"Hadoop(ハドゥープ)の世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9498)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"Hadoop(ハドゥープ)の世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Hadoop Market
The increased amount of data on the internet from various modes such as web logs, online transactions, social media, and video streaming has forced organizations to take proactive measures to store and manage data and derive useful insights. According to Technavio, approximately 7 zettabytes of data churned out from enterprises globally in 2015. Out of the total, more than 80% was unstructured data that came from social media platforms, clickstreams, server logs, sensors, and the Internet of Things. Storing useful information and deriving insights from unstructured data and real-time analytics are challenging tasks for organizations.

Hadoop played a pivotal role for enterprises over the past 4-5 years in handling the increase of data. Apache Hadoop is a framework that works on a clustered file system that can share multiple servers simultaneously. It is an open-source software platform that uses MapReduce technology, which is a programming model that allows for processing and generating large data sets with a distributed algorithm on a cluster. The technology involves two steps. The Map step helps control nodes from various sources such as legacy systems and extensible markup language files. In the Reduce step, various smaller work nodes of information are created and distributed across a computing cluster server. This will help perform distributed computations on various hardware servers.

Technavio’s analysts forecast the global Hadoop market to grow at a CAGR of 59.37% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global Hadoop market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers revenue generated from the sales of Hadoop solutions with functionalities such as MapReduce, integrated solutions, and services (consultation, training, and maintenance). The revenue generated from after-sales services is not considered.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Hadoop Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Cloudera
• Hortonworks
• MapR
• Amazon Web Services
• Cisco Systems
• Datameer
• IBM
• Microsoft
• Oracle
• Pivotal
• Teradata

[Other prominent vendors]
• Altiscale
• Cask
• Google
• HP
• Infochimps
• Karmasphere
• Mortar Data
• Pentaho

[Market driver]
• Hadoop ensures optimal use of resources
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Dearth of technical skill act as a barrier during deployment phases
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Rising need to enhance flexibility and scalability to make operational decisions
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"Hadoop(ハドゥープ)の世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Key findings

PART 02: Scope of the report
• Hadoop distribution vendors
• Technology partners

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Emergence of Hadoop
• How Hadoop came into picture
• Data and Hadoop story

PART 06: Hadoop components
• Hadoop 1.0 and Hadoop 2.0 overview
• Hadoop components

PART 07: Hadoop projects ecosystem

PART 08: Hadoop-based big data management process
• Comparison of Hadoop and RDBMS

PART 09: Market size and forecast

PART 10: Market segmentation by deployment
• Market overview
• Global Hadoop market by deployment

PART 11: Market segmentation by product
• Global Hadoop market by product

PART 12: Market segmentation by end-user
• Global Hadoop market by end-user

PART 13: Market segmentation by region
• Global Hadoop market by region
• Global Hadoop market by region 2015-2020

PART 14: Market drivers
• Big data plays a pivotal role in advent of Hadoop
• Hadoop ensures optimal use of resources
• Hadoop solution provides better clarity on time management

PART 15: Impact of drivers

PART 16: Market challenges
• Dearth of technical skill act as a barrier during deployment phases
• Difficulties with open-source software
• Real-time data analytics issues
• Hadoop platform’s immaturity

PART 17: Impact of drivers and challenges

PART 18: Market trends
• Increasing investment in global Hadoop market
• HDaaS solution is encouraged by SMEs for cost-effectiveness
• Rising need to enhance flexibility and scalability to make operational decisions

PART 19: Five forces analysis

PART 20: Vendor landscape
• Hadoop distribution vendors vs technology partners
• Mapping of Hadoop distribution vendors with technology partners

PART 21: Hadoop distribution vendors
• Cloudera
• Hortonworks
• MapR

PART 22: Technology partners
• Amazon Web Services
• Cisco Systems
• Datameer
• IBM
• Microsoft
• Oracle
• Pivotal
• Teradata

PART 23: Other prominent vendors

PART 24: Appendix
• List of abbreviations

PART 25: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: On-premises and HDaaS segments of global Hadoop market 2015 and 2020 (% share)
Exhibit 02: Hadoop distribution offerings
Exhibit 03: Technology partners integrating Hadoop distribution
Exhibit 04: Advantages of Hadoop
Exhibit 05: NoSQL databases mapped to vendors
Exhibit 06: Hadoop components
Exhibit 07: Apache Hadoop ecosystem
Exhibit 08: Hadoop-based big data management process
Exhibit 09: Comparison of Hadoop and RDBMS
Exhibit 10: Global Hadoop market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global Hadoop market by deployment 2015 (% share)
Exhibit 12: Use of Hadoop in large companies
Exhibit 13: Global Hadoop market share by deployment 2015-2020 (% share)
Exhibit 14: Global Hadoop market by product type
Exhibit 15: Global Hadoop market by product 2015 (% share)
Exhibit 16: Global Hadoop market share by product 2015-2020 (% share)
Exhibit 17: Global Hadoop market by product 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Global Hadoop market by end-user
Exhibit 19: Geographical segmentation of Hadoop market 2015 (% share)
Exhibit 20: Geographical segmentation of Hadoop market 2020 (% share)
Exhibit 21: Geographical segmentation of Hadoop market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 22: Impact of drivers
Exhibit 23: Impact of drivers and challenges
Exhibit 24: Five forces analysis
Exhibit 25: Mapping of Hadoop distribution vendors with technology partners
Exhibit 26: Cloudera products and services
Exhibit 27: Hortonworks products
Exhibit 28: Amazon Web Services products
Exhibit 29: Amazon Web Services solutions
Exhibit 30: Datameer products
Exhibit 31: Other prominent vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】Hadoop(ハドゥープ)の世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9498
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【キーワード】Hadoop(ハドゥープ)、データ、ビックデータ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
Hadoop(ハドゥープ)の世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スマートフリート管理の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、スマートフリート管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、輸送方式別分析、装置別分析、ネットワーク別分析、地域別分析、スマートフリート管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 落下防止の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、落下防止の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、落下防止の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用成長促進剤および機能向上剤の世界市場:抗生物質、ホルモン、飼料用酵素、プロバイオティクス、プレバイオティクス、有機酸、植物、βアゴニスト
    当調査レポートでは、動物用成長促進剤および機能向上剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、動物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハラルフードの世界市場2014-2025:製品別(肉・代替物、牛乳・乳製品、果物・野菜、穀物製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、MEA、CSA)
    本調査レポートでは、ハラルフードの世界市場について調査・分析し、ハラルフードの世界市場動向、ハラルフードの世界市場規模、市場予測、セグメント別ハラルフード市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの概要 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のCysLT亜類型1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • トランプ&ボードゲームの中国市場:トランプ、ボードゲーム
  • 世界の足関節置換機器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、足関節置換機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・足関節置換機器の概要 ・足関節置換機器の開発動向:開発段階別分析 ・足関節置換機器の開発動向:セグメント別分析 ・足関節置換機器の開発動向:領域別分析 ・足関節置換機器の開発動向:規制Path別分析 ・足関節置換機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別足関節置換機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・足関節置換機器の最近動向
  • 熱交換器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱交換器市場規模、製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器)分析、最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱交換器の世界市場概要 ・熱交換器の世界市場環境 ・熱交換器の世界市場動向 ・熱交換器の世界市場規模 ・熱交換器の世界市場:業界構造分析 ・熱交換器の世界市場:製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器) ・熱交換器の世界市場:最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他) ・熱交換器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱交換器のアメリカ市場規模・予測 ・熱交換器のヨーロッパ市場規模・予測 ・熱交換器のアジア市場規模・予測 ・熱交換器の主要国分析 ・熱交換器の世界市場:意思決定フ …
  • ツナ缶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ツナ缶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ツナ缶の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・魚種別市場分類 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • スカッシュ装具の世界市場2016-2020:スカッシュ用ラケット、スカッシュ用ボール、スカッシュ用シューズ
    当調査レポートでは、スカッシュ装具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スカッシュ装具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 米飴(ライスシロップ)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、米飴(ライスシロップ)の世界市場について調べ、米飴(ライスシロップ)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、米飴(ライスシロップ)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型米飴、有機米飴)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は米飴(ライスシロップ)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・米飴(ライスシロップ)の市場状況 ・米飴(ライスシロップ)の市場規模 ・米飴(ライスシロップ)の市場予測 ・米飴(ライスシロップ)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型米飴、有機米飴) ・米飴(ライスシロップ)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • パーソナルファイナンスソフトウェアのアメリカ市場
  • 股関節・膝関節再建装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、股関節・膝関節再建装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・股関節・膝関節再建装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・股関節・膝関節再建装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・股関節・膝関節再建装置の製品パイプライン分析 ・股関節・膝関節再建装置の治験動向 ・主要企業分析 ・股関節・膝関節再建装置の世界市場規模予測 ・股関節・膝関節再建装置の地域別市場規模予測
  • 粘着リムーバーの世界市場予測2019-2024
    「粘着リムーバーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、柑橘類ベース、大豆ベース、溶媒ベースなど、用途別には、Industrial、Medical、Commercialなどに区分してまとめた調査レポートです。粘着リムーバーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・粘着リムーバーの世界市場概要(サマリー) ・粘着リムーバーの企業別販売量・売上 ・粘着リムーバーの企業別市場シェア ・粘着リムーバーの世界市場規模:種類別(柑橘類ベース、大豆ベース、溶媒ベース) ・粘着リムーバーの世界市場規模:用途別(Industrial、Medical、Commercial) ・粘着リムーバーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・粘着リムーバーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・粘着リムーバーの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・粘着リムーバーの中東・アフリカ市場(エ …
  • エンドポイント検出及び対応の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エンドポイント検出及び対応の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンドポイント検出及び対応の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・配置別市場分析 ・エンドユーザー別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・購買基準 ・ファイブフォース分析 ・競争状況 ・主要企業の概要 ・付録
  • 世界の過ホウ酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の過ホウ酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、過ホウ酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ティムットペッパーの世界市場2018-2022
    ティムットペッパーは、ネパールに自生する希少な唐辛子の一つです。破裂したような形の種子で、グレープフルーツのような香りを持つ刺激的な辛味を特徴としています。ティムットペッパーの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率8.43%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Natural Resources Industries、Organic farm Nepal、Satya International、Speciality Cooking Supplies、Spice Ace、Spice Mountain、Terre Exotique、Thiercelin- Health is good for youなどです。 当調査レポートでは、ティムットペッパーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティムットペッパー市場規模、用途別(食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ティムットペッパーの世界市場概要 …
  • 照明管理システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、照明管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、照明管理システム市場規模、エンドユーザー別(住居用、商業用、その他)分析、種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eaton, GENERAL ELECTRIC, Honeywell International, Schneider Electric, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・照明管理システムの世界市場概要 ・照明管理システムの世界市場環境 ・照明管理システムの世界市場動向 ・照明管理システムの世界市場規模 ・照明管理システムの世界市場:業界構造分析 ・照明管理システムの世界市場:エンドユーザー別(住居用、商業用、その他) ・照明管理システムの世界市場:種類別 ・照明管理システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・照明管理システムの北米市場規模・予測 ・照明管理システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・照明管理システムのア …
  • スマートマテリアルの世界市場:磁歪材料、スマート流体、圧電材料、熱応答性材料、スマート・ヒドロゲル、生物模倣型材料、形状記憶素材、造塩体材料
    当調査レポートでは、スマートマテリアルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・スマートマテリアルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・スマートマテリアルの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・スマートマテリアルの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・スマートマテリアルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・スマートマテリアルのアメリカ市場規模予測 ・スマートマテリアルのヨーロッパ市場規模予測 ・スマートマテリアルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の水性塗料市場2015について調査・分析し、水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 住居用洗濯機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、住居用洗濯機の世界市場について調査・分析し、住居用洗濯機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別住居用洗濯機シェア、市場規模推移、市場規模予測、住居用洗濯機種類別分析(全自動、半自動)、住居用洗濯機用途別分析(学校用、住居用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・住居用洗濯機の市場概観 ・住居用洗濯機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・住居用洗濯機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・住居用洗濯機の世界市場規模 ・住居用洗濯機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・住居用洗濯機のアメリカ市場規模推移 ・住居用洗濯機のカナダ市場規模推移 ・住居用洗濯機のメキシコ市場規模推移 ・住居用洗濯機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・住居用洗濯機のドイツ市場規模推移 ・住居用洗濯機のイギリス市場規模推移 ・住居用洗濯機のロシア市場規模推移 ・住居用洗濯機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • 限外ろ過の世界市場:用途別(血液透析、工業プロセス、食品・飲料、飲用水、バイオ医薬品、廃水)、タイプ別(円筒形モジュール、中空糸、螺旋巻きモジュール、プレート・フレーム)、地域別予測
    本資料は、限外ろ過の世界市場について調べ、限外ろ過の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(血液透析、工業プロセス、食品・飲料、飲用水、バイオ医薬品、廃水)分析、タイプ別(円筒形モジュール、中空糸、螺旋巻きモジュール、プレート・フレーム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・限外ろ過の世界市場概要 ・限外ろ過の世界市場環境 ・限外ろ過の世界市場動向 ・限外ろ過の世界市場規模 ・限外ろ過の世界市場規模:用途別(血液透析、工業プロセス、食品・飲料、飲用水、バイオ医薬品、廃水) ・限外ろ過の世界市場規模:タイプ別(円筒形モジュール、中空糸、螺旋巻きモジュール、プレート・フレーム) ・限外ろ過の世界市場:地域別市場規模・分析 ・限外ろ過の北米市場規模・予測 ・限外ろ過のアメリカ市場規模・予測 ・限外ろ過のヨーロッパ市場規模・予測 ・限外ろ過のアジア市場規模・予測 ・限外ろ過の日本市場規模・予測 ・限外ろ過の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 電気自動車充電システムの世界市場:製品別(家庭用充電システムおよび商用充電システム)、充電モード別(プラグイン充電システムおよびワイヤレス充電システム)、充電電圧レベル別(レベル1、レベル2、およびレベル3)
    当調査レポートでは、電気自動車充電システムの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、充電モード別分析、充電電圧レベル別分析、地域別分析、競合分析などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・電気自動車充電システムの世界市場:製品別(家庭用充電システムおよび商用充電システム) ・電気自動車充電システムの世界市場:充電モード別(プラグイン充電システムおよびワイヤレス充電システム) ・電気自動車充電システムの世界市場:充電電圧レベル別(レベル1、レベル2、およびレベル3) ・電気自動車充電システムの世界市場:地域別 ・競合分析
  • 世界のヘキサメチレンテトラミン(HMTA)市場2015
    本調査レポートでは、世界のヘキサメチレンテトラミン(HMTA)市場2015について調査・分析し、ヘキサメチレンテトラミン(HMTA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装用デジタル印刷の市場の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、包装用デジタル印刷の市場について調査・分析し、包装用デジタル印刷の市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・包装用デジタル印刷の世界市場規模:技術別分析 ・包装用デジタル印刷の世界市場規模:包装種類別分析 ・包装用デジタル印刷の世界市場規模:印刷インク別分析 ・包装用デジタル印刷の世界市場規模:フォーマット別分析 ・包装用デジタル印刷の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・包装用デジタル印刷の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場:タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界市場について調べ、ヘルスケア産業向け輸送サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医療製品、患者輸送、インキュベータ輸送、移動治療施設、非医療輸送)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはXpress Non-Emergency Medical Transportation、Overview、Financial (Subject to Data Availability)、Product Summary、Recent Developments、Logisticare、American Medical Response、ATS Healthcare Solutions、DHL Healthcare、ARAMARK Healthcare、Crothall Healthcare、ProHealth Care、Piedmont Healthcare、Watts Healthcare、MTM、Molina …
  • ハイブリッド電力システムの世界市場:太陽光・ディーゼル、風力・太陽光・ディーゼル、風力・ディーゼル
    当調査レポートでは、ハイブリッド電力システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド電力システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体用板紙の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、液体用板紙の世界市場について調べ、液体用板紙の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、液体用板紙の市場規模をセグメンテーション別(用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は液体用板紙の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・液体用板紙の市場状況 ・液体用板紙の市場規模 ・液体用板紙の市場予測 ・液体用板紙の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料) ・液体用板紙の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 水腎症治療の世界市場2019-2023
    水腎症とは、腎臓の内部が拡張もしくは伸長している症状であり、通常、腎臓結石用鎮痛剤や薬剤が水腎症治療薬として使われています。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、世界の水腎症治療市場が9.14%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、F. Hoffmann-La Roche、Novartis、Pfizer、Teva Pharmaceutical Industriesなどです。 当調査レポートでは、水腎症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水腎症治療市場規模、製品別(抗生物質療法、他の療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水腎症治療の世界市場概要 ・水腎症治療の世界市場環境 ・水腎症治療の世界市場動向 ・水腎症治療の世界市場規模 ・水腎症治療の世界市場:業界構造分析 ・水腎症治療の世界市場:製品別(抗生物質療法、他の療法) ・水腎症治療の世界市場:地域別市 …
  • 世界の熱可塑性樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性樹脂市場2015について調査・分析し、熱可塑性樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 通信事業者のデジタル広告戦略
  • 世界及び日本の木材コーティング剤市場2017-2022
  • 自動車用ガラスの世界市場:製品別(合わせガラス、強化ガラス)用途別(フロントガラス、サンループ)、エンドユーズ別(OEM、アフターマーケット)、車種別(乗用車、小型商用車)
    本調査レポートでは、自動車用ガラスの世界市場について調査・分析し、自動車用ガラスの世界市場動向、自動車用ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マルチクラウド管理の世界市場見通し2016-2022:プロフェッショナルサービス、タスクマイグレーション&インテグレーション、マネージドサービス、クラウドオートメーション、レポート&分析
    当調査レポートでは、マルチクラウド管理の世界市場について調査・分析し、マルチクラウド管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・マルチクラウド管理の世界市場:市場動向分析 ・マルチクラウド管理の世界市場:競争要因分析 ・マルチクラウド管理の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:用途別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:プラットフォーム別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・マルチクラウド管理の北米市場規模 ・マルチクラウド管理の欧州市場規模 ・マルチクラウド管理のアジア市場規模 ・マルチクラウド管理の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 骨密度計の世界市場分析:技術別(軸骨デンシトメトリー、DEXA、QCT、末梢骨デンシトメトリー、SEXA、pDEXA、RA、QUS、pQCT)、エンドユーザー別(病院、診療所)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、骨密度計の世界市場について調査・分析し、骨密度計の世界市場動向、骨密度計の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨密度計市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のPE絶縁架空ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のPE絶縁架空ケーブル市場2015について調査・分析し、PE絶縁架空ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カーペット&ラグの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、カーペット&ラグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、カーペット&ラグの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アデノシンA2B受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA2B受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA2B受容体拮抗薬の概要 ・アデノシンA2B受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA2B受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA2B受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA2B受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • シロアリ防除の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、シロアリ防除の世界市場について調査・分析し、シロアリ防除の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - シロアリ防除の世界市場:市場動向分析 - シロアリ防除の世界市場:競争要因分析 - シロアリ防除の世界市場:防除方式別 ・生物学的防除方式 ・物理的機械的防除方式 ・化学的防除方式 ・その他 - シロアリ防除の世界市場:種別 ・乾いた木に住むシロアリ ・湿った木に住むシロアリ ・地下シロアリ ・その他 - シロアリ防除の世界市場:用途別 ・農業・家畜農場 ・商用&産業 ・住宅用 ・その他 - シロアリ防除の世界市場:主要地域別分析 - シロアリ防除の北米市場規模(アメリカ市場等) - シロアリ防除のヨーロッパ市場規模 - シロアリ防除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・シロアリ防除の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • パイプライン監視システムの世界市場予測(~2026年):超音波、PIG、スマートボール、漏洩磁束法
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パイプライン監視システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、パイプライン監視システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロノポールの世界市場2017-2021:水処理、調合剤、石油・ガス、紙・パルプ、塗料・塗装・接着剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ブロノポールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロノポールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はブロノポールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBASF、Shanghai Rich Chemicals、Sharon laboratories、Fujian Shadow Fine Chemical Factory、The Dow Chemical Company等です。
  • 皮膚科治療薬の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、皮膚科治療薬の世界市場について調査・分析し、皮膚科治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 皮膚科治療薬の概要 3. 皮膚科治療薬の世界市場 4. 乾癬治療薬市場:市場分析・予測 5. 皮膚感染治療薬市場:市場分析・予測 6. にきび治療薬市場:市場分析・予測 7. 皮膚炎治療薬市場:市場分析・予測 8. 皮膚科治療薬の主要国市場 9. 皮膚科治療薬市場における主要企業 10. 皮膚科治療薬:研究開発パイプライン 11. 皮膚科治療薬市場の定性分析 12. 結論 13. 用語集
  • アスタキサンチンの世界市場分析:天然アスタキサンチン、合成アスタキサンチン
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、アスタキサンチンの世界市場動向、アスタキサンチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別アスタキサンチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬剤
  • 世界のアウトドアアパレル市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはアウトドアアパレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アウトドアアパレルの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • チーズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、チーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チーズの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるぶどう膜炎(Uveitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ぶどう膜炎(Uveitis)の概要 ・ぶどう膜炎(Uveitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬開発 …
  • ロシアの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 機関車エンジンサスペンションの世界市場
    当調査レポートでは、機関車エンジンサスペンションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機関車エンジンサスペンションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのチリ市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"