"特殊任務航空機の世界市場予測(~2020)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-TC-4300)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"特殊任務航空機の世界市場予測(~2020)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global special mission aircraft market is projected to grow from USD 10.49 Billion in 2015 to USD 12.49 Billion by 2020, at a CAGR of 3.5% from 2015 to 2020. Economic development and geopolitical instability in varied regions has resulted in increasing the defense spending in order to modernize defense mechanisms to protect borders from external as well as internal threats. This is expected to fuel the growth of the market in the coming years. The demand for special mission aircraft is anticipated to be driven further by territorial disputes, internal as well external security threats, and modernization initiatives undertaken by governments across the globe.
The scope of this report covers the special mission aircraft market by application, operation, and region. By application, the intelligence surveillance and reconnaissance (ISR) segment accounted for the largest share in 2015, and is expected to lead the market from 2015 to 2020. This growth is mainly attributed to the increasing use of ISR to discover marine oil spills as well as assess the location, extent, and severity of spills.

In terms of operation, the air force segment accounted for the largest share of the global special mission aircraft market in 2015, followed by the naval and army segments. The U.S. Air Force is the most powerful airforce worldwide that holds approximately 757 special mission aircraft, followed by Japan, China, Russia, and India. Japan and China accounted for 132 and 131 special mission aircrafts, respectively.

Among all regions, North America accounted for the largest share of the global special mission aircraft market. This growth is mainly propelled by the high dependence of the U.S. military forces on its airborne assets in order to perform a wide range of missions. Rising insurgencies are further driving the market, especially in the Asia-Pacific, Africa, and the Middle East regions. There are several opportunities for new entrants in the emerging economies of China, India, UAE, and Israel. However, decrease in defense budget of the American and European countries acts as a restraining factor for the global market.

Major players operating in the global special mission aircraft market include Boeing (U.S.), Bombardier Inc. (Canada), Northrop Grumman Corporation (U.S.), Lockheed Martin Corporation (U.S.), and Israel Aerospace Industries Ltd. (Israel), among others.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"特殊任務航空機の世界市場予測(~2020)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Year Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Market
4.2 Market – Top Application, By Region
4.3 Global Special Mission Aircraft Market
4.4 Market Potential
4.5 Market, By Operation
4.6 Lifecycle Analysis, By Region (2015)

5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Application
5.2.2 By Operation
5.2.3 By Country
5.2.4 By Region
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Rising Terrorism and Insurgencies Due to Conflict
5.3.1.2 Increase in Defense Spending of Developing Nations
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Decrease in Defense Budget in American and European Countries
5.3.3 Opportunity
5.3.3.1 EW Counter Measure System Development in Aircrafts
5.3.3.2 Counter Measures for Remote Controlled Improvised Explosive Devices (RCIEDs)
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Skilled and Trained Pilots
5.4 Value Chain Analysis
5.4.1 Key Influencers
5.5 Industry Trends
5.6 Technology Trends
5.6.1 Gallium Nitride: A Pivotal Technology in EW
5.6.2 Portable Jammers

6 Special Mission Aircraft Market, By Operation (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Market in Airforce
6.3 Market in Airforce, By Country
6.4 Market in Naval
6.5 Market in Army

7 Special Mission Aircraft Market, By Application (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Special Mission Aircraft Isr Market
7.3 Special Mission Aircraft Maritime Patrol, Anti-Surface Warfare & Anti-Submarine Warfare Market
7.4 Special Mission Aircraft Electronic Warfare Market
7.5 Special Mission Aircraft Airborne Early Warning & Control Market
7.6 Special Mission Aircraft Search & Rescue Market
7.7 Special Mission Aircraft Electronics/Signals Intelligence Market
7.8 Special Mission Aircraft Air Refueling Market

8 Geographic Analysis (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States (U.S.)
8.2.2 Canada
8.2.3 Trinidad & Tobago
8.3 Asia-Pacific
8.3.1 China
8.3.2 Japan
8.3.3 India
8.3.4 Indonesia
8.3.5 Others
8.4 Europe
8.4.1 Greece
8.4.2 Russia
8.4.3 France
8.4.4 Others
8.5 Latin America
8.5.1 Argentina
8.5.2 Mexico
8.5.3 Colombia
8.5.4 Others
8.6 Middle East & Africa
8.6.1 Israel
8.6.2 Iraq
8.6.3 Egypt
8.6.4 Others

9 Competitive Landscape (Page No. – 91)
9.1 Overview
9.2 Competitive Situation and Trends
9.3 Contracts
9.4 New Product Launches
9.5 Agreements
9.6 Joint Ventures

10 Company Profiles (Page No. – 96)
10.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, Ratio Analysis, MnM View)*
10.2 Northrop Grumman
10.3 SAAB AB
10.4 Lockheed Martin Corporation
10.5 Textron Inc.
10.6 Israel Aerospace Industry Ltd. (IAI)
10.7 Boeing
10.8 Bombardier

*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

11 Appendix (Page No. – 117)
11.1 Customization Options
11.1.1 Product Portfolio Analysis
11.1.2 Region Level Data Analysis
11.1.3 Product Comparison of Various Competitors
11.1.4 Trade Analysis
11.2 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】特殊任務航空機の世界市場予測(~2020)
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-TC-4300
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】特殊任務航空機、軍用機、空軍、海軍、陸軍、防
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
特殊任務航空機の世界市場予測(~2020)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のバックホウローダ市場2015
    本調査レポートでは、世界のバックホウローダ市場2015について調査・分析し、バックホウローダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプラズマ滅菌装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラズマ滅菌装置市場2015について調査・分析し、プラズマ滅菌装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アフターサンケア製品の世界市場:プライスポイント別(マスアフターサン、プレミアムアフターサン)、フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他)、流通経路別(小売薬局、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース)
    当調査レポートでは、アフターサンケア製品の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、プライスポイント別分析、フォーム別分析、流通経路別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・市場動向 ・アフターサンケア製品の世界市場:プライスポイント別(マスアフターサン、プレミアムアフターサン)、フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他) ・アフターサンケア製品の世界市場:フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他) ・アフターサンケア製品の世界市場:流通経路別(小売薬局、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース) ・アフターサンケア製品の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(小売、小売以外)
    本資料は、ビーコン管理ソフトウェアの世界市場について調べ、ビーコン管理ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場概要 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場環境 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場動向 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場規模 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(小売、小売以外) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビーコン管理ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアの日本市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェア …
  • ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘルスケアBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフミン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のフミン酸市場2016について調査・分析し、フミン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 発ぽうセラミックの世界市場:炭化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、その他
    当調査レポートでは、発ぽうセラミックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、発ぽうセラミック市場規模、種類別(炭化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Drache, LANIK, Porvair, Saint-Gobain, Vesuviusなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・発ぽうセラミックの世界市場概要 ・発ぽうセラミックの世界市場環境 ・発ぽうセラミックの世界市場動向 ・発ぽうセラミックの世界市場規模 ・発ぽうセラミックの世界市場:業界構造分析 ・発ぽうセラミックの世界市場:種類別(炭化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化ジルコニウム、その他) ・発ぽうセラミックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・発ぽうセラミックの北米市場規模・予測 ・発ぽうセラミックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・発ぽうセラミックのアジア太平洋市場規模・予測 ・発ぽうセラミックの主要国分析 ・発ぽうセ …
  • 窒化アルミニウムパウダーの世界市場予測2019-2024
    「窒化アルミニウムパウダーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、直接窒化法、炭素熱還元・窒化法など、用途別には、Electrical Component、Thermal Conductive Material、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。窒化アルミニウムパウダーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・窒化アルミニウムパウダーの世界市場概要(サマリー) ・窒化アルミニウムパウダーの企業別販売量・売上 ・窒化アルミニウムパウダーの企業別市場シェア ・窒化アルミニウムパウダーの世界市場規模:種類別(直接窒化法、炭素熱還元・窒化法) ・窒化アルミニウムパウダーの世界市場規模:用途別(Electrical Component、Thermal Conductive Material、Others) ・窒化アルミニウムパウダーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・窒化アルミニウムパウダーのア …
  • IoTマネタイゼーション(収益化)市場:事例分析、活用事例
  • 水添MDIの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水添MDIの世界市場について調査・分析し、水添MDIの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水添MDIシェア、市場規模推移、市場規模予測、水添MDI種類別分析()、水添MDI用途別分析(ポリウレタンエラストマー、ポリウレタンディスパージョン、放射線硬化性アクリル酸ウレタン、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水添MDIの市場概観 ・水添MDIのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水添MDIのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水添MDIの世界市場規模 ・水添MDIの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水添MDIのアメリカ市場規模推移 ・水添MDIのカナダ市場規模推移 ・水添MDIのメキシコ市場規模推移 ・水添MDIのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水添MDIのドイツ市場規模推移 ・水添MDIのイギリス市場規模推移 ・水添MDIのロシア市場規模推移 ・水添MDIのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 世界の主要ロボット市場:産業ロボット、サービスロボット
  • 指向性エネルギー兵器の世界市場
    当調査レポートでは、指向性エネルギー兵器の世界市場について調査・分析し、指向性エネルギー兵器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の血小板アジテーター市場2016
    本調査レポートでは、世界の血小板アジテーター市場2016について調査・分析し、血小板アジテーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲性外科手術機器の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の感染症検査市場動向(~2021)
  • 拡張現実(AR)の世界市場予測(~2023年):センサー、ディスプレイ、プロジェクター、カメラ、ソフトウェア
    当調査レポートでは、拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供商品別分析、デバイス種類別分析、用途別分析、地域別分析、拡張現実(AR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーボドライブおよびモーターの世界市場
    当調査レポートでは、サーボドライブおよびモーターの世界市場について調査・分析し、サーボドライブおよびモーターの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 頚管内部固定ケージの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、頚管内部固定ケージの世界市場について調査・分析し、頚管内部固定ケージの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別頚管内部固定ケージシェア、市場規模推移、市場規模予測、頚管内部固定ケージ種類別分析(金属型、ポリマー型)、頚管内部固定ケージ用途別分析(脊椎疾患治療、脊柱変形治療、脊髄神経保護、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・頚管内部固定ケージの市場概観 ・頚管内部固定ケージのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・頚管内部固定ケージのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・頚管内部固定ケージの世界市場規模 ・頚管内部固定ケージの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・頚管内部固定ケージのアメリカ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのカナダ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのメキシコ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・頚管内部固定ケージのドイツ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのイギリス …
  • 関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)治療薬剤
  • 生体医療用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場
    当調査レポートでは、生体医療用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場について調査・分析し、生体医療用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のオゾン分析計市場2015
    本調査レポートでは、世界のオゾン分析計市場2015について調査・分析し、オゾン分析計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車V2Xの世界市場分析:通信タイプ別、接続性別、車両別、地域別(北アメリカ、南米、アジア太平洋、ヨーロッパ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車V2Xの世界市場について調査・分析し、自動車V2Xの世界市場動向、自動車V2Xの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車V2X市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高速カメラの世界市場予測(~2023年)
    高速カメラの世界市場は、2018年の2億8800万米ドルから2023年には4億2200万米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コンパクトな高速カメラの需要の増加、メディア・エンターテインメントおよびスポーツにおける高速カメラの使用の増加、ならびに製造業における高速カメラの高い採用が考えれられます。一方で、高速カメラは高価格であることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、高速カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、使用法分析、フレームレート(1,000〜5,000、5,000〜20,000、20,000〜100,000、100,000超)分析、画像度(2MP未満、2~5MP、5MP超)分析、スループット分析、高速カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電池管理システムの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、電池管理システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年126億ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電池管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、種類別(定置用バッテリー、動力用バッテリー)分析、トポロジー別(集中化、モジュール化、分散)分析、電池種類別(リチウムイオン電池、先進鉛蓄電池、その他)分析、用途別(自動車、無停電電源装置(UPS)、通信、再生可能エネルギーシステム、軍事、その他)分析、地域別(北米、アジア太平洋、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・電池管理システムの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・電池管理システムの世界市場:種類別(定置用バッテリー、動力用バッテリー) ・電池管理システムの世界市場:トポロジー別(集中化、モジュール化、分散) ・電池管理システ …
  • 急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)の概要 ・急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 世界のカンファレンスカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のカンファレンスカメラ市場2015について調査・分析し、カンファレンスカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体用誘電エッチング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体用誘電エッチング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用誘電エッチング装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビルトイン式食器洗い機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルトイン式食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルトイン式食器洗い機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 口腔ケアの世界市場:製品別(マウスウォッシュ・マウスリンス、歯ブラシ、歯磨き粉、義歯用品、歯科用装具)、セグメント予測
    口腔ケアの世界市場は2025年には409億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、眼科口腔衛生と虫歯に関する人々の意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、口腔ケアの世界市場について調査・分析し、口腔ケアの世界市場動向、口腔ケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別口腔ケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 黄斑変性症治療の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、黄斑変性症治療の世界市場について調べ、黄斑変性症治療の世界規模、市場動向、市場環境、適応症別(ドライタイプ加齢黄斑変性症(dAMD)、ウェットタイプ加齢黄斑変性症(wAMD))分析、薬剤クラス別(抗血管内皮増殖因子、その他)分析、流通経路別(病院、眼科診療所、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・黄斑変性症治療の世界市場動向 ・黄斑変性症治療の世界市場環境 ・黄斑変性症治療の世界市場規模 ・黄斑変性症治療の世界市場規模:適応症別(ドライタイプ加齢黄斑変性症(dAMD)、ウェットタイプ加齢黄斑変性症(wAMD)) ・黄斑変性症治療の世界市場規模:薬剤クラス別(抗血管内皮増殖因子、その他) ・黄斑変性症治療の世界市場規模:流通経路別(病院、眼科診療所、通院外科診療所) ・黄斑変性症治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・黄斑変性症治療の北米市場規模・予 …
  • スウェーデンの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 世界の自動車用エアフィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用エアフィルター市場2016について調査・分析し、自動車用エアフィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Yesチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるYesチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のYesチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Yesチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 偽造防止包装の世界市場:RFID、コーディング/印刷、ホログラム、セキュリティラベル
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライムオイルの世界市場2019-2023
    ライムオイルは、シトラス系のエッセンシャルオイルの一種です。キーライム果実の皮から得られます。キーライムは単にライムとしても知られており、ミカン科の植物です。ライムオイルの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率7.38%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Aromaaz International、D?TERRA、Lionel Hitchen、PLANT THERAPY ESSENTIAL OILS、Young Living Essential Oilsなどです。 当調査レポートでは、ライムオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライムオイル市場規模、用途別(食品・飲料、パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライムオイルの世界市場概要 ・ライムオイルの世界市場環境 ・ライムオイルの世界市場動向 ・ライムオイルの世界市場規模 ・ライムオイルの世界市場:業界構造分析 ・ライムオイ …
  • 自動車産業向け燃料電池の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車産業向け燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業向け燃料電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車産業向け燃料電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBallard Power Systems、Hydrogenics、Nuvera Fuel Cells、Oorja Fuel Cells、PLUG POWER等です。
  • ポストプロダクションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポストプロダクションの世界市場について調べ、ポストプロダクションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポストプロダクションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画)、技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はポストプロダクションの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポストプロダクションの市場状況 ・ポストプロダクションの市場規模 ・ポストプロダクションの市場予測 ・ポストプロダクションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(映画、テレビ、コマーシャル、オンライン動画) ・市場セグメンテーション:技術別(VFX、オーディオ処理、2D-3D変換、編集、その他) ・ポストプロダクションの顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
  • カジノ運営システムの世界市場:用途別(セキュリティ・監視、会計・現金管理、プレーヤーの追跡、資産管理、マーケティング)、セグメント予測
    カジノ運営システムの世界市場は2025年には11,7億2,670万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率14.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、カジノ施設への需要および社会的受容の高まりが考えられます。また、カジノフロア全体で技術的に高度なソリューションおよびシステムを使用することにより業務効率が向上し、さらなる市場成長がもたらされます。本調査レポートでは、カジノ運営システムの世界市場について調査・分析し、カジノ運営システムの世界市場動向、カジノ運営システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別カジノ運営システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のコネクタ市場2015
    本調査レポートでは、世界のコネクタ市場2015について調査・分析し、コネクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)治療薬剤
  • クレアチニン測定の世界市場予測(~2023年):キット、試薬
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クレアチニン測定の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(キット、試薬)別分析、テスト種類別分析、サンプル別分析、需要先別分析、クレアチニン測定の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コールドチェーン物流のイギリス市場:エンドユーザー別、
  • 癒着防止剤の世界市場:ヒアルロン酸、フィブリン、再生セルロース、コラーゲン、タンパク質
    当調査レポートでは、癒着防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、製品形状別分析、用途別分析、地域別分析、癒着防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 糸球体腎炎(Glomerulonephritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糸球体腎炎(Glomerulonephritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糸球体腎炎(Glomerulonephritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糸球体腎炎(Glomerulonephritis)の概要 ・糸球体腎炎(Glomerulonephritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糸球体腎炎(Glomerulonephritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糸球体腎炎(Glomerulonephritis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場について調査・分析し、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオハザード対策用キャビネット(BSC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)種類別分析(Class II Type A、 Class II Type B、Class III Type)、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)用途別分析(製薬工場、病院、疾病予防管理、学術研究、その他(食品検査、化学))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の市場概観 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場規模 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の北米市場 …
  • 高可視性包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高可視性包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高可視性包装市場規模、種類別(ブリスター包装、クラムシェル包装、段ボール箱、ガラス容器、プラスチック容器包装、シュリンクラップ包装、その他)分析、エンドユーザー別(農業、自動車、電子機器、ファッション・アパレル、食品・飲料、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高可視性包装の世界市場:市場動向分析 ・ 高可視性包装の世界市場:競争要因分析 ・ 高可視性包装の世界市場:種類別(ブリスター包装、クラムシェル包装、段ボール箱、ガラス容器、プラスチック容器包装、シュリンクラップ包装、その他) ・ 高可視性包装の世界市場:エンドユーザー別(農業、自動車、電子機器、ファッション・アパレル、食品・飲料、医療、その他) ・ 高可視性包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 高可視性包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高可視性包装のヨーロッパ市場規模 ・ 高可視性包装の …
  • 透明ディスプレイの世界市場予測(~2023年)
    透明ディスプレイの世界市場は、2018年の4億800万米ドルから2023年には25億9,100万米ドルに達し、この期間中44.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、LCDベースの透明ディスプレイの需要の増加、HMD・HUD製品への透明ディスプレイの使用の増加などが考えられます。また、透明OLEDディスプレイの増加とデジタルサイネージ製品への透明ディスプレイの高い採用は、市場の成長を後押しする好機となっています。一方で、透明ディスプレイ製品に関連する高コストは市場の成長を抑制します。当調査レポートでは、透明ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(HUD、HMD、デジタルサイネージ、スマートアプライアンス)分析、業種(小売・ホスピタリティ、工業、航空宇宙・防衛、自動車・輸送)分析、ディスプレイサイズ分析、解像度分析、透明ディスプレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、幹細胞治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、幹細胞治療の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の真空パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空パッケージ市場2015について調査・分析し、真空パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015について調査・分析し、サイズ排除クロマトグラフィー樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"