"耐衝撃改質剤の世界市場予測(~2021)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-CH-4313)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"耐衝撃改質剤の世界市場予測(~2021)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global impact modifiers market is projected to reach USD 13.13 Billion by 2021, at a CAGR of 5.0% from 2016 to 2021. The growth of the impact modifiers market is primarily triggered by the huge demand for plastic products from the packaging, construction, automotive, and consumer goods industries. Also, factors such as increasing applicability of impact modifiers across varied end-use industries, technological advancements, and the growing demand of impact modifiers in the Asia-Pacific region are driving the growth of the impact modifiers market.
ABS (Acrylonitrile Butadiene Styrene) and MBS (Methacrylate-butadiene-styrene) are the oldest impact modifiers used in plastic products. ABS combines the strength and rigidity of styrene polymers and acrylonitrile with the toughness of polybutadiene rubber. The significant properties of ABS impact modifiers are resistance and toughness. When this modifier is added to products, it improves their impact resistance, toughness, and heat resistance properties. PVC is the largest application segment of the impact modifiers market, and is projected to account for the largest share of the global impact modifiers market, in terms of volume, by 2021. This growth is mainly attributed to its easy availability and low cost as well as the increasing applicability of PVC among varied end-use industries, such as packaging, construction, automotive, and consumer goods.

The packaging segment is estimated to account for the largest share of the global impact modifiers market in 2016, in terms of volume. The increasing demand of impact modifiers from the pharmaceutical and food packaging sectors is driving the growth of the impact modifiers market in the packaging application.

Asia-Pacific is estimated to account for the largest market share of the global impact modifiers market in 2016, followed by North America. Asia-Pacific is also one of the fastest-growing regions in the impact modifiers market. The market in this region is anticipated to grow at the highest CAGR during the forecast period. This growth is mainly attributed to the expansion in the construction sector in countries, such as China and India.

The impact modifiers market in Europe registered slow growth in the last five years. This was primarily due to the maturing markets in economies such as Germany, France, Italy, and the U.K., moreover, the financial turmoil in Europe resulted in a decline in demand for packaged food, which affected the growth of impact modifiers market in the packaging industry in the region.

The global impact modifiers market is fragmented with several well-established players and few small players. Established players in this market have an edge over small players in terms of product offerings, innovations, and distribution network. Some of the key players operating in the impact modifiers market include E.I. du Pont de Nemours & Co. (U.S.), BASF SE (Germany), The Dow Chemical Company (U.S.), Evonik Industries AG (Germany), and Clariant AG (Switzerland), among others. New product developments & launches, agreements, and expansions were significant growth strategies adopted by leading companies in this market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"耐衝撃改質剤の世界市場予測(~2021)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Impact Modifiers Market
4.2 Impact Modifiers Market, By Region
4.3 Impact Modifiers Market in Asia-Pacific
4.4 Impact Modifiers Market Attractiveness
4.5 Impact Modifiers Market Share, By End-Use Industry, 2016 & 2021 (USD Million)
4.6 Impact Modifiers Market: Emerging vs Developed Nations
4.7 Impact Modifiers Market, By Application
4.8 Life Cycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Type
5.2.2 By Application
5.2.3 By End-Use Industry
5.2.4 By Region
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growth of End-Use Industries
5.3.1.2 No Close Substitutes
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Slow Economic Recovery
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Rising Demand in Asia-Pacific Region
5.4 Challenges
5.4.1.1 Increasing Demand for Environment-Friendly Products

6 Industry Trends (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Impact Modifiers Market, By Application (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.1.1 Growth in the Engineering Plastics Industry is Expected to Drive the Demand for Impact Modifiers
7.2 PVC
7.3 Nylon
7.4 PBT
7.5 Engineering Plastics
7.6 Others

8 Impact Modifiers Market, By Type (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 ABS
8.3 AIM
8.4 ASA
8.5 MBS
8.6 EPDM
8.7 CPE
8.8 Others

9 Impact Modifiers Market, By End-Use Industry (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.1.1 Growth in the Construction Industry is Expected to Drive the Demand for Impact Modifiers
9.2 Packaging
9.3 Construction
9.4 Consumer Goods
9.5 Automotive
9.6 Others

10 Impact Modifiers Market, By Region (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 Asia-Pacific
10.2.1 China Impact Modifiers Market, By Application
10.2.2 Japan Impact Modifiers Market, By Application
10.2.3 India Impact Modifiers Market, By Application
10.2.4 South Korea Impact Modifiers Market, By Application
10.2.5 Rest of Asia-Pacific Impact Modifiers Market, By Application
10.3 North America
10.3.1 U.S. Impact Modifiers Market, By Application
10.3.2 Mexico Impact Modifiers Market, By Application
10.3.3 Canada Impact Modifiers Market, By Application
10.4 Europe
10.4.1 Germany Impact Modifiers Market, By Application
10.4.2 Italy Impact Modifiers Market, By Application
10.4.3 France Impact Modifiers Market, By Application
10.4.4 U.K. Impact Modifiers Market, By Application
10.4.5 Rest of Europe Impact Modifiers Market, By Application
10.5 South America
10.5.1 Brazil Impact Modifiers Market, By Application
10.5.2 Argentina Impact Modifiers Market, By Application
10.5.3 Rest of South America Impact Modifiers Market, By Application
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 Saudi Arabia Impact Modifiers Market, By Application
10.6.2 South Africa Impact Modifiers Market, By Application
10.6.3 UAE Impact Modifiers Market, By Application
10.6.4 Rest of Middle East & Africa Impact Modifiers Market, By Application

11 Competitive Landscape (Page No. – 107)
11.1 Overview
11.2 New Product Launches: One of the Most Popular Growth Strategies
11.3 Maximum Developments in 2011
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 Expansions
11.4.2 Acquisitions
11.4.3 Disinvestments
11.4.4 Agreements
11.4.5 New Product Launches

12 Company Profiles (Page No. – 114)
(Business Overview, Products & Services, Developments, MnM View)*
12.1 E.I. Du Pont De Nemours & Co.
12.2 Clariant AG
12.3 BASF SE
12.4 The DOW Chemical Company
12.5 Evonik Industries AG
12.6 Lanxess AG
12.7 Kaneka Corporation
12.8 Arkema
12.9 Akzo Nobel N.V.
12.10 Chemtura Corporation

*Details on Marketsandmarkets View, Introduction, Product & Services, New Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 140)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】耐衝撃改質剤の世界市場予測(~2021)
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-CH-4313
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】PVC、ナイロン、PBT、エンジニアリングプラスチック、ABS耐衝撃改質剤、AIM耐衝撃改質剤、ASA耐衝撃改質剤、MBS耐衝撃改質剤、EPDM耐衝撃改質剤、CPE耐衝撃改質剤、耐衝撃改質剤用途、衝撃改質剤、耐衝撃性、添加剤
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
耐衝撃改質剤の世界市場予測(~2021)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 暗視ゴーグルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、暗視ゴーグルの世界市場について調査・分析し、暗視ゴーグルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別暗視ゴーグルシェア、市場規模推移、市場規模予測、暗視ゴーグル種類別分析(イメージインテンシファイア、サーマルイメージ)、暗視ゴーグル用途別分析(工業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・暗視ゴーグルの市場概観 ・暗視ゴーグルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・暗視ゴーグルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・暗視ゴーグルの世界市場規模 ・暗視ゴーグルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・暗視ゴーグルのアメリカ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのカナダ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのメキシコ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・暗視ゴーグルのドイツ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのイギリス市場規模推移 ・暗視ゴーグルのロシア市場規模推移 ・暗視ゴーグルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 複合イベント処理(CEP)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、複合イベント処理(CEP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、アプリケーション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カラーマスターバッチの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、カラーマスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、樹脂別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器疾患検査の世界市場:アデノウイルス、インフルエンザ、レジオネラ、単核細胞増加症、マイコプラズマ、肺炎、RSV、結核
  • LED&OLEDディスプレイおよび照明製品のアフリカ市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 運動維持手術の世界市場:人工椎間板、人工腰椎板、椎間スペーサー
    当調査レポートでは、運動維持手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、運動維持手術の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の特殊目的UAV市場2015
    本調査レポートでは、中国の特殊目的UAV市場2015について調査・分析し、特殊目的UAVの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(製品トレーサビリティ、支払い・決済、スマートコントラクト、ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理)分析、プロバイダー別分析、組織の規模別分析、農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLDOリニアレギュレータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のLDOリニアレギュレータ市場2016について調査・分析し、LDOリニアレギュレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低電圧碍子市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧碍子市場2016について調査・分析し、低電圧碍子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレシチンおよびリン脂質市場2015
    本調査レポートでは、世界のレシチンおよびリン脂質市場2015について調査・分析し、レシチンおよびリン脂質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 作物保護用農薬の北米市場
    本調査レポートでは、作物保護用農薬の北米市場について調査・分析し、作物保護用農薬の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 3Dモーションキャプチャーの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、3Dモーションキャプチャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、システム別分析、種類別分析、応用分野別分析、地域別分析、3Dモーションキャプチャーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • マイクロスフェアの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロスフェア市場規模、種類別(中空、ソリッド)分析、材料別(ポリマー、金属、ガラス、フライアッシュ(セノスフェア)、セラミック、その他)分析、用途別(航空宇宙、自動車、建設複合材、化粧品・パーソナルケア、ライフサイエンス・バイオテクノロジー、医療、石油・ガス、塗料・コーティング、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ マイクロスフェアの世界市場:市場動向分析 ・ マイクロスフェアの世界市場:競争要因分析 ・ マイクロスフェアの世界市場:種類別(中空、ソリッド) ・ マイクロスフェアの世界市場:材料別(ポリマー、金属、ガラス、フライアッシュ(セノスフェア)、セラミック、その他) ・ マイクロスフェアの世界市場:用途別(航空宇宙、自動車、建設複合材、化粧品・パーソナルケア、ライフサイエンス・バイオテクノロジー、医療、石油・ガス、塗料・コーティング、その他) …
  • 電気自動車(EV)用パワーインバーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用パワーインバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電気自動車(EV)用パワーインバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのCRISPR市場予測2016-2022
    本調査レポートでは、ヨーロッパのCRISPR市場について調査・分析し、ヨーロッパのCRISPR市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 低侵襲胸部手術の世界市場2014-2025:タイプ別(切除術、楔状切除、肺全摘術、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、低侵襲胸部手術の世界市場について調査・分析し、低侵襲胸部手術の世界市場動向、低侵襲胸部手術の世界市場規模、市場予測、セグメント別低侵襲胸部手術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用酵素市場規模、形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他)分析、タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他)分析、供給源別(動物由来酵素、植物由来酵素、微生物、真菌、細菌)分析、ブランド別(Ha-Lactase、Veron Xtender、Novozymes Novamyl、Powerflex、Rapidase、Brewers Compass、Maxilact、Novozymes Gluzyme、Brewers Clarex)分析、用途別(菓子、加工食品、飲料、ベーカリー製品、乳製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用酵素の世界市場:形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他) ・ 食品用酵素の世界市場:タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他) …
  • センサーハブの世界市場予測(~2023年):アプリケーションセンサー、ディスクリートセンサー、センサー集積マイクロコントローラ
    当調査レポートでは、センサーハブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、プロセッサ種類別分析、用途別分析、地域別分析、センサーハブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ・モバイル・データセンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロ・モバイル・データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ・モバイル・データセンターの世界市場規模及び予測、ラック別分析、産業(需要先)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コレシストキニン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレシストキニン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレシストキニン受容体アンタゴニストの概要 ・コレシストキニン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のコレシストキニン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレシストキニン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレシストキニン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のIgEアレルギー血液検査市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、IgEアレルギー血液検査のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IgEアレルギー血液検査の概要 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:開発段階別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:セグメント別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:領域別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:規制Path別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別IgEアレルギー血液検査の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・IgEアレルギー血液検査の最近動向
  • リーチスタッカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リーチスタッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、リーチスタッカーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオランザピン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオランザピン市場2015について調査・分析し、オランザピンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場について調査・分析し、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のイベント管理ソフトウェア市場動向・予測
    本調査レポートでは、世界のイベント管理ソフトウェア市場について調査・分析し、世界のイベント管理ソフトウェア市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 超音波の世界市場予測(~2021年):技術(診断、治療、2D、3D/4D、HIFU)、ディスプレイ、携帯性、用途、エンドユーザー
    当調査レポートでは、超音波の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ディスプレイ別分析、携帯性別分析、用途別分析、超音波の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用エンクロージャーの世界市場2018-20222018-2022
    当調査レポートでは、産業用エンクロージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用エンクロージャー市場規模、製品別(金属産業用、非金属産業用)分析、エンドユーザー別(プロセス産業、個別産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB Group, Eaton, Emerson Electric, Rittal, Schneider Electricなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用エンクロージャーの世界市場概要 ・産業用エンクロージャーの世界市場環境 ・産業用エンクロージャーの世界市場動向 ・産業用エンクロージャーの世界市場規模 ・産業用エンクロージャーの世界市場:業界構造分析 ・産業用エンクロージャーの世界市場:製品別(金属産業用、非金属産業用) ・産業用エンクロージャーの世界市場:エンドユーザー別(プロセス産業、個別産業) ・産業用エンクロージャーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用エンクロージャーの北米市場規模 …
  • デブリスローダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デブリスローダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デブリスローダー市場規模、製品別(スキッドマウント型、ヒッチマウント型)分析、エンドユーザー別(業務用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デブリスローダーの世界市場概要 ・デブリスローダーの世界市場環境 ・デブリスローダーの世界市場動向 ・デブリスローダーの世界市場規模 ・デブリスローダーの世界市場:業界構造分析 ・デブリスローダーの世界市場:製品別(スキッドマウント型、ヒッチマウント型) ・デブリスローダーの世界市場:エンドユーザー別(業務用、住宅用) ・デブリスローダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デブリスローダーの北米市場規模・予測 ・デブリスローダーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デブリスローダーのアジア太平洋市場規模・予測 ・デブリスローダーの主要国分析 ・デブリスローダーの世界市場:意思決定フレームワーク ・デブリ …
  • 噴霧乾燥装置の世界市場予測(~2022):種類別(回転噴霧器、ノズル噴霧器、流動層、閉ループ、遠心)、用途別、乾燥ステージ別、サイクル種類別、フロー種類別、地域別
    当調査レポートでは、噴霧乾燥装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、乾燥ステージ別分析、サイクル種類別分析、噴霧乾燥装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリケットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クリケットの世界市場について調査・分析し、クリケットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クリケットシェア、市場規模推移、市場規模予測、クリケット種類別分析(クリケット用バット、クリケット用ボール、クリケット用防具、その他)、クリケット用途別分析(子供向け、成人男性向け、成人女性向け )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クリケットの市場概観 ・クリケットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クリケットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クリケットの世界市場規模 ・クリケットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クリケットのアメリカ市場規模推移 ・クリケットのカナダ市場規模推移 ・クリケットのメキシコ市場規模推移 ・クリケットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・クリケットのドイツ市場規模推移 ・クリケットのイギリス市場規模推移 ・クリケットのロシア市場規模推移 ・クリケットのアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • 手術用顕微鏡の世界市場:用途別(神経外科・脊椎外科、腫瘍科、耳鼻咽喉科、歯科)、種類別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、手術用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、手術用顕微鏡の世界市場動向、手術用顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別手術用顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チップオンボード(COB)LEDの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、チップオンボード(COB)LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チップオンボード(COB)LEDの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 北米の膝関節置換処置動向(~2021)
  • ソーラーコントロールガラスの世界市場分析:用途別(住宅用建物、商業ビル、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソーラーコントロールガラスの世界市場について調査・分析し、ソーラーコントロールガラスの世界市場動向、ソーラーコントロールガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ソーラーコントロールガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ロボットセルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ロボットセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業用ロボットセルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロボットセルとは、ロボット、制御装置、部品ポジショナーなどの周辺機械、そして安全な環境などを含む一貫したシステムです。ロボットワークセルとも呼ばれています。センサーの小型化及びロボット技術の更なる発展により、将来的にロボットの価格は下がり、産業用ロボット及びサービス用ロボットの売り上げが急増すると見込まれています。Technavio社は産業用ロボットセルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• FANUC• Genesis Systems Group• RobotWorx• Yaskawa Motoman等です。
  • 粒子径分析装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粒子径分析装置の世界市場について調査・分析し、粒子径分析装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粒子径分析装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、粒子径分析装置種類別分析()、粒子径分析装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粒子径分析装置の市場概観 ・粒子径分析装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粒子径分析装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粒子径分析装置の世界市場規模 ・粒子径分析装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粒子径分析装置のアメリカ市場規模推移 ・粒子径分析装置のカナダ市場規模推移 ・粒子径分析装置のメキシコ市場規模推移 ・粒子径分析装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粒子径分析装置のドイツ市場規模推移 ・粒子径分析装置のイギリス市場規模推移 ・粒子径分析装置のロシア市場規模推移 ・粒子径分析装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 偽造防止包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、偽造防止包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アウトドア用バックパックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アウトドア用バックパックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アウトドア用バックパックの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 非常照明用電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非常照明用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非常照明用電池の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は非常照明用電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• East Penn Manufacturing, • Exide Technologies, • EnerSys, • Saft, • Yuasa Battery等です。
  • ヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界市場について調べ、ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭用、商業用)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均32%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場状況 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場規模 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の市場予測 ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・ヒューマンセントリックライティング(HCL)の顧客状 …
  • 液体塗布メンブレンの世界市場分析:製品別(セメント質、ビチューメン、ポリウレタン)、用途別(屋根、壁、建築物、埋立地およびトンネル)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業、公共インフラ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、液体塗布メンブレンの世界市場について調査・分析し、液体塗布メンブレンの世界市場動向、液体塗布メンブレンの世界市場規模、市場予測、セグメント別液体塗布メンブレン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のMLCC(積層セラミックコンデンサ)市場2015
    本調査レポートでは、世界のMLCC(積層セラミックコンデンサ)市場2015について調査・分析し、MLCC(積層セラミックコンデンサ)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の外部フラッシュ市場2016
    本調査レポートでは、世界の外部フラッシュ市場2016について調査・分析し、外部フラッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 扁桃炎(Tonsillitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、扁桃炎(Tonsillitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・扁桃炎(Tonsillitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・扁桃炎(Tonsillitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・扁桃炎(Tonsillitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・扁桃炎(Tonsillitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・扁桃炎(Tonsillitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の扁桃炎(Tonsillitis)治療薬剤
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車種別、コンポーネント別(電気配線、コネクター、端子)、用途別、電気自動車別、セグメント予測
    自動車用ワイヤーハーネスの世界市場は2025年には771億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.2%で成長すると予測されています。電子機器の車両への統合は自動車用ワイヤーハーネスの需要にプラスの影響を与えています。ワイヤーハーネスを車両に埋め込むことで、電気不足の懸念が少なくなり、燃費が向上し、性能が向上するなど、さまざまな利点があります。さらに、インフォテインメントシステムや先進的な運転支援システムなど、技術的に高度なシステムを採用することで、予測期間にわたって需要が増加するでしょう。本調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ワイヤーハーネス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 潤滑剤の世界市場2018–2025:用途別(産業、自動車、船舶、航空宇宙)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、CSA、MEA)、競争状況別
    本調査レポートでは、潤滑剤の世界市場について調査・分析し、潤滑剤の世界市場動向、潤滑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別潤滑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 住血吸虫症(Schistosomiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における住血吸虫症(Schistosomiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、住血吸虫症(Schistosomiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・住血吸虫症(Schistosomiasis)の概要 ・住血吸虫症(Schistosomiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の住血吸虫症(Schistosomiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・住血吸虫症(Schistosomiasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 世界のマイカコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイカコンデンサ市場2015について調査・分析し、マイカコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"