"HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9456)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the HVAC Refrigerant Market
HVAC equipment encompasses all equipment used for heating, ventilation, and air conditioning purposes. Efforts undertaken by various countries to reduce greenhouse gases (GHG) in order to protect the environment are driving the market. Shipments are likely to be driven by the need to replace some of the existing conventional equipment that emits harmful gases such as chlorofluorocarbons (CFCs) and hydro chlorofluorocarbons (HCFCs). Additionally, the market is expected to grow worldwide due to the demand for energy saving and efficiency, along with the latest innovations in the field of home automation. However, commercial spaces such as hotels and retail centers deploy centralized HVAC systems and variables refrigerant flow (VRF) systems that incur high energy bills, which is expected to inhibit market growth to a certain extent.
Technavio’s analysts forecast the global HVAC refrigerant market to grow at a CAGR of 6.35% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global HVAC refrigerant market for 2016-2020. In order to arrive at the market size, we have considered the demand for refrigerants from various end-user segments in the global HVAC refrigerant market. The report considers the different types of refrigerants. The demand for HVAC refrigerants across all geographies is included in market size calculation.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• Europe
• MEA

Technavio’s report, Global HVAC Refrigerant Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Airgas Refrigerants
• Arkema
• Chemours
• Dongyue
• Honeywell
• The Linde Group

[Other prominent vendors]
• A Gas Americas
• Daikin Industries
• Climalife
• NavinFlourine International
• Shandong Yuean Chemicals
• Sinochem Group (China)
• SRF

[Market driver]
• Energy-efficient systems and construction sector driving demand for HVAC equipment
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Concerns over safe storage and transportation of refrigerants
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Growing use of oil-free centrifugal compressors
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Product evolution
• Market overview
• Five forces analysis

PART 05: Market segmentation by product
• HVAC refrigerant market by fluorocarbons
• HVAC refrigerant market by inorganic type
• HVAC refrigerant market by hydrocarbons

PART 06: Geographical segmentation
• HVAC refrigerant market in APAC
• HVAC refrigerant market in the Americas
• HVAC refrigerant market in EMEA

PART 07: Market drivers
• Energy-efficient systems and construction sector driving demand for HVAC equipment
• Rise in demand from replacement and retrofitting activities
• Steady growth in automotive sector
• Surge in demand from data centers

PART 08: Impact of drivers

PART 09: Market challenges
• Concerns over safe storage and transportation of refrigerants
• Capital-intensive HVAC industry
• Stringent environmental laws on use of refrigerants

PART 10: Impact of drivers and challenges

PART 11: Market trends
• Use of VRF systems and integrated solutions
• Growing use of oil-free centrifugal compressors
• Increased adoption of inorganic refrigerants

PART 12: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Other prominent vendors

PART 13: Key vendor analysis
• Airgas Refrigerants
• Arkema
• Chemours
• Dongyue
• Honeywell
• The Linde Group

PART 14: Appendix
• List of abbreviations

PART 15: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Refrigerant types
Exhibit 02: Key countries in each region
Exhibit 03: Product offerings
Exhibit 04: Classification of refrigerants
Exhibit 05: Evolution of refrigerants from inception
Exhibit 06: Various treaties dealing with environmental concerns
Exhibit 07: Characteristics of ideal refrigerants
Exhibit 08: Global HVAC refrigerant market segmentation
Exhibit 09: Global HVAC refrigerant market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Five forces analysis
Exhibit 11: Global HVAC refrigerant market by types 2015 and 2020
Exhibit 12: Global market share of refrigerant types 2015-2020
Exhibit 13: Region-wise use of refrigerants in different applications 2015-2025
Exhibit 14: Global fluorocarbon refrigerant market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Commonly used refrigerants and their ODP
Exhibit 16: Commonly used refrigerants with their GWP
Exhibit 17: Global inorganic refrigerant market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Drivers and challenges in global inorganic refrigerant market
Exhibit 19: Global hydrocarbons refrigerant market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Pros and cons of hydrocarbons
Exhibit 21: HVAC refrigerant applications with their growth rates
Exhibit 22: Global refrigerant market by geography 2015-2020
Exhibit 23: Geographic segmentation of HVAC refrigerants 2015-2020
Exhibit 24: HVAC refrigerant market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: Average construction spending by country in APAC 2015
Exhibit 26: HVAC refrigerant market in the Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 27: HVAC equipment market in the Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 28: HVAC refrigerant market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 29: EU HFC phase-out schedule
Exhibit 30: Automotive production in China
Exhibit 31: Automotive production in the US
Exhibit 32: Global data center construction market 2014-2020 ($ billions)
Exhibit 33: Impact of drivers
Exhibit 34: US EPA technical certification types on refrigerant handling
Exhibit 35: Impact of drivers and challenges
Exhibit 36: Other prominent vendors
Exhibit 37: Airgas Refrigerants product portfolio
Exhibit 38: Sales breakdown by business unit
Exhibit 39: Arkema product portfolio
Exhibit 40: Arkema: Revenue/EBITDA by 2013 and 2014 ($ billions)
Exhibit 41: Chemours product portfolio
Exhibit 42: Dongyue product portfolio
Exhibit 43: Dongyue: Business segmentation by revenue 2014
Exhibit 44: Dongyue: Business segmentation by revenue 2013 and 2014 ($ millions)
Exhibit 45: Honeywell product portfolio
Exhibit 46: Linde product portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素
【発行日】2016年5月16日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9456
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】HVAC(空調)、HVAC装置、冷媒、冷却剤、フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
HVAC(空調)用冷媒の世界市場2016-2020:フルオロカーボン、無機性冷媒、炭化水素についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 教育コンテンツ管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教育コンテンツ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育コンテンツ管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤の概要 ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシンⅡ受容体タイプ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポリ尿素の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポリ尿素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリ尿素の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリ尿素の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Covestro、Huntsman、PPG Industries、The Sherwin-Williams等です。
  • 次世代ファイアウォールの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、次世代ファイアウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、次世代ファイアウォールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パウチ包装機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パウチ包装機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パウチ包装機械市場規模、製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パウチ包装機械の世界市場概要 ・パウチ包装機械の世界市場環境 ・パウチ包装機械の世界市場動向 ・パウチ包装機械の世界市場規模 ・パウチ包装機械の世界市場:業界構造分析 ・パウチ包装機械の世界市場:製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械) ・パウチ包装機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パウチ包装機械の北米市場規模・予測 ・パウチ包装機械のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・パウチ包装機械のアジア太平洋市場規模・予測 ・パウチ包装機械の主要国分析 ・パウチ包装機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・パウチ包装機械の世界市場:成長要因、課題 ・パウチ包装機械の世界市場:競争環境 ・パウチ包装機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • パーソナルケア用包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、パーソナルケア用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 無人水上艦(USV)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、無人水上艦(USV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、サイズ別分析、ペイロード別分析、地域別分析、無人水上艦(USV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 船舶用塗料の世界市場:腐蝕防止塗料、防汚塗料
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、Chugoku Marine Paints、Hempel、Jotul、PPG Industries等です。
  • 離型剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、離型剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、成分別(乳化剤、植物油、ワックス・ワックスエステル、抗酸化剤)分析、用途別(ベーカリー、菓子類、加工肉、インスタント食品)分析、形態別(液状、固体)分析、機能別分析、離型剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝炎治療の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、肝炎治療の世界市場について調べ、肝炎治療の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)分析、薬剤クラス別(ヌクレオチドアナログ逆転写酵素阻害剤、NS5A阻害剤、マルチクラス併用剤、ヌクレオチドアナログNS5Bポリメラーゼ阻害剤、インターフェロン・リバビリン)分析、流通経路別(院内薬局、小売薬局、オンライン薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・肝炎治療の世界市場動向 ・肝炎治療の世界市場環境 ・肝炎治療の世界市場規模 ・肝炎治療の世界市場規模:タイプ別(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎) ・肝炎治療の世界市場規模:薬剤クラス別(ヌクレオチドアナログ逆転写酵素阻害剤、NS5A阻害剤、マルチクラス併用剤、ヌクレオチドアナログNS5Bポリメラーゼ阻害剤、インターフェロン・リバビリン) ・肝炎治療の世界市場規模:流通経路別(院内薬局、小売薬局、オ …
  • プラスチック委託製造の世界市場:製品別(ポリプロピレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリエチレン、ポリスチレン)、用途別(医療、航空宇宙・防衛、自動車、消費財・家電)、地域別予測
    本資料は、プラスチック委託製造の世界市場について調べ、プラスチック委託製造の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリプロピレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリエチレン、ポリスチレン)分析、用途別(医療、航空宇宙・防衛、自動車、消費財・家電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プラスチック委託製造の世界市場概要 ・プラスチック委託製造の世界市場環境 ・プラスチック委託製造の世界市場動向 ・プラスチック委託製造の世界市場規模 ・プラスチック委託製造の世界市場規模:製品別(ポリプロピレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリエチレン、ポリスチレン) ・プラスチック委託製造の世界市場規模:用途別(医療、航空宇宙・防衛、自動車、消費財・家電) ・プラスチック委託製造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチック委託製造の北米市場規模・予測 ・プラスチック委託製造のアメリカ市場規模・予測 ・プラスチック委託製造のヨ …
  • レインスクリーンクラッディングの世界市場:原材料別、用途別(住宅、商業施設、オフィス、機関、産業施設)
    本調査レポートでは、レインスクリーンクラッディングの世界市場について調査・分析し、レインスクリーンクラッディングの世界市場動向、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーンクラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の真空掃除機市場2015
    本調査レポートでは、中国の真空掃除機市場2015について調査・分析し、真空掃除機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 画像認識の世界市場
    当調査レポートでは、画像認識の世界市場について調査・分析し、画像認識の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 画像認識の世界市場:市場動向分析 - 画像認識の世界市場:競争要因分析 - 画像認識の世界市場:用途別 ・拡張現実 ・画像検索 ・マーケティング&広告 ・スキャン&画像化 ・セキュリティー&監視 - 画像認識の世界市場:技術別 ・パターン認識 ・光学式文字認識 ・物体認識 ・顔認識 ・デジタル画像処理 ・コード認識 - 画像認識の世界市場:種類別 ・クラウド ・オンプレミス - 画像認識の世界市場:構成要素別 ・ソフトウェア ・ハードウェア ・サービス - 画像認識の世界市場:産業別 ・運送およびロジスティクス ・小売および消費財 ・メディア&娯楽 ・IT&電気通信 ・ヘルスケア ・政府 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・その他 - 画像認識の世界市場:主要地域別分析 - 画像認識の北米市場規模(アメリカ市場等) - 画像認識のヨーロッパ市場規模 - 画像認識のアジア市場規模(日本市場、中国市場、 …
  • 世界のLTE市場およびMBBスペクトラム
  • 脊椎手術機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脊椎手術機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脊椎手術機器市場規模、製品別(インプラント・計測器、脊椎用生物製剤)分析、処置別(脊椎固定機器、脊髄非固定機器)分析、手順別(直視下手術、MIS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脊椎手術機器の世界市場概要 ・脊椎手術機器の世界市場環境 ・脊椎手術機器の世界市場動向 ・脊椎手術機器の世界市場規模 ・脊椎手術機器の世界市場:業界構造分析 ・脊椎手術機器の世界市場:製品別(インプラント・計測器、脊椎用生物製剤) ・脊椎手術機器の世界市場:処置別(脊椎固定機器、脊髄非固定機器) ・脊椎手術機器の世界市場:手順別(直視下手術、MIS) ・脊椎手術機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脊椎手術機器のアメリカ市場規模・予測 ・脊椎手術機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・脊椎手術機器のアジア市場規模・予測 ・脊椎手術機器の主要国分析 ・脊椎手術機器の世界市場:意思決定 …
  • イタリアの風力発電市場2016
  • 世界の溝付き中空アンカーバー市場2019
    本調査レポートでは、世界の溝付き中空アンカーバー市場2019について調査・分析し、溝付き中空アンカーバーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、溝付き中空アンカーバーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、溝付き中空アンカーバーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・溝付き中空アンカーバーの市場概要 ・溝付き中空アンカーバーの上流・下流市場分析 ・溝付き中空アンカーバーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・溝付き中空アンカーバーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・溝付き中空アンカーバーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・溝付き中空アンカーバーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・溝付き中空アンカーバーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・溝付き中空アンカーバーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・溝付 …
  • 家庭用アイスクリームメーカーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用アイスクリームメーカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用アイスクリームメーカー市場規模、製品別(2クォート用、4クォート用、6クォート用)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場概要 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場環境 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場動向 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場規模 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:業界構造分析 ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:製品別(2クォート用、4クォート用、6クォート用) ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・家庭用アイスクリームメーカーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用アイスクリームメーカーのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用アイスクリームメーカーのヨーロッパ市 …
  • 自動車用触媒の世界市場予測(~2023年):白金、パラジウム、ロジウム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(白金、パラジウム、ロジウム)分析、車両タイプ別(小型商用車、大型商用車)分析、自動車用触媒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中古・整備済ロボットのアジア太平洋市場2017-2021
    当調査レポートでは、中古・整備済ロボットのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中古・整備済ロボットのアジア太平洋市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Technavio社は中古・整備済ロボットのアジア太平洋市場が2017-2021年期間中に年平均7.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• KUKA• Scott Technology (RobotWorx)• Yaskawa Motoman等です。
  • メンブレンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車クランクシャフトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車クランクシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車クランクシャフトの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMBR(膜分離活性汚泥法)装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のMBR(膜分離活性汚泥法)装置市場2015について調査・分析し、MBR(膜分離活性汚泥法)装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱可塑性加硫物市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性加硫物市場2015について調査・分析し、熱可塑性加硫物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車の世界市場:製品別(バス・コーチ、LCV)、最終用途別(工業、鉱業、建設、物流)、セグメント予測
    商用車の世界市場は2025年には2兆2700億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、中国、インド、トルコなどの新興国のインフラ整備への支出の増加に相まって、都市化の加速化などが考えられます。一部のサプライヤーは、研究開発の向上に注力する一方、業務効率化の向上に努めており、市場成長を促進する上で重要な役割を果たすと期待されています。本調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場動向、商用車の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場
    当調査レポートでは、HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用マルチプロトコルゲートウェイ市場規模、用途別分析、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場概要 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場環境 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場動向 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場規模 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:業界構造分析 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:用途別 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイのアメリカ市場規模・予測 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイのヨーロッパ市場規 …
  • Mighty River Power Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 世界の自動車サスペンションボールジョイント市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車サスペンションボールジョイント市場2016について調査・分析し、自動車サスペンションボールジョイントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の矯正器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正器具市場2015について調査・分析し、矯正器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの電気生理装置市場見通し
  • エアクッション梱包の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エアクッション梱包の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアクッション梱包の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はエアクッション梱包の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDynaCorp、Pregis、Sealed Air、Smurfit Kappa、Storopack等です。
  • デブオプス(DevOps)の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド)、企業規模別(中小企業、大企業)、用途別(IT、BFSI、小売、通信)、セグメント予測
    本調査レポートでは、デブオプス(DevOps)の世界市場について調査・分析し、デブオプス(DevOps)の世界市場動向、デブオプス(DevOps)の世界市場規模、市場予測、セグメント別デブオプス(DevOps)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • OLED照明(有機EL照明)の世界市場予測2015-2025
  • 拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア機能別分析、産業別分析、地域別分析、拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルティーヤチップスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、トルティーヤチップスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トルティーヤチップスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)の概要 ・亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・亜急性皮膚エリテマトーデス(SCLE)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 世界のネオジ鉄系磁石市場2016
    本調査レポートでは、世界のネオジ鉄系磁石市場2016について調査・分析し、ネオジ鉄系磁石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アイアス(IaaS)の世界市場
    当調査レポートでは、アイアス (IaaS) の世界市場について調査・分析し、アイアス (IaaS) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • CAEの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、CAEの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CAEの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はCAEの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ANSYS、Dassault Systèmes、Hexagon、PTC、Siemens PLM Software等です。
  • 高圧積層品(HPL)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高圧積層品(HPL)の世界市場について調査・分析し、高圧積層品(HPL)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高圧積層品(HPL)シェア、市場規模推移、市場規模予測、高圧積層品(HPL)種類別分析()、高圧積層品(HPL)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高圧積層品(HPL)の市場概観 ・高圧積層品(HPL)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高圧積層品(HPL)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高圧積層品(HPL)の世界市場規模 ・高圧積層品(HPL)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高圧積層品(HPL)のアメリカ市場規模推移 ・高圧積層品(HPL)のカナダ市場規模推移 ・高圧積層品(HPL)のメキシコ市場規模推移 ・高圧積層品(HPL)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高圧積層品(HPL)のドイツ市場規模推移 ・高圧積層品(HPL)のイギリス市場規模推移 ・高圧積層品(HPL …
  • 世界の薬物送達注入装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、薬物送達注入装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・薬物送達注入装置の概要 ・薬物送達注入装置の開発動向:開発段階別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:セグメント別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:領域別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:規制Path別分析 ・薬物送達注入装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別薬物送達注入装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・薬物送達注入装置の最近動向
  • 世界の血液透析用カテーテル市場2016
    本調査レポートでは、世界の血液透析用カテーテル市場2016について調査・分析し、血液透析用カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用グリースガンの世界市場:手動型、バッテリ駆動型、空気圧型
    当調査レポートでは、産業用グリースガンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用グリースガン市場規模、製品別(手動型、バッテリ駆動型、空気圧型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bijur Delimon, Ingersoll Rand, Makita, Stanley Black & Decker, Techtronic Industries, SKFなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用グリースガンの世界市場概要 ・産業用グリースガンの世界市場環境 ・産業用グリースガンの世界市場動向 ・産業用グリースガンの世界市場規模 ・産業用グリースガンの世界市場:業界構造分析 ・産業用グリースガンの世界市場:製品別(手動型、バッテリ駆動型、空気圧型) ・産業用グリースガンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用グリースガンの北米市場規模・予測 ・産業用グリースガンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用グリースガンのアジ …
  • 世界の電力制限器市場2016
    本調査レポートでは、世界の電力制限器市場2016について調査・分析し、電力制限器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • XPS(X線光電子分光法)の世界市場分析:使用法別(要素検出、汚染検出、密度推定、経験式決定)、用途別(ヘルスケア、半導体、電子、航空宇宙、自動車、法医学、食品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、XPS(X線光電子分光法)の世界市場について調査・分析し、XPS(X線光電子分光法)の世界市場動向、XPS(X線光電子分光法)の世界市場規模、市場予測、セグメント別XPS(X線光電子分光法)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートバイ用チューブレスタイヤの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オートバイ用チューブレスタイヤの世界市場について調べ、オートバイ用チューブレスタイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オートバイ用チューブレスタイヤの市場規模をセグメンテーション別(用途別(ミッドプレミアムモーターサイクル、通勤用オートバイ、プレミアムバイク)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオートバイ用チューブレスタイヤの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オートバイ用チューブレスタイヤの市場状況 ・オートバイ用チューブレスタイヤの市場規模 ・オートバイ用チューブレスタイヤの市場予測 ・オートバイ用チューブレスタイヤの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(ミッドプレミアムモーターサイクル、通勤用オートバイ、プレミアムバイク) ・オートバイ用チューブレスタイヤの顧客状況 ・主要地域 …
  • フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場:ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他)、エンドユーザ別(食品および飲料、医療、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場予測 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他) ・市場セグメンテーシ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"