"自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AT-4310)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global automotive alloy market size is projected to grow at a promising CAGR of 7.69% during the forecast period, to reach USD 177.47 Billion by 2021. Increasing production of automobiles coupled with increasing need to reduce a vehicle’s weight are the major factors driving this growth.
The market for aluminium is estimated to witness a high growth owing to increasing adoption of aluminium in multiple automotive applications by globally established OEMs. The rising average weight of the vehicle due to integration of various systems has led to OEMs to consider using lighter materials for the vehicles. The demand for lightweight materials by OEMs has directly influenced the suppliers of raw materials and increased competition in the market. For instance, Novelis Inc. (U.S.) developed the Advanz 7000-series of aluminium products which can be used to manufacture automotive components such as bumper systems, and door intrusion beams, among others.

The Asia-Oceania region includes emerging economies such as India, China, Indonesia, and Thailand, among others. Increase in disposable income coupled with rise in population levels has driven the demand for automobiles in this region. The geographical advantages of Asia-Oceania region and government support for industrialization have reduced the production costs.

The size of the market for alloys used in LCVs, in terms of value, is projected to grow at a fast pace in the automotive alloy market during the forecast period due to increasing adoption of aluminium, especially in the North American region. The passenger car segment is estimated to be the largest market for alloys because of the increasing demand for transportation and new hybrid and electric automotive models.

Automotive OEMs have been spending heavily on the research and development of new alloys for powertrain applications to reduce the weight without reducing the strength of the components. This has led the alloy manufacturers to develop innovative aluminium applications in the powertrain.

The major restraints considered in the study include high cost and engineering barriers. These factors could negatively affect the demand for adoption of lightweight alloys.

ArcelorMittal S.A. is one of the largest suppliers of steel to the automotive industry with approximately 13.3 Million tonnes of flat steel deliveries, generating revenue of USD 12.6 Billion from sales to automotive manufacturers in 2014. However, owing to stringent regulations governing vehicular emissions, OEMs are focusing on using lightweight materials, especially aluminium, to reduce weight. This has increased the competition for the company as OEMs have started to shift from steel to aluminium. The company has invested in developing new steel products which can compete with aluminium in the automotive industry. The company plans to invest USD 20 million to establish a research and development center in Brazil. The company also supplied its lightweight products to Honda Motor Company (Japan).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Factor Analysis
2.4.1 Introduction
2.4.2 Demand Side Analysis
2.4.2.1 Impact of Disposable Income on Total Vehicle Sales
2.4.2.2 Infrastructure: Roadways
2.4.3 Supply Side Analysis
2.4.3.1 Rising Demand for Hybrid and Electric Vehicles
2.5 Market Size Estimation
2.6 Data Triangulation
2.7 Assumptions

3 Executive Summary

4 Premium Insights
4.1 Automotive Alloy Market
4.2 Automotive Alloys Market Growth, By Country
4.3 Automotive Alloy Market, By Type, 2016 (USD Billion)
4.4 Automotive Alloys Market, By Area of Application, 2016 (USD Billion)
4.5 Automotive Alloys Market, By Vehicle Type, 2016 vs 2021, (USD Billion)
4.6 Automotive Alloys Market, By Region, 2016 vs 2021, (USD Billion)
4.7 Life Cycle Analysis

5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growing Vehicle Production
5.3.1.2 Regulations for Fuel Efficiency & Emissions
5.3.1.3 Improved Driving Dynamics
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 High Cost
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growing Market for Electric Vehicles
5.3.3.2 Integration of New Systems for Comfort & Safety
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Engineering Barriers
5.4 Value Chain Analysis
5.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.5.1 Threat of New Entrants
5.5.2 Threat of Substitutes
5.5.3 Bargaining Power of Buyers
5.5.4 Bargaining Power of Suppliers
5.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 Global Automotive Alloys Market, By Alloy Type
6.1 Introduction
6.2 Steel
6.3 Aluminium
6.4 Magnesium
6.5 Others

7 Automotive Alloy Market, By Vehicle Type
7.1 Introduction
7.2 Passenger Cars
7.3 Light Commercial Vehicles
7.4 Heavy Commercial Vehicles

8 Automotive Alloy Market, By Area of Application
8.1 Introduction
8.2 Structural
8.3 Powertrain
8.4 Exterior
8.5 Others

9 Automotive Alloys Market, By Region
9.1 Introduction
9.2 Market Analysis, By Region
9.2.1 North America
9.2.1.1 The U.S.
9.2.1.2 Canada
9.2.1.3 Mexico
9.2.2 Europe
9.2.2.1 The U.K.
9.2.2.2 Germany
9.2.2.3 France
9.2.3 Asia-Oceania
9.2.3.1 China
9.2.3.2 Japan
9.2.3.3 India
9.2.3.4 South Korea
9.2.4 RoW
9.2.4.1 Brazil
9.2.4.2 Russia

10 Competitive Landscape
10.1 Competitive Situation & Trends
10.2 Expansions
10.3 Agreements, Partnerships & Joint Ventures
10.4 Mergers & Acquisitions, Supply Contracts & Others
10.5 New Product Developments

11 Company Profiles
11.1 Introduction
11.2 Arcelormittal SA
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 Recent Developments
11.2.4 SWOT Analysis
11.2.5 MnM View
11.3 Alcoa Inc.
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 SWOT Analysis
11.3.5 MnM View
11.4 Novelis, Inc.
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.3 Recent Developments
11.4.4 SWOT Analysis
11.4.5 MnM View
11.5 UACJ Corporation
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 Recent Developments
11.5.4 MnM View
11.6 Norsk Hydro ASA
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 SWOT Analysis
11.6.5 MnM View
11.7 Thyssenkrupp AG
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.7.3 Recent Developments
11.7.4 SWOT Analysis
11.7.5 MnM View
11.8 Kobe Steel, Ltd.
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.8.4 MnM View
11.9 AMG Advanced Metallurgical Group
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.9.3 Recent Developments
11.9.4 MnM View
11.10 Constellium N.V.
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.10.3 Recent Developments
11.10.4 MnM View
11.11 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corp.
11.11.1 Business Overview
11.11.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 MnM View

12 Appendix
12.1 Key Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
12.5 Available Customizations
12.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AT-4310
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【キーワード】自動車用合金、鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金、自動車、乗用車、商用車、パワートレイン、構造、外装
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 旅行者下痢症(Traveler’s Diarrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)の概要 ・旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・旅行者下痢症(Traveler's Diarrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 北米の作物保護市場予測2016-2023
    本調査レポートでは、北米の作物保護市場について調査・分析し、北米の作物保護市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • トンネルオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、トンネルオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トンネルオートメーション市場規模、コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他)分析、トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道)分析、提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ トンネルオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他) ・ トンネルオートメーションの世界市場:トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道) ・ トンネルオートメーションの世界市場:提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ トンネルオートメーションの世界市場:主要地域別分析 ・ トンネルオートメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ トンネルオートメーションのヨーロッパ市場 …
  • 水・下水処理装置の世界市場予測(~2022年):濾過、消毒、脱塩、試験
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水・下水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、水・下水処理装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒドロタルサイトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヒドロタルサイトの世界市場について調査・分析し、ヒドロタルサイトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヒドロタルサイトシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヒドロタルサイト種類別分析()、ヒドロタルサイト用途別分析(医療、プラスチック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヒドロタルサイトの市場概観 ・ヒドロタルサイトのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヒドロタルサイトのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヒドロタルサイトの世界市場規模 ・ヒドロタルサイトの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヒドロタルサイトのアメリカ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのカナダ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのメキシコ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ヒドロタルサイトのドイツ市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのイギリス市場規模推移 ・ヒドロタルサイトのロシア市場規模推移 ・ヒドロタルサイト …
  • 急性気管支炎(Acute Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬剤
  • 界面活性剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、界面活性剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は界面活性剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、Clariant、Evonik、Huntsman International等です。
  • パウチ包装機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パウチ包装機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パウチ包装機械市場規模、製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パウチ包装機械の世界市場概要 ・パウチ包装機械の世界市場環境 ・パウチ包装機械の世界市場動向 ・パウチ包装機械の世界市場規模 ・パウチ包装機械の世界市場:業界構造分析 ・パウチ包装機械の世界市場:製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械) ・パウチ包装機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パウチ包装機械の北米市場規模・予測 ・パウチ包装機械のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・パウチ包装機械のアジア太平洋市場規模・予測 ・パウチ包装機械の主要国分析 ・パウチ包装機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・パウチ包装機械の世界市場:成長要因、課題 ・パウチ包装機械の世界市場:競争環境 ・パウチ包装機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場:地域別、アプリケーション別(コーティング剤、自動車、電気・電子、工業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場動向、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンサルファイド(PPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アポトーシスアッセイの世界市場予測(~2023年)
    アポトーシスアッセイの世界市場は、2018年の推定36億米ドルから2023年には59億米ドルに達し、10.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患および感染症の発生率および罹患率の増加、がん研究への資金提供の増加、細胞ベースの研究の増加、およびアポトーシス調節剤の開発が考えれられます。一方で、研究開発に必要な投資が多額にのぼることにより、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、アポトーシスアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(カスパーゼ、アネキシンV、DNA断片化、ミトコンドリアアッセイ)分析、検出技術(フローサイトメトリー、蛍光顕微鏡)分析、用途(幹細胞、創薬・開発、臨床研究)分析、アポトーシスアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研究室向け携帯ラマン分光装置市場規模、製品別(LRI、HRI)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場概要 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場環境 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場動向 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場規模 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場:業界構造分析 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場:製品別(LRI、HRI) ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・研究室向け携帯ラマン分光装置のアメリカ市場規模・予測 ・研究室向け携帯ラマン分光装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・研究室向け携帯ラマン分光装置のアジア市場規模・予測 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の主要国分析 ・研究室向け携帯ラマン分光装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・研 …
  • ライセンス商品の世界市場2017-2021:衣服、おもちゃ、アクセサリー、テレビゲーム、室内装飾、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ライセンス商品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライセンス商品の世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はライセンス商品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Fanatics、G-III Apparel Group、Hasbro、NBCUniversal Media、The Walt Disney Company、Warner Bros. Consumer Products等です。
  • 教育産業におけるVR(バーチャルリアリティ)の世界市場
    当調査レポートでは、教育産業におけるVR(バーチャルリアリティ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育産業におけるVR(バーチャルリアリティ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 風力タービンタワーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、風力タービンタワーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、風力タービンタワー市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CSWIND, Goldwind, TRINITY STRUCTURAL TOWERS, Vestas, WINDAR Renovablesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・風力タービンタワーの世界市場概要 ・風力タービンタワーの世界市場環境 ・風力タービンタワーの世界市場動向 ・風力タービンタワーの世界市場規模 ・風力タービンタワーの世界市場:業界構造分析 ・風力タービンタワーの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・風力タービンタワーの世界市場:製品別 ・風力タービンタワーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・風力タービンタワーの北米市場規模・予測 ・風力タービンタワーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・風力タービンタワーのアジア太平 …
  • 自動車用死角検知の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用死角検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用死角検知の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエンバーミングワークステーション市場2016
    本調査レポートでは、世界のエンバーミングワークステーション市場2016について調査・分析し、エンバーミングワークステーションの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫市場規模、用途別(温度制御型、温度非制御型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場概要 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場環境 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場動向 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場規模 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場:業界構造分析 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場:用途別(温度制御型、温度非制御型) ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫の世界市場:地域別市場規模・分析 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫のアメリカ市場規模・予測 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉庫のヨーロッパ市場規模・予測 ・化学産業向けカスタマイズドグリーン倉 …
  • 成形繊維包装の世界市場
    当調査レポートでは、成形繊維包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、成形繊維包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療情報IT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療情報IT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療情報IT支出の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バックホー掘削機の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、バックホー掘削機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バックホー掘削機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • マイクロセルラープラスチックの世界市場:用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他)、地域別予測
    本資料は、マイクロセルラープラスチックの世界市場について調べ、マイクロセルラープラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マイクロセルラープラスチックの世界市場概要 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場環境 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場動向 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場規模 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場規模:用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他) ・マイクロセルラープラスチックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロセルラープラスチックの北米市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのアメリカ市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのヨーロッパ市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのアジア市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチッ …
  • ワイヤレス充電器の世界市場2017-2021:誘導結合技術、磁気共鳴技術、無線技術
    当調査レポートでは、ワイヤレス充電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイヤレス充電器の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のn-ブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のn-ブタノール市場2015について調査・分析し、n-ブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品トレーサビリティの世界市場:技術別(RFID・RTLS、GPS、バーコード、赤外線、バイオメトリクス)、エンドユーザー別(食品メーカー、倉庫、食品小売業、防衛・セキュリティ、その他の政府機関、その他)、用途別(食肉・家畜、生鮮食品・種子製品、乳製品、飲料、水産物、その他)、地域別予測
    本資料は、食品トレーサビリティの世界市場について調べ、食品トレーサビリティの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(RFID・RTLS、GPS、バーコード、赤外線、バイオメトリクス)分析、エンドユーザー別(食品メーカー、倉庫、食品小売業、防衛・セキュリティ、その他の政府機関、その他)分析、用途別(食肉・家畜、生鮮食品・種子製品、乳製品、飲料、水産物、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBio-Rad Laboratories Inc. 、C.H. Robinson Worldwide Inc.、Cognex Corporation、Honeywell International Inc.、SGS SA、Barcode Integrators Inc.、Carlisle Technology Inc.、Mass Group Inc.、Merit-Trax Technologies Inc.、Picarro Inc. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
  • 自動車用タペットの世界市場予測(~2025年):種類、エンドユーザー、エンジン容量、車両種類、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用タペットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、エンジン容量別分析、車両種類別分析、自動車用タペットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルVASの世界市場
    当調査レポートでは、モバイルVASの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルVASの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼内レンズ(IOL)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、眼内レンズ(IOL)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼内レンズ(IOL)の概要 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:開発段階別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:セグメント別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:領域別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:規制Path別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼内レンズ(IOL)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼内レンズ(IOL)の最近動向
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ポリアミド(PA)、ポリカーボネート(PC)、ポリアセタール(POM)、ポリエステル(PBT)、ABS樹脂(ABS)、スチレンアクリル(SAN)
  • 世界の葉酸市場2016
    本調査レポートでは、世界の葉酸市場2016について調査・分析し、葉酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テクニカルセラミックスの世界市場:一体型セラミックス、セラミック基複合材料、セラミック塗料
    当調査レポートでは、テクニカルセラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管アクセスデバイスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、血管アクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管アクセスデバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セノスフェアの世界市場:グレー・セノスフェア、ホワイト・セノスフェア
    当調査レポートでは、セノスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子式アクセス制御システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電子式アクセス制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子式アクセス制御システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電子式アクセス制御システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bosch Sicherheitssysteme• Siemens• Honeywell International• Schneider Electric• ASSA ABLOY• Tyco等です。
  • 業務用海藻類の世界市場:製品別(紅藻、褐藻、緑藻)、形態別(液体、粉末、フレーク)、用途別(動物用飼料、食品)、セグメント予測
    業務用海藻類の世界市場は2024年には221億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、海藻由来食品の需要の高まりが考えられます。肥料、飼料、ヘルスケア、医療分野での用途拡大も、海藻類の需要を押し上げています。さらに、寒天、粉末寒天、アルギン酸塩などの海藻抽出物の人気も高まっていることから、業務用海藻類の市場は成長していくものと期待されています。本調査レポートでは、業務用海藻類の世界市場について調査・分析し、業務用海藻類の世界市場動向、業務用海藻類の世界市場規模、市場予測、セグメント別業務用海藻類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ノイズ検出およびモニタリングの世界市場
    当調査レポートでは、ノイズ検出およびモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ノイズ検出およびモニタリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、外科手術用封止剤&接着剤の世界市場について調査・分析し、外科手術用封止剤&接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:市場動向分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:競争要因分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:用途別 ・美容整形手術 ・一般的な手術 ・眼科手術 ・循環器科の手術 ・肺手術 ・中枢神経系(CNS)手術 ・泌尿器科の手術 ・その他 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科治療センター ・病院 ・クリニック - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:症状別 ・組織の封止 ・組織工学 ・外科的な止血 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:製品別 ・天然/生物学的封止剤および接着剤 ・合成および半合成接着剤と封止剤 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 外科手術用封止剤&接着剤のヨーロッパ市場規模 - 外科手術用封 …
  • 先進エネルギー貯蔵システムの世界市場予測(~2022年):電気化学技術、機械的技術、蓄熱技術
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、地域別分析、先進エネルギー貯蔵システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 温熱療法・寒冷療法パックの世界市場:寒冷療法パック、温熱療法パック
    Technavio社の本調査レポートでは、温熱療法・寒冷療法パックの世界市場について調べ、温熱療法・寒冷療法パックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、温熱療法・寒冷療法パックの市場規模をセグメンテーション別(製品別(寒冷療法パック、温熱療法パック)、用途別(関節炎、損傷、慢性痛み、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は温熱療法・寒冷療法パックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・温熱療法・寒冷療法パックの市場状況 ・温熱療法・寒冷療法パックの市場規模 ・温熱療法・寒冷療法パックの市場予測 ・温熱療法・寒冷療法パックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(寒冷療法パック、温熱療法パック) ・市場セグメンテーション:用途別(関節炎、損傷、慢性痛み、その他) ・温熱療法・寒冷療法パックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意 …
  • 精神科遠隔医療の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、精神科遠隔医療の世界市場について調査・分析し、精神科遠隔医療の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別精神科遠隔医療シェア、市場規模推移、市場規模予測、精神科遠隔医療種類別分析()、精神科遠隔医療用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・精神科遠隔医療の市場概観 ・精神科遠隔医療のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・精神科遠隔医療のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・精神科遠隔医療の世界市場規模 ・精神科遠隔医療の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・精神科遠隔医療のアメリカ市場規模推移 ・精神科遠隔医療のカナダ市場規模推移 ・精神科遠隔医療のメキシコ市場規模推移 ・精神科遠隔医療のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・精神科遠隔医療のドイツ市場規模推移 ・精神科遠隔医療のイギリス市場規模推移 ・精神科遠隔医療のロシア市場規模推移 ・精神科遠隔医療のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ビデオストリーミングの世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス)、ソリューションタイプ別(IPTV、オーバーザトップ、有料テレビ)、ストリーミングタイプ別(ライブ/リニアビデオストリーミング、ノンリニアビデオストリーミング)、展開モード別(クラウド、オンプレミス、ハイブリッド)、収益モデル別(サブスクリプション、トランザクション、広告、ハイブリッド)、エンドユーザー別(消費者、企業)
    本調査レポートでは、ビデオストリーミングの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション&サービス)分析、ソリューションタイプ別(IPTV、オーバーザトップ、有料テレビ)分析、ストリーミングタイプ別(ライブ/リニアビデオストリーミング、ノンリニアビデオストリーミング)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス、ハイブリッド)分析、収益モデル別(サブスクリプション、トランザクション、広告、ハイブリッド)分析、エンドユーザー別(消費者、企業)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ビデオストリーミングの世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス) ・ビデオストリーミングの世界市場:ソリューションタイプ別(IPTV、オーバーザトップ、有料テレビ) ・ビデオストリーミングの世界市場:ストリーミングタイプ別(ライブ/リニアビデオストリーミング、ノンリニアビデオストリーミング) ・ビデオストリーミングの世界市場:展開モード別(クラウド、オンプレミス、 …
  • シングルボードコンピュータ(SBC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シングルボードコンピュータ(SBC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シングルボードコンピュータ(SBC)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体重管理の世界市場:ダイエット、フィットネス機器、サービス
    当調査レポートでは、体重管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、体重管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオセンサーの世界市場:用途別(医療、農業)、技術別(サーマル式、電気化学式、光学式)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオセンサーの世界市場について調査・分析し、バイオセンサーの世界市場動向、バイオセンサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオセンサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 鉱物充填剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉱物充填剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉱物充填剤市場規模、用途別(紙、プラスチック、塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Akrochem Corporation, Albemarle Corporation, Hoffmann Minerals, US Minerals, Vanderbilt Chemicalsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉱物充填剤の世界市場概要 ・鉱物充填剤の世界市場環境 ・鉱物充填剤の世界市場動向 ・鉱物充填剤の世界市場規模 ・鉱物充填剤の世界市場:業界構造分析 ・鉱物充填剤の世界市場:用途別(紙、プラスチック、塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント剤、その他) ・鉱物充填剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉱物充填剤の北米市場規模・予測 ・鉱物充填剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・鉱物充填剤のアジア太平洋 …
  • 世界の無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)市場:市場分析、市場規模、検査分析、地域展望、成長、競争戦略、予測
  • プラスチック充填剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック充填剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、プラスチック充填剤の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"