"ワックスエマルションの世界市場:ポリエチレン、パラフィン、カルナバ、ポリプロピレン"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-4308)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ワックスエマルションの世界市場:ポリエチレン、パラフィン、カルナバ、ポリプロピレン"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global wax emulsion market was valued at USD 2.6 Million in 2015, and is projected to reach USD 3.2 Million by 2021, at a CAGR of 3.9% from 2016 to 2021. No substitutes along with the demand from end-user industries such as paints & coatings, adhesives & sealants, cosmetics, and others drive the global wax emulsion market during the forecast period.
The polyethylene type segment dominated the global wax emulsion market in 2015 and is expected to continue the same during the forecast period. This growth is mainly attributed to the rise in construction activities in emerging economies and the absence of close substitute for wax emulsion. Physical attributes such as water-repellence, abrasion resistance, slip control, lubrication, and anti-blocking are also contributing towards the growth of polyethylene as the most preferred material for wax emulsion.

Synthetic wax emulsions are being used in majority of the applications and thus this material base segment accounts for more than 50% of the overall wax emulsion market. Increasing demand from industries such as paints & coatings, cosmetics, and construction is driving the growth of this segment.

Paints & coatings, adhesives & sealants, cosmetics, and textiles are the major end-use industries for wax emulsion market. Paints & coatings contributed the largest market share in 2015. Properties such as ease of use, physical stability, and environment friendly lead to the popularity of wax emulsion in paints & coatings industry instead of solvents. However, the textiles segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period. Improved tear resistance, fabric softening, heat setting, reduced needle cutting are some of the added benefits of using wax emulsion in textiles.

The Asia-Pacific region dominated the global wax emulsion market in 2015. The increasing demand from the industries such as paints & coatings and adhesives & sealants is likely to trigger the growth in wax emulsion market in this region. Easy availability and cost effective labor which is driving the demand for wax emulsions in this region.

However, factors such as volatility in crude oil prices, low product differentiation, highly consolidated market are expected to restrict the market growth for wax emulsion.

Michelman Inc. (U.S.) is one of the most active players in the global wax emulsion market. The company expanded its business in different regions to increase its global reach and cater to the diversified demands of its customers. The company also made efforts to modify and innovate its product series over the last five years. Companies operational in the market have been focusing on improved quality of their products and services. BASF SE (Germany) also expanded its production facility in China. Altana AG (Germany) entered into an agreement with Spanish technology research center (ITENE) to improve its R&D abilities. In addition, the company has acquired several wax additive manufacturers in the U.S., along with various expansion activities at different locations across the globe.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ワックスエマルションの世界市場:ポリエチレン、パラフィン、カルナバ、ポリプロピレン"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Asia-Pacific Expected to Witness Significant Growth in the Wax Emulsion Market
4.2 Wax Emulsion Market: Key Regions
4.3 Wax Emulsion Market in Asia-Pacific
4.4 Wax Emulsion Market, By Type
4.5 Wax Emulsion Market: Emerging vs Developed Nations
4.6 Wax Emulsion Market, By Material Base
4.7 Lifecycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Wax Emulsion Market, By Material Base
5.2.2 Wax Emulsion Market, By Type
5.2.3 Wax Emulsion Market, By End-Use Industry
5.2.4 Wax Emulsion Market, By Region
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 No Close Substitute
5.3.1.2 Growth of End-Use Industries
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Fluctuations in the Crude Oil Prices
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increasing Demand From the Cosmetics and Construction Industries
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Limited Investments in New Product Development

6 Industry Trends (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Force Analysis
6.3.1 Bargaining Power of Suppliers
6.3.1.1 Fluctuation in Crude Oil Prices
6.3.1.2 Large Number of Raw Material Suppliers
6.3.1.3 Forward Integration By Various Companies
6.3.2 Threat of New Entrants
6.3.2.1 Highly Consolidated Market
6.3.2.2 Small Players Restricted to Local Markets
6.3.3 Threat of Substitutes
6.3.3.1 Limited Number of Substitutes
6.3.3.2 Low Product Differentiation
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.4.1 Large Number of Suppliers
6.3.5 Intensity of Rivalry
6.3.5.1 Market Dominated By A Few Well-Established Players
6.3.5.2 Low Product Differentiation and Brand Essence

7 Wax Emulsion Market, By Material Base (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Synthetic Base Wax Emulsion
7.3 Natural Base Wax Emulsion

8 Wax Emulsion Market, By Type (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.1.1 Polyethylene
8.1.2 Polypropylene
8.1.3 Paraffin
8.1.4 Carnauba
8.1.5 Others

9 Wax Emulsion Market, By End-Use Industry (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Paints & Coatings
9.3 Adhesives & Sealants
9.4 Cosmetics
9.5 Textiles
9.6 Others

10 Wax Emulsion Market, By Region (Page No. – 75)
10.1 Introduction
10.2 Asia-Pacific
10.3 North America
10.4 Europe
10.5 Rest of the World

11 Competitive Landscape (Page No. – 109)
11.1 Introduction
11.1.1 Expansion: the Most Popular Growth Strategy
11.2 Maximum Developments in 2015
11.3 Michelman, Inc.: the Most Active Player
11.4 Competitive Situation & Trends
11.5 New Product Launches
11.6 Mergers & Acquisitions
11.7 Partnerships, Agreements, & Collaborations
11.8 Expansions

12 Company Profiles (Page No. – 115)
12.1 Introduction
12.2 BASF SE
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products & Services Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 SWOT Analysis
12.2.5 MnM View
12.2.5.1 Strategic Outlook
12.2.5.2 Financial Performance and Product Mix
12.3 Nippon Seiro Co., Ltd.
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products & Services Offered
12.3.3 SWOT Analysis
12.3.4 MnM View
12.3.4.1 Financial Performance
12.3.4.2 Product Mix
12.4 Altana AG
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products & Services Offered
12.4.3 Recent Developments
12.4.4 SWOT Analysis
12.4.5 MnM View
12.4.5.1 Strategic Outlook
12.4.5.2 Financial Performance
12.4.5.3 Product Mix
12.5 Sasol Ltd.
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products & Services Offered
12.5.3 Recent Developments
12.5.4 SWOT Analysis
12.5.5 MnM View
12.5.5.1 Strategic Overview
12.5.5.2 Financial Performance
12.5.5.3 Product Mix
12.6 The Dow Chemical Company
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products and Services Offered
12.6.3 Recent Developments
12.6.4 SWOT Analysis
12.6.5 MnM View
12.6.5.1 Strategic Outlook
12.6.5.2 Financial Performance and Product Mix
12.7 Exxon Mobil Corporation
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products & Services Offered
12.7.3 SWOT Analysis
12.7.4 MnM View
12.8 Momentive Performance Materials Inc.
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products & Services Offered
12.8.3 SWOT Analysis
12.8.4 MnM View
12.9 Michelman, Inc.
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products & Services Offered
12.9.3 Recent Developments
12.9.4 MnM View
12.10 Lubrizol Corporation
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products & Services Offered
12.10.3 Recent Developments
12.10.4 MnM View
12.11 Danquinsa GmbH
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products & Services Offered
12.11.3 MnM View

13 Appendix (Page No. – 141)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ワックスエマルションの世界市場:ポリエチレン、パラフィン、カルナバ、ポリプロピレン
【発行日】2016年5月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-4308
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】ワックスエマルション、ポリエチレンワックス、パラフィンワックス、カルナバワックス、ポリプロピレンワックス、合成ワックス、天然ワックス、塗料、接着剤、ワックスエマルション用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ワックスエマルションの世界市場:ポリエチレン、パラフィン、カルナバ、ポリプロピレンについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 炭素繊維(CF)および炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、炭素繊維(CF)および炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、樹脂種類別分析、製造方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ブレーキブースターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ブレーキブースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ブレーキブースターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サプライチェーン分析の世界市場分析:ソリューション別(企画調達、製造、販売&運営、物流分析、ビジュアライゼーション・レポート)、展開別、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サプライチェーン分析の世界市場について調査・分析し、サプライチェーン分析の世界市場動向、サプライチェーン分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別サプライチェーン分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場
    当調査レポートでは、アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの概要 ・レチノイドx受容体ベータアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイドx受容体ベータアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイドx受容体ベータアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイドx受容体ベータアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血液培養テストの世界市場:方式(自動、手動)、製品(消耗品、装置)、技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、血液培養テストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方式別分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラシ付DCモーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブラシ付DCモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブラシ付DCモーターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・定格別市場分類 ・エンドユーザ―別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • ピストンシールの世界市場2017-2021:ダブルアクティング型、シングルアクティング型、カスタム設計型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ピストンシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピストンシールの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はピストンシールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Freudenberg Sealing Technologies、Kastas Sealing Technologies、Parker Hannifin、SKF、Trelleborg Sealing Solutions等です。
  • 薬剤溶出性バルーン(DEBs)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、薬剤溶出性バルーン(DEBs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、薬剤溶出性バルーン(DEBs)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 小型ドローンの世界市場:軍用、商用、マイクロ、ミニ、ナノ
    当調査レポートでは、小型ドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、サイズ別分析、ペイロード別分析、推進システム別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リンパ球機能関連抗原1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリンパ球機能関連抗原1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リンパ球機能関連抗原1アンタゴニストの概要 ・リンパ球機能関連抗原1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のリンパ球機能関連抗原1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リンパ球機能関連抗原1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リンパ球機能関連抗原1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 双極性障害市場:日本の治療薬市場
  • 航空機用ベアリングの世界市場予測(~2022年):ころ軸受、玉軸受
    当調査レポートでは、航空機用ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、材料別分析、航空機種類別分析、航空機用ベアリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用ドアフレーム市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ドアフレーム市場2016について調査・分析し、自動車用ドアフレームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バッグの世界市場2017-2021:トラベルバッグ、カジュアルバッグ、ビジネスバッグ
    当調査レポートでは、バッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バッグの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインチュータリングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オンラインチュータリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンラインチュータリング市場規模、コース別(STEM、語学コース、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Chegg, Club Z! Tutoring, Education First, Fleet Education Services, Kaplan, Pearsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンラインチュータリングの世界市場概要 ・オンラインチュータリングの世界市場環境 ・オンラインチュータリングの世界市場動向 ・オンラインチュータリングの世界市場規模 ・オンラインチュータリングの世界市場:業界構造分析 ・オンラインチュータリングの世界市場:コース別(STEM、語学コース、その他) ・オンラインチュータリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラインチュータリングの北米市場規模・予測 ・オンラインチュータリングのヨーロッパ・中東・ …
  • リン酸エステルの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、リン酸エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの燃料電池技術市場予測(~2021)
  • エンタープライズ検索の世界市場分析:エンドユーザー別(政府・商業施設、銀行・金融、ヘルスケア、小売)、企業規模別(小、中、大)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エンタープライズ検索の世界市場について調査・分析し、エンタープライズ検索の世界市場動向、エンタープライズ検索の世界市場規模、市場予測、セグメント別エンタープライズ検索市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハース(暖房装置)の世界市場予測(~2022年):暖炉、ストーブ、インサート
    当調査レポートでは、ハース(暖房装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、燃料種類別分析、製品種類別分析、デザイン別分析、場所別分析、ハース(暖房装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属加工用流体の世界市場分析:製品別(ミネラル、合成、バイオベース)、用途別(ニート切削油、水溶性切削油、腐食防止油)、セグメント予測
    本調査レポートでは、金属加工用流体の世界市場について調査・分析し、金属加工用流体の世界市場動向、金属加工用流体の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属加工用流体市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオマス加熱プラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バイオマス加熱プラントの世界市場について調査・分析し、バイオマス加熱プラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオマス加熱プラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオマス加熱プラント種類別分析(<5 MW、10-20 MW、その他)、バイオマス加熱プラント用途別分析(発電、熱分配)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオマス加熱プラントの市場概観 ・バイオマス加熱プラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオマス加熱プラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオマス加熱プラントの世界市場規模 ・バイオマス加熱プラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バイオマス加熱プラントのアメリカ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのカナダ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのメキシコ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・バイオマス加熱プラントのドイツ市 …
  • パーソナルケアの専門成分の世界市場分析:製品別(アクティブ(界面活性剤(両性、アニオン性、カチオン性の、非イオン性)、エモリエント(エモリエントエステル、天然油)、UV吸収剤(有機、無機)、コンディショニングポリマー(シリコン、ポリクオタニウム、コンディショニングプロテイン)、抗菌(防腐剤、静菌、フケ防止剤)、非アクティブ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、パーソナルケアの専門成分の世界市場について調査・分析し、パーソナルケアの専門成分の世界市場動向、パーソナルケアの専門成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケアの専門成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、医療用接着剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・医療用接着剤の世界市場:樹脂種類別分析/市場規模 ・医療用接着剤の世界市場:技術別分析/市場規模 ・医療用接着剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用接着剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用接着剤のアメリカ市場規模予測 ・医療用接着剤のヨーロッパ市場規模予測 ・医療用接着剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アフターサンケア用品の世界市場:製品別(ローション、クリーム、ジェル、パウダー、スプレー)、セグメント予測
    アフターサンケア用品の世界市場は2025年には28億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、世界的なパーソナルケア用品およびスキンケア用品の普及率増加が考えられます。本調査レポートでは、アフターサンケア用品の世界市場について調査・分析し、アフターサンケア用品の世界市場動向、アフターサンケア用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別アフターサンケア用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のL‐チロシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐チロシン市場2015について調査・分析し、L‐チロシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 反転授業ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、反転授業ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、反転授業ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル仮想化の世界市場:技術別(ハイパーバイザー、アプリケーションコンテナー)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(IT&テレコム、建設&製造、BFSI、ヘルスケア、公共セクター、小売、教育、その他)
    本調査レポートでは、モバイル仮想化の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ハイパーバイザー、アプリケーションコンテナー)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(IT&テレコム、建設&製造、BFSI、ヘルスケア、公共セクター、小売、教育、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・モバイル仮想化の世界市場:技術別(ハイパーバイザー、アプリケーションコンテナー) ・モバイル仮想化の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・モバイル仮想化の世界市場:業種別(IT&テレコム、建設&製造、BFSI、ヘルスケア、公共セクター、小売、教育、その他) ・モバイル仮想化の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 有機酸の世界市場予測(~2022年):酢酸、クエン酸、ギ酸、乳酸、プロピオン酸、アスコルビン酸、グルコン酸、フマル酸
    当調査レポートでは、有機酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、有機酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの電気生理処置機器市場見通し(~2021)
  • 炭疽(Anthrax):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における炭疽(Anthrax)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、炭疽(Anthrax)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・炭疽(Anthrax)の概要 ・炭疽(Anthrax)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の炭疽(Anthrax)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・炭疽(Anthrax)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・炭疽(Anthrax)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 認知機能向上用サプリメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、認知機能向上用サプリメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、認知機能向上用サプリメント市場規模、用途別(サプリメント、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Accelerated Intelligence, HVMN, Onnit Labs, Purelife bioscience, Quincy Bioscienceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場概要 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場環境 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場動向 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場規模 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:業界構造分析 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:用途別(サプリメント、医薬品、化粧品) ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・認知機能向上用サプリメントの北米市場規模・予測 ・認知機能向上用サプリメントのヨ …
  • 発酵用化学品の世界市場
    本調査レポートでは、発酵用化学品の世界市場について調査・分析し、発酵用化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別
    MarketsandMarkets社は、グラフェン電池の世界市場規模が2024年168百万ドルから2030年609百万ドルまで年平均23.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のグラフェン電池市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(リチウムイオングラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシタ、リチウム硫黄グラフェン電池、その他)分析、最終用途産業別(自動車、家電、産業、電力、その他)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシタ、リチウム硫黄グラフェン電池、その他) ・世界のグラフェン電池市場:最終用途産業別(自動車、家電、産業、電力、その他) ・地域分析 ・競合動向 ・企業概要
  • マシンビジョン(MV)の世界市場
    当調査レポートでは、マシンビジョン(MV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マシンビジョン(MV)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの整形外科装置市場見通し
  • プロセス製造むけ産業制御の世界市場
    当調査レポートでは、プロセス製造むけ産業制御の世界市場について調査・分析し、プロセス製造むけ産業制御の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 陸上掘削リグの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、陸上掘削リグの世界市場について調査・分析し、陸上掘削リグの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・陸上掘削リグの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・陸上掘削リグの世界市場:セグメント別市場分析 ・陸上掘削リグの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の土工機械市場2016
    本調査レポートでは、世界の土工機械市場2016について調査・分析し、土工機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボット用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業ロボット用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボット用センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3D細胞培養の世界市場予測(~2022年):足場材フリー(懸滴培養、バイオリアクタ)、マイクロ流体力学、磁気浮上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、3D細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、3D細胞培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 教育用アプリケーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育用アプリケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育用アプリケーション市場規模、最終用途別(高等教育用、プレK-12用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育用アプリケーションの世界市場概要 ・教育用アプリケーションの世界市場環境 ・教育用アプリケーションの世界市場動向 ・教育用アプリケーションの世界市場規模 ・教育用アプリケーションの世界市場:業界構造分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:最終用途別(高等教育用、プレK-12用) ・教育用アプリケーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用アプリケーションのアメリカ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのヨーロッパ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのアジア市場規模・予測 ・教育用アプリケーションの主要国分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:意思決定フレームワーク ・教育用アプリケーションの世界市場:成長要因、課題 ・教 …
  • 患者体温管理のアジア市場
    本調査レポートでは、患者体温管理のアジア市場について調査・分析し、患者体温管理のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の股関節置換処置動向(~2021)
  • HVAC制御の世界市場:温度制御、換気制御、湿度制御、総合制御、センサー、コントローラー、装置
    当調査レポートでは、HVAC制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌フレキシブル包装の世界市場:種類別(プラスチック包装、複合フィルム、紙ベースの複合材、その他)、用途別(食品、医療、その他)、地域別予測
    本資料は、無菌フレキシブル包装の世界市場について調べ、無菌フレキシブル包装の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プラスチック包装、複合フィルム、紙ベースの複合材、その他)分析、用途別(食品、医療、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBossar、Ecolean AirAseptic Clear、ELECSTER、Leibold、Paikeqi、Robert Bosch GmbH、Sealed Airなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無菌フレキシブル包装の世界市場概要 ・無菌フレキシブル包装の世界市場環境 ・無菌フレキシブル包装の世界市場動向 ・無菌フレキシブル包装の世界市場規模 ・無菌フレキシブル包装の世界市場規模:種類別(プラスチック包装、複合フィルム、紙ベースの複合材、その他) ・無菌フレキシブル包装の世界市場規模:用途別(食品、医療、その他) ・無菌フレキシブル包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無菌フレキシブル包装の北 …
  • 細胞培養培地・血清・試薬の世界市場
    当調査レポートでは、細胞培養培地・血清・試薬の世界市場について調査・分析し、細胞培養培地・血清・試薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"