"オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4311)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The audio codec market was valued at USD 5.49 Billion in 2015 and is expected to reach USD 7.44 Billion by 2022, at a CAGR of 4.3% between 2016 and 2022. The growth of the market is driven by the factors such as increasing Internet penetration and data traffic and growing mobile phone subscription. In almost all the regions, the consumer’s pattern is changing with the emergence of connected life in the form of connected infrastructures and machineries. Similarly, the increasing use of mobile broadband-enabled smartphones would generate an explosion of data traffic.
The fastest-growing applications and the major consumer of the audio codec are wearable device, headphone and headset, and music and media device, and home theater systems. The mobile phones and tablet are significantly manufactured at a high rate among all the consumer electronics and hence consume the highest volume of the audio codec hardware IC embedded with audio codec software. Increased demand for transmitting audio with high-fidelity (Hi-Fi) with low bit rate is generating more demand for the audio codec market.

The APAC region held the largest share of the total audio codec market in 2015. The APAC region has emerged as a major manufacturing hub for the consumer electronic industry; this has led to the majority of the market share, in terms of audio codec consumption volume, for both hardware as well as software. The market in this region has evolved into the largest producer of smartphones, laptops, TVs, and various other applications and, consequently the largest consumer of audio codec hardware IC-enabled with audio codec software across the globe and is expected to continue the same trend throughout the forecast period.

Decline in the usage of optical media products is the factor inhibiting the growth of this market. Furthermore, for audio codec manufacturing companies, the optimization of codec IC size according to the changing consumer needs and applications is not the only challenge; but to maintain its quality and reliability along with the miniaturization is the bigger challenge to overcome in the near future. However, factors such as emerging demand for set-top box (STB) and video-on-demand services and rising demand for infotainment in passenger car can generate huge opportunities for this market in the near future.

Some of the key audio codec hardware IC manufacturers include Analog Devices, Inc. (U.S.), Cirrus Logic, Inc. (U.S.), DSP Group Inc. (Israel), Maxim Integrated Products Inc. (U.S.), Qualcomm Inc. (U.S.), Realtek Semiconductor Corp. (Taiwan), STMicroelectronics N.V (Switzerland), Texas Instruments Inc. (U.S.), and DSP Group Inc. (Israel) among others. Major audio codec software providers include Dolby Laboratories, Inc. (U.S.), Fraunhofer IIS (Germany), Technicolor SA (France), and open-source software audio codec manufacturer include Xiph.Org (U.S.).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Market Share Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Audio Codec Market
4.2 Audio Codec Market, By Application
4.3 Audio Codec Market, By Channel Type and Compression Type
4.4 Country-Wise Analysis of the Audio Codec Market
4.5 Audio Codec Market Size, By Region
4.6 Audio Codec Market, By Component
4.7 Audio Codec Market Life Cycle Analysis, By Application

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Audio Codec Market, By Component
5.2.1.1 Audio Codec Market for Hardware, By Channel Type
5.2.1.2 Audio Codec Market for Software, By Compression Type
5.2.2 Audio Codec Market, By Application
5.2.3 Audio Codec Market, By Geography
5.3 Evolution of Audio Codecs
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Increasing Internet Penetration and Data Traffic
5.4.1.2 Growing Mobile Phone Subscriptions
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 Decline in the Usage of Optical Media Products
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Emerging Demand for Set-Top Boxes and Video-On-Demand Services
5.4.3.2 Rising Demand for Infotainment in Passenger Cars
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Continuous Optimization of Component Size

6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Competitive Rivalry

7 Audio Codec Market, By Component (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Audio Codec Hardware, By Channel Type
7.2.1.1 Mono-Codec
7.2.1.2 Stereo Codec
7.2.1.3 Multi-Channel Codec
7.3 Software
7.3.1 Audio Codec Software, By Compression Type
7.3.1.1 Non-Compression
7.3.1.2 Lossless Compression
7.3.1.3 Lossy Compression

8 Audio Codec Market, By Application (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Desktop and Laptop
8.3 Mobile Phone and Tablet
8.4 Music & Media Device and Home Theater
8.5 Television and Gaming Console
8.6 Headphone, Headset, and Wearable Device
8.7 Automotive Infotainment
8.8 Others
8.8.1 Software Platform
8.8.2 Broadcasting
8.8.3 Audio Production and Recording
8.8.4 IP Telephony

9 Audio Codec Market, By Geography (Page No. – 82)
9.1 Introduction
9.2 Americas
9.2.1 U.S.
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.2.4 Rest of Americas
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 U.K
9.3.3 Italy
9.3.4 France
9.3.5 Netherlands
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 Japan
9.4.2 South Korea
9.4.3 China
9.4.4 Rest of APAC
9.5 RoW
9.5.1 Middle East
9.5.2 Africa

10 Competitive Landscape (Page No. – 102)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 New Product Launches
10.3.2 Acquisitions
10.3.3 Agreements, Collaborations, and Partnerships

11 Company Profiles (Page No. – 109)
(Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development)*
11.1 Introduction
11.2 Hardware Provider
11.2.1 Cirrus Logic, Inc.
11.2.2 Qualcomm Inc.
11.2.3 Realtek Semiconductor Corp.
11.2.4 Analog Devices, Inc.
11.2.5 Maxim Integrated Products, Inc.
11.2.6 Stmicroelectronics N.V.
11.2.7 Texas Instruments Inc.
11.2.8 DSP Group, Inc.
11.3 Software Provider
11.3.1 Dolby Laboratories, Inc.
11.3.2 Technicolor SA
11.3.3 Fraunhofer IIS
11.3.4 Xiph.Org

12 Appendix (Page No. – 138)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
12.5 Available Customizations
12.6 Related Reports

*Details on Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4311
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】オーディオコーデック、ハードウェア、ソフトウェア、モノコーデック、ステレオコーデック、マルチチャンネルコーデック、圧縮コーデック、オーディオコーデック、音声、パソコン、携帯電話、音楽、テレビ、ヘッドホン、自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用ロボットの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・産業用ロボットの世界市場:機能別分析/市場規模 ・産業用ロボットの世界市場:種類別分析/市場規模 ・産業用ロボットの世界市場:産業別分析/市場規模 ・産業用ロボットの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・産業用ロボットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・産業用ロボットのアメリカ市場規模予測 ・産業用ロボットのヨーロッパ市場規模予測 ・産業用ロボットのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬剤
  • 洗濯物乾燥キャビネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、洗濯物乾燥キャビネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗濯物乾燥キャビネット市場規模、技術別(通気乾燥型、ヒートポンプ乾燥型)分析、最終用途別(商業用、家庭用)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場概要 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場環境 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場動向 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場規模 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:業界構造分析 ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:技術別(通気乾燥型、ヒートポンプ乾燥型) ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・洗濯物乾燥キャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・洗濯物乾燥キャビネットのアメリカ市場規模・予測 ・洗濯物乾燥キャビネットのヨー …
  • 飼料用酸味料の世界市場:プロピオン酸、フマル酸、乳酸、ぎ酸
    当調査レポートでは、飼料用酸味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用RFIDの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用RFIDの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用RFID市場規模、製品別(RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDミドルウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用RFIDの世界市場概要 ・産業用RFIDの世界市場環境 ・産業用RFIDの世界市場動向 ・産業用RFIDの世界市場規模 ・産業用RFIDの世界市場:業界構造分析 ・産業用RFIDの世界市場:製品別(RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDミドルウェア) ・産業用RFIDの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用RFIDのアメリカ市場規模・予測 ・産業用RFIDのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用RFIDのアジア市場規模・予測 ・産業用RFIDの主要国分析 ・産業用RFIDの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用RFIDの世界市場:成長要因、課題 ・産業用RFIDの世界市場:競争環境 ・産業用RFIDの世界市場:関連企業情報( …
  • 外科用シーラント装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外科用シーラント装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外科用シーラント装置市場規模、製品別(外科用縫合・ステープリング装置、外科用接着剤・シーラント剤、電気外科用シーリング装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外科用シーラント装置の世界市場概要 ・外科用シーラント装置の世界市場環境 ・外科用シーラント装置の世界市場動向 ・外科用シーラント装置の世界市場規模 ・外科用シーラント装置の世界市場:業界構造分析 ・外科用シーラント装置の世界市場:製品別(外科用縫合・ステープリング装置、外科用接着剤・シーラント剤、電気外科用シーリング装置) ・外科用シーラント装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外科用シーラント装置の北米市場規模・予測 ・外科用シーラント装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外科用シーラント装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・外科用シーラント装置の主要国分析 ・外科用シーラント装 …
  • 活性炭素の世界市場
    当調査レポートでは、活性炭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、活性炭素の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスプラットフォームの世界市場:製品別(プロセッサ、ベースバンド、電力管理集積回路(IC)、ブロードバンド、センサー)、ハンドセット・タブレット別(エアインターフェイス、オペレーティングシステム、OEM)、用途別(民生機器、データ処理、工業、通信、その他)、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスプラットフォームの世界市場について調べ、ワイヤレスプラットフォームの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プロセッサ、ベースバンド、電力管理集積回路(IC)、ブロードバンド、センサー)分析、ハンドセット・タブレット別(エアインターフェイス、オペレーティングシステム、OEM)分析、用途別(民生機器、データ処理、工業、通信、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場概要 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場環境 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場動向 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場規模 ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場規模:製品別(プロセッサ、ベースバンド、電力管理集積回路(IC)、ブロードバンド、センサー) ・ワイヤレスプラットフォームの世界市場規模:ハンドセット・タブレット別(エアインターフェイス、オペレーティングシステム、OEM) ・ワイヤレスプラットフォームの …
  • オーストラリアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 加湿器の世界市場:気化式加湿器、超音波式加湿器
    当調査レポートでは、加湿器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加湿器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈イルミネーターの世界市場分析:技術別(透照法、赤外線技術、超音波)、用途別(静脈内アクセス、採血)、エンドユーザー別(病院、リハビリ施設、献血キャンプ、学術機関)、地域別(アメリカ、カナダ、ドイツ、英国、中国、インド、南アフリカ、サウジアラビア、ブラジル、メキシコ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、静脈イルミネーターの世界市場について調査・分析し、静脈イルミネーターの世界市場動向、静脈イルミネーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別静脈イルミネーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動ドアの世界市場:種類別(スライディング、スイング、折りたたみ、その他)、エンドユーザー別(商業、産業、住宅)
    本調査レポートでは、自動ドアの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(スライディング、スイング、折りたたみ、その他)分析、エンドユーザー別(商業、産業、住宅)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動ドアの世界市場:種類別(スライディング、スイング、折りたたみ、その他) ・自動ドアの世界市場:エンドユーザー別(商業、産業、住宅) ・自動ドアの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 通信向けクラウド課金の世界市場予測(~2021):課金種類別(統合、前払い、後払い、インターコネクト)、クラウドプラットフォーム別、導入別、需要先別、サービス別、チャージレート別、地域別
    当調査レポートでは、通信向けクラウド課金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、課金種類別分析、クラウドプラットフォーム別分析、導入別分析、需要先別分析、通信向けクラウド課金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の世界市場分析:用途別(乳児用調合乳、機能性食品・飲料、食品サプリメント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の世界市場について調査・分析し、ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の世界市場動向、ヒトミルクオリゴ糖(HMO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒトミルクオリゴ糖(HMO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高性能フルオロポリマーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、高性能フルオロポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PTFE、FEP、PFA / MFA、ETFE)分析、フォーム別(コーティング、フィルムおよび膜、チューブ)分析、エンドユーズ産業別(産業加工、輸送、電気電子、医療)分析、高性能フルオロポリマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、高性能フルオロポリマーの世界市場規模が2019年33億ドルから2024年46億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。
  • ツナ缶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ツナ缶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ツナ缶の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・魚種別市場分類 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 企業向け通信インフラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業向け通信インフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向け通信インフラの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のハンドヘルド肺活量計市場2015
    本調査レポートでは、世界のハンドヘルド肺活量計市場2015について調査・分析し、ハンドヘルド肺活量計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大気質モニターの世界市場2016-2020:政府部門、商用・住宅部門、エネルギー・製薬部門
    当調査レポートでは、大気質モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大気質モニターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肥料散布機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、肥料散布機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肥料散布機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キャスト高分子の世界市場予測(~2022年):アルミナ三水和物、炭酸カルシウム、樹脂、天然石/石英
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、キャスト高分子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、キャスト高分子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場:用途別(遺伝性疾患、がん研究)、RNAタイプ別(miRNA、mRNA、その他)、最終用途別(臨床検査、研究、コンパニオン診断)、地域別予測
    本資料は、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場について調べ、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(遺伝性疾患、がん研究)分析、RNAタイプ別(miRNA、mRNA、その他)分析、最終用途別(臨床検査、研究、コンパニオン診断)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場概要 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場環境 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場動向 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模:用途別(遺伝性疾患、がん研究) ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模 …
  • 世界及び欧州の燃焼ガス分析装置市場-分析及び展望(~2022年)
  • 自動車セキュリティ装置の世界市場:アラーム、イモビライザー、リモートキーレスエントリー(RKE)、パッシブキーレスエントリー、セントラルロッキングシステム
    当調査レポートでは、自動車セキュリティ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カッパアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカッパアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カッパアンタゴニストの概要 ・カッパアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のカッパアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カッパアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カッパアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エジプトの整形外科装置市場見通し
  • マンモグラフィーの世界市場分析:製品別(フィルムスクリーンシステム、デジタルシステム、アナログシステム、生検システム、3Dシステム)、技術別(乳房トモシンセシス、CAD、デジタル)、用途別、セグメント予測、2013 – 2025
    本調査レポートでは、マンモグラフィーの世界市場について調査・分析し、マンモグラフィーの世界市場動向、マンモグラフィーの世界市場規模、市場予測、セグメント別マンモグラフィー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アイルランドの血栓管理装置市場見通し
  • 学校用ノートパソコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校用ノートパソコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用ノートパソコンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 婦人科ロボット手術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、婦人科ロボット手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、婦人科ロボット手術の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モータスタータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モータスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モータスタータの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニッケル合金の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、ニッケル合金の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ニッケル合金シェア、市場規模推移、市場規模予測、ニッケル合金種類別分析(ロングタイプ、フラットタイプ)、ニッケル合金用途別分析(航空宇宙、発電、石油・ガス、化学、電子、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ニッケル合金の市場概観 ・ニッケル合金のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ニッケル合金のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ニッケル合金の世界市場規模 ・ニッケル合金の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ニッケル合金のアメリカ市場規模推移 ・ニッケル合金のカナダ市場規模推移 ・ニッケル合金のメキシコ市場規模推移 ・ニッケル合金のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ニッケル合金のドイツ市場規模推移 ・ニッケル合金のイギリス市場規模推移 ・ニッケル合金のロシア市場規模推移 ・ニッケル合金のアジア市場分析(日本、 …
  • 世界の分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界の分光計市場2015について調査・分析し、分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料噴射器用ノズルの世界市場:ガソリン燃料ポート噴射、ガソリン直噴、ディーゼル直噴
    当調査レポートでは、燃料噴射器用ノズルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両種類別分析、技術別分析、燃料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋根材の世界市場
    当調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・屋根材の世界市場:用途別分析/市場規模 ・屋根材の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・屋根材の世界市場:地域別分析/市場規模 ・屋根材のアメリカ市場規模予測 ・屋根材のヨーロッパ市場規模予測 ・屋根材のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • MV保護リレーの世界市場予測(~2023年):電気機械的・静的リレー、デジタル・数値リレー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、MV保護リレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(電気機械的・静的リレー、デジタル・数値リレー)分析、接続負荷別(フィーダーライン、変圧器、モーター)分析、エンドユーザー別(ユーティリティ、工業、商業・機関)分析、MV保護リレーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場分析:用途別(注射、テキスタイル、フィルム)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場動向、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリプロピレン(PP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トウモロコシ湿式製粉法の世界市場予測(~2021年):澱粉、甘味料、エタノール、グルテン飼料、グルテンミール
    当調査レポートでは、トウモロコシ湿式製粉法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、最終製品別分析、用途別分析、ソース別分析、装置別分析、トウモロコシ湿式製粉法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 雲母の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、雲母の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、雲母市場規模、用途別(エレクトロニクス、塗料・コーティング剤、建設、化粧品、その他)分析、形状種類別(自然、合成)分析、グレード別(粉末、シート、ビルドアップ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Asheville-Schoonmaker Mica Company, Daruka Minerals, Mica Manufacturing, The Premier Mica Company, USAMICAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・雲母の世界市場概要 ・雲母の世界市場環境 ・雲母の世界市場動向 ・雲母の世界市場規模 ・雲母の世界市場:業界構造分析 ・雲母の世界市場:用途別(エレクトロニクス、塗料・コーティング剤、建設、化粧品、その他) ・雲母の世界市場:形状種類別(自然、合成) ・雲母の世界市場:グレード別(粉末、シート、ビルドアップ) ・雲母の世界市場:地域別市場 …
  • ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)市場規模、最終用途別(自動車、工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場概要 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場環境 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場動向 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場規模 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場:業界構造分析 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場:最終用途別(自動車、工業、その他) ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)のアメリカ市場規模・予測 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)のアジア市場規模・予測 …
  • 地理空間イメージ分析の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、地理空間イメージ分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、収集媒体別分析、産業別分析、地域別分析、地理空間イメージ分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属インプラント・医療用合金の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、金属インプラント・医療用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(チタン、ステンレス、コバルトクロム)分析、用途別(整形外科、歯科、脊椎固定術、頭蓋顔面、ペースメーカー、ステント、除細動器、股関節、膝・肩の再建)分析、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模が2019年112億ドルから2024年176億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。
  • 乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乗用車用モーターオイル(PCMO)市場規模、用途別(乗用車、小型商用車(LCV))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場概要 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場環境 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場動向 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場規模 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場:業界構造分析 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場:用途別(乗用車、小型商用車(LCV)) ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)の北米市場規模・予測 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・乗用車用モーターオイル(PCMO)のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬剤
  • 冠動脈ステントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冠動脈ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冠動脈ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のガス給湯器市場規模・予測2017-2025:保管方法別(タンク・タンクレス/瞬時)、エンドユーズ別(住宅用・商業用)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のガス給湯器市場について調査・分析し、世界のガス給湯器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のガス給湯器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車衝突修復の世界市場2014–2025:製品別(塗料・コーティング剤、消耗品・スペアパーツ)、車種別(小型車、大型車)、サービスチャネル別(DIY、OE、DIFM)
    本調査レポートでは、自動車衝突修復の世界市場について調査・分析し、自動車衝突修復の世界市場動向、自動車衝突修復の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車衝突修復市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の概要 ・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 世界の無線充電市場規模・予測2017-2025:技術別(共鳴、誘導、RF・その他)、用途別(産業用、自動車、防衛、家電、ヘルスケア、・その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の無線充電市場について調査・分析し、世界の無線充電市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の無線充電関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 電子棚ラベルの世界市場:製品タイプ別(LCD、セグメント化された電子ペーパー、およびフルグラフィック電子ペーパー)、コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)、通信技術別(無線周波数、赤外線、近距離無線通信、その他) 、店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、非食品小売店、専門店、その他)
    本市場調査レポートでは電子棚ラベルについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品タイプ別(LCD、セグメント化された電子ペーパー、およびフルグラフィック電子ペーパー)分析、コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)分析、通信技術別(無線周波数、赤外線、近距離無線通信、その他)分析、店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、非食品小売店、専門店、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:製品タイプ別(LCD、セグメント化された電子ペーパー、およびフルグラフィック電子ペーパー) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:通信技術別(無線周波数、赤外線、近距離無線通信、その他) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スー …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"