"クライオスタットの世界市場予測(~2022)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4317)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クライオスタットの世界市場予測(~2022)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The cryostat market is estimated to exhibit a decent growth till 2022. The overall market is expected to reach USD 2.90 Billion by 2022, at a CAGR of 6% between 2016 and 2022. Increasing demand for cryostats for cooling infrared sensors in various healthcare machines, in research centers, and in the energy & power and aerospace industries is expected to drive the growth of the market.
The healthcare industry contributes the maximum toward the cryostat market. Cryostats are used in various healthcare applications such as magnetic resonance imaging (MRI), frozen tissue sections, X-ray, spectroscopy, and other pathological experiments. MRI is one of the significant application areas of cryostats in the field of medicines. MRI applications held the largest share of the cryostat market in 2015 and are expected to exhibit the same trend in the coming years as well.

Helium, as a cryogen, is extensively used in cryostats. Helium is highly essential for cooling cryogenic detectors and others in which long hold time, optical access, and easy access to the cold plate are required.

Dewar is an essential system component of a cryostat from which liquid cryogen is drawn. These storage vessels are portable, open-necked, and non-pressurized. Dewars held the largest share of the overall market in 2015 and are expected to continue the same trend during the forecast period.

Continuous-flow cryostats are widely used in applications such as high resolution spectrographs and multiple detector systems. These are also extensively used in low-temperature physics experiments because of their simple operation in a wide range of temperatures. These cryostats accounted for the largest share of the overall market in 2015.

North America is expected to hold the largest share of the overall market, while the market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. This growth in the market in APAC can be attributed to the increasing demand for cryostats in the countries in APAC such as China, Japan, and others. In addition, several countries in APAC import natural gases, which is boosting the trade as well as the growth of the market for cryogenics in this region. The market in APAC is at its growth stage, and the ongoing development in this region makes it a lucrative and high-potential market for cryostats.

High input power consumption by these devices acts as a major restraint for the market. Some of the major players operating in the cryostats market are Leica Biosystems Nussloch GmbH (Germany), Cryomech, Inc. (U.S.), Advanced Medical and Optical Systems (Belgium), Bright Instruments (U.K.), Jinhua YIDI Medical Appliance Co., Ltd. (China), SLEE Medical GmbH (Germany), Thermo Fisher Scientific Inc. (U.S.), Janis Research Company, LLC (U.S.), and Amos Scientific Pty Ltd. (Australia) among others. These players have adopted various strategies such as new product developments, partnerships, acquisitions, collaborations, and business expansions to enhance their presence in the market. Since the last three years, the strategy of new product development has been the key strategy adopted by the market players to enhance their leadership in the cryostats ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"クライオスタットの世界市場予測(~2022)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Demand Side Analysis of the Cryostat Market
2.2.1 Introduction
2.2.2 Demand-Side Analysis
2.2.2.1 Increased Spending on Healthcare By the Developed and Developing Economies
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 28)

4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Cryostats Market
4.2 Cryostat Market, By Type
4.2.1 Market for Bath Cryostats Expected to Grow at the Highest Rate During the Forecast Period
4.3 Cryostat Market in APAC
4.3.1 Healthcare Industry Held the Largest Share of the Cryostat Market in APAC in 2015
4.4 U.S. Held the Largest Share of the Cryostats Market in 2015
4.5 Cryostat Market, By Industry
4.5.1 Healthcare Industry Expected to Hold the Largest Size of the Cryostats Market During the Forecast Period
4.6 Life Cycle Analysis, By Region
4.6.1 APAC Likely to Be in the Growth Phase During the Forecast Period

5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Segmentation
5.3.1 Cryostat Market, By Type
5.3.2 Cryostats Market, By System Component
5.3.3 Cryostat Market, By Cryogen
5.3.4 Cryostats Market, By Industry
5.3.5 Cryostat Market, By Geography
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 High Demand for Effective Healthcare Services in Developing Economies
5.4.1.2 Increase in the Production of Liquefied Natural Gas
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 High Input Power Consumption
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Growing Demand for Cryostats for Aerospace Applications
5.4.3.2 Increasing Usage of Natural Gas Pipelines
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Leakage of Cryogen Gases

6 Industry Trends (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of Substitutes
6.3.2 Threat of New Entrants
6.3.3 Bargaining Power of Buyers
6.3.4 Bargaining Power of Suppliers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Cryostats Market, By Type (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Closed-Cycle Cryostats
7.3 Continuous-Flow Cryostats
7.4 Bath Cryostats
7.5 Multistage Cryostats

8 Cryostats Market, By System Component (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 Dewars
8.3 Transfer Tubes
8.4 Gas Flow Pumps
8.5 Temperature Controllers
8.6 High Vacuum Pumps
8.7 Microtome Blades
8.8 Others

9 Cryostats Market, By Cryogen (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 Helium
9.3 Nitrogen
9.4 Other

10 Cryostats Market, By Industry (Page No. – 86)
10.1 Introduction
10.2 Healthcare
10.2.1 MRI
10.2.2 Frozen Tissue Sectioning
10.2.3 Exploratory Surgeries
10.2.4 Others
10.3 Energy & Power
10.4 Aerospace
10.5 Metallurgy
10.6 Biotechnology
10.6.1 Veterinary Studies
10.6.2 Agricultural Research
10.6.3 Bio-Chemistry
10.7 Forensic Science
10.8 Marine Biology
10.9 Others

11 Geographic Analysis (Page No. – 104)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 U.S.
11.2.1.1 U.S. Was the Largest Market for Cryostats in North America in 2015
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada Held the Second Largest Share of the Cryostats Market in North America in 2015
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Development in Infrastructure and Favorable Labor Rates are Driving the Growth of the Cryostats Market
11.3 Europe
11.3.1 U.K.
11.3.1.1 Cryostat Market in the U.K. is Witnessing Significant Growth
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Germany Was the Largest Market for Cryostats in Europe in 2015
11.3.3 France
11.3.3.1 Cryostat Market in France is Expected to Exhibit the Fastest Growth Rate During the Forecast Period
11.3.4 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 China is A Market Leader for Cryostats in APAC
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Japan is One of the Substantial Markets for Cryostats in APAC
11.4.3 India
11.4.3.1 Cryostat Market in India is Expected to Exhibit the Fastest Growth Rate During the Forecast Period
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 Cryostat Market South Korea is Witnessing Remarkable Developments
11.4.5 Rest of APAC
11.5 RoW

12 Competitive Landscape (Page No. – 123)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis for the Cryostat Market, 2015
12.3 Competitive Situation and Trends
12.4 Competitive Trends
12.4.1 New Product Launches
12.4.2 Partnerships, Joint Ventures, and Agreements
12.4.3 Mergers & Acquisitions
12.4.4 Expansions and Others

13 Company Profiles (Page No. – 129)
(Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development)*
13.1 Introduction
13.2 Leica Biosystems Nussloch GmbH
13.3 Thermo Fisher Scientific Inc.
13.4 Cryomech, Inc.
13.5 Advanced Medical and Optical Systems (AMOS)
13.6 Janis Research Company, LLC
13.7 Atico Medical Pvt. Ltd.
13.8 Shenyang Longshou Electronic Instrument Co., Ltd.
13.9 Bright Instruments
13.10 Jinhua Yidi Medical Appliance Co., Ltd.
13.11 Slee Medical GmbH
13.12 AMOS Scientific Pty. Ltd.
13.13 Advanced Research Systems, Inc.

*Details on Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

14 Appendix (Page No. – 149)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
14.5 Available Customizations
14.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クライオスタットの世界市場予測(~2022)
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4317
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】クライオスタット、低温槽、閉サイクル式クライオスタット、連続フロー式クライオスタット、バースクライオスタット、多段式クライオスタット、クライオスタット部品、ポンプ、寒剤、医療、エネルギー、空港、バイオ技術、産業用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クライオスタットの世界市場予測(~2022)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • CAEの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、CAEの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CAEの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はCAEの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ANSYS、Dassault Systèmes、Hexagon、PTC、Siemens PLM Software等です。
  • 家禽向け診断の世界市場:テストタイプ別(ELISA、PCR)、病型別(家禽サルモネラ感染症、鳥インフルエンザ、ニューカッスル病)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、家禽向け診断の世界市場について調査・分析し、家禽向け診断の世界市場動向、家禽向け診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別家禽向け診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用シリコンの世界市場分析:製品別(エラストマー、接着剤・シーラント、樹脂)、用途別(内装・外装部品、エンジン・ドライブトレインシステム、サスペンションシステム、電気系統)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用シリコンの世界市場について調査・分析し、自動車用シリコンの世界市場動向、自動車用シリコンの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用シリコン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の香水市場2015
    本調査レポートでは、中国の香水市場2015について調査・分析し、香水の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品保存容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品保存容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品保存容器の世界市場規模及び予測、容器形状別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの末梢血管用装置市場見通し
  • 板紙包装の世界市場
    当調査レポートでは、板紙包装の世界市場について調査・分析し、板紙包装の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 航空機用チタン製ファスナーの世界市場
    当調査レポートでは、航空機用チタン製ファスナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用チタン製ファスナーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無線ブロードバンドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無線ブロードバンドの世界市場について調査・分析し、無線ブロードバンドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無線ブロードバンドシェア、市場規模推移、市場規模予測、無線ブロードバンド種類別分析()、無線ブロードバンド用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無線ブロードバンドの市場概観 ・無線ブロードバンドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無線ブロードバンドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無線ブロードバンドの世界市場規模 ・無線ブロードバンドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無線ブロードバンドのアメリカ市場規模推移 ・無線ブロードバンドのカナダ市場規模推移 ・無線ブロードバンドのメキシコ市場規模推移 ・無線ブロードバンドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無線ブロードバンドのドイツ市場規模推移 ・無線ブロードバンドのイギリス市場規模推移 ・無線ブロードバンドのロシア市場規模推移 ・無線ブロ …
  • スマートウィンドウの世界市場
    当調査レポートでは、スマートウィンドウの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・スマートウィンドウの世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマートウィンドウの世界市場:技術別分析/市場規模 ・スマートウィンドウの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートウィンドウのアメリカ市場規模予測 ・スマートウィンドウのヨーロッパ市場規模予測 ・スマートウィンドウのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 関節再建装置の世界市場分析:方法別(節置換、骨切り術、関節鏡検査、リサーフェシング、関節固定、インプラント、骨移植)、関節別(膝、股関節、肩、足首)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、関節再建装置の世界市場について調査・分析し、関節再建装置の世界市場動向、関節再建装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別関節再建装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の生物学的安全性試験市場規模・予測2017-2025:商品別(機器、サービス、キット・試薬)、検査別(エンドドキシン試験、無菌試験、細胞株認証、バイオバーデン試験、その他)、用途別(ワクチン・治療用開発、血液・血液製剤試験、細胞・遺伝子治療、細胞・細胞加工製品試、幹細胞研究)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の生物学的安全性試験市場について調査・分析し、世界の生物学的安全性試験市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の生物学的安全性試験関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • プローブカードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プローブカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プローブカードの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポールの世界市場について調査・分析し、ポールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポールシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポール種類別分析(ウォーキング用、トラッキング用)、ポール用途別分析(登山用、ハイキング用、日常用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポールの市場概観 ・ポールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポールの世界市場規模 ・ポールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポールのアメリカ市場規模推移 ・ポールのカナダ市場規模推移 ・ポールのメキシコ市場規模推移 ・ポールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポールのドイツ市場規模推移 ・ポールのイギリス市場規模推移 ・ポールのロシア市場規模推移 ・ポールのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ポールの日本市場規模推移 ・ポールの中国市場規模推移 ・ポールの韓国市場規模推移 ・ポ …
  • パーソナルケア用家電の世界市場:ヘアケア家電、除毛家電、オーラルケア家電
    当調査レポートでは、パーソナルケア用家電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア用家電の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 液状代用乳の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液状代用乳の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(医薬品、非医薬品)分析、家畜別(子牛、子豚、子猫、子犬、仔馬、子ヤギ、子羊)分析、液状代用乳の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)、引火点別、用途別(シンナー&溶剤、燃料、洗浄剤、脱脂剤)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ホワイトスピリッツの世界市場規模が2019年67億ドルから2024年81億ドルまで年平均4.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のホワイトスピリッツ市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)分析、引火点別(低引火点、中引火点、高引火点)分析、用途別(塗料&コーティング、洗浄、脱脂、燃料、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3) ・世界のホワイトスピリッツ市場:引火点別(低引火点、中引火点、高引火点) ・世界のホワイトスピリッツ市場:用途別(塗料&コーティング、洗浄、脱脂、燃料、その他) ・世界のホワイトスピリッツ市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 世界の熱電エネルギーハーベスタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電エネルギーハーベスタ市場2015について調査・分析し、熱電エネルギーハーベスタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルキド樹脂の世界市場2019-2023
    アルキド樹脂は多価アルコールを多塩基酸もしくは無水物で加熱することによって作れられるポリエステル樹脂であり、塗料やコーティング組成物の主要成分です。アルキド樹脂は、様々な用途における高い相溶性、耐候性、低コストという理由で保護コーティング剤として使用されます。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間のアルキド樹脂の世界市場が6.78%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Akzo Nobel、Arkema、BASF、Evonik Industries、PPG Industries、W. R. Graceなどです。 当調査レポートでは、アルキド樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルキド樹脂市場規模、用途別(建築、工業、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルキド樹脂の世界市場概要 ・アルキド樹脂の世界市場環境 ・アルキド樹脂の世界市場動向 ・アルキド樹脂の世界市場 …
  • PTFE膜の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PTFE膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PTFE膜の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コードレス掃除機の世界市場:種類別、用途別(商業、住宅)、地域別予測
    本資料は、コードレス掃除機の世界市場について調べ、コードレス掃除機の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別(商業、住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コードレス掃除機の世界市場概要 ・コードレス掃除機の世界市場環境 ・コードレス掃除機の世界市場動向 ・コードレス掃除機の世界市場規模 ・コードレス掃除機の世界市場規模:種類別 ・コードレス掃除機の世界市場規模:用途別(商業、住宅) ・コードレス掃除機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コードレス掃除機の北米市場規模・予測 ・コードレス掃除機のアメリカ市場規模・予測 ・コードレス掃除機のヨーロッパ市場規模・予測 ・コードレス掃除機のアジア市場規模・予測 ・コードレス掃除機の日本市場規模・予測 ・コードレス掃除機の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域別
    MarketsandMarkets社は、合成ガス&誘導体世界市場規模が2019年277,507MWthから2024年501,932MWthまで年平均12.6%成長すると予測しています。本書は、世界の合成ガス&誘導体市場について調査・分析し、市場概要、生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他)分析、ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他)分析、原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物、その他)分析、用途別(化学薬品、燃料、電気)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他) ・世界の合成ガス&誘導体市場:ガス化装置種類別(固定(移動)床ガス化装置、噴流ガス化装置、流動床ガス化装置、その他) ・世界の合成ガス&誘導体市場:原材料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃 …
  • ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)市場規模、設計別(クロスドラフト、アップドラウト、ダウンドラウト、モルテンベッド、流動床、二重発射)分析、タイプ別(石炭-エネルギー(CTE)ガス化炉、バイオマス-エネルギー(BTE)ガス化炉、石炭液化(CTL)ガス化炉、バイオマス-液化、鉄の直接還元、廃棄物利用エネルギー)分析、建設別(ガス化後リアクター、ガス化、ガス化前リアクター)分析、用途別(電気、石油・ガス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場:市場動向分析 ・ ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場:競争要因分析 ・ ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場:設計別(クロスドラフト、アップドラウト、ダウンドラウト、モルテンベッド、流動床、二重発射) ・ ガ …
  • ガスタービンの世界市場予測および動向(~2020)
    当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、容量別分析、用途別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 膵臓炎(Pancreatitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膵臓炎(Pancreatitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膵臓炎(Pancreatitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膵臓炎(Pancreatitis)の概要 ・膵臓炎(Pancreatitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膵臓炎(Pancreatitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・膵臓炎(Pancreatitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・膵 …
  • 逆浸透膜の世界市場:材料別、フィルターモジュール別、用途別
    当調査レポートでは、逆浸透膜の世界市場について調査・分析し、市場概要、材料種類別(セルロースベース、薄膜複合材料)分析、フィルターモジュール別(プレート&フレーム、管状、らせん状、中空糸)分析、用途別(脱塩システム、RO浄化システム、医療機器&診断)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・逆浸透膜の世界市場:材料種類別(セルロースベース、薄膜複合材料) ・逆浸透膜の世界市場:フィルターモジュール別(プレート&フレーム、管状、らせん状、中空糸) ・逆浸透膜の世界市場:用途別(脱塩システム、RO浄化システム、医療機器&診断) ・逆浸透膜の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 欧州主要国の電気生理処置機器市場見通し(~2021)
  • 世界のLNG産業見通し
  • トロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤の概要 ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンシンターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • シングル立形バランシングマシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シングル立形バランシングマシンの世界市場について調査・分析し、シングル立形バランシングマシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シングル立形バランシングマシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シングル立形バランシングマシン種類別分析()、シングル立形バランシングマシン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シングル立形バランシングマシンの市場概観 ・シングル立形バランシングマシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シングル立形バランシングマシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シングル立形バランシングマシンの世界市場規模 ・シングル立形バランシングマシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シングル立形バランシングマシンのアメリカ市場規模推移 ・シングル立形バランシングマシンのカナダ市場規模推移 ・シングル立形バランシングマシンのメキシコ市場規模推移 ・シングル立形バランシングマシンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 世界のベビーモニター市場2016
    本調査レポートでは、世界のベビーモニター市場2016について調査・分析し、ベビーモニターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアードフォームの世界市場予測(~2026):ポリウレタン、ポリスチレン、ポリオレフィン
    当調査レポートでは、エンジニアードフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料種類別分析、形状別分析、需要先別分析、地域別分析、エンジニアードフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 疼痛管理薬とデバイスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、疼痛管理薬とデバイスの世界市場について調査・分析し、疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:デバイス種類別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:薬物クラス別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:用途別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:症状別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:購入モード別分析 ・疼痛管理薬とデバイスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 女性の性的欲求低下障害:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における女性の性的欲求低下障害の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、女性の性的欲求低下障害治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・女性の性的欲求低下障害の概要 ・女性の性的欲求低下障害の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の女性の性的欲求低下障害治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・女性の性的欲求低下障害治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・女性の性的欲求低下障害治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カナダの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • 脊椎固定術の世界市場分析・予測
  • インターヴェンショナル腫瘍学の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターヴェンショナル腫瘍学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターヴェンショナル腫瘍学の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クロマトグラフィーの世界市場:液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー、イオン交換クロマトグラフィー
    当調査レポートでは、クロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 敗血症診断の世界市場:技術別、製品別、方法別、検査タイプ別、需要先別、地域別予測
    本資料は、敗血症診断の世界市場について調べ、敗血症診断の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別分析、方法別分析、検査タイプ別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・敗血症診断の世界市場概要 ・敗血症診断の世界市場環境 ・敗血症診断の世界市場動向 ・敗血症診断の世界市場規模 ・敗血症診断の世界市場規模:技術別 ・敗血症診断の世界市場規模:製品別 ・敗血症診断の世界市場規模:方法別 ・敗血症診断の世界市場規模:検査タイプ別 ・敗血症診断の世界市場規模:需要先別 ・敗血症診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・敗血症診断の北米市場規模・予測 ・敗血症診断のアメリカ市場規模・予測 ・敗血症診断のヨーロッパ市場規模・予測 ・敗血症診断のアジア市場規模・予測 ・敗血症診断の日本市場規模・予測 ・敗血症診断の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ゼオライト(沸石)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ゼオライト(沸石)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゼオライト(沸石)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゼオライト(沸石)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arkema、BASF、Honeywell International、Tosoh International、W.R.Grace等です。
  • 世界のPSA酸素濃縮器市場2015
    本調査レポートでは、世界のPSA酸素濃縮器市場2015について調査・分析し、PSA酸素濃縮器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体窒素の世界市場分析:技術別(低温蒸留、圧力スイング吸着)、機能別(クーラント、冷媒)、貯蔵・流通別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、液体窒素の世界市場について調査・分析し、液体窒素の世界市場動向、液体窒素の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体窒素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トルクメニスタンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 造影剤注入装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、造影剤注入装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・造影剤注入装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・造影剤注入装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・造影剤注入装置の製品パイプライン分析 ・造影剤注入装置の治験動向 ・主要企業分析 ・造影剤注入装置の世界市場規模予測 ・造影剤注入装置の地域別市場規模予測
  • ヨーロッパのパレット市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのパレット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのパレット市場規模及び予測、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心臓健康用機能性食品のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別、地域別
    本レポートは、ワイヤレスディスプレイの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 境界セキュリティの世界市場2014-2025:システム別(アクセス制御、警告・通知、侵入検知、ビデオ監視、バリアシステム)、サービス別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、境界セキュリティの世界市場について調査・分析し、境界セキュリティの世界市場動向、境界セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別境界セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タンポンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、タンポンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンポンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フルーツパウダーの世界市場2015
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"