"コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR8956)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Connected Vending Machine Market
The vending machine industry has started to evolve from traditional machines to intelligent, or connected, machines. The industry has gone beyond just delivering snacks and is developing new and sophisticated retail solutions. Connected vending machines, unlike traditional machines, are engaging shoppers like never before with touchscreen controls, audio, video, scents, gesture-based interaction, and cashless payment. These connected vending machines are used in company facilities, universities, retail stores, and hospitals. Connected vending machines sell a variety of goods such as computer accessories, gold bars, tickets, foods and beverages, and office supplies. The advances taking place in these machines are enabling operators to analyze time- and location-based data pertaining to sales, inventory, and customer preferences.

Technavio’s analysts forecast the global connected vending machine market to grow at a CAGR of 23.25% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global connected vending machine market for the period 2016-2020. To calculate the market size, the report takes into account the installed base of connected vending machines worldwide for government and private enterprises. It considers those vending machines that dispense candies or snacks or confections, office coffee services (OCS), ice cream, vended food, beverages, manual food services, tobacco, and others.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Connected Vending Machine Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Coin Acceptors Inc.
• Crane Co.
• Cubic Corp.
• Fuji Electric Co. Ltd.
• MEI Inc.

[Other prominent vendors]
• Adrich Vending International Sp. z o. o.
• Allied Drink Systems Ltd.
• American Vending Machine Inc.
• Asahi Seiko (Europe) Ltd.
• Atlas Vending Pte. Ltd.
• Bettavend Ltd.
• Bianchi Vending Group SpA
• Bulk Vending Systems Ltd.
• Cantaloupe Systems Inc.
• Canteen Corp.
• Continental Vending Inc.
• ETNA Coffee Technologies Fresh & Honest Café Ltd.
• Fresh Healthy Vending International, Inc.
• Glory Ltd.
• GTECH Corp.
• Ingenico S.A.
• Innovative Vending Solutions LLC
• Local Vending Ltd.
• Maas International Group B.V.
• Manchester Vending Services Ltd.
• Panasonic Corp.
• Royal Vendors Inc.
• Sanden Vendo America, Inc.
• UK Vending Ltd.
• Vending Inc.
• VeriFone Systems, Inc.
• VendScreen, Inc.
• Westomatic Vending Services Ltd.

[Market driver]
• Growing adoption of connected vending machines in retail
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High initial investment and cost of production
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Emergence of distinct connected vending machines
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings
• Currency conversion rates

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Industry overview
• Global vending machine market

PART 06: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 07: Market segmentation by location
• Market overview
• Market size and forecast

PART 08: Market segmentation by product
• Market overview
• Market size and forecast

PART 09: Geographical segmentation
• Connected vending machine market in Americas
• Connected vending machine market in APAC
• Connected vending machine market in EMEA

PART 10: Key leading countries

PART 11: Market drivers

PART 12: Impact of drivers

PART 13: Market challenges

PART 14: Impact of drivers and challenges

PART 15: Market trends

PART 16: Buying behavior

PART 17: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Key vendors
• Other prominent vendors

PART 18: Market summary
• Market attractiveness
• Summary of key figures

PART 19: Appendix
• List of abbreviations

PART 20: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Major countries covered
Exhibit 02: Product offerings
Exhibit 03: Opportunities for vendors
Exhibit 04: Global vending machine market segmentation by type 2015-2020 (installed base)
Exhibit 05: Market size and forecast of low-end vending machines 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 06: Overview of global connected vending machine market
Exhibit 07: Market size and forecast 2015-2020 (millions of units)
Exhibit 08: Five forces analysis
Exhibit 09: Connected vending machine market segmentation by location 2015
Exhibit 10: Global connected vending market segmentation by product 2015
Exhibit 11: Geographical segmentation of connected vending machine market 2015
Exhibit 12: Geographical segmentation of connected vending machine market 2015-2020
Exhibit 13: Geographical segmentation of connected vending machine market 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 14: Connected vending machine market in Americas 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 15: Connected vending machine market in APAC 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 16: Connected vending machine market in EMEA 2015-2020 (thousands of units)
Exhibit 17: Global connected vending machine market: CAGR comparison by region
Exhibit 18: Regional growth rate comparison (%) 2015-2019
Exhibit 19: Growth rate comparisons of different regions 2016-2020 (%)
Exhibit 20: Key leading countries
Exhibit 21: Overview of connected vending machine market in US
Exhibit 22: Overview of connected vending machine market in Japan
Exhibit 23: Impact of drivers
Exhibit 24: Impact of drivers and challenges
Exhibit 25: Vendor selection parameters
Exhibit 26: Global connected vending machine market traction by geography
Exhibit 27: Summary of key figures 2015-2020

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR8956
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電子
【キーワード】コネクテッド自動販売機、インテリジェント自動販売機、タッチパネル
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コネクテッド自動販売機の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アジアの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 臍帯血バンクサービスの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、臍帯血バンクサービスの世界市場について調査・分析し、臍帯血バンクサービスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・臍帯血バンクサービスの世界市場:市場動向分析 ・臍帯血バンクサービスの世界市場:競争要因分析 ・臍帯血バンクサービスの世界市場:技術別分析/市場規模 ・臍帯血バンクサービスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・臍帯血バンクサービスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・臍帯血バンクサービスの北米市場規模・分析 ・臍帯血バンクサービスの欧州市場・分析 ・臍帯血バンクサービスのアジア市場・分析 ・臍帯血バンクサービスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 脳症治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、脳症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳症治療市場規模、種類別(肝性脳症、糖尿病性脳症、感染性脳症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳症治療の世界市場概要 ・脳症治療の世界市場環境 ・脳症治療の世界市場動向 ・脳症治療の世界市場規模 ・脳症治療の世界市場:業界構造分析 ・脳症治療の世界市場:種類別(肝性脳症、糖尿病性脳症、感染性脳症、その他) ・脳症治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳症治療の北米市場規模・予測 ・脳症治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・脳症治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・脳症治療の主要国分析 ・脳症治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・脳症治療の世界市場:成長要因、課題 ・脳症治療の世界市場:競争環境 ・脳症治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 防火シーラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防火シーラントの世界市場について調査・分析し、防火シーラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防火シーラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、防火シーラント種類別分析(エラストマー型、発泡型)、防火シーラント用途別分析(住居用建物、商業用建物、工業用建物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防火シーラントの市場概観 ・防火シーラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防火シーラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防火シーラントの世界市場規模 ・防火シーラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防火シーラントのアメリカ市場規模推移 ・防火シーラントのカナダ市場規模推移 ・防火シーラントのメキシコ市場規模推移 ・防火シーラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防火シーラントのドイツ市場規模推移 ・防火シーラントのイギリス市場規模推移 ・防火シーラントのロシア市場規模推移 ・防火シーラン …
  • クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他)、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)
    本市場調査レポートではクローラーカメラシステムについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(カメラ、クローラー、その他)分析、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他) ・クローラーカメラシステムの世界市場:エンドユーザー別(住宅、産業、自治体) ・医療用冷却システムの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ケーブル試験および認証の世界市場予測(~2023年)
    ケーブル試験および認証の世界市場は、2018年の113億米ドルから2023年には147億米ドルに達し、この期間中5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、OECD諸国と非OECD諸国における発電の増加に伴うケーブル使用の増加、世界的なエレクトロニクス・IT産業の成長、工業化・グローバリゼーションの進展などが考えれられます。当調査レポートでは、ケーブル試験および認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧(低電圧、中電圧、高電圧)分析、試験(定期試験、サンプル試験、タイプ試験)分析、エンドユーザー(ケーブルメーカー、ユーティリティプロバイダー)分析、ケーブル試験および認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の小関節処置動向(~2021)
  • 海中マニホールドの世界市場
    当調査レポートでは、海中マニホールドの世界市場について調査・分析し、海中マニホールドの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ポーランドの血栓管理装置市場見通し
  • 世界の1,4-ジブロモペンタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の1,4-ジブロモペンタン市場2016について調査・分析し、1,4-ジブロモペンタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場2018-2022
    タンパク質の結晶化プロセスでは、タンパク質液体試料を過飽和溶液にさらして純度の高い結晶を得ます。タンパク質の結晶構造解析では、この精製された結晶の構造を原子レベルおよび分子レベルで評価します。タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9.68%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Jena Bioscience、Merck KGaA、PerkinElmer、Rigakuなどです。 当調査レポートでは、タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タンパク質の結晶化および結晶構造解析市場規模、製品別(試薬、器具)分析、エンドユーザー別(製薬、バイオテクノロジー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場概要 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場環境 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解 …
  • 薄膜太陽光発電モジュールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薄膜太陽光発電モジュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薄膜太陽光発電モジュール市場規模、技術別(テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場概要 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場環境 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場動向 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場規模 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:業界構造分析 ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:技術別(テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS)) ・薄膜太陽光発電モジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・薄膜太陽光発電モジュールの北米市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールのアジア太平洋市場規模・予測 ・薄膜太陽光発電モジュールの主要 …
  • 冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))の概要 ・冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の冠状動脈疾患(Coronary Artery Disease (CAD))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・冠状動脈 …
  • 天然ガスの世界市場:リソースの種類別、地域別
    本レポートは、天然ガスの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、リソースの種類別(従来型、非従来型)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・天然ガスの世界市場:リソースの種類別(従来型、非従来型) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症の概要 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・メ …
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場:フォームファクタ別(タワーサーバー、ラックサーバー、ブレードサーバー、高密度型サーバー)、ビジネスタイプ別(データーセンター、企業顧客)、地域別予測
    本資料は、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調べ、ホワイトボックスサーバーの世界規模、市場動向、市場環境、フォームファクタ別(タワーサーバー、ラックサーバー、ブレードサーバー、高密度型サーバー)分析、ビジネスタイプ別(データーセンター、企業顧客)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、AMD Telecom S.A.、Forty-two Telecom AB 、CLX Communications AB、Silverstreet BV、Ogangi Corporation、Tanla Solutions Ltd.、Sysmsoft AB、Angkor Data Communication Group Co. Ltd.、Cybercomm、Route Mobile Ltd.、Infobip Ltd.、Tyntec、Nexmo 、DIMOCO などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホワイトボ …
  • タイのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • キサンタンガムの世界市場分析:用途別(石油・ガス、食品・飲料、医薬品、化粧品)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、キサンタンガムの世界市場動向、キサンタンガムの世界市場規模、市場予測、セグメント別キサンタンガム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Rx(処方薬)-OTC(一般用医薬品)転換機会
  • データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューション市場規模、アプリケーション別(資産・容量管理、エネルギー管理、電力・冷却管理、ネットワーク管理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場概要 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場環境 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場動向 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場規模 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場:アプリケー …
  • イスラエルの心臓補助装置市場見通し
  • 世界のビタミンD市場2015
    本調査レポートでは、世界のビタミンD市場2015について調査・分析し、ビタミンDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スリランカのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 特殊光ファイバーの世界市場:種類別(マルチモード、シングルモード)、用途別(通信・デバイス、軍事、電力系統、医療、エネルギー・輸送)、地域別予測
    本資料は、特殊光ファイバーの世界市場について調べ、特殊光ファイバーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(マルチモード、シングルモード)分析、用途別(通信・デバイス、軍事、電力系統、医療、エネルギー・輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCorning、Fujikara、Furukawa、LEONI、Nufern、Fibreguide、iXBlue、INO、 YOFC、Fibrehome、ZTT、 Tongding、OPEAKなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・特殊光ファイバーの世界市場概要 ・特殊光ファイバーの世界市場環境 ・特殊光ファイバーの世界市場動向 ・特殊光ファイバーの世界市場規模 ・特殊光ファイバーの世界市場規模:種類別(マルチモード、シングルモード) ・特殊光ファイバーの世界市場規模:用途別(通信・デバイス、軍事、電力系統、医療、エネルギー・輸送) ・特殊光ファイバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊光ファイバーの北米 …
  • 機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場:製品別(IFEハードウェア、IFEコネクティビティ、IFEコンテンツ)、機体別(ナローボディ機、ワイドボディ機、ビジネスジェット機、超大型航空機)、最終用途別(OEL、アフターマーケット)、地域別予測
    本資料は、機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場について調べ、機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(IFEハードウェア、IFEコネクティビティ、IFEコンテンツ)分析、機体別(ナローボディ機、ワイドボディ機、ビジネスジェット機、超大型航空機)分析、最終用途別(OEL、アフターマーケット)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場概要 ・機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場環境 ・機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場動向 ・機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場規模 ・機内エンターテインメントおよびコネクティビティ(IFEC)の世界市場規模:製品別(IFEハードウェア、IFEコネクティビティ、IFEコ …
  • スポーツくじの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スポーツくじの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツくじの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 世界のグリチルリチン酸モノアンモニウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグリチルリチン酸モノアンモニウム市場2015について調査・分析し、グリチルリチン酸モノアンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間セキュリティサービスの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、民間セキュリティサービスの世界市場について調べ、民間セキュリティサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間セキュリティサービスの市場規模をセグメンテーション別(サービス別(有人警備、電子セキュリティサービス、現金サービス)、エンドユーザー別(産業、家庭、金融機関、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は民間セキュリティサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間セキュリティサービスの市場状況 ・民間セキュリティサービスの市場規模 ・民間セキュリティサービスの市場予測 ・民間セキュリティサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(有人警備、電子セキュリティサービス、現金サービス) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業、家庭、金融機関、その他) ・民間セキュリティサービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル …
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の治療の世界市場:治療別(投薬、幹細胞移植、輸血)、セグメント予測
    発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の治療の世界市場は2025年には58億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、血液および骨髄関連疾患の増加、高齢者人口の増加、新規治療薬の広範な採用、および生物製剤の登場などが考えられます。本調査レポートでは、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の治療の世界市場について調査・分析し、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の治療の世界市場動向、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の尿管鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿管鏡市場2015について調査・分析し、尿管鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの電気生理学装置市場(~2021)
  • プリント回路基板(PCB)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プリント回路基板(PCB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリント回路基板(PCB)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 埋め込みダイパッケージングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、埋め込みダイパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、埋め込みダイパッケージング市場規模、用途別(家電、自動車、ヘルスケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Semiconductor Engineering (ASE) Technology, Amkor Technology, Austria Technologies & Systemtechnik Aktiengesellschaft (AT&S), SHINKO ELECTRIC INDUSTRIES, TDKなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場概要 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場環境 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場動向 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場規模 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場:業界構造分析 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場:用途別(家電 …
  • 天然ガス自動車(NGV)の世界市場:燃料タイプ別(CNG、LNG)、車種別(乗用車、小型・大型商用車)、セグメント予測
    天然ガス自動車に対する世界的な需要は2025年には31,00万1千台に達し、予測期間中、この市場は年平均成長率3.0%で成長すると予測されています。世界中の輸送分野において、天然ガスが燃料として採用されています。ディーゼルやガソリンなどの従来の燃料を使用している車両が公害の原因となる温室効果ガスを大量に放出しています。排出ガスを削減するためには、エンジンに高度な技術を採用することが最重要課題です。これらの技術には、CNG、LNG、水素、電気などの代替燃料の使用が含まれます。本調査レポートでは、天然ガス自動車(NGV)の世界市場について調査・分析し、天然ガス自動車(NGV)の世界市場動向、天然ガス自動車(NGV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別天然ガス自動車(NGV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の生体吸収性ステント市場規模・予測2017-2025:材料別(生体吸収性ポリマー系ステント、生体吸収性金属製ステント)、吸収速度別(低速ステント、高速ステント)、用途別、エンドユーザー別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の生体吸収性ステント市場について調査・分析し、世界の生体吸収性ステント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の生体吸収性ステント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • レーザー切断機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レーザー切断機の世界市場について調査・分析し、レーザー切断機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レーザー切断機シェア、市場規模推移、市場規模予測、レーザー切断機種類別分析()、レーザー切断機用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レーザー切断機の市場概観 ・レーザー切断機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レーザー切断機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レーザー切断機の世界市場規模 ・レーザー切断機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レーザー切断機のアメリカ市場規模推移 ・レーザー切断機のカナダ市場規模推移 ・レーザー切断機のメキシコ市場規模推移 ・レーザー切断機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レーザー切断機のドイツ市場規模推移 ・レーザー切断機のイギリス市場規模推移 ・レーザー切断機のロシア市場規模推移 ・レーザー切断機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界のトライアルフレーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のトライアルフレーム市場2015について調査・分析し、トライアルフレームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 多坑井掘削の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、多坑井掘削の世界市場について調査・分析し、多坑井掘削の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・多坑井掘削の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・多坑井掘削の世界市場:セグメント別市場分析 ・多坑井掘削の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 自動車テレマティクスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、自動車テレマティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車テレマティクスの世界市場規模:技術別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:コネクティビティ種類別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:用途別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:システム別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:サービス別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のオレキシン受容体1型市場2019
    本調査レポートでは、世界のオレキシン受容体1型市場2019について調査・分析し、オレキシン受容体1型の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、オレキシン受容体1型のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、オレキシン受容体1型メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体1型の市場概要 ・オレキシン受容体1型の上流・下流市場分析 ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・オレキシン受容体1型のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・オレキシン受容体1型の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・オレキシン受容体1型の北米市 …
  • 鉄道システムの世界市場予測(~2025年)
    鉄道システムの世界市場は、2019年の260億米ドルから2025年には353億米ドルに達し、この期間中5.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。所得水準の上昇はパーソナルモビリティに対する需要を増大させ、世界中の主要都市における道路交通の増加をもたらし、結果として地下鉄や高速列車といった公共交通機関に対する需要を増大させてきました。これらの車両に対する需要の増加は、鉄道システム市場の成長を促進すると考えられています。一方で、既存車両の新装整備や鉄道産業の資本集約的な性質により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、システムタイプ別(補助動力システム、HVAC、推進システム、車載制御システム、鉄道情報・鉄道セーフティシステム)分析、輸送の種類別(従来型、高速)分析、用途別(旅客輸送、貨物輸送)分析、鉄道システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの医療市場動向(~2022)
  • ゲノム・エンジニアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ゲノム・エンジニアリングの世界市場について調査・分析し、ゲノム・エンジニアリングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ビタミン消費の世界市場:種類別(ビタミンA、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンC、その他)、用途別(飼料用添加物、医薬品・化粧品、食品・飲料)、地域別予測
    本資料は、ビタミン消費の世界市場について調べ、ビタミン消費の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ビタミンA、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンC、その他)分析、用途別(飼料用添加物、医薬品・化粧品、食品・飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDSM 、Lonza、CSPC Pharmaceutical Group、BASF、Zhejiang Medicine、Shandong Luwei Pharmaceutical、Northeast Pharmaceutical、North China Pharmaceutical 、NHU、Jubilant Life Sciences などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビタミン消費の世界市場概要 ・ビタミン消費の世界市場環境 ・ビタミン消費の世界市場動向 ・ビタミン消費の世界市場規模 ・ビタミン消費の世界市場規模:種類別(ビタミンA、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミ …
  • 専門医療椅子の世界市場2014-2025:製品別(検査用椅子、治療用椅子、リハビリ用椅子)、地域別
    本調査レポートでは、専門医療椅子の世界市場について調査・分析し、専門医療椅子の世界市場動向、専門医療椅子の世界市場規模、市場予測、セグメント別専門医療椅子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハブモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハブモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、設置別(フロント、リア)分析、車両別(E-自転車、E-スクーター・モペット、E-バイク)分析、モーター別(ギヤード、ギヤレス)分析、販売チャネル別(OE、アフターマーケット)分析、ハブモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の変性ポリフェニレンオキサイド(MPPO)市場2016
    本調査レポートでは、世界の変性ポリフェニレンオキサイド(MPPO)市場2016について調査・分析し、変性ポリフェニレンオキサイド(MPPO)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート空港技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、スマート空港技術の世界市場について調査・分析し、スマート空港技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. スマート空港技術市場の概要 3. スマート空港技術の世界市場2016-2026 4. 世界のスマート空港技術2次市場2016-2026 5. 地域別スマート空港技術市場予測2016-2026 6. スマート空港技術市場のSWOT分析2016-2026 7. スマート空港技術市場のPEST分析2016-2026 8. 主要なスマート空港技術企業 9. 結論 10. 用語集
  • サスペンションシステムの世界市場見通し2016-2022:マクファーソンストラット式、ダブルウィッシュボーン式、依存型、独立型
    当調査レポートでは、サスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、サスペンションシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・サスペンションシステムの世界市場:市場動向分析 ・サスペンションシステムの世界市場:競争要因分析 ・サスペンションシステムの世界市場:アーキテクチャ別分析/市場規模 ・サスペンションシステムの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・サスペンションシステムの世界市場:システム別分析/市場規模 ・サスペンションシステムの世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・サスペンションシステムの世界市場:制動別分析/市場規模 ・サスペンションシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・サスペンションシステムの北米市場規模 ・サスペンションシステムの欧州市場規模 ・サスペンションシステムのアジア市場規模 ・サスペンションシステムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"