"ハイパーコンバージドインフラストラクチャの世界市場予測(~2022)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4332)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ハイパーコンバージドインフラストラクチャの世界市場予測(~2022)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global hyper-converged infrastructure market size is expected to grow from USD 796.1 Million in 2015 to USD 12,607.4 Million by 2022, at a CAGR of 43.59% between 2016 and 2022. The growth of this market is being propelled by the high degree of adoption of hyper-converged infrastructure systems in financial, healthcare, and government sectors as well as the ability of HCI systems to unify the server, storage, and networking, and virtualization resources on a single commodity server.
The scope of this report covers the hyper-converged infrastructure market on the basis of hypervisor type, vertical, application, and geography. The market for data protection application is expected to grow at the highest rate during the forecast period. Multifold increase in the system and user-generated data lead to the rising concern for data backup and security issues, especially among IT, financial, and government sectors which, in turn, derives the data protection applications of the overall hyper-converged infrastructure (HCI) market. These factors are expected to drive the data protection application of the HCI market at the highest rate.

The HCI market for the healthcare sector is expected to grow at the highest rate because of rising demand for virtual data access, competitive pricing for deploying and managing VDI, and growing usage of IT for maintaining patients’ personal and health information.

The APAC region is expected to play a key role in the hyper-converged infrastructure market and grow at the highest rate during the forecast period. Rising awareness of data management through common interface at reduced total cost of ownership, growing focus toward VDI, server virtualization, and popularity of using infrastructure-as-a-service (IaaS) solutions are the prime factors driving the HCI systems market in this part of the world.

One of the key restraining factors in the hyper-converged infrastructure market is the selection of appropriate hypervisors and bundled solutions necessary based on the requirement. However, the advancements in converged infrastructure technologies and the growing demand for integrated, low-cost, and scalable solutions lower down the impact of this restraining factor in the future. The major players in the hyper-converged infrastructure market include Nutanix (U.S.), VMware Inc. (U.S.), Maxta Inc. (U.S.), SimpliVity Corporation (U.S.), Scale Computing (U.S.), Gridstore Inc. (U.S.), Nimboxx Inc. (U.S.), Cisco Systems Inc. (U.S.), and Pivot3 Inc. (U.S.), among many others. These players adopted various strategies such as new product developments, acquisitions, partnerships, collaborations, and business expansion to cater to the needs of the hyper-converged infrastructure market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ハイパーコンバージドインフラストラクチャの世界市場予測(~2022)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 12)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Geographic Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Key Data From Primary Sources
2.1.3.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.3.1 Research Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 25)

4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities for the Hyper-Converged Infrastructure Market
4.2 Applications in the Hyper-Converged Infrastructure Market
4.3 Hyper–Converged Infrastructure Market, By Application and Geography
4.4 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Geography

5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Hypervisor
5.2.2 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Application
5.2.3 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Vertical
5.2.4 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Geography
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Low Capex and Total Cost of Ownership(TCO) Due to Hyper-Converged Infrastructure
5.3.1.2 Highly Scalable Solutions
5.3.1.3 Increasing Use of Virtualization
5.3.1.4 Growing Requirement of Data Protection and Disaster Recovery
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Choice of A Hypervisor is Vendor Dependent and Not Controlled By End Users
5.3.2.2 Drawback of Bundled Solutions
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increasing Adoption of Hyper-Convergence Solutions in the Coming Years
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Making the Industry Cognizant of the Benefits of the Hyper-Converged Solutions

6 Industry Trends (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Key Influencers
6.3 Porter’s Five Forces Analysis: HCI Market
6.3.1 Threats of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Intensity of Rivalry
6.3.5 Bargaining Power of Buyers

7 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Hypervisor (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Vmware (ESX/ESXI/Vsphere)
7.3 KVM
7.4 Hyper-V

8 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Vertical (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Financial Institutions
8.3 Healthcare
8.4 Government
8.5 Education
8.6 Cloud Service Provider

9 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Application (Page No. – 57)
9.1 Introduction
9.2 Virtual Desktop Infrastructure
9.3 Server Virtualization
9.4 Data Protection
9.5 Remote Office/Branch Office (ROBO)
9.6 Cloud
9.7 Others

10 Hyper-Converged Infrastructure Market, By Geography (Page No. – 68)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 U.K.
10.3.2 Germany
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Singapore
10.5 Rest of the World

11 Competitive Landscape (Page No. – 81)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis: Hyper-Converged Infrastructure
11.3 Competitive Situation
11.3.1 New Product Launches & Developments
11.3.2 Partnerships
11.3.3 Expansions
11.3.4 Acquisitions & Agreements

12 Company Profiles (Page No. – 87)
(Overview, Products & Services, Strategies & Insights, Developments and MnM View)*
12.1 Vmware Inc.
12.2 Nutanix Inc.
12.3 Simplivity Corporation
12.4 Scale Computing
12.5 Pivot3
12.6 Maxta Inc.
12.7 Nimboxx Inc.
12.8 Cisco Systems, Inc.
12.9 Gridstore, Inc.
12.10 Hewlett Packard Enterprise Company

*Details on Overview, Products & Services, Strategies & Insights, Developments and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 107)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Discussion Guide
13.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ハイパーコンバージドインフラストラクチャの世界市場予測(~2022)
【発行日】2016年5月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4332
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】ハイパーコンバージドインフラストラクチャ、コンバージドインフラストラクチャ、仮想インフラストラクチャ、デスクトップ仮想化、VMウェア、ハイパーバイザー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ハイパーコンバージドインフラストラクチャの世界市場予測(~2022)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 二輪車用インホイールモーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、二輪車用インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二輪車用インホイールモーター市場規模、用途別(電動スクーター、電動バイク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二輪車用インホイールモーターの世界市場概要 ・二輪車用インホイールモーターの世界市場環境 ・二輪車用インホイールモーターの世界市場動向 ・二輪車用インホイールモーターの世界市場規模 ・二輪車用インホイールモーターの世界市場:業界構造分析 ・二輪車用インホイールモーターの世界市場:用途別(電動スクーター、電動バイク) ・二輪車用インホイールモーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・二輪車用インホイールモーターの北米市場規模・予測 ・二輪車用インホイールモーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・二輪車用インホイールモーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・二輪車用インホイールモーターの主要国分析 ・二輪車用インホイールモーターの …
  • 世界の内視鏡洗浄装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の内視鏡洗浄装置市場2015について調査・分析し、内視鏡洗浄装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ターボチャージャーの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(VGT、ウェイストゲート、電気)別分析、材料別分析、車両種類別分析、アフターマーケット別分析、自動車ターボチャージャーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場予測:Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージ
    MarketsandMarkets社は、量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場規模が2019年355百万ドルから2025年422百万ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、パッケージ種類別(Cマウント、HHLおよびVHLパッケージ、TO3パッケージ)分析、動作モード別(連続波、パルス)分析、製造技術別(ファブリペロー、分散フィードバック)分析、エンドユーザー別分析、量子カスケードレーザー(QCL)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱交換器の世界市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネル
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャネルなど)分析、エンドユーザー産業別(化学、石油化学、石油、ガス、HVACR、食品、飲料、発電、その他)分析、構成材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、ニッケルなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・熱交換器の世界市場:種類別(シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャネルなど) ・熱交換器の世界市場:エンドユーザー産業別(化学、石油化学、石油、ガス、HVACR、食品、飲料、発電、その他) ・熱交換器の世界市場:構成材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、ニッケルなど) ・熱交換器の世界市場:地域別 ・企業動向
  • ブラジルの3PL(サードパーティー・ロジスティクス)市場
    当調査レポートでは、ブラジルの3PL(サードパーティー・ロジスティクス)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブラジルの3PL(サードパーティー・ロジスティクス)市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物管理システムの世界市場
    当調査レポートでは、航空貨物管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物管理システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 圧力発信器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、圧力発信器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力発信器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場:フォームファクタ別(タワーサーバー、ラックサーバー、ブレードサーバー、高密度型サーバー)、ビジネスタイプ別(データーセンター、企業顧客)、地域別予測
    本資料は、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調べ、ホワイトボックスサーバーの世界規模、市場動向、市場環境、フォームファクタ別(タワーサーバー、ラックサーバー、ブレードサーバー、高密度型サーバー)分析、ビジネスタイプ別(データーセンター、企業顧客)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、AMD Telecom S.A.、Forty-two Telecom AB 、CLX Communications AB、Silverstreet BV、Ogangi Corporation、Tanla Solutions Ltd.、Sysmsoft AB、Angkor Data Communication Group Co. Ltd.、Cybercomm、Route Mobile Ltd.、Infobip Ltd.、Tyntec、Nexmo 、DIMOCO などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホワイトボ …
  • シリコンエラストマーの世界市場分:製品別(HTV、RTV、LSR)、用途別(電気・電子、自動車・輸送、産業機械、消費財、建設)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、シリコンエラストマーの世界市場について調査・分析し、シリコンエラストマーの世界市場動向、シリコンエラストマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコンエラストマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワイヤレスコネクティビティの世界市場見通し2016-2022:ヘルスケア、産業、農業、通信、ビルオートメーション、自動車&輸送、家電、ウェアラブルデバイス
    当調査レポートでは、ワイヤレスコネクティビティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスコネクティビティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:コネクティビティ技術別分析/市場規模 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスコネクティビティの北米市場規模 ・ワイヤレスコネクティビティの欧州市場規模 ・ワイヤレスコネクティビティのアジア市場規模 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 2,6-ジアミノピメリン酸の世界市場予測2019-2024
    「2,6-ジアミノピメリン酸の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、95%純度、96%純度、97%純度、98%純度、99%純度など、用途別には、Medical Institution、Laboratory、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2,6-ジアミノピメリン酸のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2,6-ジアミノピメリン酸の世界市場概要(サマリー) ・2,6-ジアミノピメリン酸の企業別販売量・売上 ・2,6-ジアミノピメリン酸の企業別市場シェア ・2,6-ジアミノピメリン酸の世界市場規模:種類別(95%純度、96%純度、97%純度、98%純度、99%純度) ・2,6-ジアミノピメリン酸の世界市場規模:用途別(Medical Institution、Laboratory、Others) ・2,6-ジアミノピメリン酸の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・2,6-ジアミノピメリン酸の …
  • 漂白土の世界市場2017-2021:食用油・油脂、鉱油・潤滑油、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、漂白土の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、漂白土の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は漂白土の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAMCOL Minerals Europe、Ashapura Group、BASF、Clariant、Musim Mas Holdings、Oil-Dri Corporation of America、Taiko Group of Companies等です。
  • CD8+T細胞活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD8+T細胞活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD8+T細胞活性因子の概要 ・CD8+T細胞活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD8+T細胞活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD8+T細胞活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD8+T細胞活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 水素生成装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、水素生成装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水素生成装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は水素生成装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Air Liquide、Air Products and Chemicals、Hydrogenics、Messer Group、The Linde Group等です。
  • 放射線治療の世界市場:外部ビーム放射線療法、内部ビーム放射線療法、近接照射療法、全身放射線療法
    当調査レポートでは、放射線治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 天気予報システム・ソリューションの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、天気予報システム・ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、構成要素別分析、システム別分析、天気予報システム・ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腹水(Ascites):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腹水(Ascites)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腹水(Ascites)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腹水(Ascites)の概要 ・腹水(Ascites)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腹水(Ascites)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腹水(Ascites)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腹水(Ascites)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電動グリッパの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動グリッパの世界市場について調査・分析し、電動グリッパの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動グリッパシェア、市場規模推移、市場規模予測、電動グリッパ種類別分析(2指タイプ電動グリッパ、3指タイプ電動グリッパ)、電動グリッパ用途別分析(自動車製造、電子・電気、金属製品、飲食料品・パーソナルケア、ゴム・プラスティック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動グリッパの市場概観 ・電動グリッパのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動グリッパのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動グリッパの世界市場規模 ・電動グリッパの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動グリッパのアメリカ市場規模推移 ・電動グリッパのカナダ市場規模推移 ・電動グリッパのメキシコ市場規模推移 ・電動グリッパのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動グリッパのドイツ市場規模推移 ・電動グリッパのイギリス市場規模推移 ・電動グリッパ …
  • 台湾の脊椎手術装置市場見通し
  • 航空母艦の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空母艦の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空母艦の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフレームヒーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のフレームヒーター市場2015について調査・分析し、フレームヒーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒト混合ワクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヒト混合ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒト混合ワクチンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティングサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、3Dプリンティングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、3Dプリンティングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 3Dプリンティング技術は2016年以降、市場での成長が安定してきています。多くの企業が様々な用途において、正確性を向上させ、原材料の使用を最適化するために、3Dプリンティング技術を採用しています。Technavio社は3Dプリンティングサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均43.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3D Systems• Arcam• ExOne• Stratasys等です。
  • クリーンルーム用使い捨て手袋の中国・日本・韓国市場:材料別(天然ゴム、ビニール、ニトリル、ネオプレン、その他)、エンドユーザー別(航空宇宙産業、ディスクドライブ産業、フラットパネル産業、食品産業、バイオテクノロジー、医療機器産業、製薬産業、電子および半導体産業、その他)
  • HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場
    当調査レポートでは、HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超高強度鋼の世界市場予測(~2022年):二相、複合相、多相、マルテンサイト、変態誘起塑性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、超高強度鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、超高強度鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTデバイス管理の世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション別、サービス別、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別、セグメント予測
    本調査レポートでは、IoTデバイス管理の世界市場について調査・分析し、IoTデバイス管理の世界市場動向、IoTデバイス管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別IoTデバイス管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル短繊維(PSF)市場規模、用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他)分析、製品別(固形、中空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場概要 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場環境 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場動向 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場規模 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:製品別(固形、中空) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)のアメリカ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF) …
  • こびりつき防止フライパンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、こびりつき防止フライパンの世界市場について調査・分析し、こびりつき防止フライパンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別こびりつき防止フライパンシェア、市場規模推移、市場規模予測、こびりつき防止フライパン種類別分析(PTFE系、セラミック系)、こびりつき防止フライパン用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・こびりつき防止フライパンの市場概観 ・こびりつき防止フライパンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・こびりつき防止フライパンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・こびりつき防止フライパンの世界市場規模 ・こびりつき防止フライパンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・こびりつき防止フライパンのアメリカ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのカナダ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのメキシコ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・こびりつき防 …
  • 自動車用座席(シート)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用座席(シート)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(暖房機能付き、電動、換気機能付き、マッサージ機能付き、メモリ付き・標準)別分析、タイプ(バケット、ベンチ)別分析、装材(ファブリック、本革・合成皮革)別分析、コンポーネント別分析、自動車用座席(シート)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大判プリンタ(LFP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大判プリンタ(LFP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大判プリンタ(LFP)の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イランの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 貴金属触媒の世界市場予測(~2022年):白金、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム
    当調査レポートでは、貴金属触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、貴金属触媒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 3Dプリンティングの世界市場:市場動向分析 - 3Dプリンティングの世界市場:競争要因分析 - 3Dプリンティングの世界市場:技術別 ・光造形法(SL) ・電子ビーム溶解 ・ジェット工法 ・レーザー焼結 ・熱溶解積層法 ・薄膜積層法 ・3Dプリンティング ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:材料別 ・ポリマー ・金属 ・セラミック ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:エンドユーザー別 ・航空・防衛 ・自動車 ・消費財 ・教育・研究 ・行政・防衛 ・医療 ・工業製品 ・食品・料理 ・宝飾品 ・建築・建設 ・プリンテッド・エレクトロニクス ・エネルギー ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:形状別 ・粉体 ・液体 ・単繊維状 - 3Dプリンティングの世界市場:プリンター別 ・産業用プリンター ・デスクトップ3Dプリンター - 3Dプリンティングの世界市場:用途 …
  • ポリビニルブチラール(PVB)フィルムとシートの世界市場
    当調査レポートでは、ポリビニルブチラール (PVB) フィルムとシートの世界市場について調査・分析し、ポリビニルブチラール (PVB) フィルムとシートの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 外科用アブレーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、外科用アブレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、外科用アブレーションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾癬治療薬の世界市場:治療クラス別(インターロイキン阻害剤、腫瘍壊死因子阻害剤)、治療別(局所、全身、生物製剤)、セグメント予測
    乾癬治療薬の世界市場は2022年には211億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、疾病の認知度の高まり、生物製剤に対する償還制度の増加、そして診断および技術的手法の高度化が考えられます。本調査レポートでは、乾癬治療薬の世界市場について調査・分析し、乾癬治療薬の世界市場動向、乾癬治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別乾癬治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 在宅医療の世界市場:コンポーネント別(サービス、機器)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、在宅医療の世界市場動向、在宅医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別在宅医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 化粧品包装の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、化粧品包装の世界市場について調べ、化粧品包装の世界規模、市場動向、市場環境、材料の種類別(ガラス、紙、プラスチック、金属、その他)分析、用途別(スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、ネイルケア)分析、容器の種類別(ジャー、チューブ、ボトル、ポンプ・ディスペンサー、サシェ、その他)分析、容量別(50ml未満、50~100ml、100~150ml、150~200ml、200ml超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・化粧品包装の世界市場動向 ・化粧品包装の世界市場環境 ・化粧品包装の世界市場規模 ・化粧品包装の世界市場規模:材料の種類別(ガラス、紙、プラスチック、金属、その他) ・化粧品包装の世界市場規模:用途別(スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、ネイルケア) ・化粧品包装の世界市場規模:容器の種類別(ジャー、チューブ、ボトル、ポンプ・ディスペンサー、サシェ、その他 …
  • 肺結核(Pulmonary Tuberculosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺結核(Pulmonary Tuberculosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺結核(Pulmonary Tuberculosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺結核(Pulmonary Tuberculosis)治療薬剤
  • 神経ペプチドY受容体Y2アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における神経ペプチドY受容体Y2アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経ペプチドY受容体Y2アゴニストの概要 ・神経ペプチドY受容体Y2アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の神経ペプチドY受容体Y2アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経ペプチドY受容体Y2アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経ペプチドY受容体Y2アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 発電機レンタルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、発電機レンタルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 発電機レンタルの世界市場:市場動向分析 - 発電機レンタルの世界市場:競争要因分析 - 発電機レンタルの世界市場:燃料タイプ別 ・ガス発電 ・ディーゼル発電 ・その他燃料タイプ - 発電機レンタルの世界市場:定格電力別 ・50kW未満 ・51~500kW ・501~2,500kW - 発電機レンタルの世界市場:用途別 ・ベースロード・常時電力 ・ピークシェービング ・予備電源 - 発電機レンタルの世界市場:エンドユーザー別 ・建設 ・イベント ・製造業 ・鉱業 ・石油・ガス ・運送 ・ユーティリティ ・その他 - 発電機レンタルの世界市場:主要地域別分析 - 発電機レンタルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 発電機レンタルのヨーロッパ市場規模 - 発電機レンタルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・発電機レンタルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ポリマー充填剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリマー充填剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリマー充填剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級ホテルの世界市場
    当調査レポートでは、高級ホテルの世界市場について調査・分析し、高級ホテルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • レシチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レシチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、レシチンの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • DATSの世界市場:タイプ別(ソリューション、サービス)、用途別(Webアプリケーションセキュリティ、モバイルアプリケーションセキュリティ)、導入モード別(オンプレミス、クラウド)、業種別(政府機関・防衛、BFSI、IT・テレコム、ヘルスケア、小売、製造)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別予測
    本資料は、DATSの世界市場について調べ、DATSの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ソリューション、サービス)分析、用途別(Webアプリケーションセキュリティ、モバイルアプリケーションセキュリティ)分析、導入モード別(オンプレミス、クラウド)分析、業種別(政府機関・防衛、BFSI、IT・テレコム、ヘルスケア、小売、製造)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・DATSの世界市場概要 ・DATSの世界市場環境 ・DATSの世界市場動向 ・DATSの世界市場規模 ・DATSの世界市場規模:タイプ別(ソリューション、サービス) ・DATSの世界市場規模:用途別(Webアプリケーションセキュリティ、モバイルアプリケーションセキュリティ) ・DATSの世界市場規模:導入モード別(オンプレミス、クラウド) ・DATSの世界市場規模:業種別(政府機関・防衛、BFSI、IT・テレコム、ヘルスケア、小売、製造) ・DA …
  • シグマ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシグマ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シグマ受容体アゴニストの概要 ・シグマ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のシグマ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シグマ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シグマ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 形成外科手術器具の世界市場:タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具)、手術方法(美容整形手術、再建手術)、エンドユーザー別(病院)、地域別予測
    本資料は、形成外科手術器具の世界市場について調べ、形成外科手術器具の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具)分析、手術方法(美容整形手術、再建手術)分析、エンドユーザー別(病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・形成外科手術器具の世界市場概要 ・形成外科手術器具の世界市場環境 ・形成外科手術器具の世界市場動向 ・形成外科手術器具の世界市場規模 ・形成外科手術器具の世界市場規模:タイプ別(手持ち手術器具、電機手術器具) ・形成外科手術器具の世界市場規模:手術方法(美容整形手術、再建手術) ・形成外科手術器具の世界市場規模:エンドユーザー別(病院) ・形成外科手術器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・形成外科手術器具の北米市場規模・予測 ・形成外科手術器具のアメリカ市場規模・予測 ・形成外科手術器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・形成外科手術器具のアジア市場規模・予測 ・形成外科手術器具の日本市場規模・予測 ・形 …
  • 退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)の概要 ・退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocytoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・退形成性星細胞腫(Anaplastic Astrocyto …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"