"オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4311)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The audio codec market was valued at USD 5.49 Billion in 2015 and is expected to reach USD 7.44 Billion by 2022, at a CAGR of 4.3% between 2016 and 2022. The growth of the market is driven by the factors such as increasing Internet penetration and data traffic and growing mobile phone subscription. In almost all the regions, the consumer’s pattern is changing with the emergence of connected life in the form of connected infrastructures and machineries. Similarly, the increasing use of mobile broadband-enabled smartphones would generate an explosion of data traffic.
The fastest-growing applications and the major consumer of the audio codec are wearable device, headphone and headset, and music and media device, and home theater systems. The mobile phones and tablet are significantly manufactured at a high rate among all the consumer electronics and hence consume the highest volume of the audio codec hardware IC embedded with audio codec software. Increased demand for transmitting audio with high-fidelity (Hi-Fi) with low bit rate is generating more demand for the audio codec market.

The APAC region held the largest share of the total audio codec market in 2015. The APAC region has emerged as a major manufacturing hub for the consumer electronic industry; this has led to the majority of the market share, in terms of audio codec consumption volume, for both hardware as well as software. The market in this region has evolved into the largest producer of smartphones, laptops, TVs, and various other applications and, consequently the largest consumer of audio codec hardware IC-enabled with audio codec software across the globe and is expected to continue the same trend throughout the forecast period.

Decline in the usage of optical media products is the factor inhibiting the growth of this market. Furthermore, for audio codec manufacturing companies, the optimization of codec IC size according to the changing consumer needs and applications is not the only challenge; but to maintain its quality and reliability along with the miniaturization is the bigger challenge to overcome in the near future. However, factors such as emerging demand for set-top box (STB) and video-on-demand services and rising demand for infotainment in passenger car can generate huge opportunities for this market in the near future.

Some of the key audio codec hardware IC manufacturers include Analog Devices, Inc. (U.S.), Cirrus Logic, Inc. (U.S.), DSP Group Inc. (Israel), Maxim Integrated Products Inc. (U.S.), Qualcomm Inc. (U.S.), Realtek Semiconductor Corp. (Taiwan), STMicroelectronics N.V (Switzerland), Texas Instruments Inc. (U.S.), and DSP Group Inc. (Israel) among others. Major audio codec software providers include Dolby Laboratories, Inc. (U.S.), Fraunhofer IIS (Germany), Technicolor SA (France), and open-source software audio codec manufacturer include Xiph.Org (U.S.).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Market Share Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Audio Codec Market
4.2 Audio Codec Market, By Application
4.3 Audio Codec Market, By Channel Type and Compression Type
4.4 Country-Wise Analysis of the Audio Codec Market
4.5 Audio Codec Market Size, By Region
4.6 Audio Codec Market, By Component
4.7 Audio Codec Market Life Cycle Analysis, By Application

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Audio Codec Market, By Component
5.2.1.1 Audio Codec Market for Hardware, By Channel Type
5.2.1.2 Audio Codec Market for Software, By Compression Type
5.2.2 Audio Codec Market, By Application
5.2.3 Audio Codec Market, By Geography
5.3 Evolution of Audio Codecs
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Increasing Internet Penetration and Data Traffic
5.4.1.2 Growing Mobile Phone Subscriptions
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 Decline in the Usage of Optical Media Products
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Emerging Demand for Set-Top Boxes and Video-On-Demand Services
5.4.3.2 Rising Demand for Infotainment in Passenger Cars
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Continuous Optimization of Component Size

6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Competitive Rivalry

7 Audio Codec Market, By Component (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Audio Codec Hardware, By Channel Type
7.2.1.1 Mono-Codec
7.2.1.2 Stereo Codec
7.2.1.3 Multi-Channel Codec
7.3 Software
7.3.1 Audio Codec Software, By Compression Type
7.3.1.1 Non-Compression
7.3.1.2 Lossless Compression
7.3.1.3 Lossy Compression

8 Audio Codec Market, By Application (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Desktop and Laptop
8.3 Mobile Phone and Tablet
8.4 Music & Media Device and Home Theater
8.5 Television and Gaming Console
8.6 Headphone, Headset, and Wearable Device
8.7 Automotive Infotainment
8.8 Others
8.8.1 Software Platform
8.8.2 Broadcasting
8.8.3 Audio Production and Recording
8.8.4 IP Telephony

9 Audio Codec Market, By Geography (Page No. – 82)
9.1 Introduction
9.2 Americas
9.2.1 U.S.
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.2.4 Rest of Americas
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 U.K
9.3.3 Italy
9.3.4 France
9.3.5 Netherlands
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 Japan
9.4.2 South Korea
9.4.3 China
9.4.4 Rest of APAC
9.5 RoW
9.5.1 Middle East
9.5.2 Africa

10 Competitive Landscape (Page No. – 102)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 New Product Launches
10.3.2 Acquisitions
10.3.3 Agreements, Collaborations, and Partnerships

11 Company Profiles (Page No. – 109)
(Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development)*
11.1 Introduction
11.2 Hardware Provider
11.2.1 Cirrus Logic, Inc.
11.2.2 Qualcomm Inc.
11.2.3 Realtek Semiconductor Corp.
11.2.4 Analog Devices, Inc.
11.2.5 Maxim Integrated Products, Inc.
11.2.6 Stmicroelectronics N.V.
11.2.7 Texas Instruments Inc.
11.2.8 DSP Group, Inc.
11.3 Software Provider
11.3.1 Dolby Laboratories, Inc.
11.3.2 Technicolor SA
11.3.3 Fraunhofer IIS
11.3.4 Xiph.Org

12 Appendix (Page No. – 138)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
12.5 Available Customizations
12.6 Related Reports

*Details on Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4311
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】オーディオコーデック、ハードウェア、ソフトウェア、モノコーデック、ステレオコーデック、マルチチャンネルコーデック、圧縮コーデック、オーディオコーデック、音声、パソコン、携帯電話、音楽、テレビ、ヘッドホン、自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
オーディオコーデックの世界市場予測(~2022)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • サウジアラビアの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 世界の医療産業における3Dプリンティング市場動向・研究開発・売上予測
    当調査レポートでは、世界の医療産業における3Dプリンティング市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・世界の医療産業における3Dプリンティング市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・世界の医療産業における3Dプリンティング市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・世界の医療産業における3Dプリンティング市場:研究開発動向 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スパイス及び調味料のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパイス及び調味料のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパイス及び調味料のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスパイス及び調味料のアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均6.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Associated British Foods (ABF)• AJINOMOTO• American Spice Trading Company • Kerry • McCormick等です。
  • アメリカのオンラインファッション小売市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオンラインファッション小売市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオンラインファッション小売市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セイボリー成分の世界市場予測:酵母エキス、植物タンパク質加水分解物、動物性蛋白質加水分解物、グルタミン酸ソーダ、ヌクレオチド
    当調査レポートでは、セイボリー成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、由来別分析、地域別分析、セイボリー成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の上顎洞内視鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の上顎洞内視鏡市場2015について調査・分析し、上顎洞内視鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートパイロット装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートパイロット装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートパイロット装置の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AstraZeneca、Gilead、Novartis、Pfizer等です。
  • UAEの心臓血管補綴装置市場見通し
  • バッター&ブレッダー用プレミックスの世界市場予測:用途別、バッター種類別、ブリーダー種類別
    MarketsandMarkets社は、バッター&ブレッダー用プレミックスの世界市場規模が2019年22億ドルから2025年32億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、バッター&ブレッダー用プレミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(肉、魚介類、野菜)分析、バッター種類別(接着、天ぷら、ビール、厚手、カスタマイズ)分析、ブリーダー種類別(パン粉&フレーク、小麦粉&澱粉)分析、バッター&ブレッダー用プレミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高可用性サーバーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高可用性サーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高可用性サーバーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高可用性サーバーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCisco Systems、Dell、Hewlett Packard Enterprise Development、IBM、Lenovo等です。
  • テニスウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テニスウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テニスウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 硬質発泡体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、硬質発泡体の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 日本の睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • 壁装材の世界市場:製品種類別(壁紙、壁の鏡、壁のアート、その他)、用途別、消費者区分別(プレミアム顧客、一般顧客)、販売チャネル別(オンライン、オフライン)、地域別予測
    本資料は、壁装材の世界市場について調べ、壁装材の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(壁紙、壁の鏡、壁のアート、その他)分析、用途別分析、消費者区分別(プレミアム顧客、一般顧客)分析、販売チャネル別(オンライン、オフライン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・壁装材の世界市場概要 ・壁装材の世界市場環境 ・壁装材の世界市場動向 ・壁装材の世界市場規模 ・壁装材の世界市場規模:製品タイプ別(壁紙、壁の鏡、壁のアート、その他) ・壁装材の世界市場規模:用途別 ・壁装材の世界市場規模:消費者区分別(プレミアム顧客、一般顧客) ・壁装材の世界市場規模:販売チャネル別(オンライン、オフライン) ・壁装材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・壁装材の北米市場規模・予測 ・壁装材のアメリカ市場規模・予測 ・壁装材のヨーロッパ市場規模・予測 ・壁装材のアジア市場規模・予測 ・壁装材の日本市場規模・予測 ・壁装材の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の植込み型遠隔患者モニタリング装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、植込み型遠隔患者モニタリング装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の概要 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:開発段階別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:セグメント別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:領域別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:規制Path別分析 ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別植込み型遠隔患者モニタリング装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・植込み型遠隔患者モニタリング装置の最近動向
  • 世界のプレフィルドシリンジ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプレフィルドシリンジ市場2015について調査・分析し、プレフィルドシリンジの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胸骨閉鎖システムの世界市場:製品別(閉鎖デバイス、骨セメント)、材質別(ステンレス、PEEK、チタン)、処置別、セグメント予測
    胸骨閉鎖システムの世界市場は2025年には29億6000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、複雑な心血管系疾患に対して行われる手術の数が増加していることが考えられます。例えば、米国心臓協会(AHA)によって公表されたデータによると、2014年に米国で約520,000件の冠状動脈バイパス術(CABG)手術が行われました。さらに、毎年世界中で80万以上のCABG手術が行われるとも報告されています。本調査レポートでは、胸骨閉鎖システムの世界市場について調査・分析し、胸骨閉鎖システムの世界市場動向、胸骨閉鎖システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別胸骨閉鎖システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治験薬の状況 ・多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬の市場規模(販売予測) ・多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme (GBM))治療薬剤
  • 小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場:タイプ別(上流、中流、下流、形状摩耗)、用途別(オフショア、オンショア)、地域別予測
    本資料は、小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場について調べ、小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(上流、中流、下流、形状摩耗)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGulf Agency Company Ltd.、Agility Project Logistics Inc.、Kuehne + Nagel Company、BDP International、DB Schenker、Crown Logistics、Neovia Logistics、A.Hartrodt GmbH、SGS Logistics、SDV International Logistics、Bollore Africa Logistics Ltd.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場概要 ・小売目的の石油・ガスロジスティクスの世界市場環境 ・小売目的の …
  • 低ナトリウム血症(Hyponatremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬剤
  • 高度外傷治療管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高度外傷治療管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高度外傷治療管理市場規模、製品別(外傷治療装置、能動的外傷治療、湿潤創傷治療)分析、外傷種類別(手術創傷、火傷、傷部外傷、潰瘍、その他)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、在宅医療、地域保健センター、外来センター、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高度外傷治療管理の世界市場:市場動向分析 ・ 高度外傷治療管理の世界市場:競争要因分析 ・ 高度外傷治療管理の世界市場:製品別(外傷治療装置、能動的外傷治療、湿潤創傷治療) ・ 高度外傷治療管理の世界市場:外傷種類別(手術創傷、火傷、傷部外傷、潰瘍、その他) ・ 高度外傷治療管理の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、在宅医療、地域保健センター、外来センター、その他) ・ 高度外傷治療管理の世界市場:主要地域別分析 ・ 高度外傷治療管理の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高度外傷治療管理のヨ …
  • Neyveli Lignite Corporation Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 世界のポリイミドフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミドフィルム市場2016について調査・分析し、ポリイミドフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペプチドホルモン市場2015
    本調査レポートでは、世界のペプチドホルモン市場2015について調査・分析し、ペプチドホルモンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、放射線量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線量管理市場規模、モダリティ別(X線写真・マンモグラフィー、核医療スキャン、コンピューター断層撮影(CT)、蛍光透視・インターベンショナル撮像、その他)分析、製品・サービス別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(心臓病、整形外科、癌、その他)分析、エンドユーザー別(外来治療、研究機関・大学医療センター、病院・クリニック、診断センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 放射線量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 放射線量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 放射線量管理の世界市場:モダリティ別(X線写真・マンモグラフィー、核医療スキャン、コンピューター断層撮影(CT)、蛍光透視・インターベンショナル撮像、その他) ・ 放射線量管理の世界市場:製品・サービス別(ソフトウェア、サービス) ・ 放射線量管理の世界市場:用途別(心臓病、整形外科、癌、その他) ・ 放射線量 …
  • 航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用ドライブシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用ドライブシャフトの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、サービス)、タイプ別(セーフティ、効能、検証)、適応症別(がん、心血管疾患)、用途別(診断法の開発、創薬、疾患リスク)、地域別予測
    本資料は、バイオマーカー技術の世界市場について調べ、バイオマーカー技術の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(消耗品、サービス)分析、タイプ別(セーフティ、効能、検証)分析、適応症別(がん、心血管疾患)分析、用途別(診断法の開発、創薬、疾患リスク)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオマーカー技術の世界市場概要 ・バイオマーカー技術の世界市場環境 ・バイオマーカー技術の世界市場動向 ・バイオマーカー技術の世界市場規模 ・バイオマーカー技術の世界市場規模:製品別(消耗品、サービス) ・バイオマーカー技術の世界市場規模:タイプ別(セーフティ、効能、検証) ・バイオマーカー技術の世界市場規模:適応症別(がん、心血管疾患) ・バイオマーカー技術の世界市場規模:用途別(診断法の開発、創薬、疾患リスク) ・バイオマーカー技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオマーカー技術の北米市場規模・予測 ・バイオマーカー技術のアメリカ市場規模・予測 ・バ …
  • 自動車用カメラの世界市場:用途別(駐車支援システム、車線逸脱警報システム、アダプティブクルーズコントロールシステム、自律型緊急ブレーキシステム、死角検出)、技術別(赤外線カメラ、サーマルカメラ、デジタルカメラ)、車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、地域別予測
    本資料は、自動車用カメラの世界市場について調べ、自動車用カメラの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(駐車支援システム、車線逸脱警報システム、アダプティブクルーズコントロールシステム、自律型緊急ブレーキシステム、死角検出)分析、技術別(赤外線カメラ、サーマルカメラ、デジタルカメラ)分析、車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAptiv PLC (Delphi Automotive PLC)、Automation Engineering Inc. (mycronic ab)、Autoliv, Inc.、Continental ag、Magna International Inc.、Mobileye N.V、Omnivision Technologies Inc.、Robert Bosch Gmbh、Stonkam co., ltd.、Valeoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用カメラの世界市場概要 …
  • アメリカの電子レンジ市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの電子レンジ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの電子レンジ市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マタニティー用パーソナルケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マタニティー用パーソナルケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マタニティー用パーソナルケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 容積式ポンプの世界市場:往復ポンプ、ロータリーポンプ
    Technavioが発行した当調査レポートでは、容積式ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、容積式ポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は容積式ポンプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Flowserve、Grundfos、ITT Goulds Pumps、KSB、Sulzer等です。
  • 世界のウェットスーツ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェットスーツ市場2015について調査・分析し、ウェットスーツの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストの概要 ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のコルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のニュートリコスメティクス(経口摂取型美容製品)市場2015
    本調査レポートでは、世界のニュートリコスメティクス(経口摂取型美容製品)市場2015について調査・分析し、ニュートリコスメティクス(経口摂取型美容製品)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるリンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)の概要 ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のリンパ芽球性リンパ腫(Lymphoblastic Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リンパ芽球性リンパ腫(Lymphobl …
  • インダクタの世界市場:固定インダクタ、可変インダクタ、結合インダクタ、多層インダクタ、パワーインダクタ、面実装インダクタ
    当調査レポートでは、インダクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、インダクタ種類別分析、コア種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の原子力発電市場2016
  • 世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、南アメリカ、中東、アフリカ)
    MarketsandMarkets社は、コンクリート流動化剤の世界市場規模が2019年51億ドルから2024年73億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本書は、世界のコンクリート流動化剤市場について調査・分析し、市場概要、種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩(MLS)、ポリカルボン酸誘導体(PC)、その他)分析、フォーム別(液体、粉末)分析、用途別(レディーミックスコンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート、ショットクリート、自己圧縮コンクリート、フライアッシュコンクリート、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のコンクリート流動化剤市場:種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩(MLS)、ポリカルボン酸誘導体(PC)、その他) ・世界のコンクリート流動化剤 …
  • 世界のMOOC市場2019
    本調査レポートでは、世界のMOOC市場2019について調査・分析し、MOOCの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、MOOCのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、MOOCメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・MOOCの市場概要 ・MOOCの上流・下流市場分析 ・MOOCのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・MOOCのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・MOOCのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・MOOCの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・MOOCの北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MOOCのヨー …
  • パッカーの世界市場
    当調査レポートでは、パッカーの世界市場について調査・分析し、パッカーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • WBGパワーデバイスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、WBGパワーデバイスの世界市場について調査・分析し、WBGパワーデバイスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別WBGパワーデバイスシェア、市場規模推移、市場規模予測、WBGパワーデバイス種類別分析(GaN、SiC)、WBGパワーデバイス用途別分析(家電、自動車・交通、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・WBGパワーデバイスの市場概観 ・WBGパワーデバイスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・WBGパワーデバイスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・WBGパワーデバイスの世界市場規模 ・WBGパワーデバイスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・WBGパワーデバイスのアメリカ市場規模推移 ・WBGパワーデバイスのカナダ市場規模推移 ・WBGパワーデバイスのメキシコ市場規模推移 ・WBGパワーデバイスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・WBGパワーデバイスのドイツ市場規模推移 ・WBGパワーデバ …
  • クリーンルーム用消耗品の世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、クリーンルーム用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の発泡ガラス市場2016
    本調査レポートでは、世界の発泡ガラス市場2016について調査・分析し、発泡ガラスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スカフォード技術の世界市場の規模と予測:製品別(ヒドロゲル、マイクロパターンマイクロプレート、ポリマー・ナノファイバースカフォード)、用途別、エンドユーザー別、動向分析、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、スカフォード技術の世界市場について調査・分析し、スカフォード技術の世界市場動向、スカフォード技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別スカフォード技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 靴下類(女性用・男性用)の世界市場:種類別(シップソックス、ショートソックス、ストッキング、タイツ、その他)、用途別(成人男性、成人女性、子供)、地域別予測
    本資料は、靴下類(女性用・男性用)の世界市場について調べ、靴下類(女性用・男性用)の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(シップソックス、ショートソックス、ストッキング、タイツ、その他)分析、用途別(成人男性、成人女性、子供)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGildan、Hanesbrands、Kayser-Roth、LVMH、Golden Lady、L Brands、Wolford 、Donna Karan、Mengna、Fenli、Bonasなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・靴下類(女性用・男性用)の世界市場概要 ・靴下類(女性用・男性用)の世界市場環境 ・靴下類(女性用・男性用)の世界市場動向 ・靴下類(女性用・男性用)の世界市場規模 ・靴下類(女性用・男性用)の世界市場規模:種類別(シップソックス、ショートソックス、ストッキング、タイツ、その他) ・靴下類(女性用・男性用)の世界市場規模:用途別(成人男性、成人女性、子供) ・靴 …
  • テクニカルテキスタイルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テクニカルテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テクニカルテキスタイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子増幅技術の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、遺伝子増幅技術の世界市場について調べ、遺伝子増幅技術の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、遺伝子増幅技術の市場規模をセグメンテーション別(用途別(医療および医薬品、フォレンジックおよびアイデンティティテスト、農業および食品安全、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は遺伝子増幅技術の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・遺伝子増幅技術の市場状況 ・遺伝子増幅技術の市場規模 ・遺伝子増幅技術の市場予測 ・遺伝子増幅技術の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(医療および医薬品、フォレンジックおよびアイデンティティテスト、農業および食品安全、その他) ・遺伝子増幅技術の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)市場規模、サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場概要 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場環境 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場動向 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場規模 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:業界構造分析 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他) ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場 …
  • 幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、幼児用電動バウンサー・スイング市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、4moms, Artsana, Joie International, Kids II, Mattel, Newell Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場概要 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場環境 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場動向 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場規模 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:業界構造分析 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・幼児用電動バウンサー・スイングの北米市場規模・予測 ・幼児用電動バウンサー・スイ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"