"アメリカの抗凝固剤市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9372)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アメリカの抗凝固剤市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Anti-Coagulant Drugs Market
Anticoagulants have been used for over 80 years to treat clotting disorders. It is used as a first line of defense for disorders such as deep vein thrombosis (DVT), pulmonary embolism, AF, and acute coronary syndrome. With the advent of time, traditional therapies are replaced by novel oral anticoagulants, which have better safety and efficacy profiles.

The 1990s saw rapid development in the field of direct thrombin inhibitors. Though these drugs, such as hirudin, have been in use from the early 19th century, they were accepted with the development of genetic engineering technology. The recombinant forms, such as desirudin, are also available in the market. During the same period, the focus shifted toward the development of factor Xa inhibitors, and by early 2000s, the first indirect factor Xa inhibitor, fondaparinux, was released into the market. These drugs were administered by parenteral route.

Technavio’s analysts forecast the anti-coagulants market in the US to grow at a CAGR of 6.67% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the anti-coagulants market in the US for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of branded and generics drugs used to treat coagulation disorders. The report also considers the revenues to be generated from the sales of drugs that are expected to be launched into the market.

Technavio’s report, Anti-Coagulants Market in the US 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Johnson & Johnson
• Bristol-Myers Squibb
• Boehringer Ingelheim
• Sanofi
• Daiichi Sankyo

[Other prominent vendors]
• Armatheon Inc.
• Aspen
• AstraZeneca
• Bayer
• Cellceutix
• Cosmo Pharmaceuticals SA
• CSL Behring, Eisai, GSK
• Marathon Pharmaceuticals LLC
• Ockham Biotech
• Perosphere
• Portola Pharmaceuticals
• Sagent Pharmaceuticals Inc.
• The Medicines Company
• Urigen Pharmaceuticals Inc.
• Valeant Pharmaceuticals

[Market driver]
• Growing prevalence of coagulation disorders
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Side-effects associated with drugs
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Expected exploitation of new therapeutic use
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"アメリカの抗凝固剤市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Anticoagulants: An overview
• Coagulation of blood
• Mechanism of action (MOA) of anticoagulants

PART 06: Reimbursement scenario
• US healthcare reform
• Reimbursement for prothrombin time/international normalized ratio (PT/INR) tests

PART 07: Anticoagulant reversal agents

PART 08: Approved anticoagulants in US

PART 09: Anticoagulants pipeline portfolio
• Rivaroxaban
• Tecarfarin
• Betrixaban (LY517717)
• ISIS-FXI antisense
• LMW Heparin MMX
• URG101
• Heparin
• FXI antibody
• FXI inhibitor
• Heparin plus DNAse
• Heparin plus other inhaled drug

PART 10: Market landscape
• Global anticoagulants market
• Anticoagulants market in US
• Five forces analysis

PART 11: Market segmentation by ROA
• Oral anticoagulants
• Injectable anticoagulants

PART 12: Market segmentation by drug class
• Factor Xa inhibitors
• Direct thrombin inhibitors
• Heparin
• Vitamin K antagonists

PART 13: Market segmentation by application
• DVT
• PE
• Acute coronary syndrome
• AF
• Hemodialysis
• Coronary angioplasty
• Surgeries

PART 14: Market drivers
• Growing prevalence of coagulation disorders
• Increase in number of surgical procedures
• Increased acceptance of NOACs

PART 15: Impact of drivers

PART 16: Market challenges
• Extensive use of generic products
• Side-effects associated with drugs
• High cost of NOACs
• Unmet needs for anticoagulant reversal agents

PART 17: Impact of drivers and challenges

PART 18: Market trends
• Expected exploitation of new therapeutic use
• Patient assistance programs
• Declining shares of heparin market

PART 19: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Market analysis 2015
• Key vendors of anticoagulants market in US
• Johnson & Johnson
• Bristol-Myers Squibb
• Boehringer Ingelheim
• Sanofi
• Upcoming vendors in anticoagulants market in US
• Daiichi Sankyo
• Other prominent vendors

PART 20: Appendix
• List of abbreviations

PART 21: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Timeline for development of anticoagulants
Exhibit 03: Process of blood coagulation
Exhibit 04: Mechanism of blood coagulation
Exhibit 05: Comparison of US healthcare system before and after reforms
Exhibit 06: Major anticoagulant reversal agents commonly used in market
Exhibit 07: Reversal agents approved by FDA for new oral anticoagulants
Exhibit 08: Pipeline portfolio: Anticoagulant reversal agents
Exhibit 09: Approved anticoagulants in US
Exhibit 10: Pipeline portfolio: Anticoagulant drugs
Exhibit 11: Global anticoagulants market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Percentage share of US anticoagulants market in global market
Exhibit 13: Anticoagulants market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 14: Five forces analysis
Exhibit 15: Segmentation of anticoagulants market in US based on ROA
Exhibit 16: Market segmentation of anticoagulants market in US based on ROA 2015
Exhibit 17: Comparison of US anticoagulants market with global anticoagulants market 2015
Exhibit 18: Percentage of population treated by NOACs based on disease type in US 2015
Exhibit 19: Factors determining use of NOACs (based on their importance)
Exhibit 20: Percentage of individuals with AF treated by anticoagulants in US 2015
Exhibit 21: Percentage of individuals with DVT/PE treated by anticoagulants in US 2015
Exhibit 22: Classes of oral anticoagulants based on revenue 2015
Exhibit 23: Oral anticoagulants market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: Classes of injectable anticoagulants based on revenue 2015
Exhibit 25: Injectable anticoagulants market in the US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 26: Anticoagulants market in US by ROA 2015-2020
Exhibit 27: Anticoagulants market in US: YoY growth and revenue based on ROA 2015-2020
Exhibit 28: Segmentation of anticoagulants market in US based on drug class
Exhibit 29: Segmentation of anticoagulants market in US based on drug class 2015
Exhibit 30: Anticoagulants market in US in global anticoagulant drugs market 2015
Exhibit 31: Segmentation of factor Xa inhibitors in US 2015
Exhibit 32: Approval of factor Xa inhibitor drugs in US
Exhibit 33: Factor Xa inhibitor drugs market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 34: Some direct thrombin inhibitor drugs approved in US
Exhibit 35: Direct thrombin inhibitors market segmentation by ROA 2015
Exhibit 36: Direct thrombin inhibitor drugs market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 37: Segmentation of global heparin market by product type 2015
Exhibit 38: Global heparin market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 39: Heparin market in US 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 40: Vitamin K antagonists market in US 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 41: Anticoagulants market in US by drug class 2015-2020
Exhibit 42: Anticoagulants market in US: YoY growth and revenue based on drug class 2015-2020
Exhibit 43: Expected growth of older population in US 2010-2050
Exhibit 44: Impact of drivers
Exhibit 45: Impact of drivers and challenges
Exhibit 46: Share of the major anticoagulant drugs in US 2013-2015 ($ billions)
Exhibit 47: Johnson & Johnson: YoY revenue and growth rate of Xarelto in US 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 48: Johnson & Johnson: Key takeaways
Exhibit 49: BMS: YoY revenue and growth rate of Eliquis in US 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 50: BMS: Key takeaways
Exhibit 51: Boehringer Ingelheim: YoY revenue and growth rate of Pradaxa (global) 2013-2015 ($ billions)
Exhibit 52: Boehringer Ingelheim: Key takeaways
Exhibit 53: Sanofi: YoY revenue and growth rate of Lovenox in US 2013-2015 ($ millions)
Exhibit 54: Geographical segmentation of Lovenox 2015
Exhibit 55: Sanofi: Key takeaways
Exhibit 56: Key takeaways

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アメリカの抗凝固剤市場2016-2020
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9372
【対象地域】米国
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬・医療
【キーワード】抗凝固剤、抗凝固薬、アメリカ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アメリカの抗凝固剤市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • (男性用化粧品)アフターシェーブ・香水の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • インタラクティブディスプレイの世界市場:パネルタイプ別(フラットパネル、フレキシブルパネル、透明パネル)、技術別(OLED、LED、LCD、およびQD)、画面サイズ別(35 “未満、35″〜60 “、および60″以上)、用途別( インタラクティブテーブル、インタラクティブモニター、インタラクティブキオスク、インタラクティブホワイトボード、ビデオウォール)、エンドユーザー別(ヘルスケア、小売、BFSI、軍事および防衛、輸送、教育、その他)
    当調査レポートでは、インタラクティブディスプレイの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、パネルタイプ別分析、技術別分析、画面サイズ別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・インタラクティブディスプレイの世界市場:パネルタイプ別(フラットパネル、フレキシブルパネル、透明パネル) ・インタラクティブディスプレイの世界市場:技術別(OLED、LED、LCD、およびQD) ・インタラクティブディスプレイの世界市場:画面サイズ別(35 "未満、35"〜60 "、および60"以上) ・インタラクティブディスプレイの世界市場:用途別( インタラクティブテーブル、インタラクティブモニター、インタラクティブキオスク、インタラクティブホワイトボード、ビデオウォール) ・インタラクティブディスプレイの世界市場:エンドユーザー別(ヘルスケア、小売、BFSI、軍事および防衛、輸送、教育、その他) ・インタラクティブディスプレイの世界市場: …
  • 肺内視鏡検査機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肺内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肺内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 車載電子機器向けコンフォーマルコーティングの世界市場2017-2021:アクリル系、シリコン系、ウレタン系、エポキシ系、パリレン系、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、車載電子機器向けコンフォーマルコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、車載電子機器向けコンフォーマルコーティングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は車載電子機器向けコンフォーマルコーティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChase Corporation、H.B. Fuller、Henkel、Illinois Tool Works、Shin-Etsu Chemical、The Dow Chemical Company等です。
  • 網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の概要 ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬の評価    …
  • プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、プロアントシアニジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来別(クランベリー、グレープシード、パインバーク)分析、用途別(医薬品・栄養補助食品、パーソナルケア・化粧品、機能性食品・飲料)分析、種類別(タイプA・タイプB)分析、プロアントシアニジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プロアントシアニジンの世界市場規模が2019年198百万ドルから2025年280百万ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 異常検知ソリューションの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、異常検知ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、技術別分析、導入形態別分析、産業別分析、異常検知ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 容量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容量管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、生産計画(PP)システム、供給チェーン管理(SCM))分析、エンドユーザー別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、政府・公共業務、医療、ホスピタリティー、情報テクノロジー、製造、小売、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 容量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 容量管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 容量管理の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 容量管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 容量管理の世界市場:用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、 …
  • 宝石及び宝飾品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宝石及び宝飾品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宝石及び宝飾品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)、用途別(建設、輸送、産業、発電)、地域別予測
    本資料は、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場について調べ、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界規模、市場動向、市場環境、電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)分析、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)分析、用途別(建設、輸送、産業、発電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場概要 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場環境 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場動向 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:タイプ別(気中、真空、油入り、SF6) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:用途別(建設、輸送、産業、発電) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:地域別市場 …
  • 予知保全の世界市場:コンポーネント別、展開タイプ別、技術別、利害関係者別、業種別
    当調査レポートでは、予知保全の世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、展開種類別(クラウドおよびオンプレミス)分析、技術別(振動モニタリング、電気試験、オイル分析、超音波リークディテクター、衝撃パルス、赤外線など)分析、利害関係者別(MRO、OEM / ODM、およびテクノロジーインテグレーター)分析、業種別(製造、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙および防衛、輸送および物流、政府、およびその他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・予知保全の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・予知保全の世界市場:展開種類別(クラウドおよびオンプレミス) ・予知保全の世界市場:技術別(振動モニタリング、電気試験、オイル分析、超音波リークディテクター、衝撃パルス、赤外線など) ・予知保全の世界市場:利害関係者別(MRO、OEM / ODM、およびテクノロジーインテグレーター) ・予知保全の世界市場:業種別(製造、エネルギーおよびユーティリティ …
  • 電気自動車充電スタンドの世界市場動向・予測(~2022)
    当調査レポートでは、電気自動車充電スタンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、充電スタンド種類別分析、コネクター種類別分析、設置場所別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工心臓弁の世界市場予測(~2022年):経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、機械式心臓弁
    当調査レポートでは、人工心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、人工心臓弁の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ターボ圧縮機の世界市場:ターボ遠心圧縮機、ターボ軸流圧縮機
    当調査レポートでは、ターボ圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、出力別分析、地域別分析、ターボ圧縮機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場について調査・分析し、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場動向、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別OTTデバイス及びOTTサービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 幼児栄養の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、幼児栄養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、幼児栄養の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は幼児栄養の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Mead Johnson• Danone• Nestlé• Glanbia等です。
  • 1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場分析:用途別(ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)、ポリウレタン、パーソナルケア・洗剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場について調査・分析し、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場動向、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別1,3プロパンジオール(PDO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 異文化トレーニングコースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、異文化トレーニングコースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、異文化トレーニングコースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 異文化トレーニングとは、人々が新しい文化を理解・順応できるように知識・スキルを向上させるサービスです。この20年間でグローバル化や技術進歩を背景に、教育・企業研修の分野では市場環境が大幅に変化しました。特に、PCなどの情報機器の進歩に合わせて、ゲーミフィケーションや各種アプリ、ソーシャルネットワークなど 新たな学習方法が登場し、従業員の学習機会が大きく広がっていますTechnavio社は異文化トレーニングコースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Babel Language and Cross Cultural Training• Global Integration• GROV …
  • 水産養殖の世界市場
    当調査レポートでは、水産養殖の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水産養殖の世界市場:環境別分析/市場規模 ・水産養殖の世界市場:用途別分析/市場規模 ・水産養殖の世界市場:製品別分析/市場規模 ・水産養殖の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水産養殖のアメリカ市場規模予測 ・水産養殖のヨーロッパ市場規模予測 ・水産養殖のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アメリカのオンライン賭博市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオンライン賭博市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオンライン賭博市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力開放装置の世界市場の規模および予測:タイプ別(ローテク機器[フォームベース、ゲルベース、繊維充填、液体充填、エア充填マットレス]、ハイテク機器[ダイナミックエアーセラピー、キネティックベッド])、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、圧力開放装置の世界市場について調査・分析し、圧力開放装置の世界市場動向、圧力開放装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力開放装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 冠血流予備量比(FFR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冠血流予備量比(FFR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冠血流予備量比(FFR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ローラーベアリングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ローラーベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ローラーベアリングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ローラーベアリングは転がり軸受の一つで、ボールベアリングに似ていますが、ボールではなく円筒ころを使用しています。ローラーベアリングは、ボールベアリングよりも高いラジアル荷重を受けることができます。Technavio社はローラーベアリングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• NSK• NTN Bearing• Schaeffler• SKF• Timken等です。
  • 加工肉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、加工肉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、加工肉市場規模、加工技術別(フレッシュ加工肉、生加工肉、事前調理肉、生発酵ソーセージ、ハンバーガー、フライドソーセージ、ケバブ、チキンナゲット)分析、タイプ別(家禽、牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉、その他)分析、製品別(乾燥肉、塩漬肉、未保存処理)分析、処理タイプ別(冷凍、チルド、缶詰・保存食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 加工肉の世界市場:市場動向分析 ・ 加工肉の世界市場:競争要因分析 ・ 加工肉の世界市場:加工技術別(フレッシュ加工肉、生加工肉、事前調理肉、生発酵ソーセージ、ハンバーガー、フライドソーセージ、ケバブ、チキンナゲット) ・ 加工肉の世界市場:タイプ別(家禽、牛肉、羊肉、豚肉、鶏肉、その他) ・ 加工肉の世界市場:製品別(乾燥肉、塩漬肉、未保存処理) ・ 加工肉の世界市場:処理タイプ別(冷凍、チルド、缶詰・保存食品) ・ 加工肉の世界市場:主要地域別分 …
  • ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場について調査・分析し、ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料別(PAN、レーヨン、ピッチ)分析、製品タイプ別(軟質フェルト、硬質フェルト)分析、タイプ別(カーボンフェルト、グラファイトフェルト)分析、用途別(炉、バッテリー、フィルター)分析、カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル衛星サービス(MSS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル衛星サービス(MSS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル衛星サービス(MSS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 外用鼻腔拡張テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、外用鼻腔拡張テープの世界市場について調査・分析し、外用鼻腔拡張テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別外用鼻腔拡張テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、外用鼻腔拡張テープ種類別分析(成人用、子供用)、外用鼻腔拡張テープ用途別分析(鼻詰まり、いびき、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・外用鼻腔拡張テープの市場概観 ・外用鼻腔拡張テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・外用鼻腔拡張テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・外用鼻腔拡張テープの世界市場規模 ・外用鼻腔拡張テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・外用鼻腔拡張テープのアメリカ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのカナダ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのメキシコ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・外用鼻腔拡張テープのドイツ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのイギリス市場規模推移 ・外用鼻腔拡張 …
  • 医療用フットインソールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用フットインソールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用フットインソール市場規模、製品別(ポリプロピレン製、革製、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用フットインソールの世界市場概要 ・医療用フットインソールの世界市場環境 ・医療用フットインソールの世界市場動向 ・医療用フットインソールの世界市場規模 ・医療用フットインソールの世界市場:業界構造分析 ・医療用フットインソールの世界市場:製品別(ポリプロピレン製、革製、その他) ・医療用フットインソールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用フットインソールのアメリカ市場規模・予測 ・医療用フットインソールのヨーロッパ市場規模・予測 ・医療用フットインソールのアジア市場規模・予測 ・医療用フットインソールの主要国分析 ・医療用フットインソールの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用フットインソールの世界市場:成長要因、課題 ・医 …
  • 農業用酵素の世界市場2017-2021:カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、農業用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用酵素の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は農業用酵素の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAgrinos、BASF、Bayer、Novozymes、Syngenta等です。
  • RTD乳児用ミルクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、RTD乳児用ミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTD乳児用ミルクの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • DNA法医学の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DNA法医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DNA法医学の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用硬化ライトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯科用硬化ライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯科用硬化ライト市場規模、製品種類別(LED、ハロゲン、プラズマアーク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯科用硬化ライトの世界市場概要 ・歯科用硬化ライトの世界市場環境 ・歯科用硬化ライトの世界市場動向 ・歯科用硬化ライトの世界市場規模 ・歯科用硬化ライトの世界市場:業界構造分析 ・歯科用硬化ライトの世界市場:製品種類別(LED、ハロゲン、プラズマアーク) ・歯科用硬化ライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯科用硬化ライトのアメリカ市場規模・予測 ・歯科用硬化ライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・歯科用硬化ライトのアジア市場規模・予測 ・歯科用硬化ライトの主要国分析 ・歯科用硬化ライトの世界市場:意思決定フレームワーク ・歯科用硬化ライトの世界市場:成長要因、課題 ・歯科用硬化ライトの世界市場:競争環境 ・歯科用硬化ライトの世界市場:関連企業情報 …
  • キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPI3K/AKT/mTOR経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤の概要 ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のPI3K/AKT/mTOR経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PI3K/AKT/mTOR経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車金融の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車金融の世界市場について調査・分析し、自動車金融の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車金融の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車金融の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車金融の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 避雷システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、避雷システムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 複合皮膜(コーティング)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、複合皮膜(コーティング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、複合皮膜(コーティング)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの股関節再建市場動向(~2021)
  • 毒素ショック(Toxic Shock):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における毒素ショック(Toxic Shock)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、毒素ショック(Toxic Shock)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・毒素ショック(Toxic Shock)の概要 ・毒素ショック(Toxic Shock)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の毒素ショック(Toxic Shock)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・毒素ショック(Toxic Shock)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 自動車トランスミッションの世界市場予測(~2021):種類別(オートマチック、マニュアル、AMT、DCT、CVT)、車種別(乗用車、LCV、HCV、電気自動車(EV))、前進ギア数別、燃料別、地域別
    当調査レポートでは、自動車トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、車種別分析、前進ギア数別分析、燃料別分析、自動車トランスミッションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療保険取引所(HIX)の世界市場:タイプ別(民間、公的)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、段階別(実装、QA、運用)、最終用途別(政府機関、TPA、健康保険)、地域別予測
    本資料は、医療保険取引所(HIX)の世界市場について調べ、医療保険取引所(HIX)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(民間、公的)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、段階別(実装、QA、運用)分析、最終用途別(政府機関、TPA、健康保険)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療保険取引所(HIX)の世界市場概要 ・医療保険取引所(HIX)の世界市場環境 ・医療保険取引所(HIX)の世界市場動向 ・医療保険取引所(HIX)の世界市場規模 ・医療保険取引所(HIX)の世界市場規模:タイプ別(民間、公的) ・医療保険取引所(HIX)の世界市場規模:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・医療保険取引所(HIX)の世界市場規模:段階別(実装、QA、運用) ・医療保険取引所(HIX)の世界市場規模:最終用途別(政府機関、TPA、健康保険) ・医療保険取引所(HIX)の世界市場:地域別市場規模・ …
  • イギリスの滅菌器市場見通し(~2021)
  • リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場について調査・分析し、リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場:セグメント別市場分析 ・リキッドバイオプシー(液体細胞診)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バジルエッセンシャルオイル(精油)市場規模、ソース別(豆乳、アーモンドミルク、ライスミルク)分析、相違別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場概要 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場環境 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場動向 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場規模 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場:業界構造分析 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場:ソース別(豆乳、アーモンドミルク、ライスミルク) ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場:相違別 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)の北米市場規模・予測 ・バジルエッセンシャルオイル(精油)のヨーロッパ・中東・ア …
  • 世界のクロロプレンゴム(CR)市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロロプレンゴム(CR)市場2016について調査・分析し、クロロプレンゴム(CR)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアロゲルブランケットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エアロゲルブランケットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアロゲルブランケット市場規模、エンドユーザー別(エネルギー、建設、航空宇宙・自動車・海洋、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアロゲルブランケットの世界市場概要 ・エアロゲルブランケットの世界市場環境 ・エアロゲルブランケットの世界市場動向 ・エアロゲルブランケットの世界市場規模 ・エアロゲルブランケットの世界市場:業界構造分析 ・エアロゲルブランケットの世界市場:エンドユーザー別(エネルギー、建設、航空宇宙・自動車・海洋、その他) ・エアロゲルブランケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアロゲルブランケットの北米市場規模・予測 ・エアロゲルブランケットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアロゲルブランケットのアジア太平洋市場規模・予測 ・エアロゲルブランケットの主要国分析 ・エアロゲルブランケットの世界市場:意思決定フ …
  • 超音波式ガス漏れ検知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波式ガス漏れ検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波式ガス漏れ検知器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 安全システムの一部であるガスディテクターは、範囲内のガス検出のために用いられます。超音波式ガスリークディテクターは、ガスディテクターの一種であり、漏れを探知するために音響技術を使用しています。超音波式ガスリークディテクターは、人間の耳には聞こえない25kHz~100kHzの範囲の超音波を検知することができます。Technavio社は超音波式ガス漏れ検知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bacharach• Detector Electronics• Spectris• SONOTEC• Emerson • MSA等です。
  • 世界の陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の概要 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:開発段階別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:セグメント別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:領域別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:規制Path別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の最近動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"