"ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4323)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The gas sensors market is expected to be worth USD 1.01 Billion by 2022, growing at a CAGR of 6.22% between 2016 and 2022. The major drivers for the growth are increasing government’s safety regulations at the workplace in industries and growing demand for wireless gas sensors.
Of all the major applications, the oil & gas and medical applications hold the major share of the gas sensors market. The consumer electronics application is expected to grow at the highest rate in the market during the forecast period, followed by the building automation application. Among the consumer electronic applications, the smartphones and tablets segment is the largest contributor to the overall market. The growing adoption of smartphones users in the world has led to research and development of ntegration different types of sensors into smartphones. Gas sensor integrated in smartphones would help in detection of gases for air quality applications which would basically drive the gas sensor market in near future.

The increasing demand for reliable, high-performance, and low-cost gas sensors has led to the development of new technologies such as the micro and nanotechnology, which provide the benefits of miniaturization, low power consumption, and mass production among others. The printed gas sensor is one of the latest trends prevailing in the industry which is expected to have high growth potential during the forecast period. The gas sensor market is expected to face significant challenges over the next six to eight years period as it would witness the evolution of these technologies.

North America held the largest market share; the market in APAC is expected to grow at the highest rate. In APAC, the huge demand for automobiles, consumer electronics from countries such as China, India, and South Korea among others is driving the gas sensors market.

However, the challenge to meet stringent performance requirements for advance sensor application is limiting the growth of this market. One of the other key restraining factors for this market is the technical issues such as decreasing the size and energy consumption which restricts the growth of the gas sensor market. City Technology (U.S.) is an important player in the gas sensors market in 2015. The major strategy adopted by this company is new product development to expand its presence in the gas sensor market.

The companies that are profiled in the report are City Technology Ltd (U.K.), Dynament Ltd.(U.K.) Alphasense (U.K.), Amphenol Advanced Sensors (U.S.), Bosch Sensortec GmbH (Germany), ams AG (Austria), SenseAir AB (Sweden), FIGARO Engineering Inc. (Japan), MEMBRAPOR AG (Switzerland), Cambridge CMOS sensors (U.K.), Sensirion AG (Switzerland), and MSA (U.S.).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Introduction
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Gas Sensors Market, 2013–2022 (USD Million)
4.2 Market, By Technology
4.3 Gas Sensor Market, By Region
4.4 The Automotive Application in APAC to Dominate the Market in 2015
4.5 Market in APAC Expected to Grow at the Highest Rate Between 2016 and 2022
4.6 Gas Sensors Market, By End-Use Application
4.7 Market, By Region

5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Gas Sensors Market, By Technology
5.2.2 Market, By Gas Type
5.2.3 Market, By End-Use Application
5.2.4 Market, By Geography
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Government Safety Regulations and Policies
5.3.1.2 Increasing Demand for Water & Wastewater Treatment Industries
5.3.1.3 Rising Demand for Safety Systems in the Oil and Gas Industry
5.3.1.4 Growing Demand for Gas Sensors in Developing Countries Such as China and India
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Technical Issues Related to Size, Energy Consumption, and Sensitivity
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growing Demand for Wireless Gas Sensors
5.3.3.2 Growing Green Building Concept
5.3.3.3 Increasing Demand for Gas Sensor in Smartphones Applications
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Stringent Performance Requirements for Advanced Sensor Application

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Industry Trends
6.3.1 E-Nose
6.3.2 Mems-Based Gas Sensor
6.3.3 Printed Gas Sensor
6.4 Porter’s Five Forces Analysis
6.4.1 Threat From New Entrants
6.4.2 Threat From Substitutes
6.4.3 Bargaining Power of Suppliers
6.4.4 Bargaining Power of Buyers
6.4.5 Intensity of Rivary

7 Gas Sensors Market, By Technology (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Electrochemical
7.3 Photoionization Detectors (PID)
7.4 Solid State/Metal-Oxide-Semiconductor
7.5 Catalytic
7.6 Infrared
7.7 Laser
7.8 Zirconia
7.9 Others

8 Gas Sensor Market, By Gas Type (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Oxygen
8.3 Carbon Monoxide (CO)
8.4 Carbon Dioxide(CO2)
8.5 Ammonia
8.6 Chlorine(CL)
8.7 Hydrogen Sulfide (H2S)
8.8 Nitrogen Oxide
8.9 Volatile Organic Compound (VOC)
8.10 Hydrocarbon (Methane, Propane, Butane Among Others)

9 Gas Sensor Market, By End-Use Application (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 Water & Wastewater Treatment
9.2.1 Water Treatment
9.2.2 Wastewater Treatment
9.3 Medical
9.3.1 Measuring Blood Oxygen
9.3.2 Monitoring Concentration of Oxygen in Anesthesia
9.3.3 Oxygen Content of Medical Air Cylinders
9.4 Oil & Gas
9.4.1 Upstream
9.4.2 Down Stream
9.5 Environmental
9.5.1 Indoor and Outdoor Air Quality Monitoring
9.6 Automotive
9.6.1 Vehicle Cabin Air Quality Control
9.6.2 Dynamometer Test Cells
9.7 Food & Beverages
9.8 Metal & Chemical Industry
9.8.1 Coke Ovens
9.8.2 Blast Furnace
9.9 Consumer Electronics
9.9.1 Smartphones& Tablets
9.9.2 Wearable Devices
9.10 Transport & Logistics
9.10.1 Monitoring of Hazardous Gases in Cargo Freight
9.11 Power Stations
9.11.1 Monitoring Blast Furnace Gases
9.12 Building Automation and Domestic Application
9.13 Others (R&D Labs, Educational Institutions Involved in Research)

10 Gas Sensor Market, By Geography (Page No. – 109)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 U.K.
10.3.2 Germany
10.3.3 France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 South Korea
10.4.5 Rest of APAC
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 South America
10.5.2 Middle East
10.5.3 Africa

11 Competitive Landscape (Page No. – 126)
11.1 Overview
11.2 Gas Sensors Market: Competitive Analysis
11.3 Market Ranking Analysis: Gas Sensors Market
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Contracts, Patnerships and Collaborations
11.4.3 Acquisitions
11.4.4 Expansions

12 Company Profiles (Page No. – 133)
(Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development)*
12.1 Introduction
12.2 City Technology Ltd.
12.3 Figaro Engineering Inc.
12.4 Dynament Ltd.
12.5 Bosch Sensortec GmbH
12.6 Membrapor AG.
12.7 Alphasense
12.8 Amphenol Advanced Sensors
12.9 Cambridge CMOS Sensor
12.10 Sensirion AG.
12.11 AMS AG
12.12 Senseair AB
12.13 MSA

*Details on Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 157)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出
【発行日】2016年5月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4323
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】ガスセンサ、電気化学式ガスセンサ、赤外線式ガスセンサ、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式ガスセンサ、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出、酸素、二酸化炭素、硫化水素、酸化窒素、炭化水素、水処理、医療用途、石油・ガス産業、環境、自動車、金属、電子、ガスセンサ用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 次世代バイオメトリクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、次世代バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、次世代バイオメトリクス市場規模、タイプ別(非接触機能、複合機能、接触機能)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)分析、認証タイプ別(単一要素認証、多要素認証)分析、用途別(政府、軍事・防衛、法執行機関、企業、銀行・金融機関、ヘルスケア、住宅、空港、民生機器、旅行・税関、自動車、セキュリティ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 次世代バイオメトリクスの世界市場:市場動向分析 ・ 次世代バイオメトリクスの世界市場:競争要因分析 ・ 次世代バイオメトリクスの世界市場:タイプ別(非接触機能、複合機能、接触機能) ・ 次世代バイオメトリクスの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス) ・ 次世代バイオメトリクスの世界市場:認証タイプ別(単一要素認証、多要素認証) ・ 次世代バイオメトリクスの世界市場:用途別( …
  • メキシコの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 航空機用ポンプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機用ポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用ポンプ市場規模、種類別(燃料ポンプ、油圧ポンプ、空調・冷却ポンプ、潤滑ポンプ、水・排水系統ポンプ)分析、圧力別(10PSI-500PSI、500PSI-3000PSI、3000PSI-5000PSI、5000PSI-6500PSI)分析、技術別(圧縮空気駆動式ポンプ、エンジン駆動式ポンプ、電動機駆動式ポンプ、ラチェット駆動式ポンプ)分析、用途別(軍用機、商用機、事業用・一般航空機)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機用ポンプの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機用ポンプの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機用ポンプの世界市場:種類別(燃料ポンプ、油圧ポンプ、空調・冷却ポンプ、潤滑ポンプ、水・排水系統ポンプ) ・ 航空機用ポンプの世界市場:圧力別(10PSI-500PSI、500PSI-3000PSI、 …
  • デジタルロジスティクスの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、デジタルロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・デジタルロジスティクスの世界市場:イントロダクション ・デジタルロジスティクスの世界市場:市場概観 ・デジタルロジスティクスの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・デジタルロジスティクスの世界市場:セグメント別市場分析 ・デジタルロジスティクスの世界市場:システム別分析/市場規模 ・デジタルロジスティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・デジタルロジスティクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・デジタルロジスティクスの世界市場:産業別分析/市場規模 ・デジタルロジスティクスの世界市場:主要地域別市場分析 ・デジタルロジスティクスの世界市場:関連企業分析
  • 世界のステアリングコラム装置市場
  • ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬の状況 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の市場規模(販売予測) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬剤
  • タイのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のトップドライブ装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のトップドライブ装置市場2015について調査・分析し、トップドライブ装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳化剤の世界市場
    当調査レポートでは、乳化剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・乳化剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・乳化剤の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・乳化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・乳化剤のアメリカ市場規模予測 ・乳化剤のヨーロッパ市場規模予測 ・乳化剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 化成肥料の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、化成肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、作物タイプ別分析、形状別分析、地域別分析、化成肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用シミュレーションの世界市場:製品・サービス別(モデルベースシミュレーション、Webベースシミュレーション、シミュレーショントレーニングサービス)、フィデリティ別(低フィデリティ、中フィデリティ、高フィデリティ)、エンドユーザー別(学術機関・研究センター、病院・診療所、軍事組織)
    本資料は、医療用シミュレーションの世界市場について調べ、医療用シミュレーションの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品・サービス別(モデルベースシミュレーション、Webベースシミュレーション、シミュレーショントレーニングサービス)分析、エンドユーザー別(学術機関・研究センター、病院・診療所、軍事組織)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療用シミュレーションの世界市場概要 ・医療用シミュレーションの世界市場環境 ・医療用シミュレーションの世界市場動向 ・医療用シミュレーションの世界市場規模 ・医療用シミュレーションの世界市場:市場シェア ・医療用シミュレーションの世界市場:製品・サービス別(モデルベースシミュレーション、Webベースシミュレーション、シミュレーショントレーニングサービス) ・医療用シミュレーションの世界市場:フィデリティ別(低フィデリティ、中フィデリティ、高フィデリティ) ・医療用シミュレーションの世界市場:エンドユ …
  • インターロイキン-13阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-13阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-13阻害剤の概要 ・インターロイキン-13阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-13阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-13阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-13阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カロテノイドの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カロテノイド市場規模、原料別(天然カロテノイド、合成カロテノイド)分析、種類別(カンタキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、ルテイン、ベータカロチン、その他)分析、用途別(医薬品、化粧品、動物飼料、食品・飲料、サプリメント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ カロテノイドの世界市場:市場動向分析 ・ カロテノイドの世界市場:競争要因分析 ・ カロテノイドの世界市場:原料別(天然カロテノイド、合成カロテノイド) ・ カロテノイドの世界市場:種類別(カンタキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、ルテイン、ベータカロチン、その他) ・ カロテノイドの世界市場:用途別(医薬品、化粧品、動物飼料、食品・飲料、サプリメント) ・ カロテノイドの世界市場:主要地域別分析 ・ カロテノイドの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ カロテノイドのヨーロ …
  • 真性多血症(Polycythemia Vera):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真性多血症(Polycythemia Vera):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真性多血症(Polycythemia Vera)のフェーズ3治験薬の状況 ・真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の市場規模(販売予測) ・真性多血症(Polycythemia Vera)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真性多血症(Polycythemia Vera)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬剤
  • ゲノミクスの世界市場予測(~2024年)
    ゲノミクスの世界市場は、2019年の189億米ドルから2024年には357億米ドルに達し、この期間中13.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、政府の援助資金の増加、ゲノミクスプロジェクトの増加、シーケンスコストの削減、ゲノミクスの応用分野の拡大、ゲノミクス分野への企業の新規参入などが考えられます。一方で、ゲノム関連機器の高コストは市場の成長を抑制する主な要因です。当調査レポートでは、ゲノミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス(システム・ソフトウェア、消耗品、サービス)分析、技術(シーケンシング、マイクロアレイ、PCR)分析、用途(診断、精密医療)分析、エンドユーザー(研究所)分析、ゲノミクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 処方的アナリティクスの世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア、サービス)、データ種類別、用途別、ビジネス機能別、導入モデル別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、処方的アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、データ種類別分析、用途別分析、ビジネス機能別分析、処方的アナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場予測2019-2024
    「自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、コーヒーの自動販売機、フィルターコーヒーマシン、エスプレッソマシンなど、用途別には、Coffee Shops、Bakeries、Offices、Restaurants、Hotelsなどに区分してまとめた調査レポートです。自動プロフェッショナルコーヒーマシンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場概要(サマリー) ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの企業別販売量・売上 ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの企業別市場シェア ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場規模:種類別(コーヒーの自動販売機、フィルターコーヒーマシン、エスプレッソマシン) ・自動プロフェッショナルコーヒーマシンの世界市場規模:用途別(Coffee Shops、Bakeries、Offices、Restauran …
  • 自動防眩ミラーの世界市場予測(~2025年):燃料種類、用途、機能、車両種類、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動防眩ミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、燃料種類別分析、用途別分析、機能別分析、車両タイプ別分析、自動防眩ミラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPINダイオード市場2016
    本調査レポートでは、世界のPINダイオード市場2016について調査・分析し、PINダイオードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 成長ホルモンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における成長ホルモンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・成長ホルモンアンタゴニストの概要 ・成長ホルモンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の成長ホルモンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成長ホルモンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・成長ホルモンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 南アフリカの体外式除細動器市場見通し
  • 真性多血症から移行した骨髄線維症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真性多血症から移行した骨髄線維症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真性多血症から移行した骨髄線維症のフェーズ3治験薬の状況 ・真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬の市場規模(販売予測) ・真性多血症から移行した骨髄線維症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真性多血症から移行した骨髄線維症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬剤
  • 粥腫切除機器の世界市場
    当調査レポートでは、粥腫切除機器の世界市場について調査・分析し、粥腫切除機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 粥腫切除機器の世界市場:市場動向分析 - 粥腫切除機器の世界市場:競争要因分析 - 粥腫切除機器の世界市場:技術別 ・方向性粥腫切除機器 ・レーザー粥腫切除機器 ・眼窩粥腫切除機器 ・回転粥腫切除サービス - 粥腫切除機器の世界市場:患部別 ・冠動脈疾患 ・末梢動脈疾患 - 粥腫切除機器の世界市場:主要地域別分析 - 粥腫切除機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 粥腫切除機器のヨーロッパ市場規模 - 粥腫切除機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・粥腫切除機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ベアリングの世界市場分析:製品別(ボールベアリング、ローラーベアリング)、用途別(自動車、農業、電気、鉱業・建設、鉄道・航空宇宙、自動車アフターマーケット)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、ベアリングの世界市場動向、ベアリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベアリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 尿路結石管理機器の世界市場分析:治療別(体外衝撃波砕石術(ESWL)、体内砕石術、経皮的腎結石、他の治療(経過観察、副甲状腺手術))、エンドユーザー別(病院・診療所、外来手術センター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、尿路結石管理機器の世界市場について調査・分析し、尿路結石管理機器の世界市場動向、尿路結石管理機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別尿路結石管理機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ブッシュの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用ブッシュの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ブッシュ市場規模、車種別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PC))分析、電気自動車(EV)種類別(プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)、バッテリー式電気自動車(BEV))分析、製品別(ポリウレタン製、ゴム製)分析、用途別(トランスミッション、サスペンション、シャーシ、排気装置、エンジン、内装)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用ブッシュの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用ブッシュの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用ブッシュの世界市場:車種別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PC)) ・ 自動車用ブッシュの世界市場:電気自動車(EV)種類別(プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)、バッテリー式電気自動車(BEV)) ・ 自動車用ブッシュの世界市場:製品別 …
  • 集積受動デバイス(IPD)の世界市場予測(~2022年):バラン、カプラ、ダイプレクサ、高調波フィルタ
    当調査レポートでは、集積受動デバイス(IPD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、材料ベース別分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、集積受動デバイス(IPD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルフォトフレームの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルフォトフレームの世界市場について調べ、デジタルフォトフレームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルフォトフレームの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、電源別(電気駆動、電池駆動)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルフォトフレームの世界市場規模が2019-2023期間中に年平1%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルフォトフレームの市場状況 ・デジタルフォトフレームの市場規模 ・デジタルフォトフレームの市場予測 ・デジタルフォトフレームの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:電源別(電気駆動、電池駆動) ・デジタルフォトフレームの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフ …
  • ブラジルの整形外科処置動向(~2021)
  • 止血診断検査の世界市場2016-2020
  • ワークフォース分析の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ワークフォース分析の世界市場について調べ、ワークフォース分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ワークフォース分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(小売、金融、テレコム及びIT、医療、製造業、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はワークフォース分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ワークフォース分析の市場状況 ・ワークフォース分析の市場規模 ・ワークフォース分析の市場予測 ・ワークフォース分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(小売、金融、テレコム及びIT、医療、製造業、その他のエンドユーザー) ・ワークフォース分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 外来診療の世界市場分析・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、外来診療の世界市場について調査・分析し、外来診療の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 心電計(ECG)の世界市場:安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置
    Technavio社の本調査レポートでは、心電計(ECG)の世界市場について調べ、心電計(ECG)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心電計(ECG)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は心電計(ECG)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心電計(ECG)の市場状況 ・心電計(ECG)の市場規模 ・心電計(ECG)の市場予測 ・心電計(ECG)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置) ・心電計(ECG)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 性器ヘルペス(Genital Herpes):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・性器ヘルペス(Genital Herpes):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)のフェーズ3治験薬の状況 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の市場規模(販売予測) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬剤
  • コンパニオン診断(CDx)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、コンパニオン診断(CDx)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、疾患別分析、需要先別分析、地域別分析、コンパニオン診断(CDx)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間セキュリティサービスの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、民間セキュリティサービスの世界市場について調べ、民間セキュリティサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間セキュリティサービスの市場規模をセグメンテーション別(サービス別(有人警備、電子セキュリティサービス、現金サービス)、エンドユーザー別(産業、家庭、金融機関、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は民間セキュリティサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間セキュリティサービスの市場状況 ・民間セキュリティサービスの市場規模 ・民間セキュリティサービスの市場予測 ・民間セキュリティサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(有人警備、電子セキュリティサービス、現金サービス) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業、家庭、金融機関、その他) ・民間セキュリティサービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル …
  • 小型衛星の世界市場:ミニサテライト、マイクロサテライト、ナノサテライト、ピコサテライト、フェムトサテライト
    当調査レポートでは、小型衛星の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ミニサテライト、マイクロサテライト、ナノサテライト、ピコサテライト、フェムトサテライト)分析、用途別(画像、地球観測、衛星通信、科学&探査、技術開発、宇宙状況認識)分析、エンドユーザー別(市民、商業、政府、防衛)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・小型衛星の世界市場:種類別(ミニサテライト、マイクロサテライト、ナノサテライト、ピコサテライト、フェムトサテライト) ・小型衛星の世界市場:用途別(画像、地球観測、衛星通信、科学&探査、技術開発、宇宙状況認識) ・小型衛星の世界市場:エンドユーザー別(市民、商業、政府、防衛) ・小型衛星の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界のファックス市場2016
    本調査レポートでは、世界のファックス市場2016について調査・分析し、ファックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱臭システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、脱臭システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脱臭システム市場規模、コンポーネント別(タワー、タンク、ポンプ、油・水管理システム、冷却装置、その他)分析、操作別(バッチシステム、連続システム、半連続システム)分析、技術別(充填カラム、薄膜)分析、精製方法別(化学精製、物理精製)分析、用途別(ココナッツ油、ヤシ油、オリーブ油、マスタードシード油、ピーナッツ油)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 脱臭システムの世界市場:市場動向分析 ・ 脱臭システムの世界市場:競争要因分析 ・ 脱臭システムの世界市場:コンポーネント別(タワー、タンク、ポンプ、油・水管理システム、冷却装置、その他) ・ 脱臭システムの世界市場:操作別(バッチシステム、連続システム、半連続システム) ・ 脱臭システムの世界市場:技術別(充填カラム、薄膜) ・ 脱臭システムの世界市場:精製方法別(化学精製、物理精製) ・ 脱臭システムの世界市場:用途 …
  • 雑種種子の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、雑種種子の世界市場について調査・分析し、雑種種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 雑種種子の世界市場:市場動向分析 - 雑種種子の世界市場:競争要因分析 - 雑種種子の世界市場:種子処理別 処理済み 未処理 - 雑種種子の世界市場:栽培地別 室内栽培 屋外 - 雑種種子の世界市場:栽培面積別 果物及び野菜 畑作作物 - 雑種種子の世界市場:期間別 長期間 中間期間 短期間 - 雑種種子の世界市場:作物別 果物及び野菜 雑穀及び穀物 油性種子 その他の穀物 - 雑種種子の世界市場:主要地域別分析 - 雑種種子の北米市場規模(アメリカ市場等) - 雑種種子のヨーロッパ市場規模 - 雑種種子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・雑種種子の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱業向け個人用保護具の世界市場2017-2021:防護服、呼吸用保護具、眼保護具・顔面保護具、足保護具、安全帯
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉱業向け個人用保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け個人用保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け個人用保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Ansell、Honeywell International、MSA等です。
  • 世界のWDM装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のWDM装置市場2015について調査・分析し、WDM装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然ガス用パイプラインの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、天然ガス用パイプラインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然ガス用パイプラインの世界市場規模及び予測、パイプライン種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア市場におけるビッグデータの世界市場予測
  • 航空機付随サービスの世界市場2017-2021:FFPマイル販売、機内販売・アラカルトサービス、手荷物料金、旅行小売り
    当調査レポートでは、航空機付随サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機付随サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉄道コネクタ市場2019
    本調査レポートでは、世界の鉄道コネクタ市場2019について調査・分析し、鉄道コネクタの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、鉄道コネクタのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、鉄道コネクタメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・鉄道コネクタの市場概要 ・鉄道コネクタの上流・下流市場分析 ・鉄道コネクタのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・鉄道コネクタのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・鉄道コネクタのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・鉄道コネクタのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・鉄道コネクタの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・鉄道コネクタの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・鉄道コネクタの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・鉄道コネクタの北米市場:市場予測(生産 …
  • ウェアラブル機器の世界市場予測(~2023年):ヘッドセット、ヘッドホン、補聴器
    当調査レポートでは、ウェアラブル機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、ウェアラブル機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産飼料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、水産飼料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種別(魚、甲殻類、および軟体動物)分析、成分別(大豆、トウモロコシ、魚粉、魚油、添加物)分析、ライフサイクル別(スターターフィード、グローワーフィード、フィニッシャーフィード、およびブルーダーフィード)分析、フォーム別分析、水産飼料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、水産飼料の世界市場規模が2019年473億ドルから2025年717億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。
  • 副鼻腔拡張装置の世界市場:製品別(バルーン式副鼻腔拡張装置、ステント、内視鏡、ハンドヘルド器具)、手術法別(単独(スタンドアロン)、併用(ハイブリッド))、患者タイプ別(成人、小児)、患者の医療環境別(耳鼻咽喉科、診療所、病院、通院外科診療所)、地域別予測
    本資料は、副鼻腔拡張装置の世界市場について調べ、副鼻腔拡張装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バルーン式副鼻腔拡張装置、ステント、内視鏡、ハンドヘルド器具)分析、手術法別(単独(スタンドアロン)、併用(ハイブリッド))分析、患者タイプ別(成人、小児)分析、患者の医療環境別(耳鼻咽喉科、診療所、病院、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・副鼻腔拡張装置の世界市場概要 ・副鼻腔拡張装置の世界市場環境 ・副鼻腔拡張装置の世界市場動向 ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模 ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:製品別(バルーン式副鼻腔拡張装置、ステント、内視鏡、ハンドヘルド器具) ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:手術法別(単独(スタンドアロン)、併用(ハイブリッド)) ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:患者タイプ別(成人、小児) ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:患者の医療環境別(耳鼻咽喉科、診療所、病院、通院外科診療所) ・副鼻腔拡張装置の …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"