"軍用機アクチュエータの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8599)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"軍用機アクチュエータの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Military Aircraft Actuation Systems Market
Actuation systems form an integral part of military aircraft, controlling a broad range of applications. Almost every movable part has an actuator, which performs various functions such as extension and retraction of landing gears, monitoring and controlling velocity, and controlling engine speed by adjusting levers and flaps. These systems are operated by different sources of energy such as electricity, hydraulic fluid pressure, or pneumatic pressure, which convert energy into motion. Actuators are safety-critical systems, particularly when individuals could be catastrophically affected by failures within the aircraft.

Technavio’s analysts forecast the Global Military Aircraft Actuation Systems Market to grow at a CAGR of 2.92% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Military Aircraft Actuation Systems Market for 2016-2020.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Military Aircraft Actuation Systems Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Honeywell International
• Moog
• Parker Aerospace
• Rockwell Collins
• United Technologies (UTC)

[Other prominent vendors]
• Curtiss Wright
• Eaton
• GE Aviation
• Saab
• Woodward

[Market driver]
• Increase in number of aircraft
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Rapid changes in technology
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Shift toward electric actuators
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"軍用機アクチュエータの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Global aerospace and defense supply chain system

PART 07: Global aerospace and defense value chain system

PART 08: Market segmentation by system
• Market share by system
• Market segmentation by system
• Global military hydraulic actuators market
• Global military electric actuators market
• Global military pneumatic actuators market

PART 09: Geographical segmentation
• Market share by geography
• Geographical segmentation by revenue
• Military aircraft actuation systems market in the Americas
• Military aircraft actuation systems market in APAC
• Military aircraft actuation systems market in EMEA

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• List of vendors in the global military aircraft actuation systems market
• Honeywell International
• Moog
• Parker Aerospace
• Rockwell Collins
• United Technologies (UTC)
• Recent developments of the key vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Applications of actuators
Exhibit 03: Segmentation of global military aircraft actuation systems market
Exhibit 04: Global military aircraft actuation systems ($ billions)
Exhibit 05: Five forces analysis
Exhibit 06: Global aerospace and defense supply chain system
Exhibit 07: Global aerospace and defense value chain system
Exhibit 08: Market share by system in 2015
Exhibit 09: Market share by system in 2020
Exhibit 10: Market segmentation by system ($ millions)
Exhibit 11: Global military hydraulic actuators market ($ millions)
Exhibit 12: Orders and deliveries of aircraft using hydraulic actuators in 2015
Exhibit 13: Global military electric actuators market ($ millions)
Exhibit 14: Orders and deliveries of Boeing MEA in 2015
Exhibit 15: Global military pneumatic actuators market ($ millions)
Exhibit 16: Market share by geography in 2015
Exhibit 17: Market share by geography in 2020
Exhibit 18: Geographical segmentation by revenue
Exhibit 19: Military aircraft actuation systems market in the Americas ($ millions)
Exhibit 20: Military aircraft actuation systems market in APAC ($ millions)
Exhibit 21: Military aircraft actuation systems market in EMEA ($ millions)
Exhibit 22: Highest defense budgets for European countries in 2014
Exhibit 23: Advantages of actuation systems
Exhibit 24: Military aircraft in operation by country 2014
Exhibit 25: Fighter aircraft fleet by models in 2014
Exhibit 26: Combat helicopter fleet by models in 2014
Exhibit 27: Impact of increasing R&D investments
Exhibit 28: Impact of drivers
Exhibit 29: Effects of defense budget cuts
Exhibit 30: Impact of rapid technological modifications
Exhibit 31: Differences between traditional aircraft and MEA
Exhibit 32: Impact of drivers and challenges
Exhibit 33: Advantages of autopilot landing system
Exhibit 34: Auto-GCAS: How it works
Exhibit 35: Advantages of electric actuation systems
Exhibit 36: Comparison between traditional and modern aircraft manufacturing
Exhibit 37: Major and other prominent vendors of the market
Exhibit 38: Honeywell International: Business segmentation by revenue in 2015 (%)
Exhibit 39: Honeywell International: Business segmentation by revenue in 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 40: Honeywell International: Geographical segmentation by revenue in 2015 (%)
Exhibit 41: Moog: Business segmentation by revenue in 2015 (%)
Exhibit 42: Moog: Business segmentation by revenue in 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 43: Moog: Geographical segmentation by revenue in 2015
Exhibit 44: Parker Aerospace: Key actuation components
Exhibit 45: Rockwell Collins: Business segmentation revenue in 2015 (%)
Exhibit 46: Rockwell Collins: Business segmentation by revenue in 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 47: Rockwell Collins: Geographical segmentation by revenue in 2015 (%)
Exhibit 48: UTC: Business segmentation by revenue in 2015 (%)
Exhibit 49: UTC: Business segmentation by revenue in 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 50: UTC: Geographical segmentation by revenue in 2015 (%)
Exhibit 51: UTC Aerospace Systems: Key capabilities

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】軍用機アクチュエータの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月10日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8599
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空
【キーワード】アクチュエータ、軍用航空機、油圧アクチュエータ、電動アクチュエータ、空圧アクチュエータ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
軍用機アクチュエータの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のデルタ・アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デルタ・アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の食品用でん粉誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品用でん粉誘導体市場2015について調査・分析し、食品用でん粉誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シンガポールのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場について調べ、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(非遺伝子組み換え穀物及びシリアル、非遺伝子組み換えリキュール、非遺伝子組み換え肉及び家禽、非GMOベーカリー製品、非遺伝子組み換え食用油、他の非遺伝子組み換え食品)、流通チャンネル別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場状況 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場規模 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場予測 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非遺伝子組み換え穀物及びシリ …
  • 自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用排ガス熱回収(EGHR)システム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場概要 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場環境 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場動向 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場規模 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)シ …
  • 電子機器受託製造および設計サービスの世界市場:サービス別、エンドユーズ別(IT・通信、ヘルスケア、自動車)、地域別
    本調査レポートでは、電子機器受託製造および設計サービスの世界市場について調査・分析し、電子機器受託製造および設計サービスの世界市場動向、電子機器受託製造および設計サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子機器受託製造および設計サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イスラエルの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 自動車用コンビネーションスイッチの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用コンビネーションスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用コンビネーションスイッチの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用コンビネーションスイッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.1%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Delphi、HELLA、Valeo、Bosch、Toyodenso等です。
  • 世界のマルチメディアチップセット市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチメディアチップセット市場2015について調査・分析し、マルチメディアチップセットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンパッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・グリーンパッケージングの世界市場:パッケージ種類別分析/市場規模 ・グリーンパッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・グリーンパッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・グリーンパッケージングのアメリカ市場規模予測 ・グリーンパッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・グリーンパッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のモノクロル酢酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のモノクロル酢酸市場2016について調査・分析し、モノクロル酢酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 表面実装技術(SMT)装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、表面実装技術(SMT)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、表面実装技術(SMT)装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は表面実装技術(SMT)装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、FUJI MACHINE、JUKI、Mycronic、Nordson、Panasonic等です。
  • スマート輸送の世界市場
    当調査レポートでは、スマート輸送の世界市場について調査・分析し、スマート輸送の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 羊膜の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、羊膜の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(凍結保存羊膜、脱水羊膜)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・羊膜の世界市場:種類別(凍結保存羊膜、脱水羊膜) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のマイクロプレートウォッシャー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロプレートウォッシャー市場2015について調査・分析し、マイクロプレートウォッシャーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農薬市場規模、用途別(作物、畜産、林業、非作物)分析、タイプ別(農薬、アジュバント、肥料、植物成長調整剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農薬の世界市場:市場動向分析 ・ 農薬の世界市場:競争要因分析 ・ 農薬の世界市場:用途別(作物、畜産、林業、非作物) ・ 農薬の世界市場:タイプ別(農薬、アジュバント、肥料、植物成長調整剤) ・ 農薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 農薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農薬のヨーロッパ市場規模 ・ 農薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 月経カップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、月経カップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、月経カップの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の超音波スケーラー市場2015
    本調査レポートでは、中国の超音波スケーラー市場2015について調査・分析し、超音波スケーラーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラートラッカーの世界市場分析:技術別(太陽光発電(PV)、集中太陽光発電(CSP)、集中型太陽光発電(CPV))、製品別(単軸、二軸)、用途別(公益事業、公益事業以外)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ソーラートラッカーの世界市場について調査・分析し、ソーラートラッカーの世界市場動向、ソーラートラッカーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ソーラートラッカー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車用バルブ・カバー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用バルブ・カバー市場2016について調査・分析し、自動車用バルブ・カバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動式船舶の世界市場予測(~2030年)
    MarketsandMarkets社は、電動式船舶の世界市場規模が2019年52億ドルから2030年156億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電動式船舶の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,種類別(完全電動、ハイブリッド)分析、システム別(エネルギー貯蔵システム、電力変換、発電、配電)分析、動作モード別(有人、遠隔操作、自律)分析、船舶種類別(商用、防衛)分析、電気別(
  • 世界の酸素測定用プローブ市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸素測定用プローブ市場2015について調査・分析し、酸素測定用プローブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧弁用ステムシールの世界市場2017-2021:ポジティブシール、アンブレラシール
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高圧弁用ステムシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧弁用ステムシールの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧弁用ステムシールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDuPont、Flexitallic、Garlock、SKF、Velan等です。
  • 自動車用ヘッドガスケットの世界市場2017-2021:乗用車、商用車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ヘッドガスケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ヘッドガスケットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ヘッドガスケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Blue Diamond Technologies、BRUSS、Dana、Datwyler、ElringKlinger等です。
  • 自動車用3Dマップシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用3Dマップシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用3Dマップシステム市場規模、システム別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア)分析、ナビゲーション別(ハンドヘルドナビゲーション、インダッシュナビゲーション)分析、流通経路別(アフターマーケット、OEM)分析、車両別(商用車、乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用3Dマップシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用3Dマップシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用3Dマップシステムの世界市場:システム別(ソフトウェア・サービス、ハードウェア) ・ 自動車用3Dマップシステムの世界市場:ナビゲーション別(ハンドヘルドナビゲーション、インダッシュナビゲーション) ・ 自動車用3Dマップシステムの世界市場:流通経路別(アフターマーケット、OEM) ・ 自動車用3Dマップシステムの世界市場:車両別(商用車、乗用車) ・ 自動車 …
  • UV硬化樹脂の世界市場:アクリル化エポキシ、アクリル化ポリエステル、アクリル化ウレタン、アクリル化シリコーン
    当調査レポートでは、UV硬化樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(アクリル化エポキシ、アクリル化ポリエステル、アクリル化ウレタン、アクリル化シリコーン、その他)分析、用途別(コーティング、包装、印刷、接着剤およびシーラント、およびその他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・UV硬化樹脂の世界市場:樹脂種類別(アクリル化エポキシ、アクリル化ポリエステル、アクリル化ウレタン、アクリル化シリコーン、その他) ・UV硬化樹脂の世界市場:用途別(コーティング、包装、印刷、接着剤およびシーラント、およびその他) ・UV硬化樹脂の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 乳製品加工装置の世界市場:殺菌装置、ホモジナイザー、分離器、エバポレーター&ドライヤー、メンブレン濾過装置
    当調査レポートでは、乳製品加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの心臓血管手術装置市場見通し
  • APT攻撃対策のアジア太平洋市場
  • 世界の自動車用リレー市場:種類別(PCB、プラグイン、高電圧、保護、信号、時間)、アンペア別(5A-15A、16A-35A、> 35A)、用途別、車種別、EVリレー種類別(メイン、プリチャージ、クイックチャージ、ノーマル、HV)、48Vリレー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、自動車用リレーの世界市場規模が2019年142億ドルから2027年218億ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。本書は、世界の自動車用リレー市場について調査・分析し、市場概要、リレー種類別(プリント基板リレー(PCB)、プラグインリレー、高電圧リレー、保護リレー、信号リレー、タイムリレー)分析、用途別(ドアロック、パワーウィンドウ、サンルーフ、パワーシート、エレクトロニックパワーステアリング(EPS)、照明、燃料噴射、エアコン、スターター、アンチブレーキシステム(ABS)、トラクションコントロールシステム、冷却ファン、エンジン管理モジュール)分析、アンペア別(5a–15aリレー、16a–35aリレー、> 35aリレー)分析、車両別(乗用車、小型商用車(LCV))分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・推薦事項 ・市場概要 ・世界の自動車用リレー市場:リレー種類別(プリント基板リレー(PCB)、プラグインリレー、高電圧リレー、保護リ …
  • ビール及びシードルのアメリカ市場規模・シェア・動向分析
  • 亜鉛メッキ鋼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、亜鉛メッキ鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、亜鉛メッキ鋼の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場予測(~2024年)
    3Dプリンティングの世界市場は、2018年の99億米ドルから2024年には348億米ドルに達し、この期間中23.25%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、カスタマイズ製品の開発の容易さ、製造コストとプロセスの中断時間の削減、3Dプリントプロジェクトへの政府の投資、および新しい工業用3Dプリント材料の開発が考えられます。一方で、利用が限られていることや材料の高コスト、製品サイズの制限、そして標準的なプロセス制御が欠落していることにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供(プリンター、材料、ソフトウェア、サービス)分析、プロセス(結合噴射、指向性エネルギー堆積、材料押し出し、材料押出、パウダーベッドフュージョン)分析、用途分析、業種分析、3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ITロボット自動化のアジア市場
    本調査レポートでは、ITロボット自動化のアジア市場について調査・分析し、ITロボット自動化のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 切替スイッチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、切替スイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、切替スイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カウンタートップ式グリドルの世界市場
    当調査レポートでは、カウンタートップ式グリドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カウンタートップ式グリドルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン(PU)人造皮革のインド市場規模・シェア・動向分析
  • 反射材料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、反射材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、反射材料市場規模、用途別(コーティング剤、生地、シート、塗料・インク、その他)分析、最終用途別(建設、自動車、繊維、電子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・反射材料の世界市場概要 ・反射材料の世界市場環境 ・反射材料の世界市場動向 ・反射材料の世界市場規模 ・反射材料の世界市場:業界構造分析 ・反射材料の世界市場:用途別(コーティング剤、生地、シート、塗料・インク、その他) ・反射材料の世界市場:最終用途別(建設、自動車、繊維、電子) ・反射材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・反射材料のアメリカ市場規模・予測 ・反射材料のヨーロッパ市場規模・予測 ・反射材料のアジア市場規模・予測 ・反射材料の主要国分析 ・反射材料の世界市場:意思決定フレームワーク ・反射材料の世界市場:成長要因、課題 ・反射材料の世界市場:競争環境 ・反射材料の世界市場:関連企業情報( …
  • 世界の燃料/石油染料およびマーカ市場
  • クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートコミュニティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートコミュニティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコミュニティの世界市場規模及び予測、ITソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 口腔がん治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、口腔がん治療法の世界市場について調べ、口腔がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、口腔がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は口腔がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・口腔がん治療法の市場状況 ・口腔がん治療法の市場規模 ・口腔がん治療法の市場予測 ・口腔がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・口腔がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 二相ステンレス鋼の世界市場予測(~2021年):管、ポンプ&バルブ、支持具&フランジ、溶接ワイヤ
    当調査レポートでは、二相ステンレス鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、製品形状別分析、需要先別分析、地域別分析、二相ステンレス鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドDVRの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドDVRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドDVRの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 北米の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • グルカゴン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルカゴン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルカゴン受容体アゴニストの概要 ・グルカゴン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルカゴン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルカゴン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルカゴン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ワイヤレス充電器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワイヤレス充電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイヤレス充電器の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 世界及び日本のエレクトリック・ギター市場2017-2022
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"