"HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9499)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Heating, Ventilation, and Air Conditioning (HVAC) Valves Market
Valves are devices that regulate, direct, or control the flow of fluids (gases, liquids) by opening, closing, or partially opening various pathways. The three most commonly used types of valves in HVAC systems are:
• Ball Valve
• Globe Valve
• Butterfly Valve

Valves play a significant role in fluid distribution in HVAC system. They are mostly placed at the outlet on the top of the cooling/heating coils. They also act as a shut-off mechanism to enable servicing of the HVAC equipment. There are typically two types of valve arrangements, namely:
• Two-way valves circuit (for variable flow)
• Three-way valve circuit (for constant flow)

Technavio’s analysts forecast the global HVAC valve market to grow at a CAGR of 5.64% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global HVAC valve market for 2016-2020.

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Heating, Ventilation, and Air Conditioning (HVAC) Valves Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Flowserve
• Honeywell
• Johnson Controls
• Pentair
• Schneider Electric

[Other prominent vendors]
• Mueller Industries
• Belimo
• Advance Valves
• Metrex Valve
• AVK Group

[Market driver]
• Increased spending on construction activities
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Instability in global economy
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increased adoption of building automation systems
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights
• Valves
• Application of valves
• Selection and sizing of valves

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Market size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by end-user
• Global HVAC valves market by end-users
• Commercial HVAC valves market by commercial sector
• Global HVAC valves market by residential sector
• Global HVAC valves market by industrial sector

PART 07: Market segmentation by type
• Global HVAC valves market by valve types
• Global HVAC valves market: Ball valves
• Global HVAC valves market: Globe valves
• Global HVAC valves market: Butterfly valves
• Global HVAC valves market: Other valves

PART 08: Market segmentation by geography
• Global HVAC valves market by geography
• HVAC valves market in APAC
• HVAC valves market in EMEA
• HVAC valves market in the Americas

PART 09: Market drivers
• Increased spending on construction activities
• Retrofitting and renovation of old buildings
• Rising disposable income and increased urbanization
• Growth of smart cities
• Increased adoption of advanced HVAC systems

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges
• Instability in global economy
• Capital-intensive HVAC equipment industry
• Declining construction industry in Europe

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends
• Falling raw material prices
• Increased adoption of building automation systems
• Fragmented industry

PART 14: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Key news
• Mergers and acquisitions
• Other prominent vendors

PART 15: Key vendor analysis
• Flowserve
• Honeywell
• Johnson Controls
• Pentair
• Schneider Electric

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product offerings
Exhibit 02: Two-pipe HVAC schematic diagram
Exhibit 03: Control flow characteristics
Exhibit 04: Global HVAC valves market
Exhibit 05: Global HVAC valves market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 06: Five forces analysis
Exhibit 07: Global HVAC valves market by end-users 2015
Exhibit 08: Global HVAC valves market by end-users 2020
Exhibit 09: Global HVAC valves market by end-users 2015-2020
Exhibit 10: Global HVAC valves market by commercial sector 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 11: Global HVAC valves market by residential sector 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 12: Global HVAC valves market by industrial sector 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 13: Global HVAC valves market by valve types 2015
Exhibit 14: Global HVAC valves market by valve types 2020
Exhibit 15: Global HVAC valves market by valve type 2015-2020
Exhibit 16: Global HVAC ball valves market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 17: Global HVAC globe valves market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 18: Global HVAC butterfly valves market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 19: Global HVAC other valves market 2015-2020 ($ millions)
Exhibit 20: Global HVAC valves market by geography 2015
Exhibit 21: Global HVAC valves market by geography 2020
Exhibit 22: Global HVAC valves market by geography 2015-2020
Exhibit 23: HVAC valves market in APAC 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: HVAC valves market in EMEA 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 25: HVAC valves market in the Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 26: Impact of drivers
Exhibit 27: Impact of drivers and challenges
Exhibit 28: Steel price trend ($/ton)
Exhibit 29: Copper prices 2011-2016 (thousands of $/metric ton)
Exhibit 30: Iron ore price 2011-2015 ($/dry metric ton)
Exhibit 31: Pentair: Product offerings

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9499
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業装置
【キーワード】ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁、HVAC装置バルブ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • インドの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 患者体温管理の北米市場
    本調査レポートでは、患者体温管理の北米市場について調査・分析し、患者体温管理の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のリージョナル航空機市場:詳細分析レポート2017-2022
  • ビルトイン電子レンジの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルトイン電子レンジの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルトイン電子レンジの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルバッジの世界市場:提供別(プラットフォーム、サービス)、エンドユーザー別(学術機関、企業)、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、提供別(プラットフォーム、サービス)分析、エンドユーザー別(学術機関、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:提供別(プラットフォーム、サービス) ・デジタルバッジの世界市場規模:エンドユーザー別(学術機関、企業) ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 敗血症(Sepsis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における敗血症(Sepsis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、敗血症(Sepsis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・敗血症(Sepsis)の概要 ・敗血症(Sepsis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の敗血症(Sepsis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・敗血症(Sepsis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・敗血症(Sepsis)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用LIDARセンサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用LIDARセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用LIDARセンサー市場規模、用途別(ADAS、自律走行車両)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場概要 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場環境 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場動向 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場規模 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:用途別(ADAS、自律走行車両) ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用LIDARセンサーの北米市場規模・予測 ・自動車用LIDARセンサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用LIDARセンサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用LIDARセンサーの主要国分析 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 紫外線硬化樹脂の世界市場
    本調査レポートでは、紫外線硬化樹脂の世界市場について調査・分析し、紫外線硬化樹脂の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のMMOゲーム市場2019
    本調査レポートでは、世界のMMOゲーム市場2019について調査・分析し、MMOゲームの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、MMOゲームのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、MMOゲームメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・MMOゲームの市場概要 ・MMOゲームの上流・下流市場分析 ・MMOゲームのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・MMOゲームのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MMOゲームのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・MMOゲームのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MMOゲームの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・MMOゲームの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・MMOゲームの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・MMOゲームの北米市場:市場予測(生産 …
  • 甲板機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、甲板機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、甲板機械の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車補修塗料の世界市場分析:樹脂タイプ別(アクリル、アルキド、ポリウレタン)、技術別(水系、溶剤系、UV硬化型)、製品別(プライマー、ベースコート、フィラー、トップコート)、車の年数別(5年未満、5~10年、10年以上)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車補修塗料の世界市場について調査・分析し、自動車補修塗料の世界市場動向、自動車補修塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車補修塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 大型トラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大型トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大型トラックの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は大型トラックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Daimler Trucks• MAN• PACCAR• Scania• Volvo Trucks 等です。
  • アルゼンチンの原油精製市場見通し(~2021年)
  • オンライン衣類レンタルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オンライン衣類レンタルの世界市場について調べ、オンライン衣類レンタルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オンライン衣類レンタルの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(女性、男性、子供)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオンライン衣類レンタルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オンライン衣類レンタルの市場状況 ・オンライン衣類レンタルの市場規模 ・オンライン衣類レンタルの市場予測 ・オンライン衣類レンタルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(女性、男性、子供) ・オンライン衣類レンタルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状 …
  • アメリカの家庭用家具市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの家庭用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの家庭用家具市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メタマテリアルの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、メタマテリアルの世界市場について調査・分析し、メタマテリアルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - メタマテリアルの世界市場:市場動向分析 - メタマテリアルの世界市場:競争要因分析 - メタマテリアルの世界市場:メタマテリアルの種類別 ・音響メタマテリアル ・テラヘルツ領域のメタマテリアル ・可変メタマテリアル ・非線形メタマテリアル ・フォトニックメタマテリアル ・周波数選択面(FSS) ・電磁気メタマテリアル ・その他 - メタマテリアルの世界市場:装置別 ・アブソーバー ・アンテナ ・遮蔽装置 ・スーパーレンズ - メタマテリアルの世界市場:用途別 ・検出 ・電気通信 ・視覚 ・航空宇宙・防衛 ・レーダー・通信 ・医療機器 - メタマテリアルの世界市場:主要地域別分析 - メタマテリアルの北米市場規模(アメリカ市場等) - メタマテリアルのヨーロッパ市場規模 - メタマテリアルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・メタマテリアルの世界市場:主な市場開拓 - …
  • RFデュプレクサの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、RFデュプレクサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFデュプレクサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はRFデュプレクサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Broadcom、Murata Manufacturing、Qorvo、TDK等です。
  • 無機シンチレータの世界市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、無機シンチレータの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 小型自動車用燃料タンク及び供給装置の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用燃料タンク及び供給装置の世界市場について調査・分析し、小型自動車用燃料タンク及び供給装置の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • インドの心臓人工弁市場(~2021)
  • サンガーシークエンスシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サンガーシークエンスシステムの世界市場について調査・分析し、サンガーシークエンスシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サンガーシークエンスシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、サンガーシークエンスシステム種類別分析()、サンガーシークエンスシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サンガーシークエンスシステムの市場概観 ・サンガーシークエンスシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サンガーシークエンスシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サンガーシークエンスシステムの世界市場規模 ・サンガーシークエンスシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サンガーシークエンスシステムのアメリカ市場規模推移 ・サンガーシークエンスシステムのカナダ市場規模推移 ・サンガーシークエンスシステムのメキシコ市場規模推移 ・サンガーシークエンスシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) …
  • メディカルアラートシステムの世界市場:タイプ別(固定電話、携帯電話、スタンドアロン)、最終用途別(家庭ユーザー、養護施設、介護付き施設、病院)、地域別予測
    本資料は、メディカルアラートシステムの世界市場について調べ、メディカルアラートシステムの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(固定電話、携帯電話、スタンドアロン)分析、最終用途別(家庭ユーザー、養護施設、介護付き施設、病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メディカルアラートシステムの世界市場概要 ・メディカルアラートシステムの世界市場環境 ・メディカルアラートシステムの世界市場動向 ・メディカルアラートシステムの世界市場規模 ・メディカルアラートシステムの世界市場規模:タイプ別(固定電話、携帯電話、スタンドアロン) ・メディカルアラートシステムの世界市場規模:最終用途別(家庭ユーザー、養護施設、介護付き施設、病院) ・メディカルアラートシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メディカルアラートシステムの北米市場規模・予測 ・メディカルアラートシステムのアメリカ市場規模・予測 ・メディカルアラートシステムのヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の概要 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性細菌性副鼻腔炎 …
  • 微小球技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、微小球技術の世界市場について調査・分析し、微小球技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 微小球技術の世界市場:市場動向分析 - 微小球技術の世界市場:競争要因分析 - 微小球技術の世界市場:原材料別 ・セラミック微小球 ・フライアッシュ(セノスフェア)微小球 ・ガラス微小球 ・金属微小球 ・ポリマー微小球 ・その他 - 微小球技術の世界市場:種類別 ・固体微小球 ・中空微小球 ・常磁性微小球 ・磁性微小球 - 微小球技術の世界市場:用途別 ・医療技術 ・生命科学・バイオテクノロジー ・建築用複合材料 ・自動車 ・航空宇宙 ・石油・ガス ・塗料・コーティング ・化粧品・パーソナルケア ・その他 - 微小球技術の世界市場:主要地域別分析 - 微小球技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 微小球技術のヨーロッパ市場規模 - 微小球技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・微小球技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 精密林業の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、精密林業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、技術別(CTL、地理空間、火災検知)分析、用途別(収穫、造林・火災管理、在庫・物流)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、精密林業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、精密林業の世界市場規模が2019年39億ドルから2024年61億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。
  • 筋けいれん(Muscle Spasm):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋けいれん(Muscle Spasm)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋けいれん(Muscle Spasm)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋けいれん(Muscle Spasm)の概要 ・筋けいれん(Muscle Spasm)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋けいれん(Muscle Spasm)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋けいれん(Muscle Spasm)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 高リン血症治療薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、高リン血症治療薬の世界市場について調査・分析し、高リン血症治療薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • エナジードリンク(ソフトドリンク)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 空港用照明の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、空港用照明の世界市場について調査・分析し、空港用照明の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別空港用照明シェア、市場規模推移、市場規模予測、空港用照明種類別分析(進入灯、滑走路灯、誘導路・エプロン照明灯、停止線灯、その他)、空港用照明用途別分析(民間・商用空港、軍事空港)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・空港用照明の市場概観 ・空港用照明のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・空港用照明のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・空港用照明の世界市場規模 ・空港用照明の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・空港用照明のアメリカ市場規模推移 ・空港用照明のカナダ市場規模推移 ・空港用照明のメキシコ市場規模推移 ・空港用照明のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・空港用照明のドイツ市場規模推移 ・空港用照明のイギリス市場規模推移 ・空港用照明のロシア市場規模推移 ・空港用照明のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジ …
  • イタリアの整形外科処置動向(~2021)
  • 脂質異常症(Dyslipidemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脂質異常症(Dyslipidemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脂質異常症(Dyslipidemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脂質異常症(Dyslipidemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・脂質異常症(Dyslipidemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・脂質異常症(Dyslipidemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脂質異常症(Dyslipidemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脂質異常症(Dyslipidemia)治療薬剤
  • 魚雷の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、魚雷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、魚雷の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冷却塔の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、冷却塔の世界市場について調査・分析し、冷却塔の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 冷却塔の世界市場:市場動向分析 - 冷却塔の世界市場:競争要因分析 - 冷却塔の世界市場:材料別 ・コンクリート ・繊維強化プラスチック(FRP) ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・木材 ・スチール - 冷却塔の世界市場:用途別 ・化学 ・発電 ・石油化学薬品・石油・ガス ・飲食料品 ・HVACR ・医薬品・研究所 ・プロセス冷却 - 冷却塔の世界市場:熱交換方式別 イントロダクション ・白煙低減型冷却塔 ・乾式冷却塔 ・節水型冷却塔 ・蒸発式冷却塔 ・その他 - 冷却塔の世界市場:建設様式別 ・工場併設型 ・フィールド設置型 - 冷却塔の世界市場:塔タイプ別 ・ハイブリッド冷却塔 ・密閉型冷却塔 ・開放型冷却塔 ・自然通気型冷却塔 ・人口通風型冷却塔 - 冷却塔の世界市場:主要地域別分析 - 冷却塔の北米市場規模(アメリカ市場等) - 冷却塔のヨーロッパ市場規模 - 冷却塔のアジア市場規模(日本市 …
  • パーライトの世界市場2014-2025:用途別(建設製品、園芸・農業、工業、濾過・加工助剤)、地域別
    本調査レポートでは、パーライトの世界市場について調査・分析し、パーライトの世界市場動向、パーライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別パーライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 炭化カルシウムの世界市場2017-2021:アセチレン用、切断・溶接用、還元剤・脱水剤用、製鉄用、石灰窒素用、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、炭化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭化カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は炭化カルシウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CARBIDE INDUSTRIES、Denka、MCB INDUSTRIES、Praxair technology、SA Calcium Carbide等です。
  • ポリウレタンフォームの世界市場2016-2020:硬質ポリウレタンフォーム、軟質ウレタンフォーム、スプレーウレタンフォーム
    当調査レポートでは、ポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリウレタンフォームの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質の概要 ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質のパイプライン概要 ・企業別開発中のミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ミクロゾームトリグリセリド転移タンパク質開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートテキスタイルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートテキスタイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シーケンシングの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代シーケンシングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代シーケンシングの世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代シーケンシングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 凝血塊回収装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、凝血塊回収装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凝血塊回収装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用掃除用品の世界市場:清掃器、食器用洗剤、トイレ掃除製品、洗浄剤
    当調査レポートでは、家庭用掃除用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用掃除用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アプリケーションデリバリーネットワーク(AND)の世界市場2017-2021:ADC、WOC、アプリケーションセキュリティー機器、アプリケーションゲートウェイ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アプリケーションデリバリーネットワーク(AND)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アプリケーションデリバリーネットワーク(AND)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアプリケーションデリバリーネットワーク(AND)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCitrix Systems、F5 Networks、Radware等です。
  • オートバイe-Callの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイe-Callの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイe-Callの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続血糖測定器(CGM)の世界市場
    本調査レポートでは、持続血糖測定器(CGM)の世界市場について調査・分析し、持続血糖測定器(CGM)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 若年性関節炎(Juvenile Arthritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、若年性関節炎(Juvenile Arthritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の若年性関節炎(Juvenile Arthritis)治療薬剤
  • 油漏れ管理の世界市場
    当調査レポートでは、油漏れ管理の世界市場について調査・分析し、油漏れ管理の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 先端ガラスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、先端ガラスの世界市場について調査・分析し、先端ガラスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 先端ガラスの世界市場:市場動向分析 - 先端ガラスの世界市場:競争要因分析 - 先端ガラスの世界市場:エンドユーザー別 電気系装置 住宅建築 レジャー 建設基盤 スポーツ 産業用建築 自動車 その他のエンドユーザー - 先端ガラスの世界市場:ガラス種類別 セラミックガラス 被覆ガラス ラミネートガラス 強化ガラス その他の種類のガラス - 先端ガラスの世界市場:技術別 遠藤変色性 熱変色性 浮遊粒子装置 高分子分散型液晶 その他の技術 - 先端ガラスの世界市場:機能別 光学系及び照明 安全性及び警備 高性能 太陽熱管理 その他の機能 - 先端ガラスの世界市場:主要地域別分析 - 先端ガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 先端ガラスのヨーロッパ市場規模 - 先端ガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・先端ガラスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • パンティーライナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パンティーライナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パンティーライナーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアングルグラインダ市場2016
    本調査レポートでは、世界のアングルグラインダ市場2016について調査・分析し、アングルグラインダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"