"宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-AS-4306)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The DC-DC converters market for space is projected to grow from USD 213.2 Million in 2015 to USD 268.2 Million by 2020, at a CAGR of 4.70% from 2015 to 2020. Factors influencing the growth of this market include rise in the number of satellite constellations in the world by different countries, emergence of new power architecture and emergence of digital power management and control. The space power industry is becoming highly dependent on the number of satellite launches, and number of space programs carried out by different space organizations. This has further resulted in driving the procurement of power efficient DC-DC converters for space.
In this report, the DC-DC converters market for space has been categorized into four key segments, namely, application, output power, output voltage and region. The application segment has been further categorized into remote sensing, surveillance, communication, navigation and scientific research. The output power segment includes <20w, 20-40W, 40-100W and >100W, output voltage (3.3 VDC, 5 VDC, 12 VDC, 15 VDC and others). On the basis of region, the market is classified into North America, Europe, Asia-Pacific, RoW (Rest of the World).

Among the output power segment covered in the report, the DC-DC converters market for space is dominated by the <20w power segment. This growth is mainly attributed to the low output power requirement (as low as 10watt) in most of the analog and digital equipment used in a spacecraft.

North America is the most dominant region in the DC-DC converters market for space, as of 2015, followed by Europe. This market in Asia-Pacific is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors driving the growth of this market include exponential growth in the use of paid TV channels in this region, thereby increasing the demand for effective and technologically-advanced satellite launch with power efficient devices. On the other hand, recent changes in the U.S. export administration regulations in the space industry will boost the DC-DC converters market for spaces internationally, which will positively impact the overall demand of DC-DC converters for space in this region.

Factors, such as export restrictions for the U.S. manufacturers and technical issues with commercially available converters are restraining the growth of this market.

Key players operating in the DC-DC converters market for space are Crane Aerospace and Electronics ( U.S.), Infineon Technologies Inc. (Germany), Microsemi Corporation (U.S.), Vicor Corporation (U.S.), Synqor Inc. (U.S.) and Modular Devices Inc. (U.S.). New product development is the major growth strategy adopted by players to strengthen their positions and enhance their product offerings.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Study Limitations
1.6 Market Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Size Estimation
2.1.4 Bottom-Up Approach
2.1.5 Top-Down Approach
2.1.6 Market Breakdown & Data Triangulation
2.2 Research Assumptions & Limitations
2.2.1 Assumptions
2.2.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Space DC-DC Converters Market
4.2 Space DC-DC Converter Market, By Output Voltage
4.3 Space DC-DC Converters Market, By Application
4.4 Life Cycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Drivers
5.1.1 Increased Number of Satellite Constellation
5.1.2 Use of Gan Technnology for Increased Efficiency of DC-DC Converters
5.1.3 Emergence of New Power Architectures
5.1.4 Emergence of Digital Power Management and Control
5.1.5 Increased Demand for High Performance and Cost Effective System
5.1.6 Development of Thick-Film Hybrid DC-DC Converters
5.2 Restraints
5.2.1 Inability of DC-DC Converters During Quiescent Condition
5.2.2 Export Restrictions for U.S. Manufacturers
5.2.3 Issues With Commercially Available Converters
5.3 Opportunities
5.3.1 Miniaturization of Space DC-DC Converters
5.3.2 Development of DC-DC Converters With High Switching Frequency
5.3.3 Extending the Operating Temperature of DC-DC Converters Components
5.4 Challenges
5.4.1 Development of DC-DC Converters With Low-Noise Performance
5.4.2 Power Density and Efficiency

6 Industry Trends (Page No. – 37)
6.1 Key Trends in Space Industry
6.2 Key Trends in Space DC-DC Converter Market
6.2.1 Low Power Devices
6.2.2 Miniturization of Space DC-DC Converters
6.2.3 New Architectures in Space DC-DC Converters
6.3 Supply Chain
6.4 Value Chain
6.4.1 Value-Chain
6.5 Porter’s Five Forces Analysis
6.5.1 Threat From New Entrants
6.5.2 Threat of Substitutes
6.5.3 Bargaining Power of Suppliers
6.5.4 Bargaining Power of Buyers
6.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Space DC-DC Converters Market, By Application (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Remote Sensing
7.3 Surveillance
7.4 Communication
7.5 Navigation
7.6 Scientific Research

8 Space DC-DC Converters Market, By Output Voltage (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 3.3 VDC
8.3 5 VDC
8.4 12 VDC
8.5 15 VDC

9 Space DC-DC Converters Market, By Output Power (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 <20 W
9.3 20-40 W
9.4 40-100 W
9.5 >100 W

10 Geographic Analysis (Page No. – 56)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 By Application
10.2.2 By Output Voltage
10.2.3 By Output Power
10.2.4 By Country
10.2.4.1 U.S.
10.2.4.1.1 By Application
10.2.4.1.2 By Output Voltage
10.2.4.1.3 By Output Power
10.2.4.2 Canada
10.2.4.2.1 By Application
10.2.4.2.2 By Output Voltage
10.2.4.2.3 By Output Power
10.3 Europe
10.3.1 By Application
10.3.2 By Output Voltage
10.3.3 By Output Power
10.3.4 By Country
10.3.4.1 U.K.
10.3.4.1.1 By Application
10.3.4.1.2 By Output Voltage
10.3.4.1.3 By Output Power
10.3.4.2 Russia
10.3.4.2.1 By Application
10.3.4.2.2 By Output Voltage
10.3.4.2.3 By Output Power
10.3.4.3 Italy
10.3.4.3.1 By Application
10.3.4.3.2 By Output Voltage
10.3.4.3.3 By Output Power
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 By Application
10.4.2 By Output Voltage
10.4.3 By Output Power
10.4.4 By Country
10.4.4.1 Japan
10.4.4.1.1 By Application
10.4.4.1.2 By Output Voltage
10.4.4.1.3 By Output Number
10.4.4.2 India
10.4.4.2.1 By Application
10.4.4.2.2 By Output Voltage
10.4.4.2.3 By Output Power
10.4.4.3 China
10.4.4.3.1 By Application
10.4.4.3.2 By Output Voltage
10.4.4.3.3 By Output Power
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 By Application
10.5.2 By Output Voltage
10.5.3 By Output Power
10.5.4 By Region
10.5.4.1 Latin America
10.5.4.2 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 95)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Situation and Trends
11.2.1 New Product Launches
11.2.2 Contracts & Agreements
11.2.3 Acquisitions
11.2.4 Expansions

12 Company Profile (Page No. – 103)
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, Ratio Analysis, MnM View)*
12.1 Thales Group
12.2 Infineon Technologies AG
12.3 Airbus Group SE
12.4 Microsemi Corporation
12.5 Vicor Corporation
12.6 UTC Aerospace Sysytems
12.7 Texas Instruments
12.8 Crane Aerospace and Electronics
12.9 Asp Equipment GmbH
12.10 Synqor Inc.
12.11 Sitael S.P.A
12.12 VPT Power Inc.
12.13 Modular Devices Inc.

*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 138)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)
【発行日】2016年5月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-AS-4306
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】DC-DCコンバータ、宇宙航空用DC-DCコンバータ、監視用途、通信用途、研究、遠隔センシング、ナビゲーション、電圧
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 月経カップのベトナム市場:再利用可能月経カップ、使い捨て月経カップ
  • アルファ1-アンチトリプシン薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アルファ1-アンチトリプシン薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルファ1-アンチトリプシン薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防水コネクタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防水コネクタの世界市場について調査・分析し、防水コネクタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防水コネクタシェア、市場規模推移、市場規模予測、防水コネクタ種類別分析(パネルシールド型、全密閉型)、防水コネクタ用途別分析(無線機器、戦術無線、屋外センサ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防水コネクタの市場概観 ・防水コネクタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防水コネクタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防水コネクタの世界市場規模 ・防水コネクタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防水コネクタのアメリカ市場規模推移 ・防水コネクタのカナダ市場規模推移 ・防水コネクタのメキシコ市場規模推移 ・防水コネクタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防水コネクタのドイツ市場規模推移 ・防水コネクタのイギリス市場規模推移 ・防水コネクタのロシア市場規模推移 ・防水コネクタのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • オイルミストセパレータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オイルミストセパレータの世界市場について調査・分析し、オイルミストセパレータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オイルミストセパレータシェア、市場規模推移、市場規模予測、オイルミストセパレータ種類別分析()、オイルミストセパレータ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オイルミストセパレータの市場概観 ・オイルミストセパレータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オイルミストセパレータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オイルミストセパレータの世界市場規模 ・オイルミストセパレータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オイルミストセパレータのアメリカ市場規模推移 ・オイルミストセパレータのカナダ市場規模推移 ・オイルミストセパレータのメキシコ市場規模推移 ・オイルミストセパレータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オイルミストセパレータのドイツ市場規模推移 ・オイルミストセパレータのイギリス市 …
  • 神経血管用機器の世界市場
    当調査レポートでは、神経血管用機器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・神経血管用機器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・神経血管用機器の世界市場:製品別分析/市場規模 ・神経血管用機器の世界市場:技術別分析/市場規模 ・神経血管用機器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・神経血管用機器のアメリカ市場規模予測 ・神経血管用機器のヨーロッパ市場規模予測 ・神経血管用機器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • タバコ包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、タバコ包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タバコ包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロ灌漑市場規模・予測2017-2025:種類別(マイクロスプリンクラー、点滴)、用途別(作物、果実園作物・ワイン葡萄園・プランテーション作物)、エンドユーザー別(産業用・農家用)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のマイクロ灌漑市場について調査・分析し、世界のマイクロ灌漑市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のマイクロ灌漑関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のベリリウム・アルミニウム合金市場2016
    本調査レポートでは、世界のベリリウム・アルミニウム合金市場2016について調査・分析し、ベリリウム・アルミニウム合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カポジ肉腫(Kaposi’s Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の概要 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • ニューロテンシン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロテンシン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロテンシン受容体アゴニストの概要 ・ニューロテンシン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロテンシン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロテンシン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロテンシン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • IGBT電源モジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、IGBT電源モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IGBT電源モジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インベルターゼの世界市場:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)、ソース別(植物、微生物)、地域別予測
    本資料は、インベルターゼの世界市場について調べ、インベルターゼの世界規模、市場動向、市場環境、産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)分析、ソース別(植物、微生物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSigma-Aldrich Co. LLC、Koninklijke DSM N.V.、Parchem Fine & Speciality Chemicals、SternEnzym GmbH & Co. KG、Kerry Inc.、Meteoric Exim Private Ltd.、MP Biomedicals LLC、BIO-CAT、Megazyme Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インベルターゼの世界市場概要 ・インベルターゼの世界市場環境 ・インベルターゼの世界市場動向 ・インベルターゼの世界市場規模 ・インベルターゼの世界市場規模:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他) ・インベルターゼの世界 …
  • ホームセキュリティソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ホームセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホームセキュリティソリューション市場規模、住宅タイプ別(集合住宅、戸建て住宅、コンドミニアム)分析、製品別(警報器、カメラ、消火スプリンクラー・消火器、センサー、非常ボタン、電子ロック)分析、ソリューション別(防火装置、アクセス制御・管理ソリューション、統合セキュリティソリューション、侵入者警告ソリューション、ビデオ監視ソリューション、インターホン装置、医療警報システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:住宅タイプ別(集合住宅、戸建て住宅、コンドミニアム) ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:製品別(警報器、カメラ、消火スプリンクラー・消火器、センサー、非常ボタン、 …
  • 過活動膀胱(Overactive Bladder):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、過活動膀胱(Overactive Bladder)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・過活動膀胱(Overactive Bladder):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・過活動膀胱(Overactive Bladder)のフェーズ3治験薬の状況 ・過活動膀胱(Overactive Bladder)治療薬の市場規模(販売予測) ・過活動膀胱(Overactive Bladder)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・過活動膀胱(Overactive Bladder)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の過活動膀胱(Overactive Bladder)治療薬剤
  • ガス絶縁変電所の上位25社
  • 世界のスポーツ用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツ用品市場2015について調査・分析し、スポーツ用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの整形外科装置市場見通し
  • 一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea)の概要 ・一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・一次性月経困難症(Primary Dysmenorrhea)治療薬の評価    …
  • PCB設計ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、PCB設計ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:産業別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・PCB設計ソフトウェアのアメリカ市場規模予測 ・PCB設計ソフトウェアのヨーロッパ市場規模予測 ・PCB設計ソフトウェアのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 電波暗室の世界市場予測2019-2024
    「電波暗室の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、自由音場、半自由音場など、用途別には、Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。電波暗室のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・電波暗室の世界市場概要(サマリー) ・電波暗室の企業別販売量・売上 ・電波暗室の企業別市場シェア ・電波暗室の世界市場規模:種類別(自由音場、半自由音場) ・電波暗室の世界市場規模:用途別(Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Others) ・電波暗室の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・電波暗室のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・電波暗室の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、 …
  • 特殊照明の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、特殊照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、光源別(LED、ハロゲンランプ、キセノン電球、白熱灯)分析、用途別(エンターテイメント、医療、UVランプ)分析、特殊照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、特殊照明の世界市場規模が2019年54億ドルから2024年72億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。
  • DRaaS(ディザスタリカバリサービス)の世界市場
    当調査レポートでは、DRaaS(ディザスタリカバリサービス)の世界市場について調査・分析し、DRaaS(ディザスタリカバリサービス)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の熱膨張計市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • プロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロゲステロン受容体アンタゴニストの概要 ・プロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロゲステロン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロゲステロン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロゲステロン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 発電機レンタルの米州市場
    当調査レポートでは、発電機レンタルの米州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電機レンタルの米州市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • くもり止め蓋フィルムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、くもり止め蓋フィルムの世界市場について調べ、くもり止め蓋フィルムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、くもり止め蓋フィルムの市場規模をセグメンテーション別(材料別(PE、PP、PET、EVOH、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はくもり止め蓋フィルムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・くもり止め蓋フィルムの市場状況 ・くもり止め蓋フィルムの市場規模 ・くもり止め蓋フィルムの市場予測 ・くもり止め蓋フィルムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(PE、PP、PET、EVOH、その他) ・くもり止め蓋フィルムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 股・膝整形外科用インプラントの世界市場
    当調査レポートでは、股・膝整形外科用インプラントの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:置換インプラント別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:技術別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントのアメリカ市場規模予測 ・股・膝整形外科用インプラントのヨーロッパ市場規模予測 ・股・膝整形外科用インプラントのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動下書き
  • 連続生産の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、連続生産の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、連続生産の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波装置の世界市場2016-2020:超音波診断、超音波治療
    当調査レポートでは、超音波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 生鮮食品包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生鮮食品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生鮮食品包装市場規模、材料別(金属、二軸配向ポリエチレンテレフタレート(BOPET)、紙・板紙、ポリエチレン、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ガラス、木材、繊維、剛性プラスチック、可撓性プラスチック、その他)分析、厚さ別(3.6–5.5mil、3.5mil以下、5.6mil以上)分析、技術別(調整ふん囲気包装、インテリジェントパッケージング、ガセット袋、フレキシブルペーパー、段ボール箱、缶、無菌包装、抗菌包装、アクティブパッケージ、板紙、コンバーテッドロールストック、フレキシブルパック、スタンドアップポーチ、ウィケット袋、その他)分析、用途別(赤ちゃん用栄養、ベーカリー製品、バー・ビスケット・シリアル、お菓子、料理用器具・スプレッド、クリスプ・スナック・ナッツ、乳製品・アイスクリーム、果物、肉製品。インスタント食品、シーフード、野菜、鶏肉、その他)分析、POS別(小売、卸)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構 …
  • 熱交換器の世界市場:シェル&チューブ式、プレート&フレーム式、空冷式
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、分類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • P2P融資の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、P2P融資の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、P2P融資の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハウス用フィルムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ハウス用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、厚さ別分析、幅別分析、地域別分析、ハウス用フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるセロファン市場2018-2023
    本調査レポートでは、セロファンの世界市場について調査・分析し、セロファンの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(無色セロファン、カラーセロファン)、用途別市場規模(食品、医薬品、電子機器、化学工業、油田産業、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、セロファンの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・セロファンの世界市場概要 ・セロファンの企業別市場シェア ・セロファンの地域別市場規模 ・セロファンの種類別市場規模(無色セロファン、カラーセロファン) ・セロファンの用途別市場規模(食品、医薬品、電子機器、化学工業、油田産業、その他) ・セロファンの主要企業分析 ・セロファンの北米市場規模 ・セロファンの米国市場規模 ・セロファンの南米市場規模 ・セロファンの欧州市場規模 ・セロファンのアジア市場規模 ・セロファンの日本国内 …
  • RFID製品の世界市場予測(~2023年):RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDソフトウェア
    当調査レポートでは、RFID製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、RFID製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバ無線(RFoF)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、光ファイバ無線(RFoF)の世界市場について調査・分析し、光ファイバ無線(RFoF)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別光ファイバ無線(RFoF)シェア、市場規模推移、市場規模予測、光ファイバ無線(RFoF)種類別分析(3GHz未満、3GHz、6GHz、8GHz、15GHz、20GHz、40GHz)、光ファイバ無線(RFoF)用途別分析(民間用途、軍事用途)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・光ファイバ無線(RFoF)の市場概観 ・光ファイバ無線(RFoF)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・光ファイバ無線(RFoF)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・光ファイバ無線(RFoF)の世界市場規模 ・光ファイバ無線(RFoF)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・光ファイバ無線(RFoF)のアメリカ市場規模推移 ・光ファイバ無線(RFoF)のカナダ市場規模推移 ・光ファイバ無線(RFoF)のメキシコ市場規模推移 ・光ファイバ無線(RFoF)の …
  • 世界のメタロセン系ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタロセン系ワックス市場2015について調査・分析し、メタロセン系ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 避妊スポンジの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避妊スポンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避妊スポンジの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の概要 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 印刷テープの世界市場分析:原材料別(ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル)、製品別(アクリル、ホットメルト、天然ゴム)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、印刷テープの世界市場について調査・分析し、印刷テープの世界市場動向、印刷テープの世界市場規模、市場予測、セグメント別印刷テープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニューロモーフィックコンピューターの世界市場:用途別(信号処理、画像処理、データ処理、オブジェクト検出)、最終用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ニューロモーフィックコンピューターの世界市場について調査・分析し、ニューロモーフィックコンピューターの世界市場動向、ニューロモーフィックコンピューターの世界市場規模、市場予測、セグメント別ニューロモーフィックコンピューター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 淡水化装置の世界市場分析
    本調査レポートでは、淡水化装置の世界市場について調査・分析し、淡水化装置の世界市場動向、淡水化装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別淡水化装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドイツの電気生理学装置市場(~2021)
  • 中国の上顎洞内視鏡市場2015
    本調査レポートでは、中国の上顎洞内視鏡市場2015について調査・分析し、上顎洞内視鏡の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 固定工具インサートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、固定工具インサートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固定工具インサートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非致死性兵器の世界市場:直接接触式兵器、指向性エネルギー兵器
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、製品種類別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの水力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 交通安全(ロードセーフティ)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別(赤色灯、スピード、バスレーン、セクションエンフォースメント、ALPR / ANPR、およびインシデント検出・対応)分析、サービス別(コンサルティング&トレーニング、システムインテグレーション&デプロイ、サポート&メンテナンス)分析、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年47億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"