"酸化鉄顔料の世界市場予測(~2021)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-4305)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"酸化鉄顔料の世界市場予測(~2021)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global iron oxide market was valued at USD 1.78 Billion in 2015 and is projected to reach USD 2.30 Billion by 2021, at a CAGR of 4.3% during the forecast period, 2016 to 2021. Increasing usage of iron oxide pigments as a mainstream product in various industries, such as construction, coatings, plastics, and paper is driving the growth of the global iron oxide pigment market.
The most widely used colors of the iron oxide pigments include red, yellow, black, and other blended colors. These pigments offer superior tinting strength, purity, and color consistency, and are widely used for different applications. Red iron oxide pigments are used in the manufacturing of paints, gold polish, mosaic tiles, plastics, floorings, and papers. Wide availability of red iron oxide pigments, along with growing demand for these pigments from various end users is expected to drive the consumption of the red iron oxide pigments, globally.

Based on their processing and manufacturing method, the iron oxide pigments are classified in two types, namely, synthetic iron oxide pigments and natural iron oxide pigments. Synthetic iron oxide pigments are manufactured through different chemical processes, such as calcination, precipitation, and Penniman and Laux processes. Natural iron oxide pigments are extracted from mineral ores. Synthetic iron oxide pigments are preferred over natural iron oxide pigments, owing to high purity and tinting strength offered by them.

The construction industry is one of the major end users of iron oxide pigments, globally. Iron oxide pigments are used in coloring of concretes, designer tiles, paving blocks, stamped concretes, and chequered tiles, among others. Iron oxide pigments offer excellent compatibility with cement and decorative concrete products and thus, are widely used in construction activities. The coatings segment of the global iron oxide pigments market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Increasing demand of iron oxide pigments for various applications, such as architectural coatings, industrial coatings, protective coatings, coatings for packaging, wood coatings, oil coatings, and powder coatings is expected to lead towards the growth of the coatings segment of the global iron oxide pigments market.

The Asia-Pacific region accounted for the largest share of the global iron oxide pigments market in 2015. The Asia-Pacific iron oxide pigments market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Increasing usage of iron oxide pigments in the construction and coatings industries in various countries, such as China, Japan, and India is driving the growth of Asia-Pacific iron oxide pigments market.

Volatility in the prices of raw materials and fluctuations in the exchange rates are the factors likely to impact the growth of the global iron oxide pigments market during the forecast period. Stringent environmental regulations related to the manufacturing of synthetic iron oxide pigments also act as restraint for the global iron oxide pigments market.

Lanxess AG (Germany) is a leading player in the global iron oxide pigments market. The company is focusing on organic growth strategies to meet the growing demand for iron oxide pigments from different industries. Lanxess has adopted the strategy of new product launches to strengthen its position in the global iron oxide pigments market. Besides, the company is also expanding its manufacturing capabilities to produce iron oxide pigments. The addition of mixing and milling plant to its pigment plant in Ningbo, China is one such initiative taken by the company to expand its presence in the Asia-Pacific region. The company has also realized its responsibility towards environment, and as such, is engaged in the development of cost-effective and environment-friendly manufacturing processes.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"酸化鉄顔料の世界市場予測(~2021)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Significant Opportunities for Iron Oxide Pigments Market in Asia-Pacific
4.2 Iron Oxide Pigments Market: Key Regions
4.3 Iron Oxide Pigments Market in Asia-Pacific
4.4 Iron Oxide Pigments Market Attractiveness
4.5 Iron Oxide Pigments Market Share, By End User
4.6 Iron Oxide Pigments Market: Emerging & Developed Nations
4.7 Fastest-Growing Market, By Color
4.8 Life Cycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Urbanization and Infrastructural Development
5.3.1.2 Growth in the Packaging Industry
5.3.1.3 Rising Income & Improving Lifestyle
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Health Concerns Related to Manufacturing and Use of Iron Oxide Pigments
5.3.2.2 Volatile Raw Material Prices
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Process Improvement for Environment Friendly Manufacturing Products
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Production of High Quality and Cost-Efficient Iron Oxide Pigments

6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.1.1 Technology Sensitive Market
6.3.1.2 Capital Intensive Market
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.2.1 Limited Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.3.1 Availability of Large Number of Feedstock Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.4.1 Market Dominated By Few Prominent Players
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6.3.5.1 Moderate Competition

7 Iron Oxide Pigments Market, By Color (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Red
7.3 Yellow
7.4 Black
7.5 Others

8 Iron Oxide Pigments Market, By End User (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Construction
8.3 Coatings
8.4 Plastics
8.5 Paper
8.6 Others

9 Iron Oxide Pigments Market, By Type (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Synthetic
9.3 Natural

10 Iron Oxide Pigments Market, By Region (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 Americas
10.3 Europe
10.4 Asia-Pacific
10.5 Middle East & Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 105)
11.1 Introduction
11.1.1 New Product Launches is the Most Popular Growth Strategy Adopted By the Leading Market Players
11.2 Maximum Developments in the Global Iron Oxide Pigments Market Took Place in 2015
11.3 BASF SE has Been the Most Active Player in the Market
11.4 Competitive Situation & Trends
11.5 New Product Launches & New Product Developments
11.6 Expansions
11.7 Mergers & Acquisitions

12 Company Profiles (Page No. – 113)
(Overview, Financial*, Products & Services, Strategy, and Developments)
12.1 Introduction
12.2 Lanxess AG
12.3 BASF SE
12.4 E. I. Du Pont De Nemours and Company
12.5 Huntsman Corporation
12.6 Kronos Worldwide, Inc.
12.7 Tronox Limited
12.8 Heubach GmbH
12.9 Applied Minerals Inc.
12.10 Cathay Industries
12.11 Hunan Three-Ring Pigments Co., Ltd.

*Details Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 141)
13.1 Discussion Guide
13.2 Recent Developments
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT : Real Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】酸化鉄顔料の世界市場予測(~2021)
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-4305
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】酸化鉄顔料、赤色、黄色、黒色、建設、塗料、プラスチック、酸化鉄顔料用途、天然酸化鉄顔料、合成酸化鉄顔料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
酸化鉄顔料の世界市場予測(~2021)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 工業用センサーの世界市場予測(~2023年)
    工業用センサーの世界市場は、2018年の160億米ドルから2023年には216億米ドルに達し、この期間中6.16%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インダストリアル4.0とIIoTの発展、ワイヤレスセンサー市場の拡大、および産業用ロボットの需要の急増が考えれられます。一方で、高い導入コストにより、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、工業用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、センサー(レベルセンサー、イメージセンサー、ガスセンサー、圧力センサー、位置センサー、力センサー、流量センサー、温度・湿度センサー)分析、タイプ分析、用途分析、工業用センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアフィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアフィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エアホッケーテーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エアホッケーテーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアホッケーテーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・商品別市場分析 ・小売業態別市場分析 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・主要企業分析 ・付録
  • 先進型タイヤの世界市場:素材別(天然ゴム、合成ゴム、スチール、エラストマー、その他)、タイプ別(空気入りタイヤ、ランフラットタイヤ、エアレスタイヤ、その他)、技術別(チップ組み込みタイヤ、自己膨張タイヤ、マルチチャンバータイヤ、オールインワンタイヤ、その他)、車両種類別(小型車、大型車、農業用トラクター、建設&採掘設備、産業用設備)
    本調査レポートでは、先進型タイヤの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、素材別(天然ゴム、合成ゴム、スチール、エラストマー、その他)分析、タイプ別(空気入りタイヤ、ランフラットタイヤ、エアレスタイヤ、その他)分析、技術別(チップ組み込みタイヤ、自己膨張タイヤ、マルチチャンバータイヤ、オールインワンタイヤ、その他)分析、車両種類別(小型車、大型車、農業用トラクター、建設&採掘設備、産業用設備)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・先進型タイヤの世界市場:素材別(天然ゴム、合成ゴム、スチール、エラストマー、その他) ・先進型タイヤの世界市場:タイプ別(空気入りタイヤ、ランフラットタイヤ、エアレスタイヤ、その他) ・先進型タイヤの世界市場:技術別(チップ組み込みタイヤ、自己膨張タイヤ、マルチチャンバータイヤ、オールインワンタイヤ、その他) ・先進型タイヤの世界市場:車両種類別(小型車、大型車、農業用トラクター、建設&採掘設備、産業用設備) ・先進型タイヤの世界市場 …
  • カーペットクリーニング用品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カーペットクリーニング用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カーペットクリーニング用品市場規模、流通経路別(店頭販売、オンライン販売)分析、最終用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カーペットクリーニング用品の世界市場概要 ・カーペットクリーニング用品の世界市場環境 ・カーペットクリーニング用品の世界市場動向 ・カーペットクリーニング用品の世界市場規模 ・カーペットクリーニング用品の世界市場:業界構造分析 ・カーペットクリーニング用品の世界市場:流通経路別(店頭販売、オンライン販売) ・カーペットクリーニング用品の世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・カーペットクリーニング用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カーペットクリーニング用品のアメリカ市場規模・予測 ・カーペットクリーニング用品のヨーロッパ市場規模・予測 ・カーペットクリーニング用品のアジア市場規模・予測 ・カー …
  • 食品サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品サービスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場:タイプ別(摺動面、アンギュラ玉軸受、その他)、用途別(鍛造機、油圧シリンダ、土工機械、その他)、地域別予測
    本資料は、ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場について調べ、ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(摺動面、アンギュラ玉軸受、その他)分析、用途別(鍛造機、油圧シリンダ、土工機械、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場概要 ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場環境 ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場動向 ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場規模 ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場規模:タイプ別(摺動面、アンギュラ玉軸受、その他) ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場規模:用途別(鍛造機、油圧シリンダ、土工機械、その他) ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロッドエンドジョイント・ベアリングの北米市場規模・予測 ・ロッドエンドジョイント・ベアリングのアメリカ市場 …
  • 工業用振動センサの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、工業用振動センサの世界市場について調査・分析し、工業用振動センサの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・工業用振動センサの世界市場規模:製品別分析 ・工業用振動センサの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・工業用振動センサの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 代替・補完医療の世界市場分析:療法別(植物学、鍼灸、精神、身体、およびヨガ、磁気療法)、分配方法別、セグメント予測 -2013-2025
    本調査レポートでは、代替・補完医療の世界市場について調査・分析し、代替・補完医療の世界市場動向、代替・補完医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別代替・補完医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート家具の世界市場:製品タイプ別(テーブル、デスク、スツール・ベンチ、ソファ、椅子)、家具のカテゴリ別(商業施設用、住宅用)、地域別予測
    本資料は、スマート家具の世界市場について調べ、スマート家具の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(テーブル、デスク、スツール・ベンチ、ソファ、椅子)分析、家具のカテゴリ別(商業施設用、住宅用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート家具の世界市場概要 ・スマート家具の世界市場環境 ・スマート家具の世界市場動向 ・スマート家具の世界市場規模 ・スマート家具の世界市場規模:製品タイプ別(テーブル、デスク、スツール・ベンチ、ソファ、椅子) ・スマート家具の世界市場規模:家具のカテゴリ別(商業施設用、住宅用) ・スマート家具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート家具の北米市場規模・予測 ・スマート家具のアメリカ市場規模・予測 ・スマート家具のヨーロッパ市場規模・予測 ・スマート家具のアジア市場規模・予測 ・スマート家具の日本市場規模・予測 ・スマート家具の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 光ファイバプリフォームの世界市場:プロセス別(OVD、VAD、MCVD)、製品別(マルチモード、プラスチック光ファイバ)、エンドユーザ別(電気通信、石油・ガス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光ファイバプリフォームの世界市場について調査・分析し、光ファイバプリフォームの世界市場動向、光ファイバプリフォームの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバプリフォーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チーズ成分の世界市場予測(~2022年):ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、牛乳、培養菌、酵素、添加物
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、チーズ成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、チーズ種類別分析、成分別分析、地域別分析、チーズ成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨内注入用機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、骨内注入用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、骨内注入用機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブル型ファブリックキャノピーの世界市場2020-2024
    「ポータブル型ファブリックキャノピーの世界市場2020-2024」は、ポータブル型ファブリックキャノピーについて市場概要、市場規模、製品別(シェードキャノピー、ガーデンキャノピー、イベントテント、ポータブルガレージ)分析、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ポータブル型ファブリックキャノピーの世界市場:製品別(シェードキャノピー、ガーデンキャノピー、イベントテント、ポータブルガレージ) ・ポータブル型ファブリックキャノの世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 製造モニタリングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、製造モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、ソリューション別分析、サービス別(プロフェッショナル、マネージド)分析、組織サイズ別分析、製造モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オメガ3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の世界市場:DHA、EPA、ALA
    当調査レポートでは、オメガ3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の概要 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の評価    …
  • 便槽の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、便槽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、便槽の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドラベ症候群治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドラベ症候群治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドラベ症候群治療市場規模、製品別(SGD、TGD、FGD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Biocodex, Epygenix Therapeutics, GW Pharmaceuticals, OPKO Health, Zogenixなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドラベ症候群治療の世界市場概要 ・ドラベ症候群治療の世界市場環境 ・ドラベ症候群治療の世界市場動向 ・ドラベ症候群治療の世界市場規模 ・ドラベ症候群治療の世界市場:業界構造分析 ・ドラベ症候群治療の世界市場:製品別(SGD、TGD、FGD) ・ドラベ症候群治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドラベ症候群治療の北米市場規模・予測 ・ドラベ症候群治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ドラベ症候群治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・ドラベ症候群治療の主要国分析 ・ドラベ症候群治療の …
  • 世界のニコチンガム市場2015
    本調査レポートでは、世界のニコチンガム市場2015について調査・分析し、ニコチンガムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ランドリー施設及びドライクリーニングサービスのアメリカ市場:種類別、用途別、セグメント予測
  • 世界のガス給湯器市場規模・予測2017-2025:保管方法別(タンク・タンクレス/瞬時)、エンドユーズ別(住宅用・商業用)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のガス給湯器市場について調査・分析し、世界のガス給湯器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のガス給湯器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ダイエット食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイエット食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイエット食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイエット食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.88%成長すると予測しています。
  • 航空機プロペラシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機プロペラシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機プロペラシステム市場規模、プロペラ種類別(変動ピッチプロペラ、固定ピッチプロペラ)分析、コンポーネント別(スピナー、ハブ、羽根、その他)分析、航空機種類別(ピストンエンジン、ターボプロペラエンジン、民間航空機・商用機、軍用機)分析、製品別(反転プロペラ、二重反転プロペラ)分析、最終使用産業(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機プロペラシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機プロペラシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機プロペラシステムの世界市場:プロペラ種類別(変動ピッチプロペラ、固定ピッチプロペラ) ・ 航空機プロペラシステムの世界市場:コンポーネント別(スピナー、ハブ、羽根、その他) ・ 航空機プロペラシステムの世界市場:航空機種類別(ピストンエンジン、ターボプロペラエンジン、民間航空機・商用機、軍用 …
  • ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場:基質別(コーディエライト、シリコンカーバイド)、再生触媒別(白金ロジウム、パラジウムロジウム、白金パラジウムロジウム)、一般車両の車種別(乗用車、小型商用車、トラック、バス)、地域別予測
    本資料は、ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場について調べ、ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界規模、市場動向、市場環境、基質別(コーディエライト、シリコンカーバイド)分析、再生触媒別(白金ロジウム、パラジウムロジウム、白金パラジウムロジウム)分析、一般車両の車種別(乗用車、小型商用車、トラック、バス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場概要 ・ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場環境 ・ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場動向 ・ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場規模 ・ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場規模:基質別(コーディエライト、シリコンカーバイド) ・ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)の世界市場規模 …
  • 扇風機の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、扇風機の世界市場について調べ、扇風機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、扇風機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は扇風機の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・扇風機の市場状況 ・扇風機の市場規模 ・扇風機の市場予測 ・扇風機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機) ・扇風機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • コイル塗装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コイル塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コイル塗装の世界市場規模及び予測、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートピルの世界市場2014-2025:用途別(製品[カプセル内視鏡、薬物送達]、道具、患者監視ソフト)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ)
    本調査レポートでは、スマートピルの世界市場について調査・分析し、スマートピルの世界市場動向、スマートピルの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートピル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高級車製造の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、高級車製造の世界市場について調査・分析し、高級車製造の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・高級車製造の世界市場規模:種類別分析 ・高級車製造の世界市場規模:用途別分析 ・高級車製造の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ゼオライト(沸石)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ゼオライト(沸石)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼオライト(沸石)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゼオライト(沸石)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arkema、BASF、Honeywell International、Tosoh International、W.R.Grace等です。
  • ポーランドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 医療用リフティングスリングの世界市場
    当調査レポートでは、医療用リフティングスリングの世界市場について調査・分析し、医療用リフティングスリングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 血管造影装置の世界市場:技術別(X線、MRA、CT)、製品別(血管造影システム、造影剤)、処置別、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、血管造影装置の世界市場について調査・分析し、血管造影装置の世界市場動向、血管造影装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別血管造影装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 液体細胞診の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:血液、尿、血漿、唾液、CSF
  • 除毛用製品の世界市場:除毛器、除毛クリーム、除毛ワックス
    当調査レポートでは、除毛用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、除毛用製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パッケージング印刷の世界市場
    当調査レポートでは、パッケージング印刷の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・パッケージング印刷の世界市場:材料別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:技術別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:用途別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:インキ種類別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:地域別分析/市場規模 ・パッケージング印刷のアメリカ市場規模予測 ・パッケージング印刷のヨーロッパ市場規模予測 ・パッケージング印刷のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 再発寛解型多発性硬化症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発寛解型多発性硬化症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発寛解型多発性硬化症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発寛解型多発性硬化症のフェーズ3治験薬の状況 ・再発寛解型多発性硬化症治療薬の市場規模(販売予測) ・再発寛解型多発性硬化症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発寛解型多発性硬化症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の再発寛解型多発性硬化症治療薬剤
  • 冷蔵加工食品の世界市場
    当調査レポートでは、冷蔵加工食品の世界市場について調査・分析し、冷蔵加工食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • インターラクティブ教科書の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターラクティブ教科書の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、インターラクティブ教科書の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • モバイルアプリテストサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルアプリテストサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルアプリテストサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 治験資材の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、治験資材の世界市場について調査・分析し、治験資材の世界市場動向、治験資材の世界市場規模、市場予測、セグメント別治験資材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベルト駆動の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ベルト駆動の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベルト駆動市場規模、ベルト種類別(Vベルト、タイミングベルト、フラットベルト)分析、エンドユーザー別(工業機械、製油所、鉱業・鉱物、材料運搬業、自動車、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ベルト駆動の世界市場:市場動向分析 ・ ベルト駆動の世界市場:競争要因分析 ・ ベルト駆動の世界市場:ベルト種類別(Vベルト、タイミングベルト、フラットベルト) ・ ベルト駆動の世界市場:エンドユーザー別(工業機械、製油所、鉱業・鉱物、材料運搬業、自動車、農業、その他) ・ ベルト駆動の世界市場:主要地域別分析 ・ ベルト駆動の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ベルト駆動のヨーロッパ市場規模 ・ ベルト駆動のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ベルト駆動の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 調達分析の世界市場予測(~2023年)
    調達分析の世界市場は、2018年の16億米ドルから2023年には41億米ドルに達し、この期間中20.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、企業が調達チャネルの運用効率の向上に注力していること、およびコンプライアンス方針と契約を処理する必要性が差し迫っていることが考えられます。一方で、分析に関する専門知識の欠如と高度な分析技術の採用に対する従業員の消極的な姿勢は、市場の成長に影響を与える可能性があります。当調査レポートでは、調達分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、用途別(サプライチェーン分析、リスク分析、支出分析、需要予測、契約管理)分析、導入タイプ別分析、組織の規模別分析、調達分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液圧プレス機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液圧プレス機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液圧プレス機械の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の配線用遮断器(MCCB)市場2015
    本調査レポートでは、世界の配線用遮断器(MCCB)市場2015について調査・分析し、配線用遮断器(MCCB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラーポンプの世界市場
    当調査レポートでは、ソーラーポンプの世界市場について調査・分析し、ソーラーポンプの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ソーラーポンプの世界市場:市場動向分析 - ソーラーポンプの世界市場:競争要因分析 - ソーラーポンプの世界市場:用途別 ・飲料水 ・農業 ・その他 - ソーラーポンプの世界市場:製品の種類別 ・交流(AC)浮遊型 ・直流(DC)水上型ポンプまたは浮遊型ポンプのセット ・直流水中型 ・交流水上型または水中型ポンプのセット - ソーラーポンプの世界市場:主要地域別分析 - ソーラーポンプの北米市場規模(アメリカ市場等) - ソーラーポンプのヨーロッパ市場規模 - ソーラーポンプのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ソーラーポンプの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 粒径分析の世界市場:レーザー回折、DLS(動的光散乱)、撮像(動的、静的)、コールター原理、NTA(ナノ粒子追尾解析)
    当調査レポートでは、粒径分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)、技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)
    本資料は、テレラジオロジーの世界市場について調べ、テレラジオロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレラジオロジーの世界市場概要 ・テレラジオロジーの世界市場環境 ・テレラジオロジーの世界市場動向 ・テレラジオロジーの世界市場規模 ・テレラジオロジーの世界市場:市場シェア ・テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他) ・テレラジオロジーの世界市場:技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク) ・テレラジオロジーの世界市場:エンド …
  • 女性用避妊用具・避妊薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"