"患者ハンドリング装置の世界市場:車椅子、スクーター、医用寝台、浴室安全装置、機械装置、歩行装置"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-MD-2708)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"患者ハンドリング装置の世界市場:車椅子、スクーター、医用寝台、浴室安全装置、機械装置、歩行装置"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The patient handling equipment market is expected to reach USD 17.18 Billion in 2021 at a CAGR of 10.5%. Factors driving market growth include rising geriatric population, increasing incidence of disabilities, high risk of injuries to caregivers during manual handling of patients, and the implementation of regulations against the manual lifting of heavy loads. The market is broadly segmented based on product, type of care, end user, accessory, and region.
On the basis of product, the market is segmented into wheelchairs and scooters, medical beds, bathroom safety supplies, mechanical equipment, non-mechanical equipment, ambulatory aids, and others (stretchers, hospital furniture, and evacuation equipment, among others). The wheelchairs and scooters segment is further divided into manual wheelchairs, powered wheelchairs, and mobility scooters. Mechanical equipment is divided into patient lifts, medical lifting slings, and others (turning disc, transfer boards, and slide boards). The medical beds segment is further divided into curative care beds, psychiatric care beds, long-term care beds, and others (maternity beds and bariatric beds). The medical beds segment is expected to account for the largest share of the market in 2016. The large share of this segment is attributed to cuts in healthcare expenditure, which is driving patient preference for home care and thereby increasing the purchase of medical beds in this end-user segment.

On the basis of end users, the patient handling equipment market is segmented into home care settings, hospitals, elderly care facilities, and others (emergency medical services, long-term acute care, trauma centers, and nursing homes). The hospitals segment is expected to dominate the market in 2016, mainly due to the rising number of disabled patients in hospitals requiring assistance.

Europe is expected to account for the largest share of the global market, by region, in 2016, followed by North America. North America is projected to grow at the highest CAGR in the forecast period due to strict government regulations mandating the use of patient handling equipment.

The patient handling equipment market is highly competitive, with a large number of players. Stryker Corporation (U.S.), Hill-Rom Holdings, Inc. (U.S.), and Invacare Corporation (U.S.) are the leading players in this market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"患者ハンドリング装置の世界市場:車椅子、スクーター、医用寝台、浴室安全装置、機械装置、歩行装置"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Market Size Estimation
2.2 Market Breakdown and Data Triangulation
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Primary Sources
2.2.2.1 Key Industry Insights
2.2.3 Assumptions for the Study

3 Executive Summary (Page No. – 29)
3.1 Introduction
3.2 Current Scenario
3.3 Future Outlook
3.4 Conclusion

4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Patient Handling Equipment: Market Overview
4.2 Geographic Analysis: Market, By Type of Care
4.3 Market Size, By Product, 2016 vs. 2021
4.4 Market Size, By End User, 2016 vs. 2021
4.5 Market Size, By Accessory, 2016 vs. 2021
4.6 Market Size, By Type of Care, 2016 vs. 2021
4.7 Market Size, By Region, 2016

5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Product
5.2.2 By Accessory
5.2.3 By End User
5.2.4 By Type of Care
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Rising Geriatric Population
5.3.1.2 Increasing Incidence of Disabilities Resulting From Non-Communicable Diseases
5.3.1.3 High Risk of Injuries to Caregivers During Manual Handling of Patients
5.3.1.4 Implementation of Regulations Ensuring Safety of Healthcare Personnel Against Manual Lifting of Heavy Loads
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Lack of Training Provided to Caregivers for Efficient Operation of Patient Handling Equipment
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Private Institutional Nursing
5.3.3.2 Entry of Major Players in Local Markets
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Persistent Difficulties in Handling Bariatric Patients
5.4 Supply Chain Analysis
5.5 Key Influencers

6 Patient Handling Equipment Market, By Product (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Wheelchairs and Scooters
6.2.1 Manual Wheelchairs
6.2.2 Powered Wheelchairs
6.2.3 Mobility Scooters
6.2.4 Medical Beds
6.2.4.1 Curative Care Beds
6.2.4.2 Psychiatric Care Beds
6.2.4.3 Long-Term Care Beds
6.2.4.4 Other Medical Beds
6.2.5 Bathroom Safety Supplies
6.2.6 Mechanical Equipment
6.2.6.1 Patient Lifts
6.2.6.2 Medical Lifting Slings
6.2.6.3 Other Mechanical Equipment
6.2.7 Non-Mechanical Equipment/Soft Products
6.2.8 Ambulatory Aids
6.2.9 Other Patient Handling Equipment

7 Patient Handling Equipment Market, By Type of Care (Page No. – 81)
7.1 Introduction
7.2 Critical Care
7.3 Bariatric Care
7.4 Fall Prevention
7.5 Wound Care
7.6 Other Patient Handling Equipment

8 Patient Handling Equipment Market, By Accessory (Page No. – 97)
8.1.1 Introduction
8.1.2 Lifting Accessories
8.1.3 Medical Bed Accessories
8.1.4 Transfer Accessories
8.1.5 Evacuation Accessories
8.1.6 Other Accessories

9 Patient Handling Equipment Market, By End User (Page No. – 104)
9.1 Introduction
9.1.1 Hospitals
9.1.2 Home Care Settings
9.1.3 Elderly Care Facilities
9.1.4 Other End Users

10 Patient Handling Equipment Market, By Region (Page No. – 115)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 U.K.
10.3.3 France
10.3.4 Italy
10.3.5 Spain
10.3.6 RoE
10.4 Asia-Pacific (Apac)
10.5 Rest of the World (RoW)

11 Competitive Landscape (Page No. – 156)
11.1 Overview
11.2 Competitive Situation and Trends
11.2.1 Product Launches and Enhancements
11.2.2 Mergers and Acquisitions
11.2.3 Expansions
11.2.4 Agreements, Partnerships, and Collaborations
11.2.5 Other Developments

12 Company Profiles (Page No. – 163)
(Business Overview, Products & Services, Developments, MnM View)*
12.1 Introduction
12.2 Stryker Corporation.
12.3 Hill-Rom Holdings, Inc.
12.4 Invacare Corporation
12.5 Prism Medical Ltd.
12.6 Getinge Group
12.7 Guldmann Inc.
12.8 Linet Spol. S.R.O.
12.9 Stiegelmeyer & Co. GmbH
12.10 Handicare
12.11 Joerns Healthcare

*Details on Marketsandmarkets View, Introduction, Product & Services, New Developments Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 190)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Other Developments
13.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.5 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
13.6 Available Customizations
13.7 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】患者ハンドリング装置の世界市場:車椅子、スクーター、医用寝台、浴室安全装置、機械装置、歩行装置
【発行日】2016年5月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-MD-2708
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】患者ハンドリング装置、患者取り扱い、医療機器、電動車椅子、患者リフト、車椅子、スクーター、医用寝台、浴室安全装置、機械装置、歩行装置
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
患者ハンドリング装置の世界市場:車椅子、スクーター、医用寝台、浴室安全装置、機械装置、歩行装置についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 園芸用品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、園芸用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、園芸用品市場規模、流通経路別(オンライン販売、販売業者、小売販売)分析、製品別(除草機、刈り込み用道具、除雪機、手動工具、水管理用器具、その他)分析、エンドユーザー別(家庭用、商業/公共用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 園芸用品の世界市場:市場動向分析 ・ 園芸用品の世界市場:競争要因分析 ・ 園芸用品の世界市場:流通経路別(オンライン販売、販売業者、小売販売) ・ 園芸用品の世界市場:製品別(除草機、刈り込み用道具、除雪機、手動工具、水管理用器具、その他) ・ 園芸用品の世界市場:エンドユーザー別(家庭用、商業/公共用) ・ 園芸用品の世界市場:主要地域別分析 ・ 園芸用品の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 園芸用品のヨーロッパ市場規模 ・ 園芸用品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・園芸用品の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • アメリカン・ウイスキーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカン・ウイスキーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカン・ウイスキーの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アンジオポイエチン2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオポイエチン2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオポイエチン2阻害剤の概要 ・アンジオポイエチン2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオポイエチン2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオポイエチン2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオポイエチン2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 造影剤の世界市場予測(~2021年):ヨード系造影剤、ガドリニウム造影剤、バリウム造影剤、マイクロバブル
    当調査レポートでは、造影剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、処置別分析、用途別分析、地域別分析、造影剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • P2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるP2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・P2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニストの概要 ・P2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のP2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・P2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・P2Y12血小板アデノシン二リン酸受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中国の麻酔器市場動向(~2021)
  • スマート農業におけるIoTの世界市場:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)、地域別予測
    本資料は、スマート農業におけるIoTの世界市場について調べ、スマート農業におけるIoTの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco、IBM、Kaalot Technologies、Oracle、Trimble、Virtus Nutrition、John Deere、Precision Planting、Accenture、AGCO、Auroras、CEMA、DigiReach、Libelium、Link Labsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート農業におけるIoTの世界市場概要 ・スマート農業におけるIoTの世界市場環境 ・スマート農業におけるIoTの世界市場動向 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ …
  • 高効能API(有効成分)の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、高効能API(有効成分)の世界市場について調査・分析し、高効能API(有効成分)の世界市場動向、高効能API(有効成分)の世界市場規模、市場予測、セグメント別高効能API(有効成分)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のトレハロース市場2015
    本調査レポートでは、中国のトレハロース市場2015について調査・分析し、トレハロースの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動核酸精製システムの世界市場予測2019-2024
    「自動核酸精製システムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、磁気ビーズ分離、シリカ膜、その他など、用途別には、Diagnostics、Biochemical、Life Science、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動核酸精製システムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動核酸精製システムの世界市場概要(サマリー) ・自動核酸精製システムの企業別販売量・売上 ・自動核酸精製システムの企業別市場シェア ・自動核酸精製システムの世界市場規模:種類別(磁気ビーズ分離、シリカ膜、その他) ・自動核酸精製システムの世界市場規模:用途別(Diagnostics、Biochemical、Life Science、Others) ・自動核酸精製システムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動核酸精製システムのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動核酸精製システム …
  • インドの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のPSIM市場2015
    本調査レポートでは、世界のPSIM市場2015について調査・分析し、PSIMの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用スマート兵器の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用スマート兵器の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍用スマート兵器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍用スマート兵器の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍用スマート兵器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のフェニルボロン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のフェニルボロン酸市場2016について調査・分析し、フェニルボロン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場について調査・分析し、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超音波ドップラー流速分布計(ADCP)シェア、市場規模推移、市場規模予測、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)種類別分析(2ビーム式ADCP、3ビーム式ADCP、4ビーム式ADCP、5ビーム式ADCP、9ビーム式ADCP、)、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)用途別分析(ボトムトラッキング、流量測定、DVL、波動計測、乱気流)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の市場概観 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場規模 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超音 …
  • 消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の概要 ・消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の消化管間質腫瘍(Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 住宅用換気扉の世界市場:軸流ファン、遠心送風機、インラインファン
    当調査レポートでは、住宅用換気扉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用換気扉市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Air King America, Broan-NuTone, Panasonic, Systemair, Titonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用換気扉の世界市場概要 ・住宅用換気扉の世界市場環境 ・住宅用換気扉の世界市場動向 ・住宅用換気扉の世界市場規模 ・住宅用換気扉の世界市場:業界構造分析 ・住宅用換気扉の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・住宅用換気扉の世界市場:製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン) ・住宅用換気扉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用換気扉の北米市場規模・予測 ・住宅用換気扉のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用換気扉のアジア太平洋市 …
  • ストレッチ天井の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ストレッチ天井の世界市場について調査・分析し、ストレッチ天井の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ストレッチ天井シェア、市場規模推移、市場規模予測、ストレッチ天井種類別分析()、ストレッチ天井用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ストレッチ天井の市場概観 ・ストレッチ天井のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ストレッチ天井のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ストレッチ天井の世界市場規模 ・ストレッチ天井の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ストレッチ天井のアメリカ市場規模推移 ・ストレッチ天井のカナダ市場規模推移 ・ストレッチ天井のメキシコ市場規模推移 ・ストレッチ天井のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ストレッチ天井のドイツ市場規模推移 ・ストレッチ天井のイギリス市場規模推移 ・ストレッチ天井のロシア市場規模推移 ・ストレッチ天井のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • マレーシアの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 産業用潤滑油の世界市場予測(~2021):金属加工油、油圧グリス、ギヤ油、コンプレッサー油、タービン油
    当調査レポートでは、産業用潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、基油別分析、地域別分析、産業用潤滑油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水処理装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の水処理装置市場2015について調査・分析し、水処理装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルロースエーテルおよびセルロースエーテル誘導体の世界市場予測(~2021):製品種類別(メチル、エチル、ヒドロキシエチル、ヒドロキシプロピル、カルボキシメチルセルロース)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、セルロースエーテルおよびセルロースエーテル誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、セルロースエーテルおよびセルロースエーテル誘導体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚キュレットの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、皮膚キュレットの世界市場について調べ、皮膚キュレットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、皮膚キュレットの市場規模をセグメンテーション別(種類別(再利用可能皮膚キュレット、使い捨て皮膚キュレット)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は皮膚キュレットの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・皮膚キュレットの市場状況 ・皮膚キュレットの市場規模 ・皮膚キュレットの市場予測 ・皮膚キュレットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(再利用可能皮膚キュレット、使い捨て皮膚キュレット) ・皮膚キュレットの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の松材原料化学品市場2015
    本調査レポートでは、世界の松材原料化学品市場2015について調査・分析し、松材原料化学品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農具の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、農具の世界市場について調査・分析し、農具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・農具の世界市場:市場動向分析 ・農具の世界市場:競争要因分析 ・農具の世界市場:種類別分析/市場規模 ・農具の世界市場:プロセス別分析/市場規模 ・農具の世界市場:地域別分析/市場規模 ・農具の北米市場規模 ・農具の欧州市場規模 ・農具のアジア市場規模 ・農具の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場分析:用途別(医療、パーソナルケア、工業用)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場について調査・分析し、ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場動向、ポリエチレングリコール(PEG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエチレングリコール(PEG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヨットチャーターの世界市場:種類別(ヨットタイプ別、ヨットサイズ別)、用途別(法人用、小売用、その他)、地域別予測
    本資料は、ヨットチャーターの世界市場について調べ、ヨットチャーターの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ヨットタイプ別、ヨットサイズ別)分析、用途別(法人用、小売用、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdidas、Manduca、Nike、Puma、Under Armour、VF Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヨットチャーターの世界市場概要 ・ヨットチャーターの世界市場環境 ・ヨットチャーターの世界市場動向 ・ヨットチャーターの世界市場規模 ・ヨットチャーターの世界市場規模:種類別(ヨットタイプ別、ヨットサイズ別) ・ヨットチャーターの世界市場規模:用途別(法人用、小売用、その他) ・ヨットチャーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨットチャーターの北米市場規模・予測 ・ヨットチャーターのアメリカ市場規模・予測 ・ヨットチャーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヨットチャーターのアジア市場規模・予測 …
  • 電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器市場規模、製品別(どんぶり、蓋、トレイ、クラムシェル)分析、材料別(ポリプロピレン(PP)、C-PET(結晶性ポリエチレンテレフタレート)、ポリエチレン(PE)、板紙、A-PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート)、その他)分析、エンドユーザー別(スナック食品、冷凍食品、食肉・魚介類・鶏肉、インスタント食品、ベーカリー製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器の世界市場:市場動向分析 ・ 電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器の世界市場:競争要因分析 ・ 電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器の世界市場:製品別(どんぶり、蓋、トレイ、クラムシェル) ・ 電子レンジ/オーブン両用トレイ・容器の世界市場:材料別(ポリプロピレン(PP)、C-PET(結晶性ポリエチレンテレ …
  • 精密ブドウ栽培の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、精密ブドウ栽培の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、精密ブドウ栽培市場規模、製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)分析、用途別(作物偵察、灌漑管理、農業労働管理、財務管理、在庫管理、気象記録・予報、フィールドマッピング、歩留まり監視)分析、技術別(遠隔測定、変動レート技術、誘導システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:市場動向分析 ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:競争要因分析 ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス) ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:用途別(作物偵察、灌漑管理、農業労働管理、財務管理、在庫管理、気象記録・予報、フィールドマッピング、歩留まり監視) ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:技術別(遠隔測定、変動レート技術、誘導システム) ・ 精密ブドウ栽培の世界市場:主要地域別分析 ・ 精密ブドウ栽培の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 精 …
  • 塗料保護フィルムの世界市場分析:用途別(自動車、電気・電子、航空宇宙・防衛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、塗料保護フィルムの世界市場について調査・分析し、塗料保護フィルムの世界市場動向、塗料保護フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別塗料保護フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ビンカミンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビンカミンの世界市場について調査・分析し、ビンカミンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビンカミンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ビンカミン種類別分析(錠剤、カプセル)、ビンカミン用途別分析(10mg、30mg)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビンカミンの市場概観 ・ビンカミンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビンカミンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビンカミンの世界市場規模 ・ビンカミンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビンカミンのアメリカ市場規模推移 ・ビンカミンのカナダ市場規模推移 ・ビンカミンのメキシコ市場規模推移 ・ビンカミンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビンカミンのドイツ市場規模推移 ・ビンカミンのイギリス市場規模推移 ・ビンカミンのロシア市場規模推移 ・ビンカミンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ビンカミンの日本市場規模推移 ・ビンカミ …
  • 世界のクラウド移行サービス市場規模・予測2017-2025:サービスの種類別(クラウド統合、アプリケーション管理・監視、災害復旧、プロフェッショナルサービス・マネージドサービス)、用途別(プロジェクト管理、格納管理、パフォーマンス管理)、展開別、組織別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウド移行サービス市場について調査・分析し、世界のクラウド移行サービス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウド移行サービス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アメリカのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • インドの教育用ハードウェア市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの教育用ハードウェア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの教育用ハードウェア市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヒト凝固因子Ⅷ市場2016
    本調査レポートでは、世界のヒト凝固因子Ⅷ市場2016について調査・分析し、ヒト凝固因子Ⅷの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 種子粉衣材料の世界市場
    当調査レポートでは、種子粉衣材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・種子粉衣材料の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・種子粉衣材料の世界市場:添加剤種類別分析/市場規模 ・種子粉衣材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・種子粉衣材料のアメリカ市場規模予測 ・種子粉衣材料のヨーロッパ市場規模予測 ・種子粉衣材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • トリニダード・トバゴの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場:アダルトグッズ、避妊具、潤滑剤、ランジェリー、妊娠テスト
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物エキスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、植物エキスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別(フィトメディシン&ハーブエキス、エッセンシャルオイル、スパイス、フレーバー&フレグランス)分析、用途別(医薬品および栄養補助食品、食品および飲料、化粧品)分析、由来別分析、植物エキスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、植物エキスの世界市場規模が2019年237億ドルから2025年594億ドルまで年平均16.5%成長すると予測しています。
  • 軍事用電源ソリューションの世界市場予測(~2022):バッテリー、発電機、燃料電池、太陽光発電、エネルギーハーベスタ
    当調査レポートでは、軍事用電源ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、電源別分析、用途別分析、電圧別分析、軍事用電源ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • eディスカバリーの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(官公庁、法律、エネルギー・ユーティリティ、製造)、地域別予測
    本資料は、eディスカバリーの世界市場について調べ、eディスカバリーの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(官公庁、法律、エネルギー・ユーティリティ、製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・eディスカバリーの世界市場概要 ・eディスカバリーの世界市場環境 ・eディスカバリーの世界市場動向 ・eディスカバリーの世界市場規模 ・eディスカバリーの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・eディスカバリーの世界市場規模:導入タイプ別(オンプレミス、クラウド) ・eディスカバリーの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業) ・eディスカバリーの世界市場規模:業種別(官公庁、法律、エネルギー・ユーティリティ、製造) ・eディスカバリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・eディスカバリーの北米市場規模・予測 …
  • アメリカの屋外用家具市場2017-2021
    当調査レポートでは、アメリカの屋外用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの屋外用家具市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベアメタルクラウドの世界市場2014-2025:タイプ別(ハードウェア、サービス)、展開別(ホスト、オンプレミス)、最終用途別(広告、BFSI、行政、ヘルスケア)、地域別
    本調査レポートでは、ベアメタルクラウドの世界市場について調査・分析し、ベアメタルクラウドの世界市場動向、ベアメタルクラウドの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベアメタルクラウド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 組込型産業用PCの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、組込型産業用PCの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、組込型産業用PC市場規模、製品別分析、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・組込型産業用PCの世界市場概要 ・組込型産業用PCの世界市場環境 ・組込型産業用PCの世界市場動向 ・組込型産業用PCの世界市場規模 ・組込型産業用PCの世界市場:業界構造分析 ・組込型産業用PCの世界市場:製品別 ・組込型産業用PCの世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・組込型産業用PCの世界市場:地域別市場規模・分析 ・組込型産業用PCのアメリカ市場規模・予測 ・組込型産業用PCのヨーロッパ市場規模・予測 ・組込型産業用PCのアジア市場規模・予測 ・組込型産業用PCの主要国分析 ・組込型産業用PCの世界市場:意思決定フレームワーク ・組込型産業用PCの世界市場:成長要因、課題 ・組込型産業用PCの世界市場:競 …
  • インダストリー4.0の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、インダストリー4.0の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、地域別分析、インダストリー4.0の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防火システムの世界市場:火災感知センサー、感知器、RFID、スプリンクラー設備、消火器
    当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 5-フルオロウラシルの世界市場予測2019-2024
    「5-フルオロウラシルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、高純度、低純度など、用途別には、Injection Product、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。5-フルオロウラシルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・5-フルオロウラシルの世界市場概要(サマリー) ・5-フルオロウラシルの企業別販売量・売上 ・5-フルオロウラシルの企業別市場シェア ・5-フルオロウラシルの世界市場規模:種類別(高純度、低純度) ・5-フルオロウラシルの世界市場規模:用途別(Injection Product、Others) ・5-フルオロウラシルの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・5-フルオロウラシルのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・5-フルオロウラシルの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・5-フルオロウラシルの中東・アフリカ市場( …
  • 狭帯域IoT(NB-IoT)企業アプリケーションの世界市場予測:スマートガバナンス、スマートメータリング、スマートホーム、スマートアセットトラッキング
    当調査レポートでは、狭帯域IoT(NB-IoT)企業アプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーションソフトウェア別分析、技術サービス別分析、産業別分析、スマートアプリケーション別分析、狭帯域IoT(NB-IoT)企業アプリケーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場:製品別(基礎化学品、機能性化学品、漂白剤)、用途別(包装、ラベリング、印刷)、セグメント予測
    パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場は2025年には262億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、これらの化学品が備える優れた光学特性および印刷適性が考えられます。本調査レポートでは、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場について調査・分析し、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場動向、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルプ・製紙向け特殊化学品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"