"スマートガスメーターの世界市場:AMR、AMI"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-EP-4329)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スマートガスメーターの世界市場:AMR、AMI"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The smart gas meter market is projected to grow at a CAGR of 7.24% from 2016 to 2021 to reach USD 2.27 Billion by 2021. Government policies & mandates in developed economies and accurate billing & improved customer service are the major factors driving the market.
The report segments the smart gas meter market on the basis of end-user into residential, commercial, and industrial. Residential customers are the largest end-users of smart gas meters, followed by commercial and industrial customers. The global gas pipeline network construction in the residential segment has accounted for 1,054 km (approx.) in the past 5 years and another 100 kms are expected to be constructed in next 2-3 years, which would boost the smart gas meter market in this segment.

Based on type, the smart gas meter market has been categorized into AMR and AMI. The AMR segment is estimated to be the largest market for smart gas meters in 2016, owing to its cost effectiveness. The AMI market, on the other hand, is projected to grow at the highest rate during the forecast period because of its technological superiority.

In this report, the smart gas meter market has been analyzed with respect to four regions, namely, Asia-Pacific, North America, Europe, and Rest of the World. North America is currently the largest market for smart gas meters, followed by Europe and Asia-Pacific. Factors such as investments in smart grid, smart city & gas pipeline networks, and drive towards reducing carbon emissions would positively impact the smart gas meter market globally. The figure given below shows the regional scenario of the smart gas meter market from 2016 to 2021.

The demand for smart gas meters can be directly linked to the development of gas pipeline networks and investments in smart cities & smart grid infrastructure. Health and cybersecurity issues related to the usage of smart gas meters could restrain growth to a certain extent, with customer unwillingness and interoperability issues being significant challenges of this market. However, smart grid investments offer lucrative growth opportunities for the smart gas meter market.

Some of the leading players in the smart gas meter market include Apator Group (Poland), Diehl Metering (U.K.), Honeywell International, Inc. (U.S.), Itron Inc. (U.S.), Landis+Gyr (Switzerland), and Sensus (U.S.), among others. Contracts and agreements was the most common strategy adopted by the top players in the market, constituting more than one-third of the total development share. It was followed by new product launches, expansions, and mergers & acquisitions respectively.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"スマートガスメーターの世界市場:AMR、AMI"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 12)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 15)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations

3 Executive Summary (Page No. – 23)
3.1 Historical Backdrop, Evolution, & Current Scenario
3.2 Future Outlook
3.3 Conclusion

4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Smart Gas Meter Market
4.2 North America Smart Gas Meter Market, 2016
4.3 Europe is Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
4.4 AMR Type Segment is Expected to Have the Largest Market Share in 2016
4.5 Smart Gas Meter Life Cycle

5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Type
5.2.2 By End-User
5.2.3 By Region
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Government Policies & Mandates in Developed Economies
5.3.1.2 Accurate Billing & Improved Customer Service
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Health Issues
5.3.2.2 Cybersecurity Issues
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Smart Grid Investments
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Customer Unwillingness
5.3.4.2 Interoperability Issues
5.4 Supply Chain Analysis
5.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.5.1 Threat of New Entrants
5.5.2 Threat of Substitutes
5.5.3 Bargaining Power of Suppliers
5.5.4 Bargaining Power of Buyers
5.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 Smart Gas Meter Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Automatic Meter Reading
6.3 Advanced Metering Infrastructure

7 Smart Gas Meter Market, By End-User (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Residential
7.3 Commercial
7.4 Industrial

8 Smart Gas Meter Market, By Region (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 U.S.
8.2.2 Canada
8.2.3 Mexico
8.3 Europe
8.3.1 U.K.
8.3.2 Spain
8.3.3 France
8.3.4 Germany
8.3.5 Italy
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia-Pacific
8.4.1 China
8.4.2 Australia
8.4.3 Japan
8.4.4 Malaysia
8.4.5 Rest of Asia-Pacific
8.5 Rest of the World

9 Competitive Landscape (Page No. – 76)
9.1 Overview
9.2 Competitive Situation & Trends
9.2.1 Partnership/Agreement/Collaboration
9.2.2 New Product Development & Expansion
9.2.3 Expansion
9.2.4 Mergers & Acquisitions
9.2.5 Other Developments

10 Company Profiles (Page No. – 83)
10.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, Ratio Analysis, MnM View)*
10.2 Apator Group
10.3 Diehl Metering
10.4 Honeywell International, Inc.
10.5 Itron, Inc.
10.6 Landis+GYR
10.7 Sensus
10.8 EDMI Limited
10.9 Chongqing Shancheng Gas Equipment Co. Ltd.
10.10 Dandong Dongfa Group
10.11 Raychem RPG
10.12 Master Meter

*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

11 Appendix (Page No. – 110)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
11.5 Available Customizations
11.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スマートガスメーターの世界市場:AMR、AMI
【発行日】2016年5月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-EP-4329
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【キーワード】スマートガスメーター、AMR、AMI、スマートメーター、住宅用スマートガスメーター、商用スマートガスメーター、産業用スマートガスメーター
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スマートガスメーターの世界市場:AMR、AMIについてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 冷蔵庫の世界市場:シングルドア冷凍庫、ダブルドア冷蔵庫、フレンチドア冷凍庫
    当調査レポートでは、冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵庫の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエチレン・プロピレン・ジエンゴム市場2015
    本調査レポートでは、世界のエチレン・プロピレン・ジエンゴム市場2015について調査・分析し、エチレン・プロピレン・ジエンゴムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モーションコントローラーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、モーションコントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モーションコントローラー市場規模、製品別(独立型モーションコントローラー、PCベース型モーションコントローラー、PLCベース型モーションコントローラー)分析、技術別(コンピュータ値制御(CNC)モーションコントローラー、一般モーションコントローラー(GMC))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ モーションコントローラーの世界市場:市場動向分析 ・ モーションコントローラーの世界市場:競争要因分析 ・ モーションコントローラーの世界市場:製品別(独立型モーションコントローラー、PCベース型モーションコントローラー、PLCベース型モーションコントローラー) ・ モーションコントローラーの世界市場:技術別(コンピュータ値制御(CNC)モーションコントローラー、一般モーションコントローラー(GMC)) ・ モーションコントローラーの世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • 世界のパワートレインコントロールモジュール(PCM)市場
  • 電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気自動車(EV)用充電スタンド市場規模、充電スタンド別(AC、DC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場概要 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場環境 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場動向 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場規模 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場:業界構造分析 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場:充電スタンド別(AC、DC) ・電気自動車(EV)用充電スタンドの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの北米市場規模・予測 ・電気自動車(EV)用充電スタンドのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気自動車(EV)用充電スタンドのアジア太平洋市場規模・予測 ・電気自動車(EV)用充電スタンドの主要国分 …
  • モジュラースイッチの世界市場:価格レベル別、販売チャネル別(仲介業者経由販売、オンライン販売・二重流通、直接販売)、最終用途別(工業、住宅、商業、その他)、地域別予測
    本資料は、モジュラースイッチの世界市場について調べ、モジュラースイッチの世界規模、市場動向、市場環境、価格レベル別分析、販売チャネル別(仲介業者経由販売、オンライン販売・二重流通、直接販売)分析、最終用途別(工業、住宅、商業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モジュラースイッチの世界市場概要 ・モジュラースイッチの世界市場環境 ・モジュラースイッチの世界市場動向 ・モジュラースイッチの世界市場規模 ・モジュラースイッチの世界市場規模:価格レベル別 ・モジュラースイッチの世界市場規模:販売チャネル別(仲介業者経由販売、オンライン販売・二重流通、直接販売) ・モジュラースイッチの世界市場規模:最終用途別(工業、住宅、商業、その他) ・モジュラースイッチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・モジュラースイッチの北米市場規模・予測 ・モジュラースイッチのアメリカ市場規模・予測 ・モジュラースイッチのヨーロッパ市場規模・予測 ・モジュラースイ …
  • 産業用温度調節器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用温度調節器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度調節器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無針注射器市場2015
    本調査レポートでは、世界の無針注射器市場2015について調査・分析し、無針注射器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子廃棄物管理の世界市場:処理材料別(金属、プラスチック、ガラス)、発生源別(産業、消費者)、用途別(廃棄、再利用)、セグメント予測
    電子廃棄物管理の世界市場は2025年には6370万5000米ドルに達すると予測されています。開発途上国における可処分所得の増加と、高度なガジェットに対する消費者の選好の高まりにより、電子機器の販売が著しくなり、この市場の成長が促されると考えられています。本調査レポートでは、電子廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、電子廃棄物管理の世界市場動向、電子廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別電子廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場について調査・分析し、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン シェア、市場規模推移、市場規模予測、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン 種類別分析()、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の市場概観 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場規模 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のアメリカ市場規模推移 ・エチレ …
  • HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素
    当調査レポートでは、HVAC(空調)用冷媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、HVAC(空調)用冷媒の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工股関節置換術用インプラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人工股関節置換術用インプラントの世界市場について調査・分析し、人工股関節置換術用インプラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人工股関節置換術用インプラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、人工股関節置換術用インプラント種類別分析()、人工股関節置換術用インプラント用途別分析(病院、整形外科クリニック、通院外科診療所、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人工股関節置換術用インプラントの市場概観 ・人工股関節置換術用インプラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人工股関節置換術用インプラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人工股関節置換術用インプラントの世界市場規模 ・人工股関節置換術用インプラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人工股関節置換術用インプラントのアメリカ市場規模推移 ・人工股関節置換術用インプラントのカナダ市場規模推移 ・人工股関節置換術用インプラントのメキシコ市場規模推移 ・人工股関節置換術用インプ …
  • Bluetoothスピーカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Bluetoothスピーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Bluetoothスピーカーの世界市場規模及び予測、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バッグインボックス型容器の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:用途別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:受注別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:材料別分析 ・バッグインボックス型容器の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 油田装置レンタルの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、油田装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、用途別分析、地域別分析、油田装置レンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学防護服の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、化学防護服の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学防護服市場規模、製品別(カバーオール、ハンドウェア、フェイスウェア、フットウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・化学防護服の世界市場概要 ・化学防護服の世界市場環境 ・化学防護服の世界市場動向 ・化学防護服の世界市場規模 ・化学防護服の世界市場:業界構造分析 ・化学防護服の世界市場:製品別(カバーオール、ハンドウェア、フェイスウェア、フットウェア) ・化学防護服の世界市場:地域別市場規模・分析 ・化学防護服のアメリカ市場規模・予測 ・化学防護服のヨーロッパ市場規模・予測 ・化学防護服のアジア市場規模・予測 ・化学防護服の主要国分析 ・化学防護服の世界市場:意思決定フレームワーク ・化学防護服の世界市場:成長要因、課題 ・化学防護服の世界市場:競争環境 ・化学防護服の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • アフタクーラ(後部冷却器)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アフタクーラ(後部冷却器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アフタクーラ(後部冷却器)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアフタクーラ(後部冷却器)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atlas Copco、EJ Bowman、Gritco、KAESER KOMPRESSOREN、SMC、Van Air等です。
  • ボディミストの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボディミストの世界市場について調査・分析し、ボディミストの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボディミストシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボディミスト種類別分析(保湿用ミスト、体臭用消臭剤、その他)、ボディミスト用途別分析(男性用、女性用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボディミストの市場概観 ・ボディミストのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボディミストのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボディミストの世界市場規模 ・ボディミストの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボディミストのアメリカ市場規模推移 ・ボディミストのカナダ市場規模推移 ・ボディミストのメキシコ市場規模推移 ・ボディミストのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボディミストのドイツ市場規模推移 ・ボディミストのイギリス市場規模推移 ・ボディミストのロシア市場規模推移 ・ボディミストのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南ア …
  • 世界のアスファルト舗装機市場2015
    本調査レポートでは、世界のアスファルト舗装機市場2015について調査・分析し、アスファルト舗装機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルジアの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のソーラーEVA市場2016
    本調査レポートでは、世界のソーラーEVA市場2016について調査・分析し、ソーラーEVAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用布類の世界市場分析:原材料(不織布、編上、織物)、用途別(埋め込み可能な製品、非植込み型製品、ヘルスケア・衛生製品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用布類の世界市場について調査・分析し、医療用布類の世界市場動向、医療用布類の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用布類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 引き出し用スライドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、引き出し用スライドの世界市場について調査・分析し、引き出し用スライドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別引き出し用スライドシェア、市場規模推移、市場規模予測、引き出し用スライド種類別分析(軽量、中量、重量、超重量)、引き出し用スライド用途別分析(工業用、家具、金融用、家電、輸送・自動車、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・引き出し用スライドの市場概観 ・引き出し用スライドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・引き出し用スライドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・引き出し用スライドの世界市場規模 ・引き出し用スライドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・引き出し用スライドのアメリカ市場規模推移 ・引き出し用スライドのカナダ市場規模推移 ・引き出し用スライドのメキシコ市場規模推移 ・引き出し用スライドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・引き出し用スライドのドイツ市場規模推移 ・引き出し用スライドのイ …
  • スーパーキャパシタの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スーパーキャパシタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スーパーキャパシタの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場:製品別(プラスミドDNA、ウイルスベクター、非ウイルスベクター)、用途別(遺伝性疾患、がん、ウィルス感染症、その他)、地域別予測
    本資料は、ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場について調べ、ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プラスミドDNA、ウイルスベクター、非ウイルスベクター)分析、用途別(遺伝性疾患、がん、ウィルス感染症、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBrammer Bio, LLC、Cobra Biologiscs Limited、Finvector Vision Therapies Limited、Fujifilm Holdings Corporation、General Electric Compnay、Kaneka Corporation、Lonza Group、Novasep、Sigma-Aldrich Co. LLC、Sirion Biotech GmbH、VGXI Inc.、Virovekなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場 …
  • エアロゲルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エアロゲルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアロゲル市場規模、種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他)分析、種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他)分析、加工別(添加剤、合成物、バージンエアロゲル)分析、技術別(超臨界乾燥、その他)分析、エンドユーザー別(建設、石油・ガス、昼光照明・LVHS、パフォーマンスコーティング、輸送、防火、医療、工業・低温学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エアロゲルの世界市場:市場動向分析 ・ エアロゲルの世界市場:競争要因分析 ・ エアロゲルの世界市場:種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他) ・ エアロゲルの世界市場:種類別(カーボンエアロゲル、シリカエアロゲル、ポリマーエアロゲル、アルミナ、その他) ・ エアロゲルの世界市場:加工別 …
  • 世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)
    MarketsandMarkets社は、動物用参照試験所の世界市場規模が2019年29億ドルから2024年48億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。本書は、世界の動物用参照試験所市場について調査・分析し、市場概要、サービス種類別(免疫診断サービス、臨床化学サービス、分子診断サービス、血液学サービス、尿検査サービス、その他のサービス)分析、用途別(臨床病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学、生産性検査、妊娠検査、毒性検査)分析、動物別(コンパニオンアニマル、家畜動物)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(免疫診断サービス、臨床化学サービス、分子診断サービス、血液学サービス、尿検査サービス、その他のサービス) ・世界の動物用参照試験所市場:用途別(臨床病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学、生産性検査、妊娠検査、毒性検査) ・世界の動物用参照試験所市場:動物別(コンパニオンアニマル、家畜動物) ・世界の動 …
  • 血友病治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血友病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血友病治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 曲面ディスプレイデバイスの世界市場:曲面テレビ、曲面モニター
    当調査レポートでは、曲面ディスプレイデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、曲面ディスプレイデバイスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル発電機市場2015について調査・分析し、ポータブル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの股関節置換処置動向(~2021)
  • ピレトリンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ピレトリンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピレトリン市場規模、製品別(ピレトリン0.2、ピレトリン0.5)分析、用途別(医薬品、農業、獣医、動物衛生、森林保護、家庭用、商業用・工業用、公衆衛生、病害管理)分析、害虫種類別(鱗翅目、鞘翅目、ダニ、双翅目、吸汁害虫、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ピレトリンの世界市場:市場動向分析 ・ ピレトリンの世界市場:競争要因分析 ・ ピレトリンの世界市場:製品別(ピレトリン0.2、ピレトリン0.5) ・ ピレトリンの世界市場:用途別(医薬品、農業、獣医、動物衛生、森林保護、家庭用、商業用・工業用、公衆衛生、病害管理) ・ ピレトリンの世界市場:害虫種類別(鱗翅目、鞘翅目、ダニ、双翅目、吸汁害虫、その他) ・ ピレトリンの世界市場:主要地域別分析 ・ ピレトリンの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ピレトリンのヨーロッパ市場規模 ・ ピレトリンのアジア市場規模 …
  • 地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーGIS、開発者GIS、モバイルGIS、その他)、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)
    本資料は、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場について調べ、地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、機能別(マッピング、測量、位置情報サービス、ナビゲーション・テレマティクス、およびその他)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(防衛、農業、石油・ガス、建設、公益事業、輸送・物流、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場概要 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場環境 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場動向 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場規模 ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・地理情報システム(GIS)ソフトウェアの世界市場:GISソフトウェア種類別(デスクトップGIS、サーバーG …
  • 特殊紙の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊紙の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場:タイプ別(無充填、ガラス充填、炭素充填)、最終用途別(自動車、航空宇宙、電気・電子機器、石油・ガス)、地域別予測
    本資料は、ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場について調べ、ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(無充填、ガラス充填、炭素充填)分析、最終用途別(自動車、航空宇宙、電気・電子機器、石油・ガス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場概要 ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場環境 ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場動向 ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場規模 ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場規模:タイプ別(無充填、ガラス充填、炭素充填) ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場規模:最終用途別(自動車、航空宇宙、電気・電子機器、石油・ガス) ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂の北米市場規模・予測 ・ポリアミドイミド(PAI)樹脂のアメリカ市場規模・予測 ・ポリアミドイミド( …
  • セラミックの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、セラミックの世界市場について調査・分析し、セラミックの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・セラミックの世界市場規模:製品別分析 ・セラミックの世界市場規模:用途別分析 ・セラミックの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・セラミックの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の水性塗料市場2015について調査・分析し、水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 情報セキュリティコンサルティングの世界市場予測(~2021):セキュリティ種類別(ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、データベースセキュリティ、エンドポイントセキュリティ)、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、情報セキュリティコンサルティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、セキュリティ種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、情報セキュリティコンサルティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 小売業におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)、用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理)、組織規模別(大企業、中小企業)
    本市場調査レポートでは小売業におけるブロックチェーンについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界の食品用酵素市場:カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ
  • 屋根断熱材用接着剤の世界市場2017-2021:二成分型、一成分型
    当調査レポートでは、屋根断熱材用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、屋根断熱材用接着剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー食品加工機械の世界市場:ミキサー、オーブン&プルーファー、ディバイダー、シーター&モルダー
    当調査レポートでは、ベーカリー食品加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の開瞼鉤市場2015
    本調査レポートでは、世界の開瞼鉤市場2015について調査・分析し、開瞼鉤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬剤
  • 風力エネルギー財団の世界市場分析:場所別(オフショアタイプ(モノパイル、ジャケットパイル、重力、サクション、三脚)、オンショアバイタイプ(ラフト、パイル、ウェルファウンデーション))、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力エネルギー財団の世界市場について調査・分析し、風力エネルギー財団の世界市場動向、風力エネルギー財団の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力エネルギー財団市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場
    当調査レポートでは、循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・循環性腫瘍細胞(CTC)のアメリカ市場規模予測 ・循環性腫瘍細胞(CTC)のヨーロッパ市場規模予測 ・循環性腫瘍細胞(CTC)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • CD 19阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 19阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 19阻害薬の概要 ・CD 19阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 19阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 19阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 19阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の概要 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 世界のイオン注入装置市場:技術別、地域別
    本調査レポートはイオン注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(高電流注入装置、中電流注入装置、高エネルギー注入装置)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・イオン注入装置の世界市場:技術別(高電流注入装置、中電流注入装置、高エネルギー注入装置) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"