"世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9401)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Back Office Outsourcing Market in the Financial Services Sector
Outsourcing refers to the transfer of business functions or services to a third-party service provider on a contractual basis. Companies primarily outsource to reduce costs and reap potential benefits such as gaining access to skilled expertise, flexible staffing, reduce turnaround time, improve efficiency, and generate more profits.
Outsourcing is often divided into two broad categories, back office outsourcing, and front office outsourcing. Front office outsourcing often deals with customer-related services such as marketing. Back office functions comprise those tasks that help in keeping a business running smoothly and efficiently. They, however, do not make up the core of the company business.

Technavio’s analysts forecast the Global Back Office Outsourcing Market in the Financial Services Sector to grow at a CAGR of 7.46% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the Global Back Office Outsourcing Market in the Financial Services Sector for 2016-2020.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Back Office Outsourcing Market in the Financial Services Sector 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Accenture
• IBM
• Infosys
• TCS

[Other prominent vendors]
• Aegis
• Attra Infotech
• Birlasoft
• Capgemini
• CGI
• Cognizant
• CSC
• Dell
• eClerx
• Endava
• EPAM
• EXL
• HCL
• Hexaware
• HP
• iGate
• Infosys
• ITC Infotech
• L&T Infotech
• Luxoft
• Mindtree
• Mphasis
• NIIT Technologies
• Polaris Consulting and Services
• Serco Global Services
• Softtek
• Sutherland Global Services
• Syntel
• Tech Mahindra
• Unisys
• Virtusa
• Viteos Fund Services
• Wipro
• WNS
• Xchanging
• Xerox
• Zensar

[Market driver]
• Greater efficiency and productivity
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High level of attrition and employee turnover
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increased adoption of digital and mobile solutions
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by category
• Segmentation of global back office outsourcing market in financial service sector by category
• Hardware
• Software
• Services

PART 07: Geographical segmentation
• Geographical segmentation of global back office outsourcing market in financial services sector
• Americas
• EMEA
• APAC

PART 08: Market drivers
• Greater efficiency and productivity
• Cost savings
• Risk mitigation
• Increase in outsourcing of ATM back office services
• Need to conform with regulatory compliance

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges
• Increased security concerns
• Inconvenience for company employees
• High levels of attrition and employee turnover
• Lack of domain expertise
• Adhering to varied requirements

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends
• Increased adoption of digital and mobile solutions
• Consistent occurrence of outsourcing deals pertaining to back office services
• Rise of big data in financial services
• Increased adoption of cloud computing and virtualization

PART 13: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Major vendors
• Other prominent vendors

PART 14: Key vendor analysis
• Accenture
• IBM
• Infosys
• TCS

PART 15: Appendix
• List of abbreviations

PART 16: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Countries covered for market analysis
Exhibit 02: Product offerings
Exhibit 03: Global back office outsourcing market in financial services sector 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 04: Five forces analysis
Exhibit 05: Segmentation of global back office outsourcing market in financial services sector by category 2015
Exhibit 06: ITO versus BPO deals in BFSI sector by volume 2015
Exhibit 07: ITO by function
Exhibit 08: BPO by function
Exhibit 09: Geographical segmentation of global back office outsourcing market in financial services sector
Exhibit 10: Impact of drivers
Exhibit 11: Impact of drivers and challenges
Exhibit 12: Other prominent vendors
Exhibit 13: Accenture: IT infrastructure outsourcing services
Exhibit 14: Accenture: BPO service offerings
Exhibit 15: Accenture: Financial and accounting BPO services
Exhibit 16: IBM: IT outsourcing service offerings
Exhibit 17: IBM: Financial services
Exhibit 18: Infosys: Application outsourcing services
Exhibit 19: Infosys: Business process services
Exhibit 20: TCS: Banking solutions
Exhibit 21: TCS: IT infrastructure and application outsourcing services

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場
【発行日】2016年5月18日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9401
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】バックオフィス、アウトソーシングサービス、金融
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の金融部門におけるバックオフィスアウトソーシング市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医用画像解析ソフトウェアの世界市場:タイプ別(スタンドアロン)、画像タイプ別(2D、3D、4D)、モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波)、用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患)、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究)、地域別予測
    本資料は、医用画像解析ソフトウェアの世界市場について調べ、医用画像解析ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(スタンドアロン)分析、画像タイプ別(2D、3D、4D)分析、モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波)分析、用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患)分析、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場概要 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場環境 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場動向 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:タイプ別(スタンドアロン) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:画像タイプ別(2D、3D、4D) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患) ・医用画 …
  • 医療ホログラフィーの世界市場予測(~2021年):ホログラフィーディスプレイ、顕微鏡、プリント、ソフトウェア
    当調査レポートでは、医療ホログラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、医療ホログラフィーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 癒着防止剤の世界市場:ヒアルロン酸、フィブリン、再生セルロース、コラーゲン、タンパク質
    当調査レポートでは、癒着防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、製品形状別分析、用途別分析、地域別分析、癒着防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDセカンダリーオプティクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDセカンダリーオプティクスの世界市場について調査・分析し、LEDセカンダリーオプティクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDセカンダリーオプティクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDセカンダリーオプティクス種類別分析()、LEDセカンダリーオプティクス用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDセカンダリーオプティクスの市場概観 ・LEDセカンダリーオプティクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDセカンダリーオプティクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDセカンダリーオプティクスの世界市場規模 ・LEDセカンダリーオプティクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDセカンダリーオプティクスのアメリカ市場規模推移 ・LEDセカンダリーオプティクスのカナダ市場規模推移 ・LEDセカンダリーオプティクスのメキシコ市場規模推移 ・LEDセカンダリーオプティクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 軟骨肉腫(Chondrosarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軟骨肉腫(Chondrosarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軟骨肉腫(Chondrosarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軟骨肉腫(Chondrosarcoma)の概要 ・軟骨肉腫(Chondrosarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軟骨肉腫(Chondrosarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軟骨肉腫(Chondrosarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 抗菌性添加剤の世界市場:無機(銀、銅、亜鉛)、有機(OBPA、 DCOIT)
    当調査レポートでは、抗菌性添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、抗菌性添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電動手術器具市場2019
    本調査レポートでは、世界の電動手術器具市場2019について調査・分析し、電動手術器具の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電動手術器具のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電動手術器具メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電動手術器具の市場概要 ・電動手術器具の上流・下流市場分析 ・電動手術器具のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電動手術器具のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電動手術器具のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電動手術器具の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電動手術器具の北米市場:市場予測(生産 …
  • 装置産業向けフィールドバス・ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、装置産業向けフィールドバス・ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、装置産業向けフィールドバス・ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 男性用フレグランスの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 欧州の弓用具市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の弓用具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の弓用具市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のピロ亜硫酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のピロ亜硫酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、ピロ亜硫酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ医薬品の世界市場分析:製品別(治療薬、再生医療、診断)、用途別(臨床腫瘍学、感染症)、ナノ分子別(金、銀、酸化鉄、アルミナ)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、ナノ医薬品の世界市場について調査・分析し、ナノ医薬品の世界市場動向、ナノ医薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ医薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の脊髄刺激装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の脊髄刺激装置市場2015について調査・分析し、脊髄刺激装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 線量測定器の世界市場
    当調査レポートでは、線量測定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、線量測定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の肺がん診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、肺がん診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺がん診断検査装置の概要 ・肺がん診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・肺がん診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・肺がん診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・肺がん診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・肺がん診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別肺がん診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・肺がん診断検査装置の最近動向
  • 獣医用CROの世界市場:タイプ別(臨床試験、毒性学、市場認可&規制サポート、その他)、用途別(犬、猫、その他)、エンドユーザー別(腫瘍学、感染症、神経学、その他)
    本調査レポートでは、獣医用CROの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(臨床試験、毒性学、市場認可&規制サポート、その他)分析、用途別(犬、猫、その他)分析、エンドユーザー別(腫瘍学、感染症、神経学、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・獣医用CROの世界市場:タイプ別(臨床試験、毒性学、市場認可&規制サポート、その他) ・獣医用CROの世界市場:用途別(犬、猫、その他) ・獣医用CROの世界市場:エンドユーザー別(腫瘍学、感染症、神経学、その他) ・獣医用CROの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 急性冠症候群(ACS)の疫学的予測
    当調査レポートでは、急性冠症候群(ACS)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・急性冠症候群(ACS)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・急性冠症候群(ACS)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • マイクロセルラープラスチックの世界市場:用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他)、地域別予測
    本資料は、マイクロセルラープラスチックの世界市場について調べ、マイクロセルラープラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マイクロセルラープラスチックの世界市場概要 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場環境 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場動向 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場規模 ・マイクロセルラープラスチックの世界市場規模:用途別(ヘルスケア、電子機器、輸送、玩具、建設、食品パッケージング、その他) ・マイクロセルラープラスチックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロセルラープラスチックの北米市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのアメリカ市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのヨーロッパ市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチックのアジア市場規模・予測 ・マイクロセルラープラスチッ …
  • 空港搭乗者検査システムの世界市場2017-2021:空港金属・爆発物検知システム、空港高度イメージングシステム
    当調査レポートでは、空港搭乗者検査システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港搭乗者検査システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 陰イオン界面活性剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、陰イオン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、陰イオン界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア製品の有効成分の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品の有効成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア製品の有効成分の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパーソナルケア製品の有効成分の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ashland• BASF• Croda International• Solvay等です。
  • 軽量素材の世界市場:製品別(アルミニウム、高張力鋼)、用途別(自動車、航空機、エネルギー)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、軽量素材の世界市場について調査・分析し、軽量素材の世界市場動向、軽量素材の世界市場規模、市場予測、セグメント別軽量素材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不整脈(Arrhythmias):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における不整脈(Arrhythmias)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、不整脈(Arrhythmias)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・不整脈(Arrhythmias)の概要 ・不整脈(Arrhythmias)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の不整脈(Arrhythmias)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・不整脈(Arrhythmias)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・不整脈(Arr …
  • 全天候着陸装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、全天候着陸装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、全天候着陸装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)
    ブロックチェーンIoTの世界市場は、2019年の1億1,310万米ドルから2024年には30億2,100万米ドルに達し、この期間中92.92%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、IoTの採用の増加、IoTセキュリティへのニーズの高まり、ビジネスプロセスの簡素化と透明性・不変性の提供、そして業務効率に対する注目の高まりが考えられます。また、成長を後押しする潜在的な好機としては、スマートコントラクトおよびデジタルID用のブロックチェーンソリューションの採用の増加、そして政府取り組みの強化などがあります。一方で、市場の主な制約は、規制の不確実性とノード数の増加に伴う遅延の増大です。また、ブロックチェーンテクノロジに対する認識の欠如および規格の欠如は、市場の成長に大きな課題をもたらします。当調査レポートでは、ブロックチェーンIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、インフラプロバイダー)分析、用途(スマートコントラクト、データセキュリティ、データ共有 …
  • 商用車用ターボチャージャーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用ターボチャージャーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の帆布市場2016
    本調査レポートでは、世界の帆布市場2016について調査・分析し、帆布の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽攻撃偵察機の世界市場2017-2021:固定翼、回転翼
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軽攻撃偵察機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軽攻撃偵察機の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軽攻撃偵察機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AIR TRACTOR、Embraer、IOMAX USA、Textron等です。
  • FISHプローブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FISHプローブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FISHプローブの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリ乳酸(PLA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリ乳酸(PLA)の世界市場について調査・分析し、ポリ乳酸(PLA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリ乳酸(PLA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリ乳酸(PLA)種類別分析(L乳酸、D乳酸、DL乳酸)、ポリ乳酸(PLA)用途別分析(飲食料品用包装、配膳用、電子・電化製品、医療・衛生、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリ乳酸(PLA)の市場概観 ・ポリ乳酸(PLA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリ乳酸(PLA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリ乳酸(PLA)の世界市場規模 ・ポリ乳酸(PLA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリ乳酸(PLA)のアメリカ市場規模推移 ・ポリ乳酸(PLA)のカナダ市場規模推移 ・ポリ乳酸(PLA)のメキシコ市場規模推移 ・ポリ乳酸(PLA)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポリ乳酸(PLA)のドイツ市場規模推移 ・ポリ乳酸(P …
  • 混合信号ICの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、混合信号ICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、混合信号ICの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 混合ICとは、デジタルICとアナログICが1チップ上に一つになったものです。混合信号ICは、家庭用電化製品、自動車、通信、医療、セキュリティ等における用途において、必須の部品です。Technavio社は混合信号ICの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• NXP Semiconductors• Texas Instruments• Broadcom• Renesas Electronics• Silego Technology等です。
  • ハブモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハブモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、設置別(フロント、リア)分析、車両別(E-自転車、E-スクーター・モペット、E-バイク)分析、モーター別(ギヤード、ギヤレス)分析、販売チャネル別(OE、アフターマーケット)分析、ハブモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチフォーマットトランスコーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチフォーマットトランスコーダー市場2015について調査・分析し、マルチフォーマットトランスコーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の心臓人工弁市場(~2021)
  • 小児用補聴器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小児用補聴器の世界市場について調査・分析し、小児用補聴器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小児用補聴器シェア、市場規模推移、市場規模予測、小児用補聴器種類別分析(耳掛型(BTE)、耳穴型(ITE)、その他)、小児用補聴器用途別分析(0-3歳用、3-6歳用、7歳以上用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小児用補聴器の市場概観 ・小児用補聴器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小児用補聴器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小児用補聴器の世界市場規模 ・小児用補聴器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小児用補聴器のアメリカ市場規模推移 ・小児用補聴器のカナダ市場規模推移 ・小児用補聴器のメキシコ市場規模推移 ・小児用補聴器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・小児用補聴器のドイツ市場規模推移 ・小児用補聴器のイギリス市場規模推移 ・小児用補聴器のロシア市場規模推移 ・小児用補聴器のアジア市場分析(日本 …
  • 二輪車用触媒コンバーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用触媒コンバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 再発寛解型多発性硬化症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再発寛解型多発性硬化症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再発寛解型多発性硬化症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再発寛解型多発性硬化症の概要 ・再発寛解型多発性硬化症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再発寛解型多発性硬化症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再発寛解型多発性硬化症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・再発寛解型多発性硬化症治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中国の水力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • ホームオフィス家具の世界市場:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)、地域別予測
    本資料は、ホームオフィス家具の世界市場について調べ、ホームオフィス家具の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)分析、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKnoll、Inter IKEA Group、Herman Miller、Ashley Furniture Industries、Poltrona Frau、Steelcase、Kimball International 、Sears Holdings、HNI、Mascoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホームオフィス家具の世界市場概要 ・ホームオフィス家具の世界市場環境 ・ホームオフィス家具の世界市場動向 ・ホームオフィス家具の世界市場規模 ・ホームオフィス家具の世界市場規模:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他) ・ホームオフィス家具の世界市場規模:販 …
  • 業務用電気チーズ削り器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用電気チーズ削り器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用電気チーズ削り器市場規模、製品別(高負荷用、中負荷用、低負荷用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場概要 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場環境 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場動向 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場規模 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:業界構造分析 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:製品別(高負荷用、中負荷用、低負荷用) ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用電気チーズ削り器のアメリカ市場規模・予測 ・業務用電気チーズ削り器のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用電気チーズ削り器のアジア市場規模・予測 ・業務用電気チーズ削り器の主要国分析 ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用電気チーズ削り器の世界市場:成長要因、課題 ・業務用 …
  • B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の概要 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • カナダの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • LED(発光ダイオード)の世界市場
    当調査レポートでは、LED(発光ダイオード)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・LED(発光ダイオード)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・LED(発光ダイオード)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・LED(発光ダイオード)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・LED(発光ダイオード)のアメリカ市場規模予測 ・LED(発光ダイオード)のヨーロッパ市場規模予測 ・LED(発光ダイオード)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 配電変圧器のアジア太平洋市場
  • アルゴンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アルゴンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルゴンの世界市場規模及び予測、用途別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 筋弛緩薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、筋弛緩薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、筋弛緩薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 過酸化水素(H₂O₂)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、過酸化水素(H₂O₂)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、過酸化水素(H₂O₂)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 過酸化水素(H₂O₂)は強力な酸化剤であり、正しく扱えば危険は最小にされます。 しかし、他の酸化化学製品の様に、もし取り扱いを誤ると過酸化水素は人間の健康、安全と環境に深刻な危険をもたらすことがあります。 Technavio社は過酸化水素(H₂O₂)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arkema• Akzo Nobel• Evonik• Kemira• Solvay等です。
  • セラミックの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、セラミックの世界市場について調査・分析し、セラミックの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・セラミックの世界市場規模:製品別分析 ・セラミックの世界市場規模:用途別分析 ・セラミックの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・セラミックの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 産業用ギヤボックスの世界市場予測(~2023年):プラネタリ、ヘリカル、ベベル、スプール、ワーム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(プラネタリ、ヘリカル、ベベル、スプール、ワーム)分析、設計(平行、直交)分析、産業(風力、マテリアルハンドリング、建設、金属・鉱業、セメント・骨材、食品・飲料)分析、産業用ギヤボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"