"HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9456)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the HVAC Refrigerant Market
HVAC equipment encompasses all equipment used for heating, ventilation, and air conditioning purposes. Efforts undertaken by various countries to reduce greenhouse gases (GHG) in order to protect the environment are driving the market. Shipments are likely to be driven by the need to replace some of the existing conventional equipment that emits harmful gases such as chlorofluorocarbons (CFCs) and hydro chlorofluorocarbons (HCFCs). Additionally, the market is expected to grow worldwide due to the demand for energy saving and efficiency, along with the latest innovations in the field of home automation. However, commercial spaces such as hotels and retail centers deploy centralized HVAC systems and variables refrigerant flow (VRF) systems that incur high energy bills, which is expected to inhibit market growth to a certain extent.
Technavio’s analysts forecast the global HVAC refrigerant market to grow at a CAGR of 6.35% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global HVAC refrigerant market for 2016-2020. In order to arrive at the market size, we have considered the demand for refrigerants from various end-user segments in the global HVAC refrigerant market. The report considers the different types of refrigerants. The demand for HVAC refrigerants across all geographies is included in market size calculation.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• Europe
• MEA

Technavio’s report, Global HVAC Refrigerant Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Airgas Refrigerants
• Arkema
• Chemours
• Dongyue
• Honeywell
• The Linde Group

[Other prominent vendors]
• A Gas Americas
• Daikin Industries
• Climalife
• NavinFlourine International
• Shandong Yuean Chemicals
• Sinochem Group (China)
• SRF

[Market driver]
• Energy-efficient systems and construction sector driving demand for HVAC equipment
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Concerns over safe storage and transportation of refrigerants
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growing use of oil-free centrifugal compressors
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Product evolution
• Market overview
• Five forces analysis

PART 05: Market segmentation by product
• HVAC refrigerant market by fluorocarbons
• HVAC refrigerant market by inorganic type
• HVAC refrigerant market by hydrocarbons

PART 06: Geographical segmentation
• HVAC refrigerant market in APAC
• HVAC refrigerant market in the Americas
• HVAC refrigerant market in EMEA

PART 07: Market drivers
• Energy-efficient systems and construction sector driving demand for HVAC equipment
• Rise in demand from replacement and retrofitting activities
• Steady growth in automotive sector
• Surge in demand from data centers

PART 08: Impact of drivers

PART 09: Market challenges
• Concerns over safe storage and transportation of refrigerants
• Capital-intensive HVAC industry
• Stringent environmental laws on use of refrigerants

PART 10: Impact of drivers and challenges

PART 11: Market trends
• Use of VRF systems and integrated solutions
• Growing use of oil-free centrifugal compressors
• Increased adoption of inorganic refrigerants

PART 12: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Other prominent vendors

PART 13: Key vendor analysis
• Airgas Refrigerants
• Arkema
• Chemours
• Dongyue
• Honeywell
• The Linde Group

PART 14: Appendix
• List of abbreviations

PART 15: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Refrigerant types
Exhibit 02: Key countries in each region
Exhibit 03: Product offerings
Exhibit 04: Classification of refrigerants
Exhibit 05: Evolution of refrigerants from inception
Exhibit 06: Various treaties dealing with environmental concerns
Exhibit 07: Characteristics of ideal refrigerants
Exhibit 08: Global HVAC refrigerant market segmentation
Exhibit 09: Global HVAC refrigerant market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Five forces analysis
Exhibit 11: Global HVAC refrigerant market by types 2015 and 2020
Exhibit 12: Global market share of refrigerant types 2015-2020
Exhibit 13: Region-wise use of refrigerants in different applications 2015-2025
Exhibit 14: Global fluorocarbon refrigerant market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Commonly used refrigerants and their ODP
Exhibit 16: Commonly used refrigerants with their GWP
Exhibit 17: Global inorganic refrigerant market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Drivers and challenges in global inorganic refrigerant market
Exhibit 19: Global hydrocarbons refrigerant market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Pros and cons of hydrocarbons
Exhibit 21: HVAC refrigerant applications with their growth rates
Exhibit 22: Global refrigerant market by geography 2015-2020
Exhibit 23: Geographic segmentation of HVAC refrigerants 2015-2020
Exhibit 24: HVAC refrigerant market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: Average construction spending by country in APAC 2015
Exhibit 26: HVAC refrigerant market in the Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 27: HVAC equipment market in the Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 28: HVAC refrigerant market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 29: EU HFC phase-out schedule
Exhibit 30: Automotive production in China
Exhibit 31: Automotive production in the US
Exhibit 32: Global data center construction market 2014-2020 ($ billions)
Exhibit 33: Impact of drivers
Exhibit 34: US EPA technical certification types on refrigerant handling
Exhibit 35: Impact of drivers and challenges
Exhibit 36: Other prominent vendors
Exhibit 37: Airgas Refrigerants product portfolio
Exhibit 38: Sales breakdown by business unit
Exhibit 39: Arkema product portfolio
Exhibit 40: Arkema: Revenue/EBITDA by 2013 and 2014 ($ billions)
Exhibit 41: Chemours product portfolio
Exhibit 42: Dongyue product portfolio
Exhibit 43: Dongyue: Business segmentation by revenue 2014
Exhibit 44: Dongyue: Business segmentation by revenue 2013 and 2014 ($ millions)
Exhibit 45: Honeywell product portfolio
Exhibit 46: Linde product portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9456
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】HVAC(空調)、HVAC装置、冷媒、冷却剤、フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 蒸気回収ユニットの世界市場
    当調査レポートでは、蒸気回収ユニットの世界市場について調査・分析し、蒸気回収ユニットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 蒸気回収ユニットの世界市場:市場動向分析 - 蒸気回収ユニットの世界市場:競争要因分析 - 蒸気回収ユニットの世界市場:技術別 ・吸収 ・吸着 ・凝縮 ・膜分離 - 蒸気回収ユニットの世界市場:工程別 ・終了段階 ・開始段階 - 蒸気回収ユニットの世界市場:用途別 ・船舶への積込み ・パイプライン ・鉄道車両への積込み ・貯蔵タンクのベント ・トラックへの積込み ・その他 - 蒸気回収ユニットの世界市場:エンドユーザー別 ・醸造所および食品加工 ・埋立地 ・石油およびガス ・その他 - 蒸気回収ユニットの世界市場:主要地域別分析 - 蒸気回収ユニットの北米市場規模(アメリカ市場等) - 蒸気回収ユニットのヨーロッパ市場規模 - 蒸気回収ユニットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・蒸気回収ユニットの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 生体認証車両アクセスシステムの世界市場予測(~2021):認証種類別(指紋、声)、未来技術別(虹彩認識システム)、車種別、地域別
    当調査レポートでは、生体認証車両アクセスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、認証種類別分析、未来技術別分析、車種別分析、地域別分析、生体認証車両アクセスシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレシチンおよびリン脂質市場2015
    本調査レポートでは、世界のレシチンおよびリン脂質市場2015について調査・分析し、レシチンおよびリン脂質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル式乳房用X線診断装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のデジタル式乳房用X線診断装置市場2015について調査・分析し、デジタル式乳房用X線診断装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無水酢酸リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の無水酢酸リチウム市場2016について調査・分析し、無水酢酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のネイルリムーバー(除光液)市場2015
    本調査レポートでは、世界のネイルリムーバー(除光液)市場2015について調査・分析し、ネイルリムーバー(除光液)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッドパワーソリューションの世界市場2014-2025:システムタイプ別、定格別(10kWまで、11 kW~100kW、100kW以上)、最終用途別(住居用、業務用、通信用)
    本調査レポートでは、ハイブリッドパワーソリューションの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドパワーソリューションの世界市場動向、ハイブリッドパワーソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別ハイブリッドパワーソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空港用報知システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空港用報知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港用報知システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空港用報知システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、NEC、Rockwell Collins、RESA、Simpleway、SITA等です。
  • シリンジ(注射器)の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、シリンジ(注射器)の世界市場について調査・分析し、シリンジ(注射器)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・シリンジ(注射器)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・シリンジ(注射器)の世界市場:セグメント別市場分析 ・シリンジ(注射器)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スマートコーティングの世界市場:製品別(単層、多層)、用途別(自動車、航空、建設、軍事、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートコーティングの世界市場について調査・分析し、スマートコーティングの世界市場動向、スマートコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 使い捨てコップ・蓋の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨てコップ・蓋の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨てコップ・蓋市場規模、材料別(プラスチック、紙・繊維、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BAWOO PRINT & PAPER CUPS, F Bender, Dart Container, Georgia-Pacific, Huhtamakiなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨てコップ・蓋の世界市場概要 ・使い捨てコップ・蓋の世界市場環境 ・使い捨てコップ・蓋の世界市場動向 ・使い捨てコップ・蓋の世界市場規模 ・使い捨てコップ・蓋の世界市場:業界構造分析 ・使い捨てコップ・蓋の世界市場:材料別(プラスチック、紙・繊維、その他) ・使い捨てコップ・蓋の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨てコップ・蓋の北米市場規模・予測 ・使い捨てコップ・蓋のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・使い捨てコップ・蓋のアジア太平洋市場規模・予測 ・ …
  • スマート灌漑システムの世界市場2018-2022
    灌漑用ドローンの導入の増加により、スマート灌漑システムの需要が高まっています。スマート灌漑システムにおける最新の傾向の一つは、ハイパースペクトルセンサーや温度センサーを備えた灌漑用ドローンを導入する農家が増えてきており、乾燥して水が必要な土地を識別することができます。 ドローンを使用したスマート灌漑システムにより、農業工程をより効率化することができ、農家は常に土地の様子を監視することができます。 Technavioのアナリストは、世界のスマート灌漑システム市場が2022年までに約16%のCAGRで成長すると予測しています 主な分析対象企業は、Hunter Industries、HydroPoint Data Systems、NETAFIM、Rain Bird、The Toro Companyなどです。 当調査レポートでは、スマート灌漑システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート灌漑システム市場規模、技術別(土壌水分ベース制御装置、天候ベース制御装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成で …
  • ナースコールシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、ナースコールシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナースコールシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ナースコールシステム種類別分析()、ナースコールシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナースコールシステムの市場概観 ・ナースコールシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ナースコールシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ナースコールシステムの世界市場規模 ・ナースコールシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ナースコールシステムのアメリカ市場規模推移 ・ナースコールシステムのカナダ市場規模推移 ・ナースコールシステムのメキシコ市場規模推移 ・ナースコールシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ナースコールシステムのドイツ市場規模推移 ・ナースコールシステムのイギリス市場規模推移 ・ナースコールシステ …
  • 世界のウインチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウインチ市場2015について調査・分析し、ウインチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用HVACセンサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用HVACセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用HVACセンサー市場規模、センサー種類別(温度センサー、圧力センサー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用HVACセンサーの世界市場概要 ・自動車用HVACセンサーの世界市場環境 ・自動車用HVACセンサーの世界市場動向 ・自動車用HVACセンサーの世界市場規模 ・自動車用HVACセンサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用HVACセンサーの世界市場:センサー種類別(温度センサー、圧力センサー、その他) ・自動車用HVACセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用HVACセンサーのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用HVACセンサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用HVACセンサーのアジア市場規模・予測 ・自動車用HVACセンサーの主要国分析 ・自動車用HVACセンサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・自 …
  • 手術用不織布消耗品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、手術用不織布消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用不織布消耗品の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用不織布消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M Company、Cardinal Health、Johnson & Johnson、Medtronic等です。
  • 世界のカプセル内視鏡市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、カプセル内視鏡のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カプセル内視鏡の概要 ・カプセル内視鏡の開発動向:開発段階別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:セグメント別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:領域別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:規制Path別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別カプセル内視鏡の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・カプセル内視鏡の最近動向
  • 土地測量機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、土地測量機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、土地測量機器市場規模、ソフトウェア別(農業用ソフトウェア、鉱業用ソフトウェア、石油・ガス用ソフトウェア、その他)分析、製品別(トータルステーション・セオドライト、3Dレーザースキャナー、無人航空機(UAVS)、GNSSシステム、レーザー、レベル、その他)分析、産業別(災害管理、農業、建設、鉱業、石油・ガス、その他)分析、用途別(容積計算、調査、レイアウトポイント、監視、その他)分析、エンドユーザー別(研究、商業用、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 土地測量機器の世界市場:市場動向分析 ・ 土地測量機器の世界市場:競争要因分析 ・ 土地測量機器の世界市場:ソフトウェア別(農業用ソフトウェア、鉱業用ソフトウェア、石油・ガス用ソフトウェア、その他) ・ 土地測量機器の世界市場:製品別(トータルステーション・セオドライト、3Dレーザースキャナー、無人航空機(UAV …
  • データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリー市場規模、製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場概要 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場環境 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場動向 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場規模 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:業界構造分析 ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池) ・データセンター産業向け無停電電源装置(UPS)用バッテリーの世界市場:地域別 …
  • 世界の換気装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の換気装置市場2015について調査・分析し、換気装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の模型玩具市場2015
    本調査レポートでは、中国の模型玩具市場2015について調査・分析し、模型玩具の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ対応パッケージングの世界市場分析:技術別(アクティブパッケージ、インテリジェント・スマートパッケージ、コントロールリリースパッケージ)、用途別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア・化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナノ対応パッケージングの世界市場について調査・分析し、ナノ対応パッケージングの世界市場動向、ナノ対応パッケージングの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ対応パッケージング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車テレマティクスの世界市場見通し2016-2022:自動車運転システム、診断システム、運転支援システム、全地球測位システム(GPS)、ナビゲーション支援システム、テレマティクスコントロールユニット(TCU)、車両追跡システム、車両緊急警報システム、ワイヤレスセーフティコミュニケーション
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、自動車テレマティクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車テレマティクスの世界市場:市場動向分析 ・自動車テレマティクスの世界市場:競争要因分析 ・自動車テレマティクスの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの北米市場規模 ・自動車テレマティクスの欧州市場規模 ・自動車テレマティクスのアジア市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 清涼飲料販売機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、清涼飲料販売機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、清涼飲料販売機市場規模、製品配置別(ドロップイン式、カウンタートップ式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・清涼飲料販売機の世界市場概要 ・清涼飲料販売機の世界市場環境 ・清涼飲料販売機の世界市場動向 ・清涼飲料販売機の世界市場規模 ・清涼飲料販売機の世界市場:業界構造分析 ・清涼飲料販売機の世界市場:製品配置別(ドロップイン式、カウンタートップ式) ・清涼飲料販売機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・清涼飲料販売機の北米市場規模・予測 ・清涼飲料販売機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・清涼飲料販売機のアジア太平洋市場規模・予測 ・清涼飲料販売機の主要国分析 ・清涼飲料販売機の世界市場:意思決定フレームワーク ・清涼飲料販売機の世界市場:成長要因、課題 ・清涼飲料販売機の世界市場:競争環境 ・清涼飲料販売機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の医療リフティングスリング市場規模・予測2017-2025:商品別(パッド、メッシュ、ナイロン、キャンバス)、用途別(ユニバーサル、ハンモック、トランスファー、トイレ、備え付け、スタンディング、肥満治療)、使用方法別(使い捨て、再利用可能)、エンドユーズ別(家庭用ヘルスケア、病院、介護)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の医療リフティングスリング市場について調査・分析し、世界の医療リフティングスリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の医療リフティングスリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 病院向け食品サービス装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、病院向け食品サービス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、病院向け食品サービス装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸素測定用プローブ市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸素測定用プローブ市場2015について調査・分析し、酸素測定用プローブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • LNG(液化天然ガス)用圧縮機の世界市場
    当調査レポートでは、LNG(液化天然ガス)用圧縮機の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・LNG(液化天然ガス)用圧縮機の世界市場:種類別分析/市場規模 ・LNG(液化天然ガス)用圧縮機の世界市場:地域別分析/市場規模 ・LNG(液化天然ガス)用圧縮機のアメリカ市場規模予測 ・LNG(液化天然ガス)用圧縮機のヨーロッパ市場規模予測 ・LNG(液化天然ガス)用圧縮機のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • Tie-2受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるTie-2受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Tie-2受容体阻害剤の概要 ・Tie-2受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のTie-2受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Tie-2受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Tie-2受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 洗車システムの世界市場2019-2023
    洗車システムは、車両を自動的に洗浄および清掃します。洗車システムにはトンネル式、タッチレス式、およびドライウォッシュなどがあります。洗車システムの市場収益は、2019~2023年の間、約80億米ドルにも上ると予測されています。 主な分析対象企業は、AUTOBASE、InterClean Equipment、VEHICLE WASH SYSTEMS、WashTec、Washworldなどです。 当調査レポートでは、洗車システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗車システム市場規模、エンドユーザー別(PC、CV、PC、CV、二輪車)分析、洗車タイプ別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗車システムの世界市場概要 ・洗車システムの世界市場環境 ・洗車システムの世界市場動向 ・洗車システムの世界市場規模 ・洗車システムの世界市場:業界構造分析 ・洗車システムの世界市場:エンドユーザー別(PC、CV、PC、CV、二輪車) ・洗車システ …
  • タンパク質シーケンシングの世界市場予測(~2023年)
    タンパク質シーケンシングの世界市場は、2018年の9億2500万米ドルから2023年には10億8800万米ドルに達し、この期間中3.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、プロテオミクス研究に対する政府および民間団体からの財政支援、臨床質量分析および解析技術の進歩、製薬・バイオテクノロジー企業によるターゲットベースの医薬品開発の増加などが考えれられます。一方で、高いインフラコストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、タンパク質シーケンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(サンプル調製、MS、シーケンサー、試薬、消耗品)分析、サービス分析、技術(MS、エドマン)分析、用途(バイオ療法、遺伝子工学)分析、タンパク質シーケンシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメラミンホルムアルデヒド樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のメラミンホルムアルデヒド樹脂市場2015について調査・分析し、メラミンホルムアルデヒド樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動保存・検索システム市場
  • 世界のアジピン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のアジピン酸市場2016について調査・分析し、アジピン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶融塩熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場
    当調査レポートでは、溶融塩熱エネルギー貯蔵 (TES) の世界市場について調査・分析し、溶融塩熱エネルギー貯蔵 (TES) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 動物ヘルスケアの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、動物ヘルスケアの世界市場について調査・分析し、動物ヘルスケアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・動物ヘルスケアの世界市場:市場動向分析 ・動物ヘルスケアの世界市場:競争要因分析 ・動物ヘルスケアの世界市場:動物別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:診断別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの北米市場規模 ・動物ヘルスケアの欧州市場規模 ・動物ヘルスケアのアジア市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 塩化カリウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塩化カリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塩化カリウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)
    本市場調査レポートでは太陽光発電ガラスの代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)分析、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他) ・太陽光発電ガラスの世界市場:最終用途産業別(住宅、商業、実用規模) ・太陽光発電ガラスの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ワクチンの世界市場:弱毒生ワクチン、トキソイドワクチン、結合型ワクチン、不活化&サブユニットワクチン、組換え型ワクチン
    当調査レポートでは、ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、疾患別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、ワクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットフードの世界市場
    当調査レポートでは、ペットフードの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ペットフードの世界市場:ペット種類別分析/市場規模 ・ペットフードの世界市場:食品種類別分析/市場規模 ・ペットフードの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ペットフードのアメリカ市場規模予測 ・ペットフードのヨーロッパ市場規模予測 ・ペットフードのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • クラウドDVRの世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラウドDVRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドDVRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドDVRの世界市場が2018-2022年期間中に年平均26.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARRIS International, 、Cisco Systems, 、Ericsson,、Nokia等です。
  • フレキシブル機器向けロールツーロールプリンティングの世界市場:材料、装置、印刷技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、フレキシブル機器向けロールツーロールプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料・装置別分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、フレキシブル機器向けロールツーロールプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 穀物および種子洗浄機の世界市場
    当調査レポートでは、穀物および種子洗浄機の世界市場について調査・分析し、穀物および種子洗浄機の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:市場動向分析 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:競争要因分析 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:機械の種類別 ・穀物洗浄機 ・種子洗浄機 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:作業別 ・仕分け ・予備洗浄 ・精密な洗浄 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:製品の種類別 ・スパイラル式分離器 ・脱ぷ機 ・振動コンベヤー ・空気によるふるい分けを行う洗浄機 ・重力分離装置 ・吸引装置 ・その他 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:主要地域別分析 - 穀物および種子洗浄機の北米市場規模(アメリカ市場等) - 穀物および種子洗浄機のヨーロッパ市場規模 - 穀物および種子洗浄機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・穀物および種子洗浄機の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 中国の風力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 空港搭乗者検査システムの世界市場2017-2021:空港金属・爆発物検知システム、空港高度イメージングシステム
    当調査レポートでは、空港搭乗者検査システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港搭乗者検査システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ監視の世界市場:システム種類別(アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(商業、軍事、防衛、インフラ、住宅、その他)
    本資料は、ビデオ監視の世界市場について調べ、ビデオ監視の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、システム種類別(アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視)分析、用途別(商業、軍事、防衛、インフラ、住宅、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビデオ監視の世界市場概要 ・ビデオ監視の世界市場環境 ・ビデオ監視の世界市場動向 ・ビデオ監視の世界市場規模 ・ビデオ監視の世界市場:市場シェア ・ビデオ監視の世界市場:システム種類別(アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視) ・ビデオ監視の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ビデオ監視の世界市場:用途別(商業、軍事、防衛、インフラ、住宅、その他) ・ビデオ監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビデオ監視の北米市場規模・予測 ・ビデオ監視のアメリカ市場規模・予測 ・ビデオ監視のヨーロッパ市場規模・予測 ・ビデオ監視のアジア市場規模・予測 ・ビデオ監視の日本市場 …
  • エッジAIハードウェアの世界市場予測(~2024年)
    エッジAIハードウェアの世界市場は、2019年の6億1,000万米ドルから2024年には15億5,930万米ドルに達し、この期間中20.64%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、エッジデバイスでの低レイテンシおよびリアルタイム処理に対する需要の高まりと、エッジコンピューティング向けAIコプロセッサの出現が考えられます。また、IoTでのエッジコンピューティングおよびオンデバイス画像分析専用のAIプロセッサに対する需要の増大も市場の成長に貢献する潜在的な機会となっています。一方で、市場成長の主な制約は、オンデバイストレーニングとAIエキスパートの数が限られていることです。消費電力とサイズの制約も、大きな課題をもたらしています。当調査レポートでは、エッジAIハードウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デバイス別(スマートフォン、カメラ、ロボット、自動車、スマートスピーカー、ウェアラブルデバイス、スマートミラー)分析、プロセッサ別(CPU、GPU、ASIC、その他)分析、消費電力別分析、プロセ …
  • 世界のLCoSプロジェクター市場2015
    本調査レポートでは、世界のLCoSプロジェクター市場2015について調査・分析し、LCoSプロジェクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー管理の世界市場
    当調査レポートでは、エネルギー管理の世界市場について調査・分析し、エネルギー管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エネルギー管理の世界市場:市場動向分析 - エネルギー管理の世界市場:競争要因分析 - エネルギー管理の世界市場:ソリューション別 ・公共料金の請求および顧客情報システム ・炭素管理システム ・需要反応管理 - エネルギー管理の世界市場:ソフトウェア別 ・住宅用エネルギー管理システム ・公益事業用エネルギー管理システム ・企業用炭素およびエネルギー管理 ・産業用エネルギー管理システム ・その他 - エネルギー管理の世界市場:部品別 ・センサー ・高性能なサーモスタット ・負荷制御スイッチ(LCS) ・自宅用モニター ・高性能なプラグ ・コントローラー ・ハードウェア・コンポーネント ・制御システム ・通信ネットワーク ・その他 - エネルギー管理の世界市場:産業別 ・電気通信&IT ・電力およびエネルギー(P&E) ・オフィスおよび商業ビル ・製造 ・地方自治体、大学、学校、病院のシス …
  • 血管ガイドワイヤーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管ガイドワイヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"