"軍事用浮き橋の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9500)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"軍事用浮き橋の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Military Floating Bridge Market
Military floating bridges primarily include ribbon bridges and self-propelled floating bridges. The ground military personnel and the marine forces use these for missions, including sheltered water and river crossings in combat and rescue operations. These bridges can also be utilized for the transportation and mobilization of cargo and supplies and combat vehicles. Over the years, these bridges have gained importance in the global military organizations and are deployed in an adequate number across the globe.

Technavio’s analysts forecast the global military floating bridge market to grow at a CAGR of 4.61% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global military floating bridge market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated from the sales of military floating bridges, including modular floating bridges (standard ribbon bridges and IRBs) and self-propelled floating bridges. Furthermore, the revenue generated from the modernization of existing floating bridge systems, and services (training) are covered. However, the revenue generated from amphibious bridge systems, bridge erection equipment, and ferry systems, and after-sales services are not considered.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Military Floating Bridge Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• AM General
• China Harzone Industry
• CNIM
• Jiangsu Bailey Steel Bridge
• General Dynamics
• RPC Technologies

[Other prominent vendors]
• FBM Babcock Marine
• Mabey
• Oshkosh Defense
• WFEL

[Market driver]
• Collaborative efforts to counter tension in the Middle East and North Africa (MENA)
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Defense budget cuts
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Rapid deployment capability of military bridges
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"軍事用浮き橋の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Supply chain system for military floating bridge market

PART 07: Value chain system for global military floating bridge market

PART 08: Market segmentation by product
• Global military floating bridge market: By products
• Global modular floating bridge market
• Global self-propelled floating bridge market

PART 09: Geographical segmentation
• Global military floating bridge market by geography
• Military floating bridge market in EMEA
• Military floating bridge market in Americas
• Military floating bridge market in APAC

PART 10: Market drivers
• Technological advancement in army
• Consideration of tactical employment of modern ribbon bridges
• Collaborative efforts to counter tension in MENA

PART 11: Impact of drivers

PART 12: Market challenges

PART 13: Impact of drivers and challenges

PART 14: Market trends

PART 15: Vendor landscape
• Competitive scenario
• List of vendors in global military floating bridge market
• AM General
• China Harzone Industry
• CNIM
• Jiangsu Bailey Steel Bridge
• General Dynamics
• RPC Technologies
• Recent developments

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Key countries in different geographies
Exhibit 02: Product offerings
Exhibit 03: Evolution of modern military floating bridges
Exhibit 04: Global military floating bridge market: Overview
Exhibit 05: Global military floating bridge market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Supply chain system for military floating bridge market
Exhibit 08: Value chain system for global military floating bridge market
Exhibit 09: Global military floating bridge market: By products
Exhibit 10: Global military floating bridge market by products 2015 (%)
Exhibit 11: Global military floating bridge market by products 2020 (%)
Exhibit 12: Global military floating bridge market by product 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Global modular floating bridge market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 14: Global self-propelled floating bridge market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 15: Global military floating bridge market by geography 2015 (%)
Exhibit 16: Global military floating bridge market by geography 2020 (%)
Exhibit 17: Global military floating bridge market by geography 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 18: Military floating bridge market in EMEA 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 19: Military floating bridge market in Americas 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Military floating bridge market in APAC 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 21: Impact of drivers
Exhibit 22: Boats requirement for IRB anchorage
Exhibit 23: Operational requirements of PFM motorized floating bridge
Exhibit 24: Impact of drivers and challenges
Exhibit 25: Capabilities of modern military bridges
Exhibit 26: Key attributes of the Joint Vision 2020
Exhibit 27: Global military floating bridge market: List of vendors
Exhibit 28: China Harzone: Key specifications of ribbon pontoon bridges
Exhibit 29: CNIM: Technical specifications of PFM motorized bridges
Exhibit 30: CNIM: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 31: CNIM: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 32: CNIM: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 33: CNIM: Order backlog in 2014 and 2015 ($ millions)
Exhibit 34: General Dynamics: Key technical specifications of IRB
Exhibit 35: General Dynamics: Specifications of the IRB ferry and bridge options
Exhibit 36: General Dynamics: Business segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 37: General Dynamics: Business segmentation by revenue 2014 and 2015 ($ billions)
Exhibit 38: General Dynamics: Geographical segmentation by revenue 2015 (%)
Exhibit 39: General Dynamics: Order backlog in 2014 and 2015 ($ billions)

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】軍事用浮き橋の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9500
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】防衛
【キーワード】浮き橋、軍事用橋、防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
軍事用浮き橋の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国の太陽電池市場2015
    本調査レポートでは、中国の太陽電池市場2015について調査・分析し、太陽電池の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR法)の世界市場:PCR装置、PCR消耗品
    当調査レポートでは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR法)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR法)の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2025年)
    ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場は、2018年の21億米ドルから2024年には361億米ドルに達し、この期間中50.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ビッグデータとして利用可能な増大し続ける複雑なデータセット、増加する医療費を削減するニーズの高まり、そしてコンピューティング能力の向上とハードウェアコストの低下などが考えられます。一方で、AIベースの技術を採用することへの消極的な医療従事者の姿勢、および医療ソフトウェアに関する熟練した労働力と規制ガイドラインの欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術(機械学習、NLP、コンテキストアウェアコンピューティング、コンピュータービジョン)分析、最終用途分析、エンドユーザー分析、ヘルスケアにおけるAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお …
  • 医療用外骨格の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、医療用外骨格の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用外骨格の世界市場:モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • オーストラリアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 世界のCNC旋盤市場2015
    本調査レポートでは、世界のCNC旋盤市場2015について調査・分析し、CNC旋盤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の概要 ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Ede …
  • スタチンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スタチンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スタチン市場規模、種類別(合成スタチン、天然スタチン)分析、用途別(異常脂質血症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スタチンの世界市場概要 ・スタチンの世界市場環境 ・スタチンの世界市場動向 ・スタチンの世界市場規模 ・スタチンの世界市場:業界構造分析 ・スタチンの世界市場:種類別(合成スタチン、天然スタチン) ・スタチンの世界市場:用途別(異常脂質血症、その他) ・スタチンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スタチンの北米市場規模・予測 ・スタチンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スタチンのアジア太平洋市場規模・予測 ・スタチンの主要国分析 ・スタチンの世界市場:意思決定フレームワーク ・スタチンの世界市場:成長要因、課題 ・スタチンの世界市場:競争環境 ・スタチンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • X線システムの世界市場:モダリティ別(X線撮影、X線透視撮影、コンピュータX線撮影)、モビリティ別、最終用途別、タイプ別(デジタル、アナログ)、セグメント予測
    X線システムの世界市場は2025年には104億3,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率2.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、医療技術への投資、研究開発活動、および製品の市場投入が増加したことが考えられます。本調査レポートでは、X線システムの世界市場について調査・分析し、X線システムの世界市場動向、X線システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別X線システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場について調べ、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(非遺伝子組み換え穀物及びシリアル、非遺伝子組み換えリキュール、非遺伝子組み換え肉及び家禽、非GMOベーカリー製品、非遺伝子組み換え食用油、他の非遺伝子組み換え食品)、流通チャンネル別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場状況 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場規模 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の市場予測 ・非遺伝子組み換え食品(非GMO食品)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非遺伝子組み換え穀物及びシリ …
  • バイオシミラーの世界市場
  • 車の安全の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、車の安全の世界市場について調査・分析し、車の安全の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・車の安全の世界市場規模:用途別分析 ・車の安全の世界市場規模:技術別分析 ・車の安全の世界市場規模:占有種類別分析 ・車の安全の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 血管造影装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血管造影装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管造影装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州のパウダーコーティング市場-分析及び展望(~2022年)
  • 中国のウインチ市場2015
    本調査レポートでは、中国のウインチ市場2015について調査・分析し、ウインチの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオイメージングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオイメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオイメージング市場規模、種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他)分析、技術別(分子技術、医療技術)分析、用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオイメージングの世界市場:市場動向分析 ・ バイオイメージングの世界市場:競争要因分析 ・ バイオイメージングの世界市場:種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:技術別(分子技術、医療技術) ・ バイオイメージングの世界市場:用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:主要地域別分析 ・ バイオイメージングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ バイオイメージングのヨーロッパ市場規模 ・ バイオイメ …
  • 自動車安全装置の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、自動車安全装置の世界市場について調査・分析し、自動車安全装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車安全装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車安全装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車安全装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アジア太平洋のCRISPR市場予測
    本調査レポートでは、アジア太平洋のCRISPR市場について調査・分析し、アジア太平洋のCRISPR市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 整形外科用手術台の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、 整形外科用手術台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、 整形外科用手術台の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は 整形外科用手術台の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allen Medical Systems • AMTAI Medical Equipment• INFIMED • medifa• Trumpf Medical 等です。
  • 磁気材料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、磁気材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、磁気材料市場規模、用途別(自動車・輸送、エレクトロニクス・計装、工業用、産業用、エネルギー発生、その他)分析、製品別(硬磁性材料、軟磁性材料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arnold Magnetic Technologies, Daido Steel, Hitachi (Hitachi Metals), Lynas, TDKなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・磁気材料の世界市場概要 ・磁気材料の世界市場環境 ・磁気材料の世界市場動向 ・磁気材料の世界市場規模 ・磁気材料の世界市場:業界構造分析 ・磁気材料の世界市場:用途別(自動車・輸送、エレクトロニクス・計装、工業用、産業用、エネルギー発生、その他) ・磁気材料の世界市場:製品別(硬磁性材料、軟磁性材料) ・磁気材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・磁気材料の北米市場規模・予測 ・磁気材料のヨーロッパ・中東 …
  • 動脈血栓症(Arterial Thrombosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における動脈血栓症(Arterial Thrombosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、動脈血栓症(Arterial Thrombosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・動脈血栓症(Arterial Thrombosis)の概要 ・動脈血栓症(Arterial Thrombosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の動脈血栓症(Arterial Thrombosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・動脈血栓症(Arterial Thrombosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • アスファルト添加物の世界市場
    当調査レポートでは、アスファルト添加物の世界市場について調査・分析し、アスファルト添加物の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 圧力揚水の世界市場:種類別(水圧破砕、セメンティング)、ウェル型別(水平井、垂直井、傾斜井)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、圧力揚水の世界市場について調査・分析し、圧力揚水の世界市場動向、圧力揚水の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力揚水市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ソーラー照明システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソーラー照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェアとソフトウェアとサービス)分析、光源別(LEDおよびその他)分析、グリッドタイプ別(オングリッドおよびオフグリッド)分析、用途別(高速道路・道路、産業、商業)分析、ソーラー照明システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソーラー照明システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年108億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • 世界のLED市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED市場2015について調査・分析し、LEDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素複合材の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、炭素複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素複合材の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は炭素複合材の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Hexcel、SGL Group、Solvay、TEIJIN、Toray Industries等です。
  • ピコプロジェクターの世界市場
    当調査レポートでは、ピコプロジェクターの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ピコプロジェクターの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ピコプロジェクターの世界市場:仕様別分析/市場規模 ・ピコプロジェクターの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ピコプロジェクターの世界市場:技術別分析/市場規模 ・ピコプロジェクターの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ピコプロジェクターのアメリカ市場規模予測 ・ピコプロジェクターのヨーロッパ市場規模予測 ・ピコプロジェクターのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フランスの整形外科処置動向(~2021)
  • 溶接製品の世界市場分析:技術別(アーク、抵抗、酸素燃料、レーザービーム)、製品別(スティック電極、ソリッドワイヤー、フラックス入りワイヤー)、エンドユーザー別(交通・自動車、建築・建設)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、溶接製品の世界市場について調査・分析し、溶接製品の世界市場動向、溶接製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別溶接製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グルコースバイオセンサの世界市場
    当調査レポートでは、グルコースバイオセンサの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・グルコースバイオセンサの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサの世界市場:種類別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサのアメリカ市場規模予測 ・グルコースバイオセンサのヨーロッパ市場規模予測 ・グルコースバイオセンサのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 手術用縫合糸の世界市場予測(~2021年):天然縫合糸、ナイロン製縫合糸、ステンレス製縫合糸、シルク製縫合糸
    当調査レポートでは、手術用縫合糸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、縫合糸種類別分析、用途別分析、地域別分析、手術用縫合糸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガイドワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガイドワイヤの世界市場について調査・分析し、ガイドワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガイドワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、ガイドワイヤ種類別分析()、ガイドワイヤ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ガイドワイヤの市場概観 ・ガイドワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ガイドワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ガイドワイヤの世界市場規模 ・ガイドワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ガイドワイヤのアメリカ市場規模推移 ・ガイドワイヤのカナダ市場規模推移 ・ガイドワイヤのメキシコ市場規模推移 ・ガイドワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ガイドワイヤのドイツ市場規模推移 ・ガイドワイヤのイギリス市場規模推移 ・ガイドワイヤのロシア市場規模推移 ・ガイドワイヤのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ガイドワイヤの日本市場規模推移 ・ガ …
  • 室内空気品質(IAQ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、室内空気品質(IAQ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、室内空気品質(IAQ)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物エキスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、植物エキスの世界市場について調査・分析し、植物エキスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別植物エキスシェア、市場規模推移、市場規模予測、植物エキス種類別分析()、植物エキス用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・植物エキスの市場概観 ・植物エキスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・植物エキスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・植物エキスの世界市場規模 ・植物エキスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・植物エキスのアメリカ市場規模推移 ・植物エキスのカナダ市場規模推移 ・植物エキスのメキシコ市場規模推移 ・植物エキスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・植物エキスのドイツ市場規模推移 ・植物エキスのイギリス市場規模推移 ・植物エキスのロシア市場規模推移 ・植物エキスのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・植物エキスの日本市場規模推移 ・植物エキスの中国市場規模推移 ・植物エキ …
  • 世界の通気性フィルム市場:種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタンポリエーテル)、技術別(マイクロポーラス、モノリシック)、エンドユーズ産業別(衛生、医療、食品包装、建設、織物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、通気性フィルムの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年33億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。本書は、世界の通気性フィルム市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン、その他)分析、技術別(微孔性通気性フィルム、モノリシック通気性フィルム)分析、用途別(衛生管理、医療、建設、布製食品包装、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の通気性フィルム市場:種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン、その他) ・世界の通気性フィルム市場:技術別(微孔性通気性フィルム、モノリシック通気性フィルム) ・世界の通気性フィルム市場:用途別(衛生管理、医療、建設、布製食品包装、その他) ・世界の通気性フィルム市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • ベトナムの半導体市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベトナムの半導体市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベトナムの半導体市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車イモビライザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車イモビライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車イモビライザーの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ターボチャージャーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、産業用ターボチャージャーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 水処理用化学薬品(WTC)の世界市場:腐食防止剤、スケール防止剤、凝固剤、凝集剤、殺生物剤、消毒剤
    当調査レポートでは、水処理用化学薬品(WTC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アクアリウム用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アクアリウム用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクアリウム用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 平ガラスの世界市場分析:製品別(強化、ラミネート、基本フロート、断熱)、用途別(自動車、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、平ガラスの世界市場について調査・分析し、平ガラスの世界市場動向、平ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別平ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コンベアベルトの世界市場:タイプ別(オーバーヘッド型コンベア、フロア式コンベア、ローラーコンベア、パレット式コンベア、三日月回転コンベア)、エンドユーザー別(小売、食品・飲料、家禽・乳製品、自動車、空港)、地域別予測
    本資料は、コンベアベルトの世界市場について調べ、コンベアベルトの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(オーバーヘッド型コンベア、フロア式コンベア、ローラーコンベア、パレット式コンベア、三日月回転コンベア)分析、エンドユーザー別(小売、食品・飲料、家禽・乳製品、自動車、空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSiemens AG、TGW Logistics Group、Emerson Electric CO.、Intelligerated、Daifuku Co Ltd.、Interroll Holding GmbH、Vanderlande Industries B.V.、Taikisha Ltd.、Fives、Swisslogなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンベアベルトの世界市場概要 ・コンベアベルトの世界市場環境 ・コンベアベルトの世界市場動向 ・コンベアベルトの世界市場規模 ・コンベアベルトの世界市場規模:タイプ別(オーバーヘッド …
  • 指紋センサの世界市場:スワイプセンサ、エリアセンサ、タッチセンサ
    当調査レポートでは、指紋センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨結合インプラントの世界市場:最終用途別(ASC、病院、歯科医院)、製品別(歯科インプラント、膝関節インプラント、股関節インプラント、脊椎インプラント)、セグメント予測
    骨結合インプラントの世界市場は2026年には93億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者における関節置換術の増加、低侵襲手術の増加、および医療施設の振興が考えられます。本調査レポートでは、骨結合インプラントの世界市場について調査・分析し、骨結合インプラントの世界市場動向、骨結合インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別骨結合インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハンガリーの心臓補助装置市場見通し
  • 化学品倉庫保管・貯蔵の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、化学品倉庫保管・貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化学品倉庫保管・貯蔵の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マルチバンドアンテナの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチバンドアンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチバンドアンテナ市場規模、最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチバンドアンテナの世界市場概要 ・マルチバンドアンテナの世界市場環境 ・マルチバンドアンテナの世界市場動向 ・マルチバンドアンテナの世界市場規模 ・マルチバンドアンテナの世界市場:業界構造分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他) ・マルチバンドアンテナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マルチバンドアンテナのアメリカ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのヨーロッパ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのアジア市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナの主要国分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:意思決定フレームワーク ・マルチバンドアンテナの世界市場:成長要因、 …
  • 全身性強皮症治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、全身性強皮症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・全身性強皮症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・全身性強皮症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別(デンプンベース、PLA、PHA、PBAT、PBS)、最終用途別(包装、消費財、農業)、セグメント予測
    生分解性プラスチックの世界市場は2025年には67億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、従来のプラスチックの使用を禁止するという法律と、プラスチック廃棄物の悪影響に対する一般市民の意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、生分解性プラスチックの世界市場動向、生分解性プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別生分解性プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"