"ユーティリティー産業(石油・電力)向けセキュリティソリューションの世界市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9229)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ユーティリティー産業(石油・電力)向けセキュリティソリューションの世界市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About Utilities Security
The utilities infrastructure is a major part of critical infrastructure, which involves oil and gas and electricity. The number of critical infrastructures is likely to grow during the forecast period in different regions around the world. Critical infrastructures are high-value construction projects, and their security is crucial for governments as well as enterprises. An increased number of cyber threats are likely to cause more damage than physical threats. Owing to an increase in criminal activities over the network, governments have imposed strict regulations to secure critical infrastructures.

Physical security involves the security of an organization’s data, hardware, network, and computer programs from external threats. These threats can include burglary, data theft, and terrorism. Numerous hardware devices and software are being adopted by government organizations and enterprises to ensure the security of their assets and physical security of critical business data.

Cyber security solutions prevent hackers and network intruders from attacking an organization’s network. Cyber security is important for government organizations and enterprises that transmit large volumes of confidential data over the network, including financial and confidential data.

Technavio’s analysts forecast the global utilities security market to grow at a CAGR of 4.82% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global utilities security market for the period 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of the following applications:
• Surveillance systems
• Access control systems
• Perimeter intrusion prevention system (PIPS)
• Software
• Cloud-based services

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• EMEA
• APAC

Technavio’s report, Global Utilities Security Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Axis Communications
• Bosch Security Systems
• Honeywell Security
• Qognify
• Tyco International

[Other prominent vendors]
• AlienVault
• Anixter
• Cisco Systems
• Computer Sciences Corporation
• G4S
• General Dynamics
• General Electric
• McAfee
• Northrop Grumman
• Siemens
• Symantec

[Market driver]
• To improve quality of data protection
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Integration issues of security solutions
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increased demand for vulnerability management and compliance
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ユーティリティー産業(石油・電力)向けセキュリティソリューションの世界市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market description
• Workflow of access control systems
• Workflow of surveillance systems
• Workflow of PIPS
• Stages of cyber security

PART 06: Assumptions

PART 07: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast

PART 08: Life cycle analysis

PART 09: Market segmentation by product
• Global utilities security market by product 2015-2020
• Global utilities security market by physical security
• Global utilities security market by cyber security

PART 10: Market segmentation by end-user
• Global utilities security market by end-users 2015-2020
• Global utilities security market by oil and gas sector
• Global utilities security market by electricity sector

PART 11: Geographical segmentation
• Segmentation of global utilities security market by region 2015-2020
• Utilities security market in Americas
• Utilities infrastructure security market in EMEA
• Utilities infrastructure security market in APAC

PART 12: Market attractiveness
• Market attractiveness by product
• Market attractiveness by end-users
• Market attractiveness by geography

PART 13: Buying criteria
• Cost
• Convergence
• Storage
• Security

PART 14: Market drivers
• To improve quality of data protection
• Availability of security services outsourcing
• Adoption of cloud-based services
• Increased expenditure on utilities security

PART 15: Impact of drivers

PART 16: Market challenges
• High TCO of security solutions
• Integration issues of security solutions
• Unavailability of professional expertise
• Scalability and automation issues

PART 17: Impact of drivers and challenges

PART 18: Market trends
• Increased demand for vulnerability management and compliance
• Consolidation of security solutions
• Shift from analog to IP cameras
• Evolution of advanced security solutions

PART 19: Impact of trends

PART 20: Five forces model

PART 21: Key vendor analysis
• Competitive analysis
• Top-vendor offerings
• Vendor matrix
• Key vendor comparison
• Axis Communications
• Bosch Security Systems
• Honeywell Security
• Qognify
• Tyco International

PART 22: Distribution Channel
• Role of distributors in the market
• Other prominent vendors

PART 23: Appendix
• List of abbreviations

PART 24: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Workflow of access control systems
Exhibit 02: Workflow of surveillance systems
Exhibit 03: Workflow of PIPS
Exhibit 04: Stages of cyber security
Exhibit 05: Assumptions
Exhibit 06: Market overview of global utilities security market
Exhibit 07: Global utilities security market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 08: Life cycle analysis 2016
Exhibit 09: Life cycle analysis 2020
Exhibit 10: Global utilities security market by product 2015-2020 (% share)
Exhibit 11: Global utilities security market for physical security 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Global utilities security market for cyber security 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 13: Global utilities security market by end-users 2015-2020 (% share)
Exhibit 14: Global utilities security market by oil and gas sector 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Global utilities security market by electricity sector 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Segmentation of global utilities security market by region 2015-2020 (% share)
Exhibit 17: Utilities security market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Utilities infrastructure security market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Utilities infrastructure security market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 20: Market attractiveness by product 2015-2016
Exhibit 21: Market attractiveness by product 2019-2020
Exhibit 22: Market attractiveness by end-users 2015-2016
Exhibit 23: Market attractiveness by end-users 2019-2020
Exhibit 24: Market attractiveness by geography 2015-2016
Exhibit 25: Market attractiveness by geography 2019-2020
Exhibit 26: Buying criteria
Exhibit 27: Impact of drivers
Exhibit 28: Impact of drivers and challenges
Exhibit 29: Impact of trends
Exhibit 30: Five forces model
Exhibit 31: Products and solutions
Exhibit 32: Vendor matrix
Exhibit 33: Key vendor comparison 2015
Exhibit 34: Other prominent vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ユーティリティー産業(石油・電力)向けセキュリティソリューションの世界市場
【発行日】2016年5月17日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9229
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】セキュリティ、ユーティリティー産業、石油・ガス、電力産業、物理的セキュリティ、サイバーセキュリティ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ユーティリティー産業(石油・電力)向けセキュリティソリューションの世界市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 害虫防除の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、害虫防除の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、害虫防除市場規模、防除方法別(物理的防除方法、化学的防除方法、生物学的防除方法、その他)分析、害虫種類別(ゴキブリ、アリ、蚊、トコジラミ、シロアリ、ハエ、その他)分析、用途別(畜産業、商業用・工業用、住宅用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 害虫防除の世界市場:市場動向分析 ・ 害虫防除の世界市場:競争要因分析 ・ 害虫防除の世界市場:防除方法別(物理的防除方法、化学的防除方法、生物学的防除方法、その他) ・ 害虫防除の世界市場:害虫種類別(ゴキブリ、アリ、蚊、トコジラミ、シロアリ、ハエ、その他) ・ 害虫防除の世界市場:用途別(畜産業、商業用・工業用、住宅用、その他) ・ 害虫防除の世界市場:主要地域別分析 ・ 害虫防除の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 害虫防除のヨーロッパ市場規模 ・ 害虫防除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・害 …
  • 蒸気タービンの世界市場分析:容量別( 750MW)、用途別(電力・公益事業、工業用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、蒸気タービンの世界市場について調査・分析し、蒸気タービンの世界市場動向、蒸気タービンの世界市場規模、市場予測、セグメント別蒸気タービン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コルポスコープ(膣拡大鏡)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コルポスコープ(膣拡大鏡)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コルポスコープ(膣拡大鏡)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 真空包装の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、真空包装の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国の睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オレオレジンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、オレオレジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、由来別(パプリカ、トウガラシ、種子スパイス、ウコン、ハーブ、ジンジャー、シナモン&カッシア)分析、用途別(食品および飲料、医薬品および栄養補助食品、パーソナルケア製品、飼料)分析、抽出プロセス別分析、オレオレジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オレオレジンの世界市場規模が2019年12億ドルから2025年17億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • パイプ塗装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプ塗装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパイプ塗装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Akzo Nobel• BASF• Celanese• LyondellBasell Industries Holdings• The Dow Chemical Company等です。
  • トルコの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • インテリジェントポンプおよび制御システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェントポンプおよび制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェントポンプおよび制御システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 インテリジェントポンプは、流量や圧力を調整・制御する機能を持つポンプであり、また可変周波数ドライブとの組み合わせ、デジタル制御機能を持つものと定義されます。同システムによる工程の遠隔モニタリング、施設における確実な遠隔システム制御が、エンドユーザー産業のエネルギー管理に貢献しています。Technavio社はインテリジェントポンプおよび制御システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Emerson• Flowserve• Grundfos• Sulzer• Rockwell Automation等です。
  • 世界のマルチクッカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチクッカー市場2015について調査・分析し、マルチクッカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のマグネシウム及びマグネシウム合金市場2015
    本調査レポートでは、中国のマグネシウム及びマグネシウム合金市場2015について調査・分析し、マグネシウム及びマグネシウム合金の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性疲労症候群治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、慢性疲労症候群治療法の世界市場について調べ、慢性疲労症候群治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、慢性疲労症候群治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(鎮痛剤及びNSAID、抗うつ薬及び抗精神病薬、抗菌薬及び免疫調節薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は慢性疲労症候群治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・慢性疲労症候群治療法の市場状況 ・慢性疲労症候群治療法の市場規模 ・慢性疲労症候群治療法の市場予測 ・慢性疲労症候群治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(鎮痛剤及びNSAID、抗うつ薬及び抗精神病薬、抗菌薬及び免疫調節薬) ・慢性疲労症候群治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • ロシアの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 商業用フローリングの世界市場分析:製品別(ソフトカバー、弾力性、非弾力性、シームレス、木材・ラミネート)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、商業用フローリングの世界市場について調査・分析し、商業用フローリングの世界市場動向、商業用フローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別商業用フローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)の概要 ・上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上皮性卵巣癌(Epithelial Ovarian Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮性卵巣癌(Epithelial Ovaria …
  • 世界の金属酸化物薄膜トランジスタ(TFT)市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属酸化物薄膜トランジスタ(TFT)市場2015について調査・分析し、金属酸化物薄膜トランジスタ(TFT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マテ茶の世界市場:形態別(液体、固体、粉末、その他)、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、専門ドラッグストア、コンビニエンスストア、その他)、地域別予測
    本資料は、マテ茶の世界市場について調べ、マテ茶の世界規模、市場動向、市場環境、形態別(液体、固体、粉末、その他)分析、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、専門ドラッグストア、コンビニエンスストア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マテ茶の世界市場概要 ・マテ茶の世界市場環境 ・マテ茶の世界市場動向 ・マテ茶の世界市場規模 ・マテ茶の世界市場規模:形態別(液体、固体、粉末、その他) ・マテ茶の世界市場規模:販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、専門ドラッグストア、コンビニエンスストア、その他) ・マテ茶の世界市場:地域別市場規模・分析 ・マテ茶の北米市場規模・予測 ・マテ茶のアメリカ市場規模・予測 ・マテ茶のヨーロッパ市場規模・予測 ・マテ茶のアジア市場規模・予測 ・マテ茶の日本市場規模・予測 ・マテ茶の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • トルクメニスタンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の概要 ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用接着剤の世界市場予測(~2021年):樹脂種類別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、シリコーン、SMP、ポリアミド)、用途別(ホワイトボディ、塗料工場、パワートレーン、アセンブリ)、車両種類別(バス、トラック、小型商用車)、地域別
    当調査レポートでは、自動車用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、自動車用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ灌漑システムの世界市場分析:製品別(スプリンクラー、ドリップ、センターピボット、ラテラルムーブ)、苗別(プランテーション作物、果樹園の作物、畑作物、飼料・芝)、セグメント予測
    本調査レポートでは、マイクロ灌漑システムの世界市場について調査・分析し、マイクロ灌漑システムの世界市場動向、マイクロ灌漑システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ灌漑システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の顔面インプラント市場2016
    本調査レポートでは、世界の顔面インプラント市場2016について調査・分析し、顔面インプラントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IL-18受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-18受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-18受容体拮抗薬の概要 ・IL-18受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-18受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-18受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-18受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ロシアの電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマート学習の世界市場規模が2019年232億ドルから2024年565億ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスマート学習市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、学習種類別(同期学習、非同期学習)分析、エンドユーザー別(アカデミック、企業)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマート学習市場:学習種類別(同期学習、非同期学習) ・世界のスマート学習市場:エンドユーザー別(アカデミック、企業) ・世界のスマート学習市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 地下採掘設備の世界市場2020-2024
    「地下採掘設備の世界市場2020-2024」は、地下採掘設備について市場概要、市場規模、用途別(ルーム&ピラーマイニング、ロングウォールマイニング、ボアホールマイニング、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・地下採掘設備の世界市場:用途別(ルーム&ピラーマイニング、ロングウォールマイニング、ボアホールマイニング、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 自動車向けAI(人工知能)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車向けAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供商品別分析、技術別分析、プロセス別分析、地域別分析、自動車向けAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルジェリアの原油精製市場(~2021)
  • 照明制御システムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、照明制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、設置タイプ別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、照明制御システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア製品用成分の世界市場予測(~2022年):皮膚軟化剤、界面活性剤、乳化剤、レオロジーコントロール剤、有効成分
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品用成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、成分別分析、用途別分析、地域別分析、パーソナルケア製品用成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ルーマニアの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場:デリバリーモデル別(オンプレミス、Web・クラウドベース)、タイプ別(統合型PACS、スタンドアロン型PACS)、最終用途別(専門診療所・通院外科診療所、病院)、地域別予測
    本資料は、眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場について調べ、眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界規模、市場動向、市場環境、デリバリーモデル別(オンプレミス、Web・クラウドベース)分析、タイプ別(統合型PACS、スタンドアロン型PACS)分析、最終用途別(専門診療所・通院外科診療所、病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場概要 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場環境 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場動向 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場規模 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場規模:デリバリーモデル別(オンプレミス、Web・クラウドベース) ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場規模:タイプ別(統合型PACS、スタンドアロン型PACS) ・眼科用PACS(医療用画像管理システム) …
  • 脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の概要 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 世界のウェルネスサプリメント市場規模・予測2017-2025:商品別(栄養補助食品、機能性・強化食品・飲料、食物不耐性症用、デルマコスメティクス)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のウェルネスサプリメント市場について調査・分析し、世界のウェルネスサプリメント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のウェルネスサプリメント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 温度センサーの世界市場予測(~2023年):バイメタル、サーミスタ、IC、RTD、熱電対、IR、光ファイバー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、温度センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ(バイメタル、サーミスタ、IC、RTD、熱電対、IR、光ファイバー)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、温度センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨密度測定装置(BDM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨密度測定装置(BDM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、骨密度測定装置(BDM)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売陳列用包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、小売陳列用包装の世界市場について調査・分析し、小売陳列用包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 小売陳列用包装の世界市場:市場動向分析 - 小売陳列用包装の世界市場:競争要因分析 - 小売陳列用包装の世界市場:材料別 ・紙 ・ガラス ・金属 ・プラスチック ・波形素材 - 小売陳列用包装の世界市場:包装の種類別 ・ポリ容器 ・金属/ガラス構造 ・折箱 ・段ボールディスプレイ ・段ボール箱 ・その他 - 小売陳列用包装の世界市場:エンドユーザー別 ・食品・飲料 ・家庭用品 ・家電 ・医療 ・化粧品・パーソナルケア ・その他 - 小売陳列用包装の世界市場:主要地域別分析 - 小売陳列用包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 小売陳列用包装のヨーロッパ市場規模 - 小売陳列用包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・小売陳列用包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ダウン症候群(Down Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるダウン症候群(Down Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ダウン症候群(Down Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ダウン症候群(Down Syndrome)の概要 ・ダウン症候群(Down Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のダウン症候群(Down Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ダウン症候群(Down Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 脱水装置の世界市場予測(~2026):遠心分離機、ベルトフィルタプレス、真空濾過器、乾燥床、汚泥溜め
    当調査レポートでは、脱水装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術種類別分析、地域別分析、脱水装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスメーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガスメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスメーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 5硫化リンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、5硫化リンの世界市場について調査・分析し、5硫化リンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別5硫化リンシェア、市場規模推移、市場規模予測、5硫化リン種類別分析()、5硫化リン用途別分析(潤滑添加剤、浮遊選鉱用薬品、駆除剤、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・5硫化リンの市場概観 ・5硫化リンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・5硫化リンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・5硫化リンの世界市場規模 ・5硫化リンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・5硫化リンのアメリカ市場規模推移 ・5硫化リンのカナダ市場規模推移 ・5硫化リンのメキシコ市場規模推移 ・5硫化リンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・5硫化リンのドイツ市場規模推移 ・5硫化リンのイギリス市場規模推移 ・5硫化リンのロシア市場規模推移 ・5硫化リンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・5硫化リンの日本市場規 …
  • 自己免疫疾患診断の世界市場
    当調査レポートでは、自己免疫疾患診断の世界市場について調査・分析し、自己免疫疾患診断の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の慣性航法装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の慣性航法装置市場2015について調査・分析し、慣性航法装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 煙警報器(煙探知器)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、煙警報器(煙探知器)の世界市場について調査・分析し、煙警報器(煙探知器)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別煙警報器(煙探知器)シェア、市場規模推移、市場規模予測、煙警報器(煙探知器)種類別分析()、煙警報器(煙探知器)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・煙警報器(煙探知器)の市場概観 ・煙警報器(煙探知器)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・煙警報器(煙探知器)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・煙警報器(煙探知器)の世界市場規模 ・煙警報器(煙探知器)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・煙警報器(煙探知器)のアメリカ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のカナダ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のメキシコ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・煙警報器(煙探知器)のドイツ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のイギリス市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器 …
  • トリプトシン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトリプトシン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トリプトシン阻害剤の概要 ・トリプトシン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトリプトシン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トリプトシン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トリプトシン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • イスラエルの体外式除細動器市場見通し
  • 自動給餌システムの世界市場予測(~2023年)
    自動給餌システムの世界市場は、2018年の約51億米ドルから2023年には約74億米ドルに達し、7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、農場所有者が操業コストや損失を削減するために手作業による給餌を自動化することを選好する傾向にあることが考えられます。一方で、ステークホルダーは、給餌装置および給餌ラインの標準化の欠如という大きな課題に直面しています。さらに、初期の設置における資本金規制が厳しいことから、中小規模の農場は給餌プロセスの自動化を敬遠する可能性があります。当調査レポートでは、自動給餌システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、家畜(反芻動物、ブタ、家禽)分析、機能(管理、調合、充填、スクリーニング)分析、提供分析、技術分析、自動給餌システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リップケア製品包装の世界市場
    当調査レポートでは、リップケア製品包装の世界市場について調査・分析し、リップケア製品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - リップケア製品包装の世界市場:市場動向分析 - リップケア製品包装の世界市場:競争要因分析 - リップケア製品包装の世界市場:素材の種類別 ・金属 ・板紙 ・ガラス ・プラスチック - リップケア製品包装の世界市場:用途別 ・ブラシで塗るタイプ ・ロールオンタイプ - リップケア製品包装の世界市場:包装の種類別 ・缶入りリップ ・ジャー入りリップ ・チューブ入りリップ ・瓶入りリップ - リップケア製品包装の世界市場:主要地域別分析 - リップケア製品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - リップケア製品包装のヨーロッパ市場規模 - リップケア製品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・リップケア製品包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 滅菌技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、滅菌技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌技術市場規模、種類別(温熱殺菌、濾過減菌、電離放射滅菌、化学・ガス減菌、機器、消耗品、サービス)分析、工程別(物理、物理化学、化学、相乗工程)分析、用途別(医薬品、医療機器)分析、エンドユーザー別(製造、農業、医療機器、化粧品、飲食料、医薬品・バイオテクノロジー企業、病院・クリニック、外来外科センター、学術・研究機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 滅菌技術の世界市場:市場動向分析 ・ 滅菌技術の世界市場:競争要因分析 ・ 滅菌技術の世界市場:種類別(温熱殺菌、濾過減菌、電離放射滅菌、化学・ガス減菌、機器、消耗品、サービス) ・ 滅菌技術の世界市場:工程別(物理、物理化学、化学、相乗工程) ・ 滅菌技術の世界市場:用途別(医薬品、医療機器) ・ 滅菌技術の世界市場:エンドユーザー別(製造、農業、医療機器、化粧品、飲食料、医薬品・バイオテクノロジー企業、 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"