレン(PP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 美容整形外科の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、美容整形外科の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美容整形外科の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 強化ガラスの世界市場分析:用途別(自動車、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、強化ガラスの世界市場について調査・分析し、強化ガラスの世界市場動向、強化ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別強化ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 美容液(セラム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、美容液(セラム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美容液(セラム)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心ペースメーカーの世界市場
    当調査レポートでは、心ペースメーカーの世界市場について調査・分析し、心ペースメーカーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アジアの大腸がん治療薬市場
    当調査レポートでは、アジアの大腸がん治療薬市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、アジアの大腸がん治療薬市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スノースポーツウェアの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スノースポーツウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スノースポーツウェア市場規模、製品別(アルペンスキー、スノーボード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スノースポーツウェアの世界市場概要 ・スノースポーツウェアの世界市場環境 ・スノースポーツウェアの世界市場動向 ・スノースポーツウェアの世界市場規模 ・スノースポーツウェアの世界市場:業界構造分析 ・スノースポーツウェアの世界市場:製品別(アルペンスキー、スノーボード) ・スノースポーツウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スノースポーツウェアの北米市場規模・予測 ・スノースポーツウェアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スノースポーツウェアのアジア太平洋市場規模・予測 ・スノースポーツウェアの主要国分析 ・スノースポーツウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・スノースポーツウェアの世界市場:成長要因、課題 ・スノースポーツウェアの …
  • 離型剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、離型剤の世界市場規模が2017年15.7億ドルから2026年28.9億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、離型剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、離型剤市場規模、種類別(溶剤型離型剤、水性離型剤、その他の種類)分析、製品別(内部離型剤、半永久離型剤、外部離型剤)分析、用途別(ゴム成形、プラスチック成形、ウッドコンポジット・パネルプレス、ダイカスト、コンクリート)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 離型剤の世界市場:市場動向分析 ・ 離型剤の世界市場:競争要因分析 ・ 離型剤の世界市場:種類別(溶剤型離型剤、水性離型剤、その他の種類) ・ 離型剤の世界市場:製品別(内部離型剤、半永久離型剤、外部離型剤) ・ 離型剤の世界市場:用途別(ゴム成形、プラスチック成形、ウッドコンポジット・パネルプレス、ダイカスト、コンクリート) ・ 離型剤の世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • 鉄道保守用機械の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉄道保守用機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道保守用機械の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉄道保守用機械の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCRCC High-Tech Equipment、Harsco、Loram Maintenance of Way、Plasser & Theurer、ROBEL Bahnbaumaschinen、Speno等です。
  • ワイヤレスセンサーネットワーク向けエネルギーハーべスティング装置の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ワイヤレスセンサーネットワーク向けエネルギーハーべスティング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、センサー別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲殻類の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、甲殻類の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、甲殻類の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジュレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のジュレン市場2016について調査・分析し、ジュレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シャワーヘッド及びパネルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シャワーヘッド及びパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シャワーヘッド及びパネルの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分娩(Labor And Delivery):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における分娩(Labor And Delivery)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、分娩(Labor And Delivery)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・分娩(Labor And Delivery)の概要 ・分娩(Labor And Delivery)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の分娩(Labor And Delivery)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・分娩(Labor And Delivery)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 鉄道枕木供給の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉄道枕木供給の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道枕木供給市場規模、材料種類別(コンクリート、材木、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Koppers, L.B. Foster Company, Stella-Jones, TieTek, Vosslohなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道枕木供給の世界市場概要 ・鉄道枕木供給の世界市場環境 ・鉄道枕木供給の世界市場動向 ・鉄道枕木供給の世界市場規模 ・鉄道枕木供給の世界市場:業界構造分析 ・鉄道枕木供給の世界市場:材料種類別(コンクリート、材木、その他) ・鉄道枕木供給の世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉄道枕木供給の北米市場規模・予測 ・鉄道枕木供給のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・鉄道枕木供給のアジア太平洋市場規模・予測 ・鉄道枕木供給の主要国分析 ・鉄道枕木供給の世界市場:意思決定フレームワーク ・鉄道枕木供給の世界市場:成長要因 …
  • 患者用加温装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、患者用加温装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、患者用加温装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのオフィス用品市場
    当調査レポートでは、アメリカのオフィス用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオフィス用品市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電の世界市場:薄膜、モノSi&マルチSi
    当調査レポートでは、太陽光発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、技術別(薄膜、モノラルSi、マルチSi)分析、システム別(高濃度太陽光発電(HCPV)、低濃度太陽光発電(LCPV))分析、用途別(産業、住宅、商業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・太陽光発電の世界市場:技術別(薄膜、モノラルSi、マルチSi) ・太陽光発電の世界市場:システム別(高濃度太陽光発電(HCPV)、低濃度太陽光発電(LCPV)) ・太陽光発電の世界市場:用途別(産業、住宅、商業) ・太陽光発電の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 抗菌性包装の世界市場2016-2020:抗菌性プラスチック包装、抗菌性バイオポリマー包装、抗菌性板紙包装
    当調査レポートでは、抗菌性包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗菌性包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ランタイムアプリケーションセルフプロテクション(RASP)の世界市場分析・予測
  • 軍事用外骨格(エクソスケルトンスーツ)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用外骨格(エクソスケルトンスーツ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用外骨格(エクソスケルトンスーツ)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 超音波流量計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波流量計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 超音波流量計は、管内の流体を測定するためにソナーまたはレーダー走査などの超音波技術を採用しています。流量計に組み込まれたネットワーク化通信プロトコルにより、流量計の作動を分析し、重要な情報をエンドユーザーに送信します。これらの流量計は、石油化学産業、石油・ガス産業、化学産業などのエンドユーザー産業における天然ガスの管理輸送において広く使われています。Technavio社は超音波流量計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Emerson• Endress+Hauser• General Electric (GE)• KROHNE• Siemens等です。
  • Nav1.3遮断薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNav1.3遮断薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Nav1.3遮断薬の概要 ・Nav1.3遮断薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のNav1.3遮断薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Nav1.3遮断薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Nav1.3遮断薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のペデスタル・ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のペデスタル・ポンプ市場2015について調査・分析し、ペデスタル・ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)治療薬剤
  • 世界の高分子電解質膜市場2016
    本調査レポートでは、世界の高分子電解質膜市場2016について調査・分析し、高分子電解質膜の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"