"電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9459)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Powerline Carrier Market
PLC is a communication networking technology that uses existing powerlines for transmitting data to both low-speed and high-speed networks. This is achieved by superposing a modulated high-frequency carrier signal onto a powerline, which is then decoupled and demodulated at the receiving end. Therefore, PLC technology enables the controlling and monitoring of all devices that are connected to the powerline.

Technavio’s analysts forecast the global powerline carrier market to grow at a CAGR of 9.13% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global powerline carrier market for 2016-2020. To calculate the market size, Technavio considers the revenue generated from the sales of powerline carrier semiconductor components and systems such as PLC adapters, couplers, data concentrators, integrated circuits (ICs), modems, motherboards, smart meters, and system-on-chip (SoC) in the following application segments:
• Smart grid
• Indoor networking
• Lighting
• M2M
• Others

The report does not include the following aspect of the market:
• Revenue generated from the sales of PLC software products

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Powerline Carrier Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors] in the broadband PLC Market
• Amtel
• Lantiq Semiconductor
• Marvell Technology
• Maxim Integrated
• Sigma Designs

[Key vendors] in the narrowband PLC Market
• Cypress Semiconductor
• Echelon
• Lumenpulse
• Maxim Integrated
• Semitech Semiconductor
• STMicroelectronics
• Texas Instruments
• Yitran Technologies

[Market driver]
• Development of PLC standards
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Lack of a universally acceptable standard
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Rise in adoption of advanced metering infrastructure (AMI)
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Base year
• Market coverage
• Market size calculation
• Geographical segmentation
• Vendor segmentation
• Common currency conversion rates

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Advantages of PLC technology
• Disadvantages of PLC technology

PART 05: Summary of key figures

PART 06: Technology landscape
• PLC system

PART 07: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast

PART 08: Impact of macroeconomic factors on market
• Currency exchange rate
• Inflation
• Interest rate
• Five forces analysis

PART 09: Market segmentation by application
• Smart grid
• Indoor networking
• Lighting
• M2M
• Others

PART 10: Market segmentation by technology

PART 11: Geographical segmentation
• EMEA
• Americas
• APAC

PART 12: Market drivers
• Increased diversity in IoT standards
• Development of PLC standards
• Adoption of PLC in lighting applications
• Rise in power prices

PART 13: Impact of drivers

PART 14: Market challenges
• Increase in adoption of wireless communication technologies
• Lack of a universally acceptable standard
• Rise in implementation of optical fiber cable for communication
• Limitations of PLC technology
• Signal degradation by interference

PART 15: Impact of drivers and challenges

PART 16: Market trends
• Rise in adoption of AMI
• Implementation of PLC in smart grid applications
• Smart cities and smart homes to drive adoption of PLC

PART 17: Vendor landscape
• Competitive scenario

PART 18: Appendix
• List of abbreviations

PART 19: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Key vendors
Exhibit 02: Currency conversion rates
Exhibit 03: Comparison of modulation schemes
Exhibit 04: Comparison of broadband and narrowband PLC systems
Exhibit 05: Advantages of PLC
Exhibit 06: Disadvantages of PLC
Exhibit 07: Applications requirements of technologies for internet access
Exhibit 08: Summary of key figures
Exhibit 09: PLC system
Exhibit 10: Overview of global powerline carrier market
Exhibit 11: Global powerline carrier market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Comparison of various wireless communication technologies
Exhibit 13: Exchange rates of various currencies in USD 2011-2015
Exhibit 14: CPI 2011-2014
Exhibit 15: Impact of interest rates on investment projects
Exhibit 16: Five forces analysis
Exhibit 17: Global powerline carrier market by applications
Exhibit 18: Global powerline carrier market by technology
Exhibit 19: Global powerline carrier market by geography 2015-2020
Exhibit 20: Global powerline carrier market by geography 2015-2020 ($ billion)
Exhibit 21: Powerline carrier market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 22: Powerline carrier market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 23: Powerline carrier market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: Specifications of PLC standards
Exhibit 25: Electricity tariffs in selected countries 2015 (KW/hr)
Exhibit 26: Impact of drivers
Exhibit 27: Impact of drivers and challenges
Exhibit 28: Number of connected households 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 29: Connected households penetration 2015-2020 (%)
Exhibit 30: Key countries for smart city investments
Exhibit 31: Competitive scenario

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9459
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業装置
【キーワード】電力線搬送、スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信、スマートメータ、半導体部品、装置、PLCアダプター、カプラー、データ集線装置、集積回路(IC)、モデム
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電力線搬送の世界市場:スマートグリッド、屋内ネットワーク、照明、M2M通信についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 金属コーティングの世界市場:塗装コイル、溶融亜鉛めっき、アルミニウム押出
    当調査レポートでは、金属コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡検査機器の世界市場動向・予測(~2021):内視鏡(フレキシブル内視鏡、硬性内視鏡、カプセル内視鏡)、可視化装置、その他装置、付属品
    当調査レポートでは、内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星トランスポンダの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、衛星トランスポンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、帯域幅別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学療法誘発性好中球減少症治療薬市場規模、処置別(G-CSF療法、顆粒球輸血、抗生物質治療、脾臓摘出術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場概要 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場環境 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場動向 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場規模 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場:処置別(G-CSF療法、顆粒球輸血、抗生物質治療、脾臓摘出術) ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬のアジア市場規 …
  • 産業用ボイラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、燃料(天然ガス、バイオマス、石油、石炭)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、産業用ボイラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別
    MarketsandMarkets社は、スターター培養の世界市場規模が2019年964百万ドルから2025年1314百万ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スターター培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、微生物別(細菌、酵母、カビ)分析、用途別(乳製品および乳製品、肉およびシーフード)分析、組成別(複数系統混合、単一系統、複数系統)分析、フォーム別分析、スターター培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • P2X7受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるP2X7受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・P2X7受容体アンタゴニストの概要 ・P2X7受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のP2X7受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・P2X7受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・P2X7受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 転化糖の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、転化糖の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、転化糖市場規模、用途別(甘味料、粘着防止剤、防腐剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・転化糖の世界市場概要 ・転化糖の世界市場環境 ・転化糖の世界市場動向 ・転化糖の世界市場規模 ・転化糖の世界市場:業界構造分析 ・転化糖の世界市場:用途別(甘味料、粘着防止剤、防腐剤) ・転化糖の世界市場:地域別市場規模・分析 ・転化糖のアメリカ市場規模・予測 ・転化糖のヨーロッパ市場規模・予測 ・転化糖のアジア市場規模・予測 ・転化糖の主要国分析 ・転化糖の世界市場:意思決定フレームワーク ・転化糖の世界市場:成長要因、課題 ・転化糖の世界市場:競争環境 ・転化糖の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界及び日本の化粧コンクリート市場2017-2022
  • 世界の洗浄液市場2015
    本調査レポートでは、世界の洗浄液市場2015について調査・分析し、洗浄液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低出力レーザ切断機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、低出力レーザ切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低出力レーザ切断機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は低出力レーザ切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Coherent• Full Spectrum Laser• Han’s Laser Technology Industry Group• IPG Photonics等です。
  • ねじ切り盤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ねじ切り盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ねじ切り盤の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 土壌水分量センサーの世界市場:タイプ別(容量測定、土壌水分ポテンシャル測定)、用途別(農業、家庭用、造園、スポーツ施設用芝生、天気予報、林業、研究調査、建設・鉱業)、地域別予測
    本資料は、土壌水分量センサーの世界市場について調べ、土壌水分量センサーの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(容量測定、土壌水分ポテンシャル測定)分析、用途別(農業、家庭用、造園、スポーツ施設用芝生、天気予報、林業、研究調査、建設・鉱業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・土壌水分量センサーの世界市場概要 ・土壌水分量センサーの世界市場環境 ・土壌水分量センサーの世界市場動向 ・土壌水分量センサーの世界市場規模 ・土壌水分量センサーの世界市場規模:タイプ別(容量測定、土壌水分ポテンシャル測定) ・土壌水分量センサーの世界市場規模:用途別(農業、家庭用、造園、スポーツ施設用芝生、天気予報、林業、研究調査、建設・鉱業) ・土壌水分量センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・土壌水分量センサーの北米市場規模・予測 ・土壌水分量センサーのアメリカ市場規模・予測 ・土壌水分量センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・土壌水分量センサーのアジア市場規模 …
  • 医療機器レンタルの世界市場:最終用途別(個人、機関、病院)、製品別(保管・輸送、耐久、手術)、セグメント予測
    医療機器レンタルの世界市場は2025年には640億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者や障害者人口の増加や在宅医療機器の需要増加が考えられます。本調査レポートでは、医療機器レンタルの世界市場について調査・分析し、医療機器レンタルの世界市場動向、医療機器レンタルの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器レンタル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • がん化学療法による悪心・嘔吐(CINV)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、がん化学療法による悪心・嘔吐(CINV)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、がん化学療法による悪心・嘔吐(CINV)治療薬の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロイヤリティ管理の世界市場予測(~2021):ソリューション種類別(顧客ロイヤリティ、人材定着、チャネルロイヤリティ)、導入種類別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ロイヤリティ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション種類別分析、導入種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、ロイヤリティ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のmGlu2アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mGlu2アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Anti-CD22抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD22抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD22抗体の概要 ・Anti-CD22抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD22抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD22抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD22抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 導電性塗料の世界市場予測:エポキシ塗料、ポリエステル塗料、アクリル塗料、ポリウレタン塗料
    当調査レポートでは、導電性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、導電性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防衛ロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、防衛ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防衛ロジスティクス市場規模、ソリューション別(軍事インフラ、軍事物流サービス、軍事FMS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防衛ロジスティクスの世界市場概要 ・防衛ロジスティクスの世界市場環境 ・防衛ロジスティクスの世界市場動向 ・防衛ロジスティクスの世界市場規模 ・防衛ロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・防衛ロジスティクスの世界市場:ソリューション別(軍事インフラ、軍事物流サービス、軍事FMS) ・防衛ロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防衛ロジスティクスのアメリカ市場規模・予測 ・防衛ロジスティクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・防衛ロジスティクスのアジア市場規模・予測 ・防衛ロジスティクスの主要国分析 ・防衛ロジスティクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・防衛ロジスティクスの世界市場:成長要因、課題 ・防衛ロジスティクス …
  • 局所ドラッグデリバリ(局所薬物送達)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、局所ドラッグデリバリ(局所薬物送達)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、局所ドラッグデリバリ(局所薬物送達)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、医療用電源(パワーサプライ)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:イントロダクション ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:市場概観 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:主要地域別市場分析 ・医療用電源(パワーサプライ)の世界市場:関連企業分析
  • 溶射コーティングの世界市場:用途別(航空宇宙、医療)、類型別(金属、セラミックス、金属間化合物)、技術別(プラズマ溶射、冷却溶射、プレーム溶射)
    本調査レポートでは、溶射コーティングの世界市場について調査・分析し、溶射コーティングの世界市場動向、溶射コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別溶射コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用アクチュエーターの世界市場予測:車両別、用途別、高速道路車両別、作動別
    MarketsandMarkets社は、自動車用アクチュエーターの世界市場規模が2019年228億ドルから2027年395億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両別分析、用途別分析、高速道路車両別分析、作動別分析、自動車用アクチュエーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 粒子径分析装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、粒子径分析装置の世界市場について調査・分析し、粒子径分析装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別粒子径分析装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、粒子径分析装置種類別分析()、粒子径分析装置用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・粒子径分析装置の市場概観 ・粒子径分析装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・粒子径分析装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・粒子径分析装置の世界市場規模 ・粒子径分析装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・粒子径分析装置のアメリカ市場規模推移 ・粒子径分析装置のカナダ市場規模推移 ・粒子径分析装置のメキシコ市場規模推移 ・粒子径分析装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・粒子径分析装置のドイツ市場規模推移 ・粒子径分析装置のイギリス市場規模推移 ・粒子径分析装置のロシア市場規模推移 ・粒子径分析装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 損害保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、損害保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、損害保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートピル市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートピル市場2015について調査・分析し、スマートピルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の建設用化学添加物市場:可塑剤、高流動化剤、空気連行剤、防水材、均染剤、シーラント
  • 掘削廃棄物処理規制の世界市場予測
  • X線検出器の世界市場:フラットパネル検出器、CR検出器、CCD検出器、ラインスキャン検出器
    当調査レポートでは、X線検出器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、パネルサイズ別分析、用途別分析、地域別分析、X線検出器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの股関節再建市場動向(~2021)
  • DLPプロジェクターの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、DLPプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、光源別分析、輝度別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アクティブ防護システムの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、アクティブ防護システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、エンドユーザー別分析、システム別分析、地域別分析、アクティブ防護システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、AIガバナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション(プラットフォーム及びソフトウェアツール)およびサービス)分析、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、政府および防衛、通信、小売、および自動車)分析、AIガバナンスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、AIガバナンスの世界市場規模が2019年51百万ドルから2025年316百万ドルまで年平均44.3%成長すると予測しています。
  • シングルユースバイオリアクターの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シングルユースバイオリアクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、分子タイプ別分析、細胞タイプ別分析、用途別分析、シングルユースバイオリアクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用軽量材料の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動車用軽量材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(金属、複合材、プラスチック、エラストマー)分析、用途・コンポーネント別(フレーム、エンジン、排気、トランスミッション、クロージャー、インテリア)分析、車両タイプ別(ICE、電気およびハイブリッド)分析、自動車用軽量材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用軽量材料の世界市場規模が2019年891億ドルから2027年1577億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 軍事用レーダーシステムの世界市場展望2016-2026
  • スマート水道メーターの世界市場:AMR(自動メータ読取り)、AMI(高度メータリング・インフラストラクチャ)
    当調査レポートでは、スマート水道メーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の概要 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-18(IL-18)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医療用メンブレンの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用メンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料(PTFE、PVDF、PP、PSU、PESU)別分析、加工技術(UF、MF、NF)別分析、用途別分析、地域別分析、医療用メンブレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 一次性進行型多発性硬化症(PPMS):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における一次性進行型多発性硬化症(PPMS)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、一次性進行型多発性硬化症(PPMS)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・一次性進行型多発性硬化症(PPMS)の概要 ・一次性進行型多発性硬化症(PPMS)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の一次性進行型多発性硬化症(PPMS)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・一次性進行型多発性硬化症(PPMS)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 防汚塗料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、防汚塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防汚塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オフショアクレーン (海上クレーン)の世界市場
    当調査レポートでは、オフショアクレーン (海上クレーン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、種類別分析、吊り上げ荷重別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 4WDトランスファケース用アクチュエータの世界市場
  • 医薬品受託製造の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、医薬品受託製造の世界市場について調査・分析し、医薬品受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ポリデキストロースの世界市場分析:製品別(粉末、液体)、用途別(栄養食品、製パン・製菓、飲料、培養乳製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリデキストロースの世界市場について調査・分析し、ポリデキストロースの世界市場動向、ポリデキストロースの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリデキストロース市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 固体電池の世界市場:薄膜電池、ポータブル電池
    当調査レポートでは、固体電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、容量別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場:3D膀胱スキャナー、2D膀胱スキャナー
    当調査レポートでは、ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブラダースキャナー(残尿測定装置)市場規模、種類別(3D膀胱スキャナー、2D膀胱スキャナー)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場概要 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場環境 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場動向 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場規模 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場:業界構造分析 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場:種類別(3D膀胱スキャナー、2D膀胱スキャナー) ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場:エンドユーザー別(病院、クリニック、その他) ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ブラダースキャナー(残尿測定装置)の北 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"