"インテリジェント・モーター・コントローラーの世界市場動向・予測(~2021)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-EP-4326)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"インテリジェント・モーター・コントローラーの世界市場動向・予測(~2021)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The intelligent motor controller market is projected to reach a size of USD 857.6 Million by 2021, at a CAGR of 5.48% from 2016 to 2021. The report segments the intelligent motor controller market on the basis of major end-user industries into oil & gas, water & wastewater, power generation, food & beverage, metals & mining, chemicals & petrochemicals, cement & aggregates, pharmaceuticals, and others. The water & wastewater industry is projected to be the fastest-growing segment in the intelligent motor controller market during the forecast period. Rising urbanization and increasing pressure on efficient use of existing water resources and reuse have led to growing investments in the water & wastewater industry across the globe.
In terms of motor type, AC motors are estimated to constitute the largest & fastest-growing segment in the market. The demand for intelligent motor controller for AC motors is higher than that of other motor types. These motors are expected to dominate the market during the forecast period. AC motors due to their low cost, robust construction, and compatibility to almost all applications within the industry are used the most within the industrial segment.

In terms of voltage, the report has been segment into low voltage and medium voltage segment. The low voltage segment is the largest market for intelligent motor controllers. Preference for intelligent motor controllers is higher in the low voltage segment when compared to the medium voltage segment. Most applications in the low voltage segment are fixed speed applications; intelligent motor controllers are cost-effective solution for motor control and protection as compared to other alternatives.

In the market, based on application, the pumps segment occupies the largest share in the intelligent motor controller market because majority of industrial motor driven applications involve pumping.. Other major applications include fans and compressors.

Europe led the market for intelligent motor controller in 2015, owing to higher adoption of smart devices in the region. Industries in North America are currently focusing on developing existing infrastructure and are adopting smart motor control devices for better control and higher energy savings. The U.S. is expected to be the fastest growing market in the North American region from 2016 to 2021. The figure below shows the market size of major regions between 2016 and 2021 along with the CAGR for the forest period.

Prices of the major components required for intelligent motor controller are relatively high, making the overall assembly of the device expensive as compared to conventional controllers. This restrains the growth of intelligent motor controller products despite its attractive features. However, the price difference has little consequence when the process is critical and requires superior efficiency and control.

Leading players are trying to penetrate developing economies, and are adopting various methods to increase their market share. New product development was the strategy most commonly adopted by the top players in the market, constituting 50% of the total development share from 2012 to 2015. It was followed by expansions and other developments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"インテリジェント・モーター・コントローラーの世界市場動向・予測(~2021)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 27)
3.1 Introduction
3.2 Historical Backdrop, Evolution, & Current Scenario
3.3 Future Outlook
3.4 Conclusion

4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Intelligent Motor Controller Market
4.2 Intelligent Motor Controller Market: By Motor Type
4.3 Europe Dominated the Intelligent Motor Controller Market in 2015
4.4 Low Voltage Segment to Dominate the Market
4.5 Intelligent Motor Controller Market: North America
4.6 Intelligent Motor Controller Market, By End-User

5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Voltage
5.2.2 By Motor Type
5.2.3 By Application
5.2.4 By End-User
5.2.5 By Region
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Rising Demand for Smart, Multifunctional, Integrated Motor Control & Protection Devices
5.3.1.2 Increased Industrial Plant Up-Time
5.3.1.3 Rising Thrust on Increasing Motor Efficiency & Energy Savings
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Availability of Low-Cost Labor in Developing Regions
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increasing Adoption of Industrial Automation in Developed Regions
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Dominance of Conventional Motor Controllers
5.3.4.2 Availability of Better Alternatives Such as Vfd Or Asd
5.4 Supply Chain Analysis
5.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.5.1 Threat of New Entrants
5.5.2 Threat of Substitutes
5.5.3 Bargaining Power of Suppliers
5.5.4 Bargaining Power of Buyers
5.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 Intelligent Motor Controller Market, By Motor Type (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 AC
6.3 Others

7 Intelligent Motor Controller Market, By Voltage (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 Low Voltage
7.3 Medium Voltage

8 Intelligent Motor Controller Market, By Application (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Pumps
8.3 Fans
8.4 Compressors
8.5 Others

9 Intelligent Motor Controller Market, By End-User (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Oil & Gas
9.3 Water & Wastewater
9.4 Power Generation
9.5 Food & Beverage
9.6 Metals & Mining
9.7 Chemicals & Petrochemicals
9.8 Pharmaceuticals
9.9 Cement & Aggregates
9.10 Others

10 Intelligent Motor Controller Market, By Region (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Europe
10.2.1 Germany
10.2.2 The U.K.
10.2.3 France
10.2.4 Russia
10.2.5 Rest of Europe
10.3 North America
10.3.1 The U.S.
10.3.2 Canada
10.3.3 Mexico
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 India
10.4.4 Australia
10.4.5 South Korea
10.4.6 Rest of Asia-Pacific
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.2 UAE
10.5.3 South Africa
10.5.4 Rest of the Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.2 Venezuela
10.6.3 Argentina
10.6.4 Rest of South America

11 Competitive Landscape (Page No. – 113)
11.1 Overview
11.2 Competitive Situation & Trends
11.3 New Product Developments
11.4 Expansions
11.5 Contracts & Agreements
11.6 Mergers & Acquisitions

12 Company Profiles (Page No. – 121)
(Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments)*
12.1 Introduction
12.2 ABB Ltd.
12.3 General Electric Company
12.4 Mitsubishi Electric Corporation
12.5 Schneider Electric SE
12.6 Siemens AG
12.7 Larsen & Toubro
12.8 Lsis Co. Ltd.
12.9 NXP Semiconductors
12.10 Rockwell Automation
12.11 Fairford Electronics
12.12 Nanotec Electronic GmbH & Co. Kg
12.13 Roboteq Inc.

*Details on Company at A Glance, Recent Financials, Products & Services, Strategies & Insights, & Recent Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 152)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】インテリジェント・モーター・コントローラーの世界市場動向・予測(~2021)
【発行日】2016年5月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-EP-4326
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業装置
【キーワード】インテリジェントモーターコントローラー、モーターコントローラー、ACモーター、電圧、ポンプ、ファン、コンプレッサー、産業用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
インテリジェント・モーター・コントローラーの世界市場動向・予測(~2021)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 永久磁石の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、永久磁石の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 永久磁石の世界市場:市場動向分析 - 永久磁石の世界市場:競争要因分析 - 永久磁石の世界市場:製品の種類別 ・アルニコ磁石 ・フェライト磁石 ・サマリウムコバルト(SmCo) ・ネオジ鉄系磁石(NdFeB) - 永久磁石の世界市場:用途別 ・発電 ・自動車 ・電子 ・その他 - 永久磁石の世界市場:エンドユーザー別 ・航空宇宙・防衛 ・自動車産業 ・家電 ・環境・エネルギー ・一般産業 ・医療技術 ・その他 - 永久磁石の世界市場:主要地域別分析 - 永久磁石の北米市場規模(アメリカ市場等) - 永久磁石のヨーロッパ市場規模 - 永久磁石のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・永久磁石の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 血管系パッチの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管系パッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料(生体、合成)別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管系パッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腱鞘炎(Tenosynovitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腱鞘炎(Tenosynovitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬剤
  • 世界の自動車アフターマーケット市場規模・予測2017-2025:交換部品別(タイヤ、電池、ブレーキ部品、フィルター、ボディパーツ、照明・電子部品、タイヤ、排気部品、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車アフターマーケット市場について調査・分析し、世界の自動車アフターマーケット市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車アフターマーケット関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 気管支炎(Bronchitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における気管支炎(Bronchitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、気管支炎(Bronchitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・気管支炎(Bronchitis)の概要 ・気管支炎(Bronchitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の気管支炎(Bronchitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・気管支炎(Bronchitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・気管支炎(Br …
  • 画像ガイド下治療システムの世界市場:最終用途別(ASC、診療所、病院)、製品別(MRI、PET)、用途別(脳神経外科、泌尿器科)、セグメント予測
    画像ガイド下治療システムの世界市場は2025年には49億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口および慢性疾患の症例数の増加が考えられます。その他の要因としては、低侵襲手術に対する選好の高まり、画像ガイド下治療システムにおける技術的進歩などがあります。がん放射線療法の分野における様々な取り組みも、市場を動かす重要な要因の1つです。本調査レポートでは、画像ガイド下治療システムの世界市場について調査・分析し、画像ガイド下治療システムの世界市場動向、画像ガイド下治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別画像ガイド下治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マーケティングオートメーション(MA)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、マーケティングオートメーション(MA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、組織規模別分析、用途別(リードナーチャリング&リードスコアリング、メールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、分析及びレポート、キャンペーン管理)分析、産業別分析、マーケティングオートメーション(MA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、マーケティングオートメーション(MA)の世界市場規模が2019年33億万ドルから2024年64億万ドルまで年平均13.9%成長すると予測しています。
  • 固体照明・省エネルギー照明の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、固体照明・省エネルギー照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、設置タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、固体照明・省エネルギー照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモジュラースイッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のモジュラースイッチ市場2015について調査・分析し、モジュラースイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)のフェーズ3治験薬の状況 ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)治療薬の市場規模(販売予測) ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)治療薬剤
  • 人工採油の世界市場予測:ロッドリフト、電気式水中ポンプ、プログレッシブキャビティポンプ、ガスリフト
  • ダークチョコレートのアメリカ市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ダークチョコレートのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダークチョコレートのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダークチョコレートのアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均8.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はLindt & Sprüngli、Mars、Mondelēz International、THE HERSHEY COMPANY、Godiva等です。
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・筋 …
  • 樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の概要 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬の評価    …
  • CMP装置の世界市場2017-2021:300mm、200mm、150mm
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、CMP装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CMP装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はCMP装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はApplied Materials、EBARA、Lapmaster、LOGITECH等です。
  • 医療機器セキュリティソリューションの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、医療機器セキュリティソリューションの世界市場について調べ、医療機器セキュリティソリューションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療機器セキュリティソリューションの市場規模をセグメンテーション別(装置別(ウェアラブル&外部医療機器、病院医療機器、内部埋め込み医療機器)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は医療機器セキュリティソリューションの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・医療機器セキュリティソリューションの市場状況 ・医療機器セキュリティソリューションの市場規模 ・医療機器セキュリティソリューションの市場予測 ・医療機器セキュリティソリューションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:装置別(ウェアラブル&外部医療機器、病院医療機器、内部埋め込み医療機器) ・医療機器セキュリティソリューションの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレー …
  • イタリアのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 溶接ワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、溶接ワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接ワイヤーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーン・バイオ溶剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリーン・バイオ溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・バイオ溶剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動コンテンツ認識ソリューションの世界市場:オーディオ/ビデオ/画像認識、音声認識、リアルタイムコンテンツ分析、セキュリティおよび著作権管理
    当調査レポートでは、自動コンテンツ認識ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用ボイラーの世界市場2017-2021:非復水ボイラ、復水ボイラ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用ボイラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用ボイラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はA.O. Smith Water Products、Bosch Thermotechnology、Bryant Heating & Cooling Systems、Immergas、Viessmann Manufacturing等です。
  • 世界のn-ブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のn-ブタノール市場2015について調査・分析し、n-ブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の風力タービン用ギアボックス市場2015
    本調査レポートでは、世界の風力タービン用ギアボックス市場2015について調査・分析し、風力タービン用ギアボックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アラミド繊維の世界市場:パラアラミド、メタアラミド、その他
    当調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のミルクパウダー市場2015
    本調査レポートでは、中国のミルクパウダー市場2015について調査・分析し、ミルクパウダーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 原子力用発電機の世界市場2017-2021:PWR、WWER、PHWR
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、原子力用発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原子力用発電機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は原子力用発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAREVA、The State Atomic Energy Corporation ROSATOM、Toshiba、Mitsubishi Heavy Industries、Doosan等です。
  • 内視鏡検査装置の世界市場予測(~2022年):内視鏡(フレキシブル内視鏡、リジッド内視鏡、カプセル内視鏡)、可視化システム、超音波装置、注入器
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、内視鏡検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、内視鏡検査装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホスト型構内交換機(PBX)市場規模、ソリューション別(仮想開発・セットアップ、ネットワークトラフィック管理、仮想支援・サポート、構成・変更管理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場概要 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場環境 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場動向 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場規模 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:業界構造分析 ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:ソリューション別(仮想開発・セットアップ、ネットワークトラフィック管理、仮想支援・サポート、構成・変更管理、その他) ・ホスト型構内交換機(PBX)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホスト型構内交換機(PBX)の北米市場規模・予測 ・ホスト型構内交換機(PBX)のヨーロッパ・中東・ …
  • インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場規模が2017年8028億ドルから2026年1兆5009億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器市場規模、デバイス種類別(パソコン、家庭用ビデオエンターテイメント機器、モバイルデバイス、家庭用機器)分析、用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場:デバイス種類別(パソコン、家庭用ビデオエンターテイメント機器、モバイルデバイス、家庭用機器) ・ インテリ …
  • Hadoopの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 陸上移動無線(LMR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、陸上移動無線(LMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陸上移動無線(LMR)の世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中南米の農業用微量栄養素市場
  • ベトナムの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ビデオ管理ソフトウェア(VMS)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ビデオ管理ソフトウェア(VMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、技術別分析、サービス別分析、産業別分析、ビデオ管理ソフトウェア(VMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の生化学メタン市場-分析及び展望(~2022年)
  • 指向性エネルギー兵器(DEW)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、指向性エネルギー兵器(DEW)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、指向性エネルギー兵器(DEW)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 日本の水力発電市場2016
  • スペインのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • ベーカリー&シリアルのチェコ市場
  • 導電性塗料の世界市場予測:エポキシ塗料、ポリエステル塗料、アクリル塗料、ポリウレタン塗料
    当調査レポートでは、導電性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、導電性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート輸送の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、輸送モード(道路、鉄道、航空、船舶)分析、ソリューション(スマート発券、交通・貨物管理、PIS)分析、サービス分析、用途(シェアモビリティ、公共交通機関)分析、スマート輸送の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のボドキン竹布市場2016
    本調査レポートでは、世界のボドキン竹布市場2016について調査・分析し、ボドキン竹布の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品包装機械の世界市場予測(~2023年)
    医薬品包装機械の世界市場は、2018年の推定62億米ドルから2023年には89億米ドルに達し、7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ジェネリック医薬品およびバイオ医薬品市場の成長、柔軟性に優れた統合型包装機器の需要の高まり、医薬品のオフショア製造の増加、医薬品の受託製造の増加、バイオ医薬品および生物学的医薬品の使用への移行、そして革新的な包装に対する需要の増加が考えれられます。一方で、新品同様に整備された包装機械の存在や包装機械の高コスト化などにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、医薬品包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(無菌包装、ブリスター包装、ストリップ包装、ボトル、チューブ包装、カートン包装、ケース包装、ラッピング、パレタイジング、ラベリング・シリアライズ)分析、タイプ(タブレット、パウダー、クリーム、シロップ、エアロゾル)分析、医薬品包装機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいた …
  • 教育分野における複合現実(MR)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、教育分野における複合現実(MR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育分野における複合現実(MR)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は教育分野における複合現実(MR)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均90.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Design Intelligence、Microsoft、Pearson、zSpace等です。
  • サーバー用レールキットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、サーバー用レールキットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーバー用レールキット市場規模、用途別(ラックサーバー、ブレードサーバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーバー用レールキットの世界市場概要 ・サーバー用レールキットの世界市場環境 ・サーバー用レールキットの世界市場動向 ・サーバー用レールキットの世界市場規模 ・サーバー用レールキットの世界市場:業界構造分析 ・サーバー用レールキットの世界市場:用途別(ラックサーバー、ブレードサーバー) ・サーバー用レールキットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーバー用レールキットの北米市場規模・予測 ・サーバー用レールキットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーバー用レールキットのアジア太平洋市場規模・予測 ・サーバー用レールキットの主要国分析 ・サーバー用レールキットの世界市場:意思決定フレームワーク ・サーバー用レールキットの世界市場:成 …
  • デジタルフォトフレームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタルフォトフレームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルフォトフレーム市場規模、電源別(電気、電池)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタルフォトフレームの世界市場概要 ・デジタルフォトフレームの世界市場環境 ・デジタルフォトフレームの世界市場動向 ・デジタルフォトフレームの世界市場規模 ・デジタルフォトフレームの世界市場:業界構造分析 ・デジタルフォトフレームの世界市場:電源別(電気、電池) ・デジタルフォトフレームの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・デジタルフォトフレームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルフォトフレームのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルフォトフレームのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルフォトフレームのアジア市場規模・予測 ・デジタルフォトフレームの主要国分析 ・デジタルフォトフレームの世界市 …
  • スポーツバッグの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、スポーツバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツバッグの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はスポーツバッグの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、adidas、Nike、Under Armour、VFC、YONEX等です。
  • 中国の歯科サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の歯科サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の歯科サービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場予測2019-2024
    「30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、射出成形、押出成形など、用途別には、Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。30% ガラス繊維入りナイロンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場概要(サマリー) ・30% ガラス繊維入りナイロンの企業別販売量・売上 ・30% ガラス繊維入りナイロンの企業別市場シェア ・30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:種類別(射出成形、押出成形) ・30% ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:用途別(Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Others) ・30% ガラス繊維入りナイロンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・30% ガラ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"