"自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AT-4310)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global automotive alloy market size is projected to grow at a promising CAGR of 7.69% during the forecast period, to reach USD 177.47 Billion by 2021. Increasing production of automobiles coupled with increasing need to reduce a vehicle’s weight are the major factors driving this growth.
The market for aluminium is estimated to witness a high growth owing to increasing adoption of aluminium in multiple automotive applications by globally established OEMs. The rising average weight of the vehicle due to integration of various systems has led to OEMs to consider using lighter materials for the vehicles. The demand for lightweight materials by OEMs has directly influenced the suppliers of raw materials and increased competition in the market. For instance, Novelis Inc. (U.S.) developed the Advanz 7000-series of aluminium products which can be used to manufacture automotive components such as bumper systems, and door intrusion beams, among others.

The Asia-Oceania region includes emerging economies such as India, China, Indonesia, and Thailand, among others. Increase in disposable income coupled with rise in population levels has driven the demand for automobiles in this region. The geographical advantages of Asia-Oceania region and government support for industrialization have reduced the production costs.

The size of the market for alloys used in LCVs, in terms of value, is projected to grow at a fast pace in the automotive alloy market during the forecast period due to increasing adoption of aluminium, especially in the North American region. The passenger car segment is estimated to be the largest market for alloys because of the increasing demand for transportation and new hybrid and electric automotive models.

Automotive OEMs have been spending heavily on the research and development of new alloys for powertrain applications to reduce the weight without reducing the strength of the components. This has led the alloy manufacturers to develop innovative aluminium applications in the powertrain.

The major restraints considered in the study include high cost and engineering barriers. These factors could negatively affect the demand for adoption of lightweight alloys.

ArcelorMittal S.A. is one of the largest suppliers of steel to the automotive industry with approximately 13.3 Million tonnes of flat steel deliveries, generating revenue of USD 12.6 Billion from sales to automotive manufacturers in 2014. However, owing to stringent regulations governing vehicular emissions, OEMs are focusing on using lightweight materials, especially aluminium, to reduce weight. This has increased the competition for the company as OEMs have started to shift from steel to aluminium. The company has invested in developing new steel products which can compete with aluminium in the automotive industry. The company plans to invest USD 20 million to establish a research and development center in Brazil. The company also supplied its lightweight products to Honda Motor Company (Japan).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Factor Analysis
2.4.1 Introduction
2.4.2 Demand Side Analysis
2.4.2.1 Impact of Disposable Income on Total Vehicle Sales
2.4.2.2 Infrastructure: Roadways
2.4.3 Supply Side Analysis
2.4.3.1 Rising Demand for Hybrid and Electric Vehicles
2.5 Market Size Estimation
2.6 Data Triangulation
2.7 Assumptions

3 Executive Summary

4 Premium Insights
4.1 Automotive Alloy Market
4.2 Automotive Alloys Market Growth, By Country
4.3 Automotive Alloy Market, By Type, 2016 (USD Billion)
4.4 Automotive Alloys Market, By Area of Application, 2016 (USD Billion)
4.5 Automotive Alloys Market, By Vehicle Type, 2016 vs 2021, (USD Billion)
4.6 Automotive Alloys Market, By Region, 2016 vs 2021, (USD Billion)
4.7 Life Cycle Analysis

5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growing Vehicle Production
5.3.1.2 Regulations for Fuel Efficiency & Emissions
5.3.1.3 Improved Driving Dynamics
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 High Cost
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growing Market for Electric Vehicles
5.3.3.2 Integration of New Systems for Comfort & Safety
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Engineering Barriers
5.4 Value Chain Analysis
5.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.5.1 Threat of New Entrants
5.5.2 Threat of Substitutes
5.5.3 Bargaining Power of Buyers
5.5.4 Bargaining Power of Suppliers
5.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 Global Automotive Alloys Market, By Alloy Type
6.1 Introduction
6.2 Steel
6.3 Aluminium
6.4 Magnesium
6.5 Others

7 Automotive Alloy Market, By Vehicle Type
7.1 Introduction
7.2 Passenger Cars
7.3 Light Commercial Vehicles
7.4 Heavy Commercial Vehicles

8 Automotive Alloy Market, By Area of Application
8.1 Introduction
8.2 Structural
8.3 Powertrain
8.4 Exterior
8.5 Others

9 Automotive Alloys Market, By Region
9.1 Introduction
9.2 Market Analysis, By Region
9.2.1 North America
9.2.1.1 The U.S.
9.2.1.2 Canada
9.2.1.3 Mexico
9.2.2 Europe
9.2.2.1 The U.K.
9.2.2.2 Germany
9.2.2.3 France
9.2.3 Asia-Oceania
9.2.3.1 China
9.2.3.2 Japan
9.2.3.3 India
9.2.3.4 South Korea
9.2.4 RoW
9.2.4.1 Brazil
9.2.4.2 Russia

10 Competitive Landscape
10.1 Competitive Situation & Trends
10.2 Expansions
10.3 Agreements, Partnerships & Joint Ventures
10.4 Mergers & Acquisitions, Supply Contracts & Others
10.5 New Product Developments

11 Company Profiles
11.1 Introduction
11.2 Arcelormittal SA
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 Recent Developments
11.2.4 SWOT Analysis
11.2.5 MnM View
11.3 Alcoa Inc.
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 SWOT Analysis
11.3.5 MnM View
11.4 Novelis, Inc.
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.3 Recent Developments
11.4.4 SWOT Analysis
11.4.5 MnM View
11.5 UACJ Corporation
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 Recent Developments
11.5.4 MnM View
11.6 Norsk Hydro ASA
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 SWOT Analysis
11.6.5 MnM View
11.7 Thyssenkrupp AG
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.7.3 Recent Developments
11.7.4 SWOT Analysis
11.7.5 MnM View
11.8 Kobe Steel, Ltd.
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.8.4 MnM View
11.9 AMG Advanced Metallurgical Group
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.9.3 Recent Developments
11.9.4 MnM View
11.10 Constellium N.V.
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.10.3 Recent Developments
11.10.4 MnM View
11.11 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp.
11.11.1 Business Overview
11.11.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 MnM View

12 Appendix
12.1 Key Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
12.5 Available Customizations
12.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AT-4310
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【キーワード】自動車用合金、鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金、自動車、乗用車、商用車、パワートレイン、構造、外装
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 近距離無線通信(NFC)の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、近距離無線通信(NFC)の世界市場について調査・分析し、近距離無線通信(NFC)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:市場動向分析 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:競争要因分析 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:製品・ソフトウェア別分析/市場規模 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:動作モード別分析/市場規模 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:エンドユーザー産業別分析/市場規模 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・近距離無線通信(NFC)の北米市場規模・分析 ・近距離無線通信(NFC)の欧州市場・分析 ・近距離無線通信(NFC)のアジア市場・分析 ・近距離無線通信(NFC)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の北米市場規模・予測 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • サウジアラビアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サステナブルパッケージング(持続可能な包装)市場規模、機能別(代替繊維包装、アクティブ包装、成形包装、その他)分析、レイヤー別(三次包装、二次包装、一次包装)分析、製品別(分解可能包装、リサイクルコンテンツ包装、再利用可能包装)分析、材料別(ガラス、金属、紙・板紙、プラスチック、その他)分析、用途別(パーソナルケア、飲料、ヘルスケア、自動車・エレクトロニクス、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:市場動向分析 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:競争要因分析 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:機能別(代替繊維包装、アクティブ包装、成形包装、その他) ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:レイヤー別(三次 …
  • 防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防爆電気モーター・アクチュエーター市場規模、製品別(電気モーター、アクチュエーター)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、C&P、M&M、電力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場概要 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場環境 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場動向 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場規模 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:製品別(電気モーター、アクチュエーター) ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、C&P、M&M、電力、その他) ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防爆電気モーター・アク …
  • 世界の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場2016
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性ポリオレフィン(TPO)市場2016について調査・分析し、熱可塑性ポリオレフィン(TPO)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのプロセスオイル市場予測(~2020)
  • 世界の空気輸送システム市場規模・予測、2017-2025:オペレーション別(高濃度輸送・低濃度輸送)、技術別(正圧輸送、複合輸送、真空輸送)、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の空気輸送システム市場について調査・分析し、世界の空気輸送システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の空気輸送システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • CXCR2阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCXCR2阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CXCR2阻害薬の概要 ・CXCR2阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCXCR2阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CXCR2阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CXCR2阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ノベルティギフト・記念品の世界市場2019-2023
    パーソナライズドギフト製品の需要の増加は、予測期間を通じて市場を牽引するとされる重要な傾向の一つです。ギフトパーソナライゼーションサービスには、パーソナライズされたグリーティングカード、衣服、パーソナライズドギフト、記念品などがあります。 Technavioのアナリストは、ノベルティギフト・記念品の世界市場が2023年までに約5%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、American Greetings、Card Factory、Hallmark Licensing、Spencer Gifts、Walt Disney Companyなどです。 当調査レポートでは、ノベルティギフト・記念品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ノベルティギフト・記念品市場規模、製品別(記念品・ノベルティアイテム、季節の飾りつけ、グリーティングカード、その他ギフトアイテム)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・ …
  • 疼痛の寒冷療法の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、疼痛の寒冷療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(OTC、処方ベース)別分析、用途別分析、地域別分析、疼痛の寒冷療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺疾患治療の世界市場:症状別(甲状腺機能低下、甲状腺機能亢進症)、投与経路別(口内投与、静脈内投与)、流通経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、甲状腺疾患治療の世界市場について調査・分析し、甲状腺疾患治療の世界市場動向、甲状腺疾患治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別甲状腺疾患治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 副鼻腔炎(Sinusitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における副鼻腔炎(Sinusitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、副鼻腔炎(Sinusitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・副鼻腔炎(Sinusitis)の概要 ・副鼻腔炎(Sinusitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の副鼻腔炎(Sinusitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・副鼻腔炎(Sinusitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・副鼻腔炎(Sinusiti …
  • 世界のCRISPR市場規模・予測2017-2025:用途別(ゲノム編集、遺伝子エンジニア、ジーンライブラリ、CRISPRプラスミド、ヒト造血幹細胞、遺伝子組換生物、細胞株エンジニア)、エンドユーザー別(バイオテクノロジー企業、医薬品企業、学術機関、研究・開発機関)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のCRISPR市場について調査・分析し、世界のCRISPR市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のCRISPR関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のコアドリル市場2016
    本調査レポートでは、世界のコアドリル市場2016について調査・分析し、コアドリルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-11受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-11受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-11受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-11受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ジオクチルテレフタレートの世界市場:種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)、地域別予測
    本資料は、ジオクチルテレフタレートの世界市場について調べ、ジオクチルテレフタレートの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)分析、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、Aekyung Petrochemical、Oxea、LG Chemical、Eastman、ExxonMobil、Meltem Kimya、Nan Ya Plastics、UPC Group、Iro Group、Bluesail Chemical Group、Xiongye Chemical、Lingchuang Chemical、Xiangfeng Plastic、Kunshan Hefeng Chemicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオクチルテレフタレートの世界市場概要 ・ジ …
  • BSFI(金融)における人工知能(AI)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、BSFI(金融)における人工知能(AI)の世界市場について調べ、BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(銀行、投資・証券管理)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はBSFI(金融)における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均32%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場状況 ・BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場規模 ・BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場予測 ・BSFI(金融)における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(銀行、投資・証券管理) ・BSFI(金融)における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場規模 …
  • 世界のプラスチック強化剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック強化剤市場2015について調査・分析し、プラスチック強化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スルビビン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスルビビン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スルビビン阻害剤の概要 ・スルビビン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスルビビン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スルビビン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スルビビン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の中圧ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の中圧ケーブル市場2015について調査・分析し、中圧ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オフショア・デコミッショニングの世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、オフショア・デコミッショニングの世界市場について調査・分析し、オフショア・デコミッショニングの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 光チョッパーシステムの世界市場
    当調査レポートでは、光チョッパーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光チョッパーシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの関節鏡検査装置市場見通し
  • 偽造防止用包装の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、偽造防止用包装の世界市場について調査・分析し、偽造防止用包装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • M-ラーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、M-ラーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、M-ラーニング市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Adobe, Allen Interactions, Blackboard, City & Guilds Group, D2L, WizIQなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・M-ラーニングの世界市場概要 ・M-ラーニングの世界市場環境 ・M-ラーニングの世界市場動向 ・M-ラーニングの世界市場規模 ・M-ラーニングの世界市場:業界構造分析 ・M-ラーニングの世界市場:エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12) ・M-ラーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・M-ラーニングの北米市場規模・予測 ・M-ラーニングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・M-ラーニングのアジア太平洋市場規模・予測 ・M-ラーニングの主要国分析 ・M-ラーニングの世界市場: …
  • 3Dレーザースキャナーの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、3Dレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、範囲別分析、製品種類別分析、商品別分析、用途別分析、3Dレーザースキャナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料向けフレキシブル包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・飲料向けフレキシブル包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料向けフレキシブル包装の世界市場規模及び予測、原料別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車種別、コンポーネント別(電気配線、コネクター、端子)、用途別、電気自動車別、セグメント予測
    自動車用ワイヤーハーネスの世界市場は2025年には771億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.2%で成長すると予測されています。電子機器の車両への統合は自動車用ワイヤーハーネスの需要にプラスの影響を与えています。ワイヤーハーネスを車両に埋め込むことで、電気不足の懸念が少なくなり、燃費が向上し、性能が向上するなど、さまざまな利点があります。さらに、インフォテインメントシステムや先進的な運転支援システムなど、技術的に高度なシステムを採用することで、予測期間にわたって需要が増加するでしょう。本調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ワイヤーハーネス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 偽造防止包装技術の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、偽造防止包装技術の世界市場について調査・分析し、偽造防止包装技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・偽造防止包装技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・偽造防止包装技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・偽造防止包装技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • コードレス電動工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コードレス電動工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コードレス電動工具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルフォトフレームの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルフォトフレームの世界市場について調べ、デジタルフォトフレームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルフォトフレームの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、電源別(電気駆動、電池駆動)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルフォトフレームの世界市場規模が2019-2023期間中に年平1%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルフォトフレームの市場状況 ・デジタルフォトフレームの市場規模 ・デジタルフォトフレームの市場予測 ・デジタルフォトフレームの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:電源別(電気駆動、電池駆動) ・デジタルフォトフレームの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフ …
  • 腎透析装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、腎透析装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・腎透析装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・腎透析装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・腎透析装置の製品パイプライン分析 ・腎透析装置の治験動向 ・主要企業分析 ・腎透析装置の世界市場規模予測 ・腎透析装置の地域別市場規模予測
  • 包装スクッグの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装スクッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装スクッグ市場規模、最終用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装スクッグの世界市場概要 ・包装スクッグの世界市場環境 ・包装スクッグの世界市場動向 ・包装スクッグの世界市場規模 ・包装スクッグの世界市場:業界構造分析 ・包装スクッグの世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・包装スクッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装スクッグのアメリカ市場規模・予測 ・包装スクッグのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装スクッグのアジア市場規模・予測 ・包装スクッグの主要国分析 ・包装スクッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・包装スクッグの世界市場:成長要因、課題 ・包装スクッグの世界市場:競争環境 ・包装スクッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 女性の性的欲求低下障害:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における女性の性的欲求低下障害の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、女性の性的欲求低下障害治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・女性の性的欲求低下障害の概要 ・女性の性的欲求低下障害の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の女性の性的欲求低下障害治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・女性の性的欲求低下障害治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・女性の性的欲求低下障害治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 粉チーズの世界市場:チェダー、パルメザン、モッツァレラ、アメリカンチーズ、ブルーチーズ、その他
    当調査レポートでは、粉チーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレドックスフロー電池(RFB)市場規模・予測2017-2025:格納キャパシティ別(コンパクト、大型格納)、用途別(家電・その他ユーティリティ、商業用・産業用、電気自動車・充電スタンド、その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のレドックスフロー電池(RFB)市場について調査・分析し、世界のレドックスフロー電池(RFB)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のレドックスフロー電池(RFB)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のガスボンベ用トロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のガスボンベ用トロリー市場2016について調査・分析し、ガスボンベ用トロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 世界の歩数計市場2016
    本調査レポートでは、世界の歩数計市場2016について調査・分析し、歩数計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 自動車用ポンプの世界市場:燃料ポンプ、オイルポンプ、ステアリングポンプ、トランスミッションポンプ、ウインドシールドウォッシャポンプ、真空ポンプ、燃料噴射ポンプ、ウォーターポンプ
    当調査レポートでは、自動車用ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ポンプ種類別分析、車両種類別分析、技術別分析、地域別分析、自動車用ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles))のフェーズ3治験薬の状況 ・帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles))治療薬の市場規模(販売予測) ・帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の帯状ヘルペス(シングルス)(Herpes Zoster (Shingles))治療薬剤
  • 金融(BFSI)セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金融(BFSI)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金融(BFSI)セキュリティの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア市場におけるビッグデータの世界市場予測
  • ポリエチレン(PE)フォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリエチレン(PE)フォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエチレン(PE)フォームの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺炎球菌による皮膚および皮膚構造感染症治療薬剤
  • クラウドデータベースの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、クラウドデータベースの世界市場について調査・分析し、クラウドデータベースの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラウドデータベースの世界市場:市場動向分析 - クラウドデータベースの世界市場:競争要因分析 - クラウドデータベースの世界市場:データベース別 ・SQLデータベース ・非SQLデータベース - クラウドデータベースの世界市場:モデル別 ・サービスモデル ・展開モデル - クラウドデータベースの世界市場:用途別 ・医療 ・IT・通信 ・行政 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・学術 ・その他 - クラウドデータベースの世界市場:ソフトウェア別 ・データベースの暗号化 ・バックアップと復元 ・データ位取りとレプリケーション ・データベースアプリケーションビルダー ・その他 - クラウドデータベースの世界市場:エンドユーザー別 ・中小企業 ・大企業 - クラウドデータベースの世界市場:サービス別 ・訓練・コンサルティング ・サポート・メンテナンス - クラウドデータベー …
  • サイバーセキュリティ市場におけるM&A提携動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"