"適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8845)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Adaptive Learning Software Market
Adaptive learning is a medium of delivery that is used to pass on educational content and courses to the students in a learning framework that is tailored to the student’s unique needs and ability. Adaptive learning is an integral part of the education technology. It uses information technology and analytics to improve students’ learning, engagement, and participation in classrooms across various study programs. Depending on the learners’ progress, the task either becomes more challenging or slows down. The adaptive learning mechanism comprises embedded assessments associated with the designed content. To remediate the knowledge gaps, it is consistently tested against what the students know and need to learn.

Technavio’s analysts forecast the global adaptive learning software market to grow at a CAGR of 30.54% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global adaptive learning software market 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the revenue generated through the sales of adaptive learning software for a fee or subscription

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Adaptive Learning Software Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• D2L Corporation
• Dreambox Learning
• Knewton
• Smart Sparrow PTY LTD

[Market driver]
• Big data analytics
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Enhanced usage of gamification
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Poor digital literacy rate
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by end-user
• Global adaptive learning software market segmentation by end-user
• Global adaptive learning software market by ed-tech companies
• Global adaptive learning software market by educational institutions

PART 07: Geographical segmentation
• Global adaptive learning software market by geographic segmentation
• Adaptive learning software market by Americas
• Adaptive learning software market by EMEA
• Adaptive learning software market in APAC

PART 08: Market drivers
• Meeting the needs of individualized learning
• Increased commercial interest
• Effective assessment of student’s academic performance
• Big data analytics
• Increase in collaboration with universities

PART 09: Impact of drivers

PART 10: Market challenges
• Cost issues
• Technical challenges
• Poor digital literacy rate
• Privacy, security, and ethical issues

PART 11: Impact of drivers and challenges

PART 12: Market trends
• Growing demand for online language learning tools
• Catering to demographic and socioeconomic factors
• Enhanced usage of gamification
• Personalized learning
• Focus on K-12 educational content

PART 13: Vendor landscape
• Competitive landscape
• Market vendor analysis 2015

PART 14: Key leading vendors
• D2L
• DreamBox Learning
• Knewton
• Macmillan Learning
• Smart Sparrow

PART 15: Other prominent vendors
• Blackboard
• Jenzabar
• IBM
• Microsoft

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Adaptive learning model
Exhibit 03: Global adaptive learning software market ($ billions)
Exhibit 04: Global digital educational publishing market ($ billions)
Exhibit 05: Global digital education publishing market by end-user 2015
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Global adoptive learning software market segmentation by end-user 2015
Exhibit 08: Global adoptive learning software market segmentation by end-user 2020
Exhibit 09: Global adoptive learning software market segmentation by end-user 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 10: Global adaptive learning software market by ed-tech companies ($ billions)
Exhibit 11: Global adaptive learning software market by educational institutions ($ billions)
Exhibit 12: Global adaptive learning software market by geographic segmentation 2015
Exhibit 13: Global adaptive learning software market by geographic segmentation 2020
Exhibit 14: Global adaptive learning software market by geographic segmentation 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 15: Adaptive learning software market in Americas ($ billions)
Exhibit 16: Adaptive learning software market in EMEA ($ billions)
Exhibit 17: Adaptive learning software market in APAC ($ billions)
Exhibit 18: Global learning analytics market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Impact of drivers
Exhibit 20: Impact of drivers and challenges
Exhibit 21: Global online language learning market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 22: Global gamification market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 23: Recent developments
Exhibit 24: Knewton: Key partners and investors
Exhibit 25: Macmillan Learning: Key offerings
Exhibit 26: Smart Sparrow: Key features

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8845
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】適応学習、教育、ソフトウェア
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)のアメリカ市場規模予測 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • データアナリティクスアウトソーシングの世界市場:タイプ別、用途別、最終用途別(BFSI、テレコム、小売、ヘルスケア、メディア・エンターテイメント、製造、その他)、セグメント予測
    データアナリティクスアウトソーシングの世界市場は2025年には103億2160万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、増大する顧客データを管理するために組織間でサービスをアウトソーシングする必要性が高まっていることが考えられます。本調査レポートでは、データアナリティクスアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、データアナリティクスアウトソーシングの世界市場動向、データアナリティクスアウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別データアナリティクスアウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ギヤボックスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ギヤボックス市場規模、設計別(傾斜軸、平行軸、その他)分析、種類別(ワーム、プラネタリー、ヘリカル-ベベル、スプール、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、輸送、風力、建設、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:競争要因分析 ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:設計別(傾斜軸、平行軸、その他) ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:種類別(ワーム、プラネタリー、ヘリカル-ベベル、スプール、その他) ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:エンドユーザー別(自動車、輸送、風力、建設、農業) ・ 産業用ギヤボックスの世界市場:主要地域別分析 ・ 産業用ギヤボックスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 産業用ギヤボックスのヨーロッパ市場規模 ・ 産業用ギヤボックスのアジア市場規模(日本市 …
  • 自動車用エンジン・アクチュエータの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用エンジン・アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用エンジン・アクチュエータの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニストの概要 ・神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経ペプチドY受容体Y5アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のトップ10高成長複合材料市場
  • クラウドストレージの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、クラウドストレージの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・クラウドストレージの世界市場:イントロダクション ・クラウドストレージの世界市場:市場概観 ・クラウドストレージの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・クラウドストレージの世界市場:セグメント別市場分析 ・クラウドストレージの世界市場:種類別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:産業別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:主要地域別市場分析 ・クラウドストレージの世界市場:関連企業分析
  • 世界のフライス盤市場2016
    本調査レポートでは、世界のフライス盤市場2016について調査・分析し、フライス盤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス自動化およびインストルメンテーションの世界市場予測(~2023年):現場計器、制御弁、分析器
    当調査レポートでは、プロセス自動化およびインストルメンテーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、装置別分析、ソリューション別分析、需要先別分析、地域別分析、プロセス自動化およびインストルメンテーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈血栓塞栓症(VTE)の世界市場:疫学予測
  • リン酸肥料製品別の世界市場2014–2025:(第一リン酸アンモニウム、第二リン酸アンモニウム、過リン酸石灰)、用途別(シリアル・穀物、油料種子、果物・野菜)
    本調査レポートでは、リン酸肥料製品別の世界市場について調査・分析し、リン酸肥料製品別の世界市場動向、リン酸肥料製品別の世界市場規模、市場予測、セグメント別リン酸肥料製品別市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ファイバレーザの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバレーザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ファイバレーザの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファイバレーザの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• IPG Photonics• ROFIN-SINAR Technologies • TRUMPF• Newport• Coherent等です。
  • 特発性肺線維症(IPF)治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、特発性肺線維症(IPF)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・特発性肺線維症(IPF)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・特発性肺線維症(IPF)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • HTPBの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、HTPBの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(ロケット燃料、塗料・メンブレン、接着剤、シーラント剤)別分析、需要先別分析、地域別分析、HTPBの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用石こうの世界市場:製品別(歯科用石こう、模型、歯形用ダイストーン)、用途別(病院、歯科クリニック、その他)、地域別予測
    本資料は、歯科用石こうの世界市場について調べ、歯科用石こうの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(歯科用石こう、模型、歯形用ダイストーン)分析、用途別(病院、歯科クリニック、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはUSG、Heraeus Kulzer、YOSHINA GYPSUM、Formula (Saint-Gobain)、SDMF、Kerr Dental、Nobilium、Dentona AG、ETI EMPIRE DIRECT、Whip-Mix、GYPROCK、GP Building Product、Saurabh Minechemなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・歯科用石こうの世界市場概要 ・歯科用石こうの世界市場環境 ・歯科用石こうの世界市場動向 ・歯科用石こうの世界市場規模 ・歯科用石こうの世界市場規模:製品別(歯科用石こう、模型、歯形用ダイストーン) ・歯科用石こうの世界市場規模:用途別(病院、歯科クリニック、その他) ・ …
  • 産業ロボットのアジア太平洋市場
  • 造影剤注入装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、造影剤注入装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・造影剤注入装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・造影剤注入装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・造影剤注入装置の製品パイプライン分析 ・造影剤注入装置の治験動向 ・主要企業分析 ・造影剤注入装置の世界市場規模予測 ・造影剤注入装置の地域別市場規模予測
  • ジカウイルス用ワクチンの世界市場機会分析
  • 高眼圧症(Ocular Hypertension):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高眼圧症(Ocular Hypertension)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高眼圧症(Ocular Hypertension)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高眼圧症(Ocular Hypertension)の概要 ・高眼圧症(Ocular Hypertension)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高眼圧症(Ocular Hypertension)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高眼圧症(Ocular Hypertension)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ゲーミフィケーションの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ゲーミフィケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、アプリケーション別分析、導入形態別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腐食及びスケール防止剤の世界市場2017-2021:腐食防止剤、スケール防止剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、腐食及びスケール防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腐食及びスケール防止剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は腐食及びスケール防止剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Ashland、BASF、Evonik、Kemira等です。
  • 世界主要国における酸化染毛剤市場2018-2023
    本調査レポートでは、酸化染毛剤の世界市場について調査・分析し、酸化染毛剤の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(PPD(パラフェニレンジアミン)ベース、PTD(パラトルエンジアミン)ベース、その他)、用途別市場規模(家庭用、商用)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、酸化染毛剤の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・酸化染毛剤の世界市場概要 ・酸化染毛剤の企業別市場シェア ・酸化染毛剤の地域別市場規模 ・酸化染毛剤の種類別市場規模(PPD(パラフェニレンジアミン)ベース、PTD(パラトルエンジアミン)ベース、その他) ・酸化染毛剤の用途別市場規模(家庭用、商用) ・酸化染毛剤の主要企業分析 ・酸化染毛剤の北米市場規模 ・酸化染毛剤の米国市場規模 ・酸化染毛剤の南米市場規模 ・酸化染毛剤の欧州市場規模 ・酸化染毛剤のアジア市場 …
  • 世界のモジュール型データセンター市場規模・予測2017-2025:組織サイズ別(中小企業、大企業)、エンドユーズ別(BFSI、IT・テレコム、政府.・防衛、ヘルスケア、教育、小売、電力製造、その他)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のモジュール型データセンター市場について調査・分析し、世界のモジュール型データセンター市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のモジュール型データセンター関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 神経膠腫治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、神経膠腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、神経膠腫治療薬市場規模、製品別(小分子、生物製剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・神経膠腫治療薬の世界市場概要 ・神経膠腫治療薬の世界市場環境 ・神経膠腫治療薬の世界市場動向 ・神経膠腫治療薬の世界市場規模 ・神経膠腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・神経膠腫治療薬の世界市場:製品別(小分子、生物製剤) ・神経膠腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経膠腫治療薬の北米市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・神経膠腫治療薬の主要国分析 ・神経膠腫治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・神経膠腫治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・神経膠腫治療薬の世界市場:競争環境 ・神経膠腫治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、F. Hoffmann …
  • バイオ燃料添加剤の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、バイオ燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、バイオ燃料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:市場動向分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:競争要因分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:バイオ燃料別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の北米市場規模・分析 ・バイオ燃料添加剤の欧州市場・分析 ・バイオ燃料添加剤のアジア市場・分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 日本の小関節処置動向(~2021)
  • 分子診断の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(感染症、がん診断、遺伝子検査)別分析、技術別分析、需要先別分析、製品・サービス別分析、分子診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用圧力センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用圧力センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用圧力センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガス処理インフラの世界市場2016-2026
  • 紙・板紙容器および包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、紙・板紙容器および包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紙・板紙容器および包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 火傷(Burns):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、火傷(Burns)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・火傷(Burns):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・火傷(Burns)のフェーズ3治験薬の状況 ・火傷(Burns)治療薬の市場規模(販売予測) ・火傷(Burns)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・火傷(Burns)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の火傷(Burns)治療薬剤
  • ヨガマットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヨガマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨガマットの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックコーティングの世界市場2016-2020:酸化物系セラミックコーティング、炭化ケイ素系セラミックコーティング、窒化系セラミックコーティング
    当調査レポートでは、セラミックコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックコーティングの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクリスタルフィルタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のクリスタルフィルタ市場2016について調査・分析し、クリスタルフィルタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 治験管理システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、治験管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー別分析、導入形式別分析、種類別分析、構成要素別分析、治験管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タッチパネルコントローラの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、タッチパネルコントローラの世界市場について調査・分析し、タッチパネルコントローラの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:タッチパネル技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:用途別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:インターフェース別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:スクリーンサイズ別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • キーボードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キーボードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キーボードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍用ベトロニクスの世界市場
    当調査レポートでは、軍用ベトロニクスの世界市場について調査・分析し、軍用ベトロニクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 手動トルク乗算器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動トルク乗算器の世界市場について調査・分析し、手動トルク乗算器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動トルク乗算器シェア、市場規模推移、市場規模予測、手動トルク乗算器種類別分析()、手動トルク乗算器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動トルク乗算器の市場概観 ・手動トルク乗算器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動トルク乗算器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動トルク乗算器の世界市場規模 ・手動トルク乗算器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動トルク乗算器のアメリカ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のカナダ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のメキシコ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動トルク乗算器のドイツ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のイギリス市場規模推移 ・手動トルク乗算器のロシア市場規模推移 ・手動トルク乗算器のアジア市場分析(日本、中 …
  • 3D細胞培養の世界市場予測(~2022年):足場材フリー(懸滴培養、バイオリアクタ)、マイクロ流体力学、磁気浮上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、3D細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、3D細胞培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルの日本市場
  • スマートテキスタイルの世界市場
    当調査レポートでは、スマートテキスタイルの世界市場について調査・分析し、スマートテキスタイルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 末梢神経障害(感覚性ニューロパチー):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)の概要 ・末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末梢神経障害(感覚性ニューロパチー)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 世界の核医学イメージング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の核医学イメージング装置市場2015について調査・分析し、核医学イメージング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)の概要 ・悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の悪性胸膜中皮腫(Malignant Pleural Mesothelioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 世界のタッチセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のタッチセンサー市場2015について調査・分析し、タッチセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の概要 ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-2受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-2受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-2受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-2受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-2受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場2014-2025:マス別(ナノサテライト、マイクロサテライト)、用途別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場について調査・分析し、ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場動向、ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノサテライト・マイクロサテライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スパンボンド不織布の世界市場予測(~2023年)
    スパンボンド不織布の世界市場は、2018年の127億米ドルから2023年には183億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ほかの不織布と比較してスパンボンド不織布が選好されるようになったこと、医療分野での使用拡大、そしてポリプロピレンスパンボンド不織布に対する高い需要が考えられます。一方で、完成品の高コストは中間業者の価格構造に影響を与え、成熟市場における乳児用おむつセグメントの伸び悩みは市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、スパンボンド不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能(使い捨て、耐久性)分析、材料(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエステル)分析、最終用途(パーソナルケア・衛生用品、医療、農業、包装、自動車)分析、スパンボンド不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"