"海底ファイバーケーブルの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9388)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"海底ファイバーケーブルの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Submarine Fiber Cable Market
A submarine fiber cable with high-capacity communication capability is an essential wireline communication medium between two continents, countries, or islands. Most submarine fibers use the optical amplification technology to carry high-speed data traffic across regions. The length of the submarine fiber cable varies over a distance of few kilometers to more than 35,000 km. Most submarine fiber cable projects take several months or years for completion. At present, most submarine fiber cables have a capacity of 10-40 Gbps. The adoption of 100 Gbps high-speed submarine fiber cables started only after 2010. Owing to their high-speed capacity, these fiber cables carry a huge amount of data traffic every day. In 2015, more than 97% of global data traffic was carried through submarine fiber cables, with the remaining 3% carried through satellite systems.

Technavio’s analysts forecast the global submarine fiber cable market to grow at a CAGR of 5.75% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global submarine fiber cable market for 2016-2020. To calculate the market size, the report considers the following aspects:
• Construction and deployment cost of new projects
• Construction and deployment costs
• Upgrade projects

The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• Australasia
• EMEA
• India Ocean Pan-East Asia
• Transatlantic
• Transpacific

Technavio’s report, Global Submarine Fiber Cable Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Alcatel-Lucent
• Fujitsu
• Huawei Marine Networks
• NEC
• TE SubCom

[Other prominent vendors]
• Ciena
• E-Marine
• Elettra
• Global Marine Systems
• Kokusai
• Nexans
• NSW
• S.B submarine system
• Xtera Communications

[Market driver]
• Growing demand for bandwidth
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• Delay in project financing and maintenance activities
• For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Increase in upgrade activities
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"海底ファイバーケーブルの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Increased Internet use worldwide
• Macroeconomic factors affecting market
• Five forces analysis

PART 06: Market drivers
• Increased demand for submarine cables in Africa
• Growing demand for bandwidth
• Demand from Pacific islands
• Need for cloud data centers

PART 07: Impact of drivers

PART 08: Market challenges
• National security concerns
• Delay in project financing and maintenance activities
• Cables with high capacity and long life reducing upgrades and new investment
• Fiber cuts caused by human activities

PART 09: Impact of drivers and challenges

PART 10: Market trends
• Increased deployment/upgrade of 100G and 400G submarine fiber cable systems
• Declining cost of installation
• Increase in upgrade activities

PART 11: Market segmentation by project type
• Market overview
• New projects
• Upgrade projects

PART 12: Market segmentation by investment
• Market overview
• Consortiums
• Private enterprises
• Multilateral development banks

PART 13: Geographical segmentation
• Market overview
• Americas
• EMEA
• Indian Ocean Pan-East Asia
• Australasia
• Transatlantic region
• Transpacific region

PART 14: Vendor landscape
• Competitive scenario
• Other prominent vendors

PART 15: Key vendor analysis
• Alcatel-Lucent
• Fujitsu
• Huawei Marine Networks
• NEC
• TE SubCom

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Product/service offerings of key vendors
Exhibit 02: Submarine fiber cable market by project type 2015-2020
Exhibit 03: Submarine fiber cable market by investment type 2015-2020
Exhibit 04: Global submarine fiber cable market
Exhibit 05: Global submarine fiber cable market 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 06: Internet usage by individuals – by region 2005-2014
Exhibit 07: Five forces analysis
Exhibit 08: Factors propelling demand for submarine cables in Africa
Exhibit 09: Global bandwidth requirement 2015-2020 (Tbps)
Exhibit 10: Bandwidth in various regions 2010-2015 (Tbps)
Exhibit 11: Total bandwidth of key regions in submarine fiber cable market 2010-2015 (Tbps)
Exhibit 12: Impact of drivers
Exhibit 13: Key strategies for reducing project financing delays
Exhibit 14: Impact of drivers and challenges
Exhibit 15: Average cost per kilometer for deployment of submarine fiber cables 2014-2020
Exhibit 16: System upgrades from 2011 to 2015 (number of systems)
Exhibit 17: Market share for upgrade projects 2010-2015 (%)
Exhibit 18: Global submarine fiber cable market by project type 2015-2020
Exhibit 19: Global submarine fiber cable market by new projects 2015-2020
Exhibit 20: Comparison of GDP growth rate in Brazil 2013-2016
Exhibit 21: Global submarine fiber cable market vendor analysis by new projects 2015
Exhibit 22: Upgrade projects 2013-2015 (number of projects)
Exhibit 23: Global submarine fiber cable market by upgrade projects 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 24: Upgrades by region 2015 (%)
Exhibit 25: Global submarime fiber cable market vendors by upgrade projects 2015 (%)
Exhibit 26: Global submarine fiber cable market by investment 2015-2020
Exhibit 27: Advantages and disadvantages by investment type
Exhibit 28: Global submarine fiber cable market by consortiums 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 29: Global submarine fiber cable market by consortiums — based on regions 2015-2020
Exhibit 30: Key news: Submarine fiber cable market by consortiums 2014-2015
Exhibit 31: Global submarine fiber cable market by consortiums – based on project types 2015-2020
Exhibit 32: Global submarine fiber cable market by private enterprises 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 33: Global submarine fiber cable market by private enterprise investment – based on regions 2015-2020
Exhibit 34: Global submarine fiber cable market by private enterprise investment – based on project types 2015-2020
Exhibit 35: Global submarine fiber cable market by multilateral development banks 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 36: Global submarine fiber cable market by multilateral development banks — based on regions 2015-2020
Exhibit 37: Key news: Submarine fiber cable market by multilateral development banks 2014-2015
Exhibit 38: Global submarine fiber cable market by multilateral development banks — based on project types 2015-2020
Exhibit 39: Global submarine fiber cable market 2015-2020 (%)
Exhibit 40: Submarine fiber cable market in Americas 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 41: Household with Internet access and individuals using Internet in Americas 2010-2015 (%)
Exhibit 42: Top four countries based on individual usage of Internet 2010-2015
Exhibit 43: Submarine fiber cable market in EMEA
Exhibit 44: Household with Internet access and individuals using Internet in EMEA 2010-2015 (%)
Exhibit 45: Top three countries based on individual usage of Internet 2010-2015
Exhibit 46: Submarine fiber cable market in Indian Ocean Pan-East Asia 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 47: Household with Internet access and individuals using Internet in Indian Ocean Pan-East Asia 2010-2015 (%)
Exhibit 48: Top three countries based on individual usage of Internet 2010-2015
Exhibit 49: Submarine fiber cable market in Australasia 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 50: Household with Internet access and individuals using Internet in Australia 2010-2015 (%)
Exhibit 51: Submarine fiber cable market in Transatlantic region 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 52: Submarine fiber cable market in Transpacific region 2015-2020 ($ billions)
Exhibit 53: Kilometers of cables produced by key companies 2015
Exhibit 54: Market share by planned systems 2016
Exhibit 55: Other prominent vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】海底ファイバーケーブルの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9388
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業装置
【キーワード】ファイバーケーブル、海底ファイバーケーブル、プロジェクト、投資、通信、光ファイバー、技術
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
海底ファイバーケーブルの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場について調査・分析し、等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別等方性黒鉛および押出成形黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、等方性黒鉛および押出成形黒鉛種類別分析(等方性黒鉛、押出成形黒鉛)、等方性黒鉛および押出成形黒鉛用途別分析(電動ブラシモーター、太陽光発電産業、半導体・LED産業、金属産業、ガラス・耐火物質産業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の市場概観 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の世界市場規模 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のカナダ市場規模推移 ・等方性黒鉛および押出成形黒鉛のメキシコ市場 …
  • 離型剤の世界市場2017-2021:溶液型、水性
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、離型剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、離型剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は離型剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Chem-Trend、DAIKIN INDUSTRIES、Dow Corning、Henkel、Wacker Chemie等です。
  • 中電圧モーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中電圧モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中電圧モーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 中電圧モーターは、出力範囲が25MWから75MWで駆動するモーターです。中電圧モーターは、様々な生産工程において非常に有益です。具体例としては、器具の負荷を下げ、騒音レベルを下げ、炭素放出量を下げ、エンドユーザーの工程の管理を容易にし、機械的なメンテナンスを最小限に抑え、有害業務を容易にすることが挙げられます。Technavio社は中電圧モーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• WEG• GE• TOSHIBA• TECO-Westinghouse 等です。
  • 航空機燃料システムの世界市場2017-2021:燃料噴射、ポンプフィード技術、重力補給技術
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空機燃料システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機燃料システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空機燃料システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEaton、PARKER HANNIFIN、Woodward、Honeywell International、UTC Aerospace Systems等です。
  • 世界の蚊取機市場2015
    本調査レポートでは、世界の蚊取機市場2015について調査・分析し、蚊取機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ステアリン酸の世界市場2017-2021:石鹸・洗剤、中間体、ゴム加工、パーソナルケア、織物、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ステアリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステアリン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はステアリン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、Godrej Industries、Procter & Gamble、Wilmar International等です。
  • 精神分裂病(Schizophrenia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、精神分裂病(Schizophrenia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・精神分裂病(Schizophrenia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・精神分裂病(Schizophrenia)のフェーズ3治験薬の状況 ・精神分裂病(Schizophrenia)治療薬の市場規模(販売予測) ・精神分裂病(Schizophrenia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・精神分裂病(Schizophrenia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の精神分裂病(Schizophrenia)治療薬剤
  • 世界の低電圧モータ・スタータ市場2016
    本調査レポートでは、世界の低電圧モータ・スタータ市場2016について調査・分析し、低電圧モータ・スタータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カードプリンターの世界市場2017-2021:熱技術、その他技術
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カードプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カードプリンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はカードプリンターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Entrust Datacard、HID Global、Zebra Technologies等です。
  • 実験室情報システム(LIS)の世界市場分析・予測(~2021)
    当調査レポートでは、実験室情報システム(LIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、実験室情報システム(LIS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクラウドサービスブローカー市場規模・予測2017-2025:プラットフォーム別(内部ブローカー、外部ブローカー)、サービスの種類別(オペレーション管理、カタログ管理、業務量管理)、展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウドサービスブローカー市場について調査・分析し、世界のクラウドサービスブローカー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウドサービスブローカー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ペースメーカーの世界市場予測(~2023年)
    ペースメーカーの市場は、2018年の44億米ドルから2023年には49億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は2.0%と予測されています。この市場の成長は、循環器疾患の蔓延とデバイスの技術的進歩が起因しています。当調査レポートでは、ペースメーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、植え込み可能性別(外部)分析、技術別(シングルチャンバー、デュアルチャンバー、CRT-P・両心室ペースメーカー)分析、タイプ別(従来型、MRI対応型)分析、エンドユーザー別(病院・循環器センター、通院外科診療所)分析、ペースメーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 製造におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、製造におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別(ビジネスプロセスの最適化、物流・サプライチェーン管理、偽造品管理)分析、最終用途別(自動車、エネルギー、工業、医薬品)分析、製造におけるブロックチェーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SKF、Federal-Mogul、NTN Bearing、Schaeffler、NSK等です。
  • 4Dプリンティングの世界市場分析:プログラマブル炭素繊維、プログラマブル木材、プログラマブル織物
    本調査レポートでは、4Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、4Dプリンティングの世界市場動向、4Dプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別4Dプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル短繊維(PSF)市場規模、用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他)分析、製品別(固形、中空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場概要 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場環境 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場動向 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場規模 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:製品別(固形、中空) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)のアメリカ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF) …
  • 多発性骨髄腫治療薬の世界市場予測および分析(~2023)
    当調査レポートでは、多発性骨髄腫治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・多発性骨髄腫の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・多発性骨髄腫の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・多発性骨髄腫治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・多発性骨髄腫治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・多発性骨髄腫治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・多発性骨髄腫治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 銀鉱業の世界市場(~2020)
  • 核酸検査の世界市場2016-2020:ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、鎖置換増幅(SDA)、リガーゼ連鎖反応(LCR)
    当調査レポートでは、核酸検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核酸検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの心臓補助装置市場(~2021)
  • B型肝炎およびC型肝炎検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、B型肝炎およびC型肝炎検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、B型肝炎およびC型肝炎検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 眼内レンズ(IOL)の世界市場2014-2025:製品別(単焦点レンズ、多焦点レンズ、トーリックレンズ、調節可能レンズ)、エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートでは、眼内レンズ(IOL)の世界市場について調査・分析し、眼内レンズ(IOL)の世界市場動向、眼内レンズ(IOL)の世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ(IOL)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の計測用ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の計測用ケーブル市場2015について調査・分析し、計測用ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不織布濾過媒体市場2015
    本調査レポートでは、世界の不織布濾過媒体市場2015について調査・分析し、不織布濾過媒体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 物理蒸着(PVD)の世界市場分析:種類別(PVD装置、PVD材質、PVDサービス)、用途別(マイクロエレクトロニクス、データストレージ、太陽光発電製品、切削工具、医療機器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、物理蒸着(PVD)の世界市場について調査・分析し、物理蒸着(PVD)の世界市場動向、物理蒸着(PVD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別物理蒸着(PVD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ムスカリン性アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるムスカリン性アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ムスカリン性アゴニストの概要 ・ムスカリン性アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のムスカリン性アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムスカリン性アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ムスカリン性アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 性能向上添加剤の世界市場2017-2021:プラスチック添加剤、顔料添加剤、塗料・コーティング添加剤、ゴム添加剤、インク添加剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、性能向上添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、性能向上添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は性能向上添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArkema、AkzoNobel、BASF、Huntsman International、The Dow Chemical等です。
  • LNGタンカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LNGタンカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LNGタンカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維染料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、繊維染料の世界市場について調査・分析し、繊維染料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別繊維染料シェア、市場規模推移、市場規模予測、繊維染料種類別分析()、繊維染料用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・繊維染料の市場概観 ・繊維染料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・繊維染料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・繊維染料の世界市場規模 ・繊維染料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・繊維染料のアメリカ市場規模推移 ・繊維染料のカナダ市場規模推移 ・繊維染料のメキシコ市場規模推移 ・繊維染料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・繊維染料のドイツ市場規模推移 ・繊維染料のイギリス市場規模推移 ・繊維染料のロシア市場規模推移 ・繊維染料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・繊維染料の日本市場規模推移 ・繊維染料の中国市場規模推移 ・繊維染料の韓国市場規模推移 ・繊維染料のインド市 …
  • 世界のナフサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のナフサ市場2015について調査・分析し、ナフサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンニンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タンニンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンニンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はタンニンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ajinomoto OmniChem、Laffort、TANAC、Tannin Corporation、W. ULRICH等です。
  • 北米のキャップ及びクロージャー市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のキャップ及びクロージャー市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のキャップ及びクロージャー市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、原料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 陽子治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、陽子治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、陽子治療市場規模、製品別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・陽子治療の世界市場概要 ・陽子治療の世界市場環境 ・陽子治療の世界市場動向 ・陽子治療の世界市場規模 ・陽子治療の世界市場:業界構造分析 ・陽子治療の世界市場:製品別(機器、サービス) ・陽子治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・陽子治療の北米市場規模・予測 ・陽子治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・陽子治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・陽子治療の主要国分析 ・陽子治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・陽子治療の世界市場:成長要因、課題 ・陽子治療の世界市場:競争環境 ・陽子治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • シリコーンゲルの世界市場2018-2022
    シリコーンゲルは、透明なゼリー状の構造を有し、優れた柔軟性、耐薬品性、電気的強度を示す軟質硬化ポリマーからなります。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間に世界のシリコーンゲル市場が6.46%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、ChemChina、DowDuPont、KCC CORPORATION、Momentive、Shin-Etsu Chemical、Wacker Chemieなどです。 当調査レポートでは、シリコーンゲルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリコーンゲル市場規模、エンドユーザー別(電気・電子機器、医療・医薬品、化粧品・パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シリコーンゲルの世界市場概要 ・シリコーンゲルの世界市場環境 ・シリコーンゲルの世界市場動向 ・シリコーンゲルの世界市場規模 ・シリコーンゲルの世界市場:業界構造分析 ・シリコーンゲル …
  • しわ対策クリームの世界市場予測2019-2024
    「しわ対策クリームの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、レチノイド、ヒアルロン酸、アルファヒドロキシ酸など、用途別には、Pharmacies、Stores、Online Storeなどに区分してまとめた調査レポートです。しわ対策クリームのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・しわ対策クリームの世界市場概要(サマリー) ・しわ対策クリームの企業別販売量・売上 ・しわ対策クリームの企業別市場シェア ・しわ対策クリームの世界市場規模:種類別(レチノイド、ヒアルロン酸、アルファヒドロキシ酸) ・しわ対策クリームの世界市場規模:用途別(Pharmacies、Stores、Online Store) ・しわ対策クリームの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・しわ対策クリームのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・しわ対策クリームの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど …
  • 無人機(UAV)用電池の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無人機(UAV)用電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人機(UAV)用電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グルカゴン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルカゴン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルカゴン受容体アンタゴニストの概要 ・グルカゴン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルカゴン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルカゴン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルカゴン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • UAV用ソフトウェアの世界市場予測
    当調査レポートでは、UAV(無人機)用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、UAV用ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・UAV用ソフトウェアの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・UAV用ソフトウェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・UAV用ソフトウェアの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、AIガバナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション(プラットフォーム及びソフトウェアツール)およびサービス)分析、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、政府および防衛、通信、小売、および自動車)分析、AIガバナンスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、AIガバナンスの世界市場規模が2019年51百万ドルから2025年316百万ドルまで年平均44.3%成長すると予測しています。
  • 電力供給の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力供給の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、出力電力別分析、製品タイプ別分析、産業別(照明、民生機器、テレコム、輸送、食品・飲料、医療・ヘルスケア、軍事・航空宇宙、工業)分析、電力供給の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用デバイス市場2015について調査・分析し、眼科用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マネージドネットワークサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、マネージドネットワークサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、マネージドネットワークサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フライトシミュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フライトシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライトシミュレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライトシミュレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CAE• FlightSafety International• L3 Link Simulation and Training• Rockwell Collins• Thales等です。
  • 飲料缶の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、飲料缶の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飲料缶市場規模、材料別(アルミニウム、鋼、錫)分析、用途別(アルコール飲料、炭酸清涼飲料、フルーツジュース・野菜ジュース、ノンアルコール飲料、その他)分析、タイプ別(スリーピース缶、ツーピース缶)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 飲料缶の世界市場:市場動向分析 ・ 飲料缶の世界市場:競争要因分析 ・ 飲料缶の世界市場:材料別(アルミニウム、鋼、錫) ・ 飲料缶の世界市場:用途別(アルコール飲料、炭酸清涼飲料、フルーツジュース・野菜ジュース、ノンアルコール飲料、その他) ・ 飲料缶の世界市場:タイプ別(スリーピース缶、ツーピース缶) ・ 飲料缶の世界市場:主要地域別分析 ・ 飲料缶の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 飲料缶のヨーロッパ市場規模 ・ 飲料缶のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・飲料缶の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 食品照射の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、食品照射の世界市場について調査・分析し、食品照射の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・食品照射の世界市場:市場動向分析 ・食品照射の世界市場:競争要因分析 ・食品照射の世界市場:技術別分析/市場規模 ・食品照射の世界市場:プロセス別分析/市場規模 ・食品照射の世界市場:地域別分析/市場規模 ・食品照射の北米市場規模 ・食品照射の欧州市場規模 ・食品照射のアジア市場規模 ・食品照射の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の医療用枕市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用枕市場2015について調査・分析し、医療用枕の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機健全性モニタリングシステムの世界市場
    当調査レポートでは、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・航空機健全性モニタリングシステムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・航空機健全性モニタリングシステムの世界市場:航空機種類別分析/市場規模 ・航空機健全性モニタリングシステムの世界市場:サブシステム別分析/市場規模 ・航空機健全性モニタリングシステムの世界市場:統合車両健全性管理(IVHM)技術別分析/市場規模 ・航空機健全性モニタリングシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・航空機健全性モニタリングシステムのアメリカ市場規模予測 ・航空機健全性モニタリングシステムのヨーロッパ市場規模予測 ・航空機健全性モニタリングシステムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 飼料用酵母の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、飼料用酵母の世界市場について調べ、飼料用酵母の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、飼料用酵母の市場規模をセグメンテーション別(製品別(家禽、反すう動物、豚、養殖、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は飼料用酵母の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・飼料用酵母の市場状況 ・飼料用酵母の市場規模 ・飼料用酵母の市場予測 ・飼料用酵母の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(家禽、反すう動物、豚、養殖、その他) ・飼料用酵母の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のピロメリト酸二無水物市場2016
    本調査レポートでは、世界のピロメリト酸二無水物市場2016について調査・分析し、ピロメリト酸二無水物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"