"空気式ネブライザーの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9289)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"空気式ネブライザーの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Pneumatic Nebulizers Market
Nebulizers are drug delivery devices that use oxygen, compressed air, or ultrasonic energy to convert drug suspensions or solutions into aerosols or mist. Drugs in the form of aerosols or mist are easier for the user to inhale and the lungs to absorb. This drug delivery method helps administer different drugs, such as bronchodilators, antibiotics, antifungals, corticosteroids, and anti-inflammatory medications, for treating various respiratory disorders such as COPD, asthma, cystic fibrosis, and bronchitis. Nebulizers are often used for drug delivery to clear breathing passages, reduce inflammation in the airways caused by pollutants or infection, reduce mucous membrane swelling, treat upper respiratory infections, and mobilize and thin out secretions for easy removal. These devices are useful to treat children and adults who cannot manage their treatment with inhalers.

Technavio’s analysts forecast the global pneumatic nebulizers market to grow at a CAGR of 6.36% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global pneumatic nebulizers market for 2016-2020. To calculate the market size, we consider revenue generated from the sales of vented and breath-actuated pneumatic nebulizers.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Pneumatic Nebulizers Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Philips Healthcare
• Omron Healthcare
• PARI Medical
• BD

[Other prominent vendors]
• Agilent Technology
• Airssential
• Allied Healthcare Products
• Briggs Healthcare
• CareFusion
• Clement Clarke International
• DeVilbiss Healthcare
• Heyer Medical
• Fexicare
• GF Health Products
• Medline Surgica
• MRK Healthcare
• Nidhi Surgical
• Salter Labs
• TaiDoc

[Market driver]
• Advances in technology
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Drug wastage
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emergence of disposable pneumatic nebulizers
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"空気式ネブライザーの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Nebulizers: An overview

PART 06: Asthma and COPD: An overview
• Asthma
• COPD
• Pulmonary drug delivery technology

PART 07: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 08: Market segmentation by product
• Global vented pneumatic nebulizers market
• Global breath-actuated pneumatic nebulizers market

PART 09: Geographical segmentation
• Pneumatic nebulizers market in Americas
• Pneumatic nebulizers market in EMEA
• Pneumatic nebulizers market in APAC

PART 10: Market drivers
• Incidence of respiratory disorders
• Use of home healthcare devices
• Advances in technology
• Favorable reimbursement scenario

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges
• Threat of alternative products
• Adverse effects of pneumatic nebulizers
• Regulatory complications
• Drug wastage

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends
• Online marketing strategies
• Rising use of portable pneumatic nebulizers
• Emergence of disposable pneumatic nebulizers

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Market share analysis 2015

PART 16: Major vendors
• Philips Healthcare
• Omron Healthcare
• PARI Medical
• BD
• Drive DeVilbiss Healthcare
• Heyer Medical
• Other prominent vendors

PART 17: Appendix
• List of abbreviations

PART 18: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Types of nebulizers and accessories
Exhibit 03: Advantages and disadvantages of different types of nebulizers
Exhibit 04: Different types of disease and associated drugs used in pneumatic nebulizers
Exhibit 05: Global pneumatic nebulizers market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Global pneumatic nebulizers market segmentation by product 2015
Exhibit 08: Global pneumatic nebulizers market segmentation by product 2020
Exhibit 09: Global vented pneumatic nebulizers market 2015-2020
Exhibit 10: Global breath-actuated pneumatic nebulizers market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 11: Global pneumatic nebulizers market segmentation by product 2015-2020
Exhibit 12: Global pneumatic nebulizers market segmentation by product 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Global pneumatic nebulizers market by geography 2015
Exhibit 14: Global pneumatic nebulizers market by geography 2020
Exhibit 15: Global pneumatic nebulizers market by geography 2015-2020
Exhibit 16: Global pneumatic nebulizers market by geography 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 17: Pneumatic nebulizers market in Americas ($ millions)
Exhibit 18: Pneumatic nebulizers market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 19: Pneumatic nebulizers market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Impact of drivers
Exhibit 21: Impact of drivers and challenges
Exhibit 22: Ranking of vendors 2015
Exhibit 23: Product portfolio of major vendors
Exhibit 24: Philips Healthcare: Key takeaways
Exhibit 25: Omron Healthcare: Key takeaways
Exhibit 26: PARI Medical: Product offerings
Exhibit 27: PARI Medical: Key takeaways
Exhibit 28: BD: Key takeaways
Exhibit 29: Drive DeVilbiss Healthcare: Key takeaways
Exhibit 30: Heyer Medical: Key takeaways
Exhibit 31: Other prominent vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】空気式ネブライザーの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9289
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【キーワード】空気式ネブライザー、吸入器、薬剤、医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
空気式ネブライザーの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 北米の貯水装置市場予測(~2020)
  • 世界のウィンドライダー市場2016
    本調査レポートでは、世界のウィンドライダー市場2016について調査・分析し、ウィンドライダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジオテキスタイル市場規模・予測2017-2025:材料の種類別(合成、天然)、商品タイプ別(不織、織布、ニット)、用途別(道路建設・舗装修繕、浸食制御、排水・廃棄物処理、鉄道、農業)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のジオテキスタイル市場について調査・分析し、世界のジオテキスタイル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のジオテキスタイル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 農業および環境診断の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業および環境診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業および環境診断市場規模、製品別(環境残留物、食品微生物、抗生物質、病原体、食物残渣)分析、技術別(残留農薬、微生物、マイコトキシン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業および環境診断の世界市場:市場動向分析 ・ 農業および環境診断の世界市場:競争要因分析 ・ 農業および環境診断の世界市場:製品別(環境残留物、食品微生物、抗生物質、病原体、食物残渣) ・ 農業および環境診断の世界市場:技術別(残留農薬、微生物、マイコトキシン) ・ 農業および環境診断の世界市場:主要地域別分析 ・ 農業および環境診断の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農業および環境診断のヨーロッパ市場規模 ・ 農業および環境診断のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農業および環境診断の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 病院内感染検査の世界市場
    当調査レポートでは、病院内感染検査の世界市場について調査・分析し、病院内感染検査の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • シェールガス処理装置の世界市場:コンポーネント別(内燃機関、圧縮機・ポンプ、電動機械、熱交換器、測定・制御装置、その他)、地域別予測
    本資料は、シェールガス処理装置の世界市場について調べ、シェールガス処理装置の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(内燃機関、圧縮機・ポンプ、電動機械、熱交換器、測定・制御装置、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・シェールガス処理装置の世界市場概要 ・シェールガス処理装置の世界市場環境 ・シェールガス処理装置の世界市場動向 ・シェールガス処理装置の世界市場規模 ・シェールガス処理装置の世界市場規模:コンポーネント別(内燃機関、圧縮機・ポンプ、電動機械、熱交換器、測定・制御装置、その他) ・シェールガス処理装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・シェールガス処理装置の北米市場規模・予測 ・シェールガス処理装置のアメリカ市場規模・予測 ・シェールガス処理装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・シェールガス処理装置のアジア市場規模・予測 ・シェールガス処理装置の日本市場規模・予測 ・シェールガス処理装置の中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 可変周波数駆動(VFD)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、可変周波数駆動(VFD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、可変周波数駆動(VFD)市場規模、種類別(低電圧ドライブ、中電圧ドライブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、上下水処理、石油・ガス、発電、鉱業・金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場概要 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場環境 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場動向 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場規模 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:業界構造分析 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:種類別(低電圧ドライブ、中電圧ドライブ) ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:エンドユーザー別(食品・飲料、上下水処理、石油・ガス、発電、鉱業・金属、その他) ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・可変周波数駆動(VFD)の北米市場規模・予測 ・可変周波数駆動(VFD)のヨーロッ …
  • タンポンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、タンポンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンポンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液凝固因子活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血液凝固因子活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血液凝固因子活性因子の概要 ・血液凝固因子活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中の血液凝固因子活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血液凝固因子活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血液凝固因子活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ケーブルトレイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルトレイの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザ診断の世界市場分析:タイプ別(急性インフルエンザ診断試験[RIDT]、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応[RT-PCR]、細胞培養、その他 – 免疫蛍光、血清学)、エンドユーザー別(病院、研究所、POCT)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インフルエンザ診断の世界市場について調査・分析し、インフルエンザ診断の世界市場動向、インフルエンザ診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別インフルエンザ診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軌道形状測定システムの世界市場予測:ゲージ、ねじれ、カント量&カント不足量、鉛直プロファイル、曲率、アライメント、動的水準、ディップジョイント
    当調査レポートでは、軌道形状測定システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、測定種類別分析、オペレーション種類別分析、鉄道種類別分析、構成要素別分析、軌道形状測定システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • シンガポールの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 航空機用コネクタの世界市場予測(~2022):PCB、高電圧コネクタ、高速コネクタ、RFコネクタ、光コネクタ
    当調査レポートでは、航空機用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、形状別分析、地域別分析、航空機用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 世界の油井介入市場2019
    本調査レポートでは、世界の油井介入市場2019について調査・分析し、油井介入の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、油井介入のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、油井介入メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・油井介入の市場概要 ・油井介入の上流・下流市場分析 ・油井介入のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・油井介入のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・油井介入のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・油井介入のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・油井介入の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・油井介入の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・油井介入の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・油井介入の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・油井介入のヨー …
  • グリーン包装のアジア太平洋市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリーン包装のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン包装のアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリーン包装のアジア太平洋市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Amcor、Berry、DS Smith、Sealed Air、Tetra Pack等です。
  • 新ディスプレイ技術の世界市場2017-2021:OLED、ディジタル・ホログラフィ、VRD、True 3D
    当調査レポートでは、新ディスプレイ技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新ディスプレイ技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鋳鋼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鋳鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鋳鋼の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ13阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 凝集剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、凝集剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凝集剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、原発性硬化性胆管炎治療薬市場規模、製品別(UDCA、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allergan, Glenmark, Impax Laboratories, Mylan, Teva Pharmaceuticalsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場概要 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場環境 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場動向 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場規模 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場:製品別(UDCA、その他) ・原発性硬化性胆管炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・原発性硬化性胆管炎治療薬の北米市場規模・予測 ・原発性硬化性胆管炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・原発性硬化性胆管炎治療薬のアジア太 …
  • 女性衛生製品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、女性衛生製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性衛生製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 顕微鏡の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は顕微鏡の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bruker、JEOL、Thermo Fisher Scientific、ZEISS等です。
  • 皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の概要 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚T細胞リンパ腫 …
  • 敗血症(Sepsis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における敗血症(Sepsis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、敗血症(Sepsis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・敗血症(Sepsis)の概要 ・敗血症(Sepsis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の敗血症(Sepsis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・敗血症(Sepsis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・敗血症(Sepsis)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デング熱(Dengue):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるデング熱(Dengue)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、デング熱(Dengue)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・デング熱(Dengue)の概要 ・デング熱(Dengue)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のデング熱(Dengue)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デング熱(Dengue)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デング熱(Dengue)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 無人地上センサ(UGS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、無人地上センサ(UGS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無人地上センサ(UGS)市場規模、技術別(音響・地震、赤外線、磁気)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場概要 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場環境 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場動向 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場規模 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場:業界構造分析 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場:技術別(音響・地震、赤外線、磁気) ・無人地上センサ(UGS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無人地上センサ(UGS)の北米市場規模・予測 ・無人地上センサ(UGS)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・無人地上センサ(UGS)のアジア太平洋市場規模・予測 ・無人地上センサ(UGS)の主要国分析 ・無人地上センサ(UGS)の世界市場:意思決定フレームワーク ・無人地上センサ(UGS) …
  • 極低温燃料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、極低温燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、極低温燃料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの体外診断(IVD)市場:免疫測定法、臨床化学、分子診断、微生物
  • マーケティング自動化ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マーケティング自動化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マーケティング自動化ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブレーキパッド市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキパッド市場2016について調査・分析し、ブレーキパッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:主要企業および新規参入企業分析
  • がん用バイオマーカーの世界市場予測(~2022年):タンパク質バイオマーカー、遺伝子バイオマーカー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、がん用バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、がんタイプ別分析、技術別分析、用途別分析、がん用バイオマーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の子宮内避妊具市場2015
    本調査レポートでは、世界の子宮内避妊具市場2015について調査・分析し、子宮内避妊具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品膜ろ過の世界市場予測(~2021):製品別(MCE、加工酢酸セルロース、ナイロン、PVDF膜)、技術別(精密ろ過、超ろ過、ナノろ過)、用途別(最終製品、原材料)
    当調査レポートでは、医薬品膜ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、医薬品膜ろ過の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チップ抵抗器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、チップ抵抗器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、チップ抵抗器市場規模、技術別(厚膜、薄膜)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・チップ抵抗器の世界市場概要 ・チップ抵抗器の世界市場環境 ・チップ抵抗器の世界市場動向 ・チップ抵抗器の世界市場規模 ・チップ抵抗器の世界市場:業界構造分析 ・チップ抵抗器の世界市場:技術別(厚膜、薄膜) ・チップ抵抗器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・チップ抵抗器のアメリカ市場規模・予測 ・チップ抵抗器のヨーロッパ市場規模・予測 ・チップ抵抗器のアジア市場規模・予測 ・チップ抵抗器の主要国分析 ・チップ抵抗器の世界市場:意思決定フレームワーク ・チップ抵抗器の世界市場:成長要因、課題 ・チップ抵抗器の世界市場:競争環境 ・チップ抵抗器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ベビー用トイレタリーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー用トイレタリーの世界市場について調べ、ベビー用トイレタリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー用トイレタリーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベビー用トイレタリーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビー用トイレタリーの市場状況 ・ベビー用トイレタリーの市場規模 ・ベビー用トイレタリーの市場予測 ・ベビー用トイレタリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ベビー用トイレタリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業 …
  • POC診断の世界市場
    当調査レポートでは、POC診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・POC診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:製品別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・POC診断のアメリカ市場規模予測 ・POC診断のヨーロッパ市場規模予測 ・POC診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 保護包装の世界市場:材料別(発泡プラスチック、紙&板紙、プラスチック、その他)、種類別、機能別、用途別、地域別予測
    本資料は、保護包装の世界市場について調べ、保護包装の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(発泡プラスチック、紙&板紙、プラスチック、その他)分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・保護包装の世界市場概要 ・保護包装の世界市場環境 ・保護包装の世界市場動向 ・保護包装の世界市場規模 ・保護包装の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・保護包装の世界市場規模:材料別(発泡プラスチック、紙&板紙、プラスチック、その他) ・保護包装の世界市場規模:種類別 ・保護包装の世界市場規模:機能別 ・保護包装の世界市場規模:用途別 ・保護包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・保護包装の北米市場規模・予測 ・保護包装のアメリカ市場規模・予測 ・保護包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・保護包装のアジア市場規模・予測 ・保護包装の日本市場規模・予測 ・保護包装の中国市 …
  • 世界の太陽熱調理器市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽熱調理器市場2015について調査・分析し、太陽熱調理器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トリポリリン酸ナトリウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トリポリリン酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トリポリリン酸ナトリウム市場規模、最終用途別(洗剤・洗浄製品、飲食料品、水処理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場概要 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場環境 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場動向 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場規模 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:業界構造分析 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:最終用途別(洗剤・洗浄製品、飲食料品、水処理、その他) ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トリポリリン酸ナトリウムのアメリカ市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムのアジア市場規模・予測 ・トリポリリン酸ナトリウムの主要国分析 ・トリポリリン酸ナトリウムの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • アブレーション技術の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、アブレーション技術の世界市場について調査・分析し、アブレーション技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アブレーション技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アブレーション技術の世界市場:技術種類別市場分析 ・アブレーション技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 台湾の整形外科装置市場見通し
  • 風力発電用タワーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、風力発電用タワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電用タワーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用信号装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶用信号装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用信号装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特大貨物輸送の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、特大貨物輸送の世界市場について調査・分析し、特大貨物輸送の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特大貨物輸送の世界市場:市場動向分析 - 特大貨物輸送の世界市場:競争要因分析 - 特大貨物輸送の世界市場:用途別 建設 鉱石産業 石油化学産業 治水産業 その他の用途 - 特大貨物輸送の世界市場:種類別 空輸 鉄道輸送 陸路輸送 海上輸送 - 特大貨物輸送の世界市場:主要地域別分析 - 特大貨物輸送の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特大貨物輸送のヨーロッパ市場規模 - 特大貨物輸送のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特大貨物輸送の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"