"ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4323)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The gas sensors market is expected to be worth USD 1.01 Billion by 2022, growing at a CAGR of 6.22% between 2016 and 2022. The major drivers for the growth are increasing government’s safety regulations at the workplace in industries and growing demand for wireless gas sensors.
Of all the major applications, the oil & gas and medical applications hold the major share of the gas sensors market. The consumer electronics application is expected to grow at the highest rate in the market during the forecast period, followed by the building automation application. Among the consumer electronic applications, the smartphones and tablets segment is the largest contributor to the overall market. The growing adoption of smartphones users in the world has led to research and development of ntegration different types of sensors into smartphones. Gas sensor integrated in smartphones would help in detection of gases for air quality applications which would basically drive the gas sensor market in near future.

The increasing demand for reliable, high-performance, and low-cost gas sensors has led to the development of new technologies such as the micro and nanotechnology, which provide the benefits of miniaturization, low power consumption, and mass production among others. The printed gas sensor is one of the latest trends prevailing in the industry which is expected to have high growth potential during the forecast period. The gas sensor market is expected to face significant challenges over the next six to eight years period as it would witness the evolution of these technologies.

North America held the largest market share; the market in APAC is expected to grow at the highest rate. In APAC, the huge demand for automobiles, consumer electronics from countries such as China, India, and South Korea among others is driving the gas sensors market.

However, the challenge to meet stringent performance requirements for advance sensor application is limiting the growth of this market. One of the other key restraining factors for this market is the technical issues such as decreasing the size and energy consumption which restricts the growth of the gas sensor market. City Technology (U.S.) is an important player in the gas sensors market in 2015. The major strategy adopted by this company is new product development to expand its presence in the gas sensor market.

The companies that are profiled in the report are City Technology Ltd (U.K.), Dynament Ltd.(U.K.) Alphasense (U.K.), Amphenol Advanced Sensors (U.S.), Bosch Sensortec GmbH (Germany), ams AG (Austria), SenseAir AB (Sweden), FIGARO Engineering Inc. (Japan), MEMBRAPOR AG (Switzerland), Cambridge CMOS sensors (U.K.), Sensirion AG (Switzerland), and MSA (U.S.).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Introduction
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Gas Sensors Market, 2013–2022 (USD Million)
4.2 Market, By Technology
4.3 Gas Sensor Market, By Region
4.4 The Automotive Application in APAC to Dominate the Market in 2015
4.5 Market in APAC Expected to Grow at the Highest Rate Between 2016 and 2022
4.6 Gas Sensors Market, By End-Use Application
4.7 Market, By Region

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Gas Sensors Market, By Technology
5.2.2 Market, By Gas Type
5.2.3 Market, By End-Use Application
5.2.4 Market, By Geography
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Government Safety Regulations and Policies
5.3.1.2 Increasing Demand for Water & Wastewater Treatment Industries
5.3.1.3 Rising Demand for Safety Systems in the Oil and Gas Industry
5.3.1.4 Growing Demand for Gas Sensors in Developing Countries Such as China and India
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Technical Issues Related to Size, Energy Consumption, and Sensitivity
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growing Demand for Wireless Gas Sensors
5.3.3.2 Growing Green Building Concept
5.3.3.3 Increasing Demand for Gas Sensor in Smartphones Applications
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Stringent Performance Requirements for Advanced Sensor Application

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Industry Trends
6.3.1 E-Nose
6.3.2 Mems-Based Gas Sensor
6.3.3 Printed Gas Sensor
6.4 Porter’s Five Forces Analysis
6.4.1 Threat From New Entrants
6.4.2 Threat From Substitutes
6.4.3 Bargaining Power of Suppliers
6.4.4 Bargaining Power of Buyers
6.4.5 Intensity of Rivary

7 Gas Sensors Market, By Technology (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Electrochemical
7.3 Photoionization Detectors (PID)
7.4 Solid State/Metal-Oxide-Semiconductor
7.5 Catalytic
7.6 Infrared
7.7 Laser
7.8 Zirconia
7.9 Others

8 Gas Sensor Market, By Gas Type (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Oxygen
8.3 Carbon Monoxide (CO)
8.4 Carbon Dioxide(CO2)
8.5 Ammonia
8.6 Chlorine(CL)
8.7 Hydrogen Sulfide (H2S)
8.8 Nitrogen Oxide
8.9 Volatile Organic Compound (VOC)
8.10 Hydrocarbon (Methane, Propane, Butane Among Others)

9 Gas Sensor Market, By End-Use Application (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 Water & Wastewater Treatment
9.2.1 Water Treatment
9.2.2 Wastewater Treatment
9.3 Medical
9.3.1 Measuring Blood Oxygen
9.3.2 Monitoring Concentration of Oxygen in Anesthesia
9.3.3 Oxygen Content of Medical Air Cylinders
9.4 Oil & Gas
9.4.1 Upstream
9.4.2 Down Stream
9.5 Environmental
9.5.1 Indoor and Outdoor Air Quality Monitoring
9.6 Automotive
9.6.1 Vehicle Cabin Air Quality Control
9.6.2 Dynamometer Test Cells
9.7 Food & Beverages
9.8 Metal & Chemical Industry
9.8.1 Coke Ovens
9.8.2 Blast Furnace
9.9 Consumer Electronics
9.9.1 Smartphones& Tablets
9.9.2 Wearable Devices
9.10 Transport & Logistics
9.10.1 Monitoring of Hazardous Gases in Cargo Freight
9.11 Power Stations
9.11.1 Monitoring Blast Furnace Gases
9.12 Building Automation and Domestic Application
9.13 Others (R&D Labs, Educational Institutions Involved in Research)

10 Gas Sensor Market, By Geography (Page No. – 109)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 U.K.
10.3.2 Germany
10.3.3 France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 South Korea
10.4.5 Rest of APAC
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 South America
10.5.2 Middle East
10.5.3 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 126)
11.1 Overview
11.2 Gas Sensors Market: Competitive Analysis
11.3 Market Ranking Analysis: Gas Sensors Market
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Contracts, Patnerships and Collaborations
11.4.3 Acquisitions
11.4.4 Expansions

12 Company Profiles (Page No. – 133)
(Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development)*
12.1 Introduction
12.2 City Technology Ltd.
12.3 Figaro Engineering Inc.
12.4 Dynament Ltd.
12.5 Bosch Sensortec GmbH
12.6 Membrapor AG.
12.7 Alphasense
12.8 Amphenol Advanced Sensors
12.9 Cambridge CMOS Sensor
12.10 Sensirion AG.
12.11 AMS AG
12.12 Senseair AB
12.13 MSA

*Details on Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 157)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出
【発行日】2016年5月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4323
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】ガスセンサ、電気化学式ガスセンサ、赤外線式ガスセンサ、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式ガスセンサ、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出、酸素、二酸化炭素、硫化水素、酸化窒素、炭化水素、水処理、医療用途、石油・ガス産業、環境、自動車、金属、電子、ガスセンサ用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用タイヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用タイヤの世界市場について調査・分析し、自動車用タイヤの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用タイヤの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用タイヤの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用タイヤの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • SUVの世界市場:SUV、サブコンパクトSUV、クロスオーバーSUV、MPV
    当調査レポートでは、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場インサイト ・地域別SUV及びサブコンパクトSUV市場ロードマップ及び競合ベンチマーキング  北米市場のSUVロードマップ  ヨーロッパ市場のSUVロードマップ  アジア市場のSUVロードマップ  競合ベンチマーキング  人口統計学的分析 ・安全機能別SUV及びサブコンパクトSUV動向  北米市場  ヨーロッパ市場  アジア市場 ・市場規模及び分析  北米のSUV市場規模(主要国別SUV生産量、SUV種類別生産量、主要国別SUV販売量、SUV種類別販売量)  ヨーロッパのSUV市場規模(主要国別SUV生産量、SUV種類別生産量、主要国別SUV販売量、SUV種類別販売量)  アジアのSUV市場規模(主要国別SUV生産量、SUV種類別生産量、主要国別SUV販売量、SUV種類別販売量)  その他地域のSUV市場規模
  • 自動車用バッテリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バッテリー市場規模、バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他)分析、車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車)分析、機能別(照明・点火、電気推進)分析、販売経路別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他) ・ 自動車用バッテリーの世界市場:車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車) ・ 自動車用 …
  • 二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場規模及び予測、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の心臓人工弁市場見通し
  • プラスチック加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック加工機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の次世代シーケンシングサービス市場規模・予測2017-2025:技術別(合成シーケンシング、IonTorrent半導体シーケンシング、単一分子リアルタイムシーケンシング、ナノポアシーケンシング技術)、用途別、エンドユーザー別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の次世代シーケンシングサービス市場について調査・分析し、世界の次世代シーケンシングサービス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の次世代シーケンシングサービス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の光電気複合ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の光電気複合ケーブル市場2015について調査・分析し、光電気複合ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイルドライス製品の世界市場:種類別(レディートゥイートワイドライス、穀物)、用途別(食品&飲料、製薬、ペット食品)、地域別予測
    本資料は、ワイルドライス製品の世界市場について調べ、ワイルドライス製品の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(レディートゥイートワイドライス、穀物)分析、用途別(食品&飲料、製薬、ペット食品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVestas、Siemens、Enercon、Gamesa、MOOG、SSB、Mita-Teknik、Parker Hannifin、Bosch Rexroth、Atech、DEIF Wind Power、MLS、OAT、AVN、DHI DCW などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイルドライス製品の世界市場概要 ・ワイルドライス製品の世界市場環境 ・ワイルドライス製品の世界市場動向 ・ワイルドライス製品の世界市場規模 ・ワイルドライス製品の世界市場規模:種類別(レディートゥイートワイドライス、穀物) ・ワイルドライス製品の世界市場規模:用途別(食品&飲料、製薬、ペット食品) ・ワイルドライス製品の世界市場:地域別市場 …
  • ウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症の概要 ・ウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウェット型(新生血管型/滲出型)黄斑変性症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • エアカーテンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エアカーテンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアカーテンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 エアカーテンとは、出入り口での温風もしくは冷風の噴流により、室内もしくは建物から外気を遮断する製品です。エアカーテンは、商業分野、産業分野、その他専門用途で広く使用されていますが、今後は商業分野で急速な成長が予測されます。Technavio社はエアカーテンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Panasonic, • Berner International, • Mars Air Systems, • Toshiba, • Mitsubishi Electric等です。
  • Eラーニングの世界市場2020-2024
    「Eラーニングの世界市場2020-2024」は、Eラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • カザフスタンの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • コジェネレーション(熱電併給)装置の世界市場:蒸気タービン、ガスタービン、CCGT、エンジン
    当調査レポートでは、コジェネレーション(熱電併給)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コジェネレーション(熱電併給)装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マグネシウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マグネシウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マグネシウム市場規模、用途別(アルミニウム合金、ダイカスト、チタン精錬、脱硫処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マグネシウムの世界市場概要 ・マグネシウムの世界市場環境 ・マグネシウムの世界市場動向 ・マグネシウムの世界市場規模 ・マグネシウムの世界市場:業界構造分析 ・マグネシウムの世界市場:用途別(アルミニウム合金、ダイカスト、チタン精錬、脱硫処理、その他) ・マグネシウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マグネシウムのアメリカ市場規模・予測 ・マグネシウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・マグネシウムのアジア市場規模・予測 ・マグネシウムの主要国分析 ・マグネシウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・マグネシウムの世界市場:成長要因、課題 ・マグネシウムの世界市場:競争環境 ・マグネシウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ペット用ダイエットサプリメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ペット用ダイエットサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット用ダイエットサプリメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍用医療及び人道的外傷治療の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍用医療及び人道的外傷治療の世界市場について調査・分析し、軍用医療及び人道的外傷治療の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍用医療及び人道的外傷治療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍用医療及び人道的外傷治療の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍用医療及び人道的外傷治療の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • フラッシュライト(懐中電灯)の世界市場予測・分析
  • APT攻撃対策の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、APT攻撃対策の世界市場について調査・分析し、APT攻撃対策の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 屋外動力装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、屋外動力装置の世界市場規模が2017年203.4億ドルから2026年307.5億ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、屋外動力装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋外動力装置市場規模、装置種類別(耕うん機・耕運機、雪投げ、芝刈り機、乗馬ガーデントラクター、屋外グリル)分析、製品別(コードレスツール、コード付き)分析、パワー由来別(燃料、電気、電池)分析、用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 屋外動力装置の世界市場:市場動向分析 ・ 屋外動力装置の世界市場:競争要因分析 ・ 屋外動力装置の世界市場:装置種類別(耕うん機・耕運機、雪投げ、芝刈り機、乗馬ガーデントラクター、屋外グリル) ・ 屋外動力装置の世界市場:製品別(コードレスツール、コード付き) ・ 屋外動力装置の世界市場:パワー由来別(燃料、電気、電池) ・ 屋外動力装置の世界市場:用途 …
  • 表面測定機器およびツールの世界市場
    当調査レポートでは、表面測定機器およびツールの世界市場について調査・分析し、表面測定機器およびツールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 表面測定機器およびツールの世界市場:市場動向分析 - 表面測定機器およびツールの世界市場:競争要因分析 - 表面測定機器およびツールの世界市場:製品別 ・3D光学顕微鏡 ・原子間力顕微鏡(AFM) ・メカニカルテスター ・光学座標測定機 ・ペン型表面形状測定装置 - 表面測定機器およびツールの世界市場:用途別 ・電気&電子 ・自動車 ・光学 ・その他 - 表面測定機器およびツールの世界市場:主要地域別分析 - 表面測定機器およびツールの北米市場規模(アメリカ市場等) - 表面測定機器およびツールのヨーロッパ市場規模 - 表面測定機器およびツールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・表面測定機器およびツールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 患者体温管理のアジア市場
    本調査レポートでは、患者体温管理のアジア市場について調査・分析し、患者体温管理のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コネクテッドカーのインド市場
  • 製薬産業向け治験サプライ及び物流の世界市場2016-2026
  • 医療用ガス装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用ガス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用ガス装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 医療用ガスとは、医療機関や同類の分野で使用されるガスの事です。近年、喘息やPOCD (慢性閉塞性肺疾患)、睡眠時無呼吸などの治療のために、在宅治療でも医療用ガスの利用が増加しており、それに伴い家庭向けの医療用ガス装置の市場機会が拡大しています。他にも、医薬品の製造現場や研究機関、品質管理、創薬といった分野で医療用ガス装置の需要が増大しています。Technavio社は医療用ガス装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Air Liquide• Air Products and Chemicals• Praxair• Linde Gas等です。
  • 車両緊急通報システム(eCall)の世界市場2016-2020:標準取り付け、TPS取り付け
    当調査レポートでは、車両緊急通報システム(eCall)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、車両緊急通報システム(eCall)の世界市場規模及び予測、設置別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生ガラスの世界市場:製品別(カレット、粉砕ガラス、ガラス粉末)、用途別(ボトル&コンテナー、板ガラス、グラスファイバー、ハイウェイビーズ、その他)
    本資料は、再生ガラスの世界市場について調べ、再生ガラスの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(カレット、粉砕ガラス、ガラス粉末)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・再生ガラスの世界市場概要 ・再生ガラスの世界市場環境 ・再生ガラスの世界市場動向 ・再生ガラスの世界市場規模 ・再生ガラスの世界市場:市場シェア ・再生ガラスの世界市場:製品別(カレット、粉砕ガラス、ガラス粉末) ・再生ガラスの世界市場:用途別(ボトル&コンテナー、板ガラス、グラスファイバー、ハイウェイビーズ、その他) ・再生ガラスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・再生ガラスの北米市場規模・予測 ・再生ガラスのアメリカ市場規模・予測 ・再生ガラスのヨーロッパ市場規模・予測 ・再生ガラスのアジア市場規模・予測 ・再生ガラスの日本市場規模・予測 ・再生ガラスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の概要 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 航空機シート用装飾材料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機シート用装飾材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(レザー、ビニール、布)分析、シートカバー種類別(ヘッドレスト、アームレスト)分析、シート種類別(ファースト、ビジネス、プレミアム、エコノミー)分析、航空機種類別(コマーシャル、ビジネスジェット、ヘリコプター)分析、航空機シート用装飾材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機シート用装飾材料の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年18億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • バッテリ式電動工具の世界市場:モータータイプ別(ブラシ付きモーター、ブラシレスモーター)、道具別(ドリル、のこぎり、芝刈り機、インパクトレンチ、その他)、用途別(産業用、DIY)
    本市場調査レポートではバッテリ式電動工具について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、モータータイプ別(ブラシ付きモーター、ブラシレスモーター)分析、道具別(ドリル、のこぎり、芝刈り機、インパクトレンチ、その他)分析、用途別(産業用、DIY)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・バッテリ式電動工具の世界市場:モータータイプ別(ブラシ付きモーター、ブラシレスモーター) ・バッテリ式電動工具の世界市場:道具別(ドリル、のこぎり、芝刈り機、インパクトレンチ、その他) ・バッテリ式電動工具の世界市場:用途別(産業用、DIY) ・バッテリ式電動工具の世界市場:地域別 ・企業概要
  • エッジアナリティクスの世界市場見通し2016-2022:記述的分析、診断的分析、予測的分析、処方的分析
    当調査レポートでは、エッジアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エッジアナリティクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・エッジアナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・エッジアナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・エッジアナリティクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・エッジアナリティクスの世界市場:導入モデル別分析/市場規模 ・エッジアナリティクスの世界市場:種類別分析/市場規模 ・エッジアナリティクスの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・エッジアナリティクスの世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・エッジアナリティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・エッジアナリティクスの北米市場規模 ・エッジアナリティクスの欧州市場規模 ・エッジアナリティクスのアジア市場規模 ・エッジアナリティクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 石膏ボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、石膏ボードの世界市場について調査・分析し、石膏ボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別石膏ボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、石膏ボード種類別分析(石膏製壁、石膏製天井)、石膏ボード用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・石膏ボードの市場概観 ・石膏ボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・石膏ボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・石膏ボードの世界市場規模 ・石膏ボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・石膏ボードのアメリカ市場規模推移 ・石膏ボードのカナダ市場規模推移 ・石膏ボードのメキシコ市場規模推移 ・石膏ボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・石膏ボードのドイツ市場規模推移 ・石膏ボードのイギリス市場規模推移 ・石膏ボードのロシア市場規模推移 ・石膏ボードのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・石膏ボードの日本市場規模推移 ・石膏ボ …
  • 医用画像装置の世界市場
    当調査レポートでは、医用画像装置の世界市場について調査・分析し、医用画像装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 放射線皮膚炎の世界市場の規模と予測:製品別(局所用、コルチコステロイド、親水性クリーム、抗生物質、ドレッシング、ヒドロゲル・親水コロイド、無刺激バリアフィルム、シリコーンコーティング)、流通経路別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、放射線皮膚炎の世界市場について調査・分析し、放射線皮膚炎の世界市場動向、放射線皮膚炎の世界市場規模、市場予測、セグメント別放射線皮膚炎市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品保存料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品保存料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品保存料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラベル用接着剤の世界市場予測(~2022年):プロセス(感圧接着剤、グルー塗布、インモールド)、技術(水性、ホットメルト、溶剤型)、基材(ペットボトル、金属容器、ポリオレフィンボトル)、用途(永久接着剤 、フリーザー接着剤、高温接着剤 )、地域別分析
    当調査レポートでは、ラベル用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プロセス別分析、技術別分析、基材別分析、用途別分析、ラベル用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • M2Mネットワークセキュリティの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、M2Mネットワークセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、M2Mネットワークセキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、ソリューション別分析、地域別分析、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS/自動船位保持)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS/自動船位保持)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サブシステム別分析、用途別分析、装置種類別分析、地域別分析、ダイナミック・ポジショニング・システム(DPS/自動船位保持)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ディスポーザブル・シリンジの世界市場
    当調査レポートでは、ディスポーザブル・シリンジの世界市場について調査・分析し、ディスポーザブル・シリンジの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 腹水(Ascites):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腹水(Ascites)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腹水(Ascites)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腹水(Ascites)の概要 ・腹水(Ascites)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腹水(Ascites)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腹水(Ascites)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腹水(Ascites)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用ラックアンドピニオンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、産業用ラックアンドピニオンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ラックアンドピニオン市場規模、用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング )分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場概要 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場環境 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場動向 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場規模 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:業界構造分析 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング ) ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ラックアンドピニオンの北米市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのアジア太平洋市場規模・予測 ・産 …
  • 地震探査の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、地震探査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、技術別分析、地域別分析、地震探査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 杭打ち機の世界市場分析:製品別(インパクトハンマー、振動ドライバ、リグ)、方法別(インパクト駆動、掘削パーカッシブ、ロータリボーリング、エアリフト逆循環掘削(RCD)、オーガーボーリング、連続フライトオーガー(CFA))、セグメント予測
    本調査レポートでは、杭打ち機の世界市場について調査・分析し、杭打ち機の世界市場動向、杭打ち機の世界市場規模、市場予測、セグメント別杭打ち機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートサーモスタットの世界市場分析:技術別(Wi-Fi、ZigBee、その他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートサーモスタットの世界市場について調査・分析し、スマートサーモスタットの世界市場動向、スマートサーモスタットの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートサーモスタット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 欧州主要国の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 世界のポリアミド6/12市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド6/12市場2015について調査・分析し、ポリアミド6/12の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場予測
  • 嫌気性接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、嫌気性接着剤の世界市場について調査・分析し、嫌気性接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 嫌気性接着剤の世界市場:市場動向分析 - 嫌気性接着剤の世界市場:競争要因分析 - 嫌気性接着剤の世界市場:製品別 ・スレッドシーラント ・はめ合い用 ・ガスケットシーラントおよびフランジシーラント ・嫌気性スレッドロッカー - 嫌気性接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ・繊維製品 ・船舶 ・自動車 ・医療 ・航空宇宙および防衛 ・その他 - 嫌気性接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 嫌気性接着剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 嫌気性接着剤のヨーロッパ市場規模 - 嫌気性接着剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・嫌気性接着剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のジョークラッシャー市場2016
    本調査レポートでは、世界のジョークラッシャー市場2016について調査・分析し、ジョークラッシャーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"