"バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9467)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Badminton Equipment Market
The global badminton equipment market is driven by a number of growth factors, one of the most important being the increase in the number of badminton tournaments being organized across the globe. The prevailing popularity of badminton tournaments like the Super Series Badminton League and the Premier Badminton League is also indicative of the fact that the market has a high growth potential for the forecast period.
Badminton is the second-most popular racquet sport, preceded only by tennis. The sport is widely played across the globe and is very popular in APAC and Europe, which is the primary reason for these regions to account for the majority of the global badminton equipment market’s share. Badminton also has the second-highest participation rates after football, and more than 1.1 billion viewers watched the sport when it first debuted in the 1996 Olympics.

Technavio’s analysts forecast the global badminton equipment market to grow at a CAGR of 2.32% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global badminton equipment market for 2016-2020. To calculate the market size, the report has taken into consideration the sales revenue generated by different types of badminton equipment.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• Europe
• MEA

Technavio’s report, Global Badminton Equipment Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Ashaway
• Babolat
• Li-Ning
• Sports Direct
• YONEX

[Other prominent vendors]
• Amer Sports
• ASICS
• Bedini
• Dunlop Sports Group Americas
• PACIFIC
• Pointfore
• ProKennex
• RUBY GLAMOUR
• Tatt Seng Sporting Goods
• Tecnifibre
• Trump Sports

[Market driver]
• Rising interest in badminton among children
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Inadequate infrastructure
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increased use of nanomaterials
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by product
• Global badminton racquets market
• Global shuttlecocks market
• Global badminton shoes market
• Global other badminton equipment market

PART 07: Market segmentation by retail formats

PART 08: Geographical segmentation
• Badminton equipment market in APAC
• Badminton equipment market in Europe
• Badminton equipment market in the Americas
• Badminton equipment market in MEA

PART 09: Key leading countries
• China
• South Korea
• Indonesia
• India

PART 10: Market drivers
• Impact of increasing number of tournaments
• Rising interest in badminton among children
• Celebrity endorsements and consumer engagements

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges
• Availability of counterfeit products
• Inadequate infrastructure
• Lack of universal appeal

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends
• Increased use of nanomaterials
• Introduction of improved quality products with additional features
• Growth of online retail

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Ashaway
• Babolat
• Li-Ning
• Sports Direct
• YONEX
• Other prominent vendors

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Global badminton equipment market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 03: Five forces analysis
Exhibit 04: Global badminton equipment market by product type
Exhibit 05: Global badminton equipment market by product type 2015-2020 (%)
Exhibit 06: Global badminton racquets market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 07: Global shuttlecocks market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 08: Global badminton shoes market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 09: Global other badminton equipment market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 10: Global badminton equipment market by retail formats
Exhibit 11: Global badminton equipment market by retail formats 2015
Exhibit 12: Global badminton equipment market by retail formats 2020
Exhibit 13: Global badminton equipment market by geography 2015
Exhibit 14: Global badminton equipment market by geography 2020
Exhibit 15: Global badminton equipment market by geography 2015-2020 (%)
Exhibit 16: Badminton equipment market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 01: Badminton equipment market in Europe 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 02: Badminton equipment market in the Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 03: Badminton equipment market in MEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 04: Impact of drivers
Exhibit 05: Impact of drivers and challenges
Exhibit 06: Babolat: Business/Product segmentation
Exhibit 07: Li-Ning: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 08: Li-Ning: Business/product segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 09: Li-Ning: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 10: Sports Direct: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 11: Sports Direct: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 12: Sports Direct: Geographical segmentation by revenue 2015
Exhibit 13: YONEX: Business/Product segmentation
Exhibit 14: YONEX: Business segmentation by revenue 2015
Exhibit 15: YONEX: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 16: YONEX: Geographical segmentation by revenue 2015

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9467
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【キーワード】バドミントン用品、バドミントンラケット、バドミントン羽根、バドミントン靴
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バドミントン用品の世界市場:バドミントン・ラケット、羽根、靴についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スマートチケットの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートチケットの世界市場について調べ、スマートチケットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートチケットの市場規模をセグメンテーション別(用途別(交通、スポーツ&イベント)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートチケットの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートチケットの市場状況 ・スマートチケットの市場規模 ・スマートチケットの市場予測 ・スマートチケットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(交通、スポーツ&イベント) ・スマートチケットの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 膣炎(Vaginitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膣炎(Vaginitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膣炎(Vaginitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膣炎(Vaginitis)の概要 ・膣炎(Vaginitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膣炎(Vaginitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・膣炎(Vaginitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・膣炎(Vaginitis)治療薬開発に取り組んでい …
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の呼吸装置市場
  • タンパク質アッセイの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、タンパク質アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、タンパク質アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体洗剤用化学物質の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、液体洗剤用化学物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、液体洗剤用化学物質の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローン・ペイロードの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ドローン・ペイロードの世界市場について調査・分析し、ドローン・ペイロードの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ドローン・ペイロードの世界市場:市場動向分析 - ドローン・ペイロードの世界市場:競争要因分析 - ドローン・ペイロードの世界市場:構成要素別 カメラ レーザーセンサー CBRNセンサー 電子工学/赤外線センサー 通信情報収集(Comint) 電子情報収集(Elint) 信号情報収集(Sigmit) 海上パトロールレーダー(MPR) 人工開口レーダー (SAR) 光電子工学 電子兵器 - ドローン・ペイロードの世界市場:エンドユーザー別 商業用 防衛 その他のエンドユーザー - ドローン・ペイロードの世界市場:主要地域別分析 - ドローン・ペイロードの北米市場規模(アメリカ市場等) - ドローン・ペイロードのヨーロッパ市場規模 - ドローン・ペイロードのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ドローン・ペイロードの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スマートピルデリバリ・モニタリング・診断の世界市場
  • オートバイ用シートヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用シートヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用シートヒーターの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスオーディオ機器の世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、ワイヤレスオーディオ機器の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスオーディオ機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • タンクコンテナ輸送の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タンクコンテナ輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンクコンテナ輸送の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はタンクコンテナ輸送の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bulkhaul、Den Hartogh Logistics、HOYER Group、NewPort、Stolt-Nielsen Limited (SNL)等です。
  • 抗真菌薬のアジア太平洋市場
  • 台湾の関節鏡検査装置市場見通し
  • クラウド/モバイルBaaS(バックエンド・サービス)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、クラウド/モバイルBaaS(バックエンド・サービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:プロビジョニング、ディレクトリサービス、パスワード管理、SSO、監査、コンプライアンス、ガバナンス
    当調査レポートでは、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用射出座席の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用射出座席の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用射出座席の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 粘着付与剤(タッキファイヤー)の世界市場:合成粘着付与剤、天然粘着付与剤
    当調査レポートでは、粘着付与剤(タッキファイヤー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、産業別分析、種類別分析、形態別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質成分の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、タンパク質成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、由来別(動物性 (乳製品、卵、ゼラチン) ・植物性(大豆、小麦、野菜))分析、形態別(乾燥・液体)分析、用途別(食品・飲料、飼料、医薬品、化粧品・パーソナルケア製品)分析、タンパク質成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 着床前診断の世界市場分析:タイプ別(染色体異常、HLAタイピング、X連鎖疾患、性別の選択、遺伝的障害)、用途別(幹細胞治療用胚HLAタイピング、IVF予後、遅発性遺伝的疾患、遺伝病)、セグメント予測、 – 2024
    本調査レポートでは、着床前診断の世界市場について調査・分析し、着床前診断の世界市場動向、着床前診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別着床前診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血管付着タンパク質1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管付着タンパク質1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管付着タンパク質1阻害剤の概要 ・血管付着タンパク質1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管付着タンパク質1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管付着タンパク質1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管付着タンパク質1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 農業バイオ技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、農業バイオ技術の世界市場について調査・分析し、農業バイオ技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 農業バイオ技術の世界市場:市場動向分析 - 農業バイオ技術の世界市場:競争要因分析 - 農業バイオ技術の世界市場:用途別 ・遺伝子組み換え作物 ・除草剤耐性 ・耐虫性 ・ウイルス耐性 ・合成生物学使用製品 - 農業バイオ技術の世界市場:技術別 ・農業バイオ技術ツール ・遺伝子組み換えプラットフォーム ・農業用生物製剤 ・作物技術 ・播種技術 ・次世代シーケンシング - 農業バイオ技術の世界市場:主要地域別分析 - 農業バイオ技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 農業バイオ技術のヨーロッパ市場規模 - 農業バイオ技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農業バイオ技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カルミンの世界市場:用途別(飲料、ベーカリー・菓子類、乳製品・冷凍製品、肉類、油脂)、セグメント予測
    カルミンの世界市場は2025年には2600万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、食品および飲料業界からカルミン独特の赤色が求められていることが考えられます。また、代用品がないことも今後の製品需要を押し上げる要因となるでしょう。本調査レポートでは、カルミンの世界市場について調査・分析し、カルミンの世界市場動向、カルミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別カルミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 投与ポンプの世界市場:ポンプ種類別(ダイヤフラムポンプ、ピストンポンプ、その他)、用途別(水および廃水処理、石油およびガス、化学プロセス、医薬品、食品および飲料)
    本市場調査レポートでは投与ポンプについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、ポンプ種類別(ダイヤフラムポンプ、ピストンポンプ、その他)分析、用途別(水および廃水処理、石油およびガス、化学プロセス、医薬品、食品および飲料)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・投与ポンプの世界市場:ポンプ種類別(ダイヤフラムポンプ、ピストンポンプ、その他) ・投与ポンプの世界市場:用途別(水および廃水処理、石油およびガス、化学プロセス、医薬品、食品および飲料) ・投与ポンプの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • クリルオイルの世界市場2017-2021:タブレット、リキッド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クリルオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリルオイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリルオイルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAker BioMarine、Enzymotec、Omega Protein、Reckitt Benckiser、RIMFROST等です。
  • 止血(Hemostasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における止血(Hemostasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、止血(Hemostasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・止血(Hemostasis)の概要 ・止血(Hemostasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の止血(Hemostasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・止血(Hemostasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・止血(Hemostasis)治療薬開発 …
  • UAEの心臓律動管理装置市場見通し
  • 列車用シートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、列車用シートの世界市場について調査・分析し、列車用シートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別列車用シートシェア、市場規模推移、市場規模予測、列車用シート種類別分析()、列車用シート用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・列車用シートの市場概観 ・列車用シートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・列車用シートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・列車用シートの世界市場規模 ・列車用シートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・列車用シートのアメリカ市場規模推移 ・列車用シートのカナダ市場規模推移 ・列車用シートのメキシコ市場規模推移 ・列車用シートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・列車用シートのドイツ市場規模推移 ・列車用シートのイギリス市場規模推移 ・列車用シートのロシア市場規模推移 ・列車用シートのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・列車用シートの日本市場規模推移 ・列 …
  • 脱臭システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、脱臭システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脱臭システム市場規模、コンポーネント別(タワー、タンク、ポンプ、油・水管理システム、冷却装置、その他)分析、操作別(バッチシステム、連続システム、半連続システム)分析、技術別(充填カラム、薄膜)分析、精製方法別(化学精製、物理精製)分析、用途別(ココナッツ油、ヤシ油、オリーブ油、マスタードシード油、ピーナッツ油)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 脱臭システムの世界市場:市場動向分析 ・ 脱臭システムの世界市場:競争要因分析 ・ 脱臭システムの世界市場:コンポーネント別(タワー、タンク、ポンプ、油・水管理システム、冷却装置、その他) ・ 脱臭システムの世界市場:操作別(バッチシステム、連続システム、半連続システム) ・ 脱臭システムの世界市場:技術別(充填カラム、薄膜) ・ 脱臭システムの世界市場:精製方法別(化学精製、物理精製) ・ 脱臭システムの世界市場:用途 …
  • ギリシャの太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • HIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるHIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・HIV-2プロテーゼ阻害剤の概要 ・HIV-2プロテーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2プロテーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2プロテーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・HIV-2プロテーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アレルギー免疫療法の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アレルギー免疫療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アレルギー免疫療法の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍用スマート兵器の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用スマート兵器の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍用スマート兵器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍用スマート兵器の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍用スマート兵器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 喉頭鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、喉頭鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喉頭鏡市場規模、製品別(ビデオ咽頭鏡、標準咽頭鏡、光ファイバー咽頭鏡)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喉頭鏡の世界市場概要 ・喉頭鏡の世界市場環境 ・喉頭鏡の世界市場動向 ・喉頭鏡の世界市場規模 ・喉頭鏡の世界市場:業界構造分析 ・喉頭鏡の世界市場:製品別(ビデオ咽頭鏡、標準咽頭鏡、光ファイバー咽頭鏡) ・喉頭鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・喉頭鏡の北米市場規模・予測 ・喉頭鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喉頭鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・喉頭鏡の主要国分析 ・喉頭鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・喉頭鏡の世界市場:成長要因、課題 ・喉頭鏡の世界市場:競争環境 ・喉頭鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ambu、Hill-Rom Holdings、KARL STORZ、Medtronic、Olympus …
  • 農業投入検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業投入検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業投入検査市場規模、設備別(TDSメーター、導電率計、分光器、pHメーター、温度計)分析、検査タイプ別(肥料検査、植物組織検査、バイオソリッド検査、堆肥試験、肥料検査、その他)分析、消耗品別(実験室用キット、オンサイト検査キット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業投入検査の世界市場:市場動向分析 ・ 農業投入検査の世界市場:競争要因分析 ・ 農業投入検査の世界市場:設備別(TDSメーター、導電率計、分光器、pHメーター、温度計) ・ 農業投入検査の世界市場:検査タイプ別(肥料検査、植物組織検査、バイオソリッド検査、堆肥試験、肥料検査、その他) ・ 農業投入検査の世界市場:消耗品別(実験室用キット、オンサイト検査キット) ・ 農業投入検査の世界市場:主要地域別分析 ・ 農業投入検査の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農業投入検査のヨーロッパ市場規模 ・ 農 …
  • 半導体検査装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、半導体検査装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 分子診断の世界市場:技術別、検査場所別、製品別(機器、試薬)、用途別(腫瘍学、感染症)
    本調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、分子診断の世界市場動向、分子診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別分子診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イタリアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • ハニカム包装の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハニカム包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハニカム包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はハニカム包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DS Smith、Smurfit Kappa Group、Packaging Corporation of America、Cascades等です。
  • 医薬品契約販売の世界市場2016-2026
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の感染症検査市場動向(~2021)
  • 皮膚科デバイスの世界市場予測:画像機器、皮膚鏡、顕微鏡
    当調査レポートでは、皮膚科デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、診断機器別分析、治療機器別分析、用途別分析、地域別分析、皮膚科デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業におけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業におけるAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、提供方式別分析、用途別分析、地域別分析、農業におけるAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 強直性脊椎炎(ベクテレフ病):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)のフェーズ3治験薬の状況 ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬の市場規模(販売予測) ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬剤
  • 肥満症手術用装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、肥満症手術用装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、肥満症手術用装置市場規模、処置別(SG、RYGB、AGB)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・肥満症手術用装置の世界市場概要 ・肥満症手術用装置の世界市場環境 ・肥満症手術用装置の世界市場動向 ・肥満症手術用装置の世界市場規模 ・肥満症手術用装置の世界市場:業界構造分析 ・肥満症手術用装置の世界市場:処置別(SG、RYGB、AGB) ・肥満症手術用装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・肥満症手術用装置の北米市場規模・予測 ・肥満症手術用装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・肥満症手術用装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・肥満症手術用装置の主要国分析 ・肥満症手術用装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・肥満症手術用装置の世界市場:成長要因、課題 ・肥満症手術用装置の世界市場:競争環境 ・肥満症手術用装置の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析 …
  • 二酸化チタン(TiO2)の世界市場2014-2025:用途別(塗料・コーティング、プラスチック、紙・パルプ、化粧品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、二酸化チタン(TiO2)の世界市場について調査・分析し、二酸化チタン(TiO2)の世界市場動向、二酸化チタン(TiO2)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化チタン(TiO2)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バルクウォーター/宅配飲料水の世界市場2015
  • メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メディカルトランスクリプション(医学記録転写)市場規模、最終用途別(病院、医師会・クリニック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場概要 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場環境 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場動向 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場規模 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場:業界構造分析 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場:最終用途別(病院、医師会・クリニック) ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・メディカルトランスクリプション(医学記録転写)のアメリカ市場規模・予測 ・メディカルトラン …
  • 風力エネルギー財団の世界市場分析:場所別(オフショアタイプ(モノパイル、ジャケットパイル、重力、サクション、三脚)、オンショアバイタイプ(ラフト、パイル、ウェルファウンデーション))、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力エネルギー財団の世界市場について調査・分析し、風力エネルギー財団の世界市場動向、風力エネルギー財団の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力エネルギー財団市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 卵巣がん(Ovarian Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、卵巣がん(Ovarian Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・卵巣がん(Ovarian Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・卵巣がん(Ovarian Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・卵巣がん(Ovarian Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・卵巣がん(Ovarian Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・卵巣がん(Ovarian Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の卵巣がん(Ovarian Cancer)治療薬剤
  • 上流工程用圧力調節器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、上流工程用圧力調節器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、上流工程用圧力調節器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食道がん(Esophageal Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、食道がん(Esophageal Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・食道がん(Esophageal Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・食道がん(Esophageal Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・食道がん(Esophageal Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・食道がん(Esophageal Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・食道がん(Esophageal Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の食道がん(Esophageal Cancer)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"