"ソフトウェア無線(SDR)の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9480)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ソフトウェア無線(SDR)の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Software-Defined Radios (SDR) Market
SDR are partially or wholly software-configured radios that use a common platform across various applications (defense, homeland security, and commercial). They provide a universal full-duplex radio module that can be used across all the platforms and can be configured in the real-time field to offer flexibility, versatility, efficiency, and longer service life from a single set of batteries, all while providing significant size, weight, and power (SWAP) advantages.

These radios have evolved as an efficient solution for secure and effective communication in the military, commercial, and homeland security sectors. Governments have initiated many projects for the development of SDR such as the US Joint Tactical Radio System (JTRS) program, ESSOR program, and SpeakEasy radio program. A major successful SDR venture is the JTRS that enables the armed forces to exchange data using a wide variety of new and existing communications systems.

Technavio’s analysts forecast the global SDR market to grow at a CAGR of 11.82% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global SDR market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated in the overall market.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global (SDR) Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• BAE Systems
• L3 Communications Corp.
• Northrop Grumman
• Rockwell Collins
• Thales Group

[Other prominent vendors]
• Harris Corporation
• Raytheon
• Data Link Solutions
• ViaSat
• Rohde & Schwarz

[Market driver]
• Growing demand for effective communication systems
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Spectrum-management issues
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Next-generation reconfigurable radio equipment
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ソフトウェア無線(SDR)の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Market overview
• Market size and forecast

PART 05: Global aerospace and defense supply chain system

PART 06: Global aerospace and defense supply chain system

PART 07: Segmentation of global software defined radio by application
• Segmentation of global SDR market by application
• Global SDR market for defense application
• Segmentation of global SDR market for airborne
• Segmentation of global SDR market for land
• Segmentation of global SDR market for navy
• Global SDR market for homeland security
• Global SDR market for commercial

PART 08: Geographical segmentation
• Geographical segmentation of global SDR market 2016-2020
• SDR market in the Americas
• SDR market in EMEA
• SDR market in APAC

PART 09: Key leading regions

PART 10: Market drivers

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• BAE Systems
• L-3 Communications
• Northrop Grumman
• Rockwell Collins
• Thales Group
• Key vendors’ recent developments

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Segmentation of global software defined market
Exhibit 03: Global SDR market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Global aerospace and defense supply chain system
Exhibit 05: Global aerospace and defense value chain system
Exhibit 06: Market segmentation by application 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 07: Global SDR market for defense application ($ billions)
Exhibit 08: Global SDR market for airborne application 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 09: Global SDR market for land application 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global SDR market for navy 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global SDR market for homeland security ($ billions)
Exhibit 12: Global SDR market for commercial ($ millions)
Exhibit 13: Geographical segmentation of global SDR market 2015
Exhibit 14: Geographical segmentation of global SDR market 2020
Exhibit 15: Market segmentation by geography 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 16: Market segmentation by geography 2015-2020 (% share)
Exhibit 17: SDR market in the Americas ($ billions)
Exhibit 18: SDR market in EMEA ($ billions)
Exhibit 19: SDR market in APAC ($ billions)
Exhibit 20: Key leading regions
Exhibit 21: Impact of drivers
Exhibit 22: Impact of drivers and challenges
Exhibit 23: Market specific vendors
Exhibit 24: BAE Systems: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 25: BAE Systems: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 26: BAE Systems: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 27: L-3 Communications: Business segmentation 2015 (%)
Exhibit 28: L-3 Communications: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 29: L-3 Communications: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 30: Northrop Grumman: Business segmentation 2015 (%)
Exhibit 31: Northrop Grumman: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 32: Northrop Grumman: Customer segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 33: Rockwell Collins: Business segmentation revenue 2015 (%)
Exhibit 34: Rockwell Collins: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 35: Rockwell Collins: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 36: Thales Group: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 37: Thales Group: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 38: Thales Group: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ソフトウェア無線(SDR)の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月18日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9480
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】防衛
【キーワード】ソフトウェア無線(SDR)、防衛、セキュリティ、ソフトウェア無線用途、ラジオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ソフトウェア無線(SDR)の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デジタル教育出版の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタル教育出版の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル教育出版の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CBRN(化学、生物、放射性物質、核)セキュリティの世界市場
    当調査レポートでは、CBRN(化学、生物、放射性物質、核)セキュリティの世界市場について調査・分析し、CBRN(化学、生物、放射性物質、核)セキュリティの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のマッピングカテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界のマッピングカテーテル市場2015について調査・分析し、マッピングカテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療装置用ラベリングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療装置用ラベリングの世界市場規模が2017年699.1億ドルから2026年1兆3759.8億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療装置用ラベリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療装置用ラベリング市場規模、材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類)分析、ラベル種類別(スリーブラベル、感圧ラベル、インモールドラベル、接着剤付きラベル、その他のラベル種類)分析、用途別(使い捨て消耗品、監視・診断機器、治療機器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:市場動向分析 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:競争要因分析 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類) ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:ラベル種類別(スリーブラベル、感圧ラベル、インモールドラベル、接着剤付きラベル、その他のラベル …
  • 軽飛行機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、軽飛行機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軽飛行機市場規模、技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cirrus Aircraft, Diamond Aircraft, Piper Aircraft, TECNAM, Textron Aviationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軽飛行機の世界市場概要 ・軽飛行機の世界市場環境 ・軽飛行機の世界市場動向 ・軽飛行機の世界市場規模 ・軽飛行機の世界市場:業界構造分析 ・軽飛行機の世界市場:技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式) ・軽飛行機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・軽飛行機の北米市場規模・予測 ・軽飛行機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軽飛行機のアジア太平洋市場規模・予測 ・軽飛行機の主要国分析 ・軽飛行機の世界市場:意思決定フレームワーク ・軽飛行機の世界市場:成長要因、課題 ・軽 …
  • 自動車ソーラーカーポート充電スタンド(SCCS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車ソーラーカーポート充電スタンド(SCCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ソーラーカーポート充電スタンド(SCCS)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ゴムの世界市場
    当調査レポートでは、合成ゴムの世界市場について調査・分析し、合成ゴムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ナノシリカの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ナノシリカの世界市場について調べ、ナノシリカの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ナノシリカの市場規模をセグメンテーション別(種類別(Pタイプ、Sタイプ、タイプIII)、用途別(ゴム、コーティング、コンクリート、農業、プラスチック、健康管理、その他の用途)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はナノシリカの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ナノシリカの市場状況 ・ナノシリカの市場規模 ・ナノシリカの市場予測 ・ナノシリカの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(Pタイプ、Sタイプ、タイプIII) ・市場セグメンテーション:用途別(ゴム、コーティング、コンクリート、農業、プラスチック、健康管理、その他の用途) ・ナノシリカの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、 …
  • 動力式芝刈り機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、動力式芝刈り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力式芝刈り機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 電気絶縁体の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気絶縁体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気絶縁体の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 低酸素誘導因子1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における低酸素誘導因子1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低酸素誘導因子1阻害剤の概要 ・低酸素誘導因子1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の低酸素誘導因子1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低酸素誘導因子1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・低酸素誘導因子1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヨーロッパ主要国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 骨粗鬆症(Osteoporosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨粗鬆症(Osteoporosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬剤
  • インターロイキン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン阻害剤の概要 ・インターロイキン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場について調査・分析し、ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ディスク型金属酸化物バリスタシェア、市場規模推移、市場規模予測、ディスク型金属酸化物バリスタ種類別分析(LV MOV、HV-MVMOV)、ディスク型金属酸化物バリスタ用途別分析(遠距離通信、電力、建物、鉄道、石油化学、新エネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ディスク型金属酸化物バリスタの市場概観 ・ディスク型金属酸化物バリスタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ディスク型金属酸化物バリスタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場規模 ・ディスク型金属酸化物バリスタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ディスク型金属酸化物バリスタのアメリカ市場規模推移 ・ディスク型金属酸化物バリスタのカナダ市場規模推移 ・ディスク型金属酸化物バリスタのメキシコ市場規模推移 ・ディスク …
  • デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デュアルレンズカメラ搭載スマートフォン市場規模、価格別(高価格帯、中価格帯、低価格帯)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Apple, HTC, HUAWEI Technologies, LG Electronics, SAMSUNGなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場概要 ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場環境 ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場動向 ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場規模 ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場:業界構造分析 ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場:価格別(高価格帯、中価格帯、低価格帯) ・デュアルレンズカメラ搭載スマートフォンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デュアルレンズカメラ搭載 …
  • 射撃検知システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、射撃検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、種類別分析、製品別分析、地域別分析、射撃検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリルオイルの世界市場2017-2021:タブレット、リキッド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クリルオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリルオイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリルオイルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAker BioMarine、Enzymotec、Omega Protein、Reckitt Benckiser、RIMFROST等です。
  • 網膜変性(Retinal Degeneration):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における網膜変性(Retinal Degeneration)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、網膜変性(Retinal Degeneration)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・網膜変性(Retinal Degeneration)の概要 ・網膜変性(Retinal Degeneration)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の網膜変性(Retinal Degeneration)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・網膜変性(Retinal Degeneration)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 発泡剤の世界市場予測(~2026):製品種類別、発泡体別(ポリウレタン、ポリスチレン、フェノール、ポリオレフィン発泡体)、地域別
    当調査レポートでは、発泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、発泡体別分析、地域別分析、発泡剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用脱気器(デアレーター)の世界市場予測(~2023年):スプレートレイ型、スプレー型、真空型
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品用脱気器(デアレーター)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(スプレートレイ型、スプレー型、真空型)分析、機能別(酸素除去、湯せん、芳香・風味維持、その他)分析、用途別(食品、飲料)分析、食品用脱気器(デアレーター)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるcFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・cFMSキナーゼ阻害薬の概要 ・cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のcFMSキナーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・cFMSキナーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・cFMSキナーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の信号発生器市場2015
    本調査レポートでは、世界の信号発生器市場2015について調査・分析し、信号発生器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チタン粉末の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チタン粉末の世界市場について調査・分析し、チタン粉末の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チタン粉末シェア、市場規模推移、市場規模予測、チタン粉末種類別分析(高純度チタン粉末(CPTP)、合金チタン粉末 (ATP))、チタン粉末用途別分析(航空宇宙、自動車、石油化学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チタン粉末の市場概観 ・チタン粉末のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チタン粉末のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チタン粉末の世界市場規模 ・チタン粉末の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チタン粉末のアメリカ市場規模推移 ・チタン粉末のカナダ市場規模推移 ・チタン粉末のメキシコ市場規模推移 ・チタン粉末のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・チタン粉末のドイツ市場規模推移 ・チタン粉末のイギリス市場規模推移 ・チタン粉末のロシア市場規模推移 ・チタン粉末のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • 自動3Dプリンティングの世界市場予測(~2023年)
    自動3Dプリンティングの市場全体は、2018年の196百万米ドルから2023年には1,793百万米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は55.65%と予測されています。効率と生産コストへの関心の高まり、産業オートメーション用ロボットの採用の拡大、後処理自動化の必要性の高まりが、この市場の成長を促す重要な原動力となっています。当調査レポートでは、自動3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、プロセス別(マテリアルハンドリング、自動生産、部品ハンドリング、後処理、マルチプロセッシング)分析、エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、ヘルスケア)分析、自動3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療ITの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療ITの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療ITの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンハイウェイ車向け照明の世界市場:車両タイプ別(乗用車、バス)、用途別(ヘッドライト、内装照明)、製品タイプ別(LED、レーザー)、セグメント予測
    オンハイウェイ車向け照明の世界市場は2025年には420億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。視界の向上とエネルギー効率の高い光源の普及を目指した政府の規制により、この市場の成長は支えられています。LEDランプの採用が増加し、技術革新が重視されることで、市場はさらに拡大すると見込まれています。自動車メーカーは、レーザーや発光ダイオード(LED)など、エネルギー効率の高い高度な照明技術をますます採用しています。本調査レポートでは、オンハイウェイ車向け照明の世界市場について調査・分析し、オンハイウェイ車向け照明の世界市場動向、オンハイウェイ車向け照明の世界市場規模、市場予測、セグメント別オンハイウェイ車向け照明市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バンカー重油の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、バンカー重油の世界市場について調査・分析し、バンカー重油の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バンカー重油の世界市場:市場動向分析 - バンカー重油の世界市場:競争要因分析 - バンカー重油の世界市場:エンドユーザー別 石油タンカー 一般貨物 ガスタンカー 漁業 コンテイナー 化学薬品タンカー 大型輸送会社 その他のエンドユーザー - バンカー重油の世界市場:種類別 残留燃料油 精製燃料 - バンカー重油の世界市場:燃料等級 船舶ディーゼル油または船舶ディーゼルガス 中級燃料オイル(IFO)180 中級燃料オイル(IFO)380 中級燃料オイル(IFO)500 中級燃料オイル(IFO)700 低硫黄(LS)380 低硫黄(LS)180 - バンカー重油の世界市場:商用配給者 小規模個人 大規模個人 主流石油会社 - バンカー重油の世界市場:主要地域別分析 - バンカー重油の北米市場規模(アメリカ市場等) - バンカー重油のヨーロッパ市場規模 - バンカー重油のアジア市場規模(日本市 …
  • 世界の殺線虫剤市場:種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、バイオネマチサイド)、適用方法別(燻蒸、灌注、土壌ドレッシング、種子処理)、線虫種類別(ルートノット、嚢胞)、作物種類別、フォーム別、地域別
    MarketsandMarkets社は、殺線虫剤の世界市場規模が2019年13億ドルから2025年16億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本書は、世界の殺線虫剤市場について調査・分析し、市場概要、線虫タイプ別(ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、その他)分析、種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、殺生物剤、その他)分析、適用方法別(燻蒸、潅水、土壌ドレッシング)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の殺線虫剤市場:線虫タイプ別(ネコブセンチュウ、シストセンチュウ、その他) ・世界の殺線虫剤市場:種類別(燻蒸剤、カルバメート、有機リン酸塩、殺生物剤、その他) ・世界の殺線虫剤市場:適用方法別(燻蒸、潅水、土壌ドレッシング) ・世界の殺線虫剤市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 母屋材及びサイドレールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、母屋材及びサイドレールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、母屋材及びサイドレールの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 亜酸化窒素の世界市場:用途別(自動車、医療、電子装置、食品・飲料)、地域別予測
    本資料は、亜酸化窒素の世界市場について調べ、亜酸化窒素の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(自動車、医療、電子装置、食品・飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・亜酸化窒素の世界市場概要 ・亜酸化窒素の世界市場環境 ・亜酸化窒素の世界市場動向 ・亜酸化窒素の世界市場規模 ・亜酸化窒素の世界市場規模:用途別(自動車、医療、電子装置、食品・飲料) ・亜酸化窒素の世界市場:地域別市場規模・分析 ・亜酸化窒素の北米市場規模・予測 ・亜酸化窒素のアメリカ市場規模・予測 ・亜酸化窒素のヨーロッパ市場規模・予測 ・亜酸化窒素のアジア市場規模・予測 ・亜酸化窒素の日本市場規模・予測 ・亜酸化窒素の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 精巣がん(Testicular Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における精巣がん(Testicular Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、精巣がん(Testicular Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・精巣がん(Testicular Cancer)の概要 ・精巣がん(Testicular Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の精巣がん(Testicular Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 高強度鋼の世界市場:製品別(高強度低合金、二相鋼)、用飛別(自動車、建設、航空・海洋、鉱業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高強度鋼の世界市場について調査・分析し、高強度鋼の世界市場動向、高強度鋼の世界市場規模、市場予測、セグメント別高強度鋼市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウエハレベル製造装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ウエハレベル製造装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウエハレベル製造装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工助剤(PA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加工助剤(PA)の世界市場について調査・分析し、加工助剤(PA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加工助剤(PA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、加工助剤(PA)種類別分析(ポリマー、アクリル)、加工助剤(PA)用途別分析(管/配管用器具、プロファイル・ホース/チュービング、リジッドフィルム/シート、ケーブル、 その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加工助剤(PA)の市場概観 ・加工助剤(PA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加工助剤(PA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加工助剤(PA)の世界市場規模 ・加工助剤(PA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加工助剤(PA)のアメリカ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のカナダ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のメキシコ市場規模推移 ・加工助剤(PA)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加工助剤(PA)のドイツ市場規模推移 ・加工助剤( …
  • トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)市場規模、用途別(輸送、リフトトラック、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場概要 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場環境 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場動向 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場規模 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場:業界構造分析 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場:用途別(輸送、リフトトラック、その他) ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)の北米市場規模・予測 ・トラクションバッテリー(牽引用蓄電池)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トラクションバッテリ …
  • 鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動式船舶の世界市場予測(~2030年)
    MarketsandMarkets社は、電動式船舶の世界市場規模が2019年52億ドルから2030年156億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電動式船舶の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,種類別(完全電動、ハイブリッド)分析、システム別(エネルギー貯蔵システム、電力変換、発電、配電)分析、動作モード別(有人、遠隔操作、自律)分析、船舶種類別(商用、防衛)分析、電気別(
  • 農業用トラクターの世界市場2020-2024:エンジン容量別、製品別、地域別
    「農業用トラクターの世界市場2020-2024」は、農業用トラクターについて市場概要、市場規模、体積別(低電力、中電力、高電力)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・農業用トラクターの世界市場:体積別(低電力、中電力、高電力) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 血液分析装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血液分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの心臓血管手術装置市場見通し
  • 菜食主義向け包装食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、菜食主義向け包装食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、菜食主義向け包装食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、バイオプロセス検証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、テスト種類別(抽出物および浸出物、完全性テスト、微生物学テスト)分析、プロセスコンポーネント別(フィルター要素、バイオリアクター)分析、エンドユーザー別(CDMO、バイオテクノロジー、製薬会社)分析、バイオプロセス検証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、バイオプロセス検証の世界市場規模が2019年180百万ドルから2024年360百万ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の世界市場について調べ、インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(データセンター、産業用電源ソリューション、VoIP電話システム)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はインテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場状況 ・インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場規模 ・インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場予測 ・インテ …
  • 腎性貧血(Renal Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎性貧血(Renal Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎性貧血(Renal Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎性貧血(Renal Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎性貧血(Renal Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎性貧血(Renal Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎性貧血(Renal Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎性貧血(Renal Anemia)治療薬剤
  • スチレンブタジエンラテックスの世界市場
    当調査レポートでは、スチレンブタジエンラテックスの世界市場について調査・分析し、スチレンブタジエンラテックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(小売、小売以外)
    本資料は、ビーコン管理ソフトウェアの世界市場について調べ、ビーコン管理ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場概要 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場環境 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場動向 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場規模 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(小売、小売以外) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビーコン管理ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアの日本市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェア …
  • 耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場:ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー
    Technavio社の本調査レポートでは、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場について調べ、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場予測 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー) ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太 …
  • ソリッドステートドライブの世界市場
    当調査レポートでは、ソリッドステートドライブの世界市場について調査・分析し、ソリッドステートドライブの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"