"適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8845)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Adaptive Learning Software Market
Adaptive learning is a medium of delivery that is used to pass on educational content and courses to the students in a learning framework that is tailored to the student’s unique needs and ability. Adaptive learning is an integral part of the education technology. It uses information technology and analytics to improve students’ learning, engagement, and participation in classrooms across various study programs. Depending on the learners’ progress, the task either becomes more challenging or slows down. The adaptive learning mechanism comprises embedded assessments associated with the designed content. To remediate the knowledge gaps, it is consistently tested against what the students know and need to learn.

Technavio’s analysts forecast the global adaptive learning software market to grow at a CAGR of 30.54% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global adaptive learning software market 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated through the sales of adaptive learning software for a fee or subscription

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Adaptive Learning Software Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• D2L Corporation
• Dreambox Learning
• Knewton
• Smart Sparrow PTY LTD

[Market driver]
• Big data analytics
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Enhanced usage of gamification
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Poor digital literacy rate
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by end-user
• Global adaptive learning software market segmentation by end-user
• Global adaptive learning software market by ed-tech companies
• Global adaptive learning software market by educational institutions

PART 07: Geographical segmentation
• Global adaptive learning software market by geographic segmentation
• Adaptive learning software market by Americas
• Adaptive learning software market by EMEA
• Adaptive learning software market in APAC

PART 08: Market drivers
• Meeting the needs of individualized learning
• Increased commercial interest
• Effective assessment of student’s academic performance
• Big data analytics
• Increase in collaboration with universities

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges
• Cost issues
• Technical challenges
• Poor digital literacy rate
• Privacy, security, and ethical issues

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends
• Growing demand for online language learning tools
• Catering to demographic and socioeconomic factors
• Enhanced usage of gamification
• Personalized learning
• Focus on K-12 educational content

PART 13: Vendor landscape
• Competitive landscape
• Market vendor analysis 2015

PART 14: Key leading vendors
• D2L
• DreamBox Learning
• Knewton
• Macmillan Learning
• Smart Sparrow

PART 15: Other prominent vendors
• Blackboard
• Jenzabar
• IBM
• Microsoft

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Adaptive learning model
Exhibit 03: Global adaptive learning software market ($ billions)
Exhibit 04: Global digital educational publishing market ($ billions)
Exhibit 05: Global digital education publishing market by end-user 2015
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Global adoptive learning software market segmentation by end-user 2015
Exhibit 08: Global adoptive learning software market segmentation by end-user 2020
Exhibit 09: Global adoptive learning software market segmentation by end-user 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global adaptive learning software market by ed-tech companies ($ billions)
Exhibit 11: Global adaptive learning software market by educational institutions ($ billions)
Exhibit 12: Global adaptive learning software market by geographic segmentation 2015
Exhibit 13: Global adaptive learning software market by geographic segmentation 2020
Exhibit 14: Global adaptive learning software market by geographic segmentation 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Adaptive learning software market in Americas ($ billions)
Exhibit 16: Adaptive learning software market in EMEA ($ billions)
Exhibit 17: Adaptive learning software market in APAC ($ billions)
Exhibit 18: Global learning analytics market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Impact of drivers
Exhibit 20: Impact of drivers and challenges
Exhibit 21: Global online language learning market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 22: Global gamification market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 23: Recent developments
Exhibit 24: Knewton: Key partners and investors
Exhibit 25: Macmillan Learning: Key offerings
Exhibit 26: Smart Sparrow: Key features

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8845
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】適応学習、教育、ソフトウェア
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 無排水(ZLD)システムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、無排水(ZLD)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、システム別分析、プロセス別分析、産業別分析、地域別分析、無排水(ZLD)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおけるマイクロサービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヘルスケアにおけるマイクロサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、ハイブリッド、プライベート、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(ヘルスケアプロバイダー、保険者、ライフサイエンス)分析、ヘルスケアにおけるマイクロサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンベアベルトの世界市場:タイプ別(オーバーヘッド型コンベア、フロア式コンベア、ローラーコンベア、パレット式コンベア、三日月回転コンベア)、エンドユーザー別(小売、食品・飲料、家禽・乳製品、自動車、空港)、地域別予測
    本資料は、コンベアベルトの世界市場について調べ、コンベアベルトの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(オーバーヘッド型コンベア、フロア式コンベア、ローラーコンベア、パレット式コンベア、三日月回転コンベア)分析、エンドユーザー別(小売、食品・飲料、家禽・乳製品、自動車、空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSiemens AG、TGW Logistics Group、Emerson Electric CO.、Intelligerated、Daifuku Co Ltd.、Interroll Holding GmbH、Vanderlande Industries B.V.、Taikisha Ltd.、Fives、Swisslogなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンベアベルトの世界市場概要 ・コンベアベルトの世界市場環境 ・コンベアベルトの世界市場動向 ・コンベアベルトの世界市場規模 ・コンベアベルトの世界市場規模:タイプ別(オーバーヘッド …
  • 5Gサービスの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、5Gサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、産業(スマートシティ、コネクテッドビークル、コネクテッドファクトリー、スマートビルディング、スマートユーティリティ、コネクテッドヘルスケア、ブロードバンドサービス)分析、用途(eMBB、MMTC・URLLC、FWA)分析、5Gサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • PP再利用可能バッグの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PP再利用可能バッグの世界市場について調査・分析し、PP再利用可能バッグの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PP再利用可能バッグシェア、市場規模推移、市場規模予測、PP再利用可能バッグ種類別分析()、PP再利用可能バッグ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PP再利用可能バッグの市場概観 ・PP再利用可能バッグのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PP再利用可能バッグのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PP再利用可能バッグの世界市場規模 ・PP再利用可能バッグの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PP再利用可能バッグのアメリカ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのカナダ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのメキシコ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PP再利用可能バッグのドイツ市場規模推移 ・PP再利用可能バッグのイギリス市場規模推移 ・PP再利用可能バッ …
  • 世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気バスの世界市場規模が2019年137千台から2027年935千台まで年平均27.2%成長すると予測しています。当資料では、世界の電気バス市場を統合的に調査・分析し、市場概要、消費者セグメント別(フリートオペレーター、政府)分析、用途別(都市間、都市内)分析、長さ別(9 M未満、9-14 M、14 M未満)分析、コンポーネント別(バッテリー、モーター、燃料電池スタック)分析、推進力別(バッテリー電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、燃料電池電気自動車(FCEV))分析、範囲別(最大200マイル、201-400マイル、400マイル以上)分析、バッテリー容量別(最大400 kWh、400 kWh以上)分析、出力種類別(最大250 KW、250 KW以上)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・技術概要 ・世界の電気バス市場:消費者セグメント別(フリートオペレーター、政府) ・世界の電気バス市場:用途 …
  • 医薬品有効成分/APIの世界市場予測(~2021):種類別(新薬、ジェネリック)、メーカー別、合成別、製品別、薬品別、治療別
    当調査レポートでは、医薬品有効成分/APIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、メーカー別分析、合成別分析、製品別分析、医薬品有効成分/APIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場:用途別(自動車、電気・電子、工業、塗装)、地域別
    本調査レポートでは、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場について調査・分析し、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場動向、ポリフェニレンスルファイド (PPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェニレンスルファイド (PPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 全身スキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、全身スキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、全身スキャナー市場規模、技術別(画像処理・モデリング、3D全身スキャナー、その他)分析、システム別(後方散乱システム、ミリ波システム、その他)分析、用途別(重要インフラ、交通、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 全身スキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ 全身スキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ 全身スキャナーの世界市場:技術別(画像処理・モデリング、3D全身スキャナー、その他) ・ 全身スキャナーの世界市場:システム別(後方散乱システム、ミリ波システム、その他) ・ 全身スキャナーの世界市場:用途別(重要インフラ、交通、その他) ・ 全身スキャナーの世界市場:主要地域別分析 ・ 全身スキャナーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 全身スキャナーのヨーロッパ市場規模 ・ 全身スキャナーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・全身スキャナ …
  • 電力産業用電気伝導体の世界市場2016-2020:電力ケーブル、変圧器、バスバー、海底電力ケーブル
    当調査レポートでは、電力産業用電気伝導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業用電気伝導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子機器修理サービスの世界市場:タイプ別(家電、家庭用品、医療機器、産業機器)、用途別(商業、工業、住宅)、地域別予測
    本資料は、電子機器修理サービスの世界市場について調べ、電子機器修理サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(家電、家庭用品、医療機器、産業機器)分析、用途別(商業、工業、住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはB2X、Encompass Supply Chain Solutions、Global Electronic Service、ICracked、Mendtronix、MicroFirst、Moduslink、Quest International、Redington、Repair World Direct、UBreakFix、Key players of y、B2X、Quest Internationalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電子機器修理サービスの世界市場概要 ・電子機器修理サービスの世界市場環境 ・電子機器修理サービスの世界市場動向 ・電子機器修理サービスの世界市場規模 ・電子機器修理サービスの世界市場規模:タ …
  • 木材用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、木材用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木材用接着剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 自動車塗装の世界市場予測(~2021年):仕上塗装、ベースコート、プライマー、電着塗装
    当調査レポートでは、自動車塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、技術別分析、塗装種類別分析、地域別分析、自動車塗装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの電気生理学装置市場(~2021)
  • 列車用ドアシステムの世界市場2017-2021:電動、空気式、手動
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、列車用ドアシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、列車用ドアシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は列車用ドアシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はKnorr-Bremse 、Nabtesco 、Schaltbau Holding 、Wabtec 等です。
  • バススイッチICの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バススイッチICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バススイッチICの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバススイッチICの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Toshiba• Texas Instruments• NXP Semiconductors等です。
  • 世界のパソコン用ケーブルアセンブリ市場2015
    本調査レポートでは、世界のパソコン用ケーブルアセンブリ市場2015について調査・分析し、パソコン用ケーブルアセンブリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスポーツ用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツ用品市場2015について調査・分析し、スポーツ用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 電子運行記録装置(ELD)の世界市場予測(~2025年)
    電子運行記録装置(ELD)の世界市場は、2018年の125億米ドルから2025年には166億米ドルに達し、この期間中4.13%の年平均成長率で成長すると予測されています。欧州におけるこの市場の成長を促す要因として、デジタルタコグラフとして知られる電子運行記録装置に関連する規制が考えられます。2006年以降、GVWRが3.5トンを超えるすべての商用車にデジタルタコグラフが義務付けられています。当調査レポートでは、電子運行記録装置(ELD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ディスプレイ、テレマティクスユニット)分析、フォームファクタ(組み込み、統合)分析、新規・アフターサービス(エントリーレベル、ミドルレンジ、ハイエンド)分析、車両タイプ(トラック、バス、LCV)分析、電子運行記録装置(ELD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ炭酸カルシウムの世界市場分析、用途別(プラスチック、ゴム、建築物)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノ炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、ナノ炭酸カルシウムの世界市場動向、ナノ炭酸カルシウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ炭酸カルシウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場分析:システム別(ベーシック、パフォーマンス)、車両別(乗用車、商用車)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場について調査・分析し、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場動向、コールドエンド排気装置のアフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別コールドエンド排気装置のアフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワークアタッチトストレージ(NAS)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ストレージソリューション別分析、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析、ネットワークアタッチトストレージ(NAS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 診断用電気生理学装置の世界市場2017-2021:X線システム、ECG装置、診断用電気生理学カテーテル、EMG装置、EEG装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、診断用電気生理学装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用電気生理学装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は診断用電気生理学装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoston Scientific、GE Healthcare、Philips Healthcare、St. Jude Medical等です。
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析
    当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の金属顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属顕微鏡市場2015について調査・分析し、金属顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の固体薄膜電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の固体薄膜電池市場2015について調査・分析し、固体薄膜電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品サービスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、食品サービスの世界市場について調べ、食品サービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品サービスの市場規模をセグメンテーション別(食品サービスシステム別(従来型、集中型、準備済み、アセンブリーサービス)、セクター別(業務用、非業務用)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は食品サービスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品サービスの市場状況 ・食品サービスの市場規模 ・食品サービスの市場予測 ・食品サービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:食品サービスシステム別(従来型、集中型、準備済み、アセンブリーサービス) ・市場セグメンテーション:セクター別(業務用、非業務用) ・食品サービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • デメララ糖の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デメララ糖の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デメララ糖市場規模、製品別(一般型、キューブ型)分析、エンドユーザー別(食品サービス・包装食品・飲料製造業者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Associated British Foods, Florida Crystals, Guyana Sugar, India Tree, Mauritius Sugar Syndicate, Natura Sugarsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デメララ糖の世界市場概要 ・デメララ糖の世界市場環境 ・デメララ糖の世界市場動向 ・デメララ糖の世界市場規模 ・デメララ糖の世界市場:業界構造分析 ・デメララ糖の世界市場:製品別(一般型、キューブ型) ・デメララ糖の世界市場:エンドユーザー別(食品サービス・包装食品・飲料製造業者) ・デメララ糖の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デメララ糖の北米市場規模・予測 ・デメララ糖 …
  • 硫酸アンモニウムの世界市場:製品別(液体、固体)、用途別(肥料、工業、食品添加物)、地域別(MEA、APAC、北米)
    本調査レポートでは、硫酸アンモニウムの世界市場について調査・分析し、硫酸アンモニウムの世界市場動向、硫酸アンモニウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別硫酸アンモニウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のブドウ球菌感染症(Staphylococcal Infections)治療薬剤
  • 圧電性スマート材料の世界市場:圧電性高分子、圧電性複合材
    当調査レポートでは、圧電性スマート材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧電性スマート材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 藻類オイルの世界市場分析:グレード別(燃料、食料、飼料)、用途別(バイオ燃料、栄養補助食品、F&B、動物飼料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米・MEA)、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、藻類オイルの世界市場について調査・分析し、藻類オイルの世界市場動向、藻類オイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別藻類オイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ユーザーエンティティ行動分析の世界市場見通し2016-2022:継続的な最適化、実効、データ消失防止、内部脅威、危険な資格証明書
    当調査レポートでは、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場について調査・分析し、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:市場動向分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:競争要因分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の北米市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の欧州市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析のアジア市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ハーブサプリメントの世界市場予測(~2022):原料、医薬品、食品・飲料、パーソナルケア、治療効果、アロマ
    当調査レポートでは、ハーブサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、用途別分析、機能別分析、形状別分析、ハーブサプリメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 特殊紙の世界市場2018-2022
  • 毛包摘出(FUE)システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、毛包摘出(FUE)システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、毛包摘出(FUE)システム市場規模、製品別(非ロボット型、ロボット型)分析、最終用途別(移植、皮膚科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場概要 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場環境 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場動向 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場規模 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:業界構造分析 ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:製品別(非ロボット型、ロボット型) ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:最終用途別(移植、皮膚科、その他) ・毛包摘出(FUE)システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・毛包摘出(FUE)システムのアメリカ市場規模・予測 ・毛包摘出(FUE)システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・毛包摘出(FUE)システムのアジア市場規模・予測 ・ …
  • 世界の小売産業におけるバイオメトリクス市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の小売産業におけるバイオメトリクス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の小売産業におけるバイオメトリクス市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 過酢酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、過酢酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、過酢酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ポリマー複合材の世界市場2014-2025:樹脂別(エポキシ、ポリウレタン、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレン)、用途別、製品別、エンドユーズ別、製造別
    本調査レポートでは、自動車用ポリマー複合材の世界市場について調査・分析し、自動車用ポリマー複合材の世界市場動向、自動車用ポリマー複合材の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ポリマー複合材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タルク(滑石)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タルク(滑石)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タルク(滑石)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家禽飼育機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、家禽飼育機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家禽飼育機市場規模、機械のタイプ別(ブロイラーの収穫・屠殺、残渣・廃棄物管理、飲料水供給、気候環境管理、孵化場・繁殖管理、その他)分析、エンドユーザー別(農場、家禽工場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 家禽飼育機の世界市場:市場動向分析 ・ 家禽飼育機の世界市場:競争要因分析 ・ 家禽飼育機の世界市場:機械のタイプ別(ブロイラーの収穫・屠殺、残渣・廃棄物管理、飲料水供給、気候環境管理、孵化場・繁殖管理、その他) ・ 家禽飼育機の世界市場:エンドユーザー別(農場、家禽工場) ・ 家禽飼育機の世界市場:主要地域別分析 ・ 家禽飼育機の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 家禽飼育機のヨーロッパ市場規模 ・ 家禽飼育機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・家禽飼育機の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 中国のSF6ガス遮断器市場2015
    本調査レポートでは、中国のSF6ガス遮断器市場2015について調査・分析し、SF6ガス遮断器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機アンテナの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機アンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機アンテナ市場規模、プラットフォーム別(回転翼、固定翼)分析、周波数帯域別(Ka/Ku/Kバンド、Cバンド、VHF・UHFバンド、Xバンド、HFバンド、その他周波数帯域)分析、用途別(航行・監視、連絡)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機アンテナの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機アンテナの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機アンテナの世界市場:プラットフォーム別(回転翼、固定翼) ・ 航空機アンテナの世界市場:周波数帯域別(Ka/Ku/Kバンド、Cバンド、VHF・UHFバンド、Xバンド、HFバンド、その他周波数帯域) ・ 航空機アンテナの世界市場:用途別(航行・監視、連絡) ・ 航空機アンテナの世界市場:エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空機アンテナの世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • ステアリン酸の世界市場2017-2021:石鹸・洗剤、中間体、ゴム加工、パーソナルケア、織物、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ステアリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステアリン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はステアリン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、Godrej Industries、Procter & Gamble、Wilmar International等です。
  • 試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"