"高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-4229)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The market size of high heat foam is estimated to reach USD 11.37 Billion by 2021, at a CAGR of 8.2%, driven by energy efficiency and insulating properties. The market growth is attributed to the increasing demand from developing countries coupled with growing manufacturer’s preference in automotive and industrial applications. The demand for high heat foam from the industrial and automotive application is notable in key countries such as China, India, and Brazil at global level. Emerging technologies are likely to fuel the growth of the foams market in future. Among all regions considered, Asia-Pacific and RoW are estimated to witness high growth in the next five years. In addition, the demand across these regions is reinforced by the emerging markets, namely, China, Brazil, and India.
Different types of foams based on different resins are manufactured according to specific requirement of different applications. These foams are classified based on their chemistries, namely, silicone, polyimide, melamine, polyethylene, and others. Currently, melamine foam dominates the high heat foam market.

Automotive, railway, industrial, aerospace, and others are the main application segments considered in the report. Industrial application is estimated to be the highest growing application, in terms of volume, between 2016 and 2021. Growing demand for high heat foam from the automotive and industrial application drives the market. On the other hand, volatility in raw material prices, government regulations, and recessionary effect on the end-use industries which is restricting the growth of high heat foam market globally.

Asia-Pacific was the largest market for high heat foams, in terms of value and volume, in 2015. The region is also expected to witness high growth rate in the high heat foam market, between 2016 and 2021. Rising investments by foreign companies; growing production facilities; strong industrial base for construction, packaging, and automotive sectors; and rise in standard of living are the other major factors contributing to the growth of the high heat foam market in this region. The growing demand for energy-efficient, good insulator, and recyclable foam in automotive, railway, industrial, aerospace, and others has led to the growth of the high heat foam market in this region.

Price and availability of raw materials are key factors for foam manufacturers for determining the cost structure of their products. Raw materials used by the foam industry include resins, inorganic chemicals, and refined petroleum products. Most of these raw materials are petroleum-based derivatives and are vulnerable to fluctuations in commodity prices, thus hindering the growth of the market.

BASF SE (Germany), Rogers Corporation (U.S.), Evonik Industries (Germany), and Sinoyqx (China) are the leading companies, with excellent foothold in the U.S. and China. These companies are expected to account for a significant market share in the coming years. Entering into related industries and targeting new markets will enable the high heat foam manufacturers to overcome the effects of volatile economy, leading to diversified business portfolio and increase in revenue. Other major manufacturers of high heat foams are Waker Chemie AG (Germany), SABIC (Riyadh), Puren GmbH (Germany), Ube Industries, Ltd. (Japan), and Intec foams (U.K.).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities for Market Players
4.2 High Heat Foam Market – Major Types
4.3 High Heat Foam Market: Developed vs Developing Nations
4.4 Life Cycle Analysis, By Region
4.5 High Heat Foam Market
4.6 China and U.S. Dominated High Heat Foam Market

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Foam Type
5.2.2 By Application
5.2.3 Drivers
5.2.3.1 High Growth in End-Use Industries
5.2.3.2 Intense Demand for High Heat Foam From Asia-Pacific
5.2.3.3 Environmental Sustainability and Energy Conservation
5.2.4 Restraints
5.2.4.1 Volatility in Raw Material Prices
5.2.4.2 High Processing Cost
5.2.5 Opportunities
5.2.5.1 Emerging Economies and Their Future Growth
5.2.5.2 Development of Carbon Dioxide-Based Polyols
5.2.6 Challenges
5.2.6.1 Stringent Regulatory Approvals Required for Production

6 Industry Trends (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Value-Chain
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 High Heat Foam Market, By Type (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Melamine Foam
7.3 Silicone Foam
7.4 Polyethylene Foam
7.5 Polyimide Foam
7.6 Others (PIR, PVDF, PEI, and Others)

8 High Heat Foam Market, By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Automotive
8.3 Industrial
8.4 Railway
8.5 Aerospace
8.6 Others

9 High Heat Foam Market, By Region (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 U.S.
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 Italy
9.3.3 France
9.3.4 U.K.
9.3.5 Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 China
9.4.2 India
9.4.3 Rest of Asia-Pacific
9.5 RoW
9.5.1 Russia
9.5.2 Brazil
9.5.3 Others

10 Competitive Landscape (Page No. – 105)
10.1 Overview
10.2 Competitive Situation and Trends
10.3 Investments & Expansions
10.4 Mergers & Acquisitions
10.5 New Product Launches
10.6 Partnerships, Contracts, Agreements, and Joint Ventures

11 Company Profiles (Page No. – 111)
(Overview, Financial*, Products & Services, Strategy, and Developments)
11.1 BASF SE
11.2 Rogers Corporation
11.3 Evonik Industries
11.4 UBE Industries, Ltd.
11.5 Wacker Chemie AG
11.6 Sabic
11.7 Armacell International S.A.
11.8 Sinoyqx
11.9 Puren Gmbh
11.10 Intec Foams
11.11 Other Companies

*Details Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 132)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-4229
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【キーワード】高耐熱フォーム、シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム、自動車用高耐熱フォーム、産業用高耐熱フォーム、鉄道用高耐熱フォーム、航空用高耐熱フォーム
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォームについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 色検出センサーの世界市場2017-2021:カラーセンサ、発光センサ、コントラストセンサ、輝度センサ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、色検出センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、色検出センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は色検出センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBanner Engineering、SICK、SensoPart Industries、Rockwell Automation、Pepperl+Fuchs等です。
  • 世界のニコスルフロン市場2015
    本調査レポートでは、世界のニコスルフロン市場2015について調査・分析し、ニコスルフロンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮革製品の世界市場:靴、旅行かばん・バッグ、札入れ、財布、その他
    当調査レポートでは、皮革製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、皮革製品市場規模、製品別(靴、旅行かばん・バッグ、札入れ、財布、その他)分析、流通経路別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、adidas, Hermès, Kering, LVMH, Nike, VF Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・皮革製品の世界市場概要 ・皮革製品の世界市場環境 ・皮革製品の世界市場動向 ・皮革製品の世界市場規模 ・皮革製品の世界市場:業界構造分析 ・皮革製品の世界市場:製品別(靴、旅行かばん・バッグ、札入れ、財布、その他) ・皮革製品の世界市場:流通経路別 ・皮革製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・皮革製品の北米市場規模・予測 ・皮革製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・皮革製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・皮革製品の主要国分析 ・皮革製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・皮革製品の世界市場:成長要因 …
  • 獣医用イメージングの世界市場の規模・予測2014-2025:製品別(機器、試薬、サービス、PACS)、動物のタイプ別、最終用途別、用途別
    本調査レポートでは、獣医用イメージングの世界市場について調査・分析し、獣医用イメージングの世界市場動向、獣医用イメージングの世界市場規模、市場予測、セグメント別獣医用イメージング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケア用チャットボットの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入モデル別(クラウド、オンプレミス)、用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導)、最終用途別(患者、医療機関、保険会社)、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア用チャットボットの世界市場について調べ、ヘルスケア用チャットボットの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入モデル別(クラウド、オンプレミス)分析、用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導)分析、最終用途別(患者、医療機関、保険会社)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場概要 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場環境 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場動向 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模 ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:導入モデル別(クラウド、オンプレミス) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模:用途別(症状チェック、医療支援、アポイントメント予約、医療指導) ・ヘルスケア用チャットボットの世界市場規模 …
  • ATCA CPUブレードの世界市場2016-2020:通信・ネットワークインフラ分野、輸送・軍事・航空宇宙分野、産業・医療機器分野
    当調査レポートでは、ATCA CPUブレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ATCA CPUブレードの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プログレッシブキャビティポンプの世界市場:動力定格(50馬力以下、51~150馬力、150馬力超)、最終用途別(石油・ガス、上下水道管理、食品・飲料、化学・石油化学、その他)、地域別予測
    本資料は、プログレッシブキャビティポンプの世界市場について調べ、プログレッシブキャビティポンプの世界規模、市場動向、市場環境、動力定格(50馬力以下、51~150馬力、150馬力超)分析、最終用途別(石油・ガス、上下水道管理、食品・飲料、化学・石油化学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場概要 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場環境 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場動向 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場規模 ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場規模:動力定格(50馬力以下、51~150馬力、150馬力超) ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場規模:最終用途別(石油・ガス、上下水道管理、食品・飲料、化学・石油化学、その他) ・プログレッシブキャビティポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プログレッシブキャビティポンプの北米市場規模・予測 ・プログレッシ …
  • ピコプロジェクターの世界市場予測(~2022):組み込み式ピコプロジェクター、非組み込み式ピコプロジェクター
    当調査レポートでは、ピコプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、仕様別分析、用途別分析、ピコプロジェクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用3D画像装置の世界市場:X線装置、超音波装置、MRI装置、CTスキャン装置、ハイブリッド装置
    当調査レポートでは、医療用3D画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用3D画像装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のビニルエステル樹脂ゲルコート市場2015
    本調査レポートでは、世界のビニルエステル樹脂ゲルコート市場2015について調査・分析し、ビニルエステル樹脂ゲルコートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用コンベクションオーブンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用コンベクションオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コンベクションオーブンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 港湾・ターミナル業務の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、港湾・ターミナル業務の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、港湾・ターミナル業務の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 外壁システムの世界市場予測(~2022年):通気性ウォール、非通気性ウォール、カーテンウォール
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、外壁システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、外壁システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート・ コネクテッド・エアコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート・ コネクテッド・エアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、スマート・ コネクテッド・エアコンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石鹸・洗剤の世界市場2014–2025:製品別(家庭用洗剤、産業用石鹸・洗剤、家庭用石鹸)、地域別
    本調査レポートでは、石鹸・洗剤の世界市場について調査・分析し、石鹸・洗剤の世界市場動向、石鹸・洗剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別石鹸・洗剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療コーティングの世界市場予測:親水性塗料、疎水性塗料
    当調査レポートでは、医療コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸化ほう素市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸化ほう素市場2016について調査・分析し、酸化ほう素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 不安障害とうつ病治療の世界市場分析:製品別(抗うつ薬、SSRI、SNRI、ベンゾジアゼピン、装置と治療、TNS、DBS、VBS)、症状別(MDD、OCD、恐怖症)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、不安障害とうつ病治療の世界市場について調査・分析し、不安障害とうつ病治療の世界市場動向、不安障害とうつ病治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別不安障害とうつ病治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 主要10細胞分析法の世界市場予測(~2021):技術別(イメージング、PCR、フローサイトメトリー、ハイコンテントスクリーニング(HCS)、ブロッティング、分光測光法)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、主要10細胞分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、LED別分析、OLED別分析、バーチャル網膜ディスプレイ別分析、量子ドット別分析、主要10細胞分析法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロピレングリコールの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、プロピレングリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、プロピレングリコールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 世界の低転がり抵抗ラジアルタイヤ市場2015
    本調査レポートでは、世界の低転がり抵抗ラジアルタイヤ市場2015について調査・分析し、低転がり抵抗ラジアルタイヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星電話の世界市場2019-2023
    現在、地球から22,000マイル以上離れて位置する静止軌道上の衛星は、衛星ベースのインターネットサービスを提供するために使用されています。この衛星ベースのインターネットサービスはコストおよびレイテンシの面で問題がありました。そこで、地球から約680マイル離れたナノサテライトとマイクロサテライトの集まりを使用することでレイテンシおよびコストの問題を解決しています。このような低コストの衛星ベースインターネットサービスへの進展は、衛星電話の市場の成長を促すと予測されています。衛星電話の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率4%以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Globalstar、Inmarsat、Iridium Communications、Thuraya Telecommunicationsなどです。 当調査レポートでは、衛星電話の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星電話市場規模、衛生の種類別(GEO、LEO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します …
  • 軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 軍用戦闘車両 (MFV) とは、兵力運用の移動手段 と戦術的攻撃手段とを一つにまとめた軍用車両であり、各種の武器・センサー・戦闘システムを搭載しております。また公道もしくはオフロードを走破できます。MFVは戦場での役割により、主力戦車 (MBT) や装甲兵員輸送車 (APC) などのカテゴリーに分類することができます。 Technavio社は軍用戦闘車両 (MFV) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.26%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Denel SOC• General Dynamics• OSHKOSH DEFENSE• Rheinmetall• Thales等です。
  • マレーシアの試験測定機器市場2016-2020
    当調査レポートでは、マレーシアの試験測定機器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マレーシアの試験測定機器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血友病A(Hemophilia A):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血友病A(Hemophilia A)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血友病A(Hemophilia A)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血友病A(Hemophilia A)の概要 ・血友病A(Hemophilia A)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血友病A(Hemophilia A)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血友病A(Hemophilia A)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 世界のナノテクノロジー産業及び市場2015-2016
  • ブラジルの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界の内視鏡検査可視化装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、内視鏡検査可視化装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・内視鏡検査可視化装置の概要 ・内視鏡検査可視化装置の開発動向:開発段階別分析 ・内視鏡検査可視化装置の開発動向:セグメント別分析 ・内視鏡検査可視化装置の開発動向:領域別分析 ・内視鏡検査可視化装置の開発動向:規制Path別分析 ・内視鏡検査可視化装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別内視鏡検査可視化装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・内視鏡検査可視化装置の最近動向
  • 世界のトップ10 SDx・ネットワーク技術市場
  • PTFEフィルムの世界市場予測(~2022年):技術、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PTFEフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、PTFEフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウムの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アルミニウムの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アルミニウムの世界市場:需要先別市場分析 ・アルミニウムの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ガラス繊維補強コンクリート(GFRC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガラス繊維補強コンクリート(GFRC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、ガラス繊維補強コンクリート(GFRC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・双極性障害の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・双極性障害の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・双極性障害治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・双極性障害治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・双極性障害治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・双極性障害治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 便秘(Constipation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における便秘(Constipation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、便秘(Constipation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・便秘(Constipation)の概要 ・便秘(Constipation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の便秘(Constipation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・便秘(Constipation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・便秘(Cons …
  • 表面実装(SMT)配置装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、表面実装(SMT)配置装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、表面実装(SMT)配置装置の世界市場規模及び予測、エンドユーザー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリアクリルアミドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリアクリルアミドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリアクリルアミドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシェード機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートシェード機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシェード機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 静止画像の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、静止画像の世界市場について調べ、静止画像の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、静止画像の市場規模をセグメンテーション別(画像種類別(写真、その他)、ライセンスモデル別(RM、RF)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は静止画像の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・静止画像の市場状況 ・静止画像の市場規模 ・静止画像の市場予測 ・静止画像の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:画像種類別(写真、その他) ・市場セグメンテーション:ライセンスモデル別(RM、RF) ・静止画像の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の自動車トランスミッション市場規模・予測2017-2025:トランスミッションの種類別(マニュアル・オートマチック)、燃料別(ガソリン・ディーゼル)、車種別(乗用車、LCV、ICV、HCV、道路外、建築、防衛・農業用トラクター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車トランスミッション市場について調査・分析し、世界の自動車トランスミッション市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車トランスミッション関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アンチエイジング製品の世界市場2016-2020:アンチエイジング用スキンケア、アンチエイジング用ヘアケア
    当調査レポートでは、アンチエイジング製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチエイジング製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 自動車内装材の世界市場予測(~2021年):合成皮革、皮革、熱可塑性ポリマ、織物
    当調査レポートでは、自動車内装材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、車両別分析、地域別分析、自動車内装材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の心室補助装置市場:製品別、地域別
    本調査レポートは心室補助装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(左右心室補助装置、両心室補助装置)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・心室補助装置の世界市場:製品別(左右心室補助装置、両心室補助装置) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • カナダの小関節処置動向(~2021)
  • 液浸式変圧器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液浸式変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液浸式変圧器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コニャックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コニャックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コニャック市場規模、製品別(VS、VSOP、XO)分析、流通経路別(オフトレード、オントレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コニャックの世界市場概要 ・コニャックの世界市場環境 ・コニャックの世界市場動向 ・コニャックの世界市場規模 ・コニャックの世界市場:業界構造分析 ・コニャックの世界市場:製品別(VS、VSOP、XO) ・コニャックの世界市場:流通経路別(オフトレード、オントレード) ・コニャックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コニャックの北米市場規模・予測 ・コニャックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コニャックのアジア太平洋市場規模・予測 ・コニャックの主要国分析 ・コニャックの世界市場:意思決定フレームワーク ・コニャックの世界市場:成長要因、課題 ・コニャックの世界市場:競争環境 ・コニャックの世界市場:関連企業情報(ベンダ …
  • 航空機用透明フィルムの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用透明フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、エンドユーズ別分析、用途別(窓、フロントガラス、キャノピー、チンバブル、キャビン用インテリア)分析、材料別(ガラス、アクリル、ポリカーボネート)分析、コーティングタイプ別(ITO、金、ポリウレタン)分析、航空機用透明フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機用透明フィルムの世界市場規模が2019年14億ドルから2025年18億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場:タイプ(20%溶液、10%溶液、その他)、用途別(化学品、農業、水処理、その他)、地域別予測
    本資料は、次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場について調べ、次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ(20%溶液、10%溶液、その他)分析、用途別(化学品、農業、水処理、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、AkzoNobel、AGC、Arkema、Olin Chlor Alkali、INEOS、Occidental、Sumitomo Chem、Aditya birla、Vertex Chem、JSC Kaustik、Orica Watercare、Alexander、Orient Enterptles Chemical、Takasugi Pharmaceutical などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場概要 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場環境 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場動向 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場規模 ・次亜塩素酸ナトリウム溶液の世界市場規模 …
  • 発熱(Fever):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における発熱(Fever)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、発熱(Fever)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・発熱(Fever)の概要 ・発熱(Fever)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の発熱(Fever)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・発熱(Fever)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・発熱(Fever)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の矯正器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正器具市場2015について調査・分析し、矯正器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"