"非接触型決済ソリューションの世界市場:決済端末、モバイル決済、取引・データ管理、セキュリティ・不正管理"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-TC-2198)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"非接触型決済ソリューションの世界市場:決済端末、モバイル決済、取引・データ管理、セキュリティ・不正管理"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

MarketsandMarkets forecasts the contactless payment market size to grow from USD 6.70 Billion in 2016 to USD 17.56 Billion by 2021, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 21.2%. Reduction in queuing and transaction time, increased convenience in making low value payments, ease of integration with existing cards, increased average transaction value, better customer insights, improved service delivery, and increased revenue opportunity are the major driving factors for the growth of this market.
The contactless payment market is broadly classified by vertical into government, BFSI, telecommunication and IT, energy & utilities, transportation & logistics, healthcare, hospitality, and retail. Healthcare, telecommunication and IT, and hospitality are the fastest-growing verticals in the market. The healthcare sector is the fastest-growing vertical in this market as the hospitals are installing contactless readers for the convenience of doctors and patients and for making hassle free payments.

Payment terminal solution is expected to dominate the solution segment in the contactless payment market during the forecast period as it help the merchants run customer services smoothly without worrying about card payment problems. The contactless mobile payment solution is the fastest-growing solution due to the global increase in the number of HCE and NFC-enabled smart phones, which support contactless payment transactions.

The contactless payment market is segmented across five regions, namely, North America, Asia-Pacific (APAC), Europe, the Middle East and Africa (MEA), and Latin America. The analysis shows that the spending on contactless payment technology is increasing globally due to the increasing Information and Communications Technology (ICT) integration across different verticals, especially in the developing regions. Europe is expected to account for the largest share of the overall market in 2016 due to technological advancement and increasing contactless smart card roll-outs in the region. North America stands second in terms of market share. APAC is the fastest growing region during the forecast period. The high growth rate in APAC is attributed to the increasing technological adoption and growing number of contactless payment technology enabled mobile handsets in countries such as China, Japan, Australia, and India.

High cost involved in deploying EPOS terminals and security issues related to the contactless technology acts as major restraining factors for the growth of the contactless payment market. However, increasing adoption of contactless payment technology in mobile handsets and wearables is expected to provide significant growth opportunities. On a strategic front, many companies are utilizing different growth strategies, such as mergers & acquisitions, partnerships & collaborations, and product development to increase their share in the market. Some of the major technology vendors include Gemalto N.V., Giesecke & Devrient GmbH, Ingenico Group, VeriFone Systems Inc., and Wirecard AG. Gemalto N.V., a key market player in this market partnered with Worldline, a leading provider of payment and transaction services to ensure a smooth and fast deployment of the payment card into the mobile payment wallets. Moreover, Wirecard AG., adopted inorganic growth strategies by acquiring Provus a Romania based, payment processing and technological service provider. This acquisition will help Wirecard to expand its business in the Eastern European market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"非接触型決済ソリューションの世界市場:決済端末、モバイル決済、取引・データ管理、セキュリティ・不正管理"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Report
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 26)

4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Contactless Payment Market
4.2 Market By Region, 2016 vs 2021
4.3 Market By Service, 2016–2021
4.4 Market By Vertical and Region, 2016
4.5 Lifecycle Analysis, By Region
4.6 Market Investment Scenario

5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Segmentation
5.3.1 By Device
5.3.2 By Solution
5.3.3 By Service
5.3.4 By Payment Mode
5.3.5 By Vertical
5.3.6 By Region
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Reduction in Queuing and Transaction Time and Increased Convenience in Making Low Value Payments
5.4.1.2 Ease of Integration With Existing Cards and Increased Average Transaction Value
5.4.1.3 Better Customer Insights, Improved Service Delivery, and Increased Revenue Opportunity
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 High Cost Involved in Deploying Epos Terminals
5.4.2.2 Security Issues Related to Contactless Technologies
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Increasing Adoption of Contactless Payment Technology in Mobile Handsets and Wearables
5.4.3.2 Mass Adoption of Dual-Interface Chip Technology and Multi-Application Support By NFC and Hce
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 Sale of Cashless Readers to Merchants
5.4.4.2 Lack of Standardization and Consumer Awareness

6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Ecosystem and Roles
6.4 Contactless Payment Standards and Regulations
6.4.1 Introduction
6.4.2 ISO 10536
6.4.3 ISO 14443
6.4.4 ISO 15693
6.5 Strategic Benchmarking

7 Contactless Payment Market Analysis, By Device (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Mobile Handsets
7.3 Point of Sale Terminals
7.4 NFC Chips
7.5 Smart Cards
7.6 Others

8 Contactless Payment Market Analysis, By Solution (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Payment Terminal Solution
8.3 Contactless Mobile Payment Solution
8.4 Device Management Solution
8.5 Transaction Management Solution
8.6 Data Management Solution
8.7 Security and Fraud Management Solution
8.8 Hosted Point of Sale Solution
8.9 Analytics Solution

9 Contactless Payment Market Analysis, By Service (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Professional Services
9.2.1 Consulting Services
9.2.2 Integration and Deployment Services
9.2.3 Support and Maintenance Services
9.3 Managed Services
9.4 Multi-Channel Payment and Value-Added Services

10 Contactless Payment Market Analysis, By Payment Mode (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 Mobile Handsets
10.3 Contactless Smart Cards
10.4 Contactless Form Factors

11 Contactless Payment Market Analysis, By Vertical (Page No. – 71)
11.1 Introduction
11.2 Government
11.3 Banking, Financial Services, and Insurance
11.4 Telecommunication and It
11.5 Transportation and Logistics
11.6 Healthcare
11.7 Energy and Utilities
11.8 Retail
11.9 Hospitality
11.10 Others

12 Geographic Analysis (Page No. – 80)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.3 Europe
12.4 Asia-Pacific
12.5 Middle East and Africa
12.6 Latin America

13 Competitive Landscape (Page No. – 101)
13.1 Overview
13.2 Portfolio Comparison
13.3 Competitive Situation and Trends
13.3.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations
13.3.2 New Product Launches
13.3.3 Business Expansions
13.3.4 Merger and Acquisitions

14 Company Profiles (Page No. – 108)
14.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, Ratio Analysis, MnM View)*
14.2 Gemalto N.V.
14.3 Giesecke & Devrient GmbH
14.4 Ingenico Group
14.5 Verifone Systems, Inc.
14.6 Wirecard AG
14.7 Heartland Payment Systems, Inc.
14.8 Inside Secure
14.9 Oberthur Technologies Sa
14.10 on Track Innovations
14.11 Proxama, PLC

*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

15 Appendix (Page No. – 137)
15.1 Insight of Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
15.5 Available Customizations
15.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】非接触型決済ソリューションの世界市場:決済端末、モバイル決済、取引・データ管理、セキュリティ・不正管理
【発行日】2016年5月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-TC-2198
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】非接触型決済ソリューション、非接触型決済サービス、決済端末、モバイル決済、取引管理、データ管理、セキュリティ管理、不正管理、モバイル端末、非接触型支払、POSターミナル、NFCチップ、ICカード
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
非接触型決済ソリューションの世界市場:決済端末、モバイル決済、取引・データ管理、セキュリティ・不正管理についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:地域別市場予測、新検査、技術、機器、企業分析
  • 世界のPET/PBT樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のPET/PBT樹脂市場2015について調査・分析し、PET/PBT樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラー街路灯の世界市場2016-2020:LED、CFL
    当調査レポートでは、ソーラー街路灯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー街路灯の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の画像診断メーカーの戦略的方向性分析2016
  • ホットスタンプ箔の世界市場:金属、顔料、ホログラフィック
    当調査レポートでは、ホットスタンプ箔の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホットスタンプ箔市場規模、製品別(金属、顔料、ホログラフィック)分析、基質別(プラスチック、紙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、API, CFC International, Crown Roll Leaf, LEONHARD KURZ, UNIVACCO Technologyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホットスタンプ箔の世界市場概要 ・ホットスタンプ箔の世界市場環境 ・ホットスタンプ箔の世界市場動向 ・ホットスタンプ箔の世界市場規模 ・ホットスタンプ箔の世界市場:業界構造分析 ・ホットスタンプ箔の世界市場:製品別(金属、顔料、ホログラフィック) ・ホットスタンプ箔の世界市場:基質別(プラスチック、紙) ・ホットスタンプ箔の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホットスタンプ箔の北米市場規模・予測 ・ホットスタンプ箔のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 陰圧閉鎖療法(NPWT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、陰圧閉鎖療法(NPWT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陰圧閉鎖療法(NPWT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • フレキシブルガラスのアジア太平洋市場2017-2021
    当調査レポートでは、フレキシブルガラスのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレキシブルガラスのアジア太平洋市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リニアモーションシステムの世界市場
    当調査レポートでは、リニアモーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リニアモーションシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の主要な国境セキュリティ企業分析2016
  • 酵母の米国・メキシコ市場
  • セバシン酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セバシン酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セバシン酸市場規模、用途別(ポリマー製造、冷却剤、産業、エステル製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セバシン酸の世界市場概要 ・セバシン酸の世界市場環境 ・セバシン酸の世界市場動向 ・セバシン酸の世界市場規模 ・セバシン酸の世界市場:業界構造分析 ・セバシン酸の世界市場:用途別(ポリマー製造、冷却剤、産業、エステル製造、その他) ・セバシン酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セバシン酸の北米市場規模・予測 ・セバシン酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セバシン酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・セバシン酸の主要国分析 ・セバシン酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・セバシン酸の世界市場:成長要因、課題 ・セバシン酸の世界市場:競争環境 ・セバシン酸の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子メールセキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子メールセキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子メールセキュリティ市場規模、用途別(オンプレミス、クラウドベース)分析、製品別(製品、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子メールセキュリティの世界市場概要 ・電子メールセキュリティの世界市場環境 ・電子メールセキュリティの世界市場動向 ・電子メールセキュリティの世界市場規模 ・電子メールセキュリティの世界市場:業界構造分析 ・電子メールセキュリティの世界市場:用途別(オンプレミス、クラウドベース) ・電子メールセキュリティの世界市場:製品別(製品、サービス) ・電子メールセキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電子メールセキュリティのアメリカ市場規模・予測 ・電子メールセキュリティのヨーロッパ市場規模・予測 ・電子メールセキュリティのアジア市場規模・予測 ・電子メールセキュリティの主要国分析 ・電子メールセキュリティの世 …
  • 台湾の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 世界の革用化学薬品市場2016
    本調査レポートでは、世界の革用化学薬品市場2016について調査・分析し、革用化学薬品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場について調査・分析し、世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場2018-2022
    低騒音で排気ガスのない飛行の必要性が高まりを受け、電動航空機推進システムの需要が増えています。そのため、ドライブの最適化、電気回路網の開発、環境制御システム(ECS)、信頼性の高い燃料システム制御、センサー技術、その他のサブシステムやコンポーネントのための仮想システムモデルの使用が増えています。 したがって、電気航空機の開発の増加は、航空宇宙向け風洞試験サービス市場における主な傾向となっています。 Technavioのアナリストは、2022年までに3%を超えるCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、BAE Systems、Boeing、GKN、QinetiQ、RUAG Groupなどです。 当調査レポートでは、航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙産業向け風洞試験市場規模、用途別(商業・民間航空機、軍用機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場概要 …
  • 商用車用尿素タンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用尿素タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用尿素タンクの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用尿素タンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cummins、Elkhart Plastics、Salzburger Aluminium等です。
  • 臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場:製品別、用途別(アレルギー警告、投薬サポート)、提供方法(オンプレミス、クラウド、ウェブ)、コンポーネント別、セグメント予測
    本調査レポートでは、臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場について調査・分析し、臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場動向、臨床判断支援システム(CDSS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床判断支援システム(CDSS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマートシティ市場2019
    本調査レポートでは、世界のスマートシティ市場2019について調査・分析し、スマートシティの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、スマートシティのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、スマートシティメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・スマートシティの市場概要 ・スマートシティの上流・下流市場分析 ・スマートシティのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スマートシティのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スマートシティのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・スマートシティのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スマートシティの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・スマートシティの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・スマートシティの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・スマートシテ …
  • 天然・オーガニックタンポンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、天然・オーガニックタンポンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然・オーガニックタンポンの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 送電・配電(T&D)インフラの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、送電・配電(T&D)インフラの世界市場について調査・分析し、送電・配電(T&D)インフラの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場:セグメント別市場分析 ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 頚椎人工椎間板の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、頚椎人工椎間板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頚椎人工椎間板の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤の概要 ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 人造ダイヤモンドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、人造ダイヤモンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、人造ダイヤモンドの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入りウォーターの世界市場2014–2025:製品別(スティルウォーター、ガス入りウォーター、フレーバーウォーター、機能性ウォーター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、パッケージ入りウォーターの世界市場について調査・分析し、パッケージ入りウォーターの世界市場動向、パッケージ入りウォーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別パッケージ入りウォーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マルチクラウド管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、マルチクラウド管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーション別分析、サービス別分析、導入形態別分析、産業別分析、マルチクラウド管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キャノーラミールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャノーラミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャノーラミールの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービン用鋳造品の世界市場分析:タイプ別(水平軸、垂直軸)、用途別(オンショア、オフショア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力タービン用鋳造品の世界市場について調査・分析し、風力タービン用鋳造品の世界市場動向、風力タービン用鋳造品の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力タービン用鋳造品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ペンキ及び塗料の北米市場
  • 建築・建設用シートの世界市場2014-2025:製品別(瀝青、ゴム、金属、高分子)、用途別(床、天井、窓、扉、HVAC)、最終用途別
    本調査レポートでは、建築・建設用シートの世界市場について調査・分析し、建築・建設用シートの世界市場動向、建築・建設用シートの世界市場規模、市場予測、セグメント別建築・建設用シート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドイツの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 船舶用ハイブリッド推進の世界市場
    当調査レポートでは、船舶用ハイブリッド推進の世界市場について調査・分析し、船舶用ハイブリッド推進の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 回転式リミットスイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、回転式リミットスイッチの世界市場について調査・分析し、回転式リミットスイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別回転式リミットスイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、回転式リミットスイッチ種類別分析()、回転式リミットスイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・回転式リミットスイッチの市場概観 ・回転式リミットスイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・回転式リミットスイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・回転式リミットスイッチの世界市場規模 ・回転式リミットスイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・回転式リミットスイッチのアメリカ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのカナダ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのメキシコ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・回転式リミットスイッチのドイツ市場規模推移 ・回転式リミットスイッチのイギリス市 …
  • 診断用試験紙の世界市場2017-2021:ラテラルフローアッセイ・キット、オイルゲージ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、診断用試験紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用試験紙の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は診断用試験紙の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alere、Bio-Rad Laboratories、Siemens Healthcare等です。
  • 世界のプラスチック製太陽電池市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック製太陽電池市場2015について調査・分析し、プラスチック製太陽電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 艦艇MROの世界市場
    当調査レポートでは、艦艇MROの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、艦艇MROの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 超伝導体の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、超伝導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超伝導体市場規模、製品別(磁石、ケーブル、変圧器、エネルギー蓄積装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超伝導体の世界市場概要 ・超伝導体の世界市場環境 ・超伝導体の世界市場動向 ・超伝導体の世界市場規模 ・超伝導体の世界市場:業界構造分析 ・超伝導体の世界市場:製品別(磁石、ケーブル、変圧器、エネルギー蓄積装置) ・超伝導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超伝導体の北米市場規模・予測 ・超伝導体のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超伝導体のアジア太平洋市場規模・予測 ・超伝導体の主要国分析 ・超伝導体の世界市場:意思決定フレームワーク ・超伝導体の世界市場:成長要因、課題 ・超伝導体の世界市場:競争環境 ・超伝導体の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 誘導ホブの世界市場2020-2024:製品別、流通チャンネル別、地域別
    「誘導ホブの世界市場2020-2024」は、誘導ホブについて市場概要、市場規模、製品別(内蔵型、自立型)分析、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・誘導ホブの世界市場:製品別(内蔵型、自立型) ・誘導ホブの世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • レドックス電池の世界市場:材料別(バナジウム、亜鉛−臭素、その他)、ストレージ別(小型、大型)、電力範囲別(50MW未満、50MW~100MW、100MW超)、用途別(ユーティリティ、商業用・産業用、軍用、EV充電スタンド、その他)、地域別予測
    本資料は、レドックス電池の世界市場について調べ、レドックス電池の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(バナジウム、亜鉛−臭素、その他)分析、ストレージ別(小型、大型)分析、電力範囲別(50MW未満、50MW~100MW、100MW超)分析、用途別(ユーティリティ、商業用・産業用、軍用、EV充電スタンド、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・レドックス電池の世界市場概要 ・レドックス電池の世界市場環境 ・レドックス電池の世界市場動向 ・レドックス電池の世界市場規模 ・レドックス電池の世界市場規模:材料別(バナジウム、亜鉛−臭素、その他) ・レドックス電池の世界市場規模:ストレージ別(小型、大型) ・レドックス電池の世界市場規模:電力範囲別(50MW未満、50MW~100MW、100MW超) ・レドックス電池の世界市場規模:用途別(ユーティリティ、商業用・産業用、軍用、EV充電スタンド、その他) ・レドックス電池の世界市場:地域別市場規模 …
  • 画像ガイド下治療システムの世界市場:最終用途別(ASC、診療所、病院)、製品別(MRI、PET)、用途別(脳神経外科、泌尿器科)、セグメント予測
    画像ガイド下治療システムの世界市場は2025年には49億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口および慢性疾患の症例数の増加が考えられます。その他の要因としては、低侵襲手術に対する選好の高まり、画像ガイド下治療システムにおける技術的進歩などがあります。がん放射線療法の分野における様々な取り組みも、市場を動かす重要な要因の1つです。本調査レポートでは、画像ガイド下治療システムの世界市場について調査・分析し、画像ガイド下治療システムの世界市場動向、画像ガイド下治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別画像ガイド下治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マネージドディテクション・レスポンス(MDR)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マネージドディテクション・レスポンス(MDR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、セキュリティタイプ別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、マネージドディテクション・レスポンス(MDR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発電ボイラーの世界市場2017-2021:石炭ボイラー、ガスボイラー、石油ボイラー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、発電ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電ボイラーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は発電ボイラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmec Foster Wheeler、Babcock & Wilcox Enterprises、DONGFANG BOILER GROUP、General Electric、Harbin Electric、MITSUBISHI HITACHI POWER SYSTEMS等です。
  • 形成外科手術器具の世界市場:タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具)、手術方法(美容整形手術、再建手術)、エンドユーザー別(病院)、地域別予測
    本資料は、形成外科手術器具の世界市場について調べ、形成外科手術器具の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具)分析、手術方法(美容整形手術、再建手術)分析、エンドユーザー別(病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・形成外科手術器具の世界市場概要 ・形成外科手術器具の世界市場環境 ・形成外科手術器具の世界市場動向 ・形成外科手術器具の世界市場規模 ・形成外科手術器具の世界市場規模:タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具) ・形成外科手術器具の世界市場規模:手術方法(美容整形手術、再建手術) ・形成外科手術器具の世界市場規模:エンドユーザー別(病院) ・形成外科手術器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・形成外科手術器具の北米市場規模・予測 ・形成外科手術器具のアメリカ市場規模・予測 ・形成外科手術器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・形成外科手術器具のアジア市場規模・予測 ・形成外科手術器具の日本市場規模・予測 ・形 …
  • 合成開口レーダー(SAR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、合成開口レーダー(SAR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、合成開口レーダー(SAR)の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ピザボックスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ピザボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピザボックス市場規模、原料種類別(段ボール板紙、クレーコート板紙)分析、ボックス種類別(ホールピザボックス、ピザスライスボックス)分析、印刷種類別(印刷付きボックス、印刷なしボックス)分析、用途別(売店、レストラン、スーパーマーケット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ピザボックスの世界市場:市場動向分析 ・ ピザボックスの世界市場:競争要因分析 ・ ピザボックスの世界市場:原料種類別(段ボール板紙、クレーコート板紙) ・ ピザボックスの世界市場:ボックス種類別(ホールピザボックス、ピザスライスボックス) ・ ピザボックスの世界市場:印刷種類別(印刷付きボックス、印刷なしボックス) ・ ピザボックスの世界市場:用途別(売店、レストラン、スーパーマーケット、その他) ・ ピザボックスの世界市場:主要地域別分析 ・ ピザボックスの北米市場規模(アメリカ市場等 …
  • 婦人科治療薬の世界市場:タイプ別(感染症、妊娠、腫瘍)、セグメント予測
    婦人科治療薬の世界市場は2025年には2,109億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、効果的な薬の投入、早期診断と治療に関する意識の高まり、そして慢性疾患の有病率が考えられます。本調査レポートでは、婦人科治療薬の世界市場について調査・分析し、婦人科治療薬の世界市場動向、婦人科治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別婦人科治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イタリアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 航空用代替燃料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空用代替燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空用代替燃料の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"