"ナフサの世界市場2016-2020"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR9512)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナフサの世界市場2016-2020"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

About the Naphtha Market
Naphtha is a hydrocarbon intermediate that is generally produced during the refining of crude oil in the atmospheric distillation unit (ADU/CDU) of a refinery, which is also the primary source. Additionally, naphtha is also produced from the distillation of coal tar, bitumen, and oil sands. However, the quantities produced through these processes can be considered minuscule compared to the previous process.
The most common names are derived from the source from which it is produced, composition, end use, and also manufacturing companies’ terminology. Some of the common names include ligroin, VM&P naphtha (Varnish Makers and Painter’s naphtha), petroleum naphtha, petroleum spirits, as well as naphtha ASTM. In Australia, it is recognized as Shellite, and as white gas or white spirit in North America.

Technavio’s analysts forecast the global naphtha market to grow at a CAGR of 4.5% during the period 2016-2020.

[Covered in this report]
The report covers the present scenario and the growth prospects of the global naphtha market for 2016-2020.
The market is divided into the following segments based on geography:
• Americas
• APAC
• EMEA

Technavio’s report, Global Naphtha Market 2016-2020, has been prepared based on an in-depth market analysis with inputs from industry experts. The report covers the market landscape and its growth prospects over the coming years. The report also includes a discussion of the key vendors operating in this market.

[Key vendors]
• Shell Chemicals
• BP
• Chevron
• BASF
• ExxonMobil
• Saudi Basic Industries Corporation (SABIC)
• Mangalore Refinery and Petrochemicals Limited
• OAO Novatek
• Sinopec
• DOW Chemicals

[Other prominent vendors]
• Indian Oil Corporation
• Lotte Chemical Corporation
• Mitsubishi Chemical
• Sasol
• Vitol

[Market driver]
• Rise in demand for petrochemicals
• For a full, detailed list, view our report

[Market challenge]
• High volatility of crude oil prices • For a full, detailed list, view our report

[Market trend]
• Spotlight on Asian economies
• For a full, detailed list, view our report

[Key questions answered in this report]
• What will the market size be in 2020 and what will the growth rate be?
• What are the key market trends?
• What is driving this market?
• What are the challenges to market growth?
• Who are the key vendors in this market space?
• What are the market opportunities and threats faced by the key vendors?
• What are the strengths and weaknesses of the key vendors?

※You can request one free hour of our analyst’s time when you purchase this market report. Details are provided within the report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"ナフサの世界市場2016-2020"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: Executive summary
• Highlights

PART 02: Scope of the report
• Market overview
• Top-vendor offerings

PART 03: Market research methodology
• Research methodology
• Economic indicators

PART 04: Introduction
• Key market highlights

PART 05: Market landscape
• Market overview
• Technological overview
• Global naphtha market 2016-2020: Size and forecast
• Five forces analysis

PART 06: Market segmentation by application
• Global naphtha market 2016-2020 segmentation: By end-user applications

PART 07: Geographical segmentation
• Global naphtha market 2016-2020 segmentation: By geography

PART 08: Key leading countries
• China
• US
• India

PART 09: Market drivers

PART 10: Impact of drivers

PART 11: Market challenges

PART 12: Impact of drivers and challenges

PART 13: Market trends

PART 14: Vendor landscape
• Other prominent naphtha producers

PART 15: Key vendor analysis
• Shell Chemicals
• BP
• Chevron
• ExxonMobil
• SABIC
• The Dow Chemicals Company
• Sinopec
• OAO Novatek Company
• Mangalore Refinery and Petrochemical Limited
• Total

PART 16: Appendix
• List of abbreviations

PART 17: Explore Technavio

[List of Exhibits]

Exhibit 01: Companies offering naphtha
Exhibit 02: Basic products of Atmospheric or Crude Distillation Unit
Exhibit 03: Naphtha yield from some major crudes (in % volume)
Exhibit 04: Naphtha specifications
Exhibit 05: Naphtha for gasoline blending flow chain
Exhibit 06: Naphtha to ammonia using steam reforming
Exhibit 07: Naphtha market growth forecast by volume (MMTPA)
Exhibit 08: Naphtha price forecast 2016-2020 ($ per ton)
Exhibit 09: Naphtha market growth forecast: By revenue ($ billions)
Exhibit 10: Five forces analysis
Exhibit 11: Naphtha value chain
Exhibit 12: Global naphtha us: By end-user sectors 2016
Exhibit 13: Global naphtha use: By end-user sectors 2020
Exhibit 14: Naphtha use for gasoline blending: By volume 2016-2020 (in MMTPA)
Exhibit 15: Naphtha use for petrochemicals production: By volume 2016-2020 (MMTPA)
Exhibit 16: Typical value chain for use of naphtha as petrochemical feedstock
Exhibit 17: Geographical naphtha demand growth outlook 2016-2020 (in MMTPA)
Exhibit 18: Global Naphtha market geographical share 2016
Exhibit 19: Global Naphtha market geographical share 2020
Exhibit 20: Global Naphtha market outlook 2020
Exhibit 21: Global ethylene production from naphtha feedstock 2016-2020 (million metric tons)
Exhibit 22: Global Ethylene Market by Geographical Segmentation 2016
Exhibit 23: Naphtha cracker product yield
Exhibit 24: Ethane cracker product yield (in %)
Exhibit 25: Global fertilizer consumption outlook: By volume (in MMTPA)
Exhibit 26: Impact of drivers
Exhibit 27: Global crude oil price over last decade (in $ per barrel)
Exhibit 28: Share of fossil fuels in the global energy mix 2014 and 2035
Exhibit 29: Global ethylene production from ethane feedstock 2016-2020 (million metric tons)
Exhibit 30: Impact of drivers and challenges
Exhibit 31: Forecast GDP growth rate comparison: India and China
Exhibit 32: Historical over-supply in the naphtha market (in MMT)
Exhibit 33: Volatility in major currencies against US Dollar
Exhibit 34: Key vendors in the global naphtha market
Exhibit 35: Synergies in integration in sectors of petroleum value chain

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナフサの世界市場2016-2020
【発行日】2016年5月20日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR9512
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【キーワード】ナフサ、石油、ナフサ用途
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナフサの世界市場2016-2020についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ゴム接着研磨剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ゴム接着研磨剤の世界市場規模が2017年11.3億ドルから2026年15.9億ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ゴム接着研磨剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴム接着研磨剤市場規模、製品別(アクセラレータ、抗分解剤)分析、用途別(電気電子機器、重工業、医療機器、輸送コンポーネント、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゴム接着研磨剤の世界市場:市場動向分析 ・ ゴム接着研磨剤の世界市場:競争要因分析 ・ ゴム接着研磨剤の世界市場:製品別(アクセラレータ、抗分解剤) ・ ゴム接着研磨剤の世界市場:用途別(電気電子機器、重工業、医療機器、輸送コンポーネント、その他の用途) ・ ゴム接着研磨剤の世界市場:主要地域別分析 ・ ゴム接着研磨剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ゴム接着研磨剤のヨーロッパ市場規模 ・ ゴム接着研磨剤のアジア市場規模(日本市 …
  • 自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ニードルローラーベアリング市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場概要 ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場環境 ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場動向 ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場規模 ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用ニードルローラーベアリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ニードルローラーベアリングの北米市場規模・予測 ・自動車用ニードルローラーベアリングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ニードルローラーベアリングのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用ニードルローラーベ …
  • 世界のリン酸トリフェニル(TPP)市場2015
    本調査レポートでは、世界のリン酸トリフェニル(TPP)市場2015について調査・分析し、リン酸トリフェニル(TPP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のワイパー装置市場2016
    本調査レポートでは、世界のワイパー装置市場2016について調査・分析し、ワイパー装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 伸縮性エレクトロニクスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、伸縮性エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、伸縮性エレクトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:構成要素別 ・伸縮導体 ・伸縮性電池 ・伸縮性太陽電池 ・伸縮性回路 ・電気活性ポリマー ・その他 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:用途別 ・医療 ・航空宇宙・防衛 ・家電 ・スマートテキスタイル ・カーエレクトロニクス ・電気通信 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - 伸縮性エレクトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 伸縮性エレクトロニクスのヨーロッパ市場規模 - 伸縮性エレクトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・伸縮性エレクトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 医薬品有効成分/APIの世界市場予測(~2021):種類別(新薬、ジェネリック)、メーカー別、合成別、製品別、薬品別、治療別
    当調査レポートでは、医薬品有効成分/APIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、メーカー別分析、合成別分析、製品別分析、医薬品有効成分/APIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MRI装置のアジア太平洋市場
  • ロシアの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 自動車用48V電源システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用48V電源システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用48V電源システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸素療法装置の世界市場予測(~2022年):製品(酸素源装置(濃縮装置、シリンダー)、酸素デリバリー装置)、ポータビリティ(定置式、可搬式)、用途(慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、喘息、嚢胞性線維症 (CF)、肺炎)、エンドユーザー別(病院、在宅医療)
    当調査レポートでは、酸素療法装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、酸素療法装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵・冷凍輸送の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、冷蔵・冷凍輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、輸送手段別分析、車両種類別分析、技術別分析、冷蔵・冷凍輸送の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不織布材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の不織布材料市場2015について調査・分析し、不織布材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の活性白土市場2016
    本調査レポートでは、世界の活性白土市場2016について調査・分析し、活性白土の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の就学前・子供ケア市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の就学前・子供ケア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の就学前・子供ケア市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド通信プラットフォームの世界市場:ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、クラウド通信プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場について調査・分析し、バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バックグラウンドミュージック(BGM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、バックグラウンドミュージック(BGM)種類別分析(タイプ1、タイプ2)、バックグラウンドミュージック(BGM)用途別分析(小売店、レストラン、娯楽施設、公共施設、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バックグラウンドミュージック(BGM)の市場概観 ・バックグラウンドミュージック(BGM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バックグラウンドミュージック(BGM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場規模 ・バックグラウンドミュージック(BGM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バックグラウンドミュージック(BGM)のアメリカ市場規模推移 ・バックグラウンドミュージック( …
  • 蛍光増白剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、蛍光増白剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高容量ガス発電機の世界市場2017-2021:300 kW以下、301-1,000 kW、1,000 kW超
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高容量ガス発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高容量ガス発電機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高容量ガス発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCaterpillar、Cummins、Generac Power Systems、Kohler等です。
  • 軍事物流の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍事物流の世界市場について調査・分析し、軍事物流の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍事物流の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍事物流の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍事物流の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 歯科用診断・手術装置の世界市場
    本調査レポートでは、歯科用診断・手術装置の世界市場について調査・分析し、歯科用診断・手術装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートガラス市場規模、用途別(家電、輸送、建築、発電所(太陽光)、電力・エネルギー、その他)分析、技術別(パッシブガラス、アクティブガラス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートガラスの世界市場:市場動向分析 ・ スマートガラスの世界市場:競争要因分析 ・ スマートガラスの世界市場:用途別(家電、輸送、建築、発電所(太陽光)、電力・エネルギー、その他) ・ スマートガラスの世界市場:技術別(パッシブガラス、アクティブガラス、その他) ・ スマートガラスの世界市場:主要地域別分析 ・ スマートガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ スマートガラスのヨーロッパ市場規模 ・ スマートガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スマートガラスの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 加工デンプンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加工デンプンの世界市場について調査・分析し、加工デンプンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加工デンプンシェア、市場規模推移、市場規模予測、加工デンプン種類別分析()、加工デンプン用途別分析(飲食料品、製紙・織物、医薬品、飼料、化粧品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加工デンプンの市場概観 ・加工デンプンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加工デンプンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加工デンプンの世界市場規模 ・加工デンプンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加工デンプンのアメリカ市場規模推移 ・加工デンプンのカナダ市場規模推移 ・加工デンプンのメキシコ市場規模推移 ・加工デンプンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加工デンプンのドイツ市場規模推移 ・加工デンプンのイギリス市場規模推移 ・加工デンプンのロシア市場規模推移 ・加工デンプンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南 …
  • 爆発物の世界市場分析:製品別(発破剤、噴霧剤、火工品)、用途別、花火製造術の世界市場分析:用途別(近接花火、消費者用花火、ディスプレイ用花火)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、爆発物の世界市場について調査・分析し、爆発物の世界市場動向、爆発物の世界市場規模、市場予測、セグメント別爆発物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PT. Indonesia Power:発電所および企業SWOT分析2015
  • 光インタコネクトの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、光インタコネクトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、インタコネクトレベル別分析、ファイバーモード別分析、製品別分析、用途別分析、光インタコネクトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホームセキュリティソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、ホームセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、ホームセキュリティソリューションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ゲノムバイオマーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲノムバイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲノムバイオマーカーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場:用途別(石油・ガス、軍用・航空宇宙、医療、鉄道)、地域別予測
    本資料は、ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場について調べ、ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(石油・ガス、軍用・航空宇宙、医療、鉄道)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場概要 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場環境 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場動向 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場規模 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場規模:用途別(石油・ガス、軍用・航空宇宙、医療、鉄道) ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターの北米市場規模・予測 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターのアメリカ市場規模・予測 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハイブリッド光ファイバーコネクターのアジア市場規模・予測 ・ハイブリッ …
  • 世界及び日本の脂質栄養市場2017-2022
  • 産業用ギヤボックスの世界市場予測(~2023年):プラネタリ、ヘリカル、ベベル、スプール、ワーム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(プラネタリ、ヘリカル、ベベル、スプール、ワーム)分析、設計(平行、直交)分析、産業(風力、マテリアルハンドリング、建設、金属・鉱業、セメント・骨材、食品・飲料)分析、産業用ギヤボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用エアフィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用エアフィルター市場2016について調査・分析し、自動車用エアフィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘモグロビン検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘモグロビン検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘモグロビン検査市場規模、エンドユーザー別(健康センター、臨床検査室、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Bio-Rad Laboratories, Danahar, EKF Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, Siemens Healthineers, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘモグロビン検査の世界市場概要 ・ヘモグロビン検査の世界市場環境 ・ヘモグロビン検査の世界市場動向 ・ヘモグロビン検査の世界市場規模 ・ヘモグロビン検査の世界市場:業界構造分析 ・ヘモグロビン検査の世界市場:エンドユーザー別(健康センター、臨床検査室、その他) ・ヘモグロビン検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘモグロビン検査の北米市場規模・予測 ・ヘモグロビン検査の …
  • 世界及び日本の金ナノ粒子市場2017-2022
  • バススイッチICの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バススイッチICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バススイッチICの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバススイッチICの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Toshiba• Texas Instruments• NXP Semiconductors等です。
  • 組み込みコンピューターの世界市場2020-2024
    「組み込みコンピューターの世界市場2020-2024」は、組み込みコンピューターについて市場概要、市場規模、製品別(COM、SBC、スタンドアロンボード)分析、エンドユーザー別(産業オートメーション、軍事および防衛、医療、通信、その他)分析、その他1別(x86、ARM、PowerPC、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・組み込みコンピューターの世界市場:製品別(COM、SBC、スタンドアロンボード) ・組み込みコンピューターの世界市場:エンドユーザー別(産業オートメーション、軍事および防衛、医療、通信、その他) ・組み込みコンピューターの世界市場:その他1別(x86、ARM、PowerPC、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• FANUC• Kawasaki Heavy Industries• KUKA• Yaskawa Motorman等です。
  • 小児用薬剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、小児用薬剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、小児用薬剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は小児用薬剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GSK• Novartis• Pfizer• Sanofi等です。
  • 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、垂直リフトモジュール(VLM)市場規模、貯蔵種類別(冷蔵貯蔵、非冷蔵貯蔵)分析、積載量別(60トン以下、40トン以下、20トン以下)分析、機能別(仕分け、統合、貯蔵、オーダーピッキング、バッチピッキング)分析、デリバリー種類別(デュアルレベルデリバリー、シングルレベルデリバリー)分析、エンドユーザー別(eコマース、食品・飲料、自動車、半導体・電子機器、医療、化学、航空機、金属・重機、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:市場動向分析 ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:競争要因分析 ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:貯蔵種類別(冷蔵貯蔵、非冷蔵貯蔵) ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:積載量別(60トン以下、40トン以下、20トン以下) ・ 垂直リフトモジュール(V …
  • 世界の金融サービス部門におけるプライベートクラウド・パブリッククラウド市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の金融サービス部門におけるプライベートクラウド・パブリッククラウド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の金融サービス部門におけるプライベートクラウド・パブリッククラウド市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場について調査・分析し、歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別歯科用洗浄機・殺菌器シェア、市場規模推移、市場規模予測、歯科用洗浄機・殺菌器種類別分析(ベンチトップ、カウンター下、自立式)、歯科用洗浄機・殺菌器用途別分析(歯科クリニック、病院、研究所)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・歯科用洗浄機・殺菌器の市場概観 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・歯科用洗浄機・殺菌器の世界市場規模 ・歯科用洗浄機・殺菌器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のアメリカ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のカナダ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のメキシコ市場規模推移 ・歯科用洗浄機・殺菌器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・歯科用洗浄機・殺菌器のドイツ市場規模推移 ・歯 …
  • 世界の保護継電器市場2015
    本調査レポートでは、世界の保護継電器市場2015について調査・分析し、保護継電器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の獣医整形外科治療市場2019
    本調査レポートでは、世界の獣医整形外科治療市場2019について調査・分析し、獣医整形外科治療の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、獣医整形外科治療のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、獣医整形外科治療メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・獣医整形外科治療の市場概要 ・獣医整形外科治療の上流・下流市場分析 ・獣医整形外科治療のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・獣医整形外科治療のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・獣医整形外科治療のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・獣医整形外科治療のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・獣医整形外科治療の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・獣医整形外科治療の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・獣医整形外科治療の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • モバイルアプリケーションセキュリティ市場のベンダー比較分析2015
  • 磁気センサの世界市場予測(~2023年):ホール効果センサ、磁気抵抗センサ、超伝導量子干渉計(SQUID)、フラックス・ゲートセンサ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、磁気センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、磁気センサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 世界の医療用X線発生装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用X線発生装置市場2015について調査・分析し、医療用X線発生装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:薬物クラス別(膵酵素サプリメント、粘液溶解薬、気管支拡張薬、CFTRモジュレーター)、投与経路別(経口、吸入)
    本市場調査レポートでは嚢胞性線維症(CF)治療薬について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、薬物クラス別(膵酵素サプリメント、粘液溶解薬、気管支拡張薬、CFTRモジュレーター)分析、投与経路別(経口、吸入)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:薬物クラス別(膵酵素サプリメント、粘液溶解薬、気管支拡張薬、CFTRモジュレーター) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:投与経路別(経口、吸入) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のベリリウム・ニッケル合金市場2016
    本調査レポートでは、世界のベリリウム・ニッケル合金市場2016について調査・分析し、ベリリウム・ニッケル合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業制御システムセキュリティの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、産業制御システムセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、セキュリティタイプ別分析、地域別分析、産業制御システムセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心筋梗塞治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心筋梗塞治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、心筋梗塞治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"