"宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AS-4306)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The DC-DC converters market for space is projected to grow from USD 213.2 Million in 2015 to USD 268.2 Million by 2020, at a CAGR of 4.70% from 2015 to 2020. Factors influencing the growth of this market include rise in the number of satellite constellations in the world by different countries, emergence of new power architecture and emergence of digital power management and control. The space power industry is becoming highly dependent on the number of satellite launches, and number of space programs carried out by different space organizations. This has further resulted in driving the procurement of power efficient DC-DC converters for space.
In this report, the DC-DC converters market for space has been categorized into four key segments, namely, application, output power, output voltage and region. The application segment has been further categorized into remote sensing, surveillance, communication, navigation and scientific research. The output power segment includes <20w, 20-40W, 40-100W and >100W, output voltage (3.3 VDC, 5 VDC, 12 VDC, 15 VDC and others). On the basis of region, the market is classified into North America, Europe, Asia-Pacific, RoW (Rest of the World).

Among the output power segment covered in the report, the DC-DC converters market for space is dominated by the <20w power segment. This growth is mainly attributed to the low output power requirement (as low as 10watt) in most of the analog and digital equipment used in a spacecraft.

North America is the most dominant region in the DC-DC converters market for space, as of 2015, followed by Europe. This market in Asia-Pacific is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors driving the growth of this market include exponential growth in the use of paid TV channels in this region, thereby increasing the demand for effective and technologically-advanced satellite launch with power efficient devices. On the other hand, recent changes in the U.S. export administration regulations in the space industry will boost the DC-DC converters market for spaces internationally, which will positively impact the overall demand of DC-DC converters for space in this region.

Factors, such as export restrictions for the U.S. manufacturers and technical issues with commercially available converters are restraining the growth of this market.

Key players operating in the DC-DC converters market for space are Crane Aerospace and Electronics ( U.S.), Infineon Technologies Inc. (Germany), Microsemi Corporation (U.S.), Vicor Corporation (U.S.), Synqor Inc. (U.S.) and Modular Devices Inc. (U.S.). New product development is the major growth strategy adopted by players to strengthen their positions and enhance their product offerings.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Study Limitations
1.6 Market Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Size Estimation
2.1.4 Bottom-Up Approach
2.1.5 Top-Down Approach
2.1.6 Market Breakdown & Data Triangulation
2.2 Research Assumptions & Limitations
2.2.1 Assumptions
2.2.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Space DC-DC Converters Market
4.2 Space DC-DC Converter Market, By Output Voltage
4.3 Space DC-DC Converters Market, By Application
4.4 Life Cycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Drivers
5.1.1 Increased Number of Satellite Constellation
5.1.2 Use of Gan Technnology for Increased Efficiency of DC-DC Converters
5.1.3 Emergence of New Power Architectures
5.1.4 Emergence of Digital Power Management and Control
5.1.5 Increased Demand for High Performance and Cost Effective System
5.1.6 Development of Thick-Film Hybrid DC-DC Converters
5.2 Restraints
5.2.1 Inability of DC-DC Converters During Quiescent Condition
5.2.2 Export Restrictions for U.S. Manufacturers
5.2.3 Issues With Commercially Available Converters
5.3 Opportunities
5.3.1 Miniaturization of Space DC-DC Converters
5.3.2 Development of DC-DC Converters With High Switching Frequency
5.3.3 Extending the Operating Temperature of DC-DC Converters Components
5.4 Challenges
5.4.1 Development of DC-DC Converters With Low-Noise Performance
5.4.2 Power Density and Efficiency

6 Industry Trends (Page No. – 37)
6.1 Key Trends in Space Industry
6.2 Key Trends in Space DC-DC Converter Market
6.2.1 Low Power Devices
6.2.2 Miniturization of Space DC-DC Converters
6.2.3 New Architectures in Space DC-DC Converters
6.3 Supply Chain
6.4 Value Chain
6.4.1 Value-Chain
6.5 Porter’s Five Forces Analysis
6.5.1 Threat From New Entrants
6.5.2 Threat of Substitutes
6.5.3 Bargaining Power of Suppliers
6.5.4 Bargaining Power of Buyers
6.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Space DC-DC Converters Market, By Application (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Remote Sensing
7.3 Surveillance
7.4 Communication
7.5 Navigation
7.6 Scientific Research

8 Space DC-DC Converters Market, By Output Voltage (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 3.3 VDC
8.3 5 VDC
8.4 12 VDC
8.5 15 VDC

9 Space DC-DC Converters Market, By Output Power (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 <20 W
9.3 20-40 W
9.4 40-100 W
9.5 >100 W

10 Geographic Analysis (Page No. – 56)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 By Application
10.2.2 By Output Voltage
10.2.3 By Output Power
10.2.4 By Country
10.2.4.1 U.S.
10.2.4.1.1 By Application
10.2.4.1.2 By Output Voltage
10.2.4.1.3 By Output Power
10.2.4.2 Canada
10.2.4.2.1 By Application
10.2.4.2.2 By Output Voltage
10.2.4.2.3 By Output Power
10.3 Europe
10.3.1 By Application
10.3.2 By Output Voltage
10.3.3 By Output Power
10.3.4 By Country
10.3.4.1 U.K.
10.3.4.1.1 By Application
10.3.4.1.2 By Output Voltage
10.3.4.1.3 By Output Power
10.3.4.2 Russia
10.3.4.2.1 By Application
10.3.4.2.2 By Output Voltage
10.3.4.2.3 By Output Power
10.3.4.3 Italy
10.3.4.3.1 By Application
10.3.4.3.2 By Output Voltage
10.3.4.3.3 By Output Power
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 By Application
10.4.2 By Output Voltage
10.4.3 By Output Power
10.4.4 By Country
10.4.4.1 Japan
10.4.4.1.1 By Application
10.4.4.1.2 By Output Voltage
10.4.4.1.3 By Output Number
10.4.4.2 India
10.4.4.2.1 By Application
10.4.4.2.2 By Output Voltage
10.4.4.2.3 By Output Power
10.4.4.3 China
10.4.4.3.1 By Application
10.4.4.3.2 By Output Voltage
10.4.4.3.3 By Output Power
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 By Application
10.5.2 By Output Voltage
10.5.3 By Output Power
10.5.4 By Region
10.5.4.1 Latin America
10.5.4.2 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 95)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Situation and Trends
11.2.1 New Product Launches
11.2.2 Contracts & Agreements
11.2.3 Acquisitions
11.2.4 Expansions

12 Company Profile (Page No. – 103)
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, Ratio Analysis, MnM View)*
12.1 Thales Group
12.2 Infineon Technologies AG
12.3 Airbus Group SE
12.4 Microsemi Corporation
12.5 Vicor Corporation
12.6 UTC Aerospace Sysytems
12.7 Texas Instruments
12.8 Crane Aerospace and Electronics
12.9 Asp Equipment GmbH
12.10 Synqor Inc.
12.11 Sitael S.P.A
12.12 VPT Power Inc.
12.13 Modular Devices Inc.

*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 138)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)
【発行日】2016年5月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AS-4306
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】DC-DCコンバータ、宇宙航空用DC-DCコンバータ、監視用途、通信用途、研究、遠隔センシング、ナビゲーション、電圧
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ノルウェーの電気生理装置市場見通し
  • ホームセキュリティの世界市場:製品別(電子ロック、センサー、その他)、ソリューション別(医療、スキンケア製品、その他)、地域別予測
    本資料は、ホームセキュリティの世界市場について調べ、ホームセキュリティの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(電子ロック、センサー、その他)分析、ソリューション別(医療、スキンケア製品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはUnited Technologies Corporation、Honeywell International Inc、Robert Bosch GmbH、Ingersoll Rand、Allegion PLC、Control4 Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホームセキュリティの世界市場概要 ・ホームセキュリティの世界市場環境 ・ホームセキュリティの世界市場動向 ・ホームセキュリティの世界市場規模 ・ホームセキュリティの世界市場規模:製品別(電子ロック、センサー、その他) ・ホームセキュリティの世界市場規模:ソリューション別(医療、スキンケア製品、その他) ・ホームセキュリティの世界市場: …
  • スマート農業の世界市場予測(~2023年):精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、農業種類別(精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス)分析、ハードウェア別(GPS、ドローン、センサー、RFID、LEDライト)分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、スマート農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの膝関節再建装置市場見通し
  • 韓国の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • アンジオポイエチン1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオポイエチン1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオポイエチン1阻害剤の概要 ・アンジオポイエチン1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオポイエチン1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオポイエチン1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオポイエチン1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の高分子硫酸鉄(PFS)市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子硫酸鉄(PFS)市場2015について調査・分析し、高分子硫酸鉄(PFS)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの世界市場について調査・分析し、アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ラクトースフリーチーズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラクトースフリーチーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラクトースフリーチーズの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はラクトースフリーチーズの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arla Foods• McNeil Nutritionals• OMIRA Oberland-Milchverwertung• TINE等です。
  • C5a受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるC5a受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・C5a受容体アンタゴニストの概要 ・C5a受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のC5a受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・C5a受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・C5a受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • トンネルオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、トンネルオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トンネルオートメーション市場規模、コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他)分析、トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道)分析、提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ トンネルオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他) ・ トンネルオートメーションの世界市場:トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道) ・ トンネルオートメーションの世界市場:提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ トンネルオートメーションの世界市場:主要地域別分析 ・ トンネルオートメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ トンネルオートメーションのヨーロッパ市場 …
  • スマート煙感知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート煙感知器の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート煙感知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均47.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Birdi• BRK Brands• Nest Labs等です。
  • ナチュラルフレグランスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ナチュラルフレグランスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、成分別(エッセンシャルオイル、天然エキス)分析、用途別(ファインフレグランス、パーソナルケア・化粧品、家庭用ケア)分析、ナチュラルフレグランスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ナチュラルフレグランスの世界市場規模が2019年27億ドルから2024年43億ドルまで年平均9.6%成長すると予測しています。
  • 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地域冷暖房供給(DHC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地域冷暖房供給(DHC)市場規模、コンポーネント別(ボイラー、冷却器)分析、流通別(圧力ポンプ、バルブ、パイプ)分析、技術別(地域冷房、地域暖房)分析、用途別(工業、住宅、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:市場動向分析 ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:競争要因分析 ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:コンポーネント別(ボイラー、冷却器) ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:流通別(圧力ポンプ、バルブ、パイプ) ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:技術別(地域冷房、地域暖房) ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:用途別(工業、住宅、商業) ・ 地域冷暖房供給(DHC)の世界市場:主要地域別分析 ・ 地域冷暖房供給(DHC)の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 地域冷暖房供給(DHC)のヨ …
  • 世界の心臓マーカー開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、心臓マーカーのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心臓マーカーの概要 ・心臓マーカーの開発動向:開発段階別分析 ・心臓マーカーの開発動向:セグメント別分析 ・心臓マーカーの開発動向:領域別分析 ・心臓マーカーの開発動向:規制Path別分析 ・心臓マーカーの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心臓マーカーの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心臓マーカーの最近動向
  • 塗装ロボットの世界市場:タイプ別(床上設置型、壁面取り付け型、レール上装着型、その他)、用途別(内装塗装、外装塗装)、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、建設、その他)
    本資料は、塗装ロボットの世界市場について調べ、塗装ロボットの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(床上設置型、壁面取り付け型、レール上装着型、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、建設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・塗装ロボットの世界市場概要 ・塗装ロボットの世界市場環境 ・塗装ロボットの世界市場動向 ・塗装ロボットの世界市場規模 ・塗装ロボットの世界市場:タイプ別(床上設置型、壁面取り付け型、レール上装着型、その他) ・塗装ロボットの世界市場:用途別(内装塗装、外装塗装) ・塗装ロボットの世界市場:エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、建設、その他) ・塗装ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・塗装ロボットの北米市場規模・予測 ・塗装ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・塗装ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・塗装ロボットのアジア市場規模・予測 ・塗装ロボットの日本市場規模・予測 ・塗装ロボットの中国市場規 …
  • 医療産業におけるフッ素重合体の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるフッ素重合体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療産業におけるフッ素重合体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M (Dyneon)、Ashai Glass、Chemours Company、Daikin industry、Honeywell International等です。
  • マッサージオイルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マッサージオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マッサージオイルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品高圧処理(HPP)技術の世界市場2016-2026
  • 世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界の超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場2016について調査・分析し、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 殺菌剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、殺菌剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は殺菌剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Bayer、FMC、Sumitomo Chemical、Syngenta等です。
  • 膀胱癌治療の世界市場
    当調査レポートでは、膀胱癌治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、膀胱癌治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空燃料の世界市場:航空タービン燃料(ATF)、航空バイオ燃料
    当調査レポートでは、航空燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空燃料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自転車サスペンションシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自転車サスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自転車サスペンションシステム市場規模、種類別(ハードテイルサスペンション、フルサスペンション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自転車サスペンションシステムの世界市場概要 ・自転車サスペンションシステムの世界市場環境 ・自転車サスペンションシステムの世界市場動向 ・自転車サスペンションシステムの世界市場規模 ・自転車サスペンションシステムの世界市場:業界構造分析 ・自転車サスペンションシステムの世界市場:種類別(ハードテイルサスペンション、フルサスペンション) ・自転車サスペンションシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自転車サスペンションシステムの北米市場規模・予測 ・自転車サスペンションシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自転車サスペンションシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自転車サスペンションシステムの主要 …
  • クラウドストレージソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウドストレージソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入形態別分析、産業別分析、クラウドストレージソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒートポンプの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:土壌熱源ヒートポンプ、エアトゥエアヒートポンプ、ATWヒートポンプ、ハイブリッドヒートポンプ
  • スキンケア製品の世界市場分析:製品別(フェイスクリーム、ボディローション)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場動向、スキンケア製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別スキンケア製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 記憶障害(Memory Impairment):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における記憶障害(Memory Impairment)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、記憶障害(Memory Impairment)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・記憶障害(Memory Impairment)の概要 ・記憶障害(Memory Impairment)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の記憶障害(Memory Impairment)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・記憶障害(Memory Impairment)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • RFフロントエンドモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFフロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFフロントエンドモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の体外式遠隔患者監視装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、体外式遠隔患者監視装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・体外式遠隔患者監視装置の概要 ・体外式遠隔患者監視装置の開発動向:開発段階別分析 ・体外式遠隔患者監視装置の開発動向:セグメント別分析 ・体外式遠隔患者監視装置の開発動向:領域別分析 ・体外式遠隔患者監視装置の開発動向:規制Path別分析 ・体外式遠隔患者監視装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別体外式遠隔患者監視装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・体外式遠隔患者監視装置の最近動向
  • 自動リキッドハンドリング機器の世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動リキッドハンドリング機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動リキッドハンドリング機器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動リキッドハンドリング機器の世界市場が2018-2022年期間中に年平均6.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Hamilton Company、Thermo Fisher Scientific、Tecan Group等です。
  • 二輪車用スリッパークラッチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車用スリッパークラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用スリッパークラッチの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)生地の世界市場予測(~2021年):ガラス繊維生地、グラスメッシュ生地
    当調査レポートでは、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)生地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)生地の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パルプの世界市場:木材パルプ、化学パルプ、機械パルプ、非木材パルプ
    当調査レポートでは、パルプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パルプの世界市場規模及び予測、種類別分析、原料別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PBBAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PBBAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PBBAの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はPBBAの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dell EMC• HPE• IBM• Oracle• Quantum等です。
  • フライアッシュの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フライアッシュ市場規模、製品種別(クラスC、クラスF、その他)分析、生成源別(ごみ廃棄場/池、発電所)分析、用途別(煉瓦・ブロック、農業、採鉱、構造充填材、道路建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フライアッシュの世界市場:市場動向分析 ・ フライアッシュの世界市場:競争要因分析 ・ フライアッシュの世界市場:製品種別(クラスC、クラスF、その他) ・ フライアッシュの世界市場:生成源別(ごみ廃棄場/池、発電所) ・ フライアッシュの世界市場:用途別(煉瓦・ブロック、農業、採鉱、構造充填材、道路建設、その他) ・ フライアッシュの世界市場:主要地域別分析 ・ フライアッシュの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ フライアッシュのヨーロッパ市場規模 ・ フライアッシュのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・フライアッシュの世界市場:主な市 …
  • 世界の地中熱ヒートポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の地中熱ヒートポンプ市場2015について調査・分析し、地中熱ヒートポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セメントミキサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セメントミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、セメントミキサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 可視化および3Dレンダリング用ソフトウェアの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、可視化および3Dレンダリング用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラリンゲアルチューブ市場2015
    本調査レポートでは、世界のラリンゲアルチューブ市場2015について調査・分析し、ラリンゲアルチューブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場予測(~2021年):ガスクロマトグラフィー、HPLC、UPLC、NMR、マススペクトロメトリー、表面ベース質量分析、バイオインフォマティクス
    当調査レポートでは、メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、疾患別分析、地域別分析、メタボロミクス(メタボローム解析)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 消泡剤(塗料添加剤)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消泡剤(塗料添加剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消泡剤(塗料添加剤)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場について調査・分析し、ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:市場動向分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:競争要因分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:ソフトウェアタイプ別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:ハードウェア装置別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの北米市場規模・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの欧州市場・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopのアジア市場・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 量子カスケードレーザーの世界市場2017-2021:DFBレーザー、FPレーザー、ECレーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、量子カスケードレーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、量子カスケードレーザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は量子カスケードレーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAdTech Optics、Block Engineering、Hamamatsu Photonics、Pranalytica、Thorlabs等です。
  • 空港キヨスクの世界市場
    当調査レポートでは、空港キヨスクの世界市場について調査・分析し、空港キヨスクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用照明の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動車用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(ハロゲン、LED、キセノン)分析、位置別(フロント、サイド、リア、インテリア)分析、用途別(ヘッド、サイド、テール、フォグ、DRL、CHMSL、ダッシュボード、グローブボックス、読書、ドーム、リアビューミラー)分析、適応照明別分析、自動車用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用照明の世界市場規模が2019年184億万ドルから2027年233億万ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • 高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デコイフレアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デコイフレアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デコイフレア市場規模、用途別(航空機、回転翼機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デコイフレアの世界市場概要 ・デコイフレアの世界市場環境 ・デコイフレアの世界市場動向 ・デコイフレアの世界市場規模 ・デコイフレアの世界市場:業界構造分析 ・デコイフレアの世界市場:用途別(航空機、回転翼機) ・デコイフレアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デコイフレアのアメリカ市場規模・予測 ・デコイフレアのヨーロッパ市場規模・予測 ・デコイフレアのアジア市場規模・予測 ・デコイフレアの主要国分析 ・デコイフレアの世界市場:意思決定フレームワーク ・デコイフレアの世界市場:成長要因、課題 ・デコイフレアの世界市場:競争環境 ・デコイフレアの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 脂質栄養の世界市場予測(~2022年):オメガ3、オメガ6、MCT
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、脂質栄養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"