"航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8563)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Commercial Aircraft Drive Shaft Market
A drive shaft is a hollow tube made of steel that is used to connect multiple components within a drive train. The propeller shaft is strong and light and has one or more yoke welded on the end. This mechanical part of the engine is used for transmitting torque and rotation and connecting components that are placed far away either because of distance or the need to allow for relative movement between them.
Technavio’s analysts forecast the Global Commercial Aircraft Drive Shaft Market to grow at a CAGR of 4.08% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Commercial Aircraft Drive Shaft Market for 2016-2020.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Commercial Aircraft Drive Shaft Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• GKN Aerospace
• Karman
• Northstar Aerospace
• Pankl Racing Systems
• UTC Aerospace Systems

[Other prominent vendors]
• Hubert+Suhner
• Lawrie Technology
• SS White Aerospace
• Umbra Group

[Market driver]
• Growing demand for 3D printing
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Design complexity of composite drive shaft
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Implementation of composites
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Global aerospace and defense supply chain system

PART 07: Global aerospace and defense value chain system

PART 08: Market segmentation by aircraft type
• Global commercial aircraft drive shaft market by aircraft type
• Global commercial narrow-body aircraft drive shaft market
• Global commercial wide-body aircraft drive shaft market
• Global commercial regional jets aircraft drive shaft market

PART 09: Geographical segmentation
• Global commercial aircraft drive shaft market by geography
• Commercial aircraft drive shaft market in Americas
• Commercial aircraft drive shaft market in EMEA
• Commercial aircraft drive shaft market in APAC

PART 10: Key leading regions

PART 11: Market drivers

PART 12: Impact of drivers

PART 13: Market challenges

PART 14: Impact of drivers and challenges

PART 15: Market trends

PART 16: Vendor landscape
• Competitive scenario

PART 17: Key vendor analysis
• GKN Aerospace
• Kaman
• Northstar Aerospace
• Pankl Racing Systems (Pankl)
• UTC Aerospace Systems
• Key vendors’ recent development
• Other prominent vendors

PART 18: Appendix
• List of abbreviation

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Applications of drive shaft
Exhibit 03: Global commercial aircraft drive shaft market: Overview
Exhibit 04: Global commercial aircraft drive shaft market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 05: Five forces analysis
Exhibit 06: Global aerospace and defense supply chain system
Exhibit 07: Global aerospace and defense value chain system
Exhibit 08: Global commercial aircraft drive shaft market by aircraft type
Exhibit 09: Global commercial aircraft drive shaft market by aircraft type 2015
Exhibit 10: Global commercial aircraft drive shaft market by aircraft type 2020
Exhibit 11: Global commercial aircraft drive shaft market by aircraft type 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 12: Global commercial narrow-body aircraft drive shaft market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Global commercial wide-body aircraft drive shaft market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 14: Global commercial regional jets aircraft drive shaft market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Global commercial aircraft drive shaft market by geography 2015
Exhibit 16: Global commercial aircraft drive shaft market by geography 2020
Exhibit 17: Global commercial aircraft drive shaft market by geography 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 18: Commercial aircraft drive shaft market in Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 19: Commercial aircraft drive shaft market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Aircraft engines in 2014
Exhibit 21: Commercial aircraft drive shaft market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 22: Key leading regions
Exhibit 23: Performance enhancement benefits delivered by AM
Exhibit 24: Applications of AM
Exhibit 25: Impact of drivers
Exhibit 26: Impact of drivers and challenges
Exhibit 27: Global commercial aircraft drive shaft market: List of vendors
Exhibit 28: GKN Aerospace: Business areas
Exhibit 29: Kaman: Key capabilities
Exhibit 30: Kaman: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 31: Kaman: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 32: Kaman: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 33: Northstar Aerospace: Key capabilities
Exhibit 34: Pankl: Business segmentation 2014
Exhibit 35: Pankl: Business segmentation by revenue 2013 and 2014 ($ millions)
Exhibit 36: Pankl: Geographical segmentation by revenue 2014
Exhibit 37: UTC Aerospace Systems: Key capabilities

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8563
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】ドライブシャフト、駆動軸、航空機、リージョナルジェット
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、コグニティブコラボレーションの世界市場規模が2019年983百万ドルから2024年1160百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コグニティブコラボレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(IT&テレコム、エネルギー&ユーティリティ、銀行、金融サービス、保険、教育、ヘルスケア、小売、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・コグニティブコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コグニティブコラボレーションの世界市場:応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援) ・ …
  • 神経修復及び再生の世界市場:製品別(生体材料、神経刺激及び神経調節装置)、手術分野別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経修復及び再生の世界市場について調査・分析し、神経修復及び再生の世界市場動向、神経修復及び再生の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経修復及び再生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロセスオイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、プロセスオイルの世界市場について調査・分析し、プロセスオイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プロセスオイルの世界市場:市場動向分析 - プロセスオイルの世界市場:競争要因分析 - プロセスオイルの世界市場:用途別 ・パーソナルケア ・プラスチック ・ゴム・タイヤ ・テキスタイル ・ポリマー ・接着剤・シーラント ・塗装・塗料 ・医薬 ・その他 - プロセスオイルの世界市場:種類別 ・精製石油 ・脂肪酸誘導体 ・解膠剤 ・液状ポリマー ・ワックス - プロセスオイルの世界市場:材料別 ・パラフィンオイル ・ナフテンオイル ・アロマオイル ・非発がん性オイル - プロセスオイルの世界市場:主要地域別分析 - プロセスオイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - プロセスオイルのヨーロッパ市場規模 - プロセスオイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・プロセスオイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 中国のカード及び決済市場
  • バナナパウダーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、バナナパウダーの世界市場規模が2017年5244.7億ドルから2026年7590億ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、バナナパウダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バナナパウダー市場規模、由来別(従来型、オーガニック)分析、プロセス別(ドラム乾燥、凍結乾燥、スプレードライ、サンドライ、トレイ乾燥)分析、用途別(ベーカリー&スナック、飲料、お菓子、化粧品、フィリング&ドレッシング)分析、流通チャンネル別(コンビニ、直販、E小売業者、間接販売、近代的取引)分析、エンドユーザー別(飼料、食品、他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バナナパウダーの世界市場:市場動向分析 ・ バナナパウダーの世界市場:競争要因分析 ・ バナナパウダーの世界市場:由来別(従来型、オーガニック) ・ バナナパウダーの世界市場:プロセス別(ドラム乾燥、凍結乾燥、スプレードラ …
  • ポリプロピレンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ポリプロピレンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリプロピレン市場規模、種類別(共重合体、単独重合体、その他)分析、用途別(ブロー成形、繊維・ヤシ繊維、射出成形、フィルム・シート、その他)分析、製品別(ワイヤー、チューブ、パイプ・接続金具、フィルム・シート、瓶・容器、その他)分析、生産技術(Innovene社、Montedison社、Novolene社、Spheripol社、Unipol社)分析、エンドユーザー別(建物・建設、包装、医療、電気製品・電化製品、自動車、消費者製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリプロピレンの世界市場:市場動向分析 ・ ポリプロピレンの世界市場:競争要因分析 ・ ポリプロピレンの世界市場:種類別(共重合体、単独重合体、その他) ・ ポリプロピレンの世界市場:用途別(ブロー成形、繊維・ヤシ繊維、射出成形、フィルム・シート、その他) ・ ポリプロピレンの世界市場:製品別 …
  • システム・ベーシス・チップ(SBC)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、システム・ベーシス・チップ(SBC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、車両種類別分析、用途別分析、地域別分析、システム・ベーシス・チップ(SBC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ムアリングシステム(係留装置)の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ムアリングシステム(係留装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ムアリングシステム(係留装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はムアリングシステム(係留装置)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Balltec、Delmar Systems、MODEC、Offspring International、SBM Offshore等です。
  • 屋上緑化の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋上緑化の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋上緑化市場規模、用途別分析、製品別(大規模型、集約型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋上緑化の世界市場概要 ・屋上緑化の世界市場環境 ・屋上緑化の世界市場動向 ・屋上緑化の世界市場規模 ・屋上緑化の世界市場:業界構造分析 ・屋上緑化の世界市場:用途別 ・屋上緑化の世界市場:製品別(大規模型、集約型) ・屋上緑化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋上緑化の北米市場規模・予測 ・屋上緑化のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屋上緑化のアジア太平洋市場規模・予測 ・屋上緑化の主要国分析 ・屋上緑化の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋上緑化の世界市場:成長要因、課題 ・屋上緑化の世界市場:競争環境 ・屋上緑化の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 教育部門における人工知能の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育部門における人工知能の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育部門における人工知能市場規模、モデル別(学習者モデル、教育モデル、ドメインモデル)分析、最終用途別(高等教育分野、K-12分野)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育部門における人工知能の世界市場概要 ・教育部門における人工知能の世界市場環境 ・教育部門における人工知能の世界市場動向 ・教育部門における人工知能の世界市場規模 ・教育部門における人工知能の世界市場:業界構造分析 ・教育部門における人工知能の世界市場:モデル別(学習者モデル、教育モデル、ドメインモデル) ・教育部門における人工知能の世界市場:最終用途別(高等教育分野、K-12分野) ・教育部門における人工知能の世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育部門における人工知能のアメリカ市場規模・予測 ・教育部門における人工知能のヨーロッパ市場規模・予測 ・教育部門における人工知能のア …
  • アジア太平洋の再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • 世界のジオクチルアジペート(DOA)市場2015
    本調査レポートでは、世界のジオクチルアジペート(DOA)市場2015について調査・分析し、ジオクチルアジペート(DOA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエチアピンフマル酸塩市場2015について調査・分析し、クエチアピンフマル酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロパティマネジメントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロパティマネジメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、ソリューション別(リース会計・不動産管理、資産維持管理、予約管理)分析、サービス別分析、導入別分析、プロパティマネジメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 着床前遺伝検査(PGT)の世界市場の規模および予測:タイプ別(染色体異常、X連鎖疾患、凍結胚テスト、異数性スクリーニング、ヒト白血球抗原[HLA]タイピング、性別選択)、用途別(胚HLAタイピング幹細胞療法、IVF予後、遅発性遺伝病、遺伝病、スクリーンプロバンド、凍結胚)、セグメント予測
    本調査レポートでは、着床前遺伝検査(PGT)の世界市場について調査・分析し、着床前遺伝検査(PGT)の世界市場動向、着床前遺伝検査(PGT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別着床前遺伝検査(PGT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のたら肝油市場2015
    本調査レポートでは、世界のたら肝油市場2015について調査・分析し、たら肝油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トップ10先端材料・技術の世界市場予測(~2021年):G.Fastチップセット、量子ドット、フレキシブルバッテリー、グラフェン、3D IC、2.5D ICパッケージング、有機エレクトロニクス、スマートガラス
  • バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場
    当調査レポートでは、バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場について調査・分析し、バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオシミラー及びバイオ後続品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • デジタル定量吸入器の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタル定量吸入器の世界市場について調べ、デジタル定量吸入器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタル定量吸入器の市場規模をセグメンテーション別(製品別(定量及びソフトミスト吸入器、乾燥粉末吸入器)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はデジタル定量吸入器の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタル定量吸入器の市場状況 ・デジタル定量吸入器の市場規模 ・デジタル定量吸入器の市場予測 ・デジタル定量吸入器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(定量及びソフトミスト吸入器、乾燥粉末吸入器) ・デジタル定量吸入器の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界及び米国の野球バット市場2017-2022
  • 自動車用静圧式ファンドライブの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用静圧式ファンドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成品別分析、ポンプ種類別分析、車両種類(バス、建設機械、農業トラクター)別分析、地域別分析、自動車用静圧式ファンドライブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:市場動向分析 - 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場:競争要因分析 - 次世代シーケンシングの世界市場:プラットフォーム別 ・シーケンシングサービス ・シーケンシングプラットフォーム - 次世代シーケンシングの世界市場:技術別 ・ライゲーションシーケンシング(SBL) ・1分子リアルタイムシーケンシング(SMRT) ・1塩基合成(SBS) ・パイロシーケンス法 ・イオン半導体シーケンシング ・その他 - 次世代シーケンシングの世界市場:エンドユーザー別 ・病院・診療所 ・バイオ技術・製薬会社 ・研究機関 ・その他 - 次世代シーケンシングの世界市場:用途別 ・個別化医療 ・新薬発見 ・診断 ・農業・動物実験 ・出生前診断 ・バイオマーカー探索 ・HLA型判定 ・感染症 ・遺伝子スクリーニング ・腫瘍 ・特発 …
  • 中国の就学前・子供ケア市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の就学前・子供ケア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の就学前・子供ケア市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD38抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD38抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD38抗体の概要 ・Anti-CD38抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD38抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD38抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD38抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ガスタービンの世界市場予測(~2022年): 開放サイクル、コンバインドサイクル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、容量別分析、種類別分析、用途別分析、ガスタービンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BPOビジネスアナリティクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BPOビジネスアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BPOビジネスアナリティクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トラクター用テレマティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トラクター用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トラクター用テレマティクス市場規模、装備別(組み込みテレマティクス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トラクター用テレマティクスの世界市場概要 ・トラクター用テレマティクスの世界市場環境 ・トラクター用テレマティクスの世界市場動向 ・トラクター用テレマティクスの世界市場規模 ・トラクター用テレマティクスの世界市場:業界構造分析 ・トラクター用テレマティクスの世界市場:装備別(組み込みテレマティクス、その他) ・トラクター用テレマティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トラクター用テレマティクスの北米市場規模・予測 ・トラクター用テレマティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トラクター用テレマティクスのアジア太平洋市場規模・予測 ・トラクター用テレマティクスの主要国分析 ・トラクター用テレマティクスの世界市場:意思決定フ …
  • 世界の生体弁(心臓弁)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、生体弁(心臓弁)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・生体弁(心臓弁)の概要 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:開発段階別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:セグメント別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:領域別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:規制Path別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別生体弁(心臓弁)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・生体弁(心臓弁)の最近動向
  • 実験室用滅菌器の世界市場:加熱滅菌、低温滅菌、電離放射線滅菌、濾過滅菌
    当調査レポートでは、実験室用滅菌器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用滅菌器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 垂直農法の世界市場予測(~2022):栽培方法別(水耕栽培、空中栽培、アクアポニックス)、構造別、提供方法別、作物種類別、地域別
    当調査レポートでは、垂直農法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、栽培方法別分析、構造別分析、提供方法別分析、作物種類別分析、垂直農法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HMC(ハイブリッドメモリーキューブ)及びHBM(広帯域メモリー)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、HMC(ハイブリッドメモリーキューブ)及びHBM(広帯域メモリー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、容量別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルピッキングシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタルピッキングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルピッキングシステム市場規模、用途別(自動車、小売・Eコマース、3PL、食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタルピッキングシステムの世界市場概要 ・デジタルピッキングシステムの世界市場環境 ・デジタルピッキングシステムの世界市場動向 ・デジタルピッキングシステムの世界市場規模 ・デジタルピッキングシステムの世界市場:業界構造分析 ・デジタルピッキングシステムの世界市場:用途別(自動車、小売・Eコマース、3PL、食品・飲料、その他) ・デジタルピッキングシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルピッキングシステムの北米市場規模・予測 ・デジタルピッキングシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デジタルピッキングシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・デジタルピッキングシステムの主要国分析 ・デジ …
  • リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リチウムイオン電池(LIB)セパレータ市場規模、用途別(自動車、自動車以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場概要 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場環境 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場動向 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場規模 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場:業界構造分析 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場:用途別(自動車、自動車以外) ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの北米市場規模・予測 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リチウムイオン電池(LIB)セパレータの …
  • 摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)の概要 ・摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・摂食(食 …
  • 容器・包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容器・包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容器・包装市場規模、製品別(軟質ホイル、軟質紙、軟質プラスチック、ガラス、金属、板紙、硬質プラスチック、その他)分析、用途別(飲料包装、食品包装、医療製品包装、工業包装、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容器・包装の世界市場:市場動向分析 ・ 容器・包装の世界市場:競争要因分析 ・ 容器・包装の世界市場:製品別(軟質ホイル、軟質紙、軟質プラスチック、ガラス、金属、板紙、硬質プラスチック、その他) ・ 容器・包装の世界市場:用途別(飲料包装、食品包装、医療製品包装、工業包装、その他) ・ 容器・包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 容器・包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 容器・包装のヨーロッパ市場規模 ・ 容器・包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・容器・包装の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 電気絶縁コーティングの世界市場分析:製品別(液体、粉体)、原材料別(エポキシ、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、セラミック)、セグメント予測
    本調査レポートでは、電気絶縁コーティングの世界市場について調査・分析し、電気絶縁コーティングの世界市場動向、電気絶縁コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気絶縁コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 後天性(自己免疫性)溶血性貧血:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、後天性(自己免疫性)溶血性貧血治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血のフェーズ3治験薬の状況 ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血治療薬の市場規模(販売予測) ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の後天性(自己免疫性)溶血性貧血治療薬剤
  • 低圧断路器の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、低圧断路器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、マウント別分析、電圧別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場分析:薬の種類別(生物製剤、バイオシミラー)、製品別(エポエチン – アルファ、エポエチン – ベータ、ダルベポエチン – アルファ、その他)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場について調査・分析し、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場動向、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別エリスロポエチン(EPO)薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオインプラントの世界市場2017-2021:心血管、整形外科、歯科、眼科、神経刺激用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオインプラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオインプラントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオインプラントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、DePuy Synthes、Medtronic、Stryker、Zimmer Biomet等です。
  • 世界のモーションコントローラー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーションコントローラー市場2015について調査・分析し、モーションコントローラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代生物学的製剤の世界市場2016-2020:再生医療、次世代抗体、次世代インスリン製品、次世代組み換え凝固因子
    当調査レポートでは、次世代生物学的製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代生物学的製剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • EOR年報2016:増進回収法(EOR)完全ガイドブック
    当調査レポートでは、増進回収法(EOR)市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 原油増進回収市場の概要 3. 原油増進回収の世界市場2016-2026 4. 熱攻法増進回収の2次市場2016-2026 5. ガス攻法増進回収の2次市場2016-2026 6. ケミカル攻法増進回収の2次市場2016-2026 7. 原油増進回収市場のPEST分析 8. 専門家の意見 9. 原油増進回収市場における主要企業 10. 結論および提言 11. 用語集
  • フォトニック集積回路(IC)の世界市場分析:コンポーネント別(レーザー、MUX / DEMUX、光増幅器、変調器、減衰器、および検出器)、集積別(モノリシック、ハイブリッド、およびモジュール)、原材料別(インジウム・リン、シリコン・オン・シリコン、シリコン、ガリウムヒ素その他)、用途別(光通信、センシング、バイオフォトニクス、光信号処理)、セグメント予測
    本調査レポートでは、フォトニック集積回路(IC)の世界市場について調査・分析し、フォトニック集積回路(IC)の世界市場動向、フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別フォトニック集積回路(IC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・フォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のフォンウィルブランド病(Von Willebrand Disease)治療薬剤
  • 組織診断・細胞診断の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、組織診断・細胞診断の世界市場について調査・分析し、組織診断・細胞診断の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 組織診断・細胞診断の世界市場:市場動向分析 - 組織診断・細胞診断の世界市場:競争要因分析 - 組織診断・細胞診断の世界市場:診断種類別 ・組織診断 ・細胞診断 - 組織診断・細胞診断の世界市場:検査種類別 ・フローサイトメトリー ・顕微鏡検査 ・分子遺伝学的検査 - 組織診断・細胞診断の世界市場:主要地域別分析 - 組織診断・細胞診断の北米市場規模(アメリカ市場等) - 組織診断・細胞診断のヨーロッパ市場規模 - 組織診断・細胞診断のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・組織診断・細胞診断の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のポリアミド66市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド66市場2015について調査・分析し、ポリアミド66の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 気象予報システム及びソリューションの世界市場:予測範囲別(短期、中期、長期)、コンポーネント別、最終用途別(企業、防衛・軍事)、セグメント予測
    本調査レポートでは、気象予報システム及びソリューションの世界市場について調査・分析し、気象予報システム及びソリューションの世界市場動向、気象予報システム及びソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別気象予報システム及びソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 下肢潰瘍(Leg Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下肢潰瘍(Leg Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下肢潰瘍(Leg Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・下肢潰瘍(Leg Ulcers)の概要 ・下肢潰瘍(Leg Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の下肢潰瘍(Leg Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・下肢潰瘍(Leg Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・下肢潰瘍(Le …
  • ニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストの概要 ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロピリン1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロピリン1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"