"ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM-SE-4333)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

MarketsandMarkets estimates the wireless gigabit market size to grow from USD 0.30 Billion in 2015 to USD 2.73 Billion by 2022, at a CAGR of 32.9% between 2016 and 2022. This market is driven by factors such as the growing SoC & embedded system technology advancements and launch of new spectrums allowing to increasing penetration into emerging economies.
Display device products are expected to hold the largest market share and dominate the wireless gigabit market between 2016 and 2022. This segment is expected to dominate the global market by 2022.

With the increasing demand for lighter, thinner, and smaller consumer products, SoC has been vastly used since its development. All the devices in the current market from smartphones and tablets to backhaul stations and adapters are based on SoCs. The introduction of SoC was not just restricted to the integration of core functionalities but also to add functions that were initially used through cables or as external devices. It is an integration of chip and the software necessary depending on the end-user requirements. The basic architecture of a SoC comprises both analog and digital elements and their relevant interfaces such as the central processing cores, DSP cores on chip bus I/O peripherals and embedded memory. The consumer electronics application is expected to dominate the wireless gigabit market and account for the largest market share during the forecast period. WiGig products are expected to gain traction in the next seven years due to the increasing demand for these products in different applications such as consumer, commercial, and networking.

The APAC region is expected to hold the highest market share and dominate the wireless gigabit market during the forecast period due to the presence of a large number of WiGig manufacturers and their manufacturing capabilities. APAC offers potential growth opportunities.

The need for higher data throughput has been a driver for the global market from several years. Gigabit speed wireless networking has always been a goal over the last decade. WiGig and 60 GHz specification defines protocols that promise to deliver transfer rates up to 7 Gbps. WiGig delivers supercharged transmission rates by operating in the 60 GHz frequency band, which has more spectrum available than the 2.4 GHz and 5 GHz bands on which most Wi-Fi–enabled devices currently operate on.

One of the key challenges faced by the WiGig market is the high frequency of internal substitution creating a high level market space cannibalization.

The major vendors in the wireless gigabit market include Samsung, Qualcomm Atheros, Marvell Technology Group Ltd., Broadcom, Intel Corp., and others. These players have adopted various strategies such as new technology launches, partnerships, and mergers & acquisitions to cater to the needs of the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 27)

4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunites in the Wireless Gigabit Market
4.2 Wireless Gigabit Market, By Technology
4.3 Wireless Gigabit Market, By Application
4.4 Wireless Gigabit Market, By Product
4.5 Wireless Gigabit Market – By Product and Geography

5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Evolution: Wireless Gigabit Market
5.3 Market Segmentation
5.3.1 Wireless Gigabit Market, By Product
5.3.2 Wireless Gigabit Market, By Technology
5.3.3 Wireless Gigabit Market, By Application
5.3.4 Wireless Gigabit Market, By Geography
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.1.1 Constant Technological Innovations and Advancements
5.4.1.2 Rising Need for Faster Data Transfer
5.4.1.3 Launch of New Spectrums (Frequency Bands)And Increasing Penetration Into Emerging Economies
5.4.1.4 Explosive Growth in Handheld & Portable Consumer Electronics
5.4.2 Restraints
5.4.2.1 Increasing Manufacturing Cost With Development of Complex Embedded WiGig Chipsets
5.4.2.2 Short Operating Range of WiGig Products
5.4.3 Opportunities
5.4.3.1 Rapid Growth of Next-Generation Computing Devices
5.4.4 Challenges
5.4.4.1 High Frequency of Internal Substitution

6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Threat of New Entrants
6.3.2 Threat of Substitutes
6.3.3 Bargaining Power of Suppliers
6.3.4 Bargaining Power of Buyers
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

7 Wireless Gigabit Market, By Product (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.1.1 Display Devices
7.1.1.1 Smartphones
7.1.1.2 Laptops & Tablets
7.1.1.3 Televisions
7.1.1.4 Projectors
7.1.1.5 Digital Cameras
7.1.1.6 Other Display Devices
7.1.2 Network Infrastructure Devices
7.1.2.1 Adapters
7.1.2.2 Routers
7.1.2.3 Backhaul Stations
7.1.2.4 Others

8 Wireless Gigabit Market, By Technology (Page No. – 92)
8.1 Introduction
8.2 System on Chip (SOC)
8.2.1 Smartphone WiGig SOCs
8.2.2 Adapter WiGig SOCs
8.2.3 Backhaul Station WiGig SOCs
8.2.4 Tablet SOCs
8.2.5 Other SOCs
8.3 Integrated Circuit Chip (IC Chip)
8.3.1 PC & Laptop ICs
8.3.2 Television ICs
8.3.3 Other ICs

9 Wireless Gigabit Market, By Application (Page No. – 100)
9.1 Introduction
9.1.1 Consumer Electronics
9.1.2 Networking
9.1.3 Commercial

10 Geographic Analysis (Page No. – 104)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 U.S.
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 U.K.
10.3.2 Germany
10.3.3 France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia-Pacific
10.4.1 China
10.4.2 Japan
10.4.3 South Korea
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Middle East and Africa
10.5.2 South America

11 Competitive Landscape (Page No. – 119)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis
11.3 Competitive Situation and Trends
11.3.1 New Product Launches
11.3.2 Collaborations, Partnerships, & Contracts, 2015-2016
11.3.3 Mergers & Acquisitions, 2015-2016

12 Company Profiles (Page No. – 126)
(Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development)*
12.1 Introduction
12.2 Qualcomm Atheros
12.3 Intel Corporation
12.4 Broadcom Corporation
12.5 Marvell Technology Group Ltd.
12.6 Panasonic Corporation
12.7 Cisco Systems, Inc.
12.8 NEC Corporation
12.9 Azurewave Technologies, Inc.
12.10 Nvidia Corporation
12.11 Mediatek

*Details on Overview, Products and Services, Financials, Strategy & Development Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

13 Appendix (Page No. – 152)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
13.5 Available Customizations
13.6 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器
【発行日】2016年5月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM-SE-4333
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】ワイヤレスギガビット(WiGig)、ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器、ワイヤレスギガビット技術、スマートフォン、パソコン、テレビ、プロジェクター、デジタルカメラ、アダプタ、ルータ、バックホール、SoC技術、ICチップ、家電、ネットワーク、ワイヤレスギガビット途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ケーブルトレイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルトレイの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 同軸スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、同軸スイッチの世界市場について調査・分析し、同軸スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別同軸スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、同軸スイッチ種類別分析(DPDT、SPDT、SPnT、その他)、同軸スイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・同軸スイッチの市場概観 ・同軸スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・同軸スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・同軸スイッチの世界市場規模 ・同軸スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・同軸スイッチのアメリカ市場規模推移 ・同軸スイッチのカナダ市場規模推移 ・同軸スイッチのメキシコ市場規模推移 ・同軸スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・同軸スイッチのドイツ市場規模推移 ・同軸スイッチのイギリス市場規模推移 ・同軸スイッチのロシア市場規模推移 ・同軸スイッチのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ロータリーエンジン (別名ワンケルエンジン) は、内燃機関 (ICE)の中で最も古いものの一つです。ロータリーエンジンには、奇数のシリンダーが放射状に並んでいます。自動車用途としては、ロータリーエンジンは多くの自動車会社で使われています。Technavio社は自動車用ロータリーエンジン (ワンケルエンジン) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ferrari• Mazda Motor• Porsche等です。
  • ナイフ研ぎ器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナイフ研ぎ器の世界市場について調査・分析し、ナイフ研ぎ器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナイフ研ぎ器シェア、市場規模推移、市場規模予測、ナイフ研ぎ器種類別分析(電動式、手動式)、ナイフ研ぎ器用途別分析(家庭用、飲食店用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナイフ研ぎ器の市場概観 ・ナイフ研ぎ器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ナイフ研ぎ器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ナイフ研ぎ器の世界市場規模 ・ナイフ研ぎ器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ナイフ研ぎ器のアメリカ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のカナダ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のメキシコ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ナイフ研ぎ器のドイツ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のイギリス市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のロシア市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • ユーティリティ産業におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ユーティリティ産業におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 陳列包装の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、陳列包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陳列包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は陳列包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DS Smith、International Paper、Mondi、Smurfit Kappa、Sonoco Products Company等です。
  • 航空機シートの世界市場
    当調査レポートでは、航空機シートの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・航空機シートの世界市場:フィット種類別分析/市場規模 ・航空機シートの世界市場:シート種類別分析/市場規模 ・航空機シートの世界市場:航空機種類別分析/市場規模 ・航空機シートの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・航空機シートの世界市場:地域別分析/市場規模 ・航空機シートのアメリカ市場規模予測 ・航空機シートのヨーロッパ市場規模予測 ・航空機シートのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の半透過性フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の半透過性フィルム市場2015について調査・分析し、半透過性フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防護用織物の世界市場:不燃性・耐熱性織物、耐薬品性織物、紫外線抵抗性織物
    当調査レポートでは、防護用織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中東の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • 脂肪代替品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脂肪代替品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脂肪代替品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 作物保護用農薬の世界市場
    本調査レポートでは、作物保護用農薬の世界市場について調査・分析し、作物保護用農薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 低電力広域通信網(WAN)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、低電力広域通信網(WAN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、通信技術別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジネスアナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビジネスアナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビジネスアナリティクス市場規模、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、ソフトウェア別(高度なアナリティクス・予測的アナリティクス、コンテンツアナリティクス、照会レポート・分析ツール、エンタープライズパフォーマンス管理、位置情報、データウェアハウジングプラットフォーム)分析、ユーザータイプ別(企業、SMBS)分析、サービス別(プロフェッショナル、マネージド)分析、エンドユーザー別(銀行、金融サービス、保険(BFSI)、テレコム・IT、政府、エネルギー・電力、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア、小売、教育、製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:導入タイプ別(オンプレミス、クラウド) ・ ビジネスア …
  • 大麻の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、大麻の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大麻市場規模、作物品種別(大麻インディカ、大麻サティバ、その他)分析、用途別(医療用、嗜好用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 大麻の世界市場:市場動向分析 ・ 大麻の世界市場:競争要因分析 ・ 大麻の世界市場:作物品種別(大麻インディカ、大麻サティバ、その他) ・ 大麻の世界市場:用途別(医療用、嗜好用) ・ 大麻の世界市場:主要地域別分析 ・ 大麻の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 大麻のヨーロッパ市場規模 ・ 大麻のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・大麻の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 生体吸収性冠動脈ステントの世界市場2014-2025:ブランド外観別(ABSORB生体吸収性スキャフォールド、ABSORB第二世代、マグマリス、マグニチュード、MeRes100、DESolve)、地域別
    本調査レポートでは、生体吸収性冠動脈ステントの世界市場について調査・分析し、生体吸収性冠動脈ステントの世界市場動向、生体吸収性冠動脈ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別生体吸収性冠動脈ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 木酢液の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、木酢液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、木酢液市場規模、手法別(中間型熱分解、緩徐型熱分解、迅速型熱分解)分析、エンドユーザー別(農業、食品・飲料、飼料、パーソナルケア・化粧品、医薬品、廃水処理、木タール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 木酢液の世界市場:市場動向分析 ・ 木酢液の世界市場:競争要因分析 ・ 木酢液の世界市場:手法別(中間型熱分解、緩徐型熱分解、迅速型熱分解) ・ 木酢液の世界市場:エンドユーザー別(農業、食品・飲料、飼料、パーソナルケア・化粧品、医薬品、廃水処理、木タール、その他) ・ 木酢液の世界市場:主要地域別分析 ・ 木酢液の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 木酢液のヨーロッパ市場規模 ・ 木酢液のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・木酢液の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • カポジ肉腫治療の世界市場
    当調査レポートでは、カポジ肉腫治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カポジ肉腫治療の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUV吸収剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のUV吸収剤市場2016について調査・分析し、UV吸収剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボットトータルステーションの世界市場:0.5 ”-1 ”精度、2 ”-その他の精度
    当調査レポートでは、ロボットトータルステーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(0.5 ''-1 ''精度および2 ''-その他の精度)分析、用途別(調査、エンジニアリング、建設、および発掘)分析、エンドユーザー別(建設、ユーティリティ、鉱業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ロボットトータルステーションの世界市場:種類別(0.5 ''-1 ''精度および2 ''-その他の精度) ・ロボットトータルステーションの世界市場:用途別(調査、エンジニアリング、建設、および発掘) ・ロボットトータルステーションの世界市場:エンドユーザー別(建設、ユーティリティ、鉱業、その他) ・ロボットトータルステーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 薬品保管庫の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薬品保管庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薬品保管庫市場規模、エンドユーザー別(化学・石油化学、石油・ガス、製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DENIOS, ECOSAFE, Justrite Manufacturing, Safety Storage Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薬品保管庫の世界市場概要 ・薬品保管庫の世界市場環境 ・薬品保管庫の世界市場動向 ・薬品保管庫の世界市場規模 ・薬品保管庫の世界市場:業界構造分析 ・薬品保管庫の世界市場:エンドユーザー別(化学・石油化学、石油・ガス、製造、その他) ・薬品保管庫の世界市場:地域別市場規模・分析 ・薬品保管庫の北米市場規模・予測 ・薬品保管庫のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・薬品保管庫のアジア太平洋市場規模・予測 ・薬品保管庫の主要国分析 ・薬品保管庫の世界市場:意思決定フレームワーク ・薬品保管庫の …
  • 洗浄システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、洗浄システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、洗浄システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルパソロジーの世界市場予測(~2022年):スキャナー、ソフトウェア、通信システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルパソロジーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、デジタルパソロジーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は事務用文房具・事務用品のB2Bの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Costco Wholesale Corporation • Office Depot • Staples• Tesco.com• Walmart Stores等です。
  • 世界のSOFC市場2015
    本調査レポートでは、世界のSOFC市場2015について調査・分析し、SOFCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場規模が2017年148.6億ドルから2026年271.8億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用燃料デリバリーシステム市場規模、燃料別(ディーゼル、代替燃料、ガソリン、圧縮天然ガス(CNG))分析、コンポネント別(燃圧レギュレータ、燃料噴射器、燃料レール、エアコントロールバルブ、燃料ポンプ)分析、技術別(電子制御燃料供給システム、通常燃料供給システム)分析、方法別(インジェクタベース燃料供給システム、キャブレターベース燃料供給システム)分析、販売チャンネル別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用燃料デ …
  • 穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場:除草剤、殺菌剤、殺虫剤
    当調査レポートでは、穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、穀類・穀物保護用化学薬品の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ファブリックフィルターの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ファブリックフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(液体及びエアフィルターメディア)分析、エンドユーズ産業別(食品および飲料、金属および鉱業、化学、医薬品、発電)分析、ファブリックフィルターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ファブリックフィルターの世界市場規模が2019年23億万ドルから2024年32億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • エンタープライズ向け5Gの世界市場予測(2026年)
    エンタープライズ向け5Gの世界市場は、2020年の23億米ドルから2026年には317億米ドルに達し、この期間中54.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エンタープライズ向け5Gのコネクティビティプラットフォームが単一のネットワークで複数の業界を可能にすると予測されていること、エンタープライズ向け5Gのユニファイドネットワークが業界横断的な接続と産業用アプリケーション開発を促進する可能性を備えているということ、そして通信ネットワークにおいてソフトウェア実装の重要性の高まりが予測されていることが考えられます。一方で、この市場の主な制約は、企業におけるコネクティビティ技術として事実上採用されているWi-Fi通信技術の成長、および企業ネットワークの所有と管理に関する権限の欠如です。当調査レポートでは、エンタープライズ向け5Gの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、アクセス機器別(無線ノード、サービスノード、DAS)分析、コアネットワーク技術別(SDN、NFV)分析、サービス別(プラットフォーム、ソ …
  • ビタミン成分の世界市場:ビタミンB、ビタミンK、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンA
    当調査レポートでは、ビタミン成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビタミン成分の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 毒素ショック(Toxic Shock):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における毒素ショック(Toxic Shock)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、毒素ショック(Toxic Shock)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・毒素ショック(Toxic Shock)の概要 ・毒素ショック(Toxic Shock)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の毒素ショック(Toxic Shock)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・毒素ショック(Toxic Shock)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • ティムットペッパーの世界市場2018-2022
    ティムットペッパーは、ネパールに自生する希少な唐辛子の一つです。破裂したような形の種子で、グレープフルーツのような香りを持つ刺激的な辛味を特徴としています。ティムットペッパーの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率8.43%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Natural Resources Industries、Organic farm Nepal、Satya International、Speciality Cooking Supplies、Spice Ace、Spice Mountain、Terre Exotique、Thiercelin- Health is good for youなどです。 当調査レポートでは、ティムットペッパーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティムットペッパー市場規模、用途別(食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ティムットペッパーの世界市場概要 …
  • 世界のLVAD市場2015
    本調査レポートでは、世界のLVAD市場2015について調査・分析し、LVADの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • にきび対策用化粧品の世界市場:クレンザー、エマルジョン、マスク
    Technavio社の本調査レポートでは、にきび対策用化粧品の世界市場について調べ、にきび対策用化粧品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、にきび対策用化粧品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(クレンザー、エマルジョン、マスク)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はにきび対策用化粧品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・にきび対策用化粧品の市場状況 ・にきび対策用化粧品の市場規模 ・にきび対策用化粧品の市場予測 ・にきび対策用化粧品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(クレンザー、エマルジョン、マスク) ・にきび対策用化粧品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、EMEA、米州 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の自動車用センサ市場:圧力センサ、温度センサ、速度センサ、酸素センサ、NOxセンサ、位置センサ
  • FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • HVDC変換所(高電圧直流変換所)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、HVDC変換所(高電圧直流変換所)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVDC変換所(高電圧直流変換所)の世界市場規模及び予測、構成タイプ別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカープラットフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コネクテッドカープラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、コネクテッドカープラットフォームの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷管理デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷管理デバイス市場2015について調査・分析し、創傷管理デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドーパミンアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるドーパミンアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ドーパミンアゴニストの概要 ・ドーパミンアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のドーパミンアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ドーパミンアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ドーパミンアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 緊急洗眼器の世界市場:製品別、用途別、地域別予測
    本資料は、緊急洗眼器の世界市場について調べ、緊急洗眼器の世界規模、市場動向、市場環境、製品別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・緊急洗眼器の世界市場概要 ・緊急洗眼器の世界市場環境 ・緊急洗眼器の世界市場動向 ・緊急洗眼器の世界市場規模 ・緊急洗眼器の世界市場規模:製品別 ・緊急洗眼器の世界市場規模:用途別 ・緊急洗眼器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・緊急洗眼器の北米市場規模・予測 ・緊急洗眼器のアメリカ市場規模・予測 ・緊急洗眼器のヨーロッパ市場規模・予測 ・緊急洗眼器のアジア市場規模・予測 ・緊急洗眼器の日本市場規模・予測 ・緊急洗眼器の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のカーボンブラック市場2016
    本調査レポートでは、世界のカーボンブラック市場2016について調査・分析し、カーボンブラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンベヤシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コンベヤシステムの世界市場について調査・分析し、コンベヤシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コンベヤシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、コンベヤシステム種類別分析(ローラーコンベヤ、ベルトコンベヤ、オーバーヘッドコンベヤ、パレットコンベヤ、その他)、コンベヤシステム用途別分析(自動車、飲食料品、工学機械、小売り、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コンベヤシステムの市場概観 ・コンベヤシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コンベヤシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コンベヤシステムの世界市場規模 ・コンベヤシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コンベヤシステムのアメリカ市場規模推移 ・コンベヤシステムのカナダ市場規模推移 ・コンベヤシステムのメキシコ市場規模推移 ・コンベヤシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コンベヤシステムのドイツ市場規模推移 ・ …
  • 中国のマザーボード市場2015
    本調査レポートでは、中国のマザーボード市場2015について調査・分析し、マザーボードの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • E-リキッドの世界市場:プレフィルドE-リキッド、瓶詰E-リキッド
  • アクセス制御の世界市場予測(~2024年)
    アクセス制御の世界市場は、2018年の75億米ドルから2024年には121億米ドルに達し、この期間中8.24%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、世界的に犯罪率が上昇しているためにアクセス制御ソリューションが広く採用されていること、セキュリティシステムにおける無線技術の進歩と展開、クラウドコンピューティングプラットフォームを用いたIoTベースのセキュリティシステムの採用、ACaaS(Access Control as a Service)の採用、モバイルベースのアクセス制御の実装、新興国で都市化が進むことなどが考えられます。一方で、高コストで信頼性が低いという認識により、この市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、アクセス制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(ハードウェアカードベースのリーダー、生体認証リーダー、電子ロック、コントローラー、ソフトウェア)分析、サービス(インストール、保守、ACaaS)分析、業種分析、アクセス制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競 …
  • スキンライトナーのアジア太平洋市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキンライトナーのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキンライトナーのアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パキスタンのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 極低温燃料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、極低温燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、極低温燃料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"